カテゴリー別アーカイブ: 2016.3.9高城れに ソロコンサートさくさく夢楽咲喜共和国~笑う門にはノフ来る~

2016.12.14FNS歌謡祭第2夜ガールズアイドルコラボパートの総括[編集中]

標準

最初に

AKB48、SKE48、NMB48、私立恵比寿中学、ももいろクローバー、
乃木坂46、欅坂46、モーニング娘。’16、℃-ute

と、ステージの向こうに地下アイドルがいて、
ヲタの代わりにコールをやってましたね。

ふわふわはライジングですが、全く絡まなかったことで、
事務所の方針や、メンバー間の交流が全くないことを
想像させる感じで面白かったです。

まあ運営とファンの癒着が問題になっているから、
絡んでほしくないので、良かったと思います。
まあせいぜいアイドルと絡まずにヲタと絡んでてください。

コラボ部分のセットリストは

07「ロマンスの神様」広瀬香美NMB48
09「ゲレンデがとけるほど恋したい」広瀬香美ももいろクローバーZ
17「泡沫サタデーナイト!」モーニング娘。’16
19「ヘビーローテーション」FNS歌謡祭選抜
20「おいでシャンプー」乃木坂46キューティクル選抜
21「ザ☆ピ~ス!」モーニング娘。’16AKB48
22「ミライボウル」ももいろクローバーZ℃-ute
23「制服のマネキン」乃木坂46欅坂46
24「言い訳Maybe」AKB48ももいろクローバーZ
25「大きな愛でもてなして」℃-uteもてなされたい選抜
26「走れ!-Z ver.-」ももいろクローバーZ私立恵比寿中学FNSで走り隊
27「桜の花びらたち」FNS歌謡祭 IDOL ALL STAR

とまあこんな感じでしたね。

詳解

07「ロマンスの神様」広瀬香美NMB48

ロマンスの神様はさやねえの本気のハイトーンボーカルが
素晴らしかったです。

09「ゲレンデがとけるほど恋したい」広瀬香美ももいろクローバーZ

ゲレンデはももクリのリハーサルが万全な感じでしたw

17「泡沫サタデーナイト!」モーニング娘。’16

以前Mステでエンディング数秒間でさゆのアップ
3連発の時があったんですが、
今回の泡沫ではくどぅのアップが連発されて
大笑いしちゃいましたw
おもわずさゆ思い出して、くどぅがんばってんなーって。。

20「おいでシャンプー」乃木坂46キューティクル選抜

おいでシャンプーは乃木坂とキューティクル選抜ってことで
黒髪メンバーオンリーの出し物でした。
乃木坂はダンスが難しいけどこれは比較的簡単なので
コラボ対象になったんだと思います。

21「ザ☆ピ~ス!」モーニング娘。’16AKB48

今回の指原主導、指原無双の曲はHKTのコンサートで
一回覚えたザ・ピ~スをモーニング娘。とAKBのみで
やるというものでした。

インタールードの2人づつ前に出てくるパートがあるんですが、
そのとき一番最初に出てきたのが指原+佐藤優樹まーちゃん
組だったんで、これ見て即座に

「あ!あいつ、また、、また、、また、、、、、やりやがったなw」

って思いました。もうやられ過ぎて感覚がマヒしてますw

もし制作側が構成したとしたら指原譜久村っていう組み合わせに
すると思うんですよね。
指原佐藤にするマニアックな奴なんていないと。
こんなことするのは指原本人だけだとw

でもこの時、指原が一方的に急接近しているだけだと
いうのも感じまして、

指原氏から年長ってこともあると思いますが、
街頭で有名人を見つけた時のような、
絵画を眺めるような気持ち悪い笑顔を向けられ、

指原「あ、まーちゃんが目の前にいる。。」

佐藤「お仕事お仕事!」

って感じで、、

指原氏が緊張して腕を振る振り付けを止めて
まーちゃんを眺めることだけに集中してるのに対し、

特別に指原という意識をせずに腕を振って
いつも通りの振り付けで事務的に踊っている
まーちゃんが対象的で面白かったですw

最後のキメの時も同じでしたね。

いつも通りに事務的にやるまーちゃんと
微動だにせず眺めている指原氏って感じで。。

あとこのとき、制作側は楽曲と出演者とカメラ割だけ
管理して、他の配役や演出は指原に任せたんだろうなって
思いました。

エンディングでみんなが中央に集まる振りがあるんですが、
そのとき可哀想になる場面がありまして。

指原、柏木というハロヲタが中央でメンバー気取りで
気持ちよくなってるのに、同じハロヲタの峯岸みなみ
が脇でその他大勢にさせられていたことでした。

これは可哀想でしたね。。

22「ミライボウル」ももいろクローバーZ℃-ute

これは意外な組み合わせでした。
ももクロさんと℃-uteですからね。
岡井ちゃんが私的にAKBよりももクロ派宣言してますが、
実際の接点なんてゴッドタンの照れカワくらいしか
ないですからねw

まあでもそれほどAKBGは素人の感覚の何十倍も
アイドル業界では巨大だというイメージがある
ことの裏返しでもあると思います。

嫌いというわけじゃなくてね。

でも流れとしてコラボはタイトル曲のコラボ側アーチスト
のリクエストなので、℃-uteのリクエストだったんだと思います。

岡井ちゃんのダンスがキレキレだったんで、たぶん
岡井ちゃんのリクエストだったぽいですね。

ちなみに、ザ・ピ~スも指原リクエストなのを確信したのは、
指原氏だけダンスがキレキレだったっていうことがありまして。

キレキレな人のリクエストだと思って間違いないと思います。

ただ私はミライボウルよりchai-maxのほうが℃-ute
の魅力が全開になった気がして残念でしたね。

ももクロと℃-uteのダンスでバコーンからのChai-maxなんか最強だとw

23「制服のマネキン」乃木坂46欅坂46

この生駒センター時代の楽曲は全46グループで披露したんですが、

このとき感動したのは、46グループはゼロから生駒ちゃんで
引っ張って行って、飽きてきて生駒ちゃんは何も
悪いことやってないのに干し続ける期間があって、

ようやく一周して
最近生駒ちゃんの重要さを再認識していることが
わかったことですね。

まあ今回観ていても生駒ちゃんは決してダンスは
かくかくしていてうまい方ではないですが、そこから逆に
乃木坂が大好きだから一生懸命付いていこうと
頑張っているのを感じて、感動してしまう
ところがあるんですよね。

でんぱ組と同じく単なるマンガアニメおたくな女の子が
社会に出て生活するために唯一のとりえであるアイドル活動
を生活の為にがんばっている。。

芸術は技術と感動が比例するわけじゃない。
そういうことを生駒ちゃんを通して感じて
いただければファンとしても嬉しいところであります。

24「言い訳Maybe」AKB48ももいろクローバーZ

これは今回制作側が下積み時代にやった曲だと
紹介していましたがこれがソースですね。

2010年9月12日 ももクロ BUDOKANバスツアー で恋☆カナ 言い訳Maybe MC(ももイレージ) 夢見るフィフティーン(ももイレージ)

ももクロが国立ではなく武道館を目標にしていたとき、
BUDO狩りバスツアーという企画でバスツアー企画を
やったときにカラオケで披露したのが初お披露目でした。

また他人の曲はやっても表に出せない性格があるので、
ももクロメンバーで行くカラオケで頻繁にうたう
だけになってました。

ももクロは川上さんがほとんどワンマンでゼロから
構築していったのに対し、AKBは組織がしっかりしていたので
著作権のサポートも万全だったのでイベントで
ハロプロやももクロの楽曲を披露していました。

ももクロの初期からのファンでこの曲をももクロが
うたったとき泣かない人はもぐりだと思います。

私は笑いながら泣かないように注意して今回も観ていたけど
意識とは無関係に涙がこぼれてしまいました。。

BUDO狩りの時から今日までのももクロと過ごした時間の経過
が走馬灯のように駆け巡り、ももクロさんがんばったなあ
って感じで涙を流してしまいました。。

ソロコンではたまにやるのですが、これをきっかけに
いままでより多くAKBGの曲をやるようになるんじゃないかって
気がしました。

すでに高城さんがメロンジュースをソロコンでやりましたしね。

25「大きな愛でもてなして」℃-uteもてなされたい選抜

これは℃-uteとまさかの指原AKBでしたね。

で前述のように提案はAKB側でしょうね。

でこれも指原氏のダンスの切れが
凄かったんで指原氏主導だったんじゃ?

と思ってたら隣の山本彩さんのほうが切れてた
んでまさかと思ったら、さや姉が6月に℃-uteの
ライブで歓喜していたようでw

これは指原氏じゃなくさや姉発信でした。

訂正してお詫び申し上げます。

26「走れ!-Z ver.-」ももいろクローバーZ私立恵比寿中学FNSで走り隊

走れのももクロエビ中は特にガールズファクトリー
とかきくちさん系の現場とか藤井とかで
たまにやるので普通でしたね。

ちなみにこのときやったあーりんの一連のガツガツキャラはネタなんですが
宮脇さんがあれ演技なんだかマジで引いてるんだかわからなくてひやひやしました。

リハーサルでやってるんだろうからわかってるんだろうけど、
さくらたんの演技がうますぎて。ほんとうにあーりんが嫌な奴に
見えていて可哀想だったw

27

桜の花びらたちはまあAKBGの劇場公演に
詳しい制作スタッフが
ぱるるとこじはるさんに向けた楽曲ですね。

劇場公演知らないとこれを最後に選べませんからね。

とまあ、楽曲別の詳解はこんな感じで、

次に

制作側が全体的な構成を決める時に

キーポイントになったと思う点。

モーニング娘。

まずここ数年のモーニング娘。の楽曲はフォーメーション化していて、
さらに、全体として考えても、人数も決まっていて、全員個別の振りを
割り当てられているのでおいそれと覚えるのは不可能だと思うんですよね。

ちなみにフォーメーションダンスの振り入れは全員一緒に先生とメンバーと
リアルタイムで修正実行しながら一斉に入れていくので、
こういう企画では不可能なんですよね。

昔のかくし芸のように時間をあるていど取って覚えていかないとね。

だから結局企画でコラボしたりコピーしたりする場合は
昔の簡単な楽曲に限定されちゃうんですよね。

ももいろクローバーZ

ももクロさんの場合はフォーメーションじゃないですが、
AKBのメンバーも漏らしているように、
全体的にアクロバチックで難易度が高いんですよね。

ももクロの振りは意識して陳腐なサイドステップや
ボックス等のつなぎの振りを特異性のあるものに
入れ替えているので、組み合わせも同じものがあまり出てこないしね。

だから全員スニーカーでないとマスターするのは不可能ですしね。

あんなハロやAKBみたいなヒールのついた奴なんかはいてたら
速攻病院送りになっちゃうようなダンスですからね。

だからももクロさんもコラボで使えるのは
簡単なものだけになってしまいますよね。

あといつもFNS歌謡祭のたびに最後に叫んでいますが今回も
やらせていただきます。

ももち先輩!

1回でいいからどうか出演してくれ!
お願いします!

広告

2016.09.19佐々木彩夏ソロコンが終演し、4回のももクロソロコンから傾向と対策を考える。

標準

2016年9月19日
佐々木彩夏 AYAKA-NATION 2016 in 横浜アリーナ

01. HONEY(浜崎あゆみ)
02. Greatful Days(浜崎あゆみ)
03. 夏色のナンシー(早見優)
04. 秘密の花園(松田聖子)
05. サボテンとリボン
06. イマジネーション
07. 青春賦
08. ever since(SAYAKA)
09. A Song for XX(浜崎あゆみ)
10. Together When…(浜崎あゆみ)
11. バンビーナ(布袋寅泰)
12. Separate Ways(Journey)
13. OH YEAH!(プリンセスプリンセス)
14. ROCK U feat. 安室奈美恵(ravex)
15. Bi-Li-Li Emotion(Superfly)
16. タマシイレボリューション(Superfly)
17. キューティーハニー(前川陽子)
18. Butterfly(木村カエラ)
19. WONDER Volt(木村カエラ)
20. YUME日和(島谷ひとみ)
21. Link Link
ENCORE
22. あーりんは反抗期
23. スウィート・エイティーン・ブギ
24. あーりんはあーりん
25. だってあーりんなんだもーん

高城さんのソロコンの時、今年はメンバーがソロコン
をやることを発表していたので、普段ももクロのライブに
当選しない人は当選確率が上がると感じて喜んだんですが、
実際にここまで5人のソロコンを受け止めてみた印象としては、

ももクロの楽曲はキングの宮本さんと川上さん、そして
ももクロのアイドルらしくないアイドルという思想がシンクロして、
既存のアイドルの作品として想像する
レベルから逸脱し、歴史に名を刻み込むべく努力している
楽曲ばかりなんですが、

ソロコンの場合は、真逆で、
その反動っていうのもあるのかも知れませんが、
かろうじてクリエイティヴ志向の有安さんが
オリジナリティを発揮していた程度で、あとの4人は
外部のスタッフをスルーして自分のセンスのみで
勝負した場合は、あまり知識や経験がないからか、
ベタな万人に受け入れられる歌謡曲ばかりで
退屈なセトリになってしまうことがわかりましたね。

でもこれを機に例えば私が以前から期待している
指原氏のソロコンのセトリを考えた場合、、

過剰な期待は禁物で、
AKB祭りとかで数十分披露する場合はハロプロ系や
その他でインパクトを残せると思うんですが、
2時間通して披露するとなった場合は、
まあ今回のあーりんの最後の前山田3連発
からわかりますが、
そういうのはたった数曲で、
その他の90分程度はベタな楽曲になる
可能性が大なので、初回に行ってまあ傾向を
よく理解して、2回目から行くかどうかを
考えるようにしたほうがいいんじゃないかと
思いました。

今年ディナーショーをやるとか言っていますが、
それで大体の傾向が分かると思うので、
そこでAKBGやハロプロ楽曲を多くやった
場合は喜んで次回から行きたいと思いますが、
そうではなく、ももクロと同じで
ベタな最大公約数楽曲ばかりやった場合は
行くのを止めようと思います。

私にとってのももクロは宮本さんがカギを握っている
ということがよくわかった今回のソロコン4連発でした。

スタダAKBGハロ兼任ドルヲタが2016.03.09第3回高城れにソロコンサートの刺さったとこをさくっと解説。

標準

購入まで

私は乗り物酔いが激しいのと、万年の金欠病なので、
安定の地元横浜バルク13でLVでした。

ももクロは最近大会場ばかりなのと、2015年あたりから
関東でほとんどコンサートをやらないので、FCは脱退してます。

今回も一般販売プレエントリーで抽選購入しました。

ただ座席が最悪の前から4列目の最端で首が痛くなりました。

抽選がどういう仕組みになってるのかわかりませんが、
スタダの一般とFC経由でのLV購入の状況を比較してみると、
一般は悪い席が多いですね。

横浜ブルクやLVについて

まあでも最後列と最端でも良いところがありまして、
後ろを気にせずに振りコピしたりサイリウム煽ったり
出来るっていうとこですね。
悪いところは、
最後まで現場との融合度は最悪でずっと自分は
映画館にいるという現実から逃避できないまま
鑑賞するはめになります。

逆に中央の良いところは現場に没入出来るっていうところですね。
最近は画質も良くて音響も良いので、70パーセント程度現場に
いるような錯覚を起こしそうになります。

悪いところは周りを気にしてあまり派手に盛り上がれないことですね。

横浜ブルク13について。

2回目だったんですが、横浜にあるとばかり
思っていたので横浜で下りたら、観たことない風景
だったので、GPSで確認したらまさかの桜木町
でしたので桜木町で下りると北口から1分程度で
到着します。

エレベーターは10台くらいありますが、
急いでいたのでエスカレーターで6階へ。

エスカレーター出口から右に行くと入り口があります。意外とわかりにくいんで注意です。
ちなみに帰りは遅くなるとエスカレーターは動いてないのでそこも注意です。

劇場は7階なのでフロントからさらに上がって到着。

座席は広さも高さも十分で、背の高い人が前にいても大丈夫です。
ただし、前が狭いので、人が通るときは立ち上がって
通らせた方がいいと思います。

今回は高城れにのソロコンサート。

Overtureがベルとストリングスバージョンで静かなままいきなり高城セットリスト
の曲に入ったので立ち上がるタイミングを見失い、
結局最後まで座って鑑賞でした。

スタダのコンサートで座って最初から最後まで鑑賞したのは
初めてでした。

全体の流れは、高城れにと一緒にカラオケに行って
2時間付き合わされているような感じでした。

それもそのはず、セットは自宅にいる雰囲気を再現した
かったということで、構造は違いますが、まあ
フジテレビ27時間テレビの中居君とさんまさんの
コーナーの部屋を広くした感じでした。

セトリは歌謡曲とアニメ系が80パーセント。

アイドルものが3曲でした。

アイドル物は芽瑠推しを証明した形になった
HKT48のメロンジュース。
BUDOKANバスツアー以来の久住小春の恋☆カナ。
そして高城れに作詞+しほり作曲編曲のBuonoみたいなソロ曲の
3曲でした。

あまり楽曲は好きじゃないものが多かったんですが、
れにちゃんが唄っているからサポートする感じで
盛り上がるも下がるもなくノーマルな感覚で時間を過ごしました。

セトリはなにも刺さりませんでしたが結局そんなことはどーでも良いことでした。

一応れにちゃんはSNS等をみてファンが観たいと言っているものをピックアップしたと言ってましたが、

MCのトーク数分が全楽曲を軽く超越するほど素晴らしかったからです。

前回の4部制のソロコンの内容を私はセトリで批判しました。

しかし、高城れにのソロコンの核の部分はトーク部分だったんです。

セトリを表にするとトークはMCという2文字になってしまうので、
この2文字が軽く全楽曲を超えてくる内容だったなんて
行ったことない人には分かるわけありませんよね。。

ましてやソロコンの映像は表に出てないですしね。

でも横浜アリーナでやった第一回のソロコンの時は
ここまでトーク内容は刺さるものは無かったんで、
第二回から三回(今回)の伸びしろがものすごかった
ということでしょう。

ボイストレーニングを繰り返し、
苦労してアルバムを2枚作って、

関東から抜け出し、
演出や企画提案にも参加し、

アリーナ定期コンサートの開催日も倍に増やして、
ホールツアーをやって全国行脚して、
地方を回って様々な人に出会って苦労したことが今回のような
トークが出来るほどの経験の厚みや肥やしになったんじゃないかと
思います。

ダンスとパフォーマンスが売りだったんですが、
トークも売りになって来そうな気がします。

このまま成長すると、全ももクロファンが案じていた、
年齢によるリスクというものを超えて、それをプラスに変えて
成長していけるんじゃないかと、今回思いました。

ももクロチームも、ファンも成長している、
あばれるだけが感動じゃない、
静かに受け止めるのも感動だ、
そんなことをふと感じさせてくれた今回の
ソロコンサートでした。

2016.3.9 高城れにソロコンのLVは当選祭りでした。

標準

高城れに ソロコンサート
さくさく夢楽咲喜共和国 ~笑う門にはノフ来る~
(読み:さくさくむらさききょうわこく わらうかどにはのふきたる)
出演:高城れに

2016年3月9日(水)
会場:愛知県・日本特殊陶業市民会館フォレストホール
open 18:00 / start 19:00

私は横浜バルトがこの前気持ちよかったので
当選確率と良席率を考えて都内よりこちらを
優先させました。

最後部の端でも見やすかったのでそれも安心感が
ありました。

予想としては、ハロプロ系は少なくすると読んでいます。
フォーク村系を基本線に、
この前より大きな場所なのでロック系を入れてきそうな気がします。
ロックのラジオ番組もやってましたしね。

あとは客と絡む演出がありそうですね。

第一回のソロの時、横浜アリーナで、絶対やりたかった
てことで、数回失敗してももう一度と食い下がって
客と出演者全員での合唱を成功させたことがありましたからね。

皆さんはどんな予想してますか。

追記:

座席は最悪の前から四列目の端でした。。
バルトじゃないほうが良かったかな。。