カテゴリー別アーカイブ: 保田圭

2017.02.21こじまつり前夜祭当サイト仕様のセットリスト表

標準

20170221%e3%81%93%e3%81%98%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a%e5%89%8d%e5%a4%9c%e7%a5%ad%e3%82%bb%e3%83%88%e3%83%aa

今回はこういうリストを作らないとなにもわからないと思います。

自分らしくない勢いが必要な前半は特に考えずに勢いのある楽曲で温めて、
後半は自分のペースで落ち着いて自分がこだわりのある楽曲を丁寧に披露していった
っていう感じですね。

以外と所属のチームA楽曲が少ないですね。
シングル楽曲多めです。
柏木さんと前田さんの時代が多い。

アルバム楽曲も少ない。

あと秋元才加さんが好きなんですね。
高橋みなみはAだから多くなりますね。

あと2005年から2007年の楽曲がないです。

 

22日が本番だからチームA楽曲は気持ちがやばくなるので
どうなってもよい22日用に残してあるのかも知れません。

ハロプロの卒業の時のFCイベントはデビュー当時から
時系列でいろいろ思い出しながら披露していくのが
通例なのでそうなるような気がしますと言ってたら
今22日の始まりましたがそうなりましたねw

%e3%81%93%e3%81%98%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8aop

で多分、さくら組の楽曲は高橋愛さんの曲といえばっていうテーマで
いろいろ指原氏が提案してすり合わしていって、
LOVEマシーンは指原氏が教えてあげられる楽曲をリストアップして、
その中から小嶋さんが選択したような気がしますね。

「UTAGE!」(TBS系)で培った高橋指原ラインを生かしてブッキングしましたね。

保田さんを是非呼んで欲しかったなあ指原氏!気を使ってあげてくださいよ。たのむから。。

保田さんが高橋愛さんと繋がりをつくってくれたんだからさあ。。

あとこのまえのFNSの時も峯岸さんだけ脇に追いやったりももクロさんの共演
の時も北原さんを呼ばなかったり、

指原氏はそういうとこ駄目だよほんとに!

気を遣ってあげてくれよ。。

広告

SMAP独立騒動で中居正広にみた、芸能界のアウトサイダーの美学。

標準

ももクロがスターダストのダスト組なら、SMAPは

メリー喜多川がイメージしているジャニーズ(邪needs)に必要な

ニーズ組ではなく、

邪組だった

ってことなんだね。。

ももクロもSMAPも
巨大プロダクションの組織の窓際族というか、
同じ叩き上げメンバーだったんだよね、川上さん。

こんどSMAPとコラボレーションして下さいよ。

あと今回の一件で、判明した件がある。。

中居君がキスマイのニーズ組ではなく邪組の舞祭組に
なぜ自分でプロデュースしてしまうほど熱くなっているのかっていう疑問への
明確な回答が今回得られた気がする。

メリージャニーズにいらないと言われた自分を舞祭組にダブらせていたんでしょうね。。

あと指原や保田さん、ブラックバラエティでももちやブレイク前夜の道重田中6期モーニング娘にも優しかった理由も同じでしょうね。

アウトサイダーの美学っていうんですか。

我々は全面的に中居正広とアウトサイダーアイドルを支持します。

我々って誰なんだよww

2015.06.01 UTAGE 高橋愛さんが出るならモーニング娘。代表は高橋さん1人でいいやってことでしょうかw

標準

保田さんと指原氏のコンビは安定してきて、
それを信頼していじり倒す中居さん、
笑い以上のパフォーマンス能力を見せつけて
圧倒させる保田さん。
それを横で吸収しながら、HKTの単独のように
無理せずにAKBの1人として標準的な
パフォーマンスを披露している指原氏。

保田さんはダイナミックな歌唱力、ダンス能力が
自分が要求されているものだと判断してそこに
全力を出し、指原氏は笑い部分は保田さんに全幅の信頼
の元に任せて、自分はあくまでAKB代表として標準的な
パフォーマンスを提供、

そして中居さんに保田さんがいじられていて、保田さん
と似ているとか、保田さんを目標にとか言われても、
昔のような古いいやがる態度をしたり、保田さんを
けなす言葉を吐いたりして安易な笑いを取ろうとせずに、
きちんと自分に素直な言葉で返して、観ている人に
気持ち悪い笑いではなく、
爽やかな安らぎを与えてくれる指原氏。

最近はそんな感じになってきて毎週この2人と
ぽこたさんと中居さんとTEEさんと舞祭組、
他のお約束ネタが楽しみで仕方ない昨今です。

で今回気になったことがあり、
少し前のSP番組で保田+高橋+指原+峯岸+柏木
でハロプロ楽曲とAKB楽曲を披露する夢の共演があったんですが、

その辺りから高橋愛さんの出演が増えてきたんですよね。

たぶんこのときUTAGE側はすごく嬉しかったんじゃないかと
思うんですよね。
初期の福田、後藤、中期の高橋、後期の道重という主要
センターメンバー
の内の1人が出演許諾したわけですからね。

それまでは何人か出て貰ってましたがこれ以降
高橋さん1人の場合が多くなってきちゃった。

まあUTAGE側もあのモーニング娘。というかハロプロが
AKBと共演という驚きをくみ取って欲しいから、
自分たちの努力や感情を額面通りに伝えたい
から、
そしてなによりも大事なのは普通の特別なヲタクじゃない
人たちに向けてそれをわかってもらう場合、

そのイメージに合致した配役をしたい場合は
上記のようなメンバーになってしまうと思うんですよね。
保田さんが担当の笑い以外のハロプロの表の全ての要素を
1人で持っているメンバー。

だから高橋さんになっちゃってるんだと思います。

普通の人が表から見たらなんにも感じないですがねw

保田圭さんは本当は勝ち組なのに、そのネタを隠して負け組だと主張していた。

標準

保田圭さんは実は勝ち組です。

私はモーニング娘。結成当日からファンですが、
保田さんは外見の悪さをネタにして負け組
と主張することで注目を浴び、
それに耐えられなければそこで終わりですが、
つんくさんに歌唱力で選んだと言わしめた
能力を隠し持って競争を勝ち抜いてきました。

注目を浴びさえすれば自分の良さを
理解してもらえるのにと感じていた
からこそ、歌唱力に自信があったからこそ、
ブスネタで注目を浴びたわけです。

それの証拠として、保田さん、実は
エリートコースです。

モーニング娘。においてのポジションは、
いつも現在の指原氏や卒業前の道重
さんの定番の、現代アイドルグループにおいて
一番おいしいといわれる、
後ろから真ん中においしいところで私を見てと
いわんばかりに鳩時計の鳩のように登場
してくる後列センターでした。

でモーニング娘。の次に、ドリフにおける
志村、でんぱ組における最上もがと言われる
後藤さんを基軸にハロプロの社運をかけた
プッチモニのメンバーに選抜されます。

そして、当時のモーニング娘。の人気の維持に
必須だったうたばんにおいては、おもしろいと
言われながら、今評価すると身長をいじられるだけの
実はなにも面白くなかった矢口なんかよりも、最初から
最後までメインキャラクターとして大活躍
しておりました。

うたばんにおいてゼロから笑いを作り上げて
本当に面白かったのは保田さんだけだった気がします。
表情を自分からすすんで不細工にするだけで
スタジオが大爆笑になっていましたよね。

逆にその他のメンバーは石橋中居、スタッフ
にいじられてはじめて笑いがとれる状態でした。

あえて追加するとハロモニの石川さんなんかも
保田さんの逆で美人キャラで笑いを作る能力が
あった気がしますね。

しくじり先生観ていて、
プッチモニやモーニング娘。での実は重要ポジション
だったエピソードを抜いて、
不細工なのによくがんばったと感じさせるために、
駄目なエピソードばかり並べて、
お涙ちょうだい方向に持って行く演出をしましたが、

冷静に分析すると勝ち組だったという事実を
提示して、この文章を終わらせていただきます。

保田さん、もうビジネス負け組ネタはいい加減
終わりにしましょうよ。

ヘビーなファンにはそんな嘘すぐ
ばれちゃうんですから。

ずるいですよw