カテゴリー別アーカイブ: ワンワンニャンニャン菊池

2015.05.16 はまぐちコントサークル企画編 はテーマに沿った写真でトーク企画

標準

私がはまぐちコントサークルに行くようになってからの
情報でお話ししますと、

・メンバーがコントを書いてそこから選出されたコントを
舞台にかける本編
(プログラム表記:無記入)

・禿夢 というワンワンニャンニャン菊地さんのボーカルありきの
黒夢もどきのオリジナルブジュアルバンドライブ企画
20140518禿夢
(プログラム表記:禿夢ライブ)

・メンバーがテーマに沿った写真を撮影してきて
面白いものを撮影したメンバーを選出して
そのメンバーがお互いの写真を見ながら
いじり倒す企画
(プログラム表記:企画編)

・各メンバーの特技を発表してそれの魅力をおもしろおかしく
プレゼンしてメンバーがいじり倒す企画
(プログラム表記:企画編)

・鈴木おさむさんの担当番組オーディション企画
(プログラム表記:企画編)

これらの内容をみてきたんですが、
今回はその中の写真企画でした。

でまあ当然と言っちゃ当然ですが、
コントサークルはコントをやるためのサークルなので、
コント本編はいつも満員御礼でチケットも完売します。

しかし、他の企画の時はまあ半分強の座席の埋まり具合です。

で他の企画の時のメンバーをみるとコントの練習を
終えた後のマラソンランナーが走り終えた時の
感じで出演しているので、
メインはコントの練習と発表で、
せっかくみんなが集まったのでその空き時間
を利用して企画をやるようなイメージなんだと思います。

で、一番最初は私もコントが観たいのが目的だったんですが、
だんだん通い詰めると台本通りに進行する
神経がピーンと張りつめたコントより、
全部アドリブで、リラックスしてやっている企画のほうが
なにが起こるかわからないから、コントより爆発する時が多々あって
たまらなくなってきたりするんですよね。

あとコントは満席なんで周りに気を使いまくりで疲れるんですが、
企画編は座席が空いているので周りに神経使わずに
リラックスして気楽に観劇できるのもありますしね。

今回跳ねたのはHIROさん一派の菊地さん
ワンワンニャンニャン菊地さん
がいじる安田大サーカスHIROさんでしたね。
HIROさんは性格もなにも悪いところだらけなのに
視力は2.0で良すぎるという話w

でも老眼で細かい文字が見えないっていうところもw
安田大サーカスHIRO

広告

2014.02.15 全く意味がわからないけど面白い!はまぐちコントサークル企画編 禿夢ライブ2

標準

禿夢

濱口=マネージャー
ヒカリゴケ片山=ギター
おねだり豊=ベース
ワンワンニャンニャン菊池=ボーカル
HIRO=ドラム

言っておきますがエアーです。

今回はHIROが新橋演舞場で役者の仕事が入った
ので濱口マネが急遽ドラムに。

入り口で入場時サイリウムをもらう。
CD500円とTシャツ1500円が物販で
売られていましたがSサイズ1枚売れた
と濱口マネがツカミネタにしていました。

前から3列目までははまコンメンバー用に
空いていて4列目から座れました。

開演すると後方からなすなかにしを筆頭に
コントチックに入ってきて前列に陣取りました。

新曲を中心にライブを展開。

曲中は拍手したり禿夢指導の振り付けを踊ったり、
ペンライトを振ったり。

MC時ははまコンメンバーが禿夢メンバー
をいじりたおします。

4人それぞれキャラクターと持ちネタがあって
それを毎回やり倒しますw

今回はムートン伊藤氏がヒップホッパーで登場。
ヒップホップも披露しました。

笑いの元としては濱口さんが疲れたと嘆いたり
菊池さんへのいひょうをつくつっこみ、
おねだり豊さんのベースアドリブネタ、
片山さんの彼女ネタ、とかが
お約束です。

最後に禿夢メンバーの手売り会に参加して
CDを購入して終わりでした。

約2時間の濃密なお笑いライブで大満足
でした。

2014.02.15のはまぐちコントサークルは2回目の禿夢ライブとのことです。

標準

前回は、会場でペンライトを会場で配って
それでワンワンニャンニャン菊池さんボーカル、
安田大サーカスHIROさんがドラム、
ヒカリゴケ片山さんがギター、
おねだり豊さんがベース、
マネージャーが濱口さんの
エアバンド禿夢が自作の曲
をBGMにエア演奏しながら
客が会場の前に集まって
はまコンメンバーがその後ろに回って
バンドを面白おかしくいじりながら
全員で盛り上がって楽しむイベントでした。

第二回もおよそ同じだと思いますが、
ペンライト持ってきてくださいと濱口
さんが言ってたし、
第一回を知っている人もいるので、前回より
ライブらしくなるんじゃないかと思います。