カテゴリー別アーカイブ: オジンオズボーン

篠宮の暴走が止まらない!2017年8月5日オジンオズボーン単独ライブ「MA MA MANZAI CO CO CONTE」

標準

オジンオズボーン 単独ライブ「MA MA MANZAI CO CO CONTE」
2017年8月5日(土)17:30開場 18:00開演

新宿角座

全席満席。

最近、濱口コントサークル企画編がメンテナンス企画に
なってしまったため来てなかったので久しぶりの来館となりました。

開演と共に篠宮がフェスのステージの演者の設定で、
様々な角度のからオリジナル楽曲を披露する。

高松が最前席で突込みを入れていく。

このときワンニャン菊地ヴォーカルの黒夢っぽい
ハゲがテーマのビジュアル系ロックバンドユニットで、
松竹の芸人さんが席からガヤをいれて笑いを誘っていく
禿夢のスキルが生きてるなって感慨深くなるw

楽曲は意外と普通なんだけど歌詞と歌い方の世界で笑わせていく
感じのネタでした。

吉本系の決まったフレーズとか決め台詞で笑わすものじゃなくて
ネタごと楽曲ごとに全く異なる歌詞であざとくなくて
松竹っぽいていうか、破壊系のものを感じました。

それを幕間に持ってきて漫才を披露していきます。

ただ、最後に漏らしてましたが、ずっとでずっぱり
なので、きつかったと嘆くことにw

漫才の芸風の変化については、高松さんが漏らしていましたが、
M-1の出場権利を失うとこんなことになるんだと。
M-1の方程式の2人のやり取りを増やさないと高得点が取れない
というセオリーから完全に逸脱して、篠宮氏が徹底して
気持ちよく演じることができる形式を最優先して
篠宮のソロ演技に高松がサポート役として管理監督
するという感じに変革していました。

時間と共に、高松さんのセリフがどんどん少なくなり、
篠宮さんが自分で笑ってしまうくらい、普通に社会で生きている
時には決して言えない、言っていたら警察に保護される、
精神病院に連行されるようなことばかり
言いまくり、それに自由に高松が突っ込んでいく。

内容についてはブラックな方向より、幼稚な方向
のボケが多かった気がします。

あと日常の身近な場面で気づくようなネタの種類
が多いですね。

聴いていてワード一つに反応して笑うんじゃなく、
ずっと聴いているうちに、なんてこのひと
くだらないことをずっとしゃべってるんだろうって
、舞台の篠宮さんをまじめに見て現実に戻った時に
おもわずこの人ヤバいわって感じでバカじゃねーの
って思いながら感動して笑っちゃうって
いうね。

最後に友情出演でバンビーノが出演しました。

声量と醸し出すオーラが吉本っぽくて、吉本の
凄さを改めて感じました。

私ルミネでしか観たことないんで、角座というキャパ100人程度の
小さいとこで体験すると、ルミネの何百倍も声の大きさと
演技の熱さに凄みを感じました。

藤田氏はミスチルの知り合いなのでオファーが
来ていたのを断ってこのお笑いの方を選んで
来たと言っていました。

終演後のトークでボソッと凄い一言が場内を
愕然とさせました。

それは、篠宮の
「すごくネタをまじめに考え抜く方なんですよ。。」
という一言でした。

ホリケンさんもきっちりネタ帳に考え抜いて記載
してから披露すると最近漏らしてお笑いファンを驚愕と
させたばかりだったんですが、

篠宮氏も同じだったということですね。

オジンオズボーンはまだ進化過程だということが
わかり将来が面白くなってきました。

広告

2017.08.05-06オジンオズボーン単独ライブ2017発売中です。

標準

オジンオズボーン単独ライブ2017「MA MA MANZAI CO CO CONTE」

2017/8/5(土) ~ 2017/8/6(日)
松竹芸能 新宿角座(東京都)

発売されております。

他の多くのグループがやりたくないとぼやきながらやっているなか、
オジオズは精力的に単独ライブをやっていて元気ですね!

今からでも若い番号が取れるのでよかったら
篠宮ワールドをテレビサイズではなく、劇場サイズの
フルで体感しに来てください。

ちなみに大阪と東京があるのでお間違いなく。

チケットぴあ

2016.07.30-31 オジンオズボーン単独ライブからみた現在のオジオズについて

標準

DVD用の素材の時に常用されている新宿シアターモリエール。

入り口左に壁に沿うように入場待機。

番号は客任せ。

入場前に再度点呼があると後ろの人と話した矢先、
そのまま入場していたのに驚きました。

これ松竹の公演に行く人は気を付けたほうが良いですね。
最初に並ぶときにきちんと自己確認しておきましょう。

こんな乱暴なのは初めてでした。

内容は導入の確信犯的ベタなコントから入って
漫才やって、ブリッジの時にあるワードきっかけで
それにひっかかるジャニーズとかの男性アイドル系
の曲を若手の数人と篠宮さんが歌い踊り、途中から
高松さんが出てきてハリセンで突っ込んで終了させ、
漫才、と繰り返していきました。

初日のライブの題名キャアキャアキャアだったんですが、
私は適当につけていて普通に初日も2日目も漫才を通して
やってくれるのかと思ってチケットを取ったんですが、
その意味はビートルズのアルバム名からとっていて
、だから歌い踊って盛り上げるって意味も盛り込んであった
と言っていてまいりました。。

そして最後に開場時に配られたアンケートの結果
をその歌い踊った若手と2人が当てる企画があり、
終演となりました。

翌日の2日目。

タイトルはワァワァワァ。

こちらは特別な企画とかは無く、漫才を
みせてくれました。

全体的には、最近テレビでやっているダジャレ系と、
オードリーの変形系の高松さんがあるテーマを掲げて
リードしてしゃべっている間にいろいろ篠宮さんが
ちょっかいかけて、くだらないことで時間が停滞
していく雰囲気に面白くなっていく漫才ですね。

あとは初日のアンケートで要望が多かったとのことで
一発ギャグ系も数回盛り込んでいました。

全体的に観終わってからの感想として、
テレビで観ているオジンオズボーン以下でも
以上でもなかった感じでしたね。

単独なので新しい要素が入った未来的なものも
観たかったんですが、いままでの総ざらい
のような内容でした。

でも私は松竹角座に行ったりしていて、
現場のオジンオズボーンを知っているため、
そう感じただけかもしれませんので、初めての人は
ネタだけじゃなくてそういう普段の2人も
楽しめるんじゃないかと思います。

しかし今考えると初日の唄い踊る演出は参りましたね。。
あれがあると知っていたら2日目だけで良かった。

でも次からはライブのタイトルから内容を読み取って
そういう内容の日を選ばないように注意したいと思いました。

あとはやっぱりせっかくなので、
ライブでしか感じることができない熱いもの
を感じさせてほしかった気がします。

普段と変わらなかったから残念でした。

たけしさんの単独に行ったとき、あんなに成し得た人
なのに、ライブとかテレビとかやんなくても
遊んで暮らせるような人なのにもかかわらず、
すごく必死に盛り上げようとしてテレビで観る
時より何倍も熱くなっていたのに、

それに比べてまだ安定も何もしていないオジンオズボーンが
そんなたけしさんより安定しているのってなんなんでしょうね。

なんか残念でしたね。

2016.07.30-31 15-16 オジンオズボーン単独ライブ決定ですね。

標準

2016.07.15-16 道頓堀角座
2016.07.30-31×2 新宿シアターモリエール

新宿シアターモリエールはDVD用の収録で最近常用されてますから
今回も多分そうだと思います。

新宿の角座だとさすがにもう収容不可能になってきた
ようで嬉しいことですね。

2回ぐらいエントリーチャンスを逃しているので
今回は絶対行きたいと思います。

THE MANZAI 2013 オジンオズボーンと東京ダイナマイトの一騎打ちでした。そして未来のお笑い勝ち抜き番組の展望について。

標準

芸風の説明


吉本系の、東京大阪間の新幹線に乗りながら、
なわとびを飛ぶ程度の低角度落ちを連発
して低周波治療器のように数で勝負する古典漫才。


落ちの角度は低いままで速度をおぎやはぎレベルにした風藤松原。


ネプチューン、ロバート系の、
面白さは別にした1人のギャグマシーン的メンバー
に合わせて内容を構築していく流れ星。


どこにもあてはまらない、お互いの独自の持ちギャグ
を薄い内容の導線上に並べてなんとか繋ぎ合わせたレイザーラモン。


十分に時間を使って高いところまで持ち上げて
高角度で数少ないが厳選された落ちをできるだけ
多く決めていた東京ダイナマイト。


飛行機に乗ったり、途中で降りてバスに乗り換えたり、
電車に乗り換えたり、ヒッチハイクしたり歩いたりと、
いろんな道具を乗り換えながら、
低角度から高角度のあらゆる角度のボケを
同じスピードで組み込んできたオジンオズボーン。

傾向

1は、この芸風で笑う遺伝子が組み込まれている
人意外は面白く感じない。

2は1のスピードの部分が苦手な人は面白く感じるだろう。

3はなにごとにも意味を求める人は苦手だろう。
そして、ギャグマシーン担当のギャグセンスに合わない人は
1人で自慢げに我が物顔で攻撃してくるので、逆に腹が立つだろう。

4はレイザーラモンは1人で100パーセントの芸なので、
2人だとぶつかってしまってゼロになってしまう。
各自、RGのネタはその空気の中にRG本人しかいないと
十分なパワーが出せず、HGについてもしかりなんである。

5は1から4の芸風に飽きた熟練者が構築した芸風。
1のようなどうしようもない落差の無い落ちは言いたくない、
松田さんはかつてギャグマシーンだったが、1人より
2人でつくる笑いのほうが濃いと感じたことから、ひとりよがりに
ならずにうまくはちみつさんとの会話に溶け込ませる方向
にシフトチェンジしてここまで作り上げてきた。
おぎやはぎのように、なるべくいつも自分たちが会話している状況
を保ち、自然に必要に応じて会話を返す。
そして客に対しても笑いたかったら笑ってくださいという
やさしい気持ちで演出している。
決して吉本系に多い、
絶対全員笑わしてやる、笑わない奴はレベルが低い
っていうような強欲な感じはもっていない。

6は5と違う部分は、基本関西圏の人たちだから、
作り上げたシステマチックな感じは否めない。
しかし、よゐこの松竹芸能だから、吉本の芸風
には飽きた、心底面白く感じるというような人は
おらず、吉本の芸風に近いながらも、自分の
センスを大事にした人たちが多いのが松竹だと思う。
で違いはというと、吉本はどこにでも落ちてる会話の内容で
物語重視で極力あまり脱線しないような低角度の落ちを入れてくる
んだが、

松竹の芸風は高角度な落ちと低角度な落ちを構わず
ぶっこんできて脱線させまくる。

破壊させていく。

そこが魅力なんですよね。
ちょうど関東と関西のいいとこ取りのような。
だが、そうすると、こういう勝ち抜け企画の場合、
どっちつかずなので大変不利な状況が続いていて、
あまり勝ち抜く場面にめぐり合えたことがないんですね。

だから今回も視聴者投票は勝ったんだが、
関西系、そしてしゃべくり漫才全盛だった漫才ブーム
芸人の審査員によって、見事にめちゃくちゃに
されてしまった。
ただ、大竹まことさんの選球眼には今回もセンスが
衰えてないなって感じましたね。
どうりでシティボーイズおもろいわけだ。

私の選出した優勝者は、、、

1.東京ダイナマイト
2.オジンオズボーン

でしたね。

オジオズはボケの落ちの角度は前回よりより
高角度の危ないものになってきてて
きいてて気持ちよかったんですが、
最後の2人ボケの部分ですよ。。
新しさを入れようという意気込みはすばらしい
んですが、基本形の完成度の高さとの
落差をどうしても感じてしまい、笑えなかった
んですよね。
で、最後、
「入り込めませんでした」
という落ちなんですが、
篠宮さんが入り込むところが客の笑うポイント
なのに、入り込めなかったってことは
客が笑えないっていうことですよね。

だから私は、新しい形を基本形のレベルまで到達できなかった
時点でおもいっきりあきらめて、
もっと落ちの語句を厳選させるか、リズムを変えたり、
高松さんにしゃべらすの逆でよりしゃべらせない方向
にしていったりした方が良かったんじゃないかって思いました。

いろいろ言いましたが、
はまぐちコントサークル毎月通っているんで、
これからもよろしくお願いします(^^)

最後に、漫才がうまい、評価が高い芸人と、
今一番面白いから毎日のように観ている
芸人は違うということについて書かせていただきます。

私はお笑いをやっている人は大好きですが、
音楽もそうだが、実際に観ているのかとなると、
変わってくるもので。

今、心のそこから笑いたいとき、

たけしさん好きだが今観る気はしない。
ナイナイも観る気はしない。
ダウンタウンも正直観る気がしない。
さまぁ~ずなんかもやさまも最近飽きたので
一本も観なくなりました。
昔は観てたんですがね。。

今誰を観るかとなると、

オジンオズボーン
ウエストランド
AKBの指原莉乃、島田晴香

あとは番組単位になってくるんですね。

ももクロChan地上波
ロンハー
AKB48の何もそこまで
HKTバラエティ48
指原の乱
などなど

そうすると、
テレビは芸人単位ではなく番組単位で観る。
舞台は番組単位でなく芸人単位で観る。

ということはテレビで純粋に芸人単位で順位を決めても
意味が無いんですよね。

テレビは芸人だけじゃなく全タレント、素人が
出演者であり芸人であるわけです。

だから、将来的により視聴率を稼げるお笑い勝ち抜き
番組を企画するには芸人でなくテレビの全出演者
を対象にした内容にすることだと思います。

芸人追い抜いて指原と有吉がいい勝負とかになったら
面白いですよねー。。

オマケ:

THE MANZAI 2013の面白かったシーンベスト3

1.オジオズ

高松

もーたのむわあーーーっ。。
おれは売れたいねん。。。

おまえだってもー泥水飲みたくないやろ???」

篠宮

いったっだっきま~~~~~~~~~~すっ!!!!!

なんでそっちにいくねん!

篠宮

にっがあ~~~~~~~~~~~~~~~~っ!

にがいやないねんっww

篠宮

がに~~~~~~~~~~~~~~~~~~っw

2.

東京ダイナマイト

松田さんがみのもんたのマネで電話相談中、CM明けで
アシスタントの尻をさわるふりをしたところw

3.

指原さんがオジオズで大爆笑していたこところw

2013.03.02キンタロー。の代打でオジンオズボーンのオールナイトニッポンRにw

標準

怒りまくっております篠宮さん。

他現場でも同じようなことが
あったようです。

しかし松竹芸能の後輩なんで
丸くおさめて下さいよおw

まあ引き出しが浅そうですからその時は逆に助けてやって下さいませ。

THE MANZAI 2012 優勝は オジンオズボーンでした\(^^)/ オジンオズボーンはオードリーの進化系。その他は古典系。古典の継承より既存の破壊と精神的なショックを求める私はオジンオズボーン一択です。

標準

オジンオズボーンの笑いは、
とんねるずの石橋貴明氏の言葉イジリ芸を起点
に、オードリーの形式を流用しつつ、
現在のテレビ業界最先端のザキヤマ氏やFUJIWARA藤本氏の言葉イジリ
芸の方程式を、さらに笑い発生までの時間の切り詰めと、
同時に発生させる笑いの量を増やすことに成功した、舞台なんかよりも、
現在のテレビ業界にもっとも必要とされている、どこで切っても
、どんな長さでも、どんな環境でも対応可能な
最先端の笑いの技術をもとに構成されている
笑いである。

MANZAIという笑いの型を壊さずにより忠実に
行うことができたのはハマカーンだが、
マイク一本で2人で音声のみでより多くの笑いを発生させる芸の優勝者としては

当サイトの審査の結果、もっとも面白かった、かつ、
将来性があり、お笑い界全体に活力を与えて
くれることが期待できる芸人は

\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/
\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/

オジンオズボーン(新しさ、笑いの量、ともに完全制覇!)

ウエストランド(新しさ)

ということで確定しました。

\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/
\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/

今後のさらなるご活躍を心よりお祈りしております!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

我々、品川区在住お笑いマニア一同、
モノノフ一同(大きな笑いの大会でももクロの文字を出したのは
ナイツに続き2組目ですよ。ほんと嬉しかったなあ)、
突撃!!リサーチャーズファンクラブ?一同、

はオジンオズボーンを応援しております!!!!!

祝!品川区突撃リサーチャーズ芸人、オジンオズボーンTHEMANZAI2012予選2位勝ち抜き!

標準

私が品川区大井町なのは以前から言っていますが、
ケーブルテレビ品川という地元のCATV局があり、
そこの唯一のお笑い系バラエティ番組が
突撃!リサーチャーズという番組で、
サンミュージックのケンキさんと、
よゐこの浜口さんがかわいがっていて
売れないのを危惧している松竹芸能
のオジンオズボーンが中心になって
がんばっている番組があるんです。

私はケンキさんの自虐ネタが大好きで
もっと売れてもいいのになあといつも
ストレスたまっているんですが、
それはオジンオズボーンも同様で、、
いつかより売れっ子になって欲しい
と思っていたんですが、
それは本人たちがより思っていた
ようで、昔は尖っていたのが、
最近はスタイルより笑いの量を重視した
いろいろ吹っ切れた芸風に変えて、
オジンオズボーンもすごく
努力を重ねていたようだったみたいで、
それが今回の結果に表れて出た
んだろうと思います。

高松さん、篠宮さん、
どうか売れっ子になっても
リサーチャーズは出続けて
下さいw
品川区を見捨てないで下さーーーーーい!

本選頑張ってください。

品川区は

ケンキさんと
オジンオズボーンと
飯尾和樹さんを
応援しております!!!!!