カテゴリー別アーカイブ: シティボーイズ CITYBOYS

芸人がキングオブコントやM-1等のお笑いのコンテストの審査員をやることの矛盾感とベストなコントの評価方法の考察。

標準

誰一人、自分たちのネタを客席から観た人はいないということ。

さまぁ~ずであって、さまぁ~ずではない。
バナナマンであってバナナマンではない。
ダウンタウンであって、ダウンタウンではない。

さまぁ~ずのコントを観たスタッフが素晴らしいと感じたので
審査員として呼んだが、その素晴らしいコントをさまぁ~ず
本人は観たことが無いっていう落とし穴。

スタッフはさまぁ~ずのコントのレベルを審査の基準にして
採点して欲しいから呼んだが、、

さまぁ~ず本人はその基準が実はわかっていないっていう。

だって観たことないんだから。

観たことないから、比較もできるわけがない。

だから、審査員は結局芸人ではないほうがいいと思いますね。

ちなみにざっくりですが、お願いランキングという番組の
お笑い勝ち抜き企画は視聴者投票なんですが、
現時点ではこれがベストなんじゃないかと思います。
私はこれだと推しが負けても一切文句はなく、仕方ないかと
思える方法ですね。

ちなみに、コントを芸人が審査するという考え方は
俳優自身が審査するアメリカのアカデミー賞を
パクっていると思うんですが、これも落とし穴があって、

アカデミー賞は映画ですから俳優自身も自分の仕事を
観れるので、なんら問題は無いわけです。

お笑いは舞台芸なので無理です。

もし芸人が審査する方式を採用するなら、
舞台でネタを披露せず、
事前に収録したネタを映像を観て審査するなら問題は無いと思います。

以前にも言いましたが、アートの面白さとは、
作品の評価は第三者が評価するもので、
アーチスト本人の評価は関係が無いということです。

本人が嫌いな作品でも高評価な作品、
大好きな作品でも低評価な作品があるのが
あたりまえなんです。

また本人の出来不出来と評価は無関係。比例しません。
よくできてもつまらないときもあるし、
よくできなくても面白いときもあります。

また、タレントや周りを取り囲む勢力のパワーとも無関係。
それらが逆に威圧感としてマイナスに作用することもあります。

美空ひばりの作品より自分の子供の作品のほうが感動したり、

フランクシナトラの作品より、シドビシャスのほうが感動したり、

手塚治虫より蛭子能収のほうが感動したり、、

芸術だからこそです。

コントの作り方も

サンドウイッチマンのようにマクロレベルでボケを組み込んでも、
舞台に出ないで映像ですましても、
舞台に出てずっと立っているだけでも、
しゃべらずに動きで表現しても、

面白ければそれでよし。

チャップリンから始まり、キートン、てんぷくトリオ、
深見千三郎と一連の浅草コメディ、
クレイジーキャッツ、ドリフターズ、
Mr.ビーン、モンティパイソングループ、
やすしきよし、コントレオナルド、
コント55号、B21スペシャル、
とんねるず、ひょうきん族のタケちゃんマン、
カックラキン大放送、
ネプチューン、キリングセンス、
ごっつええ感じ、松本人志、
ウッチャンナンチャン、
シティボーイズ、シソンヌ、
パーパー、

いろいろこれまで魂にぶち込まれてきましたが、

人間が全員各自で評価すればそれでいいのではないでしょうか。

漫才はルールがあるが、コントは自由。

私はそう思います。。。

広告

単独ライブ情報ラッシュ(シティボーイズ、三四郎、ウエストランド、西村ヒロチョ、モグライダー)

標準

シティボーイズ
「仕事の前にシンナーを吸うな、」演出:三木聡!!!!
 6/12(月)~6/14(水)@よみうり大手町ホール
5月14日発売

三四郎×ウエストランド 新ネタライブ「一九八三×1983」
2017年5月31日(水)19:00開演
シアターサンモール
4月28日よりタイタンハッピー発売
4月29日より一般発売

西村ヒロチョ第5回単独ライブ 「花~ほほえみ~」
2017年5月14日(日)
16:15開場 16:30開演
ヨシモト∞ホール(東京都)
発売中

モグライダー単独ライブ「大往生 パートⅡ」
2017年6月25日(日)
17:30開場 18:00開演
5月6日発売

勇者ヨシヒコと導かれし七人の最終回でお笑いマニアが驚嘆したことと、福田雄一界隈の未来の展望について。

標準

いつものようにスタッフロールを眺めていたら、
作家陣の名前リスト先頭に、向田邦彦の名前が。

この人、実はTHE GEESEのコントに長らく
携わっている、たった一人の外部の作家さんなんですよね。

てことはですよ。

福田さんと言えばムロツヨシさんですよね。

ムロさんの事務所はASH&Dです。

THE GEESEはこれからのASH&Dを担うタレントです。

てことで、ASH&Dのシティボーイズのデビュー当初は
三宅裕司のSETに対抗して新劇を目指して演劇と笑いをの融合
した感じで始めたので、

演劇界と地下で強く繋がっているということで、
シティボーイズ、ASH&D、ムロツヨシ、福田雄一、
THE GEESEって感じで相関関係が形成されて
いったんじゃないかって思いますね。

ヨシヒコのセンスに合致した人は、この人たちに
付いていけば間違いなく楽しい日々が過ごせると思います。

あと今後、ここらへんにシソンヌとかが絡んでくる
気がしますが、どうなりますかね。

そうなったらもっと楽しくなりそうですけどね。

ここにAKBGを辞めた指原氏なんかも絡んでくるとって、
まだ演劇の基礎体力がないから話にならないですが、
もしやるきになったら受け入れてくれるんじゃないかって
気がします。
そしたらもっと楽しみだなあ。。

きょうの料理にアッシュ・アンド・ディが全面協力していました。

標準

現在、きょうの料理は本編と10分のビギナーズにわかれているんですが、
そのビギナーズが最近阿佐ヶ谷姉妹がアニメキャラのおばあさんの料理の先生
に教わって上達していく企画で進行しているんです。

私は音楽やなんかいろいろ自作するのが大好きなので、
これを見て料理のスキルを上げているんですが、

見始めて数年ですが、同番組がこんな既存のタレントを
招いた演出を取り入れたのは初めてなので、最初は驚きました。

でも通常は阿佐ヶ谷姉妹ではなく、アニメキャラのおばあさんの娘が
教わる設定なので、特に違和感がなく楽しめてます。

で数日観ていたある日、なにげなくスタッフロールを見ていたら、、

大竹涼太

の4文字が載っていて、、

%e4%bb%8a%e6%97%a5%e3%81%ae%e6%96%99%e7%90%86%e5%a4%a7%e7%ab%b9%e6%b6%bc%e5%a4%aa%ef%bc%91

最初は音楽でも提供してるのかと思いましたが、
出演者となっているし、と思ってみなおしたら、
なんのひねりもせず、直球でマネージャー役で出演
していて、笑ってしまいましたw

%e4%bb%8a%e6%97%a5%e3%81%ae%e6%96%99%e7%90%86%e5%a4%a7%e7%ab%b9%e6%b6%bc%e5%a4%aa2

これ多分作家さんか監督がゴッドタン観てファンになって
しまったんでしょうね。。

ちなみにこういう裏方だけど必要に応じて
タレントの為になるならなんでもやる的な
マネージャーのスタンスの先駆け
は川上マネだと思いますが、

大竹さんは川上さんとは違い、

今のところゴッドタンで培った楽曲演奏の技術、
演技の技術が生かせる形の出演オファー
をうけている感じですね。

これシティボーイズやムロさんとの共演が
ありそうな気がして楽しみになってきました。。

着々と時代と共にマネージャーという職業の
職務範囲、仕事内容が変化していることを
感じた昨今でした。

muro式9.5の現場状況とスタッフリスト考察

標準

ムロツヨシさんが行方不明な父親を捜すために役者に
なり、売れない時代から様々な役者仲間に支えられて
約10年続けてきた自己表現の場、muro式。

初めて行き、最前列の端で鑑賞しました。

梅若能楽学院会館という能楽堂です。

%e6%a2%85%e8%8b%a5%e8%83%bd%e6%a5%bd%e5%ad%a6%e9%99%a2%e4%bc%9a%e9%a4%a8

これ気を付けるべき点は、端の席の場合、
AKB48劇場のような柱がじゃまになり
観えなくなるのが盲点でしたね。

この右側最前列の左端だったんですが、
なにより中央にいるときに観えなくなるっていうのが
辛かったですね。。

内容については、第10回をぱーっと豪華にやろうとしていた
けど、ずっと一緒にやって来たヨーロッパ企画のメンバー
がスケジュールが合わなかったので今年はスルー
しようとしていたら、事務所の方から
能楽堂が取れたからやろうと一方的に言われて、
まあ仕事だしやるしかないと決起したら、
急なので自分で演出、企画、等をせざるを得なくなり、
全てをやると死んでしまうので脚本を探して
いたら、福田さんが手を挙げてくれたので、
なんとかなった今回でしたと終演後に
ぼやいていましたw

脚本は福田さんなので、福田さんが得意とする
現実離れした昔のファンタジックな童話や物語
を現実に引き戻した設定で、そのいかに現実離れ
しているかを面白がるような世界で、
その主役にムロさんが相手がいる設定で
独り舞台をやる感じでした。

最初の登場のシーンで、ピアノの単音のみが
数秒間隔で打鍵されている空間で
ムロさんがそれに合わせて自由な動きを
する演出があって、まあ芸術はいろいろな見方が
出来るほど面白いと言われていますが、
私はそれをみて、事務所が同じっていうこと
あるんですが、斉木しげるさんのひょろりひょうべい
を喚起させて感動してしまいました。

で一休さんや銀の斧と金の斧というベタな
物語をよく考えてみると話がおかしくね?って
いう感覚を抱きながら、もしそれがこういう
状況だったらこうなってたんじゃね?って
う感じで、友達同士みたいな馴れ馴れしい話し方で
面白おかしく描いて見せていました。

で最後は一人で長台詞を話すシーンだったんですが、
これはチャップリンの独裁者を彷彿させる
悲しさとせつなさと面白さ等が混在した空気感に
包まれたので笑っているのに泣いているような
不思議な感覚に陥ってしまい、終演しました。

で最後には挨拶ですが、
まず、前記のような今回の舞台をやることになった
きっかけから熱く語り始め、自分のキャリアとこの
muro式の関係性、そしてmuro式の将来についてと、

「普通はここで挨拶してすぐ終わるんですが、
すいません、おわりません!
語らせていただきます!!」

と言って、追加で閉めに数十分トークショーも開催していただき、
大満足の舞台でした。

スタッフリストを覗くと大竹涼太の名前が光っていました。

muro%e5%bc%8f95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88

アッシュ&ディーはシティボーイズの次の世代に
移り変わりつつある変革期で、ムロさん、そして
ここにきて阿佐ヶ谷姉妹の大躍進、ラブレターズも
キンキン声を抑えて観やすくなってきてますし、
GEESEも自分自身でいろいろできるようになってきてて、
第二世代が形になりつつあるのでこの流れを
楽しみにしていきたいと思います。

福田雄一脚本の2016.08.20-09.01ムロツヨシ単独公演エントリーが始まってます。

標準

ドルヲタにとってはサタデーナイトチャイルドマシーンや指原の乱でおなじみの
福田雄一さんと、
薔薇色のブー子や幕が上がるでおなじみの
ムロツヨシさんが作、企画、演出、脚本の
独り舞台、

muro式9.5

のチケット先行エントリーが始まっています。

muro式9.5

私はサタデーナイトチャイルドマシーンや指原の乱で福田さんの作品の
続きをみたいと思っていたのと、
所属事務所のアッシュ&ディーの忘年会でムロツヨシさんが適当にしゃべり続けて
それをシティボーイズの3人が叱り続けるという笑いの無限連鎖
の現場を目の当たりにしてからムロさんの独り舞台を
観てみたいと思っていたので、今回は正にそれが
実現されるので楽しみに待っておりました。

非常に短い期間なので記録がてら書こうと思いました。

こういうのって二度目があるかどうかわからないので
感じた時に行っておいた方がいいと思います。。

東京03の2015年6月の最近のライブ観て、シティボーイズの後継者になりそうな予感を感じました。

標準

2015.06.04-07
東京03
FROLIC A HOLICラブストーリー「取り返しのつかない姿」

これは単独ライブとは別に、オークラさんをメイン作家
に迎え、おぎやはぎや濱野健太さん他のゲストを交えた
ライブだったんですが、

シティボーイズが30年前、自分たちで数年やった後、、
宮沢章夫さんをメイン作家に迎えて
やりはじめて、三木聡さんを入れ始めた
時のシティボーイズの匂いがプンプンしました。

飯塚さんが大竹さん、豊本さんが斉木さん、
きたろうさんがやはぎさん、
角田さんが角田さんというw、
感じでフラッシュバックしましたよ。

東京03は、テレビ東京の佐久間宜行さんに
見いだされ、ウレロ未確認少女というテレビドラマ
でオークラさんという強力なバックを紹介してもらい、
そしてウレロの舞台で東京03とオークラさん
の作り出す雰囲気に気持ちよさを見出し意気投合、
今回はその雰囲気をそのままに、
アイデアが湧き出てきりがない
ライブがやりたくてしょうがない興奮状態の
オークラさんの魂を額面通り引き受け、
東京03というウレロより自由な設定が可能な
風呂敷上で全て吐き出させてあげた
ような舞台だったきがします。

ラブストーリーは嫌いだったんですが、
東京03に関しては、客を笑わせる魂が、余裕で
台本を上回ってくることがわかったので、
今回は非常に自分にとって勉強になる
公演になった気がします。。

シティボーイズ+三木聡=東京03+おぎやはぎ+オークラ+大竹涼太

ライブに幕を下ろすような雰囲気が見え隠れ
し始めた最近のシティボーイズに対し、
そこの枠にこれからが大いに期待できそうな
東京03が入れ替わるように近づいてきた2015年。

東京03のこれからが本当に楽しみです。

期待しております!

2015.06.29 シティボーイズ 燃えるゴミ 千秋楽 老体に鞭を打つかのようなトリプルアンコールでしたw

標準

本編は、最初から最後まできっちりとした芝居ではなく、
YMOの増殖のような、合間に短いテーマを決めただけの
アドリブ要素が強いミニコントを挟んで遊びを入れて
くれたことで、前田司郎さんの良さ、シティボーイズの
3人の良さ、大竹涼太さんのBGMからアッシュ&ディという
事務所の良さ、すべてがバランスよく配合された
素晴らしいライブでした。

前田さんはどちらかというとセリフを完璧に
言ってほしいタイプなんですが、
きたろうさんが会うごとにセリフが短くなってくる
のに笑ったとか、
きたろうさんが長いセリフ全て覚えたと自分に問いかけるように
つぶやいたり、
斉木さんは最後まで間違え続けたとかw、
ぼやいてばかりでしたw

もちろん笑顔でねw

最後は今回このライブに来た全てのお客さんと、
全てのシティボーイズファンのお顔を想像し、
会場全体から3回もの盛大な拍手の波で3人を送り出し、
2回目までは3人が出てきましたが、3回目は
大竹さんだけ出てきてくれて、笑顔で応えて
くれていたので、もうあとは3人に任せましょう。

お笑いスタ誕からファンになり早数十年w
初めての現場でしたがとても良い思い出に
なりました。

これからもASH&Dの公演にはできるだけ参加
していきたいと感じました。

CITYBOYSシティボーイズファイナル燃えるゴミ。音楽担当はTHE GEESEに引き続き

標準

大竹マネこと大竹まことの実息、大竹涼太氏が担当していました。

大竹涼太

鳴り物入りでw人力舎からASH&Dに移籍し、ライブ現場の仕切りと、
現場のBGMを担当という初めての役割で大活躍しております。

ちなみに人力舎とASH&Dはパートナーなので仲が良いです。

私は初めてGEESEの現場でBGMを聴いたんですが、
普通のジャズっぽい変にとげが無く空間を
穏やかに埋めてくれるような音楽でした。

今回のCITYBOYSの現場でも、知り合いが、
小西康陽が作ったと言われてもわからないような
音楽だったと驚いていましたw

現場に行かれましたら、CITYBOYSの後ろに大竹マネの顔を
浮かべながら音楽を楽しみ、最後のスタッフロールのお名前
を拝見するところまで、大竹ワールドもどうぞお楽しみ下さいませ。

2015.05.01 THE GEESE単独ライブ現場状況詳細

標準

新宿三丁目のSPACE雑遊という小屋でした。

THE GEESE 第9回単独ライブ

「ロイヤルストレートフラッシュバック」

作・演出:向田邦彦 / THE GEESE

日時:
2014年4月30日(木)19:00
2015年5月1日(金)19:00
2015年5月2日(土)14:00 / 18:00
※開場は開演の30分前
会場:東京・SPACE雑遊
料金:3200円(整理番号付自由席)

アバンギャルドな方々には有名な場所みたいで、
HPには椎名誠さんのイベントのレポート等
がありました。

柱等が少ないのでいろいろ自由にセッティング
可能なようで、GEESEの二人もエンディングで、
今回は四角で2辺を座席、残りを舞台にセッティング
したんですが、舞台を真ん中にして円形にしたり
できるようですよといって早くも気に入っている
感じでした。

開場30分前に到着すると人が全くいませんでした。

大阪王将や日高屋とか中華屋が充実してるなあ
って感じでぶらついて15分前に再訪すると、
ゴッドタンでおなじみの人力舎から2015年に
ash&Dは人力舎の兄弟会社的な感じなので、
移籍した大竹マネが現場を仕切っていました。

入り口前は道路の内側と、ロープで仕切ってある
外側に分かれて導線が設計してあり、
ここは100人程度のキャパなので内側は60番まで、
ロープの外はそれ以外って感じに並ばされます。

入り口で1人づつ呼ばれて入場します。

80番台でしたが、入場すると左側は可動式パイプいすのひな壇
が10列程度、右側は固定式パイプいすが3段設置してあり、
左側はすでにほとんど埋まっていました。
右側はチラシを置いてある場所とない場所があり
ある場所に座れと言われました。
ない場所は結構真ん中近くの高い場所で良い場所
だったんですが、業界関係者みたいな感じも
なく座るとスタッフがチラシを配っていたんで
未だに何のためにあけていたのかわかりませんね。。

本編は今iphoneにつなぐだけでスライドができる
ものがあるということでそれを使用して
GEESE自身でiphoneを操作してOP映像を操って
演出しました。

でネタは全てデビュー当時からのファンでも
テレビでは絶対観たことがない内容で、
GEESEの現在の気持ちが表現されていて、
心の中を覗いているような、GEESEしか表現できない
コントをネタ、着替え、ネタ、というように
舞台上で着替えながらテンポよくみせてくれました。

今回わかったこと。

それはテレビのネタはあくまで一般の人向けに
解りやすく作り変えた最大公約数的なネタで、
それはあくまでGEESEの氷山の一角で、
その中にマグマのような熱いものが
隠れていたという感じでしたね。。

GEESEは国立演芸場にも出ているほど実力もあり
ベテランなんですが、このような場所を選んで
やっているということに、また感動もしました。

本当に良い場所でGEESEの住んでいる部屋にお邪魔して
隠れて覗き見しているような雰囲気で楽しめました。

最後にスタッフロールマニアなのでじっとチェックしていたら、
音楽担当が大竹マネだと表記してあって驚きました。
本当に普通のバンドマンが作ったようなアダルトな曲だったんで
気付きませんでした。

このままだと、評判が良かったら、
もしかしたらシティボーイズのライブも大竹さんの息子が
担当するなんてことがあるかも知れないですね。