カテゴリー別アーカイブ: オードリー

「AKBチーム8のブンブン!エイト大放送の元ネタやスタッフ構成について解説。

標準

番組タイトルの秘密

まず、タイトルは

1977年9月25日 – 1987年9月27日
ヤンヤン歌うスタジオ

という、
田原俊彦、近藤真彦、野村義男といった
金八先生初期のアイドルブーム時に大人気だった
番組が元ネタのひとつですね。

内容についても、芸人のMCさんを中心に出演者のみで
構成したバラエティ企画と、
出演者の普通の楽曲パフォーマンス、
といった内容の番組でした。

この流れはまず8時だよ全員集合の合唱コントで
アイドルのアドリブをドリフがいじるのが盛り上がってきて、

台本コントにアイドルが参加するようになり、

1975年4月4日 – 1975年9月26日
1976年4月2日 – 1986年3月28日
カックラキン大放送

という番組では、
まず野口五郎というアイドルが主役のコントが中心になり、
台本コントに本格的にアイドルが参加するようになります。

そして、ムー一族というコメディドラマでは
西城秀樹が主役に配役されます。

ということで、タイトルについては
ブンブンはヤンヤンから、
大放送はカックラキンから
ですね。

1986年11月5日 – 1994年9月25日
歌謡びんびんハウス

では、コントではなく、企画ものでアイドルが
番組を盛り上げました。

ここらあたりから秋元康が出てきます。

オールナイトフジ
夕焼けニャンニャン

ここで、鶴太郎さんや港さんに支えられて、
とんねるずが秋元康の期待通り大活躍し、

みなさんのおかげでした
オールナイトニッポン

という流れになって大スターに
なりあがっていきました。

先日の矢吹奈子のPVの流れや、

指原氏のディナーショーのセトリ

昼の部

M01 サン・トワ・マミー (越路吹雪)
M02 ダンシングヒーロー (荻野目洋子)
M03 淋しい熱帯魚 (Wink)
M04 DESIRE (中森明菜)
M05 LOVEマシーン (モーニング娘。)
M06 夜明けのMEW (小泉今日子 )
M07 赤いスイートピー (松田聖子)
M08 世界でいちばん熱い夏 (PRINCESS PRINCESS)
M09 世界中の誰よりきっと (中山美穂&WANDS)
M10 私がオバサンになっても (森高千里)
M11 今すぐkiss me (LINDBERG)
M12 六本木心中 (アン・ルイス)
M13 少年時代 (井上陽水)
EN01 前前前世 (RADWIMPS)
EN02 ヒロイン (back number)
EN03 SOMEDAY (佐野元春)

夜の部

M01 マイウェイ (フランク・シナトラ)
M02 ダンシング・ヒーロー (荻野目洋子)
M03 淋しい熱帯魚 (Wink)
M04 DESIREー情熱ー (中森明菜)
M05 LOVE マシーン (モーニング娘。)
M06 夜明けのMEW (小泉今日子)
M07 赤いスイートピー (松田聖子)
M08 秋桜 (山口百恵) ※ギター:後藤輝基
M09 津軽海峡・冬景色 (石川さゆり)
M10 つぐない (テレサ・テン)
M11 人生いろいろ (島倉千代子)
M12 悲しみがとまらない (杏里)
M13 真夏の夜の夢 (松任谷由実)
M14 少年時代 (井上陽水)
EN01 前前前世 (RADWIMPS)
EN02 ヒロイン (back number)
EN03 愛の讃歌 (エディット・ピアフ)

から推察できるように、
秋元さんは最近自分が影響を受けた昔の流行やアーカイブを
再評価している感じなので、この番組の初回を拝見したとき、
私にとっては来るべき番組が来たなあと思いました。

であまり挑戦できない昨今、前述の番組たちは、
昔高視聴率を稼いでいたヒット番組ばかりなので、
ある程度稼げる計算ができるのでそれも
あると思いますね。

現在のアイドルたちを昔大人気だった番組の入れ物で
反応させたら面白そうだなっていうね。

方程式の関数の数値だけ入れ替えてみようっていう。

HKTの最近のコンサートでも懐かしいヒット曲を必ずやりますよね。

指原氏はファンの性質について自分のファン層は特殊だって
常に言ってますからそれを考慮した流れでもある気がします。

あと年齢についていじられると客席に向かってあなたたちより
若いとか言って満足してますしねw

とまあ、内容についてはそんな感じですね。

スタッフ陣の秘密

あと一つ、今回のMCはオードリーですよね。
でオードリーといえばオールナイトニッポンですよね。

その番組の構成作家として若林氏が指名したのは佐藤満春氏。

通称、サトミツ、サトミツボーイ、有吉さんは若林氏が
いるときは2人しか知らないサトミツボーイという名前
をニヤ付きながら出して笑わしますw

その佐藤満春さんがブンブン8の作家として参加している
のは感動しましたね。

%e3%83%96%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%b38%e5%a4%a7%e6%94%be%e9%80%81%e3%82%b5%e3%83%88%e3%83%9f%e3%83%84

でもここから秋元康がスタッフ陣については中国のように
自分の国から押し付けるわけじゃなく、
日本のように現場に任せていることがわかり
なるほどなってますます秋元さんが好きになりました。

広告

オードリー若林氏がオンエアバトルでの苦い思い出を語っていた。

標準

NHK『マサカメTV』制作発表でのコメント。

若林正恭

「うれしいと共に責任も感じております。

NHKでは若手時代には『オンエアバトル』という
(ネタ見せ)番組ではあんまり活躍できず、
7連敗という記録も作っておりますので、

この番組は頑張っていきたい」

と意欲を語った。

オンエアバトルは良くも悪くも素人
が審査員なので、判定の
不安定要素は否めないと思います。

芸人の皆さん、がんばって下さい。

最近デンジャラス安田氏が入ったラジオ「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」が面白い。

標準

テレ朝チャンネルの竜平会系番組、
ダチョリブレのばっかスが終わって
久しかったんですが、
たまたま2013.02.03の放送を
聴いたら、安田、有吉の神コンビ
がこんなところで復活していて
歓喜しました。

いろいろ聴いていますが、
今現在この番組がだんとつに面白いですね。

でオードリーのANNとナイナイのANNが続く
感じでしょうかね。

やはりとんねるずやたけしさんのオールナイトニッポン
の血が流れているものに面白みを感じます。
有吉さんはもろに石橋貴明さんがフラッシュバックします。

私は伊集院さんは大好きなんですがラジオは
面白みを感じないんで聴いてません。
他のおぎやはぎやバナナマンもあまり
面白く感じません。

ここら辺はやっぱりセンスの問題でしょうかね。
しょうがないところです。

オードリー若林氏がももクロを出したよ!2012.09.16ここ掘れワンワン

標準

司会 有吉
ゲスト回答者 オードリー若林

アナウンサー
「テーマがブームということなんですが。。。
宮崎さんはなにかおありですか??

宮崎美子
「紅茶キノコとか、、、

有吉
「紅茶キノコ!

宮崎
「ありましたよねえ、、、、、、、

有吉
「噂には聞いたことありますけどねえwww

アナウンサー
「若林さんいかがでしょう???

若林
「ももクロが、、、、
僕はそんなハマってないんですけどもお、、、、、
みんなハマってたから。。


「そうは言っても、
世間はまだまだオードリーブームですからねえwww!!!

若林
「いや、、、
そうじゃないことが際立つだろ!!!!!!!!!!!

有吉
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

2012.09.06 山里さん、見事な司会でした。タカトシの時間ですよ クイズ番組史1

標準

テレビ創世記から現在までの歴史を紹介する企画。

中居の年表みたいにボードに書いてあってそれを
紹介していく。

山里さんが一人でエピソードや内容を紹介しながら
進行させていくんですが、山里さんの実力をみた気がしました。

また同時に、大泉洋さんのような空気も感じました。

マイナス方向にいじられて、それに切れながらも、
その怒りが笑いに変わっていく。

オードリーの若林さんが山里さんをすごい努力している
とラジオで褒めていたけど、なんかわかった気がしました。

みなさんもこんど山里さんが仕切ってるときあったら
マニアックにちょっと考えながら観てみて下さい。

2012.06.21 オードリー若林氏が山里氏が大学時代はイケメンだったと

標準

山里亮太の不毛な議論にて

ゲストの足りない二人など
日本テレビの深夜枠でお馴染みの
コンビ、若林氏が大学時代の写真
を見てイケメンで脚も以外と長い
と暴露。

私も足りない二人で山里さんが眼鏡を
外してゲームしていたときの顔を
見て以外とイケメンで実は偽装不細工
なんじゃないかって薄々気付いては
いたんですが、それが証明されたカタチ
になったわけですね。

ももクロさん気を付けてね!!w

有吉氏、河本氏、の本気番組「こんな感じでどうですか?」

標準

久しぶりに面白い新番組見つけましたよ。

「こんな感じでいいですか?」
フジテレビです。

出演者:
河本、有吉、若林、眞鍋、

テーマトークなんですが、深夜で
変なまとめようとする人がいなくて
有吉と河本がトークリーダーなので、
もうタレント名鑑の有吉レベルの
ヒリヒリ感でお宝を見つけた感じで
嬉しくなりました。

この3人の面白いと思うレベルやセンスが
凄く高くて、
痛みを感じる位の内容しか
面白いと感じない3人なんで、
私にはぴったりハマってしまいました。

まだ最近の番組なんで誰かに借りて
でも観ることをお勧めします。

照れカワももクロ学園 お笑いマニア兼ももクロファンの総括

標準

まず、前回の放送は、

曲に合わせて応援をするコーナー
ももクロに混ざってオークラ作の自己紹介

でした。

ここで重要なのは、前作は矢作と若林のみだったこと。

 

そして今回の続編。

佐久間班の定番のパターンでもある、外野からゲスト
を参戦させることから始まりました。

これは、マジ歌でもそうですが、佐久間さんの良いとこでもあり
悪いところでもあります。

今回バナナマンを呼んだその弊害として、川島さんや小木さんが
完全に死んでしまってもったいなかったです。

で前回は山ちゃんがももクロの唯一の理解者の立場だったのが、
今回はバナナマンが加わったことで、山ちゃんの存在もボケてしまい、
結局設楽氏が実質のMCとして君臨するはめになってしまいました。

 

逆に、ダウンタウンの下らなさの極致的番組「ガキの使いやあらへんで!」
は、極力ダウンタウンとココリコと山崎さんに任せていくスタンスです。
これはココリコと山崎さんはなにかやってくれるという信頼の元こういう
性格になっていると思います。

まあ設楽氏はS企画の常連なので結果を予測可能で、簡単に笑いを
足せる要員だと思います。
しかし、川島さんや小木さんだっているし、山ちゃんだっている。
設楽氏は安定してるんだけど、平均以上を期待できない。
私はもう正直飽きてきている。
しかし、川島さんや小木さんや山ちゃんは、経験値不足だけど
設楽氏以上に爆発するかも知れない。
特に川島さんや山里さんは密かにいろいろ勉強しているタイプだ。

お笑いファンからしたら、これからのバラエティ界、お笑い界のため
にも、ゴッドタンには挑戦する気持ちを忘れないで欲しいと感じた
今回。

だから、私は佐久間Pにはもう少し川島さんとおぎやはぎのことを信頼
して、絶対笑いを生み出してくれることを信じて任せてやって欲しいと
切に願っています。

 

 

内容は、前編はあまりみるところがありませんでした。

 

後編は、まず

1.サンタさんのれにちゃんのちょっといいとこの下り
を出演者全員の中から、設楽氏のリクエストする人が
アドリブで舞台裏のものを利用して笑わせる問題です。

2.次はZ伝説の冒頭の自己紹介部分をアドリブで各自埋めていく問題です。

 

ここでひとつ興味深い共通点をご説明しますと、まずPの佐久間さんはラジオ好きです。

で、ゴッドタンの作家のオークラさんはバナナマンのラジオの作家でもあり、
ももクロイベントで数々参画してます。

で山里さんのラジオの企画で、ももクロの歌に合わせて面白い替え自己紹介
を考えるコーナー、バナナマンのラジオの企画でヒムペキという
他人の曲にあわせて日村氏が替え歌を唄うコーナーがあるんですが、
そのラジオ企画の延長がそのままテレビ
のゴッドタンの企画内容に流用されているということです。

 

 

では切りこんでいきたいと思います。

まず

(1)のこれは笑える笑えない人で別れるのは、まず前山田氏の曲が好きかどうか
、クリスマスが好きか嫌いか、前山田氏のセンスが好きかどうかだと思います。

 

私は、全部あてはまりますwww

センスも嫌いだし、曲も嫌いだし、クリスマスも嫌いです。

でついでにお調子者な性格、ももクロを差し置いて自分を主張するような
性格も苦手です。

たぶんももクロとかかわっていなければ、私は死ぬまで避けていた
であろう人物です。

 

ですが、まあ我慢して観ました。

 

まず、
あそこまでやらないと自分で面白いと思えないれにちゃんの笑いのセンスには
脱帽しました。

 

であと矢作さんと若林さんですが、さまぁ~ず大竹さんや松本さんがたまに大喜利でやる
意味不明の言葉のネタで通していました。

 

これ私は思いつきでめちゃくちゃの言葉を言っているだけで、言葉そのもの
からはなんにも面白さを感じないんですが、そうではなく、この人は
なんでこういう言葉を発しているのかっていう人物自身の精神状態を
妄想してやると多少笑いにもっていきやすくなります。

 

で日村さんは、今回ほんとになにもありませんでしたね。。

いてもいなくても変わらなかった気がします。

ももクロの全員が普通の精神状態でやれるのに、芸人が
笑わせる武器としてコマネチ使ってなにが面白いのか。

ももクロの有安さんや百田さんなんか、バク転バンジージャンプ
でさらに落ちる時にコマネチしたりしてるんですよ。。

そういうのを知ってるから、さらに笑えなかったですね。

 

意外と検討したのが春日さんでした。

自分のネタを全て出し、若林さんもいろいろモノを使っては
みたものの終盤にはネタがなくなり、結局春日さんの
カスカスダンスを一緒に苦し紛れにやっていたのには
若林さんもいつもバカにしているが、いざとなったときは
こういう分かりやすいものが使えるということが身に染みて
わかったんじゃないかと思います。

ももクロの中では有安さんがしゃべくりで受けたダンス、
百田さんはコマネチからの回転して決めポーズ(これは
ももクロ団でも同じ感覚でやるときありますよね。
百田さんは笑わせるネタの後は最後華麗に決めるセンスをおもちのようです)

 

 

で、最後はZ伝説冒頭セリフ大喜利です。

ここでも矢作氏は意味不明言葉ネタでしたね。
このネタは乱用すると面白くないのに乱用してましたね。
若林氏も右に同じでしたね。

今までやったこと無かったんで使い方わからないんだろうなと思います。

 

でその本ネタよりももクロが途中から合いの手を入れ始めたのにはさすが
と思いました。あとそれを観て、コールしてきた私たちファンの行為が
正解だったことをももクロメンバーによって公共の電波でレスポンスされた
ことにさらに嬉しくなり、

「これからもずっとやってやるからな!」

って心の中で叫びました。

あと「高城つえー」関東芸人団体芸ネタはゴッドタン発信だと思っている
ひとがいますが、実は内村プロデュースという内村さまぁ~ずの前身番組
で、数人でのケンカが始まった時仲裁に入る上島さんか内村さんが、いつの
まにかケンカも仲直りし、気付いたらみんなに囲まれていて、みぐるみ
剥がされて裸になってしまうっていう団体芸が作られて、それが拳を振り上げ
て振り払う方向に発展して高城つえーネタに進化したといういきさつがあります。

今回の高城つえーネタの切れ味は完璧でしたね!
まあ考案者が多数いたんであたりまえですけど。

しゃべくりでも披露したんですが、ゴッドタン芸人が一人もいないwwので
だれものってくれずにへんな空気になってしまいました。
唯一有田さんが俺は好きだったけどねと言っていたのが印象的でした。

 

以上、まとめますと、

1.オークラ氏よ!使い回しでなくもっと新鮮なネタを練り上げろ。

2.佐久間Pよ!レギュラーメンバーをもっと信頼しろ!

3.今日の日村氏、矢作氏、若林氏が面白かったって感じている
ならば、笑いのセンスが腐ってきているので、れにちゃんの爪の垢
でも煎じて飲んでおけ!

4.川島さんの最後の捨て台詞

「まだこれからだからな!」

は佐久間Pへのレギュラー陣からの挑戦状だぞ!!!

「ゲストなんか外して川島とおぎやはぎに仕切らせろ!」

「ゴッドタンは川島さんとおぎやはぎのものだ。」
「命を懸けてでもゴッドタンに笑いを創りだしてやる!」

そういう気持ちを感じましたね。。