カテゴリー別アーカイブ: 2018.01.21 LV ももいろクローバーZ 2018 OPENING ~新しい青空へ~

LV現場と演出と楽曲の構成や役割の詳解とオークラ氏の大活躍。 2018.01.21ももいろクローバーZ 2018 OPENING ~新しい青空へ~

標準

杏果が卒業することで急遽決めた公演。

 

チケットはFC経由で販売され、隣のイベントホールのLVチケットは
前日に3000円先着にて一般販売されました。

幕張メッセは地上から入れますが、イベントホールは
階段で降りたとこから入ります。

私が到着した10分前には満員でしたが、
以前の最悪だったももクリSSAの最後方の
身動きが取れないすし詰めスタンディングから
改善されて、
比較的前後に余裕があるスタンディングでした。

パイプ椅子の指定席よりはるかに過ごしやすかったですが、
ブロック分けされて仕切られているので、めざましライブ2017
の最後方の時のような
360度全方向解放状態のような解放感は皆無でした。

荷物は本当はクロークが良いですが
今回は時間が無くて1000円もかかるので
自分の足の間に置きました。

 

開演すると、

 

バックスクリーンの装飾は
初回のTIFの時の5人の画像が縦仕切りで
横に5分割されたバック画像でした。

初期のバック画像のイメージで多かったのは
ももクロマークが配置された画像でしたが、
ももクリ日本青年館

これはTIF2010の進化形ていうか、
プロがデザインに介入する前の
ももクリ2012の時もあった気がする、
川上さん好みのシンプルな初期のイメージだったので、

素直に

・Overture

から開演し、このZ伝説時代の5人の画像
をバックに
20180121ももクロ新しい青空2

Z伝説から入ったあたり、ハロプロやAKB等の
卒業公演でも定番の、自分の歴史を時系列に
振り返る演出なんだなと思いました。

ちなみに終演後に演出家から今回の演出を担当したのは
オークラさん、佐々木敦規さん他で、この人たちが
ももクロに関わり始めたのがZ伝説だという
ファンには有名なエピソードがあり、
そこから来ているんだと納得しました。

あとももクロのグッズデザインでもっとも人気があるのが
この5色をバランスよくわかりやすく配置した
ものなので、古くからのももクロのファン
らしいデザインだと感じて、つかみの数分で一気に
回想モードになりました。

で時間的に巻き戻して

・未来へススメ。

これも新規にバック画像をマスターから
切り貼りしてありました。

私的には未来よりミルキーウェイが聴きたかったです。

20180121ももクロ新しい青空3

ちなみに、楽曲が次々に披露されていくんですが、
私の現場はイベントホールです。

ここは昔から言っているように音響が最悪で、
現場は楽曲が始まって数秒、最悪は
数十秒程度楽曲名が識別できない
ので大変でした。

歌詞なんか判別不可能で当然ていうような感じ。

低音がブーンブーンカーセブン状態で、
杏果の卒コンじゃなければいいこと何もなかったですね。。
なんかスピーカーが隣と共鳴しちゃっている感じで
低音が異常に強調されてる感じで
まったくの楽曲初心者は大変だったろうと推察します。

バラード系はまあ普通に聴けたような気がします。

・仮想ディストピア
作詞:只野菜摘 / 作曲・編曲:AKIRASTAR
歌詞を聴きます。

・白い風
作詞・作曲:多田慎也 / 編曲:生田真心
季節と空間を楽しみます。

は冬のコンサートのMC入り前の
定番バラードです。

・行く春来る春 青春賦2015
作詞:久保田洋司 / 作曲:ツキダタダシ / 編曲:近藤研二
今の季節と未来への光を楽しみます。

・ツヨクツヨク
作詞:hiroko / 作曲:Tetsuya Yukumi
タオルを振り回します。

・words of the mind
作詞:motsu、作曲:t-kimura
これは杏果とコールが楽しめます。

・BLAST
作詞・作曲・編曲:invisible manners
振りコピを楽しみます。

・DECORATION
作詞・作曲・編曲:invisible manners
ヲタ芸的には中途半端ですかねw

・怪盗少女
作詞・作曲・編曲:ヒャダ山田健一
コールが楽しめます。置いてけぼり対策。誰でもわかります。

・灰とダイヤモンド
作詞:只野菜摘 / 作曲:前山田健一 / 編曲:近藤研二
ここまでのライブの時間を振り返ります。

・走れ
作詞:INFLAVA / 作曲:Koji Oba・michitomo / 編曲:michitomo
灰とダイヤモンドで付いてこれなくなった初心者向けに
置いてけぼり対策。

・モノクロデッサン
マニア向けに走れに続けて深く落ち着かせます。

・MC杏果と4人1人づつトーク

新しい青空へ
作詞・作曲:ヒャダ山田健一
これは現場の空気的にはいまいちでしたね。
理由はあの空へ向かってという化け物待ち状態
だったからだと思いますね。

でも楽曲的には良かったと思います。
やはり作詞作曲はいいと思いますヒャダ山田さんはw

定番のファストフード的な楽曲はたこ虹に回して
成長したももクロさんには前衛的な
ものを提供しないと今後通用しないと思いますから
頑張って欲しいと思います。

・杏果の締めのあいさつ

杏果退場でザキマツさんが会場の失笑とともに、
そんな空気をものともせず登場w

川上アキラが大人になり、大嫌いだった東京ドーム公演を
決めたことを発表。

ここで好き嫌いを克服したことをお祝いする意味を込めて
アキラコールを一人でぶちこんでおきましたw

ちなみにこの時のザキマツさんのトークは昔の
しおりんのように、
川上アキラの分身と化していましたねw
言わされてました。

自分で出てきてしゃべりゃいいのにw

最後に

あの空へ向かって

このときのバック画像は最初と真逆の
新しく撮影した現在の4人の画像でした。

20180121ももクロ新しい青空4

最新の画像で最古の楽曲を披露。

オークラさん、シンプルですが、わかりやすい、
ももクロチームらしい素晴らしい演出でした。

 

と思ったら、最後に大きな落とし穴が待ち構えていました。

 

帰りの激混みの京葉線で、ふと思った。

 

「え???
今回NARASAKI楽曲1曲も無かったよね??」

 

こんなことももクロのコンサートで初めてだったんじゃないかと思います。

 

NARASAKIさんが一番ショックなんじゃないかと思います。。

 

結構ショックで、結局帰った時にはプラスマイナスゼロで無心になっていました。

 

 

一般向けLVチケット入手状況について。2018.01.21ももいろクローバーZ 2018 OPENING ~新しい青空へ~

標準

2018.01.21ももいろクローバーZ 2018 OPENING ~新しい青空へ~

12時にライブビューイングのチケットが先着で発売開始されました。

12時に来客予定があったのですが、十数分ほど待機をお願いして
アクセスしました。

数回エラーが出ましたが、戻りながら再アクセスしていたら、
10分程度で購入手続きができました。

しかし、登録していたクレジットカードの期限が1月だったので
クレジットカード払い縛りなので新しいカードの登録をしていたら
数分遅れてしまいました。

まあでも最後方でしたので、たぶん早く購入しても
一般向けは良席は皆無でしょうから
大した違いは無かったかもしれませんねw

LVは比較的普通に買えるということで
ももクロの現状を把握する良い経験になりました。