カテゴリー別アーカイブ: ハロプロ

ガールズアイドルマルチヲタによる、2019年12月現在のハロプロのアイドルグループの血統図。

標準

モーニング娘。

<シャ乱Q

 

アンジュルム

<ももクロを基準点
として、ハロプロにももクロがいたら
という仮定による独自進化。

スマイレージの
面影はない。。

 

JUICE=JUICE

<メロン記念日

 

つばきファクトリー

<℃-uteと
たまにAKBGやももクロ。

 

こぶしファクトリー

<最初Berryz工房の予定だったが
メンバー減少によりBuono!に変更を余儀なくされる。

 

カントリーガールズ

<カントリー娘、スマイレージ

 

BEYOOOOONDS

<Berryz工房を基本に
ストレスフリーになったハロプロ
による全ガールズアイドル対象の
サンプリングアートのミックス。

2019.12.12「BEYOOOOONDS/雨ノ森 川海 清野桃々姫 バースデーイベント2019」無事FC1次受付で当選!

標準

昨年はTOKYO FMホールでしたが、今年も同じでした。

12月12日の木曜日。
昨年は12月18日の寒い日でしたねえ。

ファンからしたらTFM規模が安心して参加できるので
助かりますが、これがいつ山野ホールになるのか。
zeppになるのか。
卒業時は横浜アリーナになるのか。

がんばれひめちゃん。

こぶしファクトリーと最近話す機会が
増えてきたらしいけど、人数的にも
幸か不幸か5人だから、他のひとたちを
受け入れる余裕がある感じで、ちょうどいい
んじゃないかって気がします。

浜ちゃんとひめちゃん、
大佐と元帥でなんかやったら
面白いきがするので、ハロプロの
スタッフの方、つんくさんのコント台本
が書きあがったらwいつかお願いします。

2019.10.30譜久村聖バースデーイベント2019、2回目の現場詳解

標準

苦節5年、初めてふくちゃんのイベントで最前列。

いつものハートのバルーンで装飾された舞台。

いつもゲスト出演していた工藤遥さんが卒業してから、
単独で好きなように演出するようになりました。

前座で上々軍団さんが新曲を宣伝。

アップフロントのお笑い部署がなくなったんで、
タイムマシーン3号は移籍して、上々軍団は
残ったわけですが、まあ、コミックバンド
だったので、お笑いを切り捨てて音楽活動
を生かしていく感じになったみたいですね。

冒頭にいつものタイムマシーン3号のほうが
良かったネタで上々軍団をいじるふくちゃんw

今回はシンプルに自分で選んだ質問コーナー
でした。

以前は入場前にネットや現場で質問をエントリー
してもらって選んでいたんですが、
最近はあまりやらなくなったみたいです。

単純にめんどくさいのかもしれませんね。

でミニライブ。

ふくちゃんのブログから引用します。

M1 ドッキドキ!LOVEメール!/松浦亜弥
M2ガールズパワー・愛するパワー/メロン記念日
M3 forever〜あなたに会いたい〜/つんく♂
M4 初めて唇を重ねた夜/松浦亜弥
M5 君がいれば/Buono!
M6 MIRACLE HAPPY LOVE SONG/Buono!
M7 インスピレーション!/モーニング娘。
M8 1から10まで愛してほしい/モーニング娘。

2公演目は回替わりで
M3 ふわり、恋時計/つばきファクトリー
M4 明日を作るのは君/モーニング娘’14
M8すんごいマイバースディ/モーニング娘。

開演数時間前にふくちゃんのBDイベントのセトリ
が毎年マニアックになっていくとつぶやいたら、
それが姫の心に突き刺さりw
そんなことないんだけど、やりたいものを
選んだら自然にそうなっていたと説明してました。

でも、今回だけでも、

M1とM8と2公演目のM3以外は私にとっては
マニアックな楽曲でしたw

でもまあそんなマニアックな楽曲でも、
5年間スキルの向上に努めた結果、
うっすら聞いたことある感じなのが7割程度
で、あとは初見でしたね。

メロンとかつんく単独曲とか出されたらもう即死です。

メッセージボールの投げ込みがあったんですが、
最前列あるあるで、意外と前列は視線も来なくて
挙手してもスルーされる、メッセージボール投げ込みも
最初に1個来ただけであとの数十個は後方ばっかで
スルーされてお手上げでしたね。

最後のお見送りは昨年はあるメッセージを送る
アクションを手でやってきちんとリアクション
してくれたんですが、今回はスルーされてしまいました。

でも2秒くらいは時間がありました。
おめでとうございます程度はゆっくり言える感じです。

あとここ2年程度は悩んでいるとか言っていたけど、
今日は後輩が入ってきたので心機一転して楽しいと
言っていたので安心したんですが、
指原氏と同様に、そのこたちが成長した時怖い
なと思ったりしましたね。

ファンは年齢とか関係なくずっといて欲しいと
思っている人が多いとおもうんだけどね。

嗣永カントリーガールズの功績と、こぶしファクトリーの辛夷第二幕に嗣永カントリーガールズを感じて見えた未来について。

標準

私は結成前夜からハロプロとは付き合い始めたが、
矢口のスキャンダルに嫌気がさして
離れていた人間ですが、
指原氏と同様にバラエティ番組の嗣永桃子推しで、
現場に舞い戻ってきた経緯があります。

ガールズアイドル業界で様々な前衛的な活動を
行って活動を停止したベリーズ工房は
当初毛嫌いしていて、現場に戻ってきた
時にはもう活動停止宣言をしていて
初めて参加したのは停止1年前でした。

ですから、嗣永カントリーガールズは私にとって
ゼロから嗣永桃子と共に歩んだ初めてのグループでした。

そんな嗣永カントリーガールズが解散するという。

嗣永桃子の英才教育を受けたがために、
人間として頭がよくなりすぎてしまい、
まあ道化として立ち振る舞えなくなったため
だと考えています。

アイドルとして、バカのふりをする才能というのは
、アイドル活動を継続するにおいてはなにより大事なこと
なんだなあと、今回は再確認した感じです。

途中で辞めていく、とくに、20歳前後で辞めていく
人たちはそういう人がほとんどだという気がします。

まあ嗣永桃子さんはもうカントリーガールズを再起動
させるときに既に辞めることを宣言しており、
それを前提で活動再開させたのが嗣永カントリーガールズで、
それも次の道が教師という職業でしたから、
この数年、共にしたメンバーもずっと一般社会と
アイドルとしての自分の存在と関係性について、
様々なことを学び考えながら活動していた
んじゃないかと思います。

2名も大学進学しながら活動を継続していた
ことからもそれが裏付けられていると思います。

ハロプロもそれをしかと受け止め、無理に活動ペースを
維持せずに、メンバーの学業活動に専念させて、
カレッジコスモスというその状況をチャンスに変えた
プロジェクトをたちあげたり、
他のグループに移籍させてモチベーションを維持させたり、
やることはやったんじゃないかという気がします。

嗣永桃子さんの教師への転職から、ハロプロは
アイドルという職業とそのマネージメントという
関係性と、システムの設計について、
大きく更新して未来につなげることができた
んじゃないかという気がしますね。

嗣永桃子がハロプロのメンバーとスタッフと
組織の考え方を刷新させたのが、嗣永カントリーガールズ
だったんだと。

そして、間接的に影響を受けている、浜浦彩乃さんについても
研修生時代から追っているんですが、
もう時が過ぎるのははやくて、5人体制では初めて、
グループとしては2枚目のアルバムが発表されました。

こぶしは当初、ベリーズのカバーとロックぽい
オリジナルから構成されていたんですが、
この2枚目で、アコースティックな音色や楽器で
構成されたクラシックな音楽の文化を大事にした
アイドルグループということがプロジェクトより
明確に打ち出されたんだと感じました。

そうです!

嗣永カントリーガールズですよね。

また、特に浜浦さんは平成のアイドルモンスター、
嗣永桃子と、さらにモーニング娘のオーディションに連敗し、
トレーニングをし過ぎたことで体得してしまった、
ムキムキのモーニング娘以上のパフォーマンススキルをも併せ持つ
令和最強のアイドルモンスターです。

そして、結果として様々な困難を経て強固にしていった
繋がりをもつ、浜浦の穴を埋め、こぶしの存在価値を高める
4人のメンバー。

ハロプロの看板として、
浅く広くの時代に左右されないモーニング娘とアンジュルム。

こぶし、つばき、beyooooondsがより時代をリアルに描き出す
、深く狭くのリアルタイムのガールズアイドルグループ。

そういう感じで頭を再構成させて楽しんでいきたいと思います。

嗣永カントリーガールズプロジェクトの関係者の方々、
大変お疲れさまでした。

佐藤優樹激似AV女優。これけっこうキテますよ。

標準

桜空もも

顔と、うつむき加減の表情、
甘え系のしゃべり方と声質。

ある一定の比率の日本人男性がたぶん
人類が淘汰されるまで
惹かれ続けるだろうと思われる
タイプの女性ですね。

最近ですと、

さとう珠緒から始まり、小倉優子、
三浦理恵子、吉岡里穂っていう感じで
引き継がれていると思います。

私は映画やドラマを観ないので、
CMやバラエティが情報源なので、
他にもいると思いますが
ご了承ください。

ちなみに、まーちゃんは
ナチュラルメイク系で、奥二重で、
目をぱっちり大きめに
決めたりしないので、

桜空ももさんのそういう
ぱっちりメイク
をしている作品を観て
逆にそういうメイクをした場合
こういう雰囲気になるのかって
いう新しい発見もできる
女優さんです。

2019.9.16創立40周年記念プロジェクト スターダストプロモーション 第1回 スターオーディション ドルヲタ目線現場詳解

標準

創立40周年記念プロジェクト スターダストプロモーション 第1回 スターオーディション

ハロプロの常用会場である、山野ホールをなにがきっかけになったのか
わかりませんが、スターダストが見つけて、それも社運を賭けた
プロジェクトの現場に指定してきてびっくりこきまろでした。

ハロプロの場合は、階段を最下部まで降りたところで
認証ともぎりを行うんですが、
スタダは最上部の入り口でもぎりを行ってました。

実際、どちらのほうがいいのか。

私はハロプロのほうが理にかなっていると思います。

ここは最上部の入り口にコンビニがあるので、
待機場所にすると、コンビニが塞がれてしまいます。

最下部の入り口で認証を行えば、その地下3階までの
長い階段を有効的に利用して待機させられるし、
お客さんも室内なので寒くないですから、
非常に理にかなっております。

また、階段の途中に掘りごたつのような
階段の横に落とし穴みたいに長方形に
へこんだ場所があるんですが、
そこを物販に利用するというのもハロプロ
流ですが、今回はスタダはありませんでした。

まあ、物販自体がありませんでした。

あと、山野ホールのハロプロのイベントは
帰りのお見送りがついてます。

その時は終演後、入場時に配布されたごみ袋
に持参品を収納し、前列から1列ずつ右側に流れていき、
入り口右側に待機しているメンバーに見送られて
退場していきます。

川上さんにいいとこだからまたお願いしますと
いっておきましたが、やるかやらないかは
川上さん次第ですから楽しみに待ってましょう。

話がそれてすいません。

入場して、中に入ると、舞台上をみて
びっくりしました。

いつもハロプロはFCイベントで非常に簡素な
セットでやってるため、

山野ホール通常
こんなに立派なセットが建てられるんだなあって
いうね。
山野ホールスタダ.jpg

この前後に奥行きが違うカーテンを配置する手法はみごとです。

同じステージなのに豪華さが全然違いますよね。

これ現場でほんとに同じ山野ホールか?ってなんども確認しちゃいましたもんね。

開演まで45分程度あったので、もらったオーディション通過者
と演目の書かれたパンフレットをいろいろ見渡していると、
フィルムデザインワークスの文字が真っ先に飛び込んできましてw

佐々木さん、ももクロどころか、
スタダ本部にも認められつつあるんだなっていう。

できょろきょろしてたら開演数分前に佐々木さんが
最前列に出てきてがんばってるなあとホッとしたりw

で開演で、シェリーさんと無名の男性が進行役で出てきて。

ちなみに、シェリーさんは、ももクロがまだデビューままならない
ときにイベントでいろいろ教えてくれたり、
テレビの仕事でもお世話してくれたりと、
バラエティー系アイドルのももクロだから
女優志望の若手にとっての北川さんみたいな
ポジションがシェリーさんなんですよね。

だから私はシェリーさんがやりやすくなるように、
トークに素直に反応して笑ったりしていたんですが、
笑わせようとしてるのにまったく反応がない感じで
可愛そうでしたね。。

ももクロのファンの皆さん、
シェリーさんだけではなく、
ああいう場所でもMCだけではなく、出演者が
笑わせようとしているときは、
素直に声を出して笑ってあげた方が
心が落ち着いて、嬉しくなって、よりトークが
流ちょうになって会場全体が盛り上がっていくので、
是非素直な反応を返してあげて欲しいと切に思います。

ゲストは、DANJYO、とき宣、スパドラ、ももクロさんでした。

とき宣はなんか緊張してるような感じでしたねw

まあ今回は舞台裏で普段合わないお偉いさんと
会って、よろしくおねがいします!って何回も
挨拶しまくっていたんだろうから、仕方ないと思いますw

スパドラは、初めてでしたが、
全く内容がない、パリピ風の韓国系EDM
の嵐で、聴いてられませんでした、、

あのなんか単純なメジャーコードを単純な
リズムで単純な単音で鳴らして構築していく
空間がどうも苦手で、
ほんとにももクロさんと真逆っていうんですか。

ももクロさんはいろんな音楽のジャンルや文化
をすべて飲み込んで、自分流に作り替えて構築していく
ので、様々な年代や国や人々に愛される
音楽だから、

スパドラとももクロを両方盛り上がっていたひとが
いたけど、絶対どっちかが嘘ですねw
両方同じテンションで聴けるわけないです。

私は圧倒的にももクロ10、スパドラ0って感じでした。

両方盛り上がれる人はたぶん、5と5みたいな
中途半端な感じなんだろうなと思いますね。

まあそれはさておき、

14時から始まって、ももクロのライブの時間がホールに
発表されたのが16時30分ごろでしたかね。

北川さんとオーディション受賞者のフォトセッションが
16時15分から16時30分ごろまで。

17時15分からももクロが始まると。

今年、初めてのももクロでしたが、
いやー、我慢して待っていたかいが
ありましたね。
もう今年これだけで満足しました。はい。

大きい会場で数十曲聴くより、小さいとこで
数曲聴いた方が明らかに満足できます。

最後にシェリーさんがももクロさんのライブの
感想を言いながらはけていく場面で、

夏菜子が、

「受賞者のみなさん、こんなインチキ事務所に
ようこそwww」

と笑いながらシェリーさんに言って、さらに

「われわれは、シェリーさんと野々村真さんに
付いていきます!!」

と笑いながら4人で頭を下げて、
シェリーさんの反応を楽しみつつ、
自信満々にはけていく様に、

「ももクロ、デビュー当時となんら変わってないなー。。
川上さんの指導はさすがだわ。」

と思いつつ、
私も安心して帰路につくことができました。

2019.09.14こぶしファクトリーライブハウスツアー横浜ベイホール、1日2連戦参加からわかったこと。

標準

先日、こぶしのチケットの話をしたんですが、

ここ3年くらいずっと東京と神奈川のライブハウス
ツアーのチケットが落選続きだったんで、
(当然、FC会員枠で)
今回1枚でも当たればっていう気持で、
3戦(ももクロの言い方ですいませんw)
全てエントリーしたら、全て当選してしまって、
しかも2日はルミネのRGの定期公演、
14かはデスラビッツの定期公演で
ダブってしまって、初めてチケット流通センター
に売りに出したんです。

で2日のやつがいい場所が当たってまあ14000円程度で
売れたんですが、先日の話どおり、
2000円程度手数料で持ってかれるので
12000円程度で実質は売れました。

ちなみに、これ、あまりに安く売っても
転売されて儲けられると嫌なので、
2日間程度様子みて平均価格を
計算してそれが14000円でした。

まあ、それの経緯もおもしろくて、
その出品内容をサイトのテンプレに記入して
出品ボタンを押したとたんに
即日売れて驚きました。

出して確認したらもう取引中に
なっていたっていうね。

で、そんなに簡単に売れるんならって
軽く考えて、
先日にもお伝えした、14日のベイホールの
午後分を売りに出したら、定価+手数料
1500円程度でも売れず、結局、その真裏で
やるデスラビのチケットも、こちらは
liepocketっていうアプリのシステムでメールでURLを
送るだけなので定価+800円でしたが
こちらも売れずって感じで、

仕方なく、こぶしの昼と夜の2回に参加する
ことになりました。

以前結構歩いた嫌な思い出があったのと、
その際にベイホールの近くの道路をかなりの
本数のバスが通っていた記憶があったので、
電車で桜木町まで行き、バスで貯木場前
まで行くことにしました。

桜木町を降りると、5分程度で停留所に到着。
しかし、横浜発着なので、座席はあいておらず。

10駅程度ですが、駅間が近いのでそんなに
時間が経過している感覚もなく、あっというまに
貯木場に到着。

停留所近くにローソンがあり、ドリンク代用の
現金を出金。

昼公演は、400番近くで、ベイホール横の
駐車場の待機所に一定の整理番号別に
看板がたっていて、それが、100番ずつで、
400番以降は最後方になっていたので、
悪い予感がしていたんですが、案の定でした。

まず、現場の特徴の一つが、AKB劇場みたいに
2本の柱があるのです。

その後ろだとなにも見えません。

400番近くで入場すると、まず中央前の
ホールは入る隙間なし。

後方のひな壇みたいになってるところは
後方だけ空いてましたが、自分の前にぎりぎりの時間に
背の高い人が来てしまうと完全にアウトなんで、
前方のホール周りをうろうろして、長年の勘で
PA周りは結構穴場的な時が多いっていう鉄則を
思い出し、PA周りをうろついてると、
PAのスタッフの出入り口が人1人分あいていた
ので、立ってみるとなんとか全身は無理だが
つま先立ちすれば上半身は確認できる
感じで、柱も邪魔に感じなかったのでそこに
待機しました。

しかし、PAの場所とフロアの場所の間に
段差があるのですが、1段高くなっている
方には入るなと警告されたので、気を付けてください。

しかし、そこで待機しているとき、もっと
良い場所を見つけてしまいました。

それは、そこの横にあるフロアと後方ひな壇
を繋ぐ階段ですね。

ここは最初注意されると思って避けたんですが、
後から来た人がここにいて、結局最後まで
そこにいたので、本当の穴場だと思いました。

握手会は苦手なので先に退場して、
時計を見ると、開演から1時間45分くらいでした。

ハロプロは握手会を合わせて2時間程度で
計算している感じでした。

1時間ばかり
歩いて数分のホームセンター内にある
マクドナルドで食事をして、店内をすこし
うろついて、ちなみにここは広いので
暑い時や寒い時はいいと思います。

あとベイホール近くには広い駐車場が結構あるので
そこで座って待機するのもいいと思います。

で、夜公演。

今回の整理番号は300番近く。

100番違うとどのくらい改善できるのか
期待してました。

チケットの番号チェック、中身チェック、500円のドリンク代ときて
入場です。
番号以外は見てないかんじですね。

ちなみに呼び出し方法ですが、
200番程度まで1番ずつ呼び込んでたの
に驚きました。
あとは5番程度ずつですね。

すいません、300番近くの場所について。。

やはり100番違うと結構違っていて、
前方のホールの最後方が空いてました。

真ん中のPAの前の中段と迷ったんですが、
ここの常連さんならわかると思いますが、
後方に行くほど、前方に背の高い人が来ると
アウトなので、今回はすこし勇気を出して
前方ホールの最後方に入りました。

後ろは舞台への視線が下向きになるので、
背の高い人が来ると逃げ場がないんですが、
前方だと、舞台への目線が上方になるので、
背の高い人が来ても対応できるんですよね。

だから、今回の2回目の選択は成功でした。

1回目は舞台が見えないので振りコピとかも
出来なかったんですが、
2回目は舞台が見えたので目線を合わせたり、トークの時
合いの手を入れたり、フリコピもがんがん
全て対応できたり、もうしぶんなく
楽しめました。

ここはたぶん300番以降だときついかなと思いました。

時間も握手会があるので短めだし。

あと、すいません、今回はじめてこぶしの1日2回公演
の両方に参戦したんですが、
わかったことは、
いろいろアカペラとかボイパとか違うネタを
用意していたり、楽曲も変えていたり、
トークの内容も前半と後半を含めたトーク内容
になっていたりと違う公演のようにこぶしの
スタッフになったかのようにこぶしと
過ごした時間の経過も一緒に楽しめるので、
損はないと思いました。

ただし、今回体験した通り、
整理番号によって善し悪しの差が激しいので、
全体を観てフリコピとか、振りや表情等、
アーチストのパフォーマンスの全てを
受け止めたい場合は、ライブハウスじゃなく、
座席制の場所、中野サンプラザとか
そういう場所の方がいいと思います。

私は今回自分自身を後者だと感じましたので、
ライブハウスは場所によっては
やめようと思いました。

ベイホールは今回が最後になった気がしますw

スターダストプロモーション 第1回 スターオーディションの最終選考イベントに当選して、今の自分にはAEは必要ないと思った。

標準

創立40周年記念プロジェクト
スターダストプロモーション
第1回 スターオーディション

以前から言ってますが、アイドル志望の人は悪いことは言わない
から、ハロプロやAKBGやスタダといった大手を受けてダメだったら
次を考えろと。

みなさん、今回は応募しましたか?

私は毎日ももクロのHPをチェックしてるので、
この企画のこともすぐ即日知ったわけですが、
その知らせの中で特に注目したのはももクロと
ときめき宣伝部がゲストで出るということと、

なんと、芸能3部のライブスタイルダンジョン
という、藤井班の突発的なライブハウス規模で
開催する企画なんぞではなく、

山野ホールという、ハロヲタにはお馴染みの
聖地で行われるということ。

山野ホールハロヲタ

山野ホールでももクロさんを拝めるひが
来るとはね。

そういうことも相重なって、単なるスタダヲタ
とは違うレベルでぜひ行きたいと思っていたわけです。

しかし、今回はFCエントリーのみなんですが、
先日お伝えした通り、ももクロのFCは
退会したばかり。

あきらめかけていたところ、なんと、
ときめき宣伝部のFCにも権利が与えられていた
わけですね。
なので急いでエントリーしました。

私は創業時からのももクロヲタていうかスタダヲタ
なんでわかるんですが、
スタダはユニットの規模によって人数を割り振る
ということをあまりしない事務所なんですよね。

ですから、ももクロよりとき宣のFC経由の方が
当選確率は高いんじゃないかと感じていた
ので密かに期待はしておりました。

てことで当選して入金も済ませて、
現在思うことがあります。

あれ?私の理想のスタダのアイドルのライブを
楽しむためには、必ずしももクロ他のビッグネームの
有料のFCに入ることは必要ないんじゃないかと。

だってももクロのFCの当選するやつって春夏秋冬の
大規模お布施コンサートばかりでしょ。。
ライブハウスツアーとかやったって結局当たらないでしょ。

でスタダの合同イベントでも、ももクロFC経由だと
競争が激しくて当選確率が低いでしょ。。

でも、

例えば現在の私みたいに、とき宣とたこ虹のFCだけ
に入ってる場合、

無料で、しかも、ライブハウス規模のイベントにも
当選するじゃないですか。

これ、私の場合は無料が大正解なんじゃないかって
思った昨今です。

これでおはるの生誕にも行けたら最高です。。

今のももクロのほとんどのイベントは、昔と異なり
現場より映像の方が近くで楽しめますが、
とき宣は映像はないので現場のみで、しかも
会場は小さいので言うことないですからね。

ま、普通にカッコいいももクロと違い、
女を意識させる歌詞とファンに媚びる楽曲の性格もあって、
ヲタのノリが多少キモいのを我慢すればねw

スターダストプロモーション 第1回 スターオーディション

2019年9月14日のアイドルライブが被ってしまったのでベストなもの一つに絞った話。

標準

こぶしファクトリーとデスラビッツが被ってしまいました。

こぶしファクトリー

019年9月14日(土)
①開場14:00/開演14:45
②開場17:45/開演18:30
会場
横浜Bay Hall
席種/料金
全自由(整理番号付) 6,000円(税込)
※入場時ドリンク代別途必要
年齢制限
※6歳以上チケット必要、6歳未満入場不可
備考
※ライブ+握手会付きの公演になります。

デスラビッツ

日時:9月14日(土)
会場:下北沢GARDEN
時間:16:15 OPEN/17:00 START
料金:前売り¥3,500(ドリンク代別)/当日¥4,000

こぶしはいつも外れるので両方ともエントリーしたら当選w

デスラビは前回圧縮が醜かったのですが
規模を大きめにしてセッティングしてくれた
ので先行で確保。

番号は

こぶしは300番くらいと500番くらい。

デスラビはだいたい100番くらい。

こぶしのエントリーをしたとき14日の
デスラビがスケジュールに書いてなくて
それがミスでした。

だから3枚のチケットが手元に残ってしまいました。

時間もどうにもこうにもずらせない感じ。

最初のフィルターとしては
現場の環境をイメージしてみました。

横浜は前後半どっちでもまあ普通に楽しめる感じ。

デスラビもまあキャパ500人の100番なので
大丈夫と言いたいところですが、
前回のがまんならない拍手も不可能な
レベルの最悪な圧縮を体験して
信頼度が薄まっていることもあり
もう少しなんかマイナス条件が
ないのか調べてみます。

1年ぶりで実力も結構向上して、
新曲も積極的にリリースしているので
デスラビ本体の魅力はアップしてますから、、
他の悪い条件を探してみます。

会場は下北沢garden。

下北沢では最大のライブハウスみたいです。

ググると、、スタッフの態度が悪いという
コメントが多数。なんか雲行きが怪しく
なってきました。

続いて、喫煙環境について記述が多数。

入り口に喫煙所が設けてあり、
煙が立ち込めていると。。

また文句言いながら喫煙している
人たちについて同じ喫煙者が
すいませんと謝る場面が。

またフロアは禁煙なのになぜか
結構な煙草のにおいがするという。。

ちなみに私はタバコを辞めた人間で、
衣服に付いたりするのでどちらかと
いえばタバコが嫌いな人間。

いろんな現場行くが、
たばこのにおいがするフロア
なんて今の時代、ここ数年で
体験したことありません。

あとステージが異常に低い。

下北沢garden

もうここで、今回はパスすることに決めました。。

もっと現場を吟味してセットアップしてやってくれよ部長。
なにも知らず付いてきているメンバーがかわいそうだよ。

こぶしは、以前bayhall行ったとき、
4時でも寂しかったのに、
今回の2回目の終演は7時ってことで、
さらに寂しくなることが予想できるので、
夜は横浜bayhall近辺を歩き回りたく
ないってことから、1部にしようと思います。

ももクロってこんなに退屈なグループだったっけw 「MomocloMania2019 -ROAD TO 2020- 史上最大のプレ開会式」

標準

なんか歌もダンスもリハーサルみたいに流して
嵐みたいに身体の可動域最小でやってたんだけど、、

いつからこんなグループになったんだろう。

ココナツなんか、以前は水鉄砲持って会場じゅうを
走り回ってスタジアムの客を可能な限り
遠くのひとまで楽しませようという意気込みを
強く感じさせるところがあったんだけど、

今回なんか、、

舞台上で小さく走り回って終わり。

それも以前はれにちゃんなんか太ももを高く上げて
髪の毛を振り乱して走り回っていたんだけど、
今回なんかなにひとつ乱れない感じでw
マニキュア付けて米を研いでるような
何一つ身体を動かさない、傷めない
勢いの静かさでw

こんなん見て今のももクロのファンて
なぜ満足できてるのか理解できないですよ。

全力でやるのがももクロの売り
だったんだけど、

その全力の限界値がいつの間にか
コンプライアンス違反でファンに無断で
下げられていたっていうねw

年齢のせいだとかいろいろ言い訳してますが、
今もパフォーマンス能力を維持している
モーニング娘の譜久村さんと夏菜子は
2歳程度しか違わないし、
その夏菜子の今の譜久村さんと同じ
年齢だった2年前にはすでに、
今の譜久村さんには到底及ばないような
全力度にパフォーマンス能力が下がっていましたからね。

以前の夏のバカ騒ぎの西武球場のときは
ももクロはここにいる全ての人を
満足させてやるという一心で、
攻撃的に一方的にパフォーマンス能力を見せつけていましたが、

今回2019年の夏バカの同じ西武球場
では、逆に、自分らから見せつけるのではなく、
私たちはもう動けないので静かにパフォーマンスするから、
客のお前らが応援して盛り上げろよ、
っていう受け身の姿勢を強く感じました。

私は数年前、こういう状況になりかけた時、
パフォーマンスのパワーバランスを
動きから連動に方向転換して、その
能力がレベルアップしたところを見てあげて
欲しいとフォローしたんですが、

今回はさすがに西武球場でやる内容じゃない、
シンクロより動きを重視すべき場所で
方向転換したものを涼しい顔でやっていたので
それは違うだろと思いました。

夏の西武球場では動きを重視した
汗水かいて暴れるパフォーマンスを
見せつけるのがももクロだろうと
思いました。

しかし、その動きを重視すべき現場で、
今回そういう流れで仕上げてきた
ことがわかったことで、
もう動きを重視したパフォーマンスは
捨てたんだなという気がしました。

マスコミもまあ正直で取り上げる
メディアも激減。その分、
同時期に開催されてるTIFのほうに
より時間をかけてレポートしてました。

つんくさんはこういう方向になっていくのが
怖くてメンバーを入れ替えてパフォーマンスレベルを
維持しているんだなということもなんか
理解できた今回の夏バカでした。