カテゴリー別アーカイブ: ももいろクローバーZ

ももクロってこんなに退屈なグループだったっけw 「MomocloMania2019 -ROAD TO 2020- 史上最大のプレ開会式」

標準

なんか歌もダンスもリハーサルみたいに流して
嵐みたいに身体の可動域最小でやってたんだけど、、

いつからこんなグループになったんだろう。

ココナツなんか、以前は水鉄砲持って会場じゅうを
走り回ってスタジアムの客を可能な限り
遠くのひとまで楽しませようという意気込みを
強く感じさせるところがあったんだけど、

今回なんか、、

舞台上で小さく走り回って終わり。

それも以前はれにちゃんなんか太ももを高く上げて
髪の毛を振り乱して走り回っていたんだけど、
今回なんかなにひとつ乱れない感じでw
マニキュア付けて米を研いでるような
何一つ身体を動かさない、傷めない
勢いの静かさでw

こんなん見て今のももクロのファンて
なぜ満足できてるのか理解できないですよ。

全力でやるのがももクロの売り
だったんだけど、

その全力の限界値がいつの間にか
コンプライアンス違反でファンに無断で
下げられていたっていうねw

年齢のせいだとかいろいろ言い訳してますが、
今もパフォーマンス能力を維持している
モーニング娘の譜久村さんと夏菜子は
2歳程度しか違わないし、
その夏菜子の今の譜久村さんと同じ
年齢だった2年前にはすでに、
今の譜久村さんには到底及ばないような
全力度にパフォーマンス能力が下がっていましたからね。

以前の夏のバカ騒ぎの西武球場のときは
ももクロはここにいる全ての人を
満足させてやるという一心で、
攻撃的に一方的にパフォーマンス能力を見せつけていましたが、

今回2019年の夏バカの同じ西武球場
では、逆に、自分らから見せつけるのではなく、
私たちはもう動けないので静かにパフォーマンスするから、
客のお前らが応援して盛り上げろよ、
っていう受け身の姿勢を強く感じました。

私は数年前、こういう状況になりかけた時、
パフォーマンスのパワーバランスを
動きから連動に方向転換して、その
能力がレベルアップしたところを見てあげて
欲しいとフォローしたんですが、

今回はさすがに西武球場でやる内容じゃない、
シンクロより動きを重視すべき場所で
方向転換したものを涼しい顔でやっていたので
それは違うだろと思いました。

夏の西武球場では動きを重視した
汗水かいて暴れるパフォーマンスを
見せつけるのがももクロだろうと
思いました。

しかし、その動きを重視すべき現場で、
今回そういう流れで仕上げてきた
ことがわかったことで、
もう動きを重視したパフォーマンスは
捨てたんだなという気がしました。

マスコミもまあ正直で取り上げる
メディアも激減。その分、
同時期に開催されてるTIFのほうに
より時間をかけてレポートしてました。

つんくさんはこういう方向になっていくのが
怖くてメンバーを入れ替えてパフォーマンスレベルを
維持しているんだなということもなんか
理解できた今回の夏バカでした。

そっか。ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALLって、、、

標準

曲の構成がどっかで聴いたことあると思ったら

ミライボウル

のアンサーソングですね。。。

スタダって走れのもっと走れとかももクロを敵視する文化があるのでまさかと思ったらまさかだったというお話でございましたw

東京03飯塚さんが玉井詩織と電車内で遭遇するにはきちんと理由があるのに、それを省略して話すタレントたちはコメント詐称だと思いますので気を付けましょう。

標準

これ、一般人が普通に考えると、ありえないと思うじゃないですか。

でも、こういう話、他のタレントからもよく
聞く話だと思うんですよ。

街中で偶然出会うみたいな。

でも、タレントがこういう一連の話をする場合、
意図的に前後の話を省略して一般人と
同じ環境を作り上げて話しているから
ずるいと思うんですよね。

タレントが偶然出会う場合が多いから、
われわれもしっかりチェックしていれば
出会うと思ったら大間違いです。

その理由は簡単です。

タレントは仕事場である撮影スタジオ、制作会社
やテレビ局、ラジオ局が決まっていて、
稼働時間帯もある程度きまっているため、
同じ時間にその近辺をうろついていれば
出会うんですよね。

まあ一般企業で会社の近くの飲食店で
同僚と出会うのと同じですよ。

働いている場所のが同じだから
出会う確率が高いってわけですね。

だから、今回の飯塚さんの話の場合、
「偶然目の前にいた」
という話には前後があって、

実際は
これこれこういうテレビの仕事の帰り道に
出会ったと言うと、普通の話に
なってしまうので、それらの状況説明を
わざとはしおって驚かすために
「偶然目の前にいた」
とだけ書いたんですよね。

そしてタレントはコメントは返さないのが
普通なのも逆手にとって、
質問されても答えないでいいから
っていうのも考えてますよね。

われわれが出会うのと同じ確率で
飯塚さんだけが出会うわけは絶対ないですwww

ひめキュンフルーツ缶2017のルーツ。

標準

これはリリースイベントの様子で、とりあえずまんべんなく現在のHKFCの自己紹介トラックを並べてあるんですが、

逆に、短くしてあることで、現在のHKFCのトラックのルーツがわかるようになっています。

登場曲はAKBからのももクロさん
からの、プロレスからですね。

まず1曲目。

これは、ももクロさんの初期ですね。

2曲目。

これはnanoCUNEですね。

3曲目。

Buonoですね。

4曲目。

これはC-uteかアイドリングかBuonoってところですが、
C-uteやアイドリングだともっと派手なギミックを入れるんですが、
そういったあざとい部分がないのでBuonoですね。

これどうやって決めたかというと、
脳内でメンバーを入れ替えてしっくりくる
ものを選びました。

ちなみに、気を付けなければならないのは、
ひめキュンはnanoCUNEやIVOLVEのプロデューサー
の山下さんが監督しているわけじゃないじゃないところですね。

ただ、所属のマッドマガジンの事務所の性格は
スタダの川上チームに影響を受けている
ところは頭に入れておいた方がいいでしょう。

女性なら誰でもできる体のラインで目を引く卑怯なやりかたではなく、
芸をきちんと鍛え上げて練習しないと不可能なパフォーマンスで
訴えかけていくやり方で人間の普遍的なテーマを訴えかけて
いく。

特にいつもこのテーマの時取り上げるんですが、
シューズの種類である程度ルーツがわかるんですよね。

ブーツとかかかとが高いものをはいている場合、AKBG
に影響を受けていて、
かかとが低い、プロレスのシューズに近いものを履いている場合は
ハロプロやスタダ系だというところですね。

あと私にとっては基本中の基本ですが、
川上アキラ、つんく、秋元康はプロレスマニアです。
続きを読む

なぜ2014年くらいからアリーナコンサートのももクロは刺激が無くなったのか。

標準

いろいろ考えて理由を確かめようと、
常連の方にはお分かりいただけてると思いますが、
何回かダメもとで行ったりしてみたんですが、
やはり二度と行きたくなくなりました。

最近なんかわかりました。

アリーナコンサートをやり始めたばかりの時は
自分たちだけでなんとかしようと必死に全力で
やっていたんですが、

次第に慣れてきたので、自分たちだけでなんとかしよう
という考え方をしなくなり、

2014年あたりまで自分たちだけで100のパワーを
出そうとしていたのが、

2015年あたりから佐々木敦規チームと自分たちで
100が出せればよいという考え方に変わり、

限界以上のものを出そうという必死さが
無くなってしまったからですね。

まあ50から90までの進化より、
90から100までの進化の方が難しいのは
世の常ですが、

ももクロもそこにはまりつつあるということですね。

だから私はほとんど変化が感じられない2019年現在の
ももクロより、毎日目に見えるようにレベルアップしていく
いい時代に楽しませていただきラッキーだったなという
感じですね。

遂に、お台場アイドルフェスティバルの意志を継承する、、2019.8.2-4 みんなのアイドルフェスティバルがお台場にて開催決定!これで、TIF、MIF、夏バカがそろい踏みしたことになるが、キーポイントを洗い出してみます。

標準

みんなのアイドルフェスティバル2019

みんなのアイドル フェスティバル
@minnanoidol2017

2019年8月2日(金)・3日(土)・4日(日) お台場・デックス東京ビーチ 3F シーサイドデッキにて開催!! 素敵なアイドルさん、スタッフ、なによりお客様と「みんな」で作り上げる手作りイベントです。出演等お問い合わせは( @minnanoidolunei )にお願いいたします。

ということで、お台場アイドルフェスティバルより
規模がでかくなったかな。
2日開催だったのが3日になったからね。

まあ、競合企業もTIFで3日間フジテレビや
ダイバーシティに持ってかれて
はたまったもんじゃないってことで、
歓迎ムードみたいですね。

これで、、

2019年8月2日はTIF、MIF、
2019年8月3日はTIF、MIF、ももクロ夏バカ、
2019年8月4日はTIF、MIF、ももクロ夏バカ

って感じになったようですね。

コストは、、

TIFは約8000円
MIFは無料!
夏バカは9200円だけど西武は遠いので実質10000円ですね。

ももクロの大会場好きは文句なしで夏バカ。
ももクロの大会場嫌いで順番待ち嫌いで未来志向はMIF
ももクロの大会場嫌いで順番待ちOKで安定志向はTIF

て感じですねw

私は、ももクロの夏バカはももクロ以外の
様々なマイナス要素の不純物が多すぎてパス。

TIFはsmilegardenならずっと落ち着いて
楽しめるが、それ以外は順番待ちとか移動が
あって落ち着いて楽しめないのでパス。

たかが15分の為に湾岸スタジオからzeppダイバーシティまで
移動して順番待ちしてさらに定員オーバーで跳ねられたくないよ。。

てことで、2019年の私はMIFとsmilegardenの2択かと思います。

TIFで一番気になっているのは、あーりんさんの出演許可とw
ハロプロ早朝枠が誰なのかといったところ。

今年はハロプロと交渉の結果たぶんbeyooooondsだと思いますね。

私は清野推しなので、雨ノ森 川海 単体も観たいところです。

こぶしの現場がランクアップするのかも見どころ。

とにかく最近のももクロ楽曲に刺激が足りない理由はただひとつ。 2019.5.17 5th ALBUM MOMOIRO CLOVER Z

標準

宮本さん。

あなたがももクロの神髄を理解しているなら、

今回外したことで身に染みてわかったはずだ。

とにかくNARASAKIと前山田健一をくれ!

秋元康、つんくといった専属がいないももクロにとって、この2人は同じレベルのクリエイターだということがわかったはずだ。

そして確実にももクロ自身も決して口外しないが深層心理で思っているはずだ。

とにかくNARASAKIと前山田健一をくれ!

本当に伝えたいから2回目だ。

三四郎の小宮氏も言ってたな。

マジで頼むぞももクロチーム。ほかのスタッフもねちねち宮本氏に考えを変えさせるように仕向けてくれ。暴走を止めてくれ。

今一度冷静に考えてみよう。有安杏果 Pop Step Zepp ツアー 2019に7000円(ドリンク代合わせて7600円)の価値があるのか。。

標準

有安のファンクラブに入って、今回zepp tokyoの2回分の公演に当選
しまして、約15000円の入金連絡がきました。

先日3月24日のサクライブで興奮冷めやらぬ中で
エントリーしたのでアドレナリンが出まくっていた
から勢いでエントリーしてしまったんですが、
4月後半くらいから、急激に冷めてきてw

また、チケットの価格も7000円じゃないですか。

これお笑いの2倍じゃないですか。

また、ももクロの青春ツアーより高いんですよよく考えると。。

2019-05-16_ももクロ青春ツアー

あと3000円出せば叙々苑で10000円コースが楽しめるし。

そして迎えた、当落発表の15日夕方。

両方とも当選してまして。

またこのチケット種別ってオールスタンディングで
結構枚数稼げるんですよ。
逆に、ももクロの中野って座席が固定なので
枚数稼げないのに6800円ですよ。

あと杏果のライブって特に舞台装飾とか
演出とか何もないんですよ。

杏果とバンドのみですよ。

それで高いんですよ。

シソンヌライブ08なんか5000円ですよ。5000円。

2019-05-16_シソンヌライブ08

舞台セットや衣装やら舞台装置やら
いろいろ使いまくって座席指定で5000円ですよ。

杏果、7000円は高いよ。。

サクライブを聴いて良かったのは認めるけど、、
今の杏果はまだ音楽的にはまだまだ未完成で成長段階だと思います。

はっきり言うが、今の時点では杏果のソロライブに7000円の価値は見いだせない。

良くて5500円くらいだろう。

まだ一人で歩きだしたばかりだから
徐々に自分のことを知っていかないと、
あせってプライドばかり先行して
スキルも経験もまだまだなのに、
ももクロと同じ調子でやってると
痛い目に合う気がしますよ。

オープン系ガールズアイドルとして鳴り物入りで業界に飛び込んできた指原氏のパワーが爆発するのはAKB卒業後のこれからです。

標準

指原氏が入る前は、ハロプロも他のアイドルのこと
を口走ることはタブーだったと嗣永さんや道重さん
が公言していますが、そんなハロプロが指原氏の
行動や言動で変化の兆候が出てきます。

間違いなく、指原氏がAKBに入った2008年は
AKBの天下でした。
大声ダイヤモンド、2009年の言い訳may be、
RIVER。
劇場公演楽曲の切り売りからメジャーリリーズ向け
の楽曲を別に制作する形態にシフトした時期です。

そして、ハロプロは低迷期でした。

ちょうど2008年から紅白歌合戦に
出場できなくなります。

2007年に秋葉原界隈アーチストのくくりで
メドレーで出演し、2009年から本格的に
出演することになります。

まさにハロプロと入れ替わりです。

そんな時代に、指原氏はハロプロは自分の
アイドルになるきっかけだったと随所で
堂々と発言していきます。

これを聞いたハロプロ陣営は当然、
いままでの自分らの態度に恥ずかしくなってきます。

そして、そんな風潮がハロプロ内に吹きわたって
かどうかはわかりませんが、道重さんや、
嗣永さんといった、ハロプロを代表する
メンバーが実はずっと気になっていて、
かわいいと思っていたと反応するように
なっていきます。

連鎖は止まらず、つんくさん、そして、
できたばかりのももいろクローバーの
ごりごりのハロヲタの佐々木さん以外の3人wが、
秋葉原のライブで
「AKBさんのいない秋葉原は私たちが守ります!」
と叫んだり、
自身のライブでAKbをカバーしたり、
と業界内でのミックスチャーの動きが加速し始めます。

そして、テレビの番組でゲストで呼んだり
呼ばれたりという小さなことが繰り返され、

それがTBSのUTAGEといううたばんの後継番組で
形となって現れます。

モーニング娘。の保田さんと、AKBの指原さん、柏木さん、
峯岸さんといったハロヲタメンバーがダブルキャストされます。

そして、ハロプロ楽曲のコラボ、そして、
今でも感慨深いのは、
出番の前に、ついに
ハロプロの「いきまっしょい!」という号令
を指原、保田、峯岸、柏木
でやる瞬間が訪れたんですね。

そして、これはお隣のFNS歌謡祭でハロ、AKB、スタダ、
という代表的な事務所の数十分に及ぶ様々なコラボ
企画として披露されるところまで到達します。

ここで忘れました。

ゆび祭りという、指原氏によって初めてのガールズアイドル
ミックスチャーライブイベントが開催された
のは2012年でした。

TOKYO IDOL FESTIVALは2010年です。

UTAGEは2014年です。

AKBが紅白に出るようになり同時に指原が入り、
ハロプロが指原のおかげで、おぼれかけた
けどなんとか一命をとりとめるかたちになり、
ももクロの出現で、新しい波が大きくなっていき、
TIFが始まり、
ももクロのコンサートに指原が出演、
ゆび祭り、
UTAGE
FNS
そして、現在の
ミックスチャーイベントの常態化、
という形で、
現在の状況のガールズアイドルのオープン化が
形成されたということですね。

だから、

指原氏が現在の最先端のガールズアイドル
システムが構築されるきっかけになっている
ことは紛れもない事実だと思います。

そして、2019年5月からその指原氏もオープン化
されるわけですから、

ガールズアイドル業界のさらなる進化が
楽しみでもあり、怖くもあります。

最後にいつも言っていることですが、
指原氏は面白い未来をみせてくれる
消費者側に立った唯一のリーダー
ですから、
みなさんでサポートしてあげてください。

よろしくお願いします。