カテゴリー別アーカイブ: 原田泰造

次世代の笑いへようこそ。2017.08.03第一回四千頭身単独ライブ「夜明けの流星群」

標準

2017年8月3日(木)、4日(金)
四千頭身第一回単独ライブ「夜明けの流星群」

第一回四千頭身単独

ワタナベエンターテインメントの本拠地、表参道GROUNDに
初めて行きました。

表参道のA2出口からすぐです。アップルストアの奥です。

フロアは地下で、呼ばれるまで表で待機していて
開場時間になったらスタッフに引きつられて
地下の入場口から並びます。

演出的には、ナベプロのお笑いライブの出演者
を全て四千頭身という設定にしてその呼び込みMC
をスリーピングタイガーという仮想の2人のユニット
が担当します。

ユニット名にちなんだ服装(トラのデザインのシャツ等)
でべたべたなうまいけど売れない適な設定のトークを
展開します。

そして3人での漫才を基本に今回はコントにも挑戦して
くれました。

ネタの内容を時間軸で説明してもよくわからないと思うので、
今回私が感じた、いままでのお笑いと四千頭身の違いが
多少わかった気がするのでそれをお伝えできればと思います。

これまでの笑いをきちんとコピーしたり論理的に理解して
学習して再現できるようになったが、そこで満足せずに、
それを振りに使って、さらにその奥に落ちを持って
来ることに成功した次世代の笑いだと思いますね。

ベタな進行でなんだそれって感じで鼻くそほじって観ていると、
それを振りにした急角度の展開がぶっこまれてきて、
急に頭から水を掛けられてびっくりして叩き起こされるっていうね。。

その四千頭身とは真逆の次世代のシステムがフースーヤ
だと思います。

四千頭身はネタの爆破位置を従来のシステムより奥に持ってきたのですが、
フースーヤは今までより手前に持ってきた感じですね。
いきなり爆発させてしまうっていうね。
短くぶっこめるのでテレビでは重宝されるんじゃないでしょうか。
逆に四千頭身はおぎやはぎのようによく味わって
食べないとわからないから時間がかかるので、
いきなり爆発することはないと思いますが、
この味がじわじわ日本中に広がり始めた時には
爆発し始めるんじゃないかと思います。

真ん中の四千頭身の頭脳の後藤さんがハライチの岩井さん、
ホリケン系の都築さんが澤部さん、右の地味な石橋さんが
原田さんと置き換えれる気がしました。

キャラの性格的にナベプロの系統を引き継ぎつつ、
笑いは確実に次世代エンジンを積んでいる
そんな気がする四千頭身のライブでした。

広告

2014.09.20テレビ朝日「原田泰造の川を行く男」芸人の能力を信じる加地さんらしい魅力的な番組。

標準

フジテレビ、日本テレビ、TBSのように
がちがちに作りこんで自分たちで演者を操作
してあまり失敗もしないが予定以上の
成功もしない作風ではなく、

テレビ朝日やテレビ東京のように
出演者を枠に放り投げて、
いろいろ予定していた場合と異なる
状況になったときの受け皿は用意
しておき、出演者に枠の中で
十二分に暴れていただいて
計算できない内容を楽しむ
番組になっておりますね。

やはりバブルがはじけ就職も
ままならない夢と希望も無い
2000年から2014年にかけての時代は
テレビ東京とテレビ朝日
が時代の空気をきちんと読んだ
視聴者が求める作品を
つくっているということは
確実みたいですね。

こんな作品、テレビ朝日かテレビ東京
しか無理ですもんね。

内容は額面どおり原田さんがいろんな乗り物を経由して源流まで探検する番組でした。