カテゴリー別アーカイブ: 2018/06/13 シングル モーニング娘。’18 Are you Happy?/A gonna

モーニング娘。’18の平田祥一郎のAre you happy?と大久保薫のA gonnaの似てるようで全く異なる作風の違いについて。

標準

一時の大久保頼みだった時代から抜け出してなんとか
平田さんも大久保さんの技術に追いつくことに成功して
平田大久保の2トップ体制に戻った2018年。

これ何も楽曲に詳しくない人はどちらも同じだと
感じると思うんですが、大久保さんと平田さんの
聞かせたいポイントというのが全く異なるので
それを考えながら聞くとコンサートとかで突然
新曲を発表した時とかにもすぐわかるように
なって通っぽくなれるので知っておくといいと
思いますよ。

今のモーニング娘。のフォーメーションダンス
形式の快進撃が始まったのは
メンバーも言ってますがone two threeから
だと言われています。

私も矢口のスキャンダルで離れてから戻ってきた
きっかけはこの楽曲でした。

この楽曲が発表された2012年当時私は
ももクロさんに没頭していました。

NARASAKIさんに勃起しまくりで
放心状態の毎日でしたw

そんな時、大久保薫という人の存在を
知ることになります。

モーニング娘。にはキーとなる編曲家がいて、
ダンスマン、鈴木俊介、平田祥一郎、そして大久保薫です。

これはつんくさんのイメージを額面通りに
できる人を選んだ結果この人たちに
自然と落ち着いたんじゃないかと思います。

ダンスマンさんは自分の声で録音した掛け声の入れ方と
往年のソウルのパクリだというところから
わかります。

鈴木さんは音にはあまり個性がないので
わかりません。

平田さんは電子音中心ですが、様々な楽器の音をバランスよく
配置して音の抜き差しを頻繁に行って
製作します。
ハロプロは歌謡曲でアイドルということを
きちんと把握してそれから逸脱しない
ようになるべく丸くまとめます。

そして大久保さん。

この人は全く平田さんのようなことは考えずにwww、、

電子音の基礎的なノコギリ波で作られた
ブリブリの基礎的な電子音の音圧をとにかく
聴かせたい人で、
これで基本トラックを構成して、
平田さんはハイハットの音をきちんと定石通りに
ビートを維持するために刻む感じで入れようと努力するんですが、
大久保さんは特にハイハットを入れようとはせず、
ブリブリノイズベースがとにかく気持ちよく
聞こえるようにするのでそれに邪魔な場合は
一切他の音色を入れようとしないです。

また、自分の昔の楽曲の一部を切り取って
新曲にくっつけるという荒技を平然と
やりますw

またサビという概念が曖昧で、
イントロサビという考え方ではなく、
パートABCを全く異なるコードやパワーで作って
それを入れ替えることで飽きさせないように
全体をまとめていきます。

あと他の人たちのような掛け声とかは極力入れません。

入れる場合はつんくさんの絶対的な要請
があった時しか入れません。

以前の繰り返しですがイントロの後トーンを落として
最後に爆発させるという構成が得意です。