カテゴリー別アーカイブ: 2018.08.19インデペンデンスデイ初単独ライブ「バイク ザ バイク オブ ザ バイク」空間リバティ

2018.8.19 第一回インデペンデンスデイ単独ライブ状況説明

標準

インデペンデンスデイ初単独ライブ『バイク ザ バイク オブ ザ バイク』

しもきた空間リバティでした。

ここは気を付けないといけないのは
向かいの銀行の前に待機する時点で
整理番号順に並ぶということですね。
である程度自分より前の人を覚えておく。

で会場に行くときにエレベーター
を使うので、会場の入り口に
着いた時に自分で順番を守って
入場する。

席は松竹角座のような長椅子です。

私は舞台全体を把握したいので
1桁前半でしたが3列目に。

浅井企画の現場は初めてでしたが、
開演前に同世代の芸人さんが
前説ていうかインデのこととか、
おもしろおかしくトークしていて
楽しく過ごせました。

こんな現場は初めてで新鮮でした。

でずんの飯尾さんに頻繁に食事をおごってもらった
話しとか聞いていて、イメージ通りの
雰囲気なんだなって思いましたよ。
まあ立ち上げ当初からの欽グルス時代からの
コサキンリスナーなので、最近アンケートで
芸人さんの仲がいいなと思う事務所の
1位に浅井企画が入ったことをきいて、
現場でこれまでイメージのみだったのが、
確証に変わりました。

インデは初めて内さまライブで優勝した時に知ったわけですが、
その時は、2人の面白さは現場のみで発揮されて、
ライブではそれが半減されてしまう感じで、
まあ原因としては自信が無さそうだった
のが客に伝わって間があるやりとりが
不安に変わってしまっていたからだと思うんですが、

今回はそういうのは感じなくなっていて、
ネタはあまり変わってないんですが、
堂々としていて、不安でなく笑いに変わる
ようになっていたのに嬉しくなりました。

形としましては、
スピードワゴンのようなキャラいじり型で、
最近ではラバーガールのような。

三四郎の小宮さんもそうですが、小宮さんは
しゃべり方とかを軽くいじるだけですが、
小沢さんや大水さんのように、
そのキャラだけでストーリーを構築して
ネタを完成させてしまうような形です。

また、大水さんや小沢さんはナルシストで
いじられても、そんな自分のことをマジで
かっこいい奴だと疑わずにすすめるところに
笑いが生まれるタイプですが、
インデの場合は、久保田君がいじられるわけですが、
久保田君自身は小宮さんタイプで、
いらつきながらいじられるところに笑いが
生まれるタイプですね。

作りとしては漫才とVTRを交互にでした。

VTRはwindowsからHDMI出力で流していたようで、
デスクトップが見切れていたのに笑いました。
でも逆にそれを観たことで、シソンヌとか
他の有名な人の環境はそれなりに投資した
環境なんだなとしみじみしましたw

チケットの売れ行きが最初はかんばしくなかった
ことで、浅井企画の仲間の方々が後ろに列をなして
来訪していたのも、欽ちゃんの雰囲気がまんま
だなって。。

インデの2人には一言だけアドバイス。

下らないことを堂々と。

よろしくお願いします。

モグライダーが好きな人はおすすめです。2018.08.19インデペンデンスデイ初単独ライブ「バイク ザ バイク オブ ザ バイク」

標準

https://platform.twitter.com/widgets.js

浅井企画ていうよりマセキ芸能社ぽい、
永野さんのような人間性で笑わせる
漫才です。

内村さまぁ~ずのライブの時だけ跳ねると
いう癖が出なければ盛り上がると思うんですが、
それは当日までのお楽しみですかね。。

10分以上フルで観たことないので私も
不安でもあり楽しみでもあります。

ちなみに久保田さんはモノノフですw