カテゴリー別アーカイブ: 石橋貴明

2018.03.01岡村隆史のオールナイトの石橋貴明から有吉さんの石橋フォロワー度を確認し、スタッフ側視点の時系列で2人の繋がりを紐解いてみます。

標準

突然歌いだしたり、読み方ずらしとか、スタッフを巻き込み、
制作側とタレント全てを巻き込んで笑いに変えていく手法とか。

世代が違うのは、

とんねるずはテリー伊藤、港浩一、ちょと離れてマッコイ斎藤ラインですが、

有吉さんは、同じ日テレでも次の世代の土屋さん、でテレビ局のスタッフより
制作会社のスタッフ寄りで、ビビる大木繋がりで内村プロデュースの大内さん、
上原敏明、マッコイさん、という感じでとんねるず世代のフォロワー的な
世代のラインに乗っかっています。

アイドルの穴のスタッフをみると、
桜井慎一さんは今回の放送で明らかになったがとんねるずのANNのハガキ職人だったし、
Dの毛利さんは電波のADだったので、ちょうどスライドするかのように世代が
ずれてますよね。

ただし、とんねるずも有吉さんも秋元康がブレイクの
きっかけになっているのは共通しています。

あと余談だけど、横澤三宅片岡飛鳥のフジテレビエリートコースの
ひょうきん族世代はまた少しずれていて
新しい波ラインになるのでナインティナインのライン
になるわけですね。

とんねるず、有吉、指原、秋元康でトーク企画組んで
欲しいなあ。。

広告

2018.03.01岡村隆史のオールナイト 井上信悟(いのうえしんご)氏とは、、。オマケでその他のスタッフ名の説明。

標準

貴明さんがぶっこんだ岡村さんもポカーンとした井上さんの名前ですが、
とんねるずのオールナイトの常連なら結構な頻度で発言していたので知ってると思うんですが、
岡村さんほんとに聴いていたんですかと疑いたくなるw(うそ)シーンでした。

フジテレビの石田さんが音楽系の現場系スタッフで、この人は
フジテレビの音楽関係のスタッフからポニーキャニオン
に足を突っ込んだ、現場より管理系に進んだ人。

きくち伸の音組の礎を築いた人。

タカさんは自分らの音楽のこと話す時
ポニーキャニオン続きとして井上信悟さんの
名前をよく出しますよねw

ちなみに今回、名前を出した時岡村さんが
笑ってくれなかったのでタカさん寂しそうでしたw

秋元さんとかのりさんだったらなっていうね。。

あと安西さんは安西義裕。マスカッツ関係の番組で出てくる人ですね。
マッコイ斉藤さん繋がりの外部制作会社の一応偉い人。
マッコイさんはマッコイ斉藤。みなさんやマスカッツ系列の演出家ディレクター。

後藤次利さんは秋元康や吉川晃司と縁が深いミュージシャン兼音楽家です。

お笑いに点数をつけるのが好きな芸人はスポーツ未経験者。違和感を覚えるのはスポーツ経験者。

標準

これも2018年の3月1日に石橋貴明さんがお笑いを点数付けたくない
って言ったことから判明したことでなるほどと思いました。

とんねるずを根底から楽しむにはスポーツの厳しい
上下関係の経験が必要なんだよな
だと思いながらその考えを分岐させてM-1のことを考えたら
松本人志はスポーツ未経験者、島田紳助も未経験者ですよね。。

でそのくせわがままで団体行動苦手で自分でチーム競技できないくせに
下手にボクシングとか好きだから、やりたがるのかなっていうね。

ルーチンが違うんですね。

勝負事大好きだけど礼儀やルールを守るのがスポーツマン。
縛られるのが大嫌いで自分勝手なのが文化系w

スポーツ経験者は、スポーツの評価は様々な基本項目を
設けてそれの実施レベルで公平に評価するが、
お笑いの採点はなにも設けずに全て審査員の感覚に任せているから
根本的に異なっているのに同じに考えているから
なんか違和感を覚えるっていう。

マスカットナイトフィーバー わだかまりデュエットのバックストーリー

標準

まず、アイドルの番組で出演者の口喧嘩対決といえば、AKBINGOの
ショージキ将棋が有名ですが、

マッコイさんやオークラさんという、AKBINGOの毛利さん
と同世代のスタッフの番組だということを考えると、
そこからは持ってきてないと思います。

逆に両雄とも同じソースから持ってきていると思います。

となるとどこから来てるのか。

そうです。

夕焼けニャンニャンのタイマンテレフォンですね。

石橋貴明さんが視聴者からのハガキを選び
ランダムに電話して口喧嘩するというもの。

これ最初は普通にファンと話す企画だったんですが
けんかに発展する回があってそれが跳ねたので
そこからタイマンになった経緯があるんですよね。

そしてマスカッツ。

初代マスカッツの時「スカットテレフォン」ていう企画が
ありました。

ゲリラ的に番組に関わっている芸能人に電話して
悪口を言う企画でした。

だからタイマンテレフォンから来てる確率の方が
高いですね。

主旨は面白いからデザインだけ変えてまたやろう
ってことで決まった気がします。

企画タイトルについて。

これはわだかまりデュエットのBGMがわがままジュリエット
なんでどちらかが先だと思うんですが、
マスカッツの企画で以前最後に歌う企画があったんで
それを生かす形にして喧嘩した後デュエット
するっていう内容が決まって、

デュエット
ジュリエット
わがまま
わだかまりデュエット

って感じで決まったんじゃないかと思います。

まあ、そんなこと、、どーだっていいんですけどね。

みつま

co.みつまJAPAN

有田と週刊プロレスと シーズン1エピソード22 数十年追ってきてはじめてわかった秋元康の真実

標準

有田さんはとんねるずの細かすぎて伝わらないものまね選手権の
初期MCだったので番組の企画担当の秋元康とは親しいことがわかります。

その有田さんがはっきり断言してました。

「秋元さんはプロレス大好きなのよ。」

豆腐プロレスとかAKBのプロレスの匂いがするところとか、とんねるずの貴さんがプロレス好きなので

まあ納得ですね。やっぱりそうだったんだと。

有田さんにはっきり断言してもらえて良かったです。

秋元さんがより興味深くなりました。

2016.12.15みなさんのおかげですものまねメドレー。秋元康、とんねるず、私のMVPはミラクルひかるさんです。

標準

いやー、ミラクルひかるさんの工藤静香は
今回の大発明ですねー。

私ととんねるずさんは当たり前ですが、
秋元さんも馬乗りになって殺されたに
違いありませんw

あと後藤次利さんもでしたね。

あと、カックラキンの研ナオコさんは
木梨憲武さんがドツボだった気がしますね。

これも私ととんねるずと秋元さんは
めった刺しにされて殺された気がするんですが、昔から熱心に
ものまねしてたのはのりさんですからね。

最後の原口の山本ネタはとんねるずとマッコイに
寄せる感じで特別につくったネタで最悪
でしたね。。

まあテレビの視聴者を悪者に仕立て上げ、
自分らが正義だとばかりに
裏で山本貴明マッコイ原口の心だけ
繋がればよい的な考えでブッコンできた
のが見え見えで気持ち悪いったらなかった
ですよね。

吐き気がしました。

お笑い芸人が煙草を止める、禁煙する理由

標準

 

~より長い間、より多くの時間をお笑いに費やしたい~

 

っていうことだと思います。

お笑いに限ったことだけではないと思います。

1本2分で20本で40分喪失します。寿命も短くなります。

喫煙なんかよりも楽しいものがある全ての人にあてはまると思います。

2014.12.05 めちゃイケ AKB高橋みなみ岡村隆史熱愛どっきりの演出から片岡飛鳥めちゃイケの未来が見えた。

標準

まず、今回感動演出大好き中嶋Pが関わっていない。

いつものかがり、戸渡シフトでしたが、

それよりなによりも驚いたのはスタッフロール冒頭に

片岡飛鳥の文字、企画統括と書かれていました。

飛鳥さんが離れてから、プロデューサーになり、
中嶋やかがりがプロデューサーになり、
演出は戸渡氏になり、飛鳥さんは総合サポート
的なポジションに追いやられて、とんねるずからは
トラックの運転手になったと言われ、同時に片岡
飛鳥よ戻ってこいと一喝されて、フジテレビが低迷
時期に入ってしまったのもあってこのたび復活と
相成りました。

今回、初めて復帰後の片岡飛鳥の大看板を掲げるめちゃイケ
が放送されて感じたのは、面白いとかつまらないとか
の感覚より重要なポイントとして、良くも悪くも社会を
賑わすような感覚、叩かれる、賛辞を受ける、どっちでも
良いですがいつもひりひりと痛みや痛みを伴う快感
のようなものを感じるまでぎりぎりの内容をつくる
この感覚が片岡飛鳥だったよなあって思い出しまして、
まあハケ水車やあの24時間テレビの深夜の感覚とか、
ああいう感覚を今回の内容から感じて、飛鳥さんが
帰ってきたんだなあってしみじみ感じました。

あとは、最後たぶん中嶋だったら高橋みなみへの贈る言葉
でそのまま矢部が出てきてどっきりを告げて感動で終わらした
と思うんですが、
飛鳥氏が入ったおかげで、あのラストのAKBメンバー全員後転
して笑いでわかりやすく終了させるという演出が入り、
今回は見事に笑いで終演させました。

しかもあの後転した場所の下は、指原氏や峯岸さん、島田さん
とかなら粉や液体系でいった、いかないと落ちないと思うんですが、
今回は他のやりすぎると視聴者が引くメンバーもいるので
スポンジ系で明るく終わらせました。

まあ今回は総合的にまとめると、

秋元康の片岡飛鳥復帰祝い番組だった。

そんな気がしました。

追記:

しかし私は今回の内容は光が戻ってきたものの
創りがいろんな人のセンスがごっちゃになって
どこのパートも盛り上がりが中途半端で終わっていて
録画して残すまではいかなかったです。

これからは飛鳥さん主軸にして、いっそこのまま
終了するくらいなら、Dの日置さんを演出か飛鳥さんか
Pのブレインに置いて、飛鳥+日置新旧バラエティ
2大巨頭を置いていちどやってみて欲しいですねえ。。

飛鳥さんの外側のセンスに日置さんの感覚的なテレビ東京
の佐久間さんや作家のオークラさん的なサブカルが強い
内部的センスを組み合わせたらすごいものが
観れるきがするんだよね。。。。

あとは福田雄一氏を入れるとか、、
いくらでも麻薬的なやりかたは今の時代
残っていますよ。

最近デンジャラス安田氏が入ったラジオ「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」が面白い。

標準

テレ朝チャンネルの竜平会系番組、
ダチョリブレのばっかスが終わって
久しかったんですが、
たまたま2013.02.03の放送を
聴いたら、安田、有吉の神コンビ
がこんなところで復活していて
歓喜しました。

いろいろ聴いていますが、
今現在この番組がだんとつに面白いですね。

でオードリーのANNとナイナイのANNが続く
感じでしょうかね。

やはりとんねるずやたけしさんのオールナイトニッポン
の血が流れているものに面白みを感じます。
有吉さんはもろに石橋貴明さんがフラッシュバックします。

私は伊集院さんは大好きなんですがラジオは
面白みを感じないんで聴いてません。
他のおぎやはぎやバナナマンもあまり
面白く感じません。

ここら辺はやっぱりセンスの問題でしょうかね。
しょうがないところです。