カテゴリー別アーカイブ: ももいろクローバーZ

2017.07.26つばきファクトリー「就活センセーション」のルーツについて。

標準

これ最近のドルヲタの皆さんはももクロさんの労働讃歌を
思い出すと思うんですよね。

ていうことは、ももクロさんが元祖だということになると
思うんですが、実は違うんですよね。

まあ50歳以上の方はお分かりかと思うんですが、
実は元祖サラリーマンのアイドル、ドリフターズの
先輩のクレイジーキャッツなんですよね。

これは楽曲なんていう軽いものではなく、
のらくろという、兵隊ライフを楽しく
生きていく人を動物に置き換えて、
その動物たちの人生を描いた大ヒット
漫画作品があるんですが、それが最初で、

その後、それらを見て育った青島幸雄さんが
それを大会社と小社員というポジションに置き換えて、
これも当時アイドルだったクレイジーキャッツを
題材にして映画と導入歌をやらせて
サラリーマンアイドルとしてのクレイジーキャッツ
が誕生したんですよね。

でもその後輩のドリフターズはサラリーマンを題材にはしません
でした。

ですので、クレイジーキャッツの後、しばらく
そういうブームは沈静化していたんですが、
釣りバカ日誌という漫画が出てきて、
復活の兆しが出てきました。

そして、メンバーが次々亡くなっていくなかで
盛り上がってきたクレイジー再評価の波
の中で、川上アキラや佐々木敦規といった
スタッフがそれを再びももクロさんを使って
現代によみがえらせることに成功したのが
労働讃歌でした。

しかし、一番やってもよさそうな。青島幸雄と
放送作家繋がりの秋元康も、とんねるずで
サラリーマンを少しいじった
程度、それもマジな感じで笑いが一切ない感じで
いじった程度、そしてAKBにおいても理由はわかりませんが
手を出さずに、後を追うものは出てこなかったんですが、

つんく氏のももクロになら追いつけるという発言の後、
急速にハロプロチームによるももクロ研究がすすみ、
その結果出てきたものが今回の
就活センセーションっていうわけです。

こう観てみると、ももクロさんの楽曲ってハロプロと
雰囲気が似ている部分が感じられて興味深いですよね。

AKBとハロプロって指原氏がいろいろやってみて
相性悪いってことが判明したけど、

ももクロとハロプロて実はまだ
未開拓な部分なので、クロスオーバー
させてみたら面白いものができそうな
気がするんですけどどうなんでしょうかね。。

SIFはスターダストアイドルフェスティバルにしたほうが良かったと提言したら受け入れてくれたようで。

標準

2018年7月28日(土) / 7月29日(日)
アイドル界最大の夏フェス

「夏S」開催決定!
(※読み:ナツエス)

さらに!スターダストアイドル新プロジェクト
スターダストプラネット
立ち上げ!

SIFというタイトルまでは良かったが、それをなにを血迷ったか、、
志賀高原アイドルフェスティバルっていう中途半端なネーミング
にしてすべりまくってしまったスターダスト芸能3部。。

世間では当たり前のようにスターダストアイドルフェスティバル
の方が良かったというコメントで埋め尽くされた挙句、
世界観はそのままに、ネーミングをブラッシュアップして
正式決定してくれました。

でもこれである程度スタダの上層部が動くビッグプロジェクト
として決定したことがくみ取れたので嬉しく思いますし、
楽しみになりました。

ちなみにスタダはなぜTIFで満足しないのか。
私は演奏時間が関係していると思います。

スタダは楽曲を大切にしているので、最低でも30分、
出来れば60分以上を割り当ててほしい気持ちを
出演オファーを考える基準としてあるんじゃないかと思います。

だからしっかり演奏時間をとるフェスティバルにすること、
これがマスト条件で、

あとは
年始の藤井との統合(全スタダガールズアイドルの年に1度の出社日)、
TIFの現体制への不満点の解消、(出演時間、環境、条件、著作権の所在場所、有名人は無理等)
ガールズファクトリーへの依存度の解消(スタダよりフジのスタッフしか成長しない)、
スタッフ陣のキャリアやスキルの蓄積の為、

この夏Sについてはそういうところに主眼
を置いているんじゃないかと思いますね。

7月28日、29日っていうことで、
約1年後の予約なので、大きな場所だっていうことは
推測できますよね。

野球場は半年後で大丈夫なので、日産とかの競技場、
どっかの広場、高原なんじゃないかと思います。

それも予約済みなので、
あまりイベントをやらない場所じゃなくて、
やる人が多い競争率が高い場所かと。

そして位置づけについて。

ガールズファクトリーが7月中旬と8月中旬。
夏バカが8月上旬。
TIFが8月上旬。

これ多分、夏バカを夏Sに組み込み、
ももクロの開演までフェスを行い、
最後のももクロでしめるかたちにする
んじゃないかと。

夏バカは祭りに発展し、今年はスタダ以外のアイドル
も出演していただき、異なる事務所のアイドルをオファーして
組み込むスキルも蓄積され、当初の目標に到達したから、
それをさらに発展させると、結局プロレスとかいろいろやってきたが
アイドルのライブというところが結局最も重要なメインコンテンツだと
いうことに気づいたことから、
夏Sという事務所を問わない、スタダのアイドル観に賛同いただける
アイドルさんに参加してもらって、どのフェスが最も素晴らしいのか
お客さんに答えを出してもらうことしにてぶつけてみようと
思っていつものスタダらしく見切り発車的に考えるより動く的な
感じで決めたんだと思います。

あと

スターダストアイドル新プロジェクト
スターダストプラネット
立ち上げについては、
もともと3bjrのメンバーがスピンアウトして
ももクロ、エビ中、が生まれてきたので、
最初は3bjrが母体だったんですが、

最近は以前にも書いたんですが、
3bjrではなく、しゃちやたこ虹のような、
スターダストのアイドルオーディション
出身組も出てきたんですよね。

そうすると母体が2つに分裂してきたわけです。

まあAKBも昔はオーディション組とスカウト組
があったけど所属は若手もベテランもAKSで一貫
していたのでまとまっていたから、
スタダも本当は3bjrにまとめればいいんだけど、
3bjrは小中学生だからオーディション組を所属させると
めちゃくちゃになっちゃうからできないわけですよ。

そうすると、年齢ではなくキャリアで分ける
所属母体が必要なわけで、
それをスターダストプラネットという
かたちでまとめるつもりなんじゃないかと思いますね。

だから3bjr、とき宣、ばってん、いぎなり、たこ虹
しゃち、エビ中、ももクロは全てスターダストプラネット
所属というくくりにしたほうがわかりやすいっていうね。

で若手の所属は3bjrではなく新しいくくりをつくるんじゃないかと。

ハロプロぽいですよね。

研修生はハロプロ、研究生はAKBなので、
スタダ実習生とかそういう感じになるんじゃないかと。

最後にまとめとして。

ハロプロやAKBやスタダというようなビッグアイドルプロジェクトは、
メンバーのコメントからもわかるように、明日消えてなくなる
んじゃないかという不安と闘いながら一日一日を信じて着実に
成長してきた世界です。

ですから毎日どこかしらがほころんだり破損しても
そこだけを応急処置しながら対応してきました。

ハロプロやAKBはそのタームからはとりあえず脱した
感がありますが、スタダはこれから次世代に向け
動き出せるように改修していく必要性がある気がします。

F1のピット入りと同じで、多少遅れが生じると思いますが、
事故を防ぎ、今後より着実に周回を重ねて記録を残していく
には必要な作業です。

今回のスタダの判断には両手を上げて賛同したいと思います。

2017.09.10アンジュルム横浜ベイホールは11人の場合どうなんだろうか。。

標準

昨年に引き続き、落選祭りとなったアンジュルムの横浜ベイホール。
約1000人のキャパなんですが縦に長いので後方はあまり見えなくなる。
zeppが1500人程度なんであれの一回り小さい感じ。

オークションサイトでは軒並み10000円越えの値が付いている。

しかし、果たしてそれだけの価値があるのかどうか。

本当は値段が変わらないVTRや衣装、セットに投資した
武道館のほうが良いんじゃないか。

まずアンジュルムは11人になりました。

まず従来の9人での横浜ベイホール

アンジュルム横浜ベイホール9人

9人でこの状態なんで、11人になると絶対誰かが重なります。
端っこなんか隠れちゃってますw

照明も少ないので中央に集中しちゃってます。

5,6人程度で中央でパフォーマンスする状態向けの現場なので、
こんなにひろがってパフォーマンスする状態に対応できてないんですね。

これで武道館と同じ金額だとすると、どうかなっていう。

まあ、ちなみに私は同日にたこやきレインボーの日比谷野音があった
のを忘れてエントリーしてしまったので落選してくれて助かった
っていうこともあるんですけどねw

ちなみに小さな箱だとももクロなんかはファンの熱気に圧されて、
あきらかにテンションが高めで200パーセントの予想不可能な
くらいのものをやってくれるんですが、

ハロプロの場合は良くも悪くも私はここでこぶしを体験したんですが、
特に普段と変わらない感じなんですよね。

そういうのも、とくに定価以上の金額を出して行きたくならない
理由ですね。

ももクロの横浜ベイホールなら10000円出しても行きたいですね。

最新で最先端。これでわかった現時点におけるガールズアイドル楽曲の世界地図。 2017.08.02ももいろクローバーZ「BLAST!」

標準

この楽曲は数種類のパートで構成され、それぞれ異なる
セットでまるで異なる楽曲のように作られています。

ということは、、、

そうですね。でんぱ組の浅野さんの楽曲に似ています。

しかしでんぱとももクロははっきりと違うポリシー
があるような気がしてそれが今回明らかになったような
気がします。

それは、

「汗をかくかかかないか。」

この一点に限ると思います。

でんぱははっきりコンピューターで作ったことを
感じさせるように人間の演奏では不可能な音響処理を
次々に見せつけていきます。

対するももクロさんは、プログラミング段階
では人間では不可能な細分化されたプログラミング
を行っているのに、それをあたかも人間が
バンド構成でやっているような感じで
人間的な血を通わせる処理をあえて施していきます。

パフォーマンス的にも、振り付けにおいても
確信犯的に秋葉原というイメージを表現するため
人形劇的な画一化された微細なパートをつぎはぎ
していくでんぱ組に対し、

無理に人間的な表現が不可能になるくらいの
歌割りや振り付けの微細化をせずに、

あえてプロレスマニアな川上アキラと佐々木敦規
、オークラが率いるももクロの結成当初からのポリシーでもある、
人間的な表現とライブの現場重視というポリシー
のもと、しっかりと人間の汗と涙と血を感じさせる
自然な歌割りと振り付けで表現していく。

私は前衛的なももクロ、秋葉原を追求するでんぱ、貪欲なハロプロ、

この3組で現代のガールズアイドルの楽曲の
歴史はつくられているような気がします。

AKBははいらないのかって?
入らないですよ。。
だって、、
AKBのメンバーは秋元康というおじさん1人ですからアイドルではないですw
AKBとはレシピを考案している秋元康のもので、メンバーは塩コショウと同じで
なにも歴史に残りません。

しかしこのBLASTの振り付け、過去の流用とか、
ここは定番の振り付けで繋いでというような甘ったれた
考えが一切なく、

一分一秒をももクロを世界に伝えるチャンスと捉えて、
無駄に消費せず、ゼロからこの作品用に歌詞内容や楽曲の空気感
を感じながらそれに最適なものを構成している感じで
素晴らしいです。

私がももクロさんにはまるきっかけになったピンキージョーンズ
の振り付けの時からそのポリシーは一貫していると思います。

モーニング娘。、ももクロ、でんぱ組は

アイドルという枠を越えて世界レベルで別格ですね。

STARDOMとももクロさん、さらに矢野通は既に繋がっていたのを知りませんでした。謹んでお詫び申し上げます。

標準

STARDOMの岩谷選手がももクロの精神を感じると
先日書いたんですが、

ももクロのファンならSTARDOMの現チャンピオン岩谷麻優さんにはまると思います。

岩谷選手がももクロ緑推しだったんですね。

東スポ岩谷ももクロ

ほんと、私のももクロ辞書のプロレスの項目が邪道さんから更新されてない
ので知りませんでしたw

失礼いたしました。

ググったら矢野通も一緒だったんですねw

ももクロ邪道矢野通

新日の川上アキラ、ルックスは野性爆弾川島こと天下の矢野通がw
ももクロファンだったのにはでもなるほどなって頷く部分もありますね。。

永源遙と一緒にやってほしかったなあ。。

ちなみに、2017年7月25日のケニーオメガ対矢野通の一戦は
矢野さんの全力で工夫を凝らした戦いが楽しめる、
猪木対モハメドアリを彷彿させるような素晴らしい
一戦なのでぜひ見てほしいです。

説明しますと、ケニーオメガは現在の王者です。

その人に正面から行っても勝てませんのでどうするか。。

猪木対モハメドアリですよね。

ゴングと同時にまず自分がプロデュースしたDVDをケニーに
プレゼントしますが当然受け取らないのでレフリーに渡して
もらうことにしますと、ようやく受け取ってくれました。

ケニーが投げ捨てようとするので必死になだめて、、
ようやく開封させます。

なんと、中から大量の小麦粉が顔めがけて爆発して目がくらんでしまうオメガ。

そこを丸め込んで2回3カウントを狙うも、共に返されてしまう。

まだ粉まみれで座り込んでもがき続けるオメガ。

そのスキに全てのコーナーポストのクッションをはがしにかかる矢野ちゃん。

ちなみにこれ通常は1か所ですが今回は王者相手なので4か所の大サービス。

ようやく起き上がってきたオメガを金具むき出しのコーナーに
叩きつけようとするもうまくいきません。。

仕方なく場外に逃げてリングの下に逃げ込むと、中は道具でいっぱい
なので通れない。尻だけ出して隠れている矢野を引きずり出そうとするオメガ。
仕方なく目の前にあるポリバケツをオメガの頭に叩き込む。
そのスキにリングに上がりオメガを倒すと、リングの端に引きずりだす矢野。

場外に下りてその両脚の横にポジショニングして布テープで
ぐるぐる巻きにしはじめる矢野。

解説のミラノ「以前同じような男のマーメイドを見たことがあるんですがw」

オメガが起き上がると、両足でぴょんぴょんしてリング上へw

しかしバトルでは勝てない矢野は早速捕まってオメガに脚をぐるぐる巻き
にされる。

ミラノ「いやー、2体のマーメイドができあがっちゃいましたねえww」

ぴょんぴょんして戦うも決着がつきそうにないのでオメガの連れが
はさみを持ってきてオメガがテープをぶった切ることに成功。

オメガがハサミを矢野に渡そうとして手を出すが「あげなーい」w

で結局オメガが勝利して出口へ向かい、ゆっくりと矢野も出口に
向かうが、出川さんの「鼻水は芸人のダイヤモンドなんだよ」
という名言を体現するかのように、脚のテープをそのまんまにして
ぴょんぴょんして大満足で退場する矢野通でしたw

ももクロのファンならSTARDOMの現チャンピオン岩谷麻優さんにはまると思います。

標準

初期メンが多々出て行ってしまって、苦境にたっているSTARDOMですが、
そんな中頭角を現してきたのが岩谷麻優。

今までのレスラーのようにガテン系のオラオラ系
ではなく、まるでももクロのメンバーのように
素直なコメントすぎて純粋で心が惹かれてしまう
んですよね。

先日、岩谷麻優選手は2012年から2016年まで
引退していた初期メンの美闘陽子選手とメインイベント
でSTARDOMのトップのベルトをかけて戦って
見事勝利したんですが、その後のマイクパフォーマンス
がまるでももクロみたいで心に刺さってしまった
んですよ。

まず美闘選手は空手の有段者なのでキック主体
の構成なんですが、それを岩谷選手は全て受けて最後に
ドラゴンスリーパーからスープレックス
に持ち込んで3カウント取るという、
猪木の風車の理論、全て受けて最後にそのパワーを
全て相手に叩きつけて勝つという、正に王者のプロレスで
勝利したんですが、

そういう経緯から

岩谷
「キック、、痛かったなああ。。
でも、、キックキックキック、、キックだけじゃ私には勝てないですよ。」

美闘
「キックで脚がボロボロだよ!」

岩谷
「公私にわたって仲が良いので、、


「公私混同!

岩谷
「公私混同だよ!!そう、公私混同wwww

仲がいいんだよww

陽子さん、またやりましょう!」

ここで今勝ちまくっていて勢いがある若手の花月選手が
完璧にキャラづくりして雰囲気出しながらリングに上がってきて

「みなさん、STARDOMがこんなでいいんですかw


「いいんだよ!!

公私混同!!

岩谷
「公私混同!!

花月
「そうですかwwww」

(花月キャラづくりを窓から投げ捨てるw)

「www岩谷!挑戦させろよ!」

岩谷
「聞いてなかったよw

花月
「聞いてろよw」

岩谷
「、、、、、、、、、、

まあ雰囲気で挑戦させろってことですねw


「聞いてたじゃねーか!!!!!!

花月
「そうだよ、聞いてたじゃねーかよwww

岩谷
即回答
「やるよ!」

このくだりを見ていて、

なんだこれ、

なにもキャラ付けしないでマスクもしないで
自分の全てをさらけだして、さらに強いって
これももクロじゃねーかって感じましたよ。。

プロレス団体のチャンピオンがももクロの心
で全選手を引っ張っているっていう現実に
凄い時代になったなって感動して涙しました。

STARDOMの源流は全女ですが、全女は
ダンプやらアジャやらってキャラパレードだったんで
余計思っちゃいますよね。

でもカサンドラ宮城選手は真逆でキャラづくり
していますが最近面白くて大好きです。
センダイガールズってそう考えると
原石が結構眠っている団体みたいな気がします。

ちなみに花月選手はセンダイガールズっていう
団体出身でそこで木村花選手と組んで大江戸隊
として活躍していてそのパッケージのまま
STARDOMに移籍して活躍しています。

やはりプロレスはハイライトだけみていても
なにもわからないですね。

最初から最後まで通して観ないとなにも
わからないですね。

あと男子プロレスは対戦する時けんか腰
になるけど女子プロレスは「やらせてください!」
って言葉できちんと伝えますよね。
殴りかかったりしない。

女性と男性の違いですね。

ヲタ芸の男のヲイヲイと女のハイハイの違いみたいな。

2017.07.14-15 「GIRLS’ FACTORY NEXT 17」2017.08.14「GIRLS’ FOLKTORY 17」で見えてきた、ももクロとスタダ芸能3部にすり寄るきくち伸の危険性と改善案。

標準

20170814「GIRLS_ FOLKTORY 17」0

2017.07.14 「GIRLS’ FACTORY NEXT 17」DAY1.から。

えっとタイトルにNEXTとあるように本体は8月の「GIRLS’ FOLKTORY 17」です。

ざっとイベントのポジションを説明しますと、

ファンクラブが有料のグループは8月で、
無料のグループが今回のくくりですね。
またしゃちほこは前回このポジションでしたが、
今回は卒業してたこやきレインボーが主導する形
で研修生をひっぱる形に成長しました。

1日目はバックバンド生演奏で通常のライブと同様のセトリを
実行していました。

最後の方に走れ!みたいな定番とか
パレパレードみたいなマニアックなものを
サービスで入れていましたが、最後は
きちんと自分たちの楽曲でしめていました。

シークレットゲストでNegiccoが冒頭数分と
ラスト前の数十分を担当していましたが、
いまいち役割が意味不明でしたね。

アコースティックな2日目のみで
良かったんじゃないかと思います。
本人たちもなんか戸惑っていましたしね。。

2017.07.15 「GIRLS’ FACTORY NEXT 17」DAY2.

こちらは最初からもうアコースティックっていうか、
ポップスをアンプラグドでやるんじゃなくて、
フォーク系の曲をそのまま弾き語りでやる感じでした。

ガチンコ4は1日目の元気な感じじゃなくて
ずっと静かに弾き語りでしたね。

研修生で主義主張がないことをいいことに、
きくちプロデューサーの書いた演出を
ガチンコ3に無理やり具現化させて、
なんかガチンコ3の魂が抜き取られてしまって
観るのが辛くなる内容でした。

後半はスタダはもう関係なくなっちゃって
コアラモードの静かな弾き語り楽曲で
スタダアイドル陣はボーカルで参加するのみ。

ちなみにほとんど見る限りではこの回もFOLKTORY
と言える内容でした。
客の中には1日目と同じ感じで参加したものの
がっかりしている人も多かったんじゃないかって
気がします。

FOLK系が好きじゃないからFOLKTORYじゃなくて
わざとこちらにエントリーしたものの、結局フォーク系
だったっていうことで。

私的にはスターダストのアイドルの素晴らしい特徴が99パーセント
抜き取られていたライブで最悪でした。

こんな内容なら最近静かなフォーク系の楽曲が多い
AKBの選抜にやらせたほうがよっぽど盛り上がったん
じゃないかって思いました。

スタダ芸能3部のパートナーに対する仕事委託内容の再考の必要性について考える。

演出が支配すれば支配するほどももクロの魅力は半減していく。

スタダのスタッフたちが音楽、特にフォーク系に疎いところを突いて、
きくちさんが自分の得意なフォーク系を基軸に
成長プランを川上さんにいいくるめて押し付けて、

最初はバランスよくやっていたものの、最近その規模が
顕著に感じられるほど大きくなってきて、
その悪い部分が今年噴出してしまったような
感じですね。

スターダストのアイドルがフォークをやっていたら
ここまでアイドルプロジェクトは成功してなかった
です。
元気な楽曲で元気なパフォーマンスをしてきたから
ここまで成長してきたわけです。

そしてそのフォークとは真逆の言葉という陳腐な
壁をいとも簡単に飛び越えて、
5人が創り出す純粋に表現される世界が感動
を与えてきたからこそ、賞賛されているわけですよ。

例えば、井上陽水と同じことはできませんが、
違うやり方でそれ以上のものを与えることができるのです。

泉谷しげるの春夏秋冬は表現不可能ですが、
その歌詞や楽曲の表現や深さを、歌とダンスと
笑顔と心というパフォーマンスに置き換えて
表現することが可能なのです。

ちなみに、
フォークというのは詩人に匹敵する物事を洞察する
能力とそれとそれを伝えるための作曲作詞能力
が必要です。

スターダストのアイドルにはアイドルという性格上、
社会に影響を与えるようなそういうパワーが
備わっているとは思えません。

もし備わっていたならきくちさんに言われなくても
自分でそういう活動をしていたと思います。

ないからこそ新しいアイドルグループとして成功したわけです。

だから作詞をするならフォークという括りをとっぱらい、
バンド形式、打ち込み、合唱、弾き語り等、
メンバーの自由にやらせるべきです。

ももクロ以下スタダ芸能3部には、前山田健一、佐々木敦規、きくち伸という
濃い目のクリエイター達が、川上さんの新しい物好き、
刺激的なものが好きという長所でもあり短所でもある
性格を突いて歩み寄ってきますが、

ももクロは既存の社会にはない魅力を形成して
成功してきたのに、
そういう人たちにあまりにも勝手にやらせていると、
それが既存のどこにでもあるような魅力に
落ちぶれてしまう心配があるので、

貪欲に吸収するのも大事ですが、
あまり既存のものを吸収させすぎるのも
ももクロの良さが消えて陳腐なグループに
落ちぶれる結果になる気がしますので
如何なものかと思うんですよね。

最後に改善案ですが。。

どうせやるなら、
関白宣言をダンス入りで表現するとか、
打ち込みで自作して表現するとか、
表面上の形式にこだわらずに
その原曲が持つパワーを伝えることを重視して
すすめていけば、世界でも稀な
アイドルグループに成長するんじゃないかと
思うんですよね。

とにかく年寄りが若い芽を摘むような
老害にならないように
気を付けてほしいですね。

[追記あり]ももクロさん、AKBGの衰退やハロプロ陣営が派手さを失ったことが懸案されて、やっとめざましライブ2017に降臨しました。

標準

ももクロさんは初回のTOKYO IDOL FESTIVALに出演したのは
大したことないんですが、そこでAKBやハロプロの定義する、
メディアを利用して宣伝して刷り込ませて商品化
する既存のアイドル像ではなく、

いままで見たことがない、なにも前知識不要で初見で
即座に心に訴えかけられてしまう、
バーリテュード(なんでもあり)の格闘技のような、
限界ギリギリのパフォーマンスを完成させて、
それをスタッフと客を含む全ての観戦者に向けて
爆発させ、感動の渦に巻き込む大成功を収め、

スタッフにTIFというイベントを継続的プロジェクトに
するべきだということを確信させてからは、

出演料も上がってしまって、それ以来TIFはギャラが安いことで有名なので、
出演することはなくなり、
フジテレビ系列のイベントにはハロウインのT-SPOOKのライブしか
出演しなくなっていたんですが、

AKBGの指原氏が初めて1位になった時の熱や、
モーニング娘のフォーメーションダンスの衝撃から
少し冷めてきて、安定期に入ってきたので他の
インパクトのあるものを探したが初回のももクロ
のような衝撃波を与える可能性を感じるものは見当たらないと
感じたTIFのスタッフたちは、当サイトの
TIF初回はももクロさんありきのTIFだったという
記事
から、改めてももクロとは何だったのかを
再考した結果、私の言う通りももクロがTIFの
エンジンに火をつけたというコメントを受け取り、

まずは手始めに2016年に佐々木彩夏ことあーりんがソロ出演したものの、
有料向けにがちがちにセキュリティを縛って入場に手間取り
ガラガラでイベントを遂行させて大失敗させたので
2017年はそれを取り返すべく無銭のsmilegardenに
移してあーりんとTIFが一心同体となって、

その流れがももクロの再評価に繋がり、遂にめざまし
ライブの出演に至ったんだと思いますね。

めざましライブの経緯としては、AKBGが指原氏初一位の2013年に
フォーチュンクッキーと共に2014年まで支配し、AKBは当然として
チーム別にライブを遂行するという今から考えると異常なほど
AKBGブームにおんぶにだっこしてたんですが、

2015年から衰退しはじめ、USJに現場を移すことになって、
2016年から衰退が加速し始めて、フジテレビはAKBGに変わる
勢力を探し始めたものの、見つからなかったので、
当サイトの記事を読んで、ワラにもすがるような思いで
ももクロをいろんな角度からプロファイリングしたところ、
ライブに強いももクロさんとスターダストという答えに
行きつき、今回の出演に至ったんじゃないかと思います。

8月31日で、ここは入場チケットがあれば後方で無銭でも観戦
可能なので、ライブハウスやホール規模では落選祭りだけど、
誰でも観れるとなると国立競技場以降のアリーナ新規が全員来て
すごいことになりそうな予感がします。

私はももクロさんは無銭で慣れているっていうか、最後方の方が
ココナツサークルとかできて楽しいのでわざと最後方で楽しみたい
と思っています。一応エントリーはしますけどね。

先ほど言ったようにもうAKBGがいなくなり、ハロプロも
いなくなり、自分たちの力で継続出演しているエビ中
は石野卓球の質の悪い偽物のなんとか体育って野郎が連れ
になって、めざましライブのエビ中は自分の中では
ベストだったんですがいく気が失せていたので、
今年は黙ってドラクエ11でもやってようかと思っていたんですが
寝耳に水でしたw

これのあとにT-SPOOKが続くんですがこちらは有料で
多分落選祭りなので、
めざましライブに全力をかけようかと思います。

当日は後方の方よろしくお願いします!

2017年8月9日 追記:

昨日、angel eyes向け先行エントリー開始されたので
応募すべき案件かどうか下調べしたら問題を多数
抱えていることが判明しました。

最初に無銭については後方に用意しているが
キャパオーバーの場合は無くなると。
ももクロは確実になくなります。

またその会場規模ですが、キャパが5000から6000人と
数倍の規模に拡大されてしまいました。
横浜国立大ホールと同じくらい。
しかも前方から後方まで完璧に
柵でがんじがらめなのでココナツサークルは不可能。
動くことも不可能。

一応余談として、横浜国立大ホールは
ハロプロの常設みたいなwところなんですが、
後方は米粒で私がスルーを決め込むことになった場所です。

その上オルスタで柵でガッチガチですから最悪です。

あと演奏時間については45分程度です。
ももクロの場合は3bjrとセットなので
ももクロ自体は30分程度だと思われます。

ということで終了と思いましたが、
青海の嗣永桃子ラストライブ無銭参加経験者
の私の出番が来ましたよ。

これだいたい横は狭いけど奥行きは同じ大きさです。

嗣永青海

ちなみにこの画像、右がステージで左が客席です。
私が無銭で参戦したのは左端の工場前です。

全体画像を見ると、音響は最高で無銭で踊りまくれる場所が
ありました。

それは場外です。

めざましライブ2017
この左上の部分ですね。

まあキャパ6,000人なんで有料でも最初から生で肉眼で
見ることは諦めているわけですから、スクリーン
で見れればいいわけです。

あとさらにこの嗣永の時は後方が工場でしたので声を出せなかった
んですが、ももクロめざましの場合駐車場で周りに何もない
ので場外でもコールを普通にできますねwww

青海とめざまし

いやー、追記を書き始める時はスルーすることにしました
的な終わり方をしようと思っていたんですが、
調べているうちに、場内の最後方から場外に変わったので
内容は変わりましたが無銭で有料より好条件で参加
できることが判明したのでまさかのハッピーエンドになりました。

ということで結局同じ締めになりましたが、、、
当日は後方の方よろしくです。

ちなみに静かに見たい人は来ないでください。

TIF2017 遂にももクロの佐々木彩夏ことあーりんがsmile gardenに降臨。フジテレビさん、演出使用料はサービスしておきますw そして後続の3bjrの45分の意味も考える。

標準

2016年のTIFであーりんは無銭のsmile gardenでこそ
そのタレントパワーが最大限に爆発するって忠告したのも関わらず、

まあよほどギャラが高額だったからなんでしょうが、
バカスタッフたちが損得ばっかり考えた挙句
有料のステージに組み込んで入場制限まで
やって絶対元は取ってやる的な作業を
増やした結果、客が入る前に終演時間を
向かえてしまい、結局、あーりんも客も
TIF自体も大スベリすることになって大失敗。。。

今回はもう失敗は許されないぞと、
「鶴太郎 ヨガ」で検索してバカな頭で
ポコチンをじいくりながら考え直したところ、

追記あり:TIF2016にももクロの佐々木彩夏!まさか予想が当たるとはw こりゃマルチヲタ圧倒的勝利の回だなw

私のプランに乗っかることにしたみたいですね。

さらに、他のステージもあーりんタイムの間は配置させず、
全参加者があーりんに参加できる状況にセットアップし、
逆にこれであーりんがすべったら言い訳ができない
チャンスでありピンチでもある凄い事態になって
しまいました。

(まあ、正確にはFESTIVE絶プレしゃちマスカレPASPO奈子ヲタは待機するのでそれら以外ですね。)

tif2017タイムテーブル

まさにあーりんシフト。

金曜日は是非有給とって朝一で全員で全力でヲタ芸
サポしてももクロさん、ひいては日本のドルヲタのパワーを
全世界に向けて見せつけてやりましょうよみなさん!

伝説にしてやりましょう。

そして2018年はももクロ本体を引きずり出してやりましょう。
って思いましたが盛り上がりすぎたら逆に本体が出たら危険だから
無理ですねw

ちなみにあーりんの後の早朝3bjrについては

川上さんがヤベエステージやるって
昨日言っていたので
20170713momowgp

もしかすると45分ていう特別長い時間と、

さらに5分の転換時間の理由は、

あーりん向けのセットが組まれるためなのか、

はたまた3bjrの演出の為なのか、

スタダがコラボしたりするのかなってイカ臭いにおいが
してニヤ付いてますw

私が考えられること。

3bjrによる先輩楽曲メドレー。
3bjrと初代3bjrのコラボ、まあスタダtif組全員で
愛のスターダストか新曲か数曲のコラボ。

とにかく3bjr単独でさらにオリジナル楽曲のみでは
あーりんの勢いを殺さずに引き継ぐ能力はないと思うので、
オメガが最終戦でこれまで倒してきたレスラーの必殺技を
全て披露してタイトルをもぎ取った的な
ことはやるんじゃないかという気がしています。

川上さんのヤベエは最近ヤバくないときが多くなっている
ので、、、

今回は始末書対応で川上アキラがげっそりしてしまう
位の本気のヤベエを期待したいです。

夏焼雅が指原氏をフォローした理由と第二回ゆび祭りの3大事務所(ハロプロ、スタダ、ディアステ)の展望について。

標準

現在着々と準備が進行していると思われる第二回ゆび祭りに、
熱心なオファーを受けたんじゃないかと思いますね。

それで、興味を持ってフォローしてみたんじゃないかと。。

ちなみに今回のゆび祭り、前回はテスト的な感じでしたので
ハロプロ側も様子見でBuonoを出したんですが、

今回は信頼度が強くなっているのもあり、
ハロプロ枠は増えているんじゃないかと思います。

前回でもスタダ枠が2枠もあったんで、スタダ枠は3枠、
ハロプロ枠も3枠程度拡張しているんじゃないかという気がします。

で、多分、前回モーニング娘。はギャラの関係で無理だった
気がするので、イベントに対する期待度が上がっており、
資金的にも前回より余裕があり、繋がりも太くなっている
今回は大丈夫じゃないかと思います。

一押しのモーニング娘。
番組で出てもらったのでアンジュルム、
最後にハロプロキッズ組からpinkcresの雅。
サプライズで道重さゆみって感じでしょうか。

スタダ組も3枠程度で、
まずは川上さんに話をつけてあるのでももクロさん、
エビ中、まあ順当にしゃちまででしょうね。
それか、エイベックス繋がりでたこ虹まで。

で今回はさすがにでんぱ組も来るんじゃないかと。

アイドルの番組のMCを経験したおかげで、前回の苦労は
どこへやらで、オファーも順調に進んでいるんじゃないかと思います。

しかしまあギャラ的にどっか切り詰めないと無理ですが
上記のグループが出たら会場の雰囲気がやばいですよねw

フォークジャンボリーのような
歴史に残るイベントになると思います。