カテゴリー別アーカイブ: 早見あかり

2016.05.01よりnanoCUNEがnanoRiderに改名することを発表。

標準

20160430nanocunenanorider

いつものnanoFREDでの公演終了後、
伊賀社長から発表されたようです。

なんか亜弥実さんの「0:00になったら公式ホームページに来てくれ」
って言うメッセージをどこかで読んだので、見れる方は見てみて下さい。

いろいろな状況を総合的に取り入れて考えると、
2人組になって、いろいろその立場を逆手にとって
ピンチをチャンスにするようなアイデアを
考えに考えた結果、私が言ったnanoCUNEを今までの
第一期とこれからの第二期に分ける感じになった場合、
改名したほうがわかりやすいだろうということで、

ももクロが早見あかりが抜けた時マジンガーZから取ってももいろクローバーZにしたから、

nanoCUNEにとっての早見あかり的ポジションだった歩さんが脱退したことを被せて、
水木一郎繋がりの仮面ライダーから取ったっていうことだろうと思いますね。

まあ最近二人になってフルーツポシェット等の先輩方と
共演させてもらう機会も増えていることから
まあよりロック的になってまとまり感も出てくるので
いいんじゃないかっていうのもある気がします。

ももクロは水木一郎のゼーットという雄たけびがキーポイント
だったと後日川上さんより公表されましたが、nanoRiderについても
伊賀社長から理由については後日公表されるんじゃないかと思います。

アンジュルムが最近新人が増えて先輩と新人のスキルの差が
広がってしまって苦労しているとコレオグラファー(振り付け)
の先生が漏らしていましたが、

nanoCUNEについても、これからもし新人を入れた場合、
同じことが発生することは明らかで、
アンジュルムは人数が多いので目立たないですが、
nanoRiderは数人なので顕著にそれが現れると思うので、
容易には増員は不可能だと思います。

解散は無いと言うことですが、増員もそうなるとそれなりの
労力が伴うと思うので、容易には無理だと思うのです。

nanoRiderの未来像は不明確ですが、私はここや現場で支えるのみです。

とりあえず今日の0時に訪れてみましょう。

広告

スターダストという事務所においては、早見あかりが正道でももクロが邪道なんですよね。

標準

最近、映画「幕が上がる」で本広監督がすっかりももクロさんに
はまり、ももクロさんの結成から現在までのドキュメンタリーを
鋭意撮影中だというんですが、
そういうプロジェクトが動き出すくらいに活発化している
最近の本広監督とももクロのプロジェクト。

そんな訳で、幕が上がる関連で、様々な媒体でももクロさんが
今まで話されることがなかった話を、最近インタビューで多く
披露していて、その中でも今まであまり表で語られることが無かった、

「ももクロのメンバーはスターダストという女優事務所に入るにあたり、
そして所属して活動するにあたり、女優を目指していたのであり、
これっぽっちもアイドルになることなんて考えてもみなかった。。」

という話が聞けることになったわけなんですね。

この展開になることで真っ先に思い出すのは早見あかりさんのこと
なんですよね。

これまでは、ももクロというスターダストの初めての大型
アイドルプロジェクトにおいて、早見あかりさんは、
遅刻の常習、ファンへの対応も最悪、素直に笑顔をつくることが出来ず、
仕方なくクールビューティという肩書を付けてフォローしてもらったりして、
無理やりアイドル活動を継続していたという話があかりさんの
ももクロにおけるエピソードになっておりました。

でも、実は早見あかりさんを含め全員がアイドルなんか目指しておらず、
女優を目指していたということが今回表面化した訳ですよ。

ということは、早見あかりさんの、女優を目指すのでももクロを脱退する
という行動こそ、実は正当な行動で、
逆にももクロを継続している残りの5人が邪道なんだということが
わかったわけですね。。

ももクロヲタ界隈、特に古参であればあるほど、あかりさんは先述の理由から
叩かれていたんですが、今回こういう馴れ初めがクリアになったことで、
あかりさんもももクロもどっちも悪くないということになったわけなので、

あかりさん、ももクロ、ファン、全てにとって最良な結末に時間が導いてくれる
ことになって良かったなと思います。

本広監督のドキュメンタリーを楽しみにしたいと思います。

いとうまい子「アイドル時代の5年間はほんとにいやだったあww」

標準

「女優さんになりたかったからね。

でも80年代は仕方なかったんだよね。
みんなアイドルやらされるから。」

早見あかりさんなんかもなんかこういうの聞くと
気持ちがわかるなあって感じがしました。

アイドルがいやだったんだよね。

早見あかりさんはいい話聞いたこと無いからね
アイドル時代の。。いやだったんだろうね。

UFIの未確認ラジオ やっとメンバーが偽者の5人から本物のももクロ5人になりました。

標準

テレビの連動企画で番組開始当初からサービスしている
無料企画ですが、
これまでは百田、玉井、佐々木、あいな、外人
だったんですが、今回から
百田、玉井、佐々木、有安、高城
というフルメンバーになりました。

佐久間プロデューサーの漏れ声も健在ですw

内容が5人それぞれの企画ができて
大変濃くなり、時間も長くなりました。

しかしこの番組、アドリブと演技が程よいバランス
で調和されていて疲れないし深夜でも楽に
観れますね。

これからも愛していきたいと思っております。

オークラさん他作家陣のかた、
制作スタッフの方に一言。

注意点としては、疲れるので真面目になり過ぎないように
して下さい。

期待しております。

ももクロさんのPVがHD(1920×1080)化したのはミライボウルから。

標準

ミライボウルですが、

これよく見ていると奥が深くて
早見あかりさんの魅力がですね楽曲の時とコントのときと
全く違うのが面白いです。

明らかにコントの部分のほうが魅力が全開なのがわかるんですよね。
楽曲部分はなんか合ってないんですよね。

女優の道に進んで正解だったと思います。
このミライボウルのこんとのあかりさんは最強ですからね。

あと有安さんが自由に振り付けを任されてるのがわかりますよこれ。
1人だけアドリブバンバンぶっこんでて、しまいにゃ壁のパントマイムなんかひとりでやってますからね。。

ミライボウル。
再評価したいPVですね。