カテゴリー別アーカイブ: モグライダー

モグライダーが好きな人はおすすめです。2018.08.19インデペンデンスデイ初単独ライブ「バイク ザ バイク オブ ザ バイク」

標準

https://platform.twitter.com/widgets.js

浅井企画ていうよりマセキ芸能社ぽい、
永野さんのような人間性で笑わせる
漫才です。

内村さまぁ~ずのライブの時だけ跳ねると
いう癖が出なければ盛り上がると思うんですが、
それは当日までのお楽しみですかね。。

10分以上フルで観たことないので私も
不安でもあり楽しみでもあります。

ちなみに久保田さんはモノノフですw

コント55号は生きていた。2018年7月18日 モグライダーDVD収録ライブ「穴掘り天国」新宿シアターモリエール

標準

2018年7月18日@新宿シアターモリエール

モグライダーDVD収録ライブ「穴掘り天国」

この前の単独はモグライダーが面白いと思うことをする
というテーマで漫才という枠をとっぱらって
自由に企画をたてて実行したので、
初めてのモグライダーの漫才の現場は
体験できずに終わったんですが、

今回は真逆で、
ネタDVDの収録なので、主要なネタのタイトル
をリストアップして、お客さんにそれを選んでもらって
時間の許す限り上演していくという内容でした。

まず登壇すると、ここに至るまでの過程を
説明。

練習は今日まで一切せず、当日もぎりぎりまで
会場入りせずだということで客が驚く。。

でも私はまだネタをやる前ですが、
ここである2人が脳内にフラッシュバックした。

全く同じエピソードをきいたことあるな。。

そうそう、、コント55号だ。

また、芝さんが一切当日まで教えないという
ことで、欽ちゃんと同じだと。

欽ちゃんが芝さんで、二郎さんがともしげさんの
コント55号。。

で、今回、見たことないネタが多かったんですが、
それらがテレビで観たネタよりもよりコント55号ぽい
ことが衝撃的でした。

まあ当然全部が全部じゃないんですが、
全て二郎さんと欽ちゃんにやらせても
面白そうな感じでした。

例えば両雄でベタなのは、
ともしげさんがなにかやりたいと
言うので、芝さんが手順を構成して、
間違えを指摘しながら
達成に至るまでサポートしてあげると。

その時、練習してないので、
ともしげさんがぐちゃぐちゃに
なるが笑いを求めず、芝さんが笑いの
責任を一切に負って、

その間違えに対して工夫を凝らしたワードを
使ったつっこみ
を入れながら、愛情を込めてサポートし、
徐々に客も芝さんとリンクして
ともしげさんを応援するモードに
なっていき、一生懸命にゴールに
向かっていく姿勢に
最後はマラソンを完走したような
爽やかな感じになる。

あとは、ともしげさんがあるテーマについて
解説するだけのネタですが、
練習してないので当然ぐちゃぐちゃに
なっていくので、それを一言一句
聞き逃さずに笑いに繋がる可能性のある
ワードについては拾い上げていく。

この2本が基本線なような気がしました。

適当なようで、実はこれ大変なんですよね。

それは、芝さんがきちんとネタや内容の
詳細を覚えていないと、
ともしげさんに突っ込めないんですよね。

ともしげさんは芝さんを信用して
笑いを考えずに一生懸命言われたことを
やって、
芝さんは暗闇で彷徨っているともしげさんを
きちんとゴールに向けて導いていく。

コント55号の進化形というか、
2018年版ていうかね。

そうそう、55号は叩いたりするけど、
そういえばモグライダーは叩いたりしませんね。
言葉で処理していきますね。
そういう意味でも2018年版なのかも知れませんね。

そう考えると、ツッコミは叩いても叩かなくても
同じだったんだということに気づきます。

55号の当時は時代的に全員が叩くツッコミだったので
何も考えずに叩いていただけで、今やってみると
叩かなきゃ叩かないで特に問題ないっていう
ことに気づいたっていうね。

この叩く叩かないというところから考えても、
確実に笑いは進化している気がします。

またこれからは一切スキャンダルに繋がる
ような要素を避けて活動していく、
EXITのような要素も笑いに必要になってくる
と思いますね。

叩くより叩かない方、スキャンダル起こす奴より、
起こさない方が笑いが取れる時代になっていき、
生き残れる。

芸風的には似ているが、総括的に比較すると
細かい部分が進化している気がします。

だからモグライダーは今の時代に最大限の笑いが起こる仕様に
チューニングされたコント55号ていう感じかも知れませんね。

そうすると芝さんと素人を組み合わせると
面白い番組ができるのでしょうか。

テレビ関係者の方、大抜擢お願いします。

当たったら出世できるかもしれませんよw

単独ライブ情報ラッシュ(シティボーイズ、三四郎、ウエストランド、西村ヒロチョ、モグライダー)

標準

シティボーイズ
「仕事の前にシンナーを吸うな、」演出:三木聡!!!!
 6/12(月)~6/14(水)@よみうり大手町ホール
5月14日発売

三四郎×ウエストランド 新ネタライブ「一九八三×1983」
2017年5月31日(水)19:00開演
シアターサンモール
4月28日よりタイタンハッピー発売
4月29日より一般発売

西村ヒロチョ第5回単独ライブ 「花~ほほえみ~」
2017年5月14日(日)
16:15開場 16:30開演
ヨシモト∞ホール(東京都)
発売中

モグライダー単独ライブ「大往生 パートⅡ」
2017年6月25日(日)
17:30開場 18:00開演
5月6日発売

お笑いでもアイドルと同じ感覚が得られるんですね。

標準

2015.04.19、下北沢大興行の三四郎寄席に参戦しました。

私はオムニバス系のライブは行かないんですが今回は
三四郎目的で初めて行きました。

三四郎寄席20150419

その時、

-あっぱれ!
-ANZEN 漫才
S×L
-ぐりんぴーす
笑撃戦隊
-ソフトアタッチメント
-ドドん
-ドリーマーズ
-浜口浜村
-フルパワーズ
三日月マンハッタン
モグライダー

12組中8組初体験だったんですが、三四郎さんが推している人たちで、
私を含めて100人程度の客だけに向けてパフォーマンスしていること、
芸人さんに良い気持ちでパフォーマンスして欲しいから現場でみんなで
盛り上げようと壁を無くしていることもあって、
全ての芸人さんに大笑いさせていただいたんですよね。

で最後に告知とかあったらどうぞってMCの三四郎が振ると
何人かの芸人さんがテレビに出ましたので観てください
って言ってお客さんがそれを拍手で喜びを共有する
シーンがあったんです。

でその番組を観ていると出演者はだれもその芸人さんを
知らないと言うんですよね。

それも当然です。地上波初出演なんですから。

ネタを披露すると、案の定スタジオが現場と同じ大笑いの状態に
なったんです。同じ場所で盛り上がり、同じ場所を突っ込まれて
いるんです。

テレビの有名人より先に知っていてお前らみたかっていう
優越感に浸れる。

この時の状態って、もうアイドルがテレビ番組を始めるとか出演が決まる
とライブで告知して、それを自分たちとアイドルたち本人が共有
する状態にそっくりなんですよね。

そこで喜びを感じた私は、
アイドルに楽曲とかわいさだけを求めていたんじゃなくて、
自分たちと共に時代を生き抜いていく仮想同期成長体験も
求めていたということに気付いた訳です。

こうなってくるとほんとに大会場ライブに行くのが
バカバカしくなってきました。。

お笑いの現場は中小規模でアイドルのライブより安いので
一度是非体験してほしいと思います。

初めての人は新宿角座やルミネTHEよしもとというような
設備が整っている場所から始めて、慣れてきたら新宿の
バティオス界隈や下北沢界隈に繰り出すといいと思います。

演出と構成を解説します。2015.01.25 RGプロデュース企画 レイザーラモンが若手芸人の漫才を見てやろうの会

標準

2015/1/25【 ライブスペシャル 】
RGプロデュース企画
THE MANZAIで3年連続認定漫才師に選ばれた
レイザーラモンが若手芸人の漫才を見てやろうの会

20150125RG2

20150125RG

チケットはよしもとプレミアム会員枠で取得したので前から3列目の真ん中寄り。

劇場で当日自動発券したんですが、クレジットカードを
読み込ませるとチケットの詳細が表示されてそれをぽちっとするだけ。

30秒ほどで発券できました。これから行かれる方は安心して下さい。

幕があきレイザーラモンの漫才。

従来のネタに空気を読みながら
いろいろアドリブを入れて
盛り上げていく。

最後にRGさんが
「なんでここにいるんだろう。」
と記憶喪失に。

それを思い出させるには皆で漫才で
笑わせるしか無い!
って訳でw
舞台上に三四郎馬鹿よ貴方はモグライダー
学天即トレンディエンジェルニューヨーク
他が出てきてHGさんが指名したコンビが
順番に漫才をやっていく。

漫才をやってはHGさんに引き連れられ
全メンバーがいちいち舞台上に出てきて
RGさんに思い出したかどうか確認する。
しかし、RGさんは
コンビのメンバーをつかまえて
「~の~で~をやってた~のひとーーーーーー」
とあるあるを叫ぶのみで
漫才をやりにきたことは思い出さないw

漫才をやって、RGに確認してあるある披露
してまた漫才の繰り返しで90分、、

最後にレイザーラモンのある動作を
格闘家とプロレスラーがやった時の違いネタ
を披露してHGさんが暴れまくってRGさんが
また記憶喪失になって終了しました。

今日はモグライダーのアメフトを詳しく
教えるネタの出来が良かったですね。
次に三四郎の相田さんのカッコつけた
行動(代官山でカフェしたりブランド物の
服買ったり)をいじるネタが盛り上がって
ましたね。

三四郎は私現場で生で初めて見たんですが、
小宮さんのどなりってこんなに爆音
なのかってびっくりしました。

テレビだと音量が平均化されてこの熱さが
伝わってこないんですね。。

ずっと熱く太陽のごとくこちらにむかって
声で火炎放射してくるんで笑わずには
いられませんでしたw

熱さはプロレスネタのHGさん、あるあるネタ
のRGさん、モグライダー、小宮さん、
がやっぱ凄かったなあって思いました。
売れてるひとはやっぱ違うんでしょうかね。。

まあホームだからよしもと陣営は落ち着いてやっていて、
他事務所軍団はやるだけやってだめだったらいいや
って感じで思い切り自分たちの笑いを爆発
させたって感じでしょうね。

約90分でした。

松竹角座は120分やりますがあまり短さは感じませんでした。

帰りは劇場出て左側のエレベーターは混むので出て右側のエスカレーター
で帰りました。2階がJRなので降りすぎにご注意下さい。

訂正:JR方面は早めに出て結局エレベーターが最適でした。

という訳で初めてのよしもと体験が終わりました。

座席もしっかりしてるし、お客さんもマナーが良いし、
気持よく鑑賞できました。

これからも面白そうなのがあったら行きたいですね。

THE MANZAI 2014 新しさと面白さで決めた推し漫才師リスト

標準

2014 THE MANZAI 認定漫才師

アキナ、阿佐ヶ谷姉妹、LLR、クロスバー直撃、ザ・ぼんち、霜降り明星、湘南デストラーデ、スピードワゴン、ダイアン、田畑藤本、トップリード、ニューヨーク、馬鹿よ貴方は、浜口浜村、藤崎マーケット、見取り図、ムニムニヤエバ、モグライダー、ロシアンモンキー、ロングコートダディ
かまいたち、コマンダンテ、サカイスト、三四郎、ジャングルポケット、笑撃戦隊、なすなかにし、トータルテンボス、博多華丸・大吉、POISON GIRL BAND、マシンガンズ、三日月マンハッタン、ゆにばーす、吉田たち
ウエストランド、S×L、エレファントジョン、さらば青春の光、三拍子、ダイノジ、チーモンチョーチュウ、2丁拳銃、ハライチ、レイザーラモン、和牛
囲碁将棋、学天即、磁石、トレンディエンジェル、流れ星

当サイトの認定漫才師

トップリード(ベテランの意地を感じた)
馬鹿よ貴方は(面白いと感じるセンスが独特)
モグライダー(ブレイク前夜のアンタッチャブルぽいからどう変化していくか期待)
ロングコートダディ(センスもテンポも新しくて独特。)
三四郎(昨年のウェストランドのような新しい匂い)
笑撃戦隊(笑いのセンスが新しい)
ウエストランド(破壊と創造を繰り返すウエストランドの世界)
S×L(ウエストランド直系の突っ込みにザキヤマ系のボケ)
レイザーラモンのRGさんのみ

コメント

これ以外は芸風が古かったり芸風が更新されていなかったり、
昔は面白いからDVDを買ったりして繰り返しみていたけど、
今は時間の無駄で他に面白いやりたいことが沢山あるから、それを
潰してまでは繰り返し観たいと思わない芸風ですね。

簡単にまとめると、漫才うんぬんよりも、自分たちの芸に満足してしまっていて、
こちらに訴えかけるものが感じられないからなにも刺さらないんだと思いますね。

表現するものはなんでもそうですが世の中になにも言いたいことが無い
人のパフォーマンスに時間をかけている暇はありませんからね。

猛毒タレントのたったひとことの猛毒のほうが、出来上がってしまっている
馴れ合い漫才数分よりよっぽどおもしろいし人生のためになるし
刺さりますからね。

年齢と共に叱る人が少なくなっていき、環境がぬるま湯になっていくなか、
自分のセンスを研ぎ澄まして、自分の求めるものの完成に向けて死ぬまで
切磋琢磨して欲しいものですね。