カテゴリー別アーカイブ: 未確認少女隊UFI

関東テレビ各キー局のアイドルとeスポーツ、への取り組みの歴史と傾向と対策を指原氏の動向から読み解き、時代によるアイドルの質の違いについても考えてみる。

標準

加地さんは、たまにロンハーやアメトーークに出ていたので、
指原氏をしつこくオファーかけて
いる気がしますが、最近分かったことで、指原氏は
時間もわからなくなるくらい激務だったので、

卒業後時間的に余裕ができた指原氏が、
加地さんと神原さんのどちらをとるのかw

あと日テレにも毛利さん、
TBSには大木さんと藤井さん、
フジには神原さんと中嶋、
テレ朝には加地さん、
テレ東には佐久間さん。

卒業後、指原氏はゴールデンタイムと深夜を
どうバランスをとっていくのか。

少し伝えたんですが、
おぎやはぎさんを参考にしたらどうかと。

話を戻します。

各局別に考えてみます。

NHKはAKBグループやハロプロとずぼずぼ。

日テレはAKBGですね。
2010年ごろアイドルちんというスポット的な
番組ではももクロも絡んでいましたがブレイクとともに
MCの有吉さんともども出演時間を割けなくなり離れ離れに。
まあギャラが相当安かったんでしょうねw

TBSもAKBG。ピンポイントでハロプロ。
昔はジャニーズの登竜門的な番組が深夜に
多数輩出されたんですが、今はゴローさんと
V6、たまにKAT-TUN。

フジはまあフジのスタッフがAKSに流れているので
当然AKBG、CSでももクロ、あとは総合イベント
としてTIFですね。
日置祐貴さんが絡むとでんぱ組が推されますw
しかし、鉄板で面白いものができあがります。

テレ朝はももクロって言っても、ももクロChanの配信
がテレ朝動画で始まってCSで別冊、結構後に地上波
が始まりました。
あとでんぱ組もセットで推してます。
ちなみに両方とも佐々木敦規のチームですので、
ほぼ任せている感じです。

テレ東は雑食性でいろいろあまりコストがかからない
ところでやってます。
メインはジャニーズのような気がします。
しかし、ゴッドタンチームは別で、
サブカル系の制作会社のシオプロと
感性が鋭いオークラさんの主導で、
早くからももクロやエビ中をピンポイントで
ブッキングに成功していました。
ももクロに至っては、UFIというプロジェクトで、
早見あかりを連れてきて、東京03、バカリズム、おぎやはぎ、
劇団ひとり、ももクロ、オークラ、シオプロ
っていう、壮大な盛り上がりをみせました。
他にもBiSや伊藤麻希を主役に抜擢したり、
事務所的な企画演出に縛りがある、まあ、秋元康
に許可を得るみたいなですねwAKBGではないのを
武器に、好きに演出をして、こんな内容が見れるのは
ゴッドタンだけ!
オークラさんとシオプロの作品が見れるのは少年ジャンプ
だけっていう感じで、現在も行われています。

ちなみに少し前、監督の佐久間さんにtwitterで
伺ったら、出演してほしいんだけど、スケジュールを
割いていただけないと言っていましたので、
佐久間さんのチームはスタダの人たちを
気に入っているんだけど、すべては
スターダストの匙加減みたいなようです。
まあAKBについては、興味がないから
どんなにスケジュールがあいてても
出演はNGっていう感じですかねw
ただし、AKBの縛りが解かれて
自暴自棄になっているバラエティ志向の
メンバーには寛容です。
西野さんとか、野呂ちゃんとかねw
創造力がありすぎて、
AKBの秋元康しばりっていうのが
鬱陶しいだけかもしれませんねw

っていう感じでしょうか。

こうやってみてくると、バラエティとアイドルは
シンクロしているということがわかってきます。

ということは両方に対応可能なアイドルは
いつの時代も重宝されるということが
わかります。

また両方に対応可能なスタッフも同様に
重宝されるということですね。

ただ「両方に対応可能なアイドルは
いつの時代も重宝される」

「いつの時代」の中身は大きく異なります。

ここでハロプロムーヴメント以前と以降、
と言いたいけど、まだこれでは甘すぎるので、
いろいろ問題はあるが、
AKBムーヴメント以前と以降と区切って、
恋愛可と恋愛不可の時代で大きく時代の転換点
ができていることも付け加えないといけないと思いますね。

過去と今のアイドルはハロプロムーヴメントで1つ、
AKBGムーヴメントで1つ、
さらにスターダストムーヴメントでさらに1つ
大きな区切りが入っている気がします。

ハロプロは恋愛についてあいまいだった。

AKBGははっきり書簡に記した。守るか守らないかは自己責任。

スターダスト芸能3部はさらに実行で示した。

よって大きく区切るとハロプロムーヴメント以前と以降だが、
以降の時代も大きく分かれているということ。

そして、

スキャンダル上等のハロプロムーヴメント以前のアイドルと
以後のアイドルの差はどこに現れてくるのか。

アイドルは男性も女性もスキャンダルの量と
採用可能な番組の規模や視聴率は反比例する。

視聴率を期待できる番組ほど、
スキャンダルが多い人は
採用される確率は減っていく。

それは今も昔も変わらない気がするので、
スキャンダルに気を付けたらそれだけの
見返りは必ずあるということ。

だから、ハロプロムーヴメント以降の
アイドルは以前のアイドルより活躍できる
場所はとてつもなく広いということもわかる。

だから今のアイドルが活躍してしまった場合、
以前のスキャンダルが汚かったアイドルたちは
置き換えられてしまうということ。

こういう流れまで読み取れずに安易に
数年の我慢にも耐えられず、
性欲の為に恋愛に走った人たちは
死んでもその記録は残り続けるので、
後世にまでマイナス要素は受け継がれてしまう
ことでしょう。

きちんとまじめにアイドルの人生を
全うすればきちんとそれの見返りは
あるということです。

ただし、大きな仕事をできる権利があるだけで、
できるかどうかは実力次第だということろ
理解しておく必要があります。

頑張るひとはみんな応援しています。

2016.02.17 こぶしファクトリー チョット愚直に!猪突猛進 健一最近良くなってきましたね。(と思ったら健一やりやがった。。

標準

一時作品の構造をひねり倒して自分を見失っていた
ヒャダインこと
前山田健一こと健一。

才能がある作詞の仕事は灰とダイアモンドを始め、
普通に仕事があったんですが、曲は以前の怪盗から
猛烈のようなチャカポコ路線の時代遅れのまま
成長が感じられなかった健一。

だからさすがに最前線では編曲の仕事はまだ
任されない感じですけど、作詞と作曲は
徐々に信頼を得られるようになってきたようですね。

このこぶしファクトリーの曲

はまさかと思ったら
健一で、音響処理が抜群だったんで、まさかこんな
落ち着いた仕事を出来るように技術が向上したかと
思ったら、

チョット愚直に!猪突猛進

そこはさすがに健一じゃなくて
ハロプロ御用達の鈴木俊介師匠でございましたwww

これ多分編曲も健一がやったんだろうけど、
猛烈やUFIの頃の子供みたいな音響処理しか
出来てないから採用は見送られたんじゃないかと思います。。

健一、もし編曲も今後やっていきたいと思っているなら、
そろそろ大人になってさ、
音響処理について勉強し直した方がいいと思うよ。

でもこの曲は久々に良かったです!
がんばれ健一!

追記:

このサビのメロディライン、どっかで聴いたことあるなって
思ったらやはり健一のお約束のメロディラインでした。

これ健一作詞作曲編曲のウレロ未完成少女の初テーマ曲
ですが、まんまです。
で、しかしこれで終わりませんよ。
実は健一はハロプロマニアなんで、
このメロディライン、本当はハロプロの定番
だったのをパクっていたわけです。

モベキマス もしも、、

もうすぐハッピーバースデー カントリーガールズに石川梨華

と、まあ楽曲派をなめんなおって感じでw
付け加えさせていただきました。

桃神祭2015.07.31 前山田健一(ヒャダイン)vs川上アキラ(kwkm)の裏に隠れた熱すぎるメッセージを読み解きます。

標準

演出内容の答え合わせ

清野アナがリングサイド、宮本純之介が解説席、
ケロちゃんがリングアナ、で登場し、
前山田健一が川上アキラに握手を求めて和解、
怪盗少女を前山田健一+ももクロで披露、
途中、インタールードの高城が背面ケチャ
するところで健一もケチャして、ももクロが
涙ぐむ場面もあったが、無事
終了という流れだったみたいですね。

私はほとんど正解だったんですが、
やるのはさすがに灰とダイアモンドではなく
怪盗少女でしたね。。

あとももクロさんが涙ぐむのは予想してませんでした。

私はネタだとばかり思っていた
んですが、なんかマジなやつだった
みたいですね。

でもこんなことになったのは全て
ヒャダイン前山田健一のせいなんだよね。

怪盗少女というモンスターを作り出し、
ココナツ、サンタさん、無限までは
良かったんですが、UFIの曲あたりから
マンネリ化が表面化してきて、
ももクロさんのパフォーマンスレベルが
アップしていく早さとは裏腹に、
健一の楽曲は一向に音響的にも
楽曲構造的にも下回るようなものばかりで、
一向に光が見えない状態に入ってしまった。

宮本さんは仲が良いから仕事を与えるような
人ではなく、ものすごいペースでレベルアップ
していくももクロの表現レベルに
合致した作品でないと採用しない
人なので、当然、新しいものを
作る努力を怠っている健一へのオファー
は確実に減っていく。

仕事と言えば、ヒャダイン、前山田健一
の名前で仕事のオファーは衰えることは
ないものの、他のアイドルに対しても
やはり怪盗の頃の輝きはないので、
長続きせずに、次第に地下へ地下へ
落ちていくような有様。。

人間的にはいつも通りに付き合ってはいる
ものの、仕事であまりかかわりがなくなってきている
ので、ももクロさんは別に付き合い方は
変わらないんだが、健一は以前のように
プロデューサー的な上から目線で兄貴面
で騒げるような状態じゃなくなってきた。

徐々に現場でもなんであいついるのっていう
空気になってきた。

そしてそれを解消するために今回
佐々木さんが場所を作ってあげたんでしょうね。

川上さんも宮本さんも別に健一が嫌いになったわけじゃないんだよ。

自分の作品クオリティが下がったのは自分のせい
なのに、周りに当たり散らして勝手に離れて
いったのは健一なんですよ。

ももクロさんとの以前と同じような付き合いができるか
どうかは健一のがんばり次第だよ。

和解したんだからあとはレベルアップしたももクロさんの
作品イメージに耐えうる作品を提供できるように、
自分の作品レベルの向上に専念して下さいね。

っていうことなんじゃないかと思いますね。

UFIの未確認ラジオ やっとメンバーが偽者の5人から本物のももクロ5人になりました。

標準

テレビの連動企画で番組開始当初からサービスしている
無料企画ですが、
これまでは百田、玉井、佐々木、あいな、外人
だったんですが、今回から
百田、玉井、佐々木、有安、高城
というフルメンバーになりました。

佐久間プロデューサーの漏れ声も健在ですw

内容が5人それぞれの企画ができて
大変濃くなり、時間も長くなりました。

しかしこの番組、アドリブと演技が程よいバランス
で調和されていて疲れないし深夜でも楽に
観れますね。

これからも愛していきたいと思っております。

オークラさん他作家陣のかた、
制作スタッフの方に一言。

注意点としては、疲れるので真面目になり過ぎないように
して下さい。

期待しております。

2012.08.25 ウレロ☆未完成少女 UFi、ベター is the Best、良い作品だが前山田氏の作品クオリティは低下するばかりです。

標準

未確認少女隊UFiの時は新曲と
ライブの実現というのが最終目標
でしたが、
今回の未完成少女は、先日の冠番組の実現や
その他の企画が第一目標としてあって、新曲というのは、
目標ではなくお約束になっているので、
デタラメなセリフ構成になっている回のときは
新曲のPVの前振りだと感じるようになり、
ヘビーなファンの人は最初の段階で
こりゃあ新曲の歌詞の前振りだなって
感じちゃったんじゃないかと思いますねw

ぼくもその1人で、案の定でして、
そんな自分にニヤついてしまいましたw

ベター is the Best
未確認少女隊UFI(ももいろクローバーZ).
作詞・作曲 / 角田晃広
(実際は作詞作曲編曲前山田)

作詞作曲角田とありましたが、
web上では前山田作詞作曲編曲とあり、さらに
角田氏はギター奏者なのに、あまり工夫されていない
いじられていない独自性がない音色の電子音ばかりなので、
完全に前山田の音でそれが嘘だとわかりました。

私がここでずいぶん前に前山田氏は無理に変なコード
展開をしないで、自分の心に素直になって普通のやつ
も作って欲しいと言ったんですが、それが今回の曲だと
感じました。

しかしAKBのパクリなんてしないで素直にオリジナル
の素直な曲を作りゃあいいもんを、まだ素直になりきって
ないですね。

AKBのパクリなんて必要ないじゃないですか。
普通に自分の曲をつくればいいじゃないですか。。。

前山田さんて、よほど普通の曲をつくるのが恥ずかしい
んだね。

芸人さんも若いときはとんがっていて独りよがりで笑いが小さい
けど、成長と共にコミュニティが大きくなっていき、周りを巻き込む
大きい笑いが可能になってくるもんだし、

だから同じく前山田さんも現在は独りよがりの小さい曲
ばかりなんだけど、それは仕方がないことで、
成長と共に、いろいろな人間と関わるようになっていき、
多数の人間とコミュニティを形成し、連携して
大きな作品を生み出せるように成長していく
と思いますので、そう考えると

まあもう少し時間が必要なのかも知れないですね。

すいません本題に戻ります。

また、曲名通り、素人の方でも
最後の部分のメロディなんかを聴けば
わかりますが、もろにAKBのパクリなのが
残念で、そのパクリと感じる部分に来た時に
気持ち悪いものを感じるのが残念なんですが。。

今の私としては、自分の本心とは別の作風
を無理やり創りだしている前山田氏にもう
食傷気味なので、まだ100%素直じゃないですが、、

何倍もこちらのほうが素直に気持ちよく聴けますね。

ももクロさんはいろいろ驚かせるような仕掛けを
繰り出すことで有名ですが、意外と本人やスタッフたちは
素直で、純粋なので、こういう作品の方が
生き生きするんですよね。

前山田さん、メディアに登場するのが好きなのはわかりますが、
そろそろどちらかに重きを置くようにしたほうが良いですよ。

音響、骨組み両方ともクオリティが少しも向上してないから、
またかって感じで少しも驚かなくなって来ちゃってるんですよね。

真剣に音楽活動に重点を置き直して、楽曲構成、音響、全てに
おいてパワーアップし、再び、我々を感動させてくれる時を
楽しみにしています。

ウレロ☆未確認少女はライブだったが、ウレロ☆未完成少女では冠番組放送がファンにプレゼントされました!

標準

2011年末に3ヶ月に渡り放送されたウレロ☆未確認少女。

ウレロ☆未確認少女では、UFi5人でライブをやったが、
今回のウレロ☆未完成少女は、テレビ番組をやるようです。

これは佐久間プロデューサーの今回の目的の
1つだと言っています。

ナタリーの記事を見ると、ひと目で佐久間さんと
ゴッドタンスタッフが創り上げていることが分かります。

日村さん、おぎやはぎ、松丸ダッチワイフ友紀アナと
いった佐久間班の面々が勢ぞろいですが、、
お気づきのように川島さん@劇団ひとりがいません。

まあウレロ☆未完成少女社長役なので、
被るのを考慮して外したんだろうと思います。

UFiの事務所の社長が、UFiの看板番組に出演
してたら単純におかしいですからね。。

しかしこれ単発で終わっちゃうんでしょうかね。

まだ序盤なんで、まだまだこの後に美味しい企画が
隠してあることを期待しましょう。

佐久間さん、ほんとうに気持ちのこもった
企画ありがとうございます。

なんか昔、80年、90年代のフジテレビのようです。。