カテゴリー別アーカイブ: 2019.5.3こぶしファクトリー ファーストコンサート2019 春麗 〜GWスペシャル〜中野サンプラザ

まさに「これからだ!」な現場でした。 2019.5.3こぶしファクトリー ファーストコンサート2019 春麗 〜GWスペシャル〜中野サンプラザ

標準

私にとっては2016年の横浜ベイホール以来3年ぶりのこぶし現場でした。

だって当選しないんだもん。

今回の中野サンプラザは昼と夜あったんですが、
昼の方が競争率が高かったようで、
メンバーが公演中に言ったように落選者も多かったみたいですが、
夜の部は当日券も出てちょうどいいような感じだったみたいです。

ちなみに今回はFC経由でエントリーして、
4列目の真ん中右でしたから、
AKBとかだと、落選が続いた後の当選は
良い席が多いんですが、それと同じような
感じがしました。

何回も落選していて、抽選時は順番待ちで当選
する順番になっていたんじゃないかと。
だから、たぶん、今回のタイミングで
ライブハウス規模だったとしても、当選していた
んじゃないかという気がします。

いつものように開演前のハロプロ宣伝映像のあと、
開演。

舞台設計はシンプルで、ひな壇が4段程度あって、
それいがいは特に装飾なし。

こぶしにとってはこのほうが映えるんじゃないかと
いうきがします。
5人だし、ロック系の自由なノリが多いしね。

新旧とりまぜて、まあシングルは全曲入ってて、
その他は、珍しい楽曲が多かった気がしました。

さすがに、2年前と違い、ベリーズの楽曲は
無かったですw

全体的に、5人なので、時折ももクロさんが
フラッシュバックする感じで面白かったです。

なんか、20歳手前のももクロさんは、
トラブルはあまりなく、組織力は問題なく、
体力が有り余っていて、
勢いがありすぎて制御不能で、
それが全力感につながっていったんですが、

同じ世代でハロプロのこぶしの場合、
トラブル続きの後、ようやく精神疲労の
修復を行って回復し、
これまでのこぶしの作品をすべて5人用に
作り直して魂を再注入して、
ようやくそれが形になり始めたのが
2018年後半から2019年。

まだこれからだの2018年3月の時点では
精神的に復活してなかった気がします。

で、この楽曲をもとにツアーを終えて、
beyooooonds等後輩ができてきて、
きっとわたしは
という楽曲を、
モーニング娘。の鉄板コンビ、
大久保薫とつんくという布陣から
完全に5人のこぶしファクトリー
用にあしらえてもらったのが
2018年の8月。

この楽曲は逆に以前のメンバーでは
歌うことが不可能な、5人専用の
楽曲と言えるでしょう。

この楽曲の背景にあるハロプロの
心情を読み取り、こぶしはさらに
5人としての責任感や一体感
が芽生えてきたと思います。

そして、今回。

私としては、とりあえず、5人体制の
こぶしとしての色が出てきたような気がします。

太鼓やったり、ボイパやったり、

最後のコメントでメンバー発信の
演出が多く取り入れられていたと言っていたので、

昨年前半あたりまでは目の前にあるものを
こなすことだけでいっぱいいっぱいだったのに、

ようやく全体を把握できることが可能になる
レベルに到達し、以前は歌とダンスのみを
一生懸命やることだけだったのが、

自分らで舞台を盛り上げるというレベルに
入り、それ以外の芸をすすんでマスターしていく
レベルに到達してきたと。

ももクロさんは歌とダンスだけで
目的を達成させたけど、こぶしはその時期に
トラブルが続いてそれは叶わなかったから、
絶対次は成功させてやるという共通した目標
を共有させて、それを実行に移して
達成のために精進しているのが今回の
コンサートだったような気がします。

こぶしは、これまでいまいち、
こじんまりした感じ、いいなり感が強く、
てそんなに熱さは感じなかったんですが、

前述のような理由で、2019年は
時と場合によって、まとまりよりも感情を
優先させて5人がそれぞれアドリブを
入れたりして、躍動感、全力感を強力に
打ち出していくとよりアピールできるんじゃないか
と思います。

まとまりや統率力はつばきに任せましょう。

今回の印象的な言葉。

モーニング娘。に憧れていた浜浦さんがようやく言えた言葉

「こぶしが一番大好きです。」