カテゴリー別アーカイブ: ももいろクローバーZ

アンコールの定義と現状を解析した上で、2020年のももクロアリーナ規模コンサートのタイプ別でベストな鑑賞方法をご提案。未来への展望

標準

2012年あたりからアリーナコンサートは始まり、
同時に私の経験も積みあがってきました。

初期とはまったく環境が変化してきたので、
いろいろ手助けができればと思いました。

初期は、アリーナもライブビューイングも全く
同じ鑑賞環境でした。

まあ思い出せばほんとうにあの熱気はなんだったのかなと、
夢だったのかなと、、年を重ねるごとに思いが募って
いくばかりです。

コールもミックスもアンコールも拍手も全て
ライブビューイングで全員がやっていて、
スタンディングで、っていう、
すごかったですね。

まあそれが次第に有名になり、
人気が安定していくにつれて、
普通の映画館と化していくことに。

まあももクロだけじゃなく、
さまざまなことに言えることだと思います。

最初は目にできるのは現場だけだったので、
全員が現場に来ていました。

しかし、次第に映像化したものが発売されて
いき、現場に行かなくても映像でも
観ることができるようになり、
会場規模も大きくなり、安定してきて、
自分が行かなくても安定して同じ規模で
ライブを行うことから、
映画のように鑑賞するファンも増加していきます。

べつに自分が行かなくてもいつもそこにいて
安定して供給してくれる存在になっていきます。

コンビニのおにぎりみたいなものですね。

買い支える必要がなくなる。

売れ残っても売れても関係なし。

必要な時に買うだけ。

ももクロも同じ価値観に。

コールもミックスもアンコールもパッケージ化され
演出の一部として画一化されて自由に参加不参加
を選択できる時代に。

さらにアンコールがなくても、メンバーが
その時間を着替えの時間として利用して
演出側が勝手にアンコールの演出をして、

勝手に再び出てきて終演させるような
演出を定番化していけばだれもアンコールを
しなくなりますよね。

初期は終演後、バックステージで帰宅の準備をして
いるときに、アンコールが流れてきて、
メンバーが「出ていきたい!」と
スタッフ側に直訴して、
急いでそのまま登壇してきてていう
感じだったので、
全員がアンコールしていたんですが、

現在はアンコールの楽曲や演出を事前に用意しておいて、
着替えて出てくるので、
冷めてくるのは当然なので、
まあ冷静に考えるとアンコールはあってもなくても
同じなんじゃないかという気がしてきたんですよね。

アンコールしない人たちが正しいんじゃないかと。

でもアンコール前は最後の楽曲って一応言うので、
まあアンコールはして欲しいとは思っている
んですよね。

でもそれがほとんど形式上の最後の楽曲になってきているという。

だから難しいところですよね。

て感じで、

すいません、そういう現在のももクロ鑑賞状況を
説明させていただいて本編です。

現在はそういうことで、会場内では当然全てコールもアンコールも
周りのみなさんと盛り上がれます。

しかし、モニターが遠いので、実物はほとんと人形をみる感覚
になることは覚悟しましょう。
またモニターも遠いし、カメラのパンニングが激しい
から、フリコピもあまりできないのも覚悟です。
またトロッコに乗っているときは手を振るだけになるので
パフォーマンスを額面通り観れるのは60パーセント程度
になることも覚悟です。

だから現場はみんなで盛り上がれるのが唯一の特典です。

メンバーを観れるのはあまり期待しないほうがいいですね。

チケットについては、FC会員以外は糞席を覚悟しましょう。
私の場合、FCで購入した時はそこまで悪い席は
なかったです。

次にライブビューイングです。

値段は半額以下なので、金がない時は良いですね。
場所も全国の映画館です。
またFC以外でも良席を買えます。
購入するタイミングも公演の1週間前でよいので、
急に行けるようになった時とかは良い選択です。
座席は座り心地抜群です。

唯一の問題点は冷めているということですね。

先ほど言いましたが、最初は現場と変わらない
熱さでしたが、2019年12月時点で渋谷でさえ
拍手はしないし、笑いもしないし、
スタンディングもしないし、アンコールも皆無だし、
名前コールも無いし、
まあ、やっても文句言いませんが、自分一人
なので非常に浮きますのでやる意味がないですし、
まあ、そんな状況なので、ファンと一緒に
もりあがりたい人は楽しめないので、
自分一人で楽しみたい人はLVが最適だと思います。

2020年はこの状況の進行がさらにすすむとおもいますので、
私はもうライブビューイングは捨てることにしました。

メンバーだけじゃなくて、みんなでもりあがるのが
ももクロだっていう教育を受けてきたので、
それが一切ないLVはもう私が教わってきたももクロ
とは違う文化が発展している場所だと感じて、
ファンが抜けたももクロになるので、気持も
半分以下に落ち込むために、結局値段相応
だとわかったのでね。

だけどですね、、

あの現場もLVも同じテンションで熱かった2012年あたり
のももクロをメンバーは恥ずかしくて今観たくないっていってるんだから、
なんなんでしょうね。
本人たちは嫌なのに、今以上に盛り上がっていたんだから、
認めた方が成長できるような気がするんですけどね。

ただ私は可能性ゼロじゃない気はしてます。

もしゆとりファンが今のまま異常増殖して人気が硬直、さらに
低迷した時、
初心に帰る感じで気持ちを切り替えたらあの時代の
ももクロに回帰する可能性はあるんじゃないかと思っているんですよね。

どうなるんでしょうか。

2019.12.31第3回 ももいろ歌合戦でハロヲタ兼任ファンが感銘を受けた玉井さんのなにげないメッセージ。

標準

「ハロプロもいいですがももクロもね!」

大晦日の番組で同業者のアイドルの裏番組の名前を出したのは玉井さんだけだったと思います。

まあ多分玉井さんは自分たちの大晦日の大事な看板番組と同じくらいの存在だと認識していて観たいと思っていることから出た言葉だと想像できるのでハロプロリスペクトの魂は健在ってことで安心しましたねw

逆にハロプロの道重さんやふくちゃんがももクロもいいけどとか言わなかったですからねw

第3回ももいろ歌合戦の百田夏菜子のなにげないコメントで私のももクロの実像に天変地異が起こった。

標準

終演後に両国国技館のさだまさしのもとに移動するバスの中で、
ノブコブ徳井さんがコアヲタならだれでも興味を引く
質問をした。

第3回ももいろ歌合戦の百田夏菜子のなにげないコメントで私のももクロの実像に天変地異が起こった。

徳井
「昔の第一回TIFの時に全力でパフォーマンスしてファンをかっさらっていったんだけど、本人たちはどう感じてるの?」

百田
「あれはですねー、いまでも言われるんですけどww

好きじゃないんです。

「なんでなんで?カッコいいじゃん!」

百田
「カッコいいとは思えないよね??」

高城

「恥ずかしいよね。。」

「照れくさい!」

百田
「下手くそだし、かわいくないし、、、、、

玉井、百田

「見返したいとは思わない!!

「映像を流されると、手で目を覆って
ああ~~~~、、いやだあ~~~っ
てなっちゃうw」

高城
「てか、過去の映像ってほとんどそうだよねw
全部ヤダww」

徳井
「まあ自分の評価と相手の評価ってやっぱ違うんでしょうね」

「結構自分がやっちゃったて思ったら相手が高評価してたりする
ときありますもんね」

百田
「あの時ってほんとにそういう感じってなかったもんね。。。」


これですね。。

私がここでいつも持ち出す2012年あたりのももクロですよね。

まあ、言い換えると、本人たちは必死で川上さんに言われるままやってたんで、自分たちのパフォーマンスを冷静に分析して感じ取るような余裕はなかったんでしょうね。

お笑いもそうですが、必死な姿って第三者から見ると可哀そうに見えてくるってのがありますよね。

逆に国立以降は逆に少しずつそういう余裕が生まれてきて自分たちのイメージっていうものを考えることができるようになってきたと。

だから、私が感銘を受けた時代のももクロってのは川上さんのももクロだったんだという気がします。

で、現在のももクロはももクロ自身がイメージしているももクロなんだと思います。

そうすると、

言わずもがなですよねw

私の衝撃を受けたももクロはもう永遠に戻っては来ないんだということが明らかになりましたよねw

今のももクロが本当のももクロなんだから。

 

2019.12.25ももいろクリスマス2019おとなりライブビューイングの様子。

標準

2日目はさいたまスーパーアリーナのコミュニティアリーナで
ライブビューイングで、

私が語り草でいつも取り出す2012年のももクリのコミュニティアリーナ
のライブビューイングで、だだっ広いスペースで
現場以上に踊ったりコールしたりして盛り上がれた時
をイメージしてチケットを購入しました。

スタジアムモードだとコミュニティアリーナも使うので
空かないんですが、ももクロチームは無茶はせず、
そこはこだわって熱が伝わる限界だと判断した
アリーナモードでももクリを継続しているので、
コミュニティアリーナは物販、フードコート
とか、企画イベントとかで有効活用するわけなんですよね。

開演後は客がごっそりいなくなるので、
ライブビューイングをやることで
フードコートも有効活用できるって
訳ですね。

今回は、入り口右側に堀アキラのステージがあって、
そこに設置されているキングが特別提供した
大型モニターをそのまま利用したライブビューイングでした。

900人程度入る区画が作られて、開演30分前に
整理番号順にそこに入ります。

でも実際に入ったのは、推定ですが200人程度だったような
気がします。

2012年の時は、2500人くらいいたんですが、
まあ冷静に考えれば、モニターで観るためにわざわざ
さいたま新都心まで行かないですよねw

昨日の映画館が盛り上がってなかったので、今日は期待
していたんですが、

今日もなんか同じでしたね。

映画館で聞こえる程度のコールやミックスの
レベルでした。

さらにとなりなので、2012年の時は場内と
同じ感じの熱があったアンコールも、
今回は驚愕の1人という体たらくでした。

しかし、よくそんなことで新国立競技場とか
言ってられるよなあ。無責任に。

アンコールすれば情熱が伝わってファンも増える
のに、ももクロチームが前進しようと努力して
いるのに、肝心のファンが今の状態に安定してしまって、
ぬるまゆにどっぷりつかってるようじゃ
新国立どころか、今の状態の維持も怪しくなってくる
と思うんですけどね。。

まあでも私がいつも言ってますが、落ちるとこまで落ちれば
本物のファンだけが残ってまたあの24時間ももクロ
のことばかり考えていたファンと川上アキラ
以下ももクロチームの情熱が戻ってきて最高な状態で
戻ると思うのでそのほうがいいかもしれませんよね。

2012年の映画館ももクロのライブビューイングの売り文句は
スタンディング、サイリウム、ミックス、コール、
全てOKだったんですよね。

ももいろクローバーZ「ももいろクリスマス2012~さいたまスーパーアリーナ大会~」のライブ・ビューイング

それが7年後ファンの平均化ですべて消え去りました。

これがどういう方向にももクロを導く結果になるのか。

ゆとりファンの形成する2019年現在のももクロコミュニティの動向を
楽しみに見守っていようと思います。

2019.12.24ももいろクリスマス2019ライブビューイングTOHOシネマズ渋谷の様子。

標準

いつも1週間前だとAEではなく一般販売だと
端っこの席なので、ダメもとで購入サイトに行ったら、
驚きの真ん中の席だったので勢いで
購入してしまいました。

開場は30分前ですが、40分前に到着したので、
待機しようと思ったが、一つも待合席がないので、
しょうがないから立って待機。

待合席が無いって考えられないっす。

フードコートもあるのにね。。

立って食べろっていうことですね。

劇場の座席で待機時に食べていた人が、
めんどくさそうに劇場から出て行ったのを
みてかわいそうになりました。

開演すると、最近の大会場のももクロにありがちな
OVERTURE後回し構成なので、みんな
サイリウムを点灯してやるきまんまんだった
んだけどもお客さんの勢いがそがれていました。

昨年、中野サンプラザの中継の時は、OVERTUREから
コールからミックスからアンコールから
現場さながらの盛り上がりを見せていた
渋谷だったんですが、今回はなんか1曲目から
雲行きが怪しくなっていまして。

まず名前コールは無し。

拍手もほとんどなしに等しい感じ。

サイリウムも40パーセント程度かなあ。

アンコールはゼロ。

この体たらく。

まあアリーナっていうファンの応援が
分散されて熱が伝わりにくい
現場の性質もあるかと思うんですが、

これはもう行きたくなくなりましたね。

どおりでチケットが売れ残っていた訳だ。

これなら気を遣わずにBDで
家で観ていた方が、
音質も画質も良いし
勝ち組だと思いました。

セトリは各自センスが違うのでお任せしますが、
清竜人楽曲でシーンとなっていた以外は
新旧織り交ぜていてももクリの定番もきちんと
入れられていて皆さんが感じたいももクリ
を額面通りやってくれたんじゃないかと思いました。

ももいろクリスマス2019 ライブビューイングチケット、今からでも遅くないです。

標準

FC入ってないのでスルーしようとしていたんですが、
やはり根っからももクロが染み込んでいるサガなのかw

白い風をどうしてもももクリで浴びたくなって、
ライブビューイングのチケットを検討しました。

まず24日の1日目。

映画館でのライブビューイング。
この前行ったとき客の雰囲気が、
サイリウムやコールがガチで神がかっていた
渋谷のチケットを探すと、
席が端っこだと思いきや、なんと
一般で中央の座席が表示され、
速攻でぽちっとやってしまいましたw

なんか勢いに乗って、2日目も行っちゃおうかと
いう、ポンポンポーーンっていう感じでw

2日目はSSAのコミュニティアリーナの大型スクリーン
でのライブビューイング。

踏み切った理由としては新国立競技場でのライブ
の発表があるんじゃないかということと、
良くも悪くも4人体制でようやくほとんどの楽曲を
リアレンジできてきたので、4人体制の
完璧なものを見せてくれるんじゃないかという
期待を込めて、良くても悪くても経験しようって
いうことで行くことにしました。

ただ、SSAの場内の機材解放席もまだ発売中なんですが、
10000円という一般席と同じ定価なのと、
メンバーが豆粒なのに、さらに大型モニターも
見えにくい場所になったり、
SSAのアリーナ後方のこれまたごみのような
席になったら最悪だっていうことで
やめました。

それならSSAだとどうせずっとモニターを観る
はめになるんだからコミュニティアリーナで
大型モニターで楽しんだ方が幸せになれると
思いました。

こちらもまだ整理番号180番台でした。

さあ川上さんのプロデュースする、
2019年のライブビューイング現場が
どのようになっているのか、
お手並みをとくと拝見させてもらいましょう。

有安杏果のももクロ卒業後の矛盾点。ほんとに簡単で単純なことです。。

標準

ももクロ界隈からの一切の断絶をしている有安。

しかし、以前過去の例からも、芸能界にいる以上は、
元ももクロの有安杏果という呼称は生きてる限り、いや、
人間が存在している、記録が残っている以上、
後世に半永久的に残るので、
断絶は諦めて、なるべく早く逆に切り替えた方が
人生を謳歌できるんじゃないかという気がしますね。

最近、昔のももクロ時代のPVとかを観ているとき、
当然有安が存在していて、新しい作品になればなるほど、
歌唱力やダンススキルが向上しているのを感じて、その時
思うんです。

現在の有安のパフォーマンススキルは
ももクロ時代にトレーニングしたり
経験したことでほぼ100パーセント
で構成されているんじゃないかと。

ボイストレーニングしかり、
演技力、ダンスは当然として、
楽器も後半はやってましたしね。

さらにはエンターテイメントのイベント
自体のシステムとか、メディアの
システムとかもまあ超人気アイドル
ですからまあほとんどのものは
あるていど覚えたんじゃないかと
思います。

そういったことを全て頭に入れたうえで、
よく考えてみて下さい。

ももクロ卒業後になにもインターバルを置かずに始めた、
現在のシンガーソングライターとして
の活動なんて、ももクロありきの
技術力の上で成り立ってるのは
明らかです。

ももクロでやってないこと、
スマップの森君みたいに、
将棋とか、競馬の騎手とか、
そういう仕事ならももクロと関係ないと
突き放すことも可能ですが、
もろにももクロとかぶっているジャンルでの
仕事の場合、無関係なんて
絶対言えるわけないし、
逆に無関係だという人もいないと思います。

なぜよく考えればわかるこんな簡単なことを
有安はわからずにももクロ界隈と断絶しようと
思っているのか。
そしてできると思っているのか。

まあここを読んで改心の方向に
向かって、自分の存在を見つめなおし、
全てを認めたうえで、断絶せず、
逆に全てを巻き込む勢いで
時代にパワーを注ぎ込んで欲しいと思っております。

ガールズアイドルマルチヲタによる、2019年12月現在のハロプロのアイドルグループの血統図。

標準

モーニング娘。

<シャ乱Q

 

アンジュルム

<ももクロを基準点
として、ハロプロにももクロがいたら
という仮定による独自進化。

スマイレージの
面影はない。。

 

JUICE=JUICE

<メロン記念日

 

つばきファクトリー

<℃-uteと
たまにAKBGやももクロ。

 

こぶしファクトリー

<最初Berryz工房の予定だったが
メンバー減少によりBuono!に変更を余儀なくされる。

 

カントリーガールズ

<カントリー娘、スマイレージ

 

BEYOOOOONDS

<Berryz工房を基本に
ストレスフリーになったハロプロ
による全ガールズアイドル対象の
サンプリングアートのミックス。

beyooooondsのアツイ!に私からインスパイアされた歌詞が入っていることに興奮しました。

標準

まずは、私のZの誓いのNARASAKIさんのすごさ
をわかって欲しい一心で執筆した
渾身の解説をご覧ください。

2015.04.29 ももクロ+NARASAKI「Zの誓い」ももクロの現時点での最高傑作ではないでしょうか。

そしてBeyooooondsのアツイ!の歌詞

「そうそうそうそうっ!
こんな風に激しい感じからいきなりピアノ一本になって
しっとりと聴かせる大サビってよくあるよねぇ~

「よくある。アツイ、アツイねー!
あと、お客さん的にもテンポ速いのがずーっと続くと疲れちゃうから、
こんな風に休憩出来るのは良いよね。」

「でも、こっからが最後のお約束!
この曲はこの後が最も盛り上がるように出来てるの。

みんな、準備はいい?最後のサビ、行くよー!」

鳥肌たったw