カテゴリー別アーカイブ: ノブコブ吉村

2017.06.17 大富豪有吉 有吉銀河系軍団で鉄板です。

標準

6月17日(土) 26:50~28:50 放送
フジテレビ

出演者
有吉、春日、児嶋、ふかわ、吉村

プロデューサー
上原敏明

演出
谷中憲

構成
カツオ

制作著作
ユーフィールド

これ上原ファミリーのツートップ、ザキヤマ方向に行かずに
ふかわ方向にしたので、有吉ふかわがサンドリで作り出す
シュールな空気になっていそうで楽しみですね。

有吉がMCで春日児嶋が空気を乱す素材で
吉村がツッコミでふかわは春日児嶋に
なにも起こらない時の保険でっていう。
必ず有吉とふかわが絡めば笑いが起こりますからね。

久しぶりの24時までの番組のような
視聴者へのすり寄りが一切ない、
純度100パーセントの有吉ワールド全開の
オススメ番組になってる気がします。

競馬の予想みたいですがw
バラエティバカのカンてやつです。

広告

2016.12.27新しい波24 総括 間違いなく現時点で最先端のネタ番組でした。

標準

ネタには好みがあるのであれこれ言うのはやめたいと思うんですが、
いつもネタ番組で面白いと感じる確率は10から20パーセントなんですが、
新しい波24は90パーセント以上でした。

日置Pらしさを感じたところ。

まずあらゆる画面に表示されるパーツのデザインが
間違いなく日置Pのセンスで、過去を引きずっていない
新世代を感じさせて楽しくなりましたし、

あとハンサムケンヤさんがなぜブッキングされたのか、
経緯の文章の内容が、
「浅野いにおさんが~」
って紹介してくるあたりにも日置Pっぽいサブカル
風味が感じられてニヤッとさせてくれました。

虹がデザインのキモで電気グルーヴの虹がかかったとき
すげーなーって嬉しくなりました。

なんかめちゃイケの開始当初にオープニングで
ジュディマリがかかった時のような新しい感じですね。

ちなみに、日置Pにとっては普通の感覚で誰でも知ってる
的な感じで入れたと思われる「浅野いにお」という最大公約数
的なワードでしたが、観客はおろか、MC陣、岡村、吉村、秋山氏は全員
ポカーンとしていましたw

今四千頭身観てますが、ネプチューンぽいですね。

あとロングコートダディは実力派とスタッフから紹介
されていたのでナイナイのようなプロジェクトの軸に
考えられているんじゃないかって気がしました。

たぶん新しい波24スタッフが大阪まで行って単独ライブ
とかチェックしてるんでしょうね。
そうじゃないと現時点では東京には一切来ないので
実力派と紹介するのは不可能ですもんね。

あとこれプロデューサーが日置氏で
監修が片岡飛鳥とあったので、
中嶋の名前が無かったことに対しては新しい
時代を期待させるものがあったんですが、
飛鳥さんはやはりそういう位置なんだなって
改めて感じさせてくれました。

ちなみに中嶋が今回も関わっていたら、
これ指原氏がブッキングされていたのかと
思うとぞっとしましたw

2011.11.1 ロンドンハーツ 有吉被害者の会 有吉の全身全霊を込めた内容だった

標準

これは初めての視聴者にとっては有吉が被害者の会のタレント
にちょっかいを出すことで有名になったり良さが引き出されたり
仕事が増えたり、信頼度が増したりしていて、逆に被害者
は有吉じゃないかと思う内容でしたが、

じつは全出演者にとってプラスになる企画だったんじゃないかと
感じました。

電波少年で

松村「いや~怖いっスよ。電波少年のロケだと海外行くんスけど、行く前に必ず言うんですよ。」
〆谷「マツ、今回のロケどこ行くか聞いてるか。 …天国だよ」

という逸話で有名?な、あの鬼の〆谷さんのエッセンスが感じられる
猛毒企画でした。

熊田、磯山さん:
ここは有吉さんが責めに責めていましたね。
でもこれは2人への信頼があってのものです。
亡くなった上原さんのようになられてはたまったものではないですから。
2人はバラエティ経験豊富で、どんなに責められても
それを番組全体の盛り上がりに変える技術と知見を
持っていると踏んで有吉さんは責めているんですね。

JOY、ユージ、小森純:
小森はブスと言われなれてしまっているし、また、
結婚して幸せ絶頂な現在、なにを言っても怒らない
し、盛り上がりに欠けるので、ここは今回は
敢えて対戦拒否してJOYとユージに賭けました。

JOYは少し前までは有吉にダメ出しをされても
あまり納得していなかったですが、最近は
自分が指摘されたように仕事が減っているのと、
逆に有吉が仕事が増えている現状を鑑みて
今回は被害者の会というテーマだが、自分としては
いろいろ学ぼうと真面目に挑んでいた感じです。

ユージも同様です。

でもあまり盛り上がらないんで、有吉さんが保険で用意していたアンケート結果の下りで用意してきた受け答えをしたが、本当に温度が上がったんで、予想外に盛り上がり、これ以上無いと判断して終了させました。

綾部、ノブコブ吉村、ポン村上:
ここは、上記のJOYさんの一年前位の経験値なので、
真面目に被害者として番組の主旨を全うしようと
有吉さんに挑んでいました。

しかし、有吉さんは押されると引くし、引かれると押す
性格の持ち主。

吉本芸人の団体芸で前に前にくる3人を見て、予定調和
のこれに乗っても大して盛り上がらないと察知した有吉さんは
急きょ引く作戦に出ました。

で半ばこのノリに飽きていたので、熊田さんが元気よく罵ってきた
際には、「お?熊田、よく来てくれた!たすかるわあ!」
と言わんばかりに、元気よく熊田をお約束のキャバクラの姉ちゃん
に置き換えたここ数週間の有吉熊田出演回のお約束ミニコント
をはっちゃけて明るくやっていましたww

村上は有吉を罵倒しようと一生懸命ですが、コント番組が多くて
自分が知らない間にからだに演技して笑いをやる悪い癖
がついてしまっている部分を有吉に指摘されたり、もっと
気持ちを込めてやれと指摘され続けて終了。

綾部は被害内容をどなるが、有吉はまだいじりかたを
確定できていないようでスルーしていました。
あと、綾部自体も、全く有吉に伝える気持ちが込められて
無かった、別に怒ってはいないというのが伝わってしまっていた
というのがあります。

吉村さんも、コント仕立てで来る、典型的な吉本芸人です。
こんな若手の、しかも信頼感が全くないコントにつきあっても
お角が知れているし、こんなコントに付き合って生み出される
なれ合いの薄い笑いを求められてオファーされたんではなく、
こういうものをぶちこわして、さらなる笑いの高みを求められている
ことを理解している有吉は、今回は吉村は知らんぷりされた
ことはあるので、それの上を行ってやろうと、おびえるという
挑戦に出ました。

そうすると、3人は、未経験の有吉の対応によって、より新鮮なリアクション
を見せることに成功し、番組が新しいものが発明された感動と、
前に知らんぷりで起こった笑いを裏切ったさらなる新しい笑い
が合わさり、何にも例えようがない盛り上がりで幕を閉じました。

新しい笑いがどんどん作られているのでリアルタイムでは
笑いながら時間だけが過ぎていきましたが、今冷静に考えると、
巧妙に仕組まれた技が随所に使われていて、すごい回だったんだ
と思いました。

最後、有吉レギュラー入り報告。

昔の猛毒番組スタッフ:〆谷、有吉
今の猛毒番組スタッフ:ロンブー淳、加地さん
こんごのロンハーが楽しみです。