カテゴリー別アーカイブ: ハロプロ

ももクロってこんなに退屈なグループだったっけw 「MomocloMania2019 -ROAD TO 2020- 史上最大のプレ開会式」

標準

なんか歌もダンスもリハーサルみたいに流して
嵐みたいに身体の可動域最小でやってたんだけど、、

いつからこんなグループになったんだろう。

ココナツなんか、以前は水鉄砲持って会場じゅうを
走り回ってスタジアムの客を可能な限り
遠くのひとまで楽しませようという意気込みを
強く感じさせるところがあったんだけど、

今回なんか、、

舞台上で小さく走り回って終わり。

それも以前はれにちゃんなんか太ももを高く上げて
髪の毛を振り乱して走り回っていたんだけど、
今回なんかなにひとつ乱れない感じでw
マニキュア付けて米を研いでるような
何一つ身体を動かさない、傷めない
勢いの静かさでw

こんなん見て今のももクロのファンて
なぜ満足できてるのか理解できないですよ。

全力でやるのがももクロの売り
だったんだけど、

その全力の限界値がいつの間にか
コンプライアンス違反でファンに無断で
下げられていたっていうねw

年齢のせいだとかいろいろ言い訳してますが、
今もパフォーマンス能力を維持している
モーニング娘の譜久村さんと夏菜子は
2歳程度しか違わないし、
その夏菜子の今の譜久村さんと同じ
年齢だった2年前にはすでに、
今の譜久村さんには到底及ばないような
全力度にパフォーマンス能力が下がっていましたからね。

以前の夏のバカ騒ぎの西武球場のときは
ももクロはここにいる全ての人を
満足させてやるという一心で、
攻撃的に一方的にパフォーマンス能力を見せつけていましたが、

今回2019年の夏バカの同じ西武球場
では、逆に、自分らから見せつけるのではなく、
私たちはもう動けないので静かにパフォーマンスするから、
客のお前らが応援して盛り上げろよ、
っていう受け身の姿勢を強く感じました。

私は数年前、こういう状況になりかけた時、
パフォーマンスのパワーバランスを
動きから連動に方向転換して、その
能力がレベルアップしたところを見てあげて
欲しいとフォローしたんですが、

今回はさすがに西武球場でやる内容じゃない、
シンクロより動きを重視すべき場所で
方向転換したものを涼しい顔でやっていたので
それは違うだろと思いました。

夏の西武球場では動きを重視した
汗水かいて暴れるパフォーマンスを
見せつけるのがももクロだろうと
思いました。

しかし、その動きを重視すべき現場で、
今回そういう流れで仕上げてきた
ことがわかったことで、
もう動きを重視したパフォーマンスは
捨てたんだなという気がしました。

マスコミもまあ正直で取り上げる
メディアも激減。その分、
同時期に開催されてるTIFのほうに
より時間をかけてレポートしてました。

つんくさんはこういう方向になっていくのが
怖くてメンバーを入れ替えてパフォーマンスレベルを
維持しているんだなということもなんか
理解できた今回の夏バカでした。

岡井千聖不倫強奪婚、塚田との合コンスキャンダルでまた、ある都市伝説が確証に近づきました。

標準

金髪でチビのハロプロメンバーはセックス依存症だということですね。

これ矢口が現役の時私が言い続けていたら、だんだん辻、加護と
対象メンバーが増えていって、最近、矢口が自分から言い出してw

まあもう確定みたいなもんですねこうなってくると。

この説、チビっていうところがキーポイントです。

嗣永桃子ももがたり berryz工房結成時にうざいほどやる気があったメンバーが3人いましたw

標準

ももがたりで過去の自分の歴史を振り返り、
berryz結成時、自分はどうしてもっていう
情熱は無かったんだが、引くほど熱すぎたメンバーが
3人いたと。

で1人だけ名前を挙げていました。

夏焼雅

さんはすごかったみたいです。

まあでもよく考えれば、
berryz解散時にも解散する
気持はなかったが無くなっちゃったので
自分のユニットを作って活動を
継続しておりますし、
解散後にまだ活発に形を変えても
活動している人っていうのは
デビュー当初からやる気に満ち溢れていた
人なんじゃないかって気がします。

あと℃-uteの岡井ちゃんや鈴木さんとかもですね。

浜浦彩乃バースデーイベント2019の演出の元ネタを知ってより浜ちゃんが好きになりました。

標準

浜浦彩乃バースデーイベント2019 コアピンクメンヲタに刺さった光景。

先日、マニアックだとお伝えしたんですが、
自分の単なる無知が原因だったことが
判明して自省しまして。

あのー、ももちさんのももがたりという
アイドル人生を3日にわたり振り返る
イベントの現場には、3日いかないと
意味がないのにエントリーが3回とも別に
なっていたためスルーした企画があって、
そのDVDが最近タワーで2700円になっていた
ので即購入して急いで3日とも勉強しました。

そしたら~~~~、、、、

チョココロネだったんだよぉ~~。。

じゃなく、、

エレガントガール/菅谷梨沙子
をやった源流がわかったんですよ。

ちなみに、浜ちゃんはももち神推しで有名ですよね。

で、当然、ももがたりのDVDは発売即日で
チェックしていると思います。

そこに、ももちさんの10年の中で印象的な
出来事として、

エレガントガール/菅谷梨沙子をやるとき、
キャラ名の氷室衣舞から
イブ様としてももちが子分役で太鼓持ち
していた時があって、

それをもも様としてどうしてもやりたかった
といってももがたりでパクってやったんですよ。

わかりますよね。

これを観た浜ちゃんが、
さらに浜様として、パクったっていうわけ
だったんですよね。

なんで菅谷の曲をやったのかこれでやっと理解しました。。

あと、

berryzのありがとう、おともだちを、ももちさんが
自分向けにローカライズしたのがありがとうおとももちです。

で、浜ちゃんもBDイベでやったわけなんですが、
そのセトリには「ありがとう、おともだち」
となっておりました。

素人ながらに「ありがとう、おとももち」でもいいと思うんですが、
ここは、たぶん、浜ちゃんは敬っているので、
「ありがとう、おとももち」は絶対できない、
ももちさんだけができるものだと。

だから「ありがとう、おともだち」
をやったんだと思います。

ここも、浜ちゃんのすばらしさを感じましたよね。

まさに「これからだ!」な現場でした。 2019.5.3こぶしファクトリー ファーストコンサート2019 春麗 〜GWスペシャル〜中野サンプラザ

標準

私にとっては2016年の横浜ベイホール以来3年ぶりのこぶし現場でした。

だって当選しないんだもん。

今回の中野サンプラザは昼と夜あったんですが、
昼の方が競争率が高かったようで、
メンバーが公演中に言ったように落選者も多かったみたいですが、
夜の部は当日券も出てちょうどいいような感じだったみたいです。

ちなみに今回はFC経由でエントリーして、
4列目の真ん中右でしたから、
AKBとかだと、落選が続いた後の当選は
良い席が多いんですが、それと同じような
感じがしました。

何回も落選していて、抽選時は順番待ちで当選
する順番になっていたんじゃないかと。
だから、たぶん、今回のタイミングで
ライブハウス規模だったとしても、当選していた
んじゃないかという気がします。

いつものように開演前のハロプロ宣伝映像のあと、
開演。

舞台設計はシンプルで、ひな壇が4段程度あって、
それいがいは特に装飾なし。

こぶしにとってはこのほうが映えるんじゃないかと
いうきがします。
5人だし、ロック系の自由なノリが多いしね。

新旧とりまぜて、まあシングルは全曲入ってて、
その他は、珍しい楽曲が多かった気がしました。

さすがに、2年前と違い、ベリーズの楽曲は
無かったですw

全体的に、5人なので、時折ももクロさんが
フラッシュバックする感じで面白かったです。

なんか、20歳手前のももクロさんは、
トラブルはあまりなく、組織力は問題なく、
体力が有り余っていて、
勢いがありすぎて制御不能で、
それが全力感につながっていったんですが、

同じ世代でハロプロのこぶしの場合、
トラブル続きの後、ようやく精神疲労の
修復を行って回復し、
これまでのこぶしの作品をすべて5人用に
作り直して魂を再注入して、
ようやくそれが形になり始めたのが
2018年後半から2019年。

まだこれからだの2018年3月の時点では
精神的に復活してなかった気がします。

で、この楽曲をもとにツアーを終えて、
beyooooonds等後輩ができてきて、
きっとわたしは
という楽曲を、
モーニング娘。の鉄板コンビ、
大久保薫とつんくという布陣から
完全に5人のこぶしファクトリー
用にあしらえてもらったのが
2018年の8月。

この楽曲は逆に以前のメンバーでは
歌うことが不可能な、5人専用の
楽曲と言えるでしょう。

この楽曲の背景にあるハロプロの
心情を読み取り、こぶしはさらに
5人としての責任感や一体感
が芽生えてきたと思います。

そして、今回。

私としては、とりあえず、5人体制の
こぶしとしての色が出てきたような気がします。

太鼓やったり、ボイパやったり、

最後のコメントでメンバー発信の
演出が多く取り入れられていたと言っていたので、

昨年前半あたりまでは目の前にあるものを
こなすことだけでいっぱいいっぱいだったのに、

ようやく全体を把握できることが可能になる
レベルに到達し、以前は歌とダンスのみを
一生懸命やることだけだったのが、

自分らで舞台を盛り上げるというレベルに
入り、それ以外の芸をすすんでマスターしていく
レベルに到達してきたと。

ももクロさんは歌とダンスだけで
目的を達成させたけど、こぶしはその時期に
トラブルが続いてそれは叶わなかったから、
絶対次は成功させてやるという共通した目標
を共有させて、それを実行に移して
達成のために精進しているのが今回の
コンサートだったような気がします。

こぶしは、これまでいまいち、
こじんまりした感じ、いいなり感が強く、
てそんなに熱さは感じなかったんですが、

前述のような理由で、2019年は
時と場合によって、まとまりよりも感情を
優先させて5人がそれぞれアドリブを
入れたりして、躍動感、全力感を強力に
打ち出していくとよりアピールできるんじゃないか
と思います。

まとまりや統率力はつばきに任せましょう。

今回の印象的な言葉。

モーニング娘。に憧れていた浜浦さんがようやく言えた言葉

「こぶしが一番大好きです。」

恋するフォーチュンクッキーの2番煎じ狙いの恋はアッチャアッチャですがw

標準

ハロプロが推せば推すほど、ダンスをやりたくなくなってくるのは
なぜだろうか。

 

私は分析すると、ハロプロのど定番の使いまわしの
お手軽インド歌謡で、手を抜きまくってる楽曲なのに、
ずうずうしくダンスだけを抜き出してあぶく銭を狙ってるのが
みえみえだからだと思います。

 

 

絶対踊ってやんねえ

!!!!!!!!!!!!!!!!!

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

船木結さんが太った理由は嗣永桃子との約束を破ったから。

標準

嗣永カントリーガールズには嗣永リーダーが人気があるアイドルとして長く活躍して欲しいという思いやりから制定したアイドルとしての最低限の掟があった。

それはお菓子を食べないという事。

しかし嗣永が卒業引退してすぐ笑いながら破った奴がいた。

船木結だった。

私は推しだったので次第に太って行く船木が気になっていたんですが、理由が判明し、それが船木の甘えとわがままから来ていることがわかったので、船木が嗣永の思いやりを理解するまで推しをやめようと決心しました。

船木にはハロプロで太ってしまった過去のメンバーの末路を良く考えて欲しいと思います。

全員壮絶な末路を歩んでいますよ。

太り過ぎたらアイドルはいろんな意味で終わりだと思います。

船木はもっと頭がいい奴だと思ってたけどね。

ガッカリだよ。

さようなら。

大久保薫氏が武器を電子音からギターに持ち替え、新たな時代を切り開く意欲作。 2019.3.20モーニング娘。’19『I surrender 愛されど愛』

標準

モーニング娘。’19『I surrender 愛されど愛』

プラチナ期からone two threeをもってダブステップを
アイドル業界に初めて持ち込み、革命を起こし、
それから2018年まではそのブリブリのシンセのベース音
とBPM遅めなビートを主体としたものを基軸にして、
そのイメージを維持していたんですが、

まあ私がここで大久保サウンドの特徴として
電子音以外を使わないとか芯を食うことを
言っていたからかどうかは知りませんが、
今回、ばりばりにギターを初めて導入したので
驚きました。

平田祥一郎さんがそういうダブステップ以外の
一般的な作風を担当していたんですが、
今回、大久保さんもまあつんくさんの指示で
ダブステップ以外の展開をしはじめた
ことで、モーニング娘の展開が面白くなってきました。

自由な国だからくらいから、
そういう昔のカラフルなモーニング娘の
空気に戻る雰囲気を感じ始めていた
んですが、

そろそろダブステップも疲弊しはじめていたので、
その空気を感じたつんくさんはさすがだと
思いますね。

でも今回の大久保さんのギター導入の件ですが、

根幹が変わってないと思ったのは、
平祥さんはでんぱ組みたいに
いろんな音色をちりばめる
んですが、

大久保さんは、これだと思う音色を
2種類程度決めてそれをごり押しする
ので、

それがダブステップの時の電子音から
ギターの音に置き換わっただけで、

そして、ダブステップの時より
BPMが速くなっていると思ったみなさん、

実は変化しておらず、

バスドラとスネアの位置を変えただけ、

例えば、愛されど愛のBDとSDの位置が
B-S- B-S- B-S- B-S-
として、これを
B— —- S— —-
こういう風に置く位置を置き換えると、

ね!

基本的なBPMのはやさは変わってなくて、
表現方法だけ変えた作品だということに
気づきます。

脳内で変換させると娘。の通常の
大久保ダブステップとして
聴くことが可能になるんですね。

ということで今回分かったのは、
大久保さんはダブステップに
は執拗なこだわりがあること、

つんくさんやプロデューサーの
指示もあるが自分の最先端の作風という位置に強力に結び付けていること、

そして少ない音色でこれでもかと押しまくる作風が
大久保薫なんだなということですね。

大久保薫の新章を楽しみにしたいと思います。

ただし、たまにはダブステップもまだ
私は大好きなので、より新しいスキルを
入れてブラッシュアップしたものが
出来た時はよろしくお願いします!

2019.2.26でんぱ組×こぶしファクトリー対バンライブ現場解説

標準

入場時にスタッフからどちらのファンか質問されたので
どちらもと答えました。

私の周りではでんぱと答える人が多かったです。

でも場内で待機しているときは
あまりどちらが多いとかはなかったですね。

最初にこぶしとでんぱの合同企画で1曲。

次に、まあ言っても一応でんぱ主催に
近いイベントなので、こぶしがまず
単独で十数曲、次にでんぱが十数曲披露
しまして、アンコールは最初、ロック系
の拍手ウエーブから始まってアイドル系
のアンコール叫びに変化して、

こぶしとでんぱ合同楽曲を2曲披露。

この時、推しの未鈴ちゃんと浜ちゃんが隣り合わせで
ポジショニングしていたので、
サイリウムをどうしようか迷いましたw

こんなこと予測してなかったんで。。

なので、対バンでは全員分のサイリウムを用意しておく
ことをおすすめします。

あととくにオルスタでこぶしとでんぱで
ファンが入れ替わったりすることなく、
両方のファンがお互いに2グループ両方の
コールやミックスを可能な限り対応
していて気持ち良い現場でした。

ちなみにでんぱのファンの方は知らないと
思うので一応。

ハロプロのファンはどんな状況でも
コールやミックスを対応できる
ことを、メンバーが誇りにしている
ところがあってですねw

嗣永桃子さんなんか、
カントリーガールズのイベントで
ハロプロではない知らないグループが前座で出てきた
時に見事にファンが盛り上げた時があって、
そのとき、

「さすがどんなことにもついていけるハロプロのファンの方たちだわ!!」

って感謝した時があったんですよねw

だからこれ意外とハロのファンはほかの
出演者さんたちに優しいということを
証明するような出来事だったんじゃないかと
思います。

ただ、でんぱの特殊なコールは無理でしたけどね。

あと今回の特徴的なネタは未鈴ちゃんが
モーニング娘。のオーディションに全部落ちた
話で盛り上がっていたんですが、

よく考えると、こぶしの浜浦さんも
全て落ちているんですよね。。

だから現在、モーニング娘。が全アイドルの中で最も難しい
一般対象のオーディションじゃないかと思います。

2019.3.5 うたコン ハロプロオールスターズ出演までの経緯の妄想シーンw

標準

NHK「モーニング娘。‘19に出演していただきたいんですが大丈夫でしょうか?」

アップフロント「どのようなセットがご希望でしょうか」

NHK「新曲と昔の曲を1曲ずつお願いしたいんですが。

あともし可能ならばバックダンサーとして1曲。。」

アップフロント役員会議

『 紅白とか今後の流れもあるし、

NHKにハロプロの全力を見せつけるいい機会じゃないかとおもうから、

ギャラはサービスしてオールスターズを送り込むのはどうだろうか。』

つんく『いいんじゃないか?是非成功させてくれ。』

アップフロントハロプロ担当チーフマネージャー

「了解しました。

なんでしたら今回はセットで20周年記念のプロジェクトとして立ち上げた

ハロプロのグループから選抜したメンバーで

構成したハロプロオールスターズというくくりがあるので

そのくくりで参加させていただいてもよろしい

んですが、どうしましょうか?」

NHK「ギャラがそんなに変わらないということでしたら是非是非お願いします!」

アップフロント「了解致しました。」

 

信じるか信じないかは貴方次第です。