カテゴリー別アーカイブ: タレント名

2019.09.19 でんぱ組.inc『UHHA! YAAA!! TOUR!!! 2019 SPECIAL』2日目現場詳解

標準

zepp DIVER CITY

EMTGという電子チケットシステムのアプリ
でチケットを表示して電子スタンプを反応させて
入場。

ドリンク代500円ですが、10月からかな?
600円になるというチラシを横目にドリンクを
選んでいると、ここすごいです。

コーラからアクエリアスからレッドブルまで
なんでもラインナップしてあって驚きました。
こんだけ種類があるところは初めてです。

あとペットボトルホルダーまで配布されて、
ってまあこれは以前からzeppグループ
では配布されていたんですが。

で整理番号は1000番台でした。

入ると、ここは前方から4段にフロアが
階段状になっていて、柵で仕切られており、
1段目はもうほとんど埋まっていて、
見えないかんじだったので、
2段目の3列目あたりに待機。

またこの時気を付けないといけないこととして、
自分の前に隙間を作らないことです。
だれかが開演直前とかにずうずうしく
入り込んできたりしたら、それも背が高い
人だったら最悪なので、
人が入れないくらいに隙間を狭くして
待機することをおすすめします。

まあ一応、昨日の結婚の話を真っ先に
報告して、あとはいつもと変わらない感じ
でした。

いつもの普通のでんぱのライブでしたね。

また今日は古川未鈴の誕生日でしたが、
まあ結婚の話にかなりの覚悟をして
いたからなのか、誕生日のための
特別な企画とかはありませんでした。

アンコールは一回で2時間程度でした。

あと赤のサイリウムが多かったんですが、
理由はなんだったんでしょうかね。
私はもう推し変してライトグリーン
でしたんで意味が分からずじまいでした。

でんぱ組はやはりライブハウスが似合う
ってことを改めて感じたライブでした。

2019.09.18 古川未鈴結婚について。今後の推しの考え方もまとまりました。

標準

【9/18・19】『UHHA! YAAA!! TOUR!!! 2019 SPECIAL』

初日、18日のアンコール明けにて結婚を報告。

ヲタ内の情報では、既にここ数年で親密になって
結婚に向けて動き出していたということですね。

周辺では2人の間柄は有名な話だったということです。

アンコール明けだったので、
通常、アンコールの時の現場では
アンコールがない場合、場内アナウンスで

「以上で全公演を終了いたしました」

というアナウンスが入るのですが、
この時は、ヲタが逆に

「全公演を終了いたしましたので、
なにも言わないでください!」

とみりんさんに言いたかったということですw

あと、今後の考え方についてですが、

推しのコールにつきものの
「われらが支える」
という言葉があるんですが、
結婚によってそれが不可能になりました。
どう考えても、旦那と家族が支える
ことになるわけですからね。

あと、コールについても、
みりんちゃんていくら名前をコールしても、
旦那のみりん愛してるよという一言には
敵わないわけですから、
これもいうことに意味があまりなくなりました。

ということは、結局、本人はアイドルとして
活動しているつもりだが、
ファンにとっては、アイドルではなく
普通のタレントやアーチストとして
捉えて変わらず応援していこうという
ことになりますよね。

本人より作品寄りで楽しんでいく感じですね。

まあ昨年あたりから、根本凪さん寄りになっていたので、
いいきっかけになった気がします。

2019.9.16創立40周年記念プロジェクト スターダストプロモーション 第1回 スターオーディション ドルヲタ目線現場詳解

標準

創立40周年記念プロジェクト スターダストプロモーション 第1回 スターオーディション

ハロプロの常用会場である、山野ホールをなにがきっかけになったのか
わかりませんが、スターダストが見つけて、それも社運を賭けた
プロジェクトの現場に指定してきてびっくりこきまろでした。

ハロプロの場合は、階段を最下部まで降りたところで
認証ともぎりを行うんですが、
スタダは最上部の入り口でもぎりを行ってました。

実際、どちらのほうがいいのか。

私はハロプロのほうが理にかなっていると思います。

ここは最上部の入り口にコンビニがあるので、
待機場所にすると、コンビニが塞がれてしまいます。

最下部の入り口で認証を行えば、その地下3階までの
長い階段を有効的に利用して待機させられるし、
お客さんも室内なので寒くないですから、
非常に理にかなっております。

また、階段の途中に掘りごたつのような
階段の横に落とし穴みたいに長方形に
へこんだ場所があるんですが、
そこを物販に利用するというのもハロプロ
流ですが、今回はスタダはありませんでした。

まあ、物販自体がありませんでした。

あと、山野ホールのハロプロのイベントは
帰りのお見送りがついてます。

その時は終演後、入場時に配布されたごみ袋
に持参品を収納し、前列から1列ずつ右側に流れていき、
入り口右側に待機しているメンバーに見送られて
退場していきます。

川上さんにいいとこだからまたお願いしますと
いっておきましたが、やるかやらないかは
川上さん次第ですから楽しみに待ってましょう。

話がそれてすいません。

入場して、中に入ると、舞台上をみて
びっくりしました。

いつもハロプロはFCイベントで非常に簡素な
セットでやってるため、

山野ホール通常
こんなに立派なセットが建てられるんだなあって
いうね。
山野ホールスタダ.jpg

この前後に奥行きが違うカーテンを配置する手法はみごとです。

同じステージなのに豪華さが全然違いますよね。

これ現場でほんとに同じ山野ホールか?ってなんども確認しちゃいましたもんね。

開演まで45分程度あったので、もらったオーディション通過者
と演目の書かれたパンフレットをいろいろ見渡していると、
フィルムデザインワークスの文字が真っ先に飛び込んできましてw

佐々木さん、ももクロどころか、
スタダ本部にも認められつつあるんだなっていう。

できょろきょろしてたら開演数分前に佐々木さんが
最前列に出てきてがんばってるなあとホッとしたりw

で開演で、シェリーさんと無名の男性が進行役で出てきて。

ちなみに、シェリーさんは、ももクロがまだデビューままならない
ときにイベントでいろいろ教えてくれたり、
テレビの仕事でもお世話してくれたりと、
バラエティー系アイドルのももクロだから
女優志望の若手にとっての北川さんみたいな
ポジションがシェリーさんなんですよね。

だから私はシェリーさんがやりやすくなるように、
トークに素直に反応して笑ったりしていたんですが、
笑わせようとしてるのにまったく反応がない感じで
可愛そうでしたね。。

ももクロのファンの皆さん、
シェリーさんだけではなく、
ああいう場所でもMCだけではなく、出演者が
笑わせようとしているときは、
素直に声を出して笑ってあげた方が
心が落ち着いて、嬉しくなって、よりトークが
流ちょうになって会場全体が盛り上がっていくので、
是非素直な反応を返してあげて欲しいと切に思います。

ゲストは、DANJYO、とき宣、スパドラ、ももクロさんでした。

とき宣はなんか緊張してるような感じでしたねw

まあ今回は舞台裏で普段合わないお偉いさんと
会って、よろしくおねがいします!って何回も
挨拶しまくっていたんだろうから、仕方ないと思いますw

スパドラは、初めてでしたが、
全く内容がない、パリピ風の韓国系EDM
の嵐で、聴いてられませんでした、、

あのなんか単純なメジャーコードを単純な
リズムで単純な単音で鳴らして構築していく
空間がどうも苦手で、
ほんとにももクロさんと真逆っていうんですか。

ももクロさんはいろんな音楽のジャンルや文化
をすべて飲み込んで、自分流に作り替えて構築していく
ので、様々な年代や国や人々に愛される
音楽だから、

スパドラとももクロを両方盛り上がっていたひとが
いたけど、絶対どっちかが嘘ですねw
両方同じテンションで聴けるわけないです。

私は圧倒的にももクロ10、スパドラ0って感じでした。

両方盛り上がれる人はたぶん、5と5みたいな
中途半端な感じなんだろうなと思いますね。

まあそれはさておき、

14時から始まって、ももクロのライブの時間がホールに
発表されたのが16時30分ごろでしたかね。

北川さんとオーディション受賞者のフォトセッションが
16時15分から16時30分ごろまで。

17時15分からももクロが始まると。

今年、初めてのももクロでしたが、
いやー、我慢して待っていたかいが
ありましたね。
もう今年これだけで満足しました。はい。

大きい会場で数十曲聴くより、小さいとこで
数曲聴いた方が明らかに満足できます。

最後にシェリーさんがももクロさんのライブの
感想を言いながらはけていく場面で、

夏菜子が、

「受賞者のみなさん、こんなインチキ事務所に
ようこそwww」

と笑いながらシェリーさんに言って、さらに

「われわれは、シェリーさんと野々村真さんに
付いていきます!!」

と笑いながら4人で頭を下げて、
シェリーさんの反応を楽しみつつ、
自信満々にはけていく様に、

「ももクロ、デビュー当時となんら変わってないなー。。
川上さんの指導はさすがだわ。」

と思いつつ、
私も安心して帰路につくことができました。

ももクロの4Kコンテンツをいろいろ体験してみたんですが、、。

標準

BS日テレで9月1日にやったので急いでチューナーを
買ってみてみたんですが、

結果から言うと、あまり違いは感じられませんでしたね。

たしかに、画質の細かさとかが違ってきれいなんですが、

なんでしょうね、

まあ多分、私はももクロにビジュアルを求めてない
っていうか、面白さとか、激しさとか、
4人のコンビネーションとか、
そういったところを求めているから、
4Kになったところで、関係がなかったんだと
思いますね。

あとエロ関係も観てみたんですが、
有吉さんがAV女優は肌が汚い人が多い
と言っていたんですが、

その通りで、綺麗な部分も強調されるんですが、
当然、逆に汚い部分も強調されるので、
トレードオフなんですよね。

現在のFHD2kの場合は、移行前が640×480という
極めて低画質だったため、
3倍なのもあって格段に違って見えたんですが、
2kから4kは2倍なのでそこまで違ってみえない
という感じですね。

4kの大きな役割としては、VRがあると思います。

私はVRは2kでは画質が汚すぎて没入感も感じずに
早々と窓から投げ捨てたんですが、
そのときに同時に思ったのは、4kになったら
これ実力が全て解放されて本格的に普及しはじめる
んじゃないかということでした。

しかし、ソニーは4kVRの導入時期を発表して
おりませんので、もう少し先になりそうです。

とろサーモン単独ライブ2019のチケット販売サイトが特殊なURLに設定されていてまいった。

標準

よしもとのチケットはチケットよしもとというサイト
経由で販売されているんですが、
私はあまり感じてなかったんですが、
とろサーモンの単独ライブのチケットは
結構人気があるみたいで、今回は
ちけっとよしもとから切り離された特別サイトで
LINE経由で販売され、LINEの電子チケット
での販売になったみたいです。

まあ多分、転売屋が買い占めるから
だと思うんですけどね。

ただそれ以外は場所もルミネtheよしもと
ですし、変わったところはないみたいです。

M-1に出る前は、くりぃむさんの深夜番組
で売れない厄介者芸人あつかいされて
それが面白い空気をつくりだして
いたんですが、

まあ優勝してからは、それまでの
蓄積がすべて評価される形になって、
人気者になったみたいで、良かったですよね。

M-1優勝する前に1回行ったことあるんですが、
今はどう変わっているのか、
そんときは完全に久保田さんのコンビだったんですが、
違いを体感してみたいです。

2019.09.14こぶしファクトリーライブハウスツアー横浜ベイホール、1日2連戦参加からわかったこと。

標準

先日、こぶしのチケットの話をしたんですが、

ここ3年くらいずっと東京と神奈川のライブハウス
ツアーのチケットが落選続きだったんで、
(当然、FC会員枠で)
今回1枚でも当たればっていう気持で、
3戦(ももクロの言い方ですいませんw)
全てエントリーしたら、全て当選してしまって、
しかも2日はルミネのRGの定期公演、
14かはデスラビッツの定期公演で
ダブってしまって、初めてチケット流通センター
に売りに出したんです。

で2日のやつがいい場所が当たってまあ14000円程度で
売れたんですが、先日の話どおり、
2000円程度手数料で持ってかれるので
12000円程度で実質は売れました。

ちなみに、これ、あまりに安く売っても
転売されて儲けられると嫌なので、
2日間程度様子みて平均価格を
計算してそれが14000円でした。

まあ、それの経緯もおもしろくて、
その出品内容をサイトのテンプレに記入して
出品ボタンを押したとたんに
即日売れて驚きました。

出して確認したらもう取引中に
なっていたっていうね。

で、そんなに簡単に売れるんならって
軽く考えて、
先日にもお伝えした、14日のベイホールの
午後分を売りに出したら、定価+手数料
1500円程度でも売れず、結局、その真裏で
やるデスラビのチケットも、こちらは
liepocketっていうアプリのシステムでメールでURLを
送るだけなので定価+800円でしたが
こちらも売れずって感じで、

仕方なく、こぶしの昼と夜の2回に参加する
ことになりました。

以前結構歩いた嫌な思い出があったのと、
その際にベイホールの近くの道路をかなりの
本数のバスが通っていた記憶があったので、
電車で桜木町まで行き、バスで貯木場前
まで行くことにしました。

桜木町を降りると、5分程度で停留所に到着。
しかし、横浜発着なので、座席はあいておらず。

10駅程度ですが、駅間が近いのでそんなに
時間が経過している感覚もなく、あっというまに
貯木場に到着。

停留所近くにローソンがあり、ドリンク代用の
現金を出金。

昼公演は、400番近くで、ベイホール横の
駐車場の待機所に一定の整理番号別に
看板がたっていて、それが、100番ずつで、
400番以降は最後方になっていたので、
悪い予感がしていたんですが、案の定でした。

まず、現場の特徴の一つが、AKB劇場みたいに
2本の柱があるのです。

その後ろだとなにも見えません。

400番近くで入場すると、まず中央前の
ホールは入る隙間なし。

後方のひな壇みたいになってるところは
後方だけ空いてましたが、自分の前にぎりぎりの時間に
背の高い人が来てしまうと完全にアウトなんで、
前方のホール周りをうろうろして、長年の勘で
PA周りは結構穴場的な時が多いっていう鉄則を
思い出し、PA周りをうろついてると、
PAのスタッフの出入り口が人1人分あいていた
ので、立ってみるとなんとか全身は無理だが
つま先立ちすれば上半身は確認できる
感じで、柱も邪魔に感じなかったのでそこに
待機しました。

しかし、PAの場所とフロアの場所の間に
段差があるのですが、1段高くなっている
方には入るなと警告されたので、気を付けてください。

しかし、そこで待機しているとき、もっと
良い場所を見つけてしまいました。

それは、そこの横にあるフロアと後方ひな壇
を繋ぐ階段ですね。

ここは最初注意されると思って避けたんですが、
後から来た人がここにいて、結局最後まで
そこにいたので、本当の穴場だと思いました。

握手会は苦手なので先に退場して、
時計を見ると、開演から1時間45分くらいでした。

ハロプロは握手会を合わせて2時間程度で
計算している感じでした。

1時間ばかり
歩いて数分のホームセンター内にある
マクドナルドで食事をして、店内をすこし
うろついて、ちなみにここは広いので
暑い時や寒い時はいいと思います。

あとベイホール近くには広い駐車場が結構あるので
そこで座って待機するのもいいと思います。

で、夜公演。

今回の整理番号は300番近く。

100番違うとどのくらい改善できるのか
期待してました。

チケットの番号チェック、中身チェック、500円のドリンク代ときて
入場です。
番号以外は見てないかんじですね。

ちなみに呼び出し方法ですが、
200番程度まで1番ずつ呼び込んでたの
に驚きました。
あとは5番程度ずつですね。

すいません、300番近くの場所について。。

やはり100番違うと結構違っていて、
前方のホールの最後方が空いてました。

真ん中のPAの前の中段と迷ったんですが、
ここの常連さんならわかると思いますが、
後方に行くほど、前方に背の高い人が来ると
アウトなので、今回はすこし勇気を出して
前方ホールの最後方に入りました。

後ろは舞台への視線が下向きになるので、
背の高い人が来ると逃げ場がないんですが、
前方だと、舞台への目線が上方になるので、
背の高い人が来ても対応できるんですよね。

だから、今回の2回目の選択は成功でした。

1回目は舞台が見えないので振りコピとかも
出来なかったんですが、
2回目は舞台が見えたので目線を合わせたり、トークの時
合いの手を入れたり、フリコピもがんがん
全て対応できたり、もうしぶんなく
楽しめました。

ここはたぶん300番以降だときついかなと思いました。

時間も握手会があるので短めだし。

あと、すいません、今回はじめてこぶしの1日2回公演
の両方に参戦したんですが、
わかったことは、
いろいろアカペラとかボイパとか違うネタを
用意していたり、楽曲も変えていたり、
トークの内容も前半と後半を含めたトーク内容
になっていたりと違う公演のようにこぶしの
スタッフになったかのようにこぶしと
過ごした時間の経過も一緒に楽しめるので、
損はないと思いました。

ただし、今回体験した通り、
整理番号によって善し悪しの差が激しいので、
全体を観てフリコピとか、振りや表情等、
アーチストのパフォーマンスの全てを
受け止めたい場合は、ライブハウスじゃなく、
座席制の場所、中野サンプラザとか
そういう場所の方がいいと思います。

私は今回自分自身を後者だと感じましたので、
ライブハウスは場所によっては
やめようと思いました。

ベイホールは今回が最後になった気がしますw

バレットクラブ入りしたKENTA選手は総合的に考えるとヒールではない理由を歴史から考えます。

標準

ノアで小橋健太選手の薫陶を受けて成長したKENTA選手。

ノアでは潮崎豪という、プロレスの内容的にも小橋選手に
近いベビーフェイスの同じ環境で育った選手が
存在したため、自然にヒール側にたつことが
多くなっていきました。

そして、三沢さんの死と、小橋選手の引退に伴って
居場所がなくなっていき、まあ追いやられるようにWWEに。

そして、2019年に、自然に流れるように新日本プロレス入り。

そして、最初はG1で勝ち上がり連勝してこのままいけば
ベビーフェイスのまま行けたんですが、
思いのほか連敗の歯止めが利かなくなり
芳しくない結果となってしまい、
やりやすいからバレットクラブ入りして反逆的な
キャラで新日でやり直すことに。

まあ今ノアに帰ったところで、
潮崎他、杉浦、拳王、清宮、HAYATA他、
新しい風が成長しているのでいる場所もないし、
みのる他の高山選手の戦友たちが集まっていて、
やりたい選手も多い新日本プロレスに
行くのは自然だったですね。

で話を戻し、なぜバレットクラブなのにヒールじゃないか。

それは、棚橋さんのコメントから答えが出ました。

「外敵という感じでみてます」

ということなので、

ノアではヒールじゃなくて正規軍だが、
だからこそ他団体ではヒールになってしまう
ということですね。

だから、例えば、棚橋さんも、
ノアに行くとヒールになるっていう、
反逆的な立場になるってことです。

club345バスツアーの指原氏の優しさが感じられたところ。

標準

行き帰りのバスで指原氏とシソンヌ長谷川氏
のラジオ風録音トークが流されたみたいです。
約30分でした。

ファンクラブ会員のみに配信されましたが、
やっぱ指原氏のトークは聴いてて疲れなくて
楽しいです。

ここで話してましたが、女性と男性で
バスを分けていたみたいです。

あと自分が責任持てる程度に参加人数を
少な目にしたみたいですね。

あとHKTを辞めた後にバスツアーを決めた
わけじゃなく、
AKBに入る前のハロプロのコアヲタだった時代
からずっとバスツアーをやりたいと温めて
いたと言っていました。

あと本番が始まる数時間前からリハーサルの
ために当日現場入りしていたみたいです。

いろいろ話を聴いていると、
推してきて良かったなとマジで
思える30分でした。

バスツアー行かなくても、
この30分のトークだけで
十分現場の空気が楽しめました。

今度は全員参加のイベントを
期待してます指原氏。

パフォーマンスしなくていいから。
ハロプロやアイドルさんについての
企画やテーマトークだけでもいいから。
おねげーするっす。

サンドリの平子カサ増しネタの詳細

標準

2018年2月4日の70分あたりからです。

これ鉄板で泣きますw

追記:

すいません、

これ上記の時間の時数分跳ねて、
あいだが結構あいて、番組終了前
数分に最高の盛り上がりがあって終わりでした。

何回聴いてもおもろいです。