カテゴリー別アーカイブ: スリムクラブ

M-1グランプリ2016 当サイトのベスト3+問題点

標準

出演者について

1.スリムクラブ

2.銀シャリ

3.ハライチ

スリムクラブ

は視聴者が身を乗り出して評価しようと牙を
向いてくるのを受け入れずに、のらりくらりと受け流して、
闘争心を奪い取り、気が付いたら全身あらゆるところに
秘孔をつきまくって草原に大の字で寝転がらせて
しまうような漫才でしたね。

だから今回は熱くなって興奮した出場者
ばかりでそのあいまにおならのように
出てきたので、全身がマヒ状態に
なってしまいました。

銀シャリ

は、マニアックなのに正統派っていう、
バランスが取れたグループですね。

平均的なことを削除し、自分らしか感じていないこと
を抜き出して、限られた時間でそれを連発させて
独自の空気を創り上げていく。

松竹とよしもとが混ざった感じ。
中川家、千鳥、ナイツが混ざった感じ。

ボケとかワードセンスにパワーがあり、
軽さと数でなく重さと質で勝負する。

くりぃむとかバカリさん、川島さんとか
あの辺は同じ匂いを感じますね。

くりぃむのテレ朝深夜の枠によく呼ばれている
意味を改めて感じました。

ハライチさんは、

以前から言ってますが、あの岩井さんのセンスでぶっこむ
ワードに澤部さんが妄想ボケする定番ネタは飽きていたんで、
前回の岩井さんが大革新をほどこしたM-1は大絶賛したんですが、
予定通り保守派の高齢審査員からは評価が良くなく、
岩井さんもホントはスゲーことやったのに、
なんかばかみたいに反省するとかぬかしていて、
その後テレビでは元に戻ってしまった感じになっていたので、
今回もあまり期待していなかったんですが、、

最初の数秒で、岩井さんの反省の弁とかテレビで
安定した数字を求める馴れ合いの演出の要求
に応えていた姿は仮の姿で、

身の毛もよだつような危険な笑いが大好きな
ハライチの岩井健在!って感じで、
ニヤ付きながら審査員なんかには目もくれず、
自信満々に最先端の漫才をやっているハライチ
をみて、やっぱ岩井すげーわって何度も何度も
思いながらハライチをみていました。

RPGって題材を直せばもっと点が取れたと
巨人さんに言われても、
「好きだから」
で返してニヤ付いているところに
かっこいいわって感動しました。

やりたいことやったからひょうかはどうでもいいわっていう。

皆さんになにか感じ取ってくれればそれで満足だっていう。

まあそれはこの3組に共通して言えることですけどね。

あと最後に、

審査員についてですが、

松本さんがひとり現場の空気とポイントがかみ合っていなかった
のが面白かったですね。ひとりだけぽつんと採点レベルが
違っていて周りをきょろきょろしていた場面が多かった。

このひと最近どうしちゃったんでしょうか。。。

やってきたことがすごいだけに、黒髪時代と
金髪時代の経歴の落差が激しすぎて、
なんか最近気持ち悪さを感じるようになってきました。。

逆に上沼さんが新しいことに貪欲なのが面白かったです。
若々しいなって。

柔道が日本の競技なのに外国人の金メダリストが増えている
ことと同じで、漫才も関西の物だが今は関西以外の
売れっ子も増えているから、審査員もそろそろ関西人以外の
人も入れていいんじゃないかって気がしますね。

広告

THE MANZAI 2014 馬鹿よ貴方は 演芸の歴史上いつもこの非関西系スタイルは年寄り連中に潰される。

標準

1980年代、ザ・ぼんちやB&B、紳助竜介、ツービート他、
受け答えのスピードを加速させ、短い間に多くの低角度の
ボケをジャブのように打ち込む漫才が、徐々にテレビ番組の
製作方法がコンピューターの普及とともにシステマチックに
編集される方向へと変化していく流れに歩を合わせる
ように便利に使うことが出来るところもあって人気を博す中、

漫才ブームの陰りとともに、その流れに逆らうようにダウンタウン(松本人志)が
スピードを落としたものを装備して殴りこんできた。

その時、当時よしもとの中枢はやすきよ支持派で構成されていたが、
やすきよチームの幹部他がダウンタウン(松本人志)がなぜおもしろいのか
分からないと言っていた中、当時ダウンタウン(松本人志)と同じ世代で
プロデューサーでもあった大崎洋氏のみがダウンタウン(松本人志)
の面白さ、新しさを感じ取り、新しい時代を創り上げていくべく
ダウンタウン(松本人志)の劇場、2丁目劇場を設立してよしもとを次の時代
へと進めていった。

それから数年後、漫才ブームの影響下の芸人が主流を占めて
いく中、東京ではお笑いスター誕生という番組で異色の芸人が
現れる。

象さんのポット。

ダウンタウンがやすしにダメ出しされまくっていたのと同じく、
ベテランの審査員にはどこが面白いのかわからないと
言われていた。

そして、月日が経ち、バカルディ、バナナマン、海砂利水魚、
おぎやはぎ等が出現。

この人達は関西での現場でつまらないと叩かれまくっていたし、
おぎやはぎに至ってはM-1でスピード漫才至上主義、超保守派の
関西人の組織票に潰されてしまった。。

それからまあスリムクラブ、東京ダイナマイトというコンビも出てきたが
マニア層での支持に終わってしまっている。

もうこの教科書的超保守派の関西系低角度しゃべくりスピードマンネリ漫才
に真っ向から対抗する勢力は現れないのかと思っていたんですが、

数年ぶりに馬鹿よ貴方はという必殺仕事人的革新派無国籍系高角度
つぶやきランダムスピード漫才の旗手が、東京ダイナマイト
チーム傘下から出現しました。

で今回THE MANZAI2014を観たところ、審査員の最年少が49歳のヒロミという
じじいばかりの新しいものを探し当てる熱量が低下している環境下で、
ダウンタウンの黒い歴史が思い出させる、一票も馬鹿よ貴方はに
票が入らない事例が発生して、非常に寂しく感じてしまいました。

で同組勝ち抜けのトレンディエンジェルがさぞや面白かったのかと見直しました
が、まあ特に南海キャンディーズのようなひねりを加えたわけでもない
昔からある普通の頭髪自虐ネタ(あえて言えばコピー元の海原はるかかなたの方が
独特で熱があって構造がシンプルで全然面白いと感じました)だったので、
数十年も同じことを繰り返されても私は笑えるわけもなく、、

やはりこのスタイルはいつの時代も陽の目をみることは不可能なのか。

でもいま天下を取っているさまぁ~ず、くりぃむしちゅー、バナナマン、おぎやはぎ
等は同じスタイルなのに成功している。。

だということは、お笑いやバラエティ番組では最も需要のあるスタイルなんだけど、
THE MANZAIという競技ではこのスタイルは認められないということなんですよね。

馬鹿よ貴方はさん。

THE MANZAIでの優勝は不可能なので諦めましょう。。

もうさっぱりと世間へのアピールの材料として利用しましょう。

しかし今も昔もこういうトーナメント制のお笑い企画は本戦出場前の
客層と本戦の審査員の年齢層があまりにも違いすぎて
本戦までのスタッフとお客さんの熱が本戦の全く異なる
環境によって分断されてしまって、非常にもどかしい
ものになってしまっていますね。

若い人たちに予備戦で高評価されて出てきたのに、本戦でセンスが
全く異なるじじい連中にダメ出しされている馬鹿よ貴方はさんが
かわいそうになってしまった。

最後に。。

「お前働けよ」「お前は負け組みだ」

私はファラオ氏からこの一言が発せられる時、
壮大な2ちゃんねるのバックボーンと共に受け止めて
ニヤッと笑うんですが、まあ一般人には単なる親父のベタな一言
なんでどこが面白いのか分からないでしょうねw

全員審査員を2ちゃんねらーにしたら面白そうですよねw

追記:

後日談として、、
2015年3月のトークショーの現場で、
新道さんが「ネタは私が書いてるんですが、、」
ぼそっと言われたんで、ここ見て注意されたような
気がしましてどきっとしました。。

新道さん失礼しました。

ももクロさんイベント翌日放送する番組の現況について

標準

フジテレビ

めざにゅ~
めざまし
ノンストップ

日本テレビ

ZIP
スッキリ
PON!


各番組の傾向

TBSとテレ朝とテレ東はなぜか報道しない。
NHKもしかり。

まずめざにゅ~は数分版を少し内容を変えて数回放送します。
出演者の共演はなし。

めざましはめざにゅ~版を基本にした少し長くしたものを放送。
しかし最近敦規経由で三宅アナがライブに招待されるようになったので
三宅アナいじりをするためにより長くなる傾向にあります。
また三宅アナのももクロインタビューもあるので必見。

ノンストップは、昨年の夏あたりから頻繁にとりあげるように
なりました。
見どころは設楽さんのコメントと映像を観ているときの笑顔でしょうかww
出演者の共演はなし。

ZIPはももクロ好きの山口達也さんのあたたかいコメントが見どころですね。
こちらも出演者の共演はなし。

スッキリは大きいイベントのみ取り上げます。 
山里ももクロのからみが普通になって新鮮味に
欠けるようになってきたので、最近は勝谷ももクロ
の絡みを主体に演出される傾向に。

PON!は最近面白いです。
AKBが出ているのでそのリアクションも大好きなんですが、
メインはサブレギュラーとの絡み。
初見でWエンジンのチャンカワイを玉井さんがチンカワイ
と間違ったところから、悪ももクロがチンさんチンさんと
ばかにするのがお約束になってしまい、
毎回そのネタで終始するようになってしまいました。
最近は、番組で共演したスリムクラブとも絡む
ようになり、こちらは内間さんいじりで盛り上がる
内容になっています。

総括

だから、

フジテレビもの、ZIPで安定したレポート系映像を確認。
ノンストップで設楽さんが飽きてないかww確認。
めざましとスッキリとPON!で終演後のインタビュー
と出演者との絡みのコントを楽しむといった感じですね。

サンデージャポンは最近めっきり少ないですね。
飽きてきたのかもしれませんね。

2011R-1ぐらんぷり 感想追伸

標準

・佐久間一行さん

1.ひとりボケ、ひとりツッコミ(幼虫の腹のネタ)(井戸の妖怪ネタ)
これぞ佐久間というネタ

2.1に紙芝居を追加したネタ(酋長ネタ)
これは初めて見ました。

でもすべてに共通するのは気が弱いところ。。

落ちが決まっているのに追加してしまうんです。

でもそこが佐久間さんの個性になっていて、それが
あることでどんなネタもオリジナルになってしまうんです。

感覚的にはさまぁ~ずに近いですよね。

登場するキャラクターや世界観と気の弱さが。

ぼくとしては、このキャラ一つでいくのも良いんですが、
まだ若いので、もっと上を目指すなら、デビュー当時から
創り上げてきたものたちの供養はできたので、今後は
これらを一切排除したものも創っていって欲しいですね。

そしたら長時間飽きない見世物がつくれると思うので、
単独でライブできるような芸人になれるんじゃ
ないでしょうか。

このままだとDVD発売してもすぐ中古で1円行きだと思うので、
そうならないような今後の佐久間さんの動向を期待したいです。

・キャプテン渡辺

貧乏、売れないキャラはもう飽きた。
言い過ぎ。つまらなくて見てらんない。
お前だけじゃないよ。貧乏は。
芸人はほとんど貧乏だろう。

同じ貧乏でもザコシショウのような明るい人のほうが楽しめます。

・スリムクラブ真栄田さん

改めてこの特殊な空気を、日常に変換して、茶の間に届ける
内間さんの役割の大きさがわかりました。

ネプチューンの名倉さんと堀内さんの関係に似ている。

これだったら売れなかったでしょう。

2回目のネタって夢だったのかな。
ぜんぜん面白くなかった。
なんか別人が作ったような内容だった。

あとは記憶にないですねえ。忘れました。

『R-1ぐらんぷり2011』決勝進出者決定!

標準

一人話芸日本一を決める『R-1ぐらんぷり2011』(関西テレビ・フジテレビ系)の決勝進出者発表会見が1月31日、東京・品川よしもとプリンスシアターで行われた。決勝に駒を進めたのは、昨年のM-1準優勝コンビ・スリムクラブの真栄田賢、バッファロー吾郎・木村明浩、COWCOW・山田與志、ナオユキ、AMEMIYA、佐久間一行、キャプテン渡辺、ヒューマン中村の8人。例年なら決勝戦直前にサバイバルステージ(敗者復活戦)が行われていたが、今年は廃止することが決まった。司会は今年も雨上がり決死隊が務める。

録画するレベルで好きなのは、佐久間一行、AMEMIYA、スリムクラブの真栄田賢です。

キャプテン渡辺はごっつを知らない人たちが選んだんでしょうね。

俺は絶対あの「~なんだよ」っていう松本さんの「世界1位の男」のキャラのパクリは許せない。。

まあサブネタだったらいいんですがメインネタですから見るたび腹立ってきますよ。

ほんとどんな分野でもいますが無知って怖いわ。

スリムクラブ真栄田さん:

真栄田さんは勝手に自由にやってくれて構いません。
これから映像や舞台でどんな世界を見せていってくれるのか
非常に楽しみです。

AMEMIYAさん:

AMEMIYAさんは結構有名になっているし、最近聴いていると
笑い発生の構造がムーディー勝山に似ているところがわかった
ので心配です。

具体的には、サビの前にいろいろくだらないことや大きいこと言って、
サビのフレーズで頭に描いているイメージと間奏で頭に描いている
イメージの差で笑わすっていうことだと思います。

AMEMIYAさんは勝山さんと違いベテランみたいなので、
是非ともこれだけでなく、他にも種類の違うものを創って
いって欲しいです。またはもしもう違った引き出しがあるんならば
見せて欲しいです。

松本さんの場合はAMEMIYAさんのネタと同じ法則だと思われる
猫紙芝居はほんの氷山の一角なのがすごいと思います。

AMEMIYAさんや、勝山さんとかはこれだけだからなあ。

佐久間一行:

新しい波からこの日まで長かったですねえ。。

でもこの人はずっと変わらず自分を信じて同じ笑いを
提供してきてくれました。

そして今回、世間が佐久間さんにおいついたことで
こういう結果になったんだと思います。

なんか青木さやかさんとコンビでやっていたことが
あるみたいですが、もしコンビだったら無理だったと
思います。

青木さんはきつすぎる。痛すぎる。観ている方に
余白を与えてくれない。初めから最後までずっと
痛みしか感じない。

この人は、逆に痛みがなく、ずっとくすぐられている感じ。

あくまでネタは骨組みで、本番になると客をコントに参加
させて肉づけをして完成させていく。

この人なんかはいろんな世代に人気が出てもおかしくない
んだけどなあ。

今回をステップにしてさらに有名になって欲しいなあ。

2011年1月30日ガキの使い山-1グランプリAMEMIYAスリムクラブ

標準

あらびき団でみてとりこになったAMEMIYAがご出演。

高飛車キャラみたいになっていましたが、なんだろう。
AMEMIYAさんも空気に任せてのっかっていました

初めてフルバージョン聴きました。

松本さんと見ていると、AMEMIYAさんの曲が
1人ごっつの猫紙芝居とダブりました。
笑いを生むルーチンは紙猫芝居と同じだと思います。

スリムクラブはなにもやらなくても雰囲気で笑ってしまう
ようになってしまいました。

もうとりこです。

なんかわかりやすく説明すると、シティボーイズ
に近いですよね。空気感が。
あと世界観は電気グルーヴに近いものを感じます。

とにかくいろいろなサブカルチャーが混ざっている
感じを受けます。スリムクラブは。

これ梅田花月至上主義のコテコテの大阪の人にはわからないかもなあ。。
でもそれは当然ですよ。だってそれが入らないようにしてるからねww

松本さんはさすがだけど。