カテゴリー別アーカイブ: 古川未鈴みりんちゃん

古川美鈴と指原莉乃が現在のポジションに存在する理由を考察するといじめられっ子から抜け出す方法が見つかりました。

標準

「いつか武道館」果たしたアイドル 本田圭佑への共感
■起こせジャイキリ サッカー日本代表
◆アイドルグループ「でんぱ組.inc」・古川未鈴さん

2018-06-16_古川未鈴朝日新聞デジタル

小中と個性的な性格からいじめられていて、
アイドルやゲーム、お笑いで現実逃避していた時、
書類審査でハロプロに落選し、AKBに合格した指原莉乃。

時を同じくして、似たバックボーンのもと、
ハロプロにもAKBにも落選して、自分で
自主活動をしながら、ディアステージという
場所を見つけた古川美鈴。

またももクロのメンバーの中で百田、玉井、高城
はハロプロが大好きでした。

ということから考察すると、

2005年AKB誕生以降のアイドルにとっては、
ハロプロはアイドルのアイコン。

ということは。。

ハロプロを知ってハロプロに入りたいと思い、
ハロプロに入れた人はハロプロ以外を
知る必要が無いということになる。

だからハロプロにそういう人が多いのは
当然だということですね。

次にみりんちゃんや指原氏のように
ハロプロに落選した人はどうするか。

他のアイドルを探すことになる。
他のアイドルを勉強します。

指原氏は誕生したばかりのAKBを勉強した。
すると、舞台ではハロプロ他、様々な
有名ミュージシャンの楽曲に似ている
作品でパフォーマンスしている集団がいて、
独自性が強いハロプロが触らない
歌謡曲を総動員させて世界を作り上げていた。

とんねるずのみなさんでおなじみの秋元康と、
ハロプロ以外の有名歌謡曲のパクリの世界、
ハロプロに落ちた指原氏にはカルチャーショックで、
憧れやかわいさとは違う、指原氏が大好きな
下世話な面白さを感じるには十分な世界観だった。

そんな背景を感じ取ったのかどうかは
わからないが、誕生から3年後の2008年、
AKBの書類選考に合格することになる。

同じ時期、両方に落選して悩んでいた
古川美鈴がいた。

それは、当時はまだ、アニメやゲームに特化した、
本格的なトップアイドルグループは
存在してなかったからかもしれない。

ハロプロもAKBもオーディションを受ける
ひとから考えると高齢者といって良いおじさん達が企画した
古い感性と芸術知識しか備わっていないプロジェクトだったため、
比較的新しいタイプの古川さんのようなバックボーンの
備わった人は敬遠されてしまったんだという気がしますね。

時代がおいついていなくて存在できる場所が無かった。

そこで古川さんは多分、私が今言ったことと
同じ感覚を抱いたことで、自己表現をしつつ、
受け入れてくれる場所を探す旅に出たと。

そこで同じような人が立ち上げたディアステージ
のもふくちゃんという感性と合致して、
でんぱ組というプロジェクトが始まったと。

ここからは、多分、これの繰り返しでアイドル業界は
現時点のような状況まで広がったんじゃないかと言う気がします。

落選して落選して落選してって感じで
落選した人が次々に立ち上げていったと。

ここからわかったことがあります。

落選はかわいさやスキルだけが理由じゃない。
感性の合致が一番重要なポイントだということ。

みなさんも自分に合った場所を見つけてください。

ハロプロが誕生して20年。AKBが誕生して10年。

たった20年です。

だから10年や20年の常識なんて覆しちゃって下さい。

一般社会ではいじめられる要素ですが、それは
芸能界に入ったらいじられる要素に変化します。

そういう人ほど欲しがっている人は大勢います。

がんばれいじめられっ子たち。

広告

2017.12.02#235でんぱの神々 もがちゃんが辞めた時期、でんぱ組は他のメンバーも精神的にやられていた時期だったようです。

標準

2017年のでんぱ組の一大トピックスはもがちゃんが7月に脱退宣言した
ことだと思いますが、この時期、未鈴ちゃんも精神的にやられていたようです。

ゲームをやるためだけにベッドとテレビの間だけを行ったり来たりしているだけの
生活だった。

朝と夜も逆転していた。

で、さすがにこのままではだめになると感じて、
マネージャーに相談して、仕事を入れてもらって
極力コミュニティに入っていくように
努力したと。

2017.12.02#235
でんぱの神々より。

これ未鈴ちゃんが話している時、
私はもがちゃんに謝っているような
雰囲気を感じたんですが、
みなさんはどうでしたか。

もがちゃんだけじゃなく、
他のメンバーも大変だったんだよと。

だから助けてあげられなくてごめんね的な
こともね。。

私は以前でんぱ組のことをここで語った時に
でんぱ組はサブカルが大好きなメンバーが
それを楽しみたい為にギリギリの状態で
アイドルという仕事をがんばっている
んだと説明しました。

まさに秋葉原の社会構造と同じく、
競争が厳しくて少しでもうまくいかなく
なればすぐ空き地になって他の店に
入れ替わってしまうっていうね。

そんな中でアイドルしかできないから
やっていると。

これ、ちなみにでんぱ組はもがちゃんだけ
普通のOLから転身者で、他のメンバーは
社会に対応できないからアイドルの道を
選んだような感じなんですよね。

だから、残りのメンバーはアイドルという
職業が適合したが、もがちゃんは社会人もアイドルも
結局適合しなかったっていうことですよね。

もがちゃんは激務に耐えられない気がするので、
そういう自由業的な仕事に落ち着くような気がします。

ちなみに、今回のでんぱの神々ではコンサートの
内容についても説明があったんですが、
当たり前の楽曲を当たり前にやる、
ファンの側にたって久しぶりのコンサート
だとこういう内容が体験したいだろうなっていう
セトリを5人で意見や曲名を出し合いながら
組み合わせていると言っていました
ので、結構第3期のでんぱ組の記念碑的な
コンサートになるような気がしてドキドキ
しています。

もし東京でやるならねw

でんぱ組.inc 振り入れや歌割りの5人シフトへ移行が完了し、2017年12月30日大阪城ホールからようやくライブが再始動。

標準

2017.11.26#234
でんぱの神々より。

でんぱ組20171230ライブ告知

古川未鈴

「でんぱ組はライブだと思うんですよ。

だから、もちろん他の仕事もあるけれど、
ライブっていう大前提の大筋があっての
なにかだと思うので、、
やっぱこう、、ね、、
年末のライブは大事にはしたいなと
思っている訳ですよ。」

私はなんか、初めて未鈴さんから直接
でんぱ組にとってのライブの重要さ
っていうものを訴えかけられた
気がして嬉しくなりました。

もうライブは縮小して行って、
自分たちのサブカル的な部分の
仕事をメインにしていくような
空気を感じていたので、
なおさらです。

東京はいつになるんでしょうか。

願いかかなうなら、代々木体育館後方立ち見の
あのとてつもない置いてけぼり感は二度と感じたくないので、

アリーナではなく、ホール規模でおさえて欲しいもんです。

よろしくお願いします。

アイドルグループのトップメンバーはひとりぼっちの法則が指原氏の証言によって確定的に。

標準

あさイチのゲストに似ても似つかない夜型グループHKTのドン指原氏
が登場してイノッチとぼっち同士でぼっち最高と叫んだようですw

嗣永桃子、道重さゆみ、百田夏菜子、中居正広、指原莉乃、井ノ原快彦、古川未鈴、

みんなひとりぼっちですね。

自分のセンスを信じて道無き道を進んでいるのでどんな業界でも
トップを突き進む人は一人が当たり前なのかもしれません。

逆に友達がいるということは先頭を進んでいないという
証拠なのかもしれません。

ももクロよりdearstageと古川未鈴の誕生の方が早いです。

標準

私は偶然ネット上で拾ったんですが、でんぱ組.incの古川未鈴
さんはでんぱ組.inc前にソロミニアルバムを発表していて
インタビューが収録されているんですが、
吉田豪さんが先に見つけていたようで悔しいんですが、
私もこれはヤバイと思いました。

ざっと紹介しますと、未鈴さんはdear stageができて2ヶ月後
とか、2007年12月ごろにdear stageに来て働き始めた。
もふくさんも同じシフトで働いていた。
であっというまにもふくさんは社長になった。

未鈴さんは学校ではいじめられていて、真っ暗な女の子だった。

AKB 2005年12月
アイドリング 2006年10月
dearstage 2007年12月
古川未鈴 2007年12月
ももクロ 2008年05月17日 初舞台
でんぱ組.inc インディーズデビューシングル&初舞台 2008年12月
ももクロ インディーズデビューシングル 2009年8月5日

古川未鈴名義
2009年06月14日 EP 瞬きもしない流星瞬きもしない流星みりん
2009年11月18日 MaxiEP リモコン・ディスコ
古川未鈴2
2010年03月22日 EP みりかる☆ファンタジー
2010年12月31日 トゥインクルリンク
古川未鈴1

というわけで、、

やはり今般のアイドルブームはAKBが発端となっている
のは間違いない気がしますね。

でAKB(AKS)にフジテレビから秋元康やとんねるずの息のかかっている
スタッフ(松村匠等)がどんどん流用されていくので、あせったフジバラエティ
関係者がアイドリングというシステムを構築。

で秋葉原に出入りしている人がdearstageという
店員と舞台という同じ構想のシステムを急いで構築した。

AKBはあくまで秋葉原という場所は宣伝として使っているだけ。

dearstageは創作するもの全てに秋葉原の文化や空気を吹き込んでいる。

そしてももクロはハロプロのシステムのパクリから
AKBの色分けシステム、ゲリラ的イベントの文化等、
AKBやハロプロ両方から影響を受けて、ジュニアタレントの
育成システムの刷新に組み込まれて誕生した。

て感じですかね。

今回のキモはももクロよりdearstageの方が早かった点ですね。

ハロプロは置いておくと、ももクロから入ったんで、
AKBからももクロという繋がりじゃなかったことが
わかってきて自分のスキルが向上していることに嬉しく
なってしまいました。

でも、AKB誕生から数年よりも
ももクロ誕生から数年の方がカオス化している
ので、AKB誕生で敏感な人が反応して、
ももクロが続いたことで鈍感だった人達が
ようやくビジネスとして成立することを確信して、
従来のアイドル育成システムをAKBやももクロ
システムに置き換えて普通に活動し始めた
ていうことだと思います。

だから、ハロプロ、AKB、アイドリング、dearstage、ももクロ
までは勉強しておきたいところですね。