カテゴリー別アーカイブ: 神崎部長

デスラビッツ→です。ラビッツ の改名にあたり部長に考え直してほしいこと。

標準

です。ラビッツ

はAKIRADEATHのAKIRAとして本性をあらわにした
部長が本気でトラック制作したものをそろそろ
窮地に追い込まれた今回はです。ラビッツ向けにも
みせていって欲しいと思っているんですが、
どうでしょう。

この際アイドルとかなんとか言ってられないですよ。

だめもとでなんでもやりたい放題やって下さい。
ももクロもそういう気持ちでやってきた結果が今の
状態だと川上さんが言っているじゃないですか。

芸術は形より気持ちです。

デスラビッツで悔しい思いをしたならなおさら、

です。ラビッツの楽曲は激しくなるのが普通だと思いますから

気持ちを悔いの残らないようにすべてぶつけてきて下さい。

期待しております。

広告

デスラビッツの神崎部長ことAKIRADEATHと電気グルーヴとロッテルダムレコードとデスラビッツと。。

標準

最近部長のDJの映像を観て

最初のm1dyさんのガバを初めて聴いて調べたら
日本人でびっくりして、youtubeで観ていたら
飽きてきたんで、結局部長のこのセトリの選曲

djakira

が自分につぼったんだと感じました。

で、次のAKIRADEATH、
部長はもともとこのユニットのメンバー
だったことに驚きましたね。

こちらは面白かったですね。

上記のアルバム楽曲を聴いていると、ガバだけじゃなくて
ハードコアや電気グルーヴ(途中、電気の虹とそっくりな
楽曲が出てきます。まあ声も卓球さんにそっくりな
倍音が少ないクリーンボイスですし、外見も
元電気グルーヴのCMJKっぽいですしねw)やその他、いろんな
ジャンルが混ざっている人の最終アウトプット
している音楽だということを感じて、飽きなくて
興奮し、楽しくなり、たまに草原で休憩したり、
また暴動をおこしたりと、緩急があって
なんか今のデスラビッツに通じるものを
感じました。

NARASAKIさんと同じく、もともと日本にはない
固執した特徴的なジャンルが好きだったアーチストが、
年と共にいろんなジャンルの音楽を聴きこんで行くうちに、
いろんな音楽が好きになり、
結果、従来のユニットで表現する枠からはみでてしまう
ので、従来のユニット以外での活動を模索していたところ、
それのはけ口として、ガールズアイドルという枠が
ちょうどぴったりだったので、それを利用して
従来のユニットを休止して今を楽しまないとっていう
感じで、アイドルを利用して活動しているんじゃないかと
思いましたね。

でSKRILLEXを入れてくるのには
また驚きました。

だってダブステップって最速のリズム隊に普通リフのハードコアと
対極の構造のグルーヴじゃないですか。
最遅のリズム隊に最速のリフっていう。

これはハードコア命のm1dyにはないですよね。
m1dyがいるからこそ遊びでできる後発だからこその感覚っていう。

あとはbabymetalとかlaybabyとか、いわゆる
毒にも薬にもならないコピーもので終了って感じですね。

まあでも神崎部長の現在の頭の中を表現した
セトリだと思うので、こんだけ散らかったものから
圧縮してなにが飛び出してくるのか非常に楽しみです。

ちなみに私はこういうの聴いたとき、最後に口直しで
ロッテルダムのeuromastersを聴いてしまいますw

クラシック

最新

いいですね、、変わってないっていうwでも音の切れが良くなったかも。

ちなみにこのバスドラの音の出し方についてeuromastersが出た時
雑誌で砂原さんと卓球さんが研究したら録音レベル以上に音を出すと
オーバーロードさせると出るっていう答えを出したと書いてあって、
それを真似したらほんとに同じ音になったっていう思い出がありますw

これ来日ライブですが、

日本だとなんか形式ばっちゃって圧力的ですが、オリジナルの人たちは
いたってポップでまるで広末涼子のようにw楽しんでいるのが
いいですよね。
逆にこういう感覚でガバを楽しんでいる方が怖いですよねw

ちなみにバスドラこれ手でリアルタイムで演奏してるんですよね。。
wireのジェフミルズ

のように。(44分くらいから909をリアルタイム操作します)
これいつも聴いているだけで感動してなぜか涙が出てくるんですけど
私だけでしょうかね。。

2015.11.07デスラビッツ単独渋谷WOMB デスラビ予備軍へ伝えたい事

標準

今回は早めに到着してもKOTOちゃんの時みたく
締め出されずに中の待機場所で待機できました。

整理番号120番、1D500円払い入って今回はデスラビ特製パッケージ入り
のうまい棒を貰って左のフロアーで待機します。

物販は2階で階段で待機します。
だいたい十数分でしょうか。
5000円以上買わないと入れ物は
貰えないのでバッグは持参しましょう。

私は5000円あったんでタオル2000円と
前回単独のDVD2000円を買いました。

ちなみにタオルを振る曲があるので
あったほうがいいと思います。
シャツ系はXLでも小さめなんで諦め。。
撮影券が2枚貰えました。

とりあえず前から5列目あたりの左側に、
側面設置のカメラマン台にカバンを置いて
陣取りました。
この台、棚になっていて空いていれば
置き場所になります。
デスラビッツは全員で回転したり団体芸があるんで、
フロアに物を置かないほうがいいと思います。

あと団体芸があるので整理番号は意味なしになりますw


開演すると3人が生徒役の学内コントで始まりました。
部長が猫の鳴き声をして3人が突っ込んで終了でしたw

最初の半分位で今回は部長引退セレモニーでした。

威勢よくライブで拳を突き上げてデス声を
ぶち込んでいた大男が突然猫なで声で

「いろいろ40手前なこともあって体にがたがきちゃってて、、
ここらへんで引退しようと思います。すいませんでした」

クスリとも笑わずにマイクを置き舞台袖に
はけていき場内はしんみりムードでした。

で○○へというえみちゃんのソロバラード曲へと続き
さらにしんみりモード。。

やめてせいせいしたねと笑いながら3人でトーク
して次の曲にいこうとしていると、雷が
鳴り響き、、

部長が胸にA3の紙で新と書いた紙を貼って

「新部長になったから!みなさんよろしくね~~!」

とうきうきしながら登場!

「目も改良して、頭のLEDも増えたんだよお~~。また予算無駄遣いしちゃった、テヘ」

じゃんじゃん!

でこの時、なぜデスラビ軍が部長をののしるのかが
わかったことがあったんです。

これは現場でしかわからないんですが、
部長がですね、客をちょくちょく小ばかにするんですよw

お笑い好きでいろんな経験してきた私は、
ネタだと知っていても、あ、この人、
ののしられることで盛り上がるってことを
期待してるな?ののしれって言ってるな
ってこの時気付きました。

褒められることは期待してないなって。

思えば開演時登場するなり冒頭で
「今日の客、この辺の人たち、もう一杯ひっかけて
きちゃってる???」
とか言うんですよw

「困った人たちだな~~!」
とかねw

だから私は行く前はなんで部長っていじめられる
んだろう、ネタでもちょっと、、と思っていたんですが、
単独に行けば全ての疑問が吹き飛び、
笑顔でののしれるようになりますんで、、
一度でいいんで単独の現場に参戦する
ことをおすすめします。

部長を笑顔でののしることが
本物のデスラビ軍への踏み絵と
なりますからw

よろしくお願いします。

良く考えてみてください。
このののしってる人達がきちんと
花束を贈っているんですから。
そういうことなんですよ。

とまあ茶番は終わり、、

あとはいつもの3人と部長のおじいちゃんの口くさ~い
的な思春期チルドレンと嫌われアラフォーおやじ
の絶妙なトークで休息しながら、最後まで
突っ走りました。

あと終演後、ももクロ的なサプライズがあって、

突然効果音が鳴り響き、

バックスクリーンに黒のバックに白いゴシック極太文字で

来年6月2daysライブの開催発表、
アルバムリリース発表、

チケットを終演後発売開始

という流れがあって、
私は金がないので買えませんでしたが、
この位のまだホールとかに到達していない
アーチストは、ライブ終演後に
次回のチケットを発売したりする場合
が多いので、余計に資金を用意して参戦
するのか得策だと思いました。
NARASAKIさんのライブも毎回
ありましたからね。

nanoCUNEは一度も無かったなあ。。
でもピンチケを見たんでどっかで
先行はやってるみたいでしたけどね。

ももクロからpasscodeとデスラビッツへ進化した楽曲系アイドルの変遷について。

標準

ももクロは音楽のほとんどすべてのジャンルをくまなく
取り入れようと、一定の形に固まるのをこばむかの
ようにがんばっています。

その中で、ももクロはNARASAKIというギター狂
のアーチストを発掘し、宮本氏がある程度自由に
作らせたことで、
ギターノイズを取り入れた初めての王道アイドル
というポジションを得ることに成功しました。

pinkyjonesから始まりましたが、本格的な
ギターノイズ楽曲というと、
サンタさん(bloody christmas version)
でしょう。

で黒い週末、Zの誓い、、、

といった感じ。

で地下ではこの動きに敏感に反応している
人達がいました。

それがpasscodeとデスラビッツです。

passcodeは

NARASAKIのノイズにbuonoの
バンドセッション要素を取り入れ、
前山田健一のコンパクトなおもちゃ的な
ポップな要素を取り入れて、
あまりがちがちにならずにアイドル的要素
を残した感じに仕上げてきました。

そしてデスラビッツ。
今回のOIF2015のニコ動放送で一番沸き上がった
アイドルでした。
なんか「すぐ売れる」輝きを放っていました。

川上アキラと同じくアイドル事業を任された
いち社員のマスクしたダースベイダーのような部長が、
他の事務所の3人の若い女性タレントを集めて始めたグループで、
なんと自分のやりたい音楽を女の子たちを巻き添えにして
やっちゃってしまっているんですね。

今までここまでスタッフ側の趣味嗜好を
前面に出しているアイドルはBiS以外
みたことありません。

そのBiSでさえスタッフは隠れていましたが、
デスラビはセンターの一番目立つ場所に
陣取って、デス声を浴びせまくっているんですね。
でヘルニアとかアラフォーとかいう歌詞のネタを
前面に押し出していて、
しまいには「デジタルコア大好き!っ」て叫びやがるんですw

勢いとしてはこのデスラビが一番あると思いますね。

デスラビは簡単にまとめると、
エビ中の校長とメンバーの関係性をさらに発展させ、
ももクロとアキラの関係性を裏だけではなく表舞台まで
引きずりだしてきて、
部長が音楽プロデューサーを兼任して好きなことを
やりたい放題やっていて、

スタダは完成系だったんじゃなくて、もっと下世話に
発展させるとこんな面白いことができるんだなあ。。
すごい奴らが現れたなあ

って感心しきりの
そんな最先端アイドルグループです。

(この映像が一番今のデスラビッツが表現されていると思います)

ちなみにCDの特典会の内容ですが、
50枚集めると部長と2時間サシ呑み
だそうですw

あと「とにかく現場来い!」が部長の口癖です。

11月に単独あるのでよかったらどうぞ。
まだ整理番号が若いですから。