カテゴリー別アーカイブ: 2019.03.23デスラビッツ単独ライブ@渋谷CYCLONE

2019.03.23デスラビッツ単独ライブ@渋谷CYCLONE 現場詳解

標準

いろいろ他のものと重なったりして1年ぶりになってしまった
ですラビ単独。

まあyoutubeをチェックしたり、新譜は購入したりして
経緯は理解しているので、現場でここ1年の作品たちを
体験できることで楽しみにしていました。

渋谷CYCLONEはnanoCUNEで来たんですがその時は
階段に並んでいたと思うんですが、
今回は、なんかオルスタで予想以上にチケットが
売れたみたいで、詰め込みすぎになったことで
入り口北の道路に並んで番号順に入場。

でクロークが500円でロッカーが300円でしたが、
1000円しか持ち合わせがなくてドリンクが600円
なので、コートとフリースは着たままで覚悟
したんですが、右端の真ん中から前方をみると
スピーカーの横に隙間があったのでそこに置きました。

nanoCUNEの時は普通にちょうどいいスペースが
一人ひとり確保されていて気持ちよく楽しめた
んですが、

今回はっていうか、いつもですラビは普通にスペースが
あって特にストレスを感じないんですが、

今回は詰め込みすぎで身動きが取れない感じで最悪。

拍手をするのでさえ気を遣うし誰かにぶつからないと
拍手ができないっていう、最悪の状況。

拍手ですよ拍手ww

あとコールも隣が怒鳴ると近すぎるんで耳がキーンて
なるんですよ。

で、みんなで移動するような団体芸で移動したときに
多少は治るかと思いきや、特に改善されず。

ここで、私のところだけではなく
フロア全体でこういう状況になってんだな
って感じました。

まあ部長へのマジダメ出しはこのくらいにしてwwwww

1年前との違いについて。

まず、向かって左の夏鈴ちゃんは
かわいいキャラ。あーりんぽいかな。
計算してないあーりん。ですラビのアイドル。

センターのえみちゃんはヴォーカルがより
さえ渡っていました。
実力派で杏果ぽいかな。
未だにトークが苦手だと言ってました。

推しの向かって左のゆずちゃんは、
茶髪にして、まあいろいろ悩んでんだなって
感じで大変さを感じたりして、、

あとキャラとしては、なんだろう、
指原と小田さくらをミックスしたような。
大学進学すると言ったらブーイングされたり、
他のメンバーの発言に合いの手を入れて
きちんと商品化させたりして。
オーラは太陽のような。

キャラはそんな感じで。

あとはパフォーマンス内容についても
成長してまして。

氷室京介のようにフロントスピーカーの上に
立って頻繁に客をあおったり、

新曲でやってほしい振りつけとか
パフォーマンスはきちんと自発的に
要求するように客に目線を合わせながら
やったり、

完全に長めに聴かせたいソロパートは
えみちゃんに任せていたり、
ソロの人はほかの人より前、
それもスピーカーの上に立って、
ケチャをやりやすくさせたり、

あと部長も凄く進化していて、

まず以前はぶらつくだけだったんですが、
バックでDJセットを操作したり、

衣装替えの際にそのDJセットで
実際にですラビ縛りではなく自由に楽曲を
繋いで熱を維持したり、

あと部長は以前はブーイングがお約束
だったんですが、それが緩くなってきていて、
今回は一度もブーイングを聞く
機会がなくなっていたり、

あとラップを本格的にマスターして
楽曲のクオリティをワンランクアップさせる
活躍をしていたり、

そんな感じでしたかね。

ゆずちゃんとかりんちゃんは大学進学が
決まったみたいなので、
2019年は多少活動が増えるんじゃないかと思います。

初めて2015年のお台場アイドルフェスティバルで
見つけてから4年、

残ってるのはですラビとnotallだけですかね。。

2019-03-24_032554

まあ残るとは思いませんでしたの逆で、
もっと売れると思ってたんですが、
意外と伸び悩んでいて、
ここらへんは、事務所の大きさの違い
なのかなと思ったりしてますよね。。

6月に下北沢ガーデンでやるとのこと。
クロマニヨンズのこけら落としで使用された
ライブハウスで500人程度入るとのことで
次回はまあ緊張で押しつぶされることなく
心の底から楽しめることを願っております。

しかし、

芸能界は実力以外が重要なんだということを
深く感じさせてくれた、今回のライブでした。。

あと追伸でアンコールや入場前の待機時に
なんか奇声を数分間あげてる人が1人いました。

刺されたらいやなので見て見ぬふりをして
時間が過ぎるのを待っていたら大人しくなりました。

これ、AKBやももクロなんかは意外といなくて、
たまにハロプロでは見かけます。

異常な長さで推しのコールを延々続けている人。。

コンサートの注意書きで会場の雰囲気に
そぐわない奇をてらうような行為は
禁止とあらゆるドルイベで書いてあるので、
スタッフが収拾する動きをして欲しかったですね。

ライブハウスは逃げ場がなく、
意外とこういう暴力沙汰に弱いので、
あまり興奮させないようにする
方向で処理しないと大変なことになる
ので気を付けてください。

頭ごなしに怒鳴ったりしないように。