カテゴリー別アーカイブ: アンタッチャブル柴田英嗣

アンタッチャブル柴田氏「漫才をやろうという話し合いは(ザキヤマさんと)ちょくちょくしている。」

標準

これ驚きましたね。

柴田さんの話は腐る程耳が痛くなるほど耳に入って
きていたんですが、山崎さんともう話し合いをしていたっていうね。

柴田さんの再始動の時は、
タイミングを伺いつつ、身体を張った仕事から
始めて行こうと事務所と話し合っていたと
言っていたんですよね。

まあでも一切これまでザキヤマさんからの話は
伝わってこなかったですし、
おぎやはぎさんとか芸人仲間からも話は
全くでなかったしね。

まあでもザキヤマさん側からのマイナスな
コメントっていうのは一切出てこなかったので、
仲が悪いとかはないなってことはわかっては
いたんですけどね。

人力舎という事務所の性質も
そういうことは無いっていうのを
判断させるきっかけでもありましたよね。

で、今回初めてお互いの状況を判断させる
コメントが出たっていう。

ちなみに松本さんがきっかけをM-1にしてみては
て言いましたが、私は反対ですね。

芸のブランクってのは目に見えない部分で
結構本人たちに影を落とすことになると思うし、
m-1優勝時はあまり単独活動しておらずに
漫才しか表現の方法が無かったんですが、

現在は当時とお互いの状況が全く異なり、
ソロ活動で当時の漫才と同じパワーを発揮できる
芸域に達し始めている(特にザキヤマさん)ので、
そうなると、漫才を見て単独の場合より
面白くないと感じる可能性が高く、
さらにM-1となると、そんな状況じゃ
お茶を濁すことが決定的なので、
こちらが思っているほど簡単じゃない
のではと思うんですよね。

だから、たまにやるベテランとか若手が一斉に
出演する有吉大統領とか、エンタとか
のネタ番組で、普通に続けていた体で
やりはじめるのが一番良いんじゃないかって気がしますね。

だってM-1優勝したって、M-1の優勝者という
ポジションをザキヤマさんなんかはもう軽く
超えちゃってるんだから、、
落ちたらつまんない古いって言われるし、
優勝しても特に得るものは無いしで、
M-1に出る意味は今のアンタッチャブルには
全く無いと思いますね。

私のおすすめは

有吉大統領他の同世代がMCをしているネタ番組、
あとは単独ライブ、
あとはバカ爆走とかで飛び入り出演、

を是非期待しています。

広告