カテゴリー別アーカイブ: はまぐちコントサークル

元アイドリングからメンテナンス結成の経緯はヤラセだった。

標準

私新宿角座にいつものようにはまぐちコントサークル
をまったりと観ようとチケットを取っておいたんですが、
開演数日前に元アイドリングがゲスト出演
することを角座の公式サイトで知り、
ほんとは満員のコント編じゃなくてまったり観れる
企画編を楽しみにしていたんですけど、濱口さんの
意向なんだろうからいいかと思い直し、
楽しみにしていたんですが、
一度も角座に来たことないような、
今後も来ることはないと思われる客ばかりで
埋め尽くされた満員大盛況のまったりとはほどとおい
環境のなかでメンテナンス誕生の経緯
を見守ることになりました。

神原さんが開演前に舞台から客席に下りてきて、
森さんが現場を仕切っている姿を確認したので、
これは後日アイドリング関係の場所で流される規模の
おおがかりな演出があるんだろうな
的な空気が漂いつつ開演。

最初は酒井と河村さんでうめこという企画
のママによるスナックでのトークショー
という設定ではじまり、このまったり感いいな
って感じでほっとしながら楽しもうとしていました。

が途中から濱口さんがゲストで登場すると、
濱口さんが仕切りだしまして、
トーク内容も徐々に設定とは関係ない方向に
はみ出しはじめて、なにか濱口さん
とスタッフの枠でこの二人がはめられそうに
なっている的な空気を感じました。

そこでもう一度アイドルグループを結成
しようという流れに濱口さんがもっていきだしました。

河村酒井は仕事がなくて遊んでいたからOKとなります。
ここに不自然な感じはなかったです。。

次からおかしくなります。

濱口さんが河村酒井に誰を呼ぼうかと振ると、
アイドリングってたくさんメンバーいるのに
客に意見を求めて客席からいろんな名前が出ているのに、
確実に無理なさとれなとかは連絡するけど、
他はそんなバカなマンメンバーしか
名前を出さないし呼びもしなかったんですよね。。

メンテナンス1

まあ私はここでおかしい感じは感じてたんですけどね。

さとれながダメなら絶対neoのセンターの
るかぴょんとか必要だから呼ぶべきなのに
名前も出さなかったですからね。

ここで現場でるかぴょんて叫ぼうとしたんですが、
今考えるとメンバーはすでに決まっていたんだから
大恥をかくところでしたんで叫ばなくて良かったですよ。。
ほんと。

あと最初に名前が出た朝日なんか、現場の客席最後列
にいたんですが、舞台に出てくる時、下向いて
うつむき加減に出てきたんで、これもまあおかしい
ですよね。

だって地下じゃなくて神原さんのプロジェクトでしっかりと再結成
するんだからほんとにアドリブで
決まったとしたら絶対喜んで出てきますもんね。

あと後続のメンバーもそんなバカなマンメンバー
だけ電話に出てそれ以外はさとれなのように
他のプロジェクトが決まっていて絶対参加が無理
なメンバーは出ましたがそれ以外は出ません
でしたもんね。

今考えるとたぶん本人に電話かけてなかった
んじゃないかと思います。

という訳で、今回のメンテナンス結成の件については、
まんまと神原、森、濱口、
尾島、古橋、関谷、ミケーラ、河村、酒井、朝日に
だまされてしまった感じですが、

そんなことは重要じゃないんですよ。

仕掛けはヤラセでもなんでも使っていいですが、

ファンを置いてけぼりにして自分達だけで勝手に
ごり押しで作り上げたプロジェクトなんですから、

しっかりと面白いものを作り出し続けて
成功させて結果を出して下さいよ神原さん。

広告

2015.05.16 はまぐちコントサークル企画編 はテーマに沿った写真でトーク企画

標準

私がはまぐちコントサークルに行くようになってからの
情報でお話ししますと、

・メンバーがコントを書いてそこから選出されたコントを
舞台にかける本編
(プログラム表記:無記入)

・禿夢 というワンワンニャンニャン菊地さんのボーカルありきの
黒夢もどきのオリジナルブジュアルバンドライブ企画
20140518禿夢
(プログラム表記:禿夢ライブ)

・メンバーがテーマに沿った写真を撮影してきて
面白いものを撮影したメンバーを選出して
そのメンバーがお互いの写真を見ながら
いじり倒す企画
(プログラム表記:企画編)

・各メンバーの特技を発表してそれの魅力をおもしろおかしく
プレゼンしてメンバーがいじり倒す企画
(プログラム表記:企画編)

・鈴木おさむさんの担当番組オーディション企画
(プログラム表記:企画編)

これらの内容をみてきたんですが、
今回はその中の写真企画でした。

でまあ当然と言っちゃ当然ですが、
コントサークルはコントをやるためのサークルなので、
コント本編はいつも満員御礼でチケットも完売します。

しかし、他の企画の時はまあ半分強の座席の埋まり具合です。

で他の企画の時のメンバーをみるとコントの練習を
終えた後のマラソンランナーが走り終えた時の
感じで出演しているので、
メインはコントの練習と発表で、
せっかくみんなが集まったのでその空き時間
を利用して企画をやるようなイメージなんだと思います。

で、一番最初は私もコントが観たいのが目的だったんですが、
だんだん通い詰めると台本通りに進行する
神経がピーンと張りつめたコントより、
全部アドリブで、リラックスしてやっている企画のほうが
なにが起こるかわからないから、コントより爆発する時が多々あって
たまらなくなってきたりするんですよね。

あとコントは満席なんで周りに気を使いまくりで疲れるんですが、
企画編は座席が空いているので周りに神経使わずに
リラックスして気楽に観劇できるのもありますしね。

今回跳ねたのはHIROさん一派の菊地さん
ワンワンニャンニャン菊地さん
がいじる安田大サーカスHIROさんでしたね。
HIROさんは性格もなにも悪いところだらけなのに
視力は2.0で良すぎるという話w

でも老眼で細かい文字が見えないっていうところもw
安田大サーカスHIRO

2014.02.15 全く意味がわからないけど面白い!はまぐちコントサークル企画編 禿夢ライブ2

標準

禿夢

濱口=マネージャー
ヒカリゴケ片山=ギター
おねだり豊=ベース
ワンワンニャンニャン菊池=ボーカル
HIRO=ドラム

言っておきますがエアーです。

今回はHIROが新橋演舞場で役者の仕事が入った
ので濱口マネが急遽ドラムに。

入り口で入場時サイリウムをもらう。
CD500円とTシャツ1500円が物販で
売られていましたがSサイズ1枚売れた
と濱口マネがツカミネタにしていました。

前から3列目までははまコンメンバー用に
空いていて4列目から座れました。

開演すると後方からなすなかにしを筆頭に
コントチックに入ってきて前列に陣取りました。

新曲を中心にライブを展開。

曲中は拍手したり禿夢指導の振り付けを踊ったり、
ペンライトを振ったり。

MC時ははまコンメンバーが禿夢メンバー
をいじりたおします。

4人それぞれキャラクターと持ちネタがあって
それを毎回やり倒しますw

今回はムートン伊藤氏がヒップホッパーで登場。
ヒップホップも披露しました。

笑いの元としては濱口さんが疲れたと嘆いたり
菊池さんへのいひょうをつくつっこみ、
おねだり豊さんのベースアドリブネタ、
片山さんの彼女ネタ、とかが
お約束です。

最後に禿夢メンバーの手売り会に参加して
CDを購入して終わりでした。

約2時間の濃密なお笑いライブで大満足
でした。

2014.02.15のはまぐちコントサークルは2回目の禿夢ライブとのことです。

標準

前回は、会場でペンライトを会場で配って
それでワンワンニャンニャン菊池さんボーカル、
安田大サーカスHIROさんがドラム、
ヒカリゴケ片山さんがギター、
おねだり豊さんがベース、
マネージャーが濱口さんの
エアバンド禿夢が自作の曲
をBGMにエア演奏しながら
客が会場の前に集まって
はまコンメンバーがその後ろに回って
バンドを面白おかしくいじりながら
全員で盛り上がって楽しむイベントでした。

第二回もおよそ同じだと思いますが、
ペンライト持ってきてくださいと濱口
さんが言ってたし、
第一回を知っている人もいるので、前回より
ライブらしくなるんじゃないかと思います。

2014.02.09はまぐちコントサークルは鈴木おさむさんの新番組出演者オーディションでした。

標準

月に一回程度のペースで新宿角座で
開催している、よゐこの濱口さんと
カツオさんと鈴木おさむさんが主催
しているはまぐちコントサークル。

今回は
はまぐちコントサークルのメンバーを10人程度
参加させて

自己紹介1分
自由演技1分
自由演技1分
モノに切れてみよう30秒

という演目で、鈴木さんが
各パフォーマンスを吟味して
最終的に決定するという
ものでした。

松竹にいない場合は人力舎
でやり直すと言っていました
が冗談か本気かわかりませんでしたw

お笑いは好みなので詳しくは書きませんが、
全員、よくこんなこと気づくなあっていう
出し物ばかりで面白かった。
鈴木さんも松竹はおもしろいねって
感動していました。

番組名はまだ発表されなかったんですが、
決まったのはなすなかにしでした。

オジオズの篠宮さんにレギュラー決まると
収入が増えると言われて
「よっしゃ!うれた~~~!!」
って喜んでいましたw

でも、なすなかにしさんってことで、
まあ決まるとこに決まった感じでしたね。

重要なポジションだと言っていたのでなおさらですね。

ムートン伊藤さんにやらせてもムートンさんの
良さが殺されるし合わないと思いますね。

いつからやるかわからないですが、まあたぶん
4月からでしょう。
楽しみです。

THE MANZAI 2013 オジンオズボーンと東京ダイナマイトの一騎打ちでした。そして未来のお笑い勝ち抜き番組の展望について。

標準

芸風の説明


吉本系の、東京大阪間の新幹線に乗りながら、
なわとびを飛ぶ程度の低角度落ちを連発
して低周波治療器のように数で勝負する古典漫才。


落ちの角度は低いままで速度をおぎやはぎレベルにした風藤松原。


ネプチューン、ロバート系の、
面白さは別にした1人のギャグマシーン的メンバー
に合わせて内容を構築していく流れ星。


どこにもあてはまらない、お互いの独自の持ちギャグ
を薄い内容の導線上に並べてなんとか繋ぎ合わせたレイザーラモン。


十分に時間を使って高いところまで持ち上げて
高角度で数少ないが厳選された落ちをできるだけ
多く決めていた東京ダイナマイト。


飛行機に乗ったり、途中で降りてバスに乗り換えたり、
電車に乗り換えたり、ヒッチハイクしたり歩いたりと、
いろんな道具を乗り換えながら、
低角度から高角度のあらゆる角度のボケを
同じスピードで組み込んできたオジンオズボーン。

傾向

1は、この芸風で笑う遺伝子が組み込まれている
人意外は面白く感じない。

2は1のスピードの部分が苦手な人は面白く感じるだろう。

3はなにごとにも意味を求める人は苦手だろう。
そして、ギャグマシーン担当のギャグセンスに合わない人は
1人で自慢げに我が物顔で攻撃してくるので、逆に腹が立つだろう。

4はレイザーラモンは1人で100パーセントの芸なので、
2人だとぶつかってしまってゼロになってしまう。
各自、RGのネタはその空気の中にRG本人しかいないと
十分なパワーが出せず、HGについてもしかりなんである。

5は1から4の芸風に飽きた熟練者が構築した芸風。
1のようなどうしようもない落差の無い落ちは言いたくない、
松田さんはかつてギャグマシーンだったが、1人より
2人でつくる笑いのほうが濃いと感じたことから、ひとりよがりに
ならずにうまくはちみつさんとの会話に溶け込ませる方向
にシフトチェンジしてここまで作り上げてきた。
おぎやはぎのように、なるべくいつも自分たちが会話している状況
を保ち、自然に必要に応じて会話を返す。
そして客に対しても笑いたかったら笑ってくださいという
やさしい気持ちで演出している。
決して吉本系に多い、
絶対全員笑わしてやる、笑わない奴はレベルが低い
っていうような強欲な感じはもっていない。

6は5と違う部分は、基本関西圏の人たちだから、
作り上げたシステマチックな感じは否めない。
しかし、よゐこの松竹芸能だから、吉本の芸風
には飽きた、心底面白く感じるというような人は
おらず、吉本の芸風に近いながらも、自分の
センスを大事にした人たちが多いのが松竹だと思う。
で違いはというと、吉本はどこにでも落ちてる会話の内容で
物語重視で極力あまり脱線しないような低角度の落ちを入れてくる
んだが、

松竹の芸風は高角度な落ちと低角度な落ちを構わず
ぶっこんできて脱線させまくる。

破壊させていく。

そこが魅力なんですよね。
ちょうど関東と関西のいいとこ取りのような。
だが、そうすると、こういう勝ち抜け企画の場合、
どっちつかずなので大変不利な状況が続いていて、
あまり勝ち抜く場面にめぐり合えたことがないんですね。

だから今回も視聴者投票は勝ったんだが、
関西系、そしてしゃべくり漫才全盛だった漫才ブーム
芸人の審査員によって、見事にめちゃくちゃに
されてしまった。
ただ、大竹まことさんの選球眼には今回もセンスが
衰えてないなって感じましたね。
どうりでシティボーイズおもろいわけだ。

私の選出した優勝者は、、、

1.東京ダイナマイト
2.オジンオズボーン

でしたね。

オジオズはボケの落ちの角度は前回よりより
高角度の危ないものになってきてて
きいてて気持ちよかったんですが、
最後の2人ボケの部分ですよ。。
新しさを入れようという意気込みはすばらしい
んですが、基本形の完成度の高さとの
落差をどうしても感じてしまい、笑えなかった
んですよね。
で、最後、
「入り込めませんでした」
という落ちなんですが、
篠宮さんが入り込むところが客の笑うポイント
なのに、入り込めなかったってことは
客が笑えないっていうことですよね。

だから私は、新しい形を基本形のレベルまで到達できなかった
時点でおもいっきりあきらめて、
もっと落ちの語句を厳選させるか、リズムを変えたり、
高松さんにしゃべらすの逆でよりしゃべらせない方向
にしていったりした方が良かったんじゃないかって思いました。

いろいろ言いましたが、
はまぐちコントサークル毎月通っているんで、
これからもよろしくお願いします(^^)

最後に、漫才がうまい、評価が高い芸人と、
今一番面白いから毎日のように観ている
芸人は違うということについて書かせていただきます。

私はお笑いをやっている人は大好きですが、
音楽もそうだが、実際に観ているのかとなると、
変わってくるもので。

今、心のそこから笑いたいとき、

たけしさん好きだが今観る気はしない。
ナイナイも観る気はしない。
ダウンタウンも正直観る気がしない。
さまぁ~ずなんかもやさまも最近飽きたので
一本も観なくなりました。
昔は観てたんですがね。。

今誰を観るかとなると、

オジンオズボーン
ウエストランド
AKBの指原莉乃、島田晴香

あとは番組単位になってくるんですね。

ももクロChan地上波
ロンハー
AKB48の何もそこまで
HKTバラエティ48
指原の乱
などなど

そうすると、
テレビは芸人単位ではなく番組単位で観る。
舞台は番組単位でなく芸人単位で観る。

ということはテレビで純粋に芸人単位で順位を決めても
意味が無いんですよね。

テレビは芸人だけじゃなく全タレント、素人が
出演者であり芸人であるわけです。

だから、将来的により視聴率を稼げるお笑い勝ち抜き
番組を企画するには芸人でなくテレビの全出演者
を対象にした内容にすることだと思います。

芸人追い抜いて指原と有吉がいい勝負とかになったら
面白いですよねー。。

オマケ:

THE MANZAI 2013の面白かったシーンベスト3

1.オジオズ

高松

もーたのむわあーーーっ。。
おれは売れたいねん。。。

おまえだってもー泥水飲みたくないやろ???」

篠宮

いったっだっきま~~~~~~~~~~すっ!!!!!

なんでそっちにいくねん!

篠宮

にっがあ~~~~~~~~~~~~~~~~っ!

にがいやないねんっww

篠宮

がに~~~~~~~~~~~~~~~~~~っw

2.

東京ダイナマイト

松田さんがみのもんたのマネで電話相談中、CM明けで
アシスタントの尻をさわるふりをしたところw

3.

指原さんがオジオズで大爆笑していたこところw

2013.10.19 はまぐちコントサークル コント発表会+反省会、新宿角座に行ってきました。

標準

今まであまり口外していませんでしたが、
私が毎月行っているのがはまぐちコントサークル。

2013.10.19はまぐちコントサークル

よいこ濱口さんがMCで、多分、鈴木おさむ氏が天の声で
濱口さんと掛け合いで進行していく。

主なレギュラー出演者は、オジンオズボーン、
ピーマンズスタンダード、梅小鉢、
なすなかにし、ムートン、ワンワンニャンニャン菊池、
ヒカリゴケ(たまに)、うしろシティ(たまに)、
ほかといったメンバーです。
あ、忘れてました、安田大サーカスのヒロさんが
ご意見番で鎮座しております。

ひと月に一回開催で、2回くらい、企画編という企画発表
の会があり、コント本編の会、そして、今回から
いつもコントの会の後に飲み会でやっている反省会
というのを1時間休憩を入れて続けて行うことになりました。

企画発表の回は空いていて、キャパ100人程度のところに
70パーセント程度の入りで、チケットも取りやすいです。

コントの回は激混みで、ソールドアウトになります。

そこで、どちらのほうがおすすめかというと、
私は敢えて企画編をおすすめしたいです。

2013.07.20はまぐちコントサークル

アメトーークのなんとか芸人みたいに、各メンバーが
自分の得意なもののすばらしさをプレゼンする
んですが、これがコアでマニアックで実に深くて
面白いんです。

企画編はあまりうしろさんやヒカリさんみたいな
売れっ子は来ないので、有名な人無名な人
みんながスポットライトを浴びるのが良いところです。

コント編はメンバーが全メンバーの中から好きな
メンバーを使って各自ネタを作って、自分が
演出家になり練習して発表し、濱口さん他の
スタッフが選考して選び出すようです。

これが結構厳しいようで、ぜんぜん選ばれない人
もいるそうです。

今回はこのコント編で数十本を発表し、
このとき配られたネタのリストに客が
5本おもしろかったものにまるを付けて
順位を付けました。

そして、この順位は以前は打ち上げで発表していた
ようなんですが、今回はそれを舞台で
やることになったと濱口氏が言っていました。

今回初めて反省会に参加し、文字にすると
中身はほんとに順位を発表しただけだったんですが、
そのときにメンバー間でのいじりあいの応酬
がずっと90分続いていて、うまく内容をまとめて
説明できないんですが、ずっと笑って、嘆いて、
拍手して、感動して、もう素晴らしかったです。

素人が見えないところに落ちている面白くなる
たねを見つけて育てるのがほんとにすごいなと思います。

で最後にムートンの島田さんが引退して伊藤さんは
ムートン伊藤で続けていく発表を、親愛なる
濱口コントサークルの中で発表しなおすために
引退した島田さんが登場して、ひとネタくりだし
て濱口さんの提案でシャメの時間をつくって
、「伊藤がやめろーーーwwww」コールの中w
最後に拍手で送り出しました。

100人程度のキャパなので、全員で参加している
感じで、いつもながら、、
あったかくて面白い素晴らしい時間ですね。

コント編は2時間、反省会は90分でした。