カテゴリー別アーカイブ: モーニング娘。

ガールズアイドルマルチヲタによる、2019年12月現在のハロプロのアイドルグループの血統図。

標準

モーニング娘。

<シャ乱Q

 

アンジュルム

<ももクロを基準点
として、ハロプロにももクロがいたら
という仮定による独自進化。

スマイレージの
面影はない。。

 

JUICE=JUICE

<メロン記念日

 

つばきファクトリー

<℃-uteと
たまにAKBGやももクロ。

 

こぶしファクトリー

<最初Berryz工房の予定だったが
メンバー減少によりBuono!に変更を余儀なくされる。

 

カントリーガールズ

<カントリー娘、スマイレージ

 

BEYOOOOONDS

<Berryz工房を基本に
ストレスフリーになったハロプロ
による全ガールズアイドル対象の
サンプリングアートのミックス。

2019.10.30譜久村聖バースデーイベント2019、2回目の現場詳解

標準

苦節5年、初めてふくちゃんのイベントで最前列。

いつものハートのバルーンで装飾された舞台。

いつもゲスト出演していた工藤遥さんが卒業してから、
単独で好きなように演出するようになりました。

前座で上々軍団さんが新曲を宣伝。

アップフロントのお笑い部署がなくなったんで、
タイムマシーン3号は移籍して、上々軍団は
残ったわけですが、まあ、コミックバンド
だったので、お笑いを切り捨てて音楽活動
を生かしていく感じになったみたいですね。

冒頭にいつものタイムマシーン3号のほうが
良かったネタで上々軍団をいじるふくちゃんw

今回はシンプルに自分で選んだ質問コーナー
でした。

以前は入場前にネットや現場で質問をエントリー
してもらって選んでいたんですが、
最近はあまりやらなくなったみたいです。

単純にめんどくさいのかもしれませんね。

でミニライブ。

ふくちゃんのブログから引用します。

M1 ドッキドキ!LOVEメール!/松浦亜弥
M2ガールズパワー・愛するパワー/メロン記念日
M3 forever〜あなたに会いたい〜/つんく♂
M4 初めて唇を重ねた夜/松浦亜弥
M5 君がいれば/Buono!
M6 MIRACLE HAPPY LOVE SONG/Buono!
M7 インスピレーション!/モーニング娘。
M8 1から10まで愛してほしい/モーニング娘。

2公演目は回替わりで
M3 ふわり、恋時計/つばきファクトリー
M4 明日を作るのは君/モーニング娘’14
M8すんごいマイバースディ/モーニング娘。

開演数時間前にふくちゃんのBDイベントのセトリ
が毎年マニアックになっていくとつぶやいたら、
それが姫の心に突き刺さりw
そんなことないんだけど、やりたいものを
選んだら自然にそうなっていたと説明してました。

でも、今回だけでも、

M1とM8と2公演目のM3以外は私にとっては
マニアックな楽曲でしたw

でもまあそんなマニアックな楽曲でも、
5年間スキルの向上に努めた結果、
うっすら聞いたことある感じなのが7割程度
で、あとは初見でしたね。

メロンとかつんく単独曲とか出されたらもう即死です。

メッセージボールの投げ込みがあったんですが、
最前列あるあるで、意外と前列は視線も来なくて
挙手してもスルーされる、メッセージボール投げ込みも
最初に1個来ただけであとの数十個は後方ばっかで
スルーされてお手上げでしたね。

最後のお見送りは昨年はあるメッセージを送る
アクションを手でやってきちんとリアクション
してくれたんですが、今回はスルーされてしまいました。

でも2秒くらいは時間がありました。
おめでとうございます程度はゆっくり言える感じです。

あとここ2年程度は悩んでいるとか言っていたけど、
今日は後輩が入ってきたので心機一転して楽しいと
言っていたので安心したんですが、
指原氏と同様に、そのこたちが成長した時怖い
なと思ったりしましたね。

ファンは年齢とか関係なくずっといて欲しいと
思っている人が多いとおもうんだけどね。

佐藤優樹激似AV女優。これけっこうキテますよ。

標準

桜空もも

顔と、うつむき加減の表情、
甘え系のしゃべり方と声質。

ある一定の比率の日本人男性がたぶん
人類が淘汰されるまで
惹かれ続けるだろうと思われる
タイプの女性ですね。

最近ですと、

さとう珠緒から始まり、小倉優子、
三浦理恵子、吉岡里穂っていう感じで
引き継がれていると思います。

私は映画やドラマを観ないので、
CMやバラエティが情報源なので、
他にもいると思いますが
ご了承ください。

ちなみに、まーちゃんは
ナチュラルメイク系で、奥二重で、
目をぱっちり大きめに
決めたりしないので、

桜空ももさんのそういう
ぱっちりメイク
をしている作品を観て
逆にそういうメイクをした場合
こういう雰囲気になるのかって
いう新しい発見もできる
女優さんです。

ももクロってこんなに退屈なグループだったっけw 「MomocloMania2019 -ROAD TO 2020- 史上最大のプレ開会式」

標準

なんか歌もダンスもリハーサルみたいに流して
嵐みたいに身体の可動域最小でやってたんだけど、、

いつからこんなグループになったんだろう。

ココナツなんか、以前は水鉄砲持って会場じゅうを
走り回ってスタジアムの客を可能な限り
遠くのひとまで楽しませようという意気込みを
強く感じさせるところがあったんだけど、

今回なんか、、

舞台上で小さく走り回って終わり。

それも以前はれにちゃんなんか太ももを高く上げて
髪の毛を振り乱して走り回っていたんだけど、
今回なんかなにひとつ乱れない感じでw
マニキュア付けて米を研いでるような
何一つ身体を動かさない、傷めない
勢いの静かさでw

こんなん見て今のももクロのファンて
なぜ満足できてるのか理解できないですよ。

全力でやるのがももクロの売り
だったんだけど、

その全力の限界値がいつの間にか
コンプライアンス違反でファンに無断で
下げられていたっていうねw

年齢のせいだとかいろいろ言い訳してますが、
今もパフォーマンス能力を維持している
モーニング娘の譜久村さんと夏菜子は
2歳程度しか違わないし、
その夏菜子の今の譜久村さんと同じ
年齢だった2年前にはすでに、
今の譜久村さんには到底及ばないような
全力度にパフォーマンス能力が下がっていましたからね。

以前の夏のバカ騒ぎの西武球場のときは
ももクロはここにいる全ての人を
満足させてやるという一心で、
攻撃的に一方的にパフォーマンス能力を見せつけていましたが、

今回2019年の夏バカの同じ西武球場
では、逆に、自分らから見せつけるのではなく、
私たちはもう動けないので静かにパフォーマンスするから、
客のお前らが応援して盛り上げろよ、
っていう受け身の姿勢を強く感じました。

私は数年前、こういう状況になりかけた時、
パフォーマンスのパワーバランスを
動きから連動に方向転換して、その
能力がレベルアップしたところを見てあげて
欲しいとフォローしたんですが、

今回はさすがに西武球場でやる内容じゃない、
シンクロより動きを重視すべき場所で
方向転換したものを涼しい顔でやっていたので
それは違うだろと思いました。

夏の西武球場では動きを重視した
汗水かいて暴れるパフォーマンスを
見せつけるのがももクロだろうと
思いました。

しかし、その動きを重視すべき現場で、
今回そういう流れで仕上げてきた
ことがわかったことで、
もう動きを重視したパフォーマンスは
捨てたんだなという気がしました。

マスコミもまあ正直で取り上げる
メディアも激減。その分、
同時期に開催されてるTIFのほうに
より時間をかけてレポートしてました。

つんくさんはこういう方向になっていくのが
怖くてメンバーを入れ替えてパフォーマンスレベルを
維持しているんだなということもなんか
理解できた今回の夏バカでした。

岡井千聖不倫強奪婚、塚田との合コンスキャンダルでまた、ある都市伝説が確証に近づきました。

標準

金髪でチビのハロプロメンバーはセックス依存症だということですね。

これ矢口が現役の時私が言い続けていたら、だんだん辻、加護と
対象メンバーが増えていって、最近、矢口が自分から言い出してw

まあもう確定みたいなもんですねこうなってくると。

この説、チビっていうところがキーポイントです。

大久保薫氏が武器を電子音からギターに持ち替え、新たな時代を切り開く意欲作。 2019.3.20モーニング娘。’19『I surrender 愛されど愛』

標準

モーニング娘。’19『I surrender 愛されど愛』

プラチナ期からone two threeをもってダブステップを
アイドル業界に初めて持ち込み、革命を起こし、
それから2018年まではそのブリブリのシンセのベース音
とBPM遅めなビートを主体としたものを基軸にして、
そのイメージを維持していたんですが、

まあ私がここで大久保サウンドの特徴として
電子音以外を使わないとか芯を食うことを
言っていたからかどうかは知りませんが、
今回、ばりばりにギターを初めて導入したので
驚きました。

平田祥一郎さんがそういうダブステップ以外の
一般的な作風を担当していたんですが、
今回、大久保さんもまあつんくさんの指示で
ダブステップ以外の展開をしはじめた
ことで、モーニング娘の展開が面白くなってきました。

自由な国だからくらいから、
そういう昔のカラフルなモーニング娘の
空気に戻る雰囲気を感じ始めていた
んですが、

そろそろダブステップも疲弊しはじめていたので、
その空気を感じたつんくさんはさすがだと
思いますね。

でも今回の大久保さんのギター導入の件ですが、

根幹が変わってないと思ったのは、
平祥さんはでんぱ組みたいに
いろんな音色をちりばめる
んですが、

大久保さんは、これだと思う音色を
2種類程度決めてそれをごり押しする
ので、

それがダブステップの時の電子音から
ギターの音に置き換わっただけで、

そして、ダブステップの時より
BPMが速くなっていると思ったみなさん、

実は変化しておらず、

バスドラとスネアの位置を変えただけ、

例えば、愛されど愛のBDとSDの位置が
B-S- B-S- B-S- B-S-
として、これを
B— —- S— —-
こういう風に置く位置を置き換えると、

ね!

基本的なBPMのはやさは変わってなくて、
表現方法だけ変えた作品だということに
気づきます。

脳内で変換させると娘。の通常の
大久保ダブステップとして
聴くことが可能になるんですね。

ということで今回分かったのは、
大久保さんはダブステップに
は執拗なこだわりがあること、

つんくさんやプロデューサーの
指示もあるが自分の最先端の作風という位置に強力に結び付けていること、

そして少ない音色でこれでもかと押しまくる作風が
大久保薫なんだなということですね。

大久保薫の新章を楽しみにしたいと思います。

ただし、たまにはダブステップもまだ
私は大好きなので、より新しいスキルを
入れてブラッシュアップしたものが
出来た時はよろしくお願いします!

2019.2.26でんぱ組×こぶしファクトリー対バンライブ現場解説

標準

入場時にスタッフからどちらのファンか質問されたので
どちらもと答えました。

私の周りではでんぱと答える人が多かったです。

でも場内で待機しているときは
あまりどちらが多いとかはなかったですね。

最初にこぶしとでんぱの合同企画で1曲。

次に、まあ言っても一応でんぱ主催に
近いイベントなので、こぶしがまず
単独で十数曲、次にでんぱが十数曲披露
しまして、アンコールは最初、ロック系
の拍手ウエーブから始まってアイドル系
のアンコール叫びに変化して、

こぶしとでんぱ合同楽曲を2曲披露。

この時、推しの未鈴ちゃんと浜ちゃんが隣り合わせで
ポジショニングしていたので、
サイリウムをどうしようか迷いましたw

こんなこと予測してなかったんで。。

なので、対バンでは全員分のサイリウムを用意しておく
ことをおすすめします。

あととくにオルスタでこぶしとでんぱで
ファンが入れ替わったりすることなく、
両方のファンがお互いに2グループ両方の
コールやミックスを可能な限り対応
していて気持ち良い現場でした。

ちなみにでんぱのファンの方は知らないと
思うので一応。

ハロプロのファンはどんな状況でも
コールやミックスを対応できる
ことを、メンバーが誇りにしている
ところがあってですねw

嗣永桃子さんなんか、
カントリーガールズのイベントで
ハロプロではない知らないグループが前座で出てきた
時に見事にファンが盛り上げた時があって、
そのとき、

「さすがどんなことにもついていけるハロプロのファンの方たちだわ!!」

って感謝した時があったんですよねw

だからこれ意外とハロのファンはほかの
出演者さんたちに優しいということを
証明するような出来事だったんじゃないかと
思います。

ただ、でんぱの特殊なコールは無理でしたけどね。

あと今回の特徴的なネタは未鈴ちゃんが
モーニング娘。のオーディションに全部落ちた
話で盛り上がっていたんですが、

よく考えると、こぶしの浜浦さんも
全て落ちているんですよね。。

だから現在、モーニング娘。が全アイドルの中で最も難しい
一般対象のオーディションじゃないかと思います。

2019.3.5 うたコン ハロプロオールスターズ出演までの経緯の妄想シーンw

標準

NHK「モーニング娘。‘19に出演していただきたいんですが大丈夫でしょうか?」

アップフロント「どのようなセットがご希望でしょうか」

NHK「新曲と昔の曲を1曲ずつお願いしたいんですが。

あともし可能ならばバックダンサーとして1曲。。」

アップフロント役員会議

『 紅白とか今後の流れもあるし、

NHKにハロプロの全力を見せつけるいい機会じゃないかとおもうから、

ギャラはサービスしてオールスターズを送り込むのはどうだろうか。』

つんく『いいんじゃないか?是非成功させてくれ。』

アップフロントハロプロ担当チーフマネージャー

「了解しました。

なんでしたら今回はセットで20周年記念のプロジェクトとして立ち上げた

ハロプロのグループから選抜したメンバーで

構成したハロプロオールスターズというくくりがあるので

そのくくりで参加させていただいてもよろしい

んですが、どうしましょうか?」

NHK「ギャラがそんなに変わらないということでしたら是非是非お願いします!」

アップフロント「了解致しました。」

 

信じるか信じないかは貴方次第です。

 

 

2019.2.11 KOTO「5周年ワンマン・全曲やります!」代官山LOOP

標準

すっかり常連になった代官山のLOOP。

代官山といえばUNITしか行かなかったですが、
KOTOちゃんのおかげで場所が増えました。

こちらはフロアが中央にあって、特に柱等は無く、
最後方に高くなったところにバーカウンターと
立ち見カウンターといった具合。

今回は現場手売りチケットとe+チケットで、
手売りが先で数十人、その後に入場でした。

まあ後方で自由にやりたいんで真ん中あたりで
良かったんで順番は構いませんでした。

40曲程度やるのでショートバージョンにして
喫茶さんが適当に繋げてありました。

それを数トラック用意して、その合間に
KOTOちゃんがいろいろ今回についての
コメントトーク。

まずセトリはほんとに現場でしか披露しない
ものが多かったですね。

プラプラデビューの人とかは今回参加したら
カラフルな楽曲の構成でよりKOTOちゃんの
印象がアイドルに近くなったんじゃないかと
いう気がします。
ただの篠原ともえじゃないっていうねw

トークで印象的だったところ。

まず今回はKOTOちゃんがいつものように
勢いで企画して喫茶さんほかにうんともすんとも
言わせない感じで勝手に実行したイベントだったと。

だから周りは実際は大変だったといってまあ、
喫茶さんは苦笑いしてました。

私も今回の話聞いて、喫茶さん大変だろうな
って思ってたんですけど案の定だった感じです。。

サウンドについて、まあ全部が全部じゃなかった
んでLOOPのサウンドデザインではなく、
喫茶さんのトラックのファイルだと思うんですが、
ソニックマキシマイザのような、低音域増強
ツールで再デザインされたような、
バスドラとベースが一緒くたになってうねりにうねって
竜のように天に上昇していくような
ミキシングが素晴らしかったですねえ。。

YMOのRYDEENのような。

大久保薫のような。

あの電子音がぐにゃぐにゃしてドリルのように
脳をいじくりまわすような感覚。

それとともに、KOTOちゃんの生気が満ち溢れた
パフォーマンス。

そして、合間にそんなパフォーマンスとは
真逆の、今回初めて披露した、
実は辞めたいと思うことが今までに何度も
あったことを告白したり、
先輩方が最近辞めていく事実をさみしく
感じていたり、

KOTOちゃんは安定していると思ったら
大間違いなんだよとくぎを刺してw

あと今回のトラックは最後まできっちり
作りこんであるのでアンコールはないんですよ
ということで、全部やりきって約2時間10分程度
でしたかね、、、無事終了しました。

タレント業にうつつを抜かして干されかけている
前山田さんとは違ってwこんなに短期間に
喫茶さんのスキルが目覚ましくあがりまくって
タフになっているところに感動しました。

現場で感じた要点と今回のコンサートの位置づけについて。2018.12.15モーニング娘。’18コンサートツアー秋 ~GET SET, GO!~ファイナル

標準

前座:beyooooonds

自由な国だから 2018
君さえ居れば何も要らない(updated) 2013

Are you Happy? 2018
Tokyoという片隅 2016
そうじゃない 2016
Only you 2011
ブレインストーミング 2013

憧れのStress-free~モーニング娘。’18ver~ 2018
ワクテカ Take a chance 2012
私のなんにもわかっちゃいない 2017
ムキダシで向き合って 2016

フラリ銀座 2018
今すぐ飛び込む勇気 2015

メドレー:
そうだ!We’re ALIVE(updated)
LOVEマシーン(updated)
ザ☆ピ~ス!(updated)
恋愛レボリューション21(updated)
Go Girl ~恋のヴィクトリー

恋してみたくて 2018
ロマンスに目覚める妄想女子の歌 2017
ドッカ~ン カプリッチオ 2012
What is LOVE? 2014

アンコール:
私の魅力に 気付かない鈍感な人(飯窪春菜) 2009
I surrender 愛されど愛 2018
Y字路の途中 2018
One・Two・Three(updated) 2012
わがまま 気のまま 愛のジョーク 2013

今回はbeyooooondsが前座で出てきて、
これは驚いたんですが、あまりコールしてる人が
いなくて、こんなもんなのかと思いました。。

これ、スタダだとももクロ以外にもきちんと
サポートしてあげる人がほとんどなんですが、
ハロプロは意外と推し以外には我関せず
っていう。。

beyooooondsなんかこれからデビューして
がんばれっていう意味で応援してやっても
いいと思うんですけどね。。

セトリは今回は感じたままで説明しますと、

onetwothree以降が70パーセント、
クラシックが20パーセント、
その他が10パーセントっていう感じでしたかね。

未来的な感じでした。

春の20周年記念感ていうものはなくなり、
未来を見据えた従来の攻撃的なモーニング娘。
に戻っていて安心しました。

10期ぐらいまでは振付に適度にアドリブを
入れて独自性を出して、それを若手がきちんと
基本に忠実なパフォーマンスでサポート
しているという感じでした。

全員がアドリブやりまくったら
めちゃくちゃになっちゃいますからね。
若手がしっかり自我を抑制してやっているから
こその先輩方のアドリブっていうね。

あとは、歌唱力が急激に全員伸びてきた
感じで、音程を外したり不快に感じたり
っていうのは皆無でしたね。
なにも不安を感じませんでした。

あとはここ数年大久保薫系のエレクトロな
楽曲が多かったので、フラリ銀座のような
ポップな歌謡曲をバランスよく入れる
ようになりましたね。

全世代に親しまれてこそのアイドルですから、
ハロプロの方向性はもっともだと思います。

ただしもう小西貴雄さんや、鈴木Daichi秀行氏、
鈴木俊介氏といった
昔のスタッフ陣を更新してしまったので、
大久保さんや平田さん、唯一まだ残っている
初期スタの鈴木俊介さんを基軸に、
新しいメンツを発掘しながら
新しい時代を切り開いていくんじゃないかと
いう気がします。

最近大久保さんはハロプロの楽曲で
つんくさんが作詞作曲を気合い入れて
やった時にセットでグループの枠を超えて
参加しているので、
ほかのスタッフにも分散させていかないと
作品のクオリティが下がるから、
正しい方向だという気がします。

先日つんくさんにお願いしたんですが、
今回ボーカルのパワーが素晴らしかった
ので、是非バックにつんくバンドを従えての
アンプラグドを聴きたいと。

実現したらいいですねえ。。

最後に、今回のアンコールの対応の雰囲気なんですが、
2階でしたが、私以外まわりにいませんでした。。
ハロプロってこんなんでしたっけ。

ももクロさんはほぼ全員とまでいかないまでも
8割がたの人がきちんとコールしてくれます。
これは映像見ればわかると思います。

これはLVでも同じです。

HKTなんかもまあ全員とはいかないまでも、
6割強の人がコールしていました。

モーニング娘。は4、5割程度ですよ。

以前はこんなひどくなかった気がするんですが、
まあ初心者が多い、新規が多いという、前向きな
考え方で終わらせておきます。

10人いて私一人なんで驚きましたよ。。

アンコールありがとうございますっていうのは
汗水たらしてコールした人のみへの感謝の言葉だから、
座ってペットボトル片手に彼氏といちゃついて
スルーしてるお前らに言葉を受け取り、
観る権利はないからな。

なんにもコールしないでよくもまあコールした
雰囲気出して手を振ってられるよな。。
人間不信になるわ。