カテゴリー別アーカイブ: モーニング娘。

2017.12.06 モーニング娘。’17 15 Thank you, tooの初回限定盤ジャケットの秘密。

標準

モーニング娘。'17 15 Thank you, too 初回生産限定盤

これ見てどっかで見たことあるなって思いませんか。

そーです。

デビューアルバムですよね。

ファーストタイムモーニング娘。
今年は20周年の記念年でいろいろな企画が行われてきたんですが、
このアルバムもわかりやすくその一端を表している気がしますね。

初心に帰って心機一転未来に向けて再出発っていうことですよね。

ちなみに今回私はアルバムを購入しようと思いはしたんですが、
やはり楽曲派なんでハイレゾを購入することにしました。

もし特典ディスク収録のこの前の新木場での記念公演でピョコトラをやっていたら
購入したと思いますが、特に他の映像で補完できる内容
なので、データより感動を優先させてもらいました。
あとセトリもよく見ると11月の武道館のセトリと大差ない
のでね。

CDは約5000円でハイレゾは3880円なので安いですし、
CDはディスクを出すのがめんどくさいけどデータ
なら扱いやすいですし。

あとこれから世間の音響環境が向上していっても
ハイレゾならついていけますから買い直し不要ですし。

しかし余談ですが、私の推しだった福田明日香さんが
今、食費月10000円に切り詰めて子供を養うことに
なろうとはね。。
まあもともとカラオケを提供する店の娘として生まれたので
歌で再起して欲しいですね。

広告

楽曲派向けセットリスト表。2017.11.21 モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋 日本武道館

標準
わがまま 気のまま 愛のジョーク
 2013.08.28
 作詞・作曲:つんく編曲:大久保薫

ナルシスかまってちゃん協奏曲第5番
 2017.12.6
 作詞・作曲:つんく編曲:平田祥一郎

気まぐれプリンセス
 2009.10.28
 作詞・作曲:つんく編曲:大久保薫

THE マンパワー
 2005.1.19
 作詞・作曲:つんく編曲:松原憲
 (Dr:ファンキー末吉、Bs:江川ほーじん)

What is LOVE
 2014.1.29
 作詞・作曲:つんく編曲:大久保薫

MC、ウエーブ大会

邪魔しないで Here We Go
 2017.10.4
 作詞・作曲:つんく編曲:大久保薫

CHO DAI
 2017.12.6
 作詞・作曲:つんく編曲:平田祥一郎

私のなんにもわかっちゃない
 2017.12.6
 作詞・作曲:つんく編曲:大久保薫

モーニング娘。ヒストリーVTR、

愛の種(20th Anniversary Ver.)
 作詞:サエキけんぞう 作曲:桜井鉄太郎 編曲:鈴木俊介

シャボン玉
 2003.7.30
 作詞・作曲:つんく編曲:高橋諭一

リゾナント ブルー
 2008.04.16
 作詞・作曲:つんく 編曲:鈴木Daichi秀行

以上2曲 高橋愛・道重さゆみ・田中れいな

MC 2曲の感想

好きだな君が
 2011.10.12
 作詞・作曲:つんく編曲:大久保薫
 道重・譜久村

ロボキッス(W)
 2004.10.14
 作詞・作曲:つんく編曲:高橋諭一
 辻希美・佐藤・工藤

MC 出演メンバーによる2曲の感想
 「辻さんは大変だったw でもまーちゃんも手がかかるw」

譜久村「未来に向けて歌います。」
 五線譜のたすき
 2017.11.30
 作詞:児玉雨子 作曲:星部ショウ 編曲:加藤裕介/星部ショウ

MC 飯窪、石田、佐藤、工藤によるデビュー当時の自己紹介を半笑いで再現

もう 我慢できないわ~Love ice cream~
 2017.12.6
 作詞・作曲:つんく編曲:鈴木俊介
 尾形春水・羽賀朱音・加賀楓・横山玲奈

大久保薫による(たぶん)DJMIXコーナー

セクシーキャットの演説 作詞・作曲:つんく編曲:大久保薫 2016.11.23
 君さえ居れば何も要らない 作詞・作曲:つんく編曲:平田祥一郎 2013.4.17
 A B C D E-cha E-chaしたい 作詞・作曲:つんく編曲:大久保薫 2013.4.17
 What's Up?愛はどうなのよ 作詞・作曲:つんく編曲:平田祥一郎 2012.9.12
 NATURE IS GOOD 作詞・作曲:つんく編曲:高橋諭一 2005.4.27
 Be Alive 作詞・作曲:つんく編曲:大久保薫 2012.9.12

MC 譜久村の掛け声

この地球の平和を本気で願ってるんだよ
 2011.9.14
 作詞・作曲:つんく編曲:平田祥一郎

泡沫サタデーナイト!
 2016.5.11
 作詞・作曲:つんく編曲:鈴木俊介

HappyNight
 1999.2.10
 作詞・作曲:つんく編曲:小西貴雄

総括

小田さくら

「いつも思うことなんですけども、、
 平日に武道館にたくさんの方が集まって下さって
 本当にありがたいなって思っております。
 がんばれーとかさくらーとかいっしょうけんめい
 応援してくださって声は届いているんですけども、
 あのーみんな大変でしょって
 ほんとに思うんですよ
 学校もお仕事も大変でしょ!
 もう!それなのにこうして血のつながっていないことかねw
 応援して下さる皆さんの心の広さっていうのが
 本当にすごいなって思っていて
 わたしはなんかあのーーー、生まれるにあたって
 なんだろ、こんなに他人と会うような人間になるとは
 思ってもみなかったですし、、、、)
 あのーそーですね、モーニング娘。に入ってから
 どんどん好きになって行ってしまって
 なんか、、、自分が、、、(涙)、、

自分が好きなモーニング娘に自分がなれているのか、

ちゃんと自分がモーニング娘に貢献できているのか、、

ほんとにいつも心の葛藤になっていて
 まだまだ足りないって思いながら
 こうして武道館にたくさんの方が応援して下さって
 だから私はこの気持ちは受けるだけではなく、
 しっかり何倍にもして返して
 みなさんを幸せにできるような人間になりたいなと
 いうふうに思っています!

今日は本当に幸せな時間でした。

この気持ちは忘れません。

どうもありがとうございました!」

ここにいるぜぇ
 2002.10.30
 作詞・作曲:つんく編曲:鈴木Daichi秀行

アンコール

若いんだし
 2017.12.6
 作詞・作曲:つんく編曲:平田祥一郎

涙ッチ
 2010.3.17
 作詞・作曲:つんく編曲:江上浩太郎

<総括>

私はつんくが嫌いだったので、バラエティの娘は知りすぎていますが、
コンサートについては映像のみで初期の現場はわかりません。

しかし、ももクロさんが最も新しいライブが最も素晴らしいのと同様、
モーニング娘。もそういう雰囲気になりつつあるなと感じました。

指原氏は昔が良かったと言いますが、
あんな激務でメンバー間がぎすぎすしていて
人間的にもあまり褒められたもんじゃない
人間が調和を破壊し、優れたメンバーに対して
精神的ダメージを与えていた初期に比べたら、
ほんとにビジネス的な嫌な毒々しさが全くない
やさしさに包まれた初期とは全く逆の
時代を反映させた最新型のグループに
なっているんじゃないかなって思いました。

譜久村さんがリーダーになった当初はもっと大久保薫が強くて攻撃的でしたが、
今回のを体験して、少し気持ちが落ち着いてきて、
様々な気持ちになる楽曲をバランスよく散りばめた
セトリにあらわれてきてるような気がしました。

一応BSスカパーで生中継決定してほっとしました。「モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋 ~We are MORNING MUSUME。~ 工藤遥卒業スペシャル」

標準

ハロプロの特にモーニング娘。のメンバーの卒業公演を
BSスカパーで生中継するようになってから早幾年。

まあそれがAKBに影響を与えて最近はAKBも
有名どころの卒業公演は生中継するようになってきました。

今回もあるかと思ってはいたんですが、とりあえず
決まったようでほっとしました。

BSスカパー20171211モーニング娘

先日の11月21日の内容を受けて、リハ段階で
ピョコピョコウルトラをやっていたという報告
があったんですが、結局最後までやらなかった
ので、12月11日にはやるんじゃないかとふんで
チケットを探したらやはり1万円程度しているので
ブルーレイで後日観ようと思っていたので安心です。

あとはメンバーのスキャンダルや、当日台風が吹かないことを
祈るばかりです。

ちなみにピョコピョコウルトラはリリース当時に2回だけ
披露してそれっきりの幻の楽曲になっているので、
今回やらなければ一生無理だと思うので、
是非ともここは10期のデビュー曲でもあるので、
殻を破って披露して欲しいですね。

2017.11.21 モーニング娘。’17 日本武道館 辻高橋田中道重が出演した理由。

標準

これですね、譜久村さん、フクちゃんのFC向けバースデーイベントには
いつもゲストが多く出演するので、その繋がりからなのかと最初は
思っていたんですが、

帰りの電車の中で冷静に考えてみると、

モーニング娘。の日本武道館公演という、ある意味アップフロントの看板的な
イベントという意味からも、

そういう個人的な欲望から起因したものじゃなかったということに
気づきました。

それは、このコンサートのタイトル

「モーニング娘。誕生20周年記念コンサートツアー2017秋
~We are MORNING MUSUME。~」

というところに答えが隠れているんじゃないかという気がします。

今回、最初の転換で、愛の種のBGMと同時に
20年を回顧するオリジナルのコメントと映像が流されました。

そして、中間地点で辻、高橋、田中、道重さん
がゲスト出演するコーナーが披露されました。

そうです。変なおじさんです。
、、もうおわかりですね。

20周年記念ということでゲスト出演したわけですね。

これ、17の世代的にも普通は田中、道重で終わると思います。

でも今回は辻、高橋が追加されたというところに、
20周年記念のスペシャル演出だったという
ことが明示化されているんだと思います。

私は辻ちゃんの推しだったからわかりますが、
加護の場合はガツガツなんでもでしゃばって出ると思いますが、
辻ちゃんの場合は仕方なく出演したんだと思いますよ。

まあでもそういうこと言うと楽しくなくなるので
楽しんでいるという表現をするために
もっとやろうかな的なことでも言って
盛り上げたっていうね。

だから、辻ちゃんを責めないで上げてください。

それを証拠に中澤さんなんかはリーダーだった
こともあり、記念イベントによく来てくれますが、
辻さんはハロの身内のイベントにもめったに出ないですしね。

セックスマシーン矢口なんか逆に出るなって言われてるのに
がつがつ出てきますしねw

ただし一言言えるのは、現場は地鳴りに近い轟音
の悲鳴で迎え入れられていたというところから、
現場のファンからは全力で迎え入れられていたという
ことだけは言っておきたいですね。

非難している人は傍観者がほとんどだと思われます。

今回の場合、あの演出は現場の人だけに向けた
総合的な表現内容を達成させるための必要な演出の
一部なので、
現場にいない、全体の流れを理解していない、
コンサートの全てを現場や映像で体験していない人は、
批判も賞賛もする権利は無いので、
もし意見する場合は、映像を後日確認してから
にして欲しいと思います。

2017FNS歌謡祭は結局普通の歌番組に回帰しましたが、ガールズアイドルの出演経緯を時系列で並べてみます。

標準

時系列で言うと、
モーニング娘。が凋落した時、berryzや℃-ute、
スマイレージのような他のグループでは
その大きすぎる穴を埋めきることはできず、

その頃にちょうどAKB48が入ってきて、
ダブステップを導入した、大久保薫楽曲とそれを
額面通りに表現するフォーメーションダンス
という手法をマスターしたモーニング娘。
と、一部のAKBのメンバーがそれを表舞台に
晒しだすような発言や行動を繰り返し、
再び注目が集まる中、見事その期待に応える
ようなパフォーマンスを表現することで、
その再評価の波に乗ることに成功し、
以前より安定的なポジションを得ること
にも成功して現在に至っている気がします。

その間にFNS歌謡祭では特徴的な事件が
発生します。
口パクアーチスト一掃事件。

この件で、きくち伸氏は発言の責任
を感じるあまりに自分の目でアイドルの
ライブの現場に足を運び、しっかりと
ヴォーカリストとしての誇りをもって
活動しているアイドルを探し出します。

それが、ももいろクローバーZでした。

丁度、メンバーの一人がアルフィーの坂崎
氏の親類だということが判明し、
2012.11.17zepp tokyoで
ももいろ夜ばなし第一夜『白秋』
という吉田照美さんのラジオ収録現場
を模した演出のアコースティックライブ
を開催する。

この流れを感じて、きくち伸氏はラジオ、フォーク、
段違いのダンスパフォーマンスと、
稚拙な技術を圧倒的な情熱で補って余りある
歌唱力に魅せられ、そこにフォークや
パンク、ロックの初期衝動のような
熱さを感じて、いろいろ制限のある地上波から
CSの舞台へ移動してそこでももクロをメインに
据えた音楽番組を静かに放送開始させる。

そこで、ももクロという宝物を地上波の無知で
ミーハーなスタッフ陣にプレゼンして、
出演の有無を毎回毎回討論するような
バカバカしい作業から抜け出し、
きくち氏はCSで自分の責任でももクロと
それに続くスターダスト芸能3部のグループ
を独自のルートで育てることを選択します。

そしてユニークなスタッフ陣が情熱を失って
去っていき、こだわりを無くした普通の音楽番組に
戻ったFNS音楽祭。

結局、セールスのデータを基本に楽曲が
売れている人を呼ぶ普通の音楽番組に
戻った結果が今回のFNS歌謡祭だということですね。

AKBと乃木坂というのがそれを表している気がします。

ちなみに、12.6と12.13の2日間でAKBと乃木坂
は両方出ますが、モーニング娘。は2日目のみ
なのでおかしいと思ったら、12.6は新曲リリース
イベントでがっつり18時から開始なので無理だということで、
もしそれがなければ出演していたと思いますね。

逆に考えると、AKBと乃木坂はすごく早い時期に
スケジュールが組まれていたが、
モーニング娘。はここ数か月で決まったことを
表しているとも言えますよね。

だからAKBと乃木坂よりもハロプロは
優先順位が低いっていうね。

AKBは6か月前から握手会のスケジュールを
組むのでそのくらい前からオファーされていた
んでしょうね。

あとAKBはこれに出れないと他の逃げ道が無い
とも言えますね。
ももクロはCSのレギュラーがありますが、
AKBは無いですからね。

でもこのポジションから考えると、
AKBは録音重視のビートルズ、
ももクロは現場重視のTHE WHOに置き換えられる
気がします。

そうすると、ビートルズは解散、
WHOは現役なので、ももクロさんは
ずっと活動を続けていくような
気がします。

というわけで、
AKBは地上波だが不安定、ももクロはCSと深夜だが安定、ハロプロは
未だ安定場所が無しなので、テレビ東京に
もっと頑張って欲しい気がします。

私はももクロさんが出るまでFNS歌謡祭はおろか
地上波の歌謡祭なんて全く興味もなかった
ので、元に戻っただけですね。

新生nanoCUNE、「nanoCUNE2018(仮)」の青写真が見えてきました。

標準

第一次のnanoCUNEが解散後、6月に新メンバー募集して、
新メンバーでやるのかと思って毎日チェックしていたら
全員新規ではなく、既存の事務所所属の研究生にあたるような
メンバーが2名配置されることがご本人のブログにて
明らかになりました。

PAFU
http://pafu-idol.com/index.html
PAFUHP
っていうスタダでいうところの3bjrから派生した奥澤村
的な一次的ユニットがあって、

PAFUprof

まず2017年10月31日に解散。

河野遥、坂本真麻がMAD MAGAZINE RECORDSを卒業。

友近由麻、森下美咲がnanoCUNEとして配属。

長尾茉南がひめキュンに配属。

河野 遥(こうの はるか)卒業
誕生日 2001年6月20日

坂本 真麻(さかもと まあさ)卒業
誕生日 2001年4月16日

友近 由麻(ともちか ゆま)nanoCUNE
誕生日 2001年5月5日

長尾 茉南(ながお まな)ひめキュン
誕生日 2002年2月27日

森下 美咲(もりした みさき)nanoCUNE
誕生日 2006年3月4日

ていう感じですね。

ただこの友近森下の年齢差が5歳もあるので、
berryz工房のように間のメンバーをバランスよく
入れてしかも脱退しないようにしないと、
もし世代差が広がってしまった場合、
バランスが崩れて℃-uteのように話もしたく
なくなる会いたくもなくなるっていう
事態になるようなきがするのでそこが心配ですが。

人数は不明ですが、5人だと振り入れ等も
スムーズにできると思うので、5人程度で
いくんじゃないかと。

そうすると、nanoRider時代や4人の時の
nanoCUNEの振り付けの5人バージョン
とかが初披露されることになるので、
そこが楽しみですね。

でnanoCUNEは卒業してもメンバーが
後輩のためにサポートしたりするあたたかい
ところがあるので、歩さん他も
一緒に振り入れとかボーカルレッスン
とかやってくれるんじゃないかと思います。

もう新メンバーも決定していて、
上記のレッスンとかも行っている気がする
ので、来年初頭には拝見できるんじゃないかと
思います。

もう山下智輝さんはやりたくてしかたない
感じで新曲から始めて徐々に既存の
曲を入れつつっていう、モーニング娘
的な感じでやっていくんじゃないかと思います。

いやー楽しみですね。。

アイドルより性欲を選んだラブマシーン田口が
所属している間はこぶしなんかいらねーわw

浜ちゃんのBDイベだけ行こうっと。

矢口と田口でユニット作って
新宿のロフトプラスワンででも
トークライブやってりゃいいじゃん。
マニアックな奴らがよだれ垂らして
来るからさw

モーニング娘。’16 コンサートツアー秋 佐藤優樹が「ドームでコンサートをやりたい」と言った瞬間の客の反応w

標準

9割がたのヲタが無反応で密かな反抗w

モーニング娘。'16 20161212 コンサートツアー秋~MY VISION~

ちなみにこれ現場解説でも報告したんですが、
これで証明できたでしょうかね。

私もももクロがアリーナやドームみたいな
とてもももクロの表現が100パーセント伝わるとは思えない劣悪な環境で
演出家の経歴の肥やしにするためだけのオナニーを
やりまくっているのに耐えられなくなってハロに
助けを求めて移動してきた経緯があるので、

まーちゃんには悪いけど、1回くらいはいいけど
ハロにはドームは遠慮して欲しいです。

まあ自分の卒コンとか単独なら構いませんけどね。

ちなみにこの時、ハロヲタの皆さんの芸術的センスに
感動した瞬間でもありました。

ももクロのファンはこういう大きな会場で
やるって発表する時、バカみたいにメンバーはおろか
スタッフ陣も全員喜びますから付いていけないですよw

頭悪すぎて。。

AKBGが遂にモーニング娘。で言う暗黒のプラチナ期に突入した模様でワクワクしてきました。

標準

AKBGが2016年あたりから、
まあコンサートは我々ファンの目から見ても
激減しているのは明らかで、さらに、劇場公演も
激減しているので、どうなるかと
思っていたら、CM数ランキング上位からも
消えてしまいました。

シングルの売り上げ1位はさよならクロール2013ですが、
これは指原氏が1位になった日産スタジアムでの
総選挙の応募券になっていたことからも、
この時が総選挙のピークだったことが
数字からも明らかになっています。

2位は真夏のsound good!2012

3位はラブラドールレトリバー2014

4位は僕たちは戦わない2015

なんですが、これには全てインチキ臭いにおいがプンプン
していて、それは、どれも、5月に発売されたもので、
ということは総選挙の投票権を兼ねている
ものなんですよね。

ですので、まあ実質は2014年あたりから兆候は
現れていたわけですよね。

それが2017年になって坂道の成長の時期と相まって
メディア露出頻度が入れ替わる感じになってきたっていうね。

乃木坂は2012年ですからまあ日産スタジアムの時期には
すでに入れ替わりの動きは始まっていたわけですよね。

またももクロの成長、乃木坂、欅坂、、ハロプロの復活、
ファンも分散されるようになったっていうね。

で、私はこの流れを感じるとモーニング娘。の高橋愛が
リーダーになった2007年、いろいろやりつくしてモーニング娘。
のアイデアがなれ合いになり始めた時に訪れた
暗黒の時期、いわゆるプラチナ期と似ているなと
思う訳です。

人間だれでも闇の時期は訪れます。

宇宙の歴史にも暗黒の時期は訪れます。

モーニング娘。は1998年から9年後に訪れました。

AKBは2005年からさよならクロールが2013年なので8年経過しています。

まあアイドルグループの暗黒期は9年サイクルなのかな
という気がします。

ももクロさんは2008年なので、今年か来年あたりから来そうな気がします。
って言っても、しいてあげると国立の時期がピークで、
メディア的にはAKBやハロプロのような活躍は無かったので
暗黒期みたいのものは無いんじゃないか、真ん中へんで
ちょうどいい感じで波風立てずって感じでぬるまゆで
このまま問題は無いような気がしますね。

モーニング娘。やAKBはテレビで視聴率とりまくり、
楽曲の売り上げ等も記録ラッシュだったり、
基本的にももクロとの活躍のレベルが違いすぎるので
比較にはなりませんねw

まあその分、落差が激しいんですね。

で、そのプラチナ期、、

モーニング娘。のプラチナ期は必死になっていろいろ実験
したりして挑戦していた時期、低迷したことから来る、
プレッシャーから解放されて開き直って挑戦出来た時期なので、
名作が多々生まれた時期だった訳ですが、

AKBもその予兆っていうのが来ていて、
まずはダンス選抜の作品というのが前衛的な作品に
仕上がっていて、

ひさしぶりにAKBの作品観ておもしろく感じたわけです。

まあみるからにポッキーのCMと同じ監督だっていうのを感じて
古さを感じるかと思うんだけどなんかその古さも相まって
新鮮に感じるっていう。

あと渡辺麻友の卒業っていうのが、
吉澤ひとみの卒業と似ていてね。

圧倒的なビジュアルクイーン的なメンバーが
いなくなるっていうね。

あと今年のプロレス企画、
既存の企画のブラッシュアップ、
AKSは暗黒の時代に入り始めたことを
理解していて冷静に対策をしはじめて
いるので、このまま信じて時代に対応した
活動をやり続ければ、
5年後あたりには光が差し込んでくる
んじゃないかという気がします。

ファイナンスも暴落したら拾う神がいるし、
高騰したら手を引く人も出てきます。

AKBGの、この暗黒期にしか味わえない、
開き直った挑戦の過程を楽しみたいと思います。

現場詳細 DJふくちゃん参上! 2017.11.30 譜久村聖バースデーイベント

標準

2017.11.30 『モーニング娘。’17 譜久村聖バースデーイベント』

いつものディファ有明。

国際展示場駅を降りてここに向かって歩いて
いるとき、ディファ有明のネオンライトが目に飛び込んでくる
と真っ先に三沢さんの時代のNOAHを思い出すんですが、
最近は譜久村さんを思い出すようにもなりました。

入口でまずは荷物検査、続いて身分証検査。
持ち物入れのゴミ袋をいただいて、今日も無事
お見送りがあることに安心して、500円とドリンク
券をもらって会場後方入口前のカウンターで交換。

ペプシとウーロン茶、水とDAKARAでしたかね。

2016年はここで譜久村聖へ言いたいことのアンケート用紙
に記入したんですが、今回は無しでした。

いつものようにハロプロBDイベ用のBGMが流れる中、
まずはタイムマシーン3号が明るく入場してきて、
昨年のふくちゃんのBDに続いて自分たちのお約束の
ハロプロのイベントに再度呼んでいただいたことへの
感謝の言葉を全身から連射して、ふくちゃんの紹介w

タイムはアップフロントの最初期からいて、
自分から飛び出していったわけではなく、
問題を起こしたわけではなく、単に
アップフロントが芸人の扱いをやめるために
いやいや太田プロに行った経緯があるので、
アップフロントもそんな二人への感謝の気持ち
を込めて呼んでいる気がするので、
私はこのタイムとハロプロで構成された
イベントの雰囲気が大好きなんですよね。

そして、ふくちゃんとどぅが入場。

で、対決企画だということで、
まずはこぶしの私の推している
ピンクバカ系統の後継者、浜浦彩乃ことはまちゃん
と野村さん。

でぐだぐだなトーク対決をするんですが、
まあ何を言ってもふくちゃんはにこにこ
してうなづいていたんですが、

はまちゃんが必殺の、嗣永さんへの思いの強さは負けないと
いうぶっこみにはさすがに刺さってw
それには私も負けない思いがありますよ!と
眉間をぴくつかせたふくちゃんでした。

ここから対決内容を発表するんですが、
昨年は舞台上イベントだったんですが、
今回は客席を走り回るイベントも取り入れられ、
雰囲気が最高でした。

対決後、負けたはまちゃん組は2016年の牧野真莉愛同様、
バースデーケーキを買ってくることに。。

数回中継が入るも質問を聞き返したりと
そのグダグダっぷりに爆笑。

今年はハロプロメンバーによるバースデーコメント
VTRはなく、まあ、くどぅだけで十分でしたね。

ライブに突入。

1.甘い誘惑 (GAM:松浦亜弥と藤本美貴)1st GAM〜甘い誘惑〜
2007.05.23 作詞・作曲:つんく 編曲:鈴木Daichi秀行

2.愛の意味を教えて W(ダブルユー)
2005.05.18 作詞・作曲:つんく 編曲:AKIRA

3.ズキュンLOVE
2004.02.11ミニモニ。ソングズ2 作詞・作曲:つんく 編曲:小西貴雄

4.世界一HAPPYな女の子 ℃-ute
2011.9.7 作詞・作曲:つんく 編曲:宅見将典
以上、ふくどぅ

5.ピーナッツバタージェリーラブ カントリー・ガールズ
2017.02.08 エリック・フクサキ/三浦徳子 エリック・フクサキ 平田祥一郎

以上、譜久村

6.友達( )が気に入っている男からの伝言 モーニング娘。No.5
2003.3.26 作詞・作曲:つんく 編曲:渡部チェル

7.紅茶の美味しい店 We are Buono!
2010.02.10 作詞:橋本淳 作曲:筒美京平 編曲:小林俊太郎

8.愛の船 (GAM:松浦亜弥と藤本美貴)1st GAM〜甘い誘惑〜
2007.05.23 作詞・作曲:つんく 編曲:湯浅公一

9.この愛を重ねて 高橋愛/新垣里沙 モーニング娘。12,スマート
2011.10.12 作詞・作曲:つんく 編曲:AKIRA

以上、ふくどぅ

10.私のすごい方法 松浦亜弥 ファーストKISS
2002.1.1 作詞・作曲:つんく 編曲:高橋諭一

以上、譜久村

ここで野村浜浦チームが結局昨年同様歩きでららぽーと豊洲にいって
譜久村宛領収書を切ってもらって購入してきましたw

そして昨年同様、手書きイラストコメント入りの
バースデーカードを渡しながらお見送りで終了
しました。

2017譜久村BD1
2017譜久村BD2

今年印象に残っていることは、

ふくちゃんとどぅが開き直って
選曲がいかにもハロプロヲタクな感じなんで
すが、各自それを調べていただいて知識を
豊富にしていただきながらよりハロプロを
楽しんでいただければと言っていたことでした。

あとはふくどぅは最後と言ってましたが、
嗣永さんみたいに引退ではないので、
またなにかで一緒にやるような雰囲気は
匂わせていたことですね。

ちなみにこのBDイベント、時間は60分前後のイベント
で、チケット代も安く設定されているんですが、
いつもふくちゃんのやつは大きくオーバーしてしまう感じで楽しいです。

来年はだれが相方になるんでしょうか。。
楽しみです。

譜久村聖公式ブログ
21th Birthday⋈*.。☆譜久村聖

今回は驚きより心に重点を置いた感じですね。~邪魔しないで Here We Go!/弩級のゴーサイン/若いんだし!~

標準

モーニング娘。’17
邪魔しないで Here We Go!/弩級のゴーサイン/若いんだし!

スカパーでFHD版のPVを全て鑑賞し終わりました。

邪魔しないでは特になにも残らない大久保節。
私的にはよっぽど過去作の
「恋人には絶対に知られたくない真実」
のほうが楽曲的には前衛的だと思います。
まあ芸術って、尖りすぎてもまるくなりすぎても
最大公約数的な支持が得られないので
難しいですよね。
表題曲にするにはこのレベルに抑えた方が
無難かなっていうね。

弩級は

弩級という字面のほうが楽曲のインパクトを完全に超えてしまったw
nanoCUNE

系パワーポップ。

若いんだしは工藤遥に特化した工藤しか歌えない楽曲。

でこういう曲はハロプロの場合パターンがあって、
まあキャリア的にこれまでの道のりを思い出させる重厚な道重的なバラード

より
それほどのキャリアもないことからまだまだこれから的な軽めな
歩いてる系に仕上げてきました。

てことで、

今回は特に新しい感じは無かったですね。

結局、17はBRAND NEW MORNING

が最も挑戦的でしたね。