カテゴリー別アーカイブ: 2019.9.14こぶしファクトリー ライブツアー 2019秋 横浜bayhall

2019.09.14こぶしファクトリーライブハウスツアー横浜ベイホール、1日2連戦参加からわかったこと。

標準

先日、こぶしのチケットの話をしたんですが、

ここ3年くらいずっと東京と神奈川のライブハウス
ツアーのチケットが落選続きだったんで、
(当然、FC会員枠で)
今回1枚でも当たればっていう気持で、
3戦(ももクロの言い方ですいませんw)
全てエントリーしたら、全て当選してしまって、
しかも2日はルミネのRGの定期公演、
14かはデスラビッツの定期公演で
ダブってしまって、初めてチケット流通センター
に売りに出したんです。

で2日のやつがいい場所が当たってまあ14000円程度で
売れたんですが、先日の話どおり、
2000円程度手数料で持ってかれるので
12000円程度で実質は売れました。

ちなみに、これ、あまりに安く売っても
転売されて儲けられると嫌なので、
2日間程度様子みて平均価格を
計算してそれが14000円でした。

まあ、それの経緯もおもしろくて、
その出品内容をサイトのテンプレに記入して
出品ボタンを押したとたんに
即日売れて驚きました。

出して確認したらもう取引中に
なっていたっていうね。

で、そんなに簡単に売れるんならって
軽く考えて、
先日にもお伝えした、14日のベイホールの
午後分を売りに出したら、定価+手数料
1500円程度でも売れず、結局、その真裏で
やるデスラビのチケットも、こちらは
liepocketっていうアプリのシステムでメールでURLを
送るだけなので定価+800円でしたが
こちらも売れずって感じで、

仕方なく、こぶしの昼と夜の2回に参加する
ことになりました。

以前結構歩いた嫌な思い出があったのと、
その際にベイホールの近くの道路をかなりの
本数のバスが通っていた記憶があったので、
電車で桜木町まで行き、バスで貯木場前
まで行くことにしました。

桜木町を降りると、5分程度で停留所に到着。
しかし、横浜発着なので、座席はあいておらず。

10駅程度ですが、駅間が近いのでそんなに
時間が経過している感覚もなく、あっというまに
貯木場に到着。

停留所近くにローソンがあり、ドリンク代用の
現金を出金。

昼公演は、400番近くで、ベイホール横の
駐車場の待機所に一定の整理番号別に
看板がたっていて、それが、100番ずつで、
400番以降は最後方になっていたので、
悪い予感がしていたんですが、案の定でした。

まず、現場の特徴の一つが、AKB劇場みたいに
2本の柱があるのです。

その後ろだとなにも見えません。

400番近くで入場すると、まず中央前の
ホールは入る隙間なし。

後方のひな壇みたいになってるところは
後方だけ空いてましたが、自分の前にぎりぎりの時間に
背の高い人が来てしまうと完全にアウトなんで、
前方のホール周りをうろうろして、長年の勘で
PA周りは結構穴場的な時が多いっていう鉄則を
思い出し、PA周りをうろついてると、
PAのスタッフの出入り口が人1人分あいていた
ので、立ってみるとなんとか全身は無理だが
つま先立ちすれば上半身は確認できる
感じで、柱も邪魔に感じなかったのでそこに
待機しました。

しかし、PAの場所とフロアの場所の間に
段差があるのですが、1段高くなっている
方には入るなと警告されたので、気を付けてください。

しかし、そこで待機しているとき、もっと
良い場所を見つけてしまいました。

それは、そこの横にあるフロアと後方ひな壇
を繋ぐ階段ですね。

ここは最初注意されると思って避けたんですが、
後から来た人がここにいて、結局最後まで
そこにいたので、本当の穴場だと思いました。

握手会は苦手なので先に退場して、
時計を見ると、開演から1時間45分くらいでした。

ハロプロは握手会を合わせて2時間程度で
計算している感じでした。

1時間ばかり
歩いて数分のホームセンター内にある
マクドナルドで食事をして、店内をすこし
うろついて、ちなみにここは広いので
暑い時や寒い時はいいと思います。

あとベイホール近くには広い駐車場が結構あるので
そこで座って待機するのもいいと思います。

で、夜公演。

今回の整理番号は300番近く。

100番違うとどのくらい改善できるのか
期待してました。

チケットの番号チェック、中身チェック、500円のドリンク代ときて
入場です。
番号以外は見てないかんじですね。

ちなみに呼び出し方法ですが、
200番程度まで1番ずつ呼び込んでたの
に驚きました。
あとは5番程度ずつですね。

すいません、300番近くの場所について。。

やはり100番違うと結構違っていて、
前方のホールの最後方が空いてました。

真ん中のPAの前の中段と迷ったんですが、
ここの常連さんならわかると思いますが、
後方に行くほど、前方に背の高い人が来ると
アウトなので、今回はすこし勇気を出して
前方ホールの最後方に入りました。

後ろは舞台への視線が下向きになるので、
背の高い人が来ると逃げ場がないんですが、
前方だと、舞台への目線が上方になるので、
背の高い人が来ても対応できるんですよね。

だから、今回の2回目の選択は成功でした。

1回目は舞台が見えないので振りコピとかも
出来なかったんですが、
2回目は舞台が見えたので目線を合わせたり、トークの時
合いの手を入れたり、フリコピもがんがん
全て対応できたり、もうしぶんなく
楽しめました。

ここはたぶん300番以降だときついかなと思いました。

時間も握手会があるので短めだし。

あと、すいません、今回はじめてこぶしの1日2回公演
の両方に参戦したんですが、
わかったことは、
いろいろアカペラとかボイパとか違うネタを
用意していたり、楽曲も変えていたり、
トークの内容も前半と後半を含めたトーク内容
になっていたりと違う公演のようにこぶしの
スタッフになったかのようにこぶしと
過ごした時間の経過も一緒に楽しめるので、
損はないと思いました。

ただし、今回体験した通り、
整理番号によって善し悪しの差が激しいので、
全体を観てフリコピとか、振りや表情等、
アーチストのパフォーマンスの全てを
受け止めたい場合は、ライブハウスじゃなく、
座席制の場所、中野サンプラザとか
そういう場所の方がいいと思います。

私は今回自分自身を後者だと感じましたので、
ライブハウスは場所によっては
やめようと思いました。

ベイホールは今回が最後になった気がしますw

2019年9月14日のアイドルライブが被ってしまったのでベストなもの一つに絞った話。

標準

こぶしファクトリーとデスラビッツが被ってしまいました。

こぶしファクトリー

019年9月14日(土)
①開場14:00/開演14:45
②開場17:45/開演18:30
会場
横浜Bay Hall
席種/料金
全自由(整理番号付) 6,000円(税込)
※入場時ドリンク代別途必要
年齢制限
※6歳以上チケット必要、6歳未満入場不可
備考
※ライブ+握手会付きの公演になります。

デスラビッツ

日時:9月14日(土)
会場:下北沢GARDEN
時間:16:15 OPEN/17:00 START
料金:前売り¥3,500(ドリンク代別)/当日¥4,000

こぶしはいつも外れるので両方ともエントリーしたら当選w

デスラビは前回圧縮が醜かったのですが
規模を大きめにしてセッティングしてくれた
ので先行で確保。

番号は

こぶしは300番くらいと500番くらい。

デスラビはだいたい100番くらい。

こぶしのエントリーをしたとき14日の
デスラビがスケジュールに書いてなくて
それがミスでした。

だから3枚のチケットが手元に残ってしまいました。

時間もどうにもこうにもずらせない感じ。

最初のフィルターとしては
現場の環境をイメージしてみました。

横浜は前後半どっちでもまあ普通に楽しめる感じ。

デスラビもまあキャパ500人の100番なので
大丈夫と言いたいところですが、
前回のがまんならない拍手も不可能な
レベルの最悪な圧縮を体験して
信頼度が薄まっていることもあり
もう少しなんかマイナス条件が
ないのか調べてみます。

1年ぶりで実力も結構向上して、
新曲も積極的にリリースしているので
デスラビ本体の魅力はアップしてますから、、
他の悪い条件を探してみます。

会場は下北沢garden。

下北沢では最大のライブハウスみたいです。

ググると、、スタッフの態度が悪いという
コメントが多数。なんか雲行きが怪しく
なってきました。

続いて、喫煙環境について記述が多数。

入り口に喫煙所が設けてあり、
煙が立ち込めていると。。

また文句言いながら喫煙している
人たちについて同じ喫煙者が
すいませんと謝る場面が。

またフロアは禁煙なのになぜか
結構な煙草のにおいがするという。。

ちなみに私はタバコを辞めた人間で、
衣服に付いたりするのでどちらかと
いえばタバコが嫌いな人間。

いろんな現場行くが、
たばこのにおいがするフロア
なんて今の時代、ここ数年で
体験したことありません。

あとステージが異常に低い。

下北沢garden

もうここで、今回はパスすることに決めました。。

もっと現場を吟味してセットアップしてやってくれよ部長。
なにも知らず付いてきているメンバーがかわいそうだよ。

こぶしは、以前bayhall行ったとき、
4時でも寂しかったのに、
今回の2回目の終演は7時ってことで、
さらに寂しくなることが予想できるので、
夜は横浜bayhall近辺を歩き回りたく
ないってことから、1部にしようと思います。