カテゴリー別アーカイブ: 2016.02.17 2ndシングル 桜ナイトフィーバー/チョット愚直に!猪突猛進/押忍!こぶし魂

2016.02.17 こぶしファクトリー チョット愚直に!猪突猛進 健一最近良くなってきましたね。(と思ったら健一やりやがった。。

標準

一時作品の構造をひねり倒して自分を見失っていた
ヒャダインこと
前山田健一こと健一。

才能がある作詞の仕事は灰とダイアモンドを始め、
普通に仕事があったんですが、曲は以前の怪盗から
猛烈のようなチャカポコ路線の時代遅れのまま
成長が感じられなかった健一。

だからさすがに最前線では編曲の仕事はまだ
任されない感じですけど、作詞と作曲は
徐々に信頼を得られるようになってきたようですね。

このこぶしファクトリーの曲

はまさかと思ったら
健一で、音響処理が抜群だったんで、まさかこんな
落ち着いた仕事を出来るように技術が向上したかと
思ったら、

チョット愚直に!猪突猛進

そこはさすがに健一じゃなくて
ハロプロ御用達の鈴木俊介師匠でございましたwww

これ多分編曲も健一がやったんだろうけど、
猛烈やUFIの頃の子供みたいな音響処理しか
出来てないから採用は見送られたんじゃないかと思います。。

健一、もし編曲も今後やっていきたいと思っているなら、
そろそろ大人になってさ、
音響処理について勉強し直した方がいいと思うよ。

でもこの曲は久々に良かったです!
がんばれ健一!

追記:

このサビのメロディライン、どっかで聴いたことあるなって
思ったらやはり健一のお約束のメロディラインでした。

これ健一作詞作曲編曲のウレロ未完成少女の初テーマ曲
ですが、まんまです。
で、しかしこれで終わりませんよ。
実は健一はハロプロマニアなんで、
このメロディライン、本当はハロプロの定番
だったのをパクっていたわけです。

モベキマス もしも、、

もうすぐハッピーバースデー カントリーガールズに石川梨華

と、まあ楽曲派をなめんなおって感じでw
付け加えさせていただきました。

広告

2016.02.17 こぶしファクトリー 桜ナイトフィーバーの元ネタを一応。。

標準

51:40から始まります。

マイケルフォーチュナティーのメガヒット
イタロディスコ(イタリア系ディスコの意)


Michael Fortunati – give me up

ですね。

みなさんもどこかで聴いたことあると思います。


Michael Fortunati – Into The Night

まーでもチャックベリーがロックの基礎
という考え方と同じで、
これもイタロディスコの基礎になってしまった曲なので、
桜ナイトフィーバーは尊敬の念を込めてっていう受け取り方で
いいんじゃないかと思います。

原型のキモを残しつつ繋ぎを変えている感じなので。
AKBほど悪意はないと思いますねw
AKBはわからないように変形させてますからね。。

でも私はこの曲に似た曲を見つけるたびに思います。

長さ、音色、BPM、、全て原型が最高です。

ジッポライターと同じで原曲が完璧にまとまっている
ので崩しようがないですね。。