カテゴリー別アーカイブ: 2019.06.27-07.15 シソンヌライブ08 huit

2019.06.30 シソンヌライブ08 huit の現場実況

標準

シソンヌライブ「huit」 2019年6月27日(木)~7月7日(日) 下北沢本多劇場2019年7月13日(土)~15日(月・祝) COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

作・演出|じろう

作・演出補|今井太郎

監修|オークラ

舞台監督|浦本佳亮 + 至福団

照明|櫛田晃代

音響|高橋真衣

音楽|割田康彦

映像|荒川ヒロキ

衣裳|今村あずさ

ヘアメイク|西川直子

特殊小道具|松本英明

宣伝写真|mika

宣伝美術|加藤和博

WEB|斎藤 拓

制作|牛山晃一

プロデューサー|大森崇行

製作著作|よしもとクリエイティブ・エージェンシー

シソンヌさんが目指せシティボーイズの目標で
やってきた第一段階の本多劇場。

入ると、まず目に飛び込んできたのが、
指原莉乃と書かれたスタンド花w

よほどHKTのコンサートでアンコール発動した
長谷川さんが嬉しかったんでしょう。。

どセンターにそびえたっていて笑っちゃいました。

しかし、これについては一過言あるんですがそれはおいおい。。

物販で、長谷川さんがスチャダラパーさんを参考に
始めた自作本制作の第二部が発行されたので、
1部と2部をまとめて2000円で購入。
長谷川さんいわく移動の時間を使った仕事ということです。

毎回長谷川さんのルーツがいろいろ明らかになっていく
小雑誌です。次回当たり指原氏に出て欲しいなあ。

今回は前方右側で拝見。

椅子が思っているより横幅が狭いなあと感じました。
本多劇場って横は狭いですね。

特徴的な部分をかいつまんでおさらい。

冒頭のネタで、長谷川さんのキャラが
巨泉君ってあだなをつけられていて、
じろうさんよほどこのワードがきにいってんだな
って、じろうさんに笑いました。

毎回出てきますもんねw巨泉ネタ

巨泉さんに感謝です。

あとは、今回の野村君。

一つのボケをずっとひっぱって
それで終始完結するようないつもの野村君
と真逆な感じで終了でした。

確か、野村君の最後の方だったと
思うんですが、怒るときに言い方が
長州っぽくなって、それにひきすられる
かたちでじろうさんがプロレスネタに突入し、
長谷川さんもそれに蝶野か天龍かで対応して、
まさかシソンヌでプロレスネタは
予想してなかったんで自分のバックストーリー
を共有した感動と面白さが入り混じって
最高な気分でした。

最後はじろうさんの自分と照らし合わせる
ような空気ががらりと変わるこだわりのニートネタ。

これは回を重ねるごとに設定が
分厚くなってきて、今回も
ゲームやって死にたいというじろうさんと、
私の似たような人生を照らし合わせて、
自分が主人公になったような
気分でじろうさんが綺麗に
まとめあげてくれて終演でした。

幕後。

大阪公演のチケットが結構余っていることを連呼w

次回の開催日がいつもより少なくなるので
ライブビューイングで対応することを報告。

大阪公演はいろんな交流のある有名人が
宣伝してくれているが、
果たして違う分野のファンがじゃあ
シソンヌに行こうってなるのかと
思えないが、ありがとうございますと
して、終わりました。

最後のスタッフロールで、、
え?以前は監修ってオークラさんじゃなかったよなと。
長谷川さんが頼んだのかなって感じました。

でもそれを感じさせないところから、

オークラさんはアリーナコンサートの佐々木敦規みたいにw

個性を殺して自分の箱庭に強引に詰め込む人ではなく、

対象のアーチストを勉強して、各アーチストの特徴に
合わせたコンサルタントをするひとなんだと
安心しました。

ちなみに、もしじろうさんが読んでいたら、いつか
シティボーイズでおなじみの
三木聡さんにも監修をお願いして欲しいなと思いました。