カテゴリー別アーカイブ: ビートたけし

2017.07.12マスカットナイトフィーバーの「朝までバカテレビ」のネタ元。

標準

マッコイ斎藤率いる、笑軍様の社運を賭けたコンテンツ、

マスカットナイトフィーバーですが、

昨年あたりまでは初代のパクリが目立った企画が
多くて、不安だったんですが、
2017年年頭あたりにオークラさんが入閣してからというもの、
尖った企画が連発されるようになってきて、
マッコイ斎藤ここにあり的な凄みさえ感じる
ようになってきた昨今、
いつものように観ていると、

出演者以外は完コピしてキャラクターだけ
入れ替えて、朝まで生テレビ、いわゆる、
昔のテレビ討論会をやっていたんですよ。

ちなみに朝まで生テレビもNHKのテレビ討論会
のパクリです。

2017-07-12

「あれ?これたけしさんが殺気を感じる笑いを
量産していた全盛期だった時の代表的なネタだよな。。」

たけしフリークなので、私は即座に勃起した
んですが、
同時に、マッコイさんもたけしの血を継いでる
ので、さすがマッコイって感じで嬉しさも感じたんです。

たけしさんは動物に扮してそれにちなんだしゃべり方で
討論するネタだったんですが、

たけしテレビ討論会牛田モー

(ちなみにここから火薬田ドン等のキャラクターが派生していきました)

マッコイさんのはバカな演者に、それをより
誇張させるような適当なワードを組み合わせてたような
目立つキャラクターを仕立て上げて真面目に扮装させて
キャラにちなんだしゃべり方で討論するネタでした。

だから結局は同じですよねw

ビートたけし、横沢彪、テリー伊藤、IVS、マッコイ斎藤、っていう
狂気的バラエティ番組のラインを感じられた興味深い
企画でした。

山本茉央がテレビ東京にビートたけしさんと単独共演。これって凄いですよね。。。。

標準

テレ東がwww

 

2017年7月2日16:00
テレビ東京「叙々苑カップ 第18回芸能人ゴルフチャンピオン決定戦」

山本茉央

叙々苑カップ 第18回芸能人ゴルフチャンピオン決定戦

2017.05.20ダブルブッキング単独ライブAudition 進化するブラック

標準

不倫や盗撮やタレントのプライベートネタ、
タレントのやっちゃってる感があるものを
いじって笑いに変える、直接実行すると
他人を悲しませるものだが、

笑いに流用させると、金になり、気持ちよくさせて
人生を豊かにさせるという、、

禁断の果実の扱いが、時と共に洗練されている
ダブルブッキング。

たけしさんのようにテレビに出ない分、
舞台を重ねることでそのセンスがたけしさん以上に
磨き抜かれてきているような気がします。
レベルもひょうきん族時代の誰もが知ってるようななれ合いのネタじゃなく
そういうのは爆笑問題で終了して、

次世代はそれを避けて笑いより鮮度を優先させて
初めて知るようなものを出すレベルに進化
しています。

今回はそれにエロを入れてきました。

野生のスケベ。これを映像化しました。

「バイブ一丁で全裸で森林をうろつく男。」

私のツボは

「ホームレスが不死鳥になって光り輝きながら羽ばたいていく。」

全体としては、

変化としては、以前はニヤッとしながらだったんだけど、
いまは鼻くそをほじくるように軽く特別なことをやるような
感じをさせずにさらっとやるようになってきたのと、

台本はあくまで基本設定で、現場で生まれる思いつき
やリアクションで笑わすようなDJみたいな感じに
なってきた。

またバカリズムの挫折体操というラジオ体操リミックス
ネタを超える、芸人体操っていう、芸人を始めるとこから
なんだかんだで中年になってしまうまでの経緯を
面白おかしく構成するネタを中盤に
ぶっこんできて、それ観ている時、テレビを見ている
ような錯覚に陥りました。

始めてみた売れたい感ていうんですかね、
鬼三村でも実力ありすぎと言われてるから、
真剣に思っているんだなって感じました。

最後のあいさつの時、客がシーンとなったとこが面白かった。

それは川元さんが自分の子供ネタを言ったとこで、
既婚者だということに驚いた客が予想以上に
多かったのには笑いましたw

川元さんは広島。

以前ここで言いましたが、

広島出身芸人はろくなやついないと有吉さんが言ったと。

極楽山本、三浦マイルド、有吉、アンガ田中。

ダブル川元。

広島恐るべし!

役者と芸人の源流は同じなんです。2016.01.05笑×演

標準

猿劇、狂言、Conte、文楽と歌舞伎、漫談、漫才、、

源流はほぼ同じなんですよね。

笑いに重きを置くか、文脈に重きを置くかで
芸人と役者に別れるだけで。

たけしさんが、

「役者なんか笑わせなくていいんだから楽なもんだよ。」

と言ったのは有名です。

たけしさんより以前は芸人をやめて役者になる人が
ほとんどで、芸人をやりながら役者をやる場合は
コメディになるのがほとんどでした。

しかし、
たけしさんが高倉健さんと共演するまでに
なり、さらに社会的な結果を出していくと、
それまでの流れが一気に変化していきました。

そして、2016年の笑ってはいけないで披露された、
西岡徳馬さんによる完全な吉本新喜劇のカバー。

これは芸能史の歴史を変える事件でした。

芸人が役者をやることが常態化していくなか、
遂に役者が芸人をやることを成功させたんですよね。

まあ笑ってはいけないでは、以前から同様の試みは
行われておりました。
役者に役者として芸人になりきって笑いを役として
やらせるというもの。

しかし、今回の西岡さんの内容はそうではなく、
もう境界を感じさせるものはありませんでした。

話は変わりますが、

笑ってはいけないはガキの使いの外伝的な番組です。

ガキの使いはダウンタウンの基幹番組です。

作家は倉本さん他、高須さんらオフィスぼくらの面々
が現在も携わっています。

で、今回放送された

笑ってはいけないの役者の使い方からさらに進化し、

役者さんのパブリックイメージを題材に芸人が
ゼロからネタを手作りで組み上げて、本気で役者が
やりあえる状況に仕立ててあって驚いた

笑×演。

20170105%e7%ac%91%e6%bc%94

高須さんが携わっています。

そうです。もうお分かりですね。

高須さんが、私と同じことを感じて
単発番組用にさらに練り上げて
つくった番組だったんでしょうね。

数年前、芸人がいろいろシャッフルされて
組まされてそれぞれネタを披露する、ドリーム
なんとかっていうダウンタウンの番組が
あったんですが、最初はダウンタウンとさまぁ~ず
とか衝撃的な演出で驚きの連続だったんですが、
まあ慣れというものは恐ろしくて、次第に
ドリームと呼べない芸人が増えてきて、
淘汰されてしまったんですけど、、

なんか今回の流れを見ると、芸人が役者のフィールドに
飛び込んできて仕事を奪うことが常態化していくのと同時に、

遂に役者が芸人のフィールドに飛び込んできて役者が
お笑いをやるという流れが安定化していくような
気がして仕方ないんですが、どう思いますか。

馴れ合い、迎合一切しない一流芸人有吉弘行氏

標準

2016.08.06の有吉の正直さんぽにて、取材許可を取るシーンで、
アポを取る係りの人に

「フジテレビって言わないでよw

日本テレビとかテレビ朝日とかって言ってよ。

断られるからwwww」

と独り大笑いしながら吐き捨てる有吉さんに、

人格欠落者の矢口やベッキーとか性犯罪者の山本とかを出したり、
反省もせずにまだヤラセを繰り返し、
マリファナ中毒テレビ局状態になっていて、
時間がたつごとに問題を蓄積していくばかりの、
悲壮感が漂っている、
世紀末状態の最近のフジテレビのパブリックイメージや、

ロンドンブーツの淳や、
加藤といったよしもと芸人を中心に周りの昔の島田紳助のように
権力を振りかざして、視聴者側が悪だと置き換えて
自分たちの意見を、なんでも受け入れるしかない弱い立場の
現在のフジテレビを利用して気持ち悪いオウム真理教
まがいの行動をしていることを冷静に感じ取っていて、

電波少年という番組であのような経験をさせられ、
その後に使い捨て状態で路頭に迷って、そこを
自分の力で切り開いてきたからこそ、
まあ社会全体について基本的に人間と言うものを信用していない
こともあるので、
その烏合の衆に巻き込まれず、
マツコさんと同様、

権力的な偏りがあまり無い冷静な分析能力が備わった
有吉さんだからこそ、今回の発言が出来たんじゃないかと
思います。

さらに、これをもしカットすると、有吉さんから制作側が
馬鹿にされることを怖がって、放送せざるをえなくなった
んだと思いますよね。

まあ当然今回の言葉だけではなく、
この人だけはロンドンハーツとかの話をする場合も
淳さんがこう言ってたけどこう思うとか、
他のタレントと自分の立場に一線を置いたイメージから、
一切大きなものに巻かれずに自分の意見を言いますからね。

一番強い芸人さんは、テレビなんか出なくても、首になっても大丈夫
的な考え方で、常に視聴者の目線を第一に考えて
第三者的な立場でテレビの仕事をできる人だと思いますね。

でも結局そういう考えで仕事をしているタレントは
逆に需要が無くなることはないと思いますね。
テレビはスポンサーでできていて、スポンサーは視聴者
でできているので、当然といっちゃ当然ですけどね。

必至にテレビにしがみついてる奴ほど首になるでしょうね。

だって視聴者の求めるものを提供しないと視聴率がよくなりませんからね。
テレビが求めるものを提供しても視聴率は良くならないですから。

有吉さんでたまに凄さを感じるのは、テレビ側の演出で
これ視聴者の要求するものとずれていると感じると
制作側の演出を勝手に変更していくところですよね。

サッカー選手も、最近のフォーメーションを相手が対応できないように短い間隔で変更していく
サッカーでは、監督側の作戦通りしかできない選手は必要なく、

相手がその作戦に対応した動きをしてきた場合は、
臨機応変にそれにさらに対応させる動きを自ら判断で
行える選手だと言いますからね。

たけしさん、松本さん、そこに本当の意味で続く人は様々な芸人を飛ばして
有吉さんになりそうだと感じております。

今度どこかでたけしさんのようなやりたい放題の独演会やって欲しいですね。。。
有吉さんお願いします。ゴキブリ系男子のためによろしくお願いします。

芸能人は事務所やグループの先輩が髪を染めると一気に後輩たちにも伝染する。

標準

ジャニーズって昔は今みたいに金髪のチンピラが
いなかったんだけど、

なぜ最近急激に増加した
かというと、やっぱり中居正広が金髪にしてから
一気にチンピラ化が加速したような気がしますね。

それまでは存在しなかったですからね。

いても茶髪止まりでした。

今みたいに高校デビューの引きこもりみたいな
できそこないのチンピラタレントはジャニーズには
いなかったです。。

あとはHKTですね。

指原が安易に茶髪にし始めてからというもの、
ここ1年で一気にグループ全体に

「茶髪にすることっておしゃれなんだ」

っていう雰囲気が充満し始め、

サマンサタバサにいじくりまわされて窓の外に投げ捨てられた、
ファッションセンス抜群のw指原っていう馬鹿が先輩なもんだから、
世間知らずの後輩たちが一気に茶髪か
してしまった気がします。

あと芸人さんは、最初にロンドンブーツでしょうね。

でも派手だから目立つものの、芸については
見掛け倒しだったので、流される芸人もなく。。

でおやじ芸人はたけしさんが金髪にしましたよね。
でも成し得たひとだからっていう感じで、
雲の上の出来事だって感じで後輩たちはわれ
関せずで収束し、次に白髪隠しにさまーずが茶髪化して、
おやじ芸人の間で広まりはじめ、松本さんが金髪化し、
いやな風潮が広まって来たっていう気がします。

AKBなんか

も総監督が茶髪でヤンキーだから
仕方ないと思います。

ハロプロは

もう昔から茶髪が多いグループで、
理由はやはり

矢口?

中澤??

違いますよ。

つんく

ですよ。

なんなら「シャ乱Q」全員ですよ。

でんぱ組は

まあ周りのスタッフ達がみんな
ベンチャー企業系髪型服装自由系のクリエイター系
の落ち着かない人たちが多いですから
しょうがないですね。

唯一褒めたい、こういう業界の風潮だから
逆に目立っている

スターダストのアイドルさん達

は川上さんがしっかりしているから
みんな風紀が乱れずしっかりしているんだと思いますね。
これは川上さんがきちんとアイドルとして崩してはいけないところ
の要所要所を時代によって遵守するよう指導していることを
自ら言っているので、
今の雰囲気が守られているんですよね。

太田プロは有吉さんや土田さんが若い時に
いろいろやりつくしたことで、金髪はダサいって
いうのに気付いてやってないし、それで成功して
証明しているところもあるから、後輩も
それに付いてきているんだと思います。

サンミュージックは竹山、ベッキーが同じセンスで
金髪にしないので同じですね。

ホリプロはアッコさんが黒いのでそこまで
茶髪タレントは多くないです。

切りがないのでこの辺で切り上げますが、
いろんな集団や団体にも通用すると思うので
いろいろあてはめてみてください。

東スポの見出しベスト4を考えてみました。

標準

たこ八郎

「たこ溺れる」

明石家さんま

「さんま焼ける」

コロッケ

「コロッケあがる」

そして

指原莉乃

「さしこはさせこだった。」

 

これ将来現実になりそうで怖いところが指原氏の魅力ですw

遂に「第25回 東京スポーツ映画大賞 授賞式」放送されますねw

標準

第25回 東京スポーツ映画大賞 授賞式

第25回 東京スポーツ映画大賞 授賞式info

これテレビ初放送じゃないかと思います。

有吉ベースが1本200円で観れるのがわかったので
フジテレビONETWOを解約しようと思ったら
こんなのが始まっていたのを知って驚いて
お知らせしました。

2時間たっぷりですね。

楽しみです。

これ過去の回も全部放送して欲しいですね。

2015.07.24 ダブルブッキング Wフェス in summer(ダブルフェス) 手作り感満載のイベントでした。

標準

カルカルというzepp東京の中の新宿ロフトプラスワン
のぱくりのような会場でした。

開始早々、フェスということで音楽ネタで始まりました。

次にシュールな隙間がありまくりのコント。

後半は、オールナイトニッポンのオーディションで
三四郎と最終まで残ったが流行りの三四郎に
なって残念がりながら、隣にいるニッポン放送の人
に毒づきながら、ラジオ形式でのトークを展開しました。

基本笑顔で聴いている人が絶対聞き流せない
ような刺さる猛毒系のトークです。

内容は鉄板の黒田いじりを基本線に、思いついたら
タレントネタを挟みながら、会場のアンケートや
事前にリスナーから募集したネタを挟みながら
1時間程度でしたね。

最後にマネージャーと無理やりはがしのネタを
やりたいからと企画した握手会(でしたが、
まじめに握手でした)から、出口で
いいちこをもらって終了でした。

川元さんが誰が何と言おうと、堂々と自分がこう思うという
内容をはっきりしゃべって、結局それが
聴く人には悪口に聞こえているだけで、
悪口を言いたくて言っているんじゃないような
気がしました。
お前らメディアとかに騙されて表面的なところばかり
みているからほんとうはこうなのに、可哀想だよなあ
って言っているように聞こえました。

で単なる悪口じゃなくて、いろいろ具体的に説明しながら
こういうところが嫌いって言っているから
嫌いだけどよく観察しているっていうねw

これは大人と子供の差はありますが、
2015年7月28日のビートさんと
同じ感じがしました。

たけしさんのようにこれを数十年続けていったら
すごい強靭なタフな芸が身に付きそうな気がします。

川元さん、自分の信じる道を突き進んで、そうとう
高いレベルですがたけしさんのようなタフな
芸人になって下さい。

これからも近場の時は行きますのでよろしくお願いします。

 

ちなみにこの企画は続けていくと言っていました。

FNS27時間テレビ2015。さびしいが片岡飛鳥の時代の終焉を感じた。

標準

2015.07.25-26
FNS27時間テレビ2015

視聴者が上から目線で

「いまどきこんなのやってどうすんの?」
「ほんとにおもしろいとおもってんの?頭大丈夫かよお前ら。」

ってつぶやきながら観てましたよねw

~27時間テレビとは~

第一回目から視聴してきて、

結局27時間テレビを一言で表現するとしたら、

タモリたけしさんまが製作費の無駄遣いをして悪ふざけをする
年に一度の素晴らしい番組。

もうその一言に尽きると思う。

そして入社したばかりで血気盛んな片岡
飛鳥と吉田正樹が、深夜帯を任されると、
ナインティナインという数字の取れる参謀を隠れ蓑に、
上司に安定した視聴率を武器に有無を言わせず
やりたい放題やっていた第二期黄金期。

 

~失敗続きの理由とは~

笑っていいともと同じく、
27時間テレビもタモリたけしさんま
ナインティナイン、三宅恵介、港浩一、
片岡飛鳥、吉田正樹の黄金世代が神がかっていたし、
さらにその時代よりコンプライアンス制限も厳しくなり、

さらに現在の視聴者層は片岡飛鳥が継承に失敗
したことで、勢力の分散が激しくなり、
フジテレビよりも
テレ東の伊藤P、佐久間P、
テレ朝の加地P、藤井智久P、
TBSの藤井健太郎P、
そしてマッコイ斎藤、上原敏明、鈴木おさむ、福田雄一

といった切れ者で育ってきた世代が
バラエティ視聴者層の中心を形成している
訳だから、

やりたい放題やって数年前に引退して、
後継の中嶋やかがりへの引き継ぎに失敗し、
悲壮感丸出しで帰ってきたような
病み上がりにはやはりもう時代を
つくる力は残っていなかったんだと
確信しましたね。

 

~今回の放送を観て、復活の雰囲気は感じられたのか~

私は今回片岡飛鳥を感じようと努力しましたが、
ほとんどがレベルの低い過去の企画の再演で、
しかも昔は若さの勢いも相まっていたから面白かった
のに、同じ企画内容なので当然演者が高齢化しているため、
懐古的なお葬式的な内容に落ちぶれてしまっていたし。

そして
皮肉にも最も面白かったのが、

テレ東の佐久間ゴッドタンチーム
を盛大にパクったはいいものの、
そのコアな部分、オリジナル曲をやる
という演出に気付かずに、まあ片岡
飛鳥班が提案したが現在の能力がない
センスに鈍感な上層部の反発にあい、
分かりやすい大味なモノマネという
ネタに変更せざるをえなくなり、
まあ片岡飛鳥の自信がなくなった
からなのか、仕方なくばれないように5時から6時
という時間帯に放送した
この企画が一番面白かったという始末。

私はさらに2日目の昼頃、企画プレゼンのコーナー
(これもアメトーークのモロパクリなんですがね)
田村ロンブー淳がめちゃイケ、飛鳥、
淳が揃っている状態で、ギャグかどうかは
わかりませんが、ロリコンレイプ野郎の
出演を示唆するような演説を繰り広げた
ことで、
私は今回録画していたデータを即削除して
そこからもう片岡飛鳥なんかもうどうでも
よくなりました。

とんねるず、田村淳共々、
飲み友達だから、世間がなんと言おうといい奴
だからという理由で、自分勝手に
テレビに出演させるような傲慢な
タレントが大嫌いです。

以前板尾さんがダウンタウンについて話した
時、ダウンタウンとごっつで共演しているとき、
一切あの二人はそういう馴れ合いで出演させるような
ことはしないし、平等なので、いつ切られるか不安で
毎回緊張しまくっていたと発言していたんですよね。

私はこの匂いは現在では有吉さん、ダウンタウン、
佐々木敦規さん、マッコイさん、伊藤P、
に感じています。

きちんと面白ければ使うし、つまらなければ
使わない。
プライベートと仕事は分ける。

逆に淳と同じものを感じるのは島田紳助でしたね。

 

~フジテレビはどうすれば良いのか~

話がそれましたが、、

これ今回フジテレビはかなり重症だということが
さらけ出されましたよね。

今回、現時点でフジテレビが考えうる最高のスタッフを集めて、
過去人気があった企画をやりまくって、
最低の視聴率だったんですからね。

下ネタとか過激なものが無いから面白くないというのは早計です。
アメトーークとかは逆にそういう内容のほうが少ないけど
高視聴率を維持していますし、
モヤさまなんかもそんな要素一切ないのに高視聴率ですからね。
そんな逃げは許しません。

現在の基幹バラエティのプロデューサーに中嶋を選んでいるあたり
フジの上層部もセンスが感じられないので、結局現場も上層部も
腐っていると言わざるを得ないんで、
非常に難しい問題ですね。

個人的な意見ではフジのバラエティのスタッフで楽しみなのは日置さんと神原さんだけですね。
日置さんとオークラさんやカツオさんを組ましたいですね。