カテゴリー別アーカイブ: ももいろクローバー

2017.07.13バイきんぐ単独ライブ「クローバー」大井町きゅりあんですねw

標準

バイきんぐ単独ライブ「クローバー」〔東京〕
先行抽選
受付期間:2017年5月22日(月) 昼12:00-2017年5月24日(水) 昼12:00
結果発表:2017年5月25日(木) 18:00頃(予定)

【公演情報】
◆バイきんぐ単独ライブ「クローバー」
公演日:2017年7月13日(木)・2017年7月14日(金)
会場:きゅりあん(品川区立総合区民会館) 小ホール (東京都)

驚きました。

北沢タウンホールで安定していたみたいですが、
まさかのきゅりあんですね。

座席は20列以内なので環境も良さそうです。

地元大井町で有名人がライブするので驚くのは
ヤマダ電機のももクロさん以来ですねw

大井町ももクロ

もう5月8日から先行が始まっているみたいなので
落選が濃厚ですがお祝いにエントリーしました。

バイきんぐクローバー_01

大井町、ももクロ、ももいろクローバー、クローバー

ってことはないよなwww
ぐぐったけど特に関連してないしね。

2017.05.17 ustream momocloTV ももクロの初期構成について川上さんが話していました。

標準

高井つき奈メインで、

 

藤下リョウジが始めたのが

 

現在のももいろクローバーの原型。

まあ川上さんは当時川尻エリカ担当だったんで本当は女優担当で行く感じだったと思うんですよね。

しかし川尻が問題おこしてちょうど猫の手も借りたかったももクロプロジェクトに回されたと。

ももクロがAKBをパクる時代に突入しましたね。

標準

ももクロさんはピンキージョーンズあたりから
独自路線で結構頑張っていたんですが、
ゴリラパンチを聴いてがっかりしちゃいました。。

http://v.youku.com/v_show/id_XMTUzNTU5NzI4MA==.html?from=s1.8-1-1.2&spm=a2h0k.8191407.0.0

AKBとももクロさんの兼任ヲタならわかるんですが、
秋元才加さんの卒業記念楽曲のウッホウッホホ

http://v.youku.com/v_show/id_XMzAxNTA5OTA0.html

という、秋元さんの男らしい威風堂々とした生き様
をゴリラに例えた劇場公演曲があって
楽曲が表現する世界が同じなんですよ。

あとこれが作詞の秋元康さん独特のセンスで、

人間の短所をぐっと大衆の面前に晒上げるようにして
長所に変えてしまうっていうセンス、
指原氏もゲロブスっていうワードで長所に変えてしまった
じゃないですか、、

そのセンスをも丸ごとパクったのが寂しいんですよね。。

ももクロさんのファンはこんなこと知らないので
手放しでこの楽曲を推しまくっているので
なんか可哀そうです。。

宮本さんが選考段階で落としていればこんなことに
ならなかったんじゃないかと思うんですが、
まあ今回の件をきっかけに、宮本さん以下ももクロの
楽曲スタッフはAKBGの劇場公演曲を知らないっていうことも
明らかになってしまって同じキングなのに
知らないんだなって切なくなってしまいました。

嗣永桃子の2017年ラストイベントが全て明らかになりましたので検証してみます。

標準

・3/22(水)3/30(木)4/13(木) COTTON CLUB (東京) 90分

HAPPY DINNER TIME 〜ももにさちあれ!〜 14,000円(手数料込)

・4/18(火) 品川プリンス ステラボール (東京)~ももの種~
・4/19(水) 品川プリンス ステラボール (東京)~ももの木~
・4/20(木) 品川プリンス ステラボール (東京)~ももの実~

嗣永桃子メモリアルイベント ももがたり 6000円(手数料込)

・5/22 横浜アリーナ

Buono!ラストライブ 横浜アリーナ 9800円(手数料込)

・6/2-6/4

おとももちツアー2017 109800円

・6/30(金) 青海野外特設会場(青海南臨時駐車場) (東京) 16:00 18:00

嗣永桃子ラストライブ ♥ありがとう おとももち♥ 10800円(手数料込)

ということで。

ちなみに私がもし嗣永桃子だけのファンだったら行くと思いますが、

ももクロさんの大型コンサートで10000円払って米粒以下のメンバー
しか見えず、リアルにメンバーのパワーを体感できないバカバカしさ
に忌避し、他の情熱を体感可能な現場に手を拡げ、それからは
アーチストよりもイベントの内容を優先して行くことにしたので、

そうすると、同じ時期にもっと他に刺激が得られるイベントっていうか現場が
あることがわかっているので、そういうひろい観点から、
ももちの今回のラストイベントを価格と会場の規模から考慮すると、
そういう信頼をおけるイベントは限られてくるような気がしました。

まず、ディナーショーですが、

FCイベントと大して変わらない気がします。
14000円は食事代に取られるのでこれはスルーですね。

ももがたりは

90分づつ時期を分けてトークするようです。
でもこれ行くなら3回行かないと意味がない気がするけど
3回分当選するとは限らないのでそうするとスルーですね。
1回だけ当選しても意味がない。

横浜アリーナですが、

私は中野サンプラザのカントリーガールズに
行くので、そうすると規模的にそれ以上のものは得られない気がするし、
内容的にも夏焼雅はもうハロプロを卒業して新ユニットに
情熱を注いでいるのでbuonoについては既に半殺し状態の活動状態
だったので冷めてるし、
鈴木愛理はまだ歌手を続けていくようなことを言っていて、
引退するのはももちだけで、また、berryzの時に引退する予定だったので
雅も愛理もその時より気持ちは冷めている気がするので、
そうするとカントリーガールズの現場の方がメンバー全員が年下で、
全員がゼロから教育を受けたことで、感動的な別れをしそうなのが
イメージできるのでそれに比較すると10000円出すほどじゃないかなって
ことでパスですかね。。

おとももちツアーは

接触が苦手で、7000円程度のコンサートに比較して
特に値段分の喜びを得られないのでパス。
乗り物酔いするし人見知りするので疲れるだけだしね。。

で最後のラストライブ。

これ実は期待していたんだけど、
会場の規模が最悪で即スルーすることにしました。
zeppとかTDCとか20列程度の現場でやってほしかったんだけど、
これで後方になった時にゃ

青海南臨時駐車場

たまったもんじゃありません。

しかしなぜラストは大きい会場でやりたがるんでしょうね。

なんかももちはよくももクロやAKBに対抗心を燃やすコメントとかするので、
まあ心のどこかにコンプレックスみたいなもんを持っていて、
大会場でやりたいっていうやってやるっていうか、
それでそのコンプレックスを解消して辞めたかったってのがあったんでしょうね。

でもAKBやももクロの大会場が嫌いでハロプロに逃げてきた
私にとっては、たまったもんじゃありませんw

私はラスト前のライブハウス規模のカントリーの現場に行った方が何倍もももちの魅力を
ダイレクトに感じることができると思います。

これは結構がっかりしました。

スルーします。

マラソンで最後の10分だけ見るのと同じで、それまでの経緯を経験していないと出演者と感動を共有して最大限の感動を得ることはできないのです。

ハロプロ(カントリーガールズ)は定期的にライブハウスツアーをやってるんですが東京ではやらないので、もし該当した都市に行ける人は価格も安いので是非そちらに行くことをぜひおすすめしたいですね。

一生記憶に残る経験ができると思いますよ。

私はもっとも熱かったももクロのライブを思い起こす場合、大きな会場より小さな会場ばかり思い浮かびますからね。

アイドルのイベント現場の規模と現場の熱は反比例するということに注意してももち先輩のお別れイベントを楽しめば素晴らしい思い出作りができると思います。

2017.02.25 AKB48 16期研究生「PARTYが始まるよ」公演。現場詳細と修正案

標準

公演の現在の流れ。

荷物は200円のロッカーに収納。

ペンライト等、どうしても持ち込むものは
ビニール袋をもらって持ち込み。

30分前にフロアに集合して入場順ビンゴ。

呼ばれて入口前のスタッフにチケットと本人確認
書類を提示してARコードを通して危険物検査
して入場。

座席が全て埋まっていてお立ち台も埋まり、
後方手すり前が2割程度空いていたので通路側
に。

まあ内容は問題なかったです。

帰りにお見送り。

スタッフから前列2列目まで終了したら
後方左、中、右、そして座席という
説明があり、

私は立ち見エリア左でしたので、
真っ先に呼ばれて
前列2列目までが終了するまで最前列最右
のスペースで待機後呼ばれて退場しました。

集合写真販売は混んでいなくて
すぐに購入できました。

L版300円、大きいやつ800円でした。

当日夜にアンケート願いのメールが配信されて
いたので回答。

公演で感じた今後のAKBグループの重要な最優先事項の修正案

AKB全体的に言えるのは、メンバー名を運営が思うより数百倍も
客がわかっていないのを理解していないし、軽視していると
いうことですね。

今回は16期研究生でしたが、

浅井七海・稲垣香織・梅本和泉・黒須遥香・佐藤美波・庄司なぎさ・鈴木くるみ・田口愛佳・田屋美咲・長友彩海・野口菜々美・播磨七海・本間麻衣・前田彩佳・道枝咲・武藤小麟・安田叶・山内瑞葵・山根涼羽
鈴木くるみ・田屋美咲・播磨七海

私は事前に播磨さんという
最も背が小さいひとを目的にしていたんですが、
さすがにそれはわかりました。

でもう一人、梅本さんも目的だったんですが、
短髪なのでわかるかと思っていたらもう一人
短髪メンバーがいて、結局最後までわから
かったです。

髪型は公演中に乱れるので髪型で見分けようと
してるとそれは通用しませんでした。

ちなみに研究生だからかと思ったんですが、
よく考えると、すべてのAKBグループとチーム
に共通して言えることで、

特にバラエティ番組での活躍がなく、
劇場公演で頑張っている人ほど
わからないですね。

名前を表示するとか、
%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%83%97%e3%83%ad%e7%a0%94%e4%bf%ae%e7%94%9f

推し色を身に着けるとか、

%e3%82%82%e3%82%82%e3%82%af%e3%83%ad%e8%89%b2%e5%88%86%e3%81%91
容姿以外に確実に判別可能になる要素を
メンバーに与えてほしいと思いました。

衣装は無理でもアクセサリーとかなら
可能だと思うんですよね。

あと無料で公演の映像を名前の字幕入りで
配信するとかね。

私は昔の映像だと有名なメンバーでもわからない
ときがありますからね。
そういう場合、劇場公演DVDの冒頭のメンバー紹介インサート
がたいへん役に立ってます。

メンバーはいろいろ自分を目立たせるアイデアを
もっているのに運営側がやらせていないっていうのが
現状だと思うので、

運営側はそれを部分的に許可してあげて
より多くのメンバーの知名度を運営とメンバーが
共になって向上させて、より多くのファンが増えて、
公演をより盛り上げて、より多くのメンバーの
握手券が売れるようにして、っていうように、、

メンバーの知名度を上げることは、全ての面で
良い方向に導いてくれる要因になると思いますので、

アイデアと工夫を凝らして知名度向上というテーマ
を最優先事項に掲げてよりグループの活性化に
繋がることをひとつづつ積み上げていって
欲しいと思います。

みなさん真剣に選考して真剣に努力して、
真剣に遊んで、真剣に社会を盛り上げようと
しているのに、それが知名度がないだけで
素材の無駄遣いに終わっている気がするので、
メンバーに丸投げにせず、可能な限りのことを
運営側も努力して欲しいと思います。

バグっていいじゃんの特徴的な部分は電気グルーヴの悪質なパクリですね。

標準

いいじゃんてワードから、なになにじゃんなになにじゃん
て、じゃんをつけて韻を踏んでループさせていく部分が

バグっていいじゃんの肝なんですが、
私はすぐケトルマンだって気づいてしょうがねーなって
思いました。。

バグっていいじゃん

ケトルマン

http://www.tudou.com/programs/view/9teruZ9otXg/

これ指原氏がたぶん電気グルーヴのファンだったら
気づいていたかもしれませんが、なんなく許可して
通してしまったってことは、HKTのスタッフが一切
電気グルーヴを聴いたことがないってことが判明して
笑いました。

まあここら辺はやっぱ楽曲のセンスからも
ももクロのスタッフの方が音楽的には
コアな経験豊富なスタッフが多いって
ことがわかりますよね。。

AKBGはほんと音楽的なセンスが大味な
スタッフばっかでどうしようもないですね。。

メーカーはももクロと同じキングなのにこうも違うのかっていう。。

ちなみにHKTはユニバーサルですが、
ここはももクロチームがあまりにも
初回限定版を6種類作る等、やりかたが下世話なので初期段階で契約解除
したいわくつきのメーカーですw

秋元さん、、

残念だけどあんたのやりたいことは

電気グルーヴが24年前!の1992年に既にやっちゃてるんだよね。。

そんな作品を業界からも苦笑いされてんのに

「俺のこのセンス凄いだろ!!」

ってニヤ付いて

よく今頃先端クリエイター面、高城剛ヅラで発表できますよね。

ほんと改めて秋元康の音楽的教養の薄さがわかった気がしますよね。

曲の構成はいつものチャラチャラユーロビートを脱しようと努力している感があって好感が持てたんですけどね。

なによりこれ電気グルーヴがHKTのパクリって言われそうなのが腹立つんだよね。。

スマイレージの方がももクロより先にプロレスラブポーズを振り付けに導入していた。しかし、、

標準

スマイレージの初期の映像を観まくっていたら、
ホントに美少女だらけだったなってことを
真っ先に感じて嵐のように1周が終わり、

2周目あたりから落ち着いてきて、ルックス以外に目を配れる
ようになってきたとき、

あすはデートなのに、今すぐ声が聞きたい
(2009年9月23日リリース)

っていう曲のPVをみていたら

あれ??
これChai Maxx
(2011年03月09日リリース)じゃんてww

これスマは指揮者ポーズの発展形で、
ももクロは全体的にプロレス的な
振り付けの連続の流れで導入された
感じなので、パクリとは違うと思うんですが、

ももクロチーム、スタダチームがハロプロ、スマイレージ
の影響を明言しているところから、このPVを観て
いることは確実で、経緯は違えどアウトプットが
同じになってしまったと考えて取り上げることにしました。

また、なにかとこのChai Maxxの
プロレスラブポーズの導入の件はももクロがマネージャーの
川上さんがプロレス好きだからって感じで結構ももクロらしい
って感じでももクロが先進的だということを語る時に
いままでのアイドルでは考えられないっていう流れで
材料として取り上げられることが多いんで、

それがまさに覆ることになったということも理由としてあります。

ちなみにももいろクローバー時代なのでお間違いなく。

初期からのももクロとハロプロの兼任ヲタでないと
この衝撃は額面通りに感じることができない
と思います。

つんく恐るべしですよね。

あと余談ですが、スマイレージの冒頭の手をはたく振りって
現在モーが頻繁にやってますよねw

しかし、、、いま再度見比べていて感じたんですが、

スマイレージが陳腐なサイドステップの振り付けで遊んでいる時間に
ももクロはアイデア満載の情報密度が高い面白い振り付けを
何種類もぶっこんできてますよね。

なぜももクロにスマイレージが観客動員数を大きくひき離されたのか
嘆いているつんくさんですが、

この数分間のPVを見比べるだけで理由は明らかに
なっている気がしますよね。

ももクロの方が面白そうだからという非常に単純な
理由だったということに。

まあアンジュルムが成功したのもももクロから学び、
パフォーマンスを洗練させた結果、同じくらい
面白くなったからって理由だと思います。

ちなみに笑うという意味の面白さではないです。

ドルヲタの短所を長所に変える方法。

標準

先日、2016年11月12日にAKB48劇場、13日にデスラビッツのライブと
連続で行ってコールしまくってきたらm案の定、14日に喉が調子が
悪くなり、15日に発熱に至ってしまいました。

まず、室内でのライブに行った際は終演後にプロポリス飴を
なめて殺菌し、発病を阻止することが必須です。

あと乗り物酔いする場合は、現場や動画等で一生懸命複数の
気になるアイドルを探し出し、近場の物に参戦すること。

例えば、、ももクロが勝手にアメリカ行っても金も暇もないし、
乗り物酔いするので付いていっても寝込んでしまって
ライブなんかに参戦するのは無理ですから、
同じくらい熱くなれるアイドルを探してそちらに参戦するように
しましょう。

あとは金がない、特にアリーナ系のものは9000円前後程度しますので、
その半額程度や、3分の一程度で楽しめる、あらゆるジャンルの
アイドルに限らないライブを見つけ出してそちらに参戦する
ことにしましょう。

要は同じくらいに楽しめればいいんですからね。

ゴールデンの番組が深夜番組より面白いとは限らないのと
同じように、

1000円のライブが10000円のライブの10分の一になるとは限りません。

逆に10000円が1000円の10倍になるとは限りません。

また、アーチスト側は保証もしません。
その受け取り方は消費者次第なのです。

絵画と同じですね。受け取り方次第。

ゴッホの絵より自分の息子のへたくそな絵の方が感動するみたいなね。

えっと、乗り物酔い、金欠、時間がない、

あとは接触が苦手。

それは、最近は握手会が全体的に規模縮小されて
サイン会とかイベント系に変化していっているので
あらかじめ下調べしていけば大丈夫かと思います。

また、特典会付きライブ後物販とかが多い昨今、真っ先に帰宅できるし、
余計な出費もなくなるし、良いこと尽くしです。

身体が大きくて衣服が着用できないのも出費が抑えられるので良いことです。
グッズで最も高いのは上着類ですからね。
公式グッズはマフラータオルを購入して、衣服は無色の推し色のものを購入し
て自分で好きな文字を印刷して自作しちゃいましょう。

あとは、、
楽曲にシビアなところですかね。

それは、仲間が減っていくことを覚悟しましょう。
逆に、自由に行動できますし、いつでも推し変できますし、
挨拶とかめんどくさいことが必要なくなるし、
飲み会とかで不必要な出費がなくなりますので
いいことだらけだと思います。
思う存分自分の好きな道にすすんでいくべきです。

あとはコールとかができないっていうところですかね。
それは全く気にすることはないです。
ただし、お試し観戦の時は除いて、
自分が推すと決めたアイドルの場合は演者側が
要求したものを返すことと、アンコールは必須条件で、
それ以外は自由なスタイルで問題ないと思いますね。

コールとか振りコピすると、いいことばかりじゃなくて、
その分パフォーマンスチェック能力が劣っていく
部分があるので、あなたは逆にしっかりと出演者の
厳しく練習してきたパフォーマンスをしっかり見ている
ということでもあるので、良いことだと言えるわけです。

自分がメンバーだったらと考えて置き換えると
分かりやすいと思います。

とまあこんな感じですかね。

良いドルヲタライフを!

ハロプロスタダAKBG兼任ヲタによる「スマイレージが同期のももクロさんに観客動員数の差をつけられた理由。。」

標準

スマイレージを聴いているといつも
ももクロさんのことを思い浮かべながら
聴いてしまいます。

で真っ先に思い浮かぶのがつんくの
「ももクロはアイドル渋滞時代に路肩走行してる」
「今からがんばればももクロなら追いつける}
という発言。

楽曲について

ももクロはオリジナルでコンペ採用
スマイレージはつんくが作詞作曲

レベル的には両グループとも特に差は感じない。

ただし、ももクロはゼロから創り出していったが
スマイレージはハロプロ既存グループ用を流用していてステレオ
タイプぽい。

営業方法(現場系)

ももクロは現場重視で初期のボウイのように
ライブができる場所なら車1台でどこへでも飛び回った。
ほとんどメディア露出は無く、テレビCMも無い。
とにかく現場重視。

スマイレージはメディア重視で
初期の現場は主要都市のみで数か所、
テレビCMは普通にあり。
レコード大賞を予定通り獲得。
これはこぶしも同じフォーマットですね。

営業方法(ネット系)

ももクロはライブを無料公開したり
無料ライブ配信したり、
川上アキラがテレビマンの経験があるので
多種多様な企画を提案実行して
即日実行に移す的な方法で、
毎日一秒たりとも目が離せない
スピード感がある営業方法をとっていた。

この時、たまたま資金不足でテレビ露出より
現場重視になっていただけなんだが、
それが幸いして、ももクロを観るには
この川上の配信と現場しかなかったため、
チケット入手やゲリラライブの実行情報、
ライブの予定情報、チケット入手方法の情報、
ほとんどのももクロの情報はネットでしか
把握不可能だったため

ヲタはずっとtwitterで情報にかじりついていた。

また、スマイレージはライブの動画は数か月後の
DVDでしか観れないし、
ライブ配信、とその動画の無料配信、
現場での無料撮影等は一切なかった。
だからももクロのように現場とかDVDとかテレビとかで
興味を持っても、すぐにのめりこんで行く
ような無料のネット配信のような環境は敷設されていなかった。

ヲタの特徴

ももクロさんはスターダストの本格的アイドル育成
初プロジェクトなので、ほとんどはゼロから付いたヲタ。

初期はたまにスマイレージの楽曲もやっていたので、
スマから流れてきた人もいたと思う。

スマイレージはアップフロントの既存グループの
兼任や流動者が多かった。

だからももクロさんは初期は苦労したが、
ももクロでしか味わえない空気であるため、
AKBやハロプロと兼任ではなく興味が無くなり流れてきたり、
ももクロ以外は興味ないヲタが多かった。

スマイレージは既存グループの楽曲をシングルの
B面に収録したり現場で挟み込んだりして
共存する道を選んだ。

当時の事務所の見解の差異

当時の両事務所の求めるレベルの違いを簡単に表すと

スタダ
AKB、ハロプロ、スタダという感じで
AKBやハロプロを追い付け追い越せだった。

アップフロント
モーニング娘。、ベリーズ工房、cute、スマイレージという感じで、
AKBは形態が異なることでスルーを決め込んでいた。
ももクロは地下アイドルの一種的な感じでスルーしていた。

ってことで、

自分的に情報が一通り整理できたのでご報告にあがりましたw

最後に、上記の項目で最も理由として強いと思ったのは

ネット上での無料配信の有り無しですね。

曲や動画を数分見聞きして興味を持ち、
数秒検索してすぐ無料のフルサイズライブで現場の雰囲気や
全容を把握できるのようにした川上アキラは
アイドル界の革命だと思いますね。

ハロプロは未だに古い利権の枠に縛られて
ネットは悪という認識で、

ライブの無料配信=ファンの増加=売上向上

と考えずに、、

無料配信=コピーの増加=売り上げ減少

という旧来の構造で考えてるから、
観客動員数はスターダストに離されるばかり
ですよね。

ちなみにスターダストは観客動員数はAKBGにも
勝ってますから川上アキラは最初はレコード会社
を気にして隠れてアップしていたんですがw
最近は功績が認められて大したもんですよ。

おまけ

事務所の性質の違い

AKBGは約10年前2005年フジテレビから幹部を
引っ張って来たので保守的です。
未だにシングルの特典映像はDVDです。
チケット認証は身分証明書です。

スタダは川上アキラが社運をかけて任されて一代で
築き上げたので革新的です。
CDの特典ディスクはblu-rayです。
認証は顔とIC会員証です。

アップフロントは1997年テレビ東京から引っ張って来た
ので超保守的です。
チケット認証は身分証明書と普通の会員証です。
チケット販売は半分クレカで半分コンビニか郵便局です。

有名なスタジオパークの塚地さんのももクロトークを今更観返したら重要な証言を見逃していた。

標準

鈴木さんが塚地さんのももクロヲタクの様子についてコメントしているシーンでのコメント内容。

「他のアイドルを塚っちゃんが応援している時に、
噂でどこどこのグループが解散するらしいよってからかったんです。以下略」

なんか塚地さんこんなにハマったのは初めてって言っていましたよね。

でも鈴木さんのコメント聞くと初めてじゃないですよね。。

少なくとも私は初めてって記憶していたので、てことは、結局は根っからのドルヲタ
が普通に好きになったってことじゃんてことで、結構衝撃的でした。