カテゴリー別アーカイブ: 2017.05.20 ダブルブッキング単独ライブAudition

2017.05.20ダブルブッキング単独ライブAudition 進化するブラック

標準

不倫や盗撮やタレントのプライベートネタ、
タレントのやっちゃってる感があるものを
いじって笑いに変える、直接実行すると
他人を悲しませるものだが、

笑いに流用させると、金になり、気持ちよくさせて
人生を豊かにさせるという、、

禁断の果実の扱いが、時と共に洗練されている
ダブルブッキング。

たけしさんのようにテレビに出ない分、
舞台を重ねることでそのセンスがたけしさん以上に
磨き抜かれてきているような気がします。
レベルもひょうきん族時代の誰もが知ってるようななれ合いのネタじゃなく
そういうのは爆笑問題で終了して、

次世代はそれを避けて笑いより鮮度を優先させて
初めて知るようなものを出すレベルに進化
しています。

今回はそれにエロを入れてきました。

野生のスケベ。これを映像化しました。

「バイブ一丁で全裸で森林をうろつく男。」

私のツボは

「ホームレスが不死鳥になって光り輝きながら羽ばたいていく。」

全体としては、

変化としては、以前はニヤッとしながらだったんだけど、
いまは鼻くそをほじくるように軽く特別なことをやるような
感じをさせずにさらっとやるようになってきたのと、

台本はあくまで基本設定で、現場で生まれる思いつき
やリアクションで笑わすようなDJみたいな感じに
なってきた。

またバカリズムの挫折体操というラジオ体操リミックス
ネタを超える、芸人体操っていう、芸人を始めるとこから
なんだかんだで中年になってしまうまでの経緯を
面白おかしく構成するネタを中盤に
ぶっこんできて、それ観ている時、テレビを見ている
ような錯覚に陥りました。

始めてみた売れたい感ていうんですかね、
鬼三村でも実力ありすぎと言われてるから、
真剣に思っているんだなって感じました。

最後のあいさつの時、客がシーンとなったとこが面白かった。

それは川元さんが自分の子供ネタを言ったとこで、
既婚者だということに驚いた客が予想以上に
多かったのには笑いましたw

川元さんは広島。

以前ここで言いましたが、

広島出身芸人はろくなやついないと有吉さんが言ったと。

極楽山本、三浦マイルド、有吉、アンガ田中。

ダブル川元。

広島恐るべし!

広告