カテゴリー別アーカイブ: タレント名

松本人志さんの「動きます」対応は人間として至って普通の対応です。凄くはないです。

標準

以前にも書いたがやすきよ派が幅を利かせていた当時の吉本に、真っ先にダウンタウンの先進性を見極めて、2丁目劇場というダウンタウンの専用劇場を構えて全て自分の責任でのびのびと成長させていったのは大崎洋。

また現場で共にマネージャーとして成長期のダウンタウンと戦っていたのは岡本氏。

時は過ぎ、ダウンタウンの成功を認められ大崎氏が先に社長に就任すると、ダウンタウンの長きに渡る真面目な仕事ぶりのお陰でマネージャーの岡本氏が大崎さんの後任に。

これらは全てダウンタウンの成功のおかげ。

だから、ダウンタウンの2人は気持ち悪くもあったがまあ戦友が昇格していくのは嬉しいので横目に仕事に打ち込んでいた。

しかし、闇営業問題で亮さんが記者会見を会社に懇願したら岡本社長が

「やってもええけど、全員連帯責任でクビにするからな」

と反対。さらに田村は会社主導の会見を求められたと告白。

ここはNGTの基地外ヲタ事件の対応と同じですね。

さらにネット視聴なども要望したら

「そんなんこっちで決める」

「在京在阪5社のテレビ局は吉本の株主だから大丈夫やから」

と言った。

この流れですから、松本さんは大崎さんが社長になって以降我慢していたところが全て爆発してしまったような感じなんだと思いますよね。

たけしさんが言うように、猿回しの猿のようにダウンタウンを利用して私利私欲を貪っていたことが明らかになったわけですからね。

ダウンタウンが共に仕事してきた中で共有してきたと思われる哲学がなにも吉本の社員には伝わっていなかったって言う寂しさですね。

だから、松本さんは大崎さんと岡本さんと話し合い、もし同じ吉本の未来像が描けないようなら、その哲学を共有可能な会社を作ると言うことなんじゃないかと思います。

人間として当たり前の感情だと思います。ね。

 

 

2019.8.31指原莉乃「club 345 夏のバスツアー(仮)」企画経緯、内容の予測解説とコスパ考察。[改訂版]

標準

8月31日(土)「club 345 夏のバスツアー(仮)」

【日程・時間】
2019年8月31日(土)日帰り
・集合予定時刻・場所:9:00(東京駅)
・解散予定時刻・場所:19:30(東京駅)

【場所】
木更津
※集合場所:東京駅鍛冶橋駐車場

【料金】
¥32,000(税込¥34,560)
※集合場所までの費用は各自のご負担となります。

【内容】
★本人と2ショット撮影!
★本人と一緒にランチビュッフェ!
★本人と一緒に楽しめるゲームコーナー!
★スペシャルトークショー♪
★スペシャルミニライブ♪
★お土産付き!
本人からのサプライズも…???

これ見て驚いた部分があります。

常連の方は気づいたかたもいらっしゃるんじゃないでしょうか。

そうです。

税込み34560円、さしこっていうところです
っていう冗談はさておいて、

スペシャルミニライブの部分です。

点を線にするように繋げていきます。

まず、木更津のバスツアーということだと、
基本的にアウトレットパークや、海鮮のグルメ
とか、少し足を延ばしてマザー牧場
といった感じになります。

マザー牧場

規模がでかいので
自ずとルートは決まってきますよね。

ランチブッフェはまあ規模的に
団体客用ですからホテルのランチブッフェ
が妥当です。

ざっと検索すると
オークラアカデミアパークホテル 洋食レストラン「カメリア」
くらいしか出てこないですね。

あと読み進めるとゲームコーナーということと、
規模と、安心して独身やファミリーといった
様々な客層に対応可能だということで、
まあマザー牧場はガチかなと。

そして最後のミニライブとトークショーです。

木更津で団体客に対応可能なホールは
木更津市市民会館。

そして、ここは小中大の3つのホールが
あるんですが、現在ここの小と大が
改装中で使用不可能ですから、
中ホールで決定です。

キャパは500席。

漫才「指原莉乃バスツアーに限らず、アイドルのバスツアービジネスには気を付けた方がいいですよ。」

先日ここで経験と知見から予告した通りになりました。

500って書いていたと思ったら300でした。
まあ大目に見てください。
でも500じゃいろいろ回るのは無理でしょう。
300以内だと思うんですけどね。

>追記:
>と言ってたら、調べなおしたらハロプロのバスツアーでは10台以上はざらなので、
>私の予想では500人以上はガチかなと考え直しました。
>だからほとんどの人は常に指原氏は無関係で行動を共にするのはヲタのみになるため、
>オフ会をやってるイメージになりそうな感じですねw

あとはマザー牧場内にアグロドームという
多目的ホールがあるので
そこは1000人程度のキャパですから、

マザー牧場 アグロドーム
ここでも可能ですが参加者限定の
有料のコンサートは
あまり開催履歴がありませんので
市民会館が有力かと。

マザー牧場で早めに夕食をとり、飲み食べ放題で
約5000円で、8月31日までスペシャルイベント
があるのでまあ合致したかなと。

2019年5月のくらべてみましたの番組内でマザー牧場の
紹介があったのもあるかなと。
あとはAKB時代に遊びに行ったこともあるしね。

2019-07-17_マザー牧場 指原莉乃

ということでまあ、だいたいバスツアーの
全体像がつかめたかなと思います。

こうしてみると、ハロプロのDIYの
インチキ臭い怪しいバスツアーとは違うかなと
いう気はします。

これで34560円。

通常の東京から木更津のバスツアーは
6000円程度で、アウトレットパークや
マザー牧場に行けます。

これに飲み食べ放題の5000円をつけて
11000円程度。

24000円はどこに消えるのか。

まあ行ったことないですが、
下世話に考えると、
キャバクラの指原氏指名料的な
考えでいいのかとw

ランチブッフェは3500円程度。

残り20000円で60分程度の
MC入りのミニカラオケコンサートと

あとは指原莉乃指名料という感じw

これで34560円ですね。

しかし、私は悪いことばかり
体験するので行きたくなりません。

・まず、長時間のバスというか乗り物が嫌いです。寝込んで旅行どころじゃなくなります。田舎に住めませんw
・また、数十人以上の団体行動も嫌いです。ましてや同じ服装で宗教っぽいのも嫌いです。
・2ショットも事務的なのでやりたくありません。
・アウトレットパークも行きたくありません。
・指原氏とならいいですが、ファン同士で食事やアトラクションで戯れたくありませんw
・生写真とかグッズも興味ないのでほとんどのヲタがグッズを見てニヤついているのが
視界に入ってくるのを我慢しないといけないので精神的にきついですw

もういいこと一つもないですw

2019.07.15 G1CLIMAX29タイチが内藤哲也に勝利したポイントをまとめてみます。あと今の新日本プロレスの弱点も露呈している今回の大会ですね。

標準

まず、前蹴りの強化です。

内藤の驚異的な連鎖攻撃を止めるために腹への蹴りを入れて
攻撃を断続的にさせていました。

また、大技を食らった後、その場に倒れこむと
360度全方向から内藤が蹴りこんでくるので、
コーナーに逃げるようにして、前方からの攻撃
に絞ることで、向かってきたところを返す
ことで自分のタームに変えることに成功
していました。

あとは、内藤が飯伏のカミゴェをDDTで返すことで
2019.04のIWGPコンチで勝利したような考えで、
タイチがデスティーノを、おそらく、
死ぬほど金丸さんにかけさせて対策を
練ってきたんでしょうw、
完璧に返しをトレーニングしてきて、
それも自分のフィニッシャーである、
ブラックメフィストで返すことに
成功したことですね。

今回わかったのは、内藤のデスティーノは
もう正調じゃないと返されるレベルに
なってしまったという時代の流れを
感じずにはいられませんでした。

オカダのレインメーカー、
ジェイのブレードランナー、
それを食らったら誰でも最後だという
技は逆に言えばそれを食らわなければ
勝てるということです。

しかし、そのために、
上記の2つの技も内藤の
デスティーノと同様に、
技に持ち込む体制の幅を増やし、
正調以外の方法も考案されて
いますが、
結局正調のみでしかフィニッシャーとして
機能しないことが最近
わかってきた気がします。

これ、昔のハンセンのラリアートなんかは
どんな体制でも当たれば3カウントっていう
ものもあったんですが、
まあそれだけハンセンのラリアートっていうのは
威力があったことを証明してる感じですね。

あとは場外は結局、タイチは無理してやってる
ことが今回わかったような気がします。
勝ちを意識してミスをしないようにするため
場外はやらなかったってことですからねw

本当に得意ならタイガージェットシンや
ブッチャー、クリスジェリコみたいに
どんな試合でも場外に持ち込みますからね。

飯伏の首を取った内藤が、同じやり方で他の人に
首を取られてしまった。

ミイラ取りがミイラになったような
試合だなと思いました。

レフリーを相手に突き当てる行為も、
内藤がオカダに勝った2016年のIWGP
の時は自分がやった行為ですし、
もし飯塚さんが来ていたとしても、
同じくその時初登場したSANADAが
オカダを攻撃したりしたんで
これもそう思った理由です。。

2016年4月10日 東京・両国国技館 第9試合 IWGPヘビー級選手権試合 オカダ・カズチカ vs 内藤哲也

2016年4月10日 東京・両国国技館 第9試合 IWGPヘビー級選手権試合 オカダ・カズチカ vs 内藤哲也

最後に現在の新日本プロレスの弱点。

KENTAとタイチ、後藤の活躍のポイントはキックですよね。

これ、棚橋、内藤、オカダという、新日の
トップは誰も得意にしてないものですよね。

昔は橋本とか蝶野とか中邑とか、結構いましたよね。

だから、キックに打たれ弱いんじゃないかと
いう気がします。

内藤も棚橋もキック打たれたら漏れなくうずくまっちゃって
いましたもんね。。

このままキック対策しない状態ならば
キック系の選手が連勝しそうな感じです。

twitter社にヤリチン手越というワードで検索してアカウントを凍結してるおバカ社員がいたんですよお。。

標準

指原氏がヘアカラーをシルバーにしたので、ヤリチン手越と同類の
ヤリマンだと思われるから気を付けた方がいいと、ナイチンゲールのような気持ちで
twitterでお助けして差し上げたら、アカウントが凍結されました。

手越みたいなコンプライアンス違反人間に対して違反しないワードでコメントしろなんて無茶言うなよtwitter社員さんよ。

ヤリチン手越で検索して凍結する糞みたいな仕事してる暇あったら

手越のポコチンをさっさと永久凍土に凍結しろよw

 

コアヲタは指原莉乃と小島瑠璃子の繋がりは普通だと思っています。

標準

板野さんの代役、アンダースタディことアンダーが指原氏だったことは本人がいつも言ってるので知ってると思います。

だからあまりにも近すぎてめんどくなってきて、

ともちんさんからちんさんに呼称が変わってしまったのもご存知ですよね。

でですね、ここからがアイドル以外の知識が必要になってきます。

まず、板野さんと小島さんとさまぁ〜ずさんはホリプロです。

板野さんは音楽よりバラエティー志向だったので、卒業後、数年間さまぁ〜ずがめんどうをみることになって、さまぁ〜ずさんのほとんどの番組にバーターで共演させてスキルを蓄積させていきました。

そして、そんな最中、ちんさんが独り立ちする日が来ましたが、その時に一緒になったのが小島瑠璃子でした。

小島さんはグラビア上がりで板野さんはアイドル上がり。

世代も同じですが、バラエティーには小島さんの方が早く進出しておりましたので、小島さんはAKBでの活躍を横目にみつつ、板野さんも小島さんの活躍を同様に横目にみながら仕事に邁進していきました。

そんな2人が番組を持つまでに至りました。

また、小島さんは気になるライバルとして指原氏の名前を早くから挙げていました。

てことですから、一緒に食事してもなんの不思議もないですよね。

以上w コアヲタにとってはベタ中のベタな話でした。

東京03飯塚さんが玉井詩織と電車内で遭遇するにはきちんと理由があるのに、それを省略して話すタレントたちはコメント詐称だと思いますので気を付けましょう。

標準

これ、一般人が普通に考えると、ありえないと思うじゃないですか。

でも、こういう話、他のタレントからもよく
聞く話だと思うんですよ。

街中で偶然出会うみたいな。

でも、タレントがこういう一連の話をする場合、
意図的に前後の話を省略して一般人と
同じ環境を作り上げて話しているから
ずるいと思うんですよね。

タレントが偶然出会う場合が多いから、
われわれもしっかりチェックしていれば
出会うと思ったら大間違いです。

その理由は簡単です。

タレントは仕事場である撮影スタジオ、制作会社
やテレビ局、ラジオ局が決まっていて、
稼働時間帯もある程度きまっているため、
同じ時間にその近辺をうろついていれば
出会うんですよね。

まあ一般企業で会社の近くの飲食店で
同僚と出会うのと同じですよ。

働いている場所のが同じだから
出会う確率が高いってわけですね。

だから、今回の飯塚さんの話の場合、
「偶然目の前にいた」
という話には前後があって、

実際は
これこれこういうテレビの仕事の帰り道に
出会ったと言うと、普通の話に
なってしまうので、それらの状況説明を
わざとはしおって驚かすために
「偶然目の前にいた」
とだけ書いたんですよね。

そしてタレントはコメントは返さないのが
普通なのも逆手にとって、
質問されても答えないでいいから
っていうのも考えてますよね。

われわれが出会うのと同じ確率で
飯塚さんだけが出会うわけは絶対ないですwww

nanoCUNEが正常進化してたらこうなってたのかなと。。2019年7月7日(日)IVOLVE 3rd ONEMAN LIVE 「BULLHANEUM」

標準

2019年7月7日(日)IVOLVE 3rd ONEMAN LIVE 「BULLHANEUM」

会場は初めて訪れる、渋谷sound musium vision

渋谷の玉川改札からマークシティを通り抜けて
多くはtsutaya o-eastやclub asia方面に向かうんですが、
マークシティを抜けたら右に坂を下がったところに
あります。

ここは店内のポスターを見ていると、
デリックメイや石野卓球等、
テクノ系のポスターが多く、
ダンス系のクラブなんだと感じました。

確かに音響的にはベストでした。
何も気になるようなところを感じず、
気持よくパフォーマンスを楽しめました。

入場時間20分程度前に到着すると、
入り口の内側に待機列があったので
並んでいて、地下に行ったら
そこで初めて物販列だったと知るが、
まあ、ちょうどアルバムが欲しかったので
3000円で購入。

特典会参加券を3枚もらうが、
相変わらず接触に興味がないw
ので塩漬けに。

出てくると、今度は既に入場の待機列
ができていたので並びます。

適当に待機して、入場時間に
なると番号順に点呼があるので、
そこで聞き逃さないように入場。

まあ数百人規模の場合はこういう感じが
大半です。

結構番号がとびとびになっていた気がしました。

70番台でしたが、前から4列目真ん中に
行けました。

ドリンクは600円で、ミネラルウォーターは
小サイズで結構がっかり。。たいして
変わんないじゃん大も小もねえ。。

一応タオルとペンライトを持参してバッグに入れて
右側のスピーカーの前に置いて、
様子をうかがっていたんですが、
ペンライトは少数派だったのと、
結構自分の周りが埋まりつつあったので
場所を取られるのが取りに行くのを
怖くてあきらめました。

開演して飛ばしに飛ばすIVOLVE。

我らが亜弥実がまあ趣味がアイドルで、
ストイックに磨き続ける有安タイプ
なこともあり、ダンスについては
当然のように引っ張る形で、
nanoCUNE時代よりさらに正常進化
していて、
歌唱力は昔から苦手でしたが、
今回はそんなこと一切感じさせない
安定感で、
そして、ARISUの教科書的なパフォーマンス、
MIKUのクールでダイナミックなパワー、
NOAはまだわかりかねてますって感じで(ごめんなさい。)
ホントにパワフルで健康的で、
メンバーの脱退をチャンスに変えて、
良くマッドマガジンらしいグループに
変化させたなあと感じました。

1時間近くぶっ続けで楽曲をやり続けて
やっとMC。
亜弥実が引っ張ろうと頑張るんですが、
終わってみれば、突っ込まれて
いじられていつの間にか他のメンバー
がしゃべってるっていうw

まああまりにも完璧だと、初期の
ももクロみたいに早見あかりが
自分でやりすぎて他のメンバーが
成長しないっていうことになりかねないので、
リーダーは譜久村さんや和田さん、
夏菜子みたいに多少天然の方が
全員がうまくいく気がするので
今の形がベストなんじゃないかと思いますね。

新曲を2曲発表、新曲のMVを披露、
新衣装も披露、

そして、今回の単独は実はスタッフが
知らないうちにセッティングして
プレゼントしてくれたものだと
メンバーが知ったことと、

最後に今回の半券をお持ちの人が
参加できるアフターパーティーを
マッドマガジンが最近常用している
恵比寿のCreatoで開催することを告知。

また、1幕目、2幕目でまだ出てきてない楽曲が
あったので、ダブルアンコールをしたんですが、
メンバーはそのダブルアンコールの理由を
知らずに普通に挨拶して終演して
ファンはがっかりしていたことを付け加えさせて
いただきます。

ちなみに、総括として、
ファンは適度なミックス、適度なコール、
圧縮皆無で快適で平和な環境、
そして振りコピメインで、

そういう現場が好きな方は
楽しめると思いますよ。

あと、nanoCUNEと違うところも今考えると
あって、
地蔵がいなかった気がします。
nanoCUNEは地蔵が最前に陣取ることが多くて
不快だったんですが、IVOLVEは
みんながメンバーのコールやリクエストに
応えて適当に自分なりに動いて
楽しんでいた人がほとんどで、
ファンの性質も進化していたような
気がしました。

いまいろいろ考えると、
なんか、nanoCUNEが続けていたら
こんな感じになっていたんじゃないか
という感じを受けました。
それくらい、レベルが高かったです。
今回、メンバーが今が2年目で厳しい時ですと
言ってましたが、そんなことも
相まって、今回のライブは
現時点で最高のIVOLVEだった
と思いました。
このまま、できたらもう少し亜弥実レベルに
もう少し他のメンバーが追い付いて
ついていくことができたら、
結果も付いてくるんじゃないかと
思いますね。

岡井千聖不倫強奪婚、塚田との合コンスキャンダルでまた、ある都市伝説が確証に近づきました。

標準

金髪でチビのハロプロメンバーはセックス依存症だということですね。

これ矢口が現役の時私が言い続けていたら、だんだん辻、加護と
対象メンバーが増えていって、最近、矢口が自分から言い出してw

まあもう確定みたいなもんですねこうなってくると。

この説、チビっていうところがキーポイントです。