カテゴリー別アーカイブ: おはガールふわわ

指原氏のHKT糞ユーロビート過去最高楽曲発言から再考した、各女性アイドル楽曲のバランスについて

標準

AKBGはもう昔のようななにが飛び出すかわからないサプライズ方向から撤退して、
売り上げが安定してきたのを機になにも面白みがない安定志向に変えましたね。

HKTもNMBもSKEも同様ですね。

秋元康よりも不安定な成り立ちが怪しい作曲家井上ヨシマサに毒されている気がします。

エビ中は真逆にいろいろ変えすぎ。
アルバムなんか全楽曲作り手が違うので疲れて聴いてられないw
ももクロに対抗するために何でもかんでも挑戦して食い散らかしているんですが、
情報量が多過ぎて結局何も伝わってないっていう気がします。
藤井校長に、
1度kraftwerkのホームページを観て、目を覚まして欲しいと思います。

最近いろんなアイドルを経験してわかったのが
ももクロ楽曲のバランスの良さ。
昔塚地さんがももクロの要素には男の好きなものが全部詰まっていると表現
していたんですが、楽曲でも同じことが言えると思います。
HKTの秋元康の犬こと(平子の犬は酒井ですねw)指原が
HKTの過去最高の楽曲と曲が出るたびに言いまくるんですが
そういうことが言えないのがももクロの良さだと思います。
どれもみんな色が違っていいんですよね。
最新の曲もDreamWaveもももいろパンチも同じレベルでいいんですよね。

HKTはすべて同じ作風だから今までで一番良いとか言えるんですよね。
店頭で賞味期限を見ながら豆腐を買っているのと同じ。
みんな同じだったら日持ちがする新しいほうがよいっていうw

ももクロはチーズとかワインとかそういう感じですよね。
どっちでも楽しめるっていう。

ハロプロは
とりあえず全て聴いてみたんですが、
まずモーニング娘。は
創世記のヒット曲はもう使いまわされすぎて疲弊していて
聴く気になりません。
聴かなくても脳内再生できちゃうから聴くのがめんどくさいっていう。

高橋愛時代以降はあまりヒットしていないのでそれが幸いしてか
新鮮に聴けるのが面白いです。
あとつんくはAKBのようにヒットしたら保守的にならず、
挑戦をよりしていく傾向があるので、聴けるっていう。

仕事がない時代、さまぁ~ずの三村氏が、自分がなんでも仕事をやるから
、大竹はネタをしっかり作ってくれって言った話を思い出します。

ヒット曲が出なくてもつんくはまじめに作り続けていたんですよね。
だからそれが後々2008年以降の楽曲のパワーの源となって実を
結んだような気がします。

berryzとcuteは言い方悪いですが、つんくが自宅で作って直接
CDに焼いたような楽曲ですね。
モーニング娘は作って大人が意見を出し合って金かけてスタジオで
マスタリングして整備したような音なんですが、
berryzやcuteはつんくがOKを出してそのまま
出しちゃっているようなちゃかぽこした子供っぽい楽曲で、
やはり作っている人間の場合は自分で作るより
レベルが低いので聴く気が起こらないって感じですね。
聴いていると鼻歌レベルの構成の曲ばかりで
時間がもったいなく感じて止めちゃいます。

アプガとかはだれでも作れる曲ですが、
演者がそれを売れるレベルに無理やり
持っていって金をとれている感じですね。

bis一派は焼き直しでつまらないですね。
ビッグマウスと内容の落差がありすぎ。

でんぱはほんとに時間かけて作りこんでいる
前山田の怪盗少女を独自の場所ですごいスピードで
ステロイド打ちまくって進化させていったような
楽曲ですね。
これは丁寧な楽曲に丁寧なパフォーマンスで
存在的にはPUFFYのような存在感があるので、
でんぱといえば秋葉原をイメージさせる先進の
テクノっぽいものていうイメージででんぱしか
持っていないものなのでこれでOKじゃないかと
思います。

babymetalはアイドルから入ったひとにはいいかと思います。
ノイズを極めたらまとまりすぎていて物足りないですね。

アイドリングは可もなく不可もない、オリジナリティがない
ですね。耳にしてもアイドリングの曲かどうかもわからないっていう。

nanoCUNEは山下智輝氏の右腕にかかっていると思います。
楽曲的には上記のどこにも当てはまらないPSYZとか
初期のPET SHOP BOYSや80年代のNMEのインディチャートを
賑わしていたような曲で、これもうまく隙間にはまって
うまくいっていると思います。

あとは先人のコピーとか過去に聴いたようなものばかりで、
コピーでも特にそれを進化させたような部分も感じない曲ですね。

今んとこ私がチェックし続けているのは

ももクロ、AKB(サプライズを期待して)、でんぱ、nanoCUNE、
キャラメル☆リボン
モー、CUTE、カントリーガールズ、アンジェルム、
たまに良い曲がでるのでドルエレ、クルミクロニクル、アフィリア・サーガ

といった感じです。

広告

2014.12.21 おはガールふわわAKIBAカルチャーズ劇場。乗り遅れで断念しました。

標準

12月9日からMEMBERS予約開始かと思ってたら
11月9日でした。。

で念のためぴあで購入手続きをすすめたら
整理番号が1024番でした。

この会場のキャパは
収容人数, 通常298人 (座り220人・立ち78人)
となっていて、pigoo先行が3桁、ぴあ先行が4桁で順に販売されますが、
私は多分200人程度はpigooの有料会員
先行予約で埋まっていると判断して、最後部の立ち見は避けられない
こと、出演者が小さいのと、この会場の形状が
縦長なのと段差がないのを鑑みて今回は断念致しました。

ググってたら糞席の時は避けてもしょうがない会場だという
注意書きがあったので、今回は額面通り素直に忠告を受け入れて、
もっと近場で観れる機会に行きたいと思いました。

第4回AKB48紅白対抗歌合戦落選して良かった!!!!!!! 2014.12.21 おはガールふわわ 初単独ライブです。

標準

今日はAKB紅白の当選発表日ですが安定の落選祭り。

まあももクロさんのライブに行けなくなってきたから
AKBGに流れたもののやはり同じ状況だということに
最近気づき初めて来た私。。

でも、こんなことに負けない、そしてこの状況をさらに
楽しむつもりで、外れたほうがもっと楽しいことが
できるという逆転の発想を目指し、アイドルスキルを向上させてきたわけで。

そこで、12月21日にまずはnanoCUNEの単独。
そしてももクリの本当のドルヲタだけが楽しめる初心者はだれも買わない
立ち見という場所のチケットを購入。

そして今回ご紹介するのは、楽曲系におすすめ、
おはガールふわわの初単独ライブです。
はい。ジャパネットたかたです。
あなたの外れたAKBのチケットを下取りします!

いや、違いますw

おはガールふわわの曲だけではなく、おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!
の曲もやるというから行かないわけにはまいりません。
私はnanoCUNEの単独と被るんですが昼公演なので
大丈夫なんですねえ!

しかしおはガールって、過去現モーニング娘。の生田衣梨奈
も在籍してたんですね。知らなかった。

AKB紅白落選して良かった~~~~~~!
おはガール行こうっと(^^)

しかし21日はnanoCUNEからおはガールって夢の様な時間だなあ。

神曲発見シリーズw 電子ノイズとコンプMAXとありえない転調。「おはガールふわわ クロスマイハート」

標準

前の

2014.02.04
おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!
心友

もTAKUYA氏とMEG.MEの共作楽曲

(1.こいしょ 2.夏サンキュ 12.夢ふうせん 13.心友の樹)




の完成度が新しくてそれでいてメロディアスで
刺激的で、楽譜、音響、共に素晴らしかったんです。

それ以外は主にアニメ系作家の作品でどこにでも転がっている
ような作品か、転がらないような作品なので私はなにも感じないですね。。
曲の検閲が大甘です。私ならこのレベルだとOK出しませんけどね。。

ちなみに、
私立恵比寿中学の2014.11「ハイタテキ」もMEG.ME+TAKUYA
なんで私と同じでこの楽曲を聴いて震えてこのコンビに
オファーしたんじゃないかと思いますねw

まあ私は数年前からここでTAKUYA氏を才能が枯れつつある
前山田とかよりもっと活躍させろって吠えているんでやっとっていう
感じでこいつら遅れてるなあって上から目線の感じ
しかしないですけどね。。

TAKUYA氏はももクロで言うとNARASAKIさんの存在に近い気がします。

そして、これを読んでる貴方もやっと最先端のアイドルの音楽
プロデューサーと同じセンスが身についたってことで
素晴らしいことですね。

で、今回の

おはガールふわわ
ふわふわわ

1. トロイメライライン
2. クロスマイハート
3. クリプレ
(おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!カバー)
4. ハピ!ハピ!ハピバースデー!
(おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!カバー)

ですが、、
MEG.ME+TAKUYAコンビは
資金力がある私立恵比寿中学に奪われたのでw
違う人を探してきました。
筑田浩志 という人です。

私はまったく知りません。
過去の作品を見ても一曲も知りません。

しかし、この人が今回

クロスマイハート

という神曲を創ったのは事実みたいですが
他の作品聴いてもこんなもの作る感じがしない
んですが、どうなんでしょうか。
最近ゴーストが多いんで。

でもこれコンプかけまくり許容量越えで
基本的のシンセの波形直でリードやらベースやらリフやらドラムキット
やら全て入力して、さらにサビなんか懐かしい
クリスタルウォーターズのジプシーウーマン
のようにAメロよりサビのトーンを落としてくるって
いう憎い演出で、さらに間奏のアドリブなんか
バシバシ歪んだ音で脳みそをくすぐる
ように叩き込んでくる。
まあTAKUYA氏のギターの音色と似てますね。
うるさきもちいい。っていう感じ。

筑田浩志さんがこの路線をまた続けてくれると
面白いんですが、同時収録の1. トロイメライライン
を聴いてもいたって普通の曲なので、クロスマイハートは
多分今回限り、偶然の産物のような気がするので
BやCの限定盤にはいってるソロ楽曲もてがけている
みたいなんですがスルーして、クロスマイハート
目的でシングル1枚だけ買ってやめとこっと。。

ライブかイベントで聴いて良かったら買おう。。