カテゴリー別アーカイブ: tmmn

ももクロさん乙女戦争という新曲4種ジャケットと曲名ustreamで高城さんの熱い気持ちでファンに真っ先に発表!

標準

20120601-041143.jpg

20120601-041157.jpg

20120601-041208.jpg

1.作詞作曲やくしまるえつこ(Tica•α)
編曲近藤昭仁

2.PUSH/作詞:久保田洋司、作曲:大隅知宇
大隅さんといえば
「ミライボウル」(共同作曲)
「CONTRADICTION」(作曲・編曲)
「DNA狂詩曲」(作曲)
という、オーソドックスな歌謡曲
路線のあったかいメロディが特徴の
人ですね。

あとまとめてアニメソングが多い
人達でやくしまる、近藤さんは
スターチャイルド系です。

とすると、ももクロにとって
narasakiさんの起用は
単なる偶然だったみたいだね。

バックグラウンドが似ているのも
あって、ほんと聴いていると心地よく、
作品群も私のDNAに組み込まれ
てしまったかのように思い出すと
口ずさんでいるからなあ。

今前作聴いたらやくしまるさん苦手なタイプだw
椎名林檎とか
前山田さんをさらにこじらせちゃった
ような急激な変調やギターやドラム
を使わないことが新しいと思うような
人達。

こんなのとっくに小山田さんとか
小西康陽さんとかがやり尽くしてる
のになあ。

なんか新曲が不安で仕方ないんだが、
私は離れるのかついて行くのか。

どうなることやら。

以下、
高城さんと川上さんのいわゆる
現場マネージャーとプロジェクト
マネージャーが話しながら、ファンに
説明している感じで書きます。
私の意見はいれてませんので
よろしくですorz


本当は6月1日発表だったのに古屋マネージャー
のミスで新曲の衣装情報が流出しちゃって
こっぴどく俺等怒られたんだよな。

だからファンに申し訳ないので
情報を直接真っ先に流出したい
ということでワンセグ開発生放送
直後の帰りのバス中で高城さんが
お伝えすることになりました。

まず、
M1 タイトルは乙女戦争です!

長い曲で、どこできれば良いのか
分からない不思議な曲です。

高城さんは独特のリズムが脳裏に焼き付いてしまった。

NHKとかじゃ切られそうだけど、
がんばって流れるようにもって
行きたい!

(やはりNHKは曲を切るというのは
ファンも川上マネージャーも
同様の見解をお持ちのようです。)

宮本プロデューサーが出来た時叫んだ
んだよな。(川上)

ももクロの代表曲となるような曲だ。

振りは既についていて、PVは撮影中。

衣装について。

最初ロードウォリアーズを想定して
いたが、ファーストガンダムを観て
いたら、ガンダム方面もミックス
してきてしまった。

タイアップはまだ決まっておらず、
逆に募集中とのこと。

なんでタイアップこねーんだろーな!
すげーいい曲なのになあ!
まあ別にタイアップなんて無くても
構わないけどさ!(川上さんカッコいい
っす( ̄ー ̄))

そしてももクノ。

ポイント多い順に前から並ぶ。
いらないお土産付き。
音も聴こえると思うので遊びに来て
下さい。

ホールツアーについて。

内容は固まりつつあり、今回初めて
ツアーパンフが完成した!

100ページ程度の写真やインタビュー
が満載です。

NHKホール初日から購入可能です。

広告

ももクロさんマレーシア公演ustreamやってます!(終わりました)

標準

http://www.ustream.tv/channel/momoclotv

http://www.ustream.tv/embed/4979543
Live Video streaming by Ustream

http://www.ustream.tv/socialstream/4979543

15時数十分前にぴたりと終了しました。つかれた

ももクロChan番組内か、ustreamを期待するとしましょう。
人数は少なかった様子です。

ustream公式アーカイブ以外に
16時と20時ごろにまた配信がありました。

20時の分は、なんか高城さんがMCでどこかの大きな橋を渡りながら
配信していました。

いや今気づきましたがファイル名の日時とOS上の日時が一時間
ずれてますね。これ多分ファイル日時がマレーシア時刻でOS日時
が日本時刻です。
マレーシアのustreamサーバーで配信基本設定を記録したからでしょうね。

今回は高さんメインの配信で、別冊ももクロChan26と27の高城さん
ノーメイク単独MCひとりしゃべりスペシャルや、PUSHのPVでも
センター率が非常に高かったりという流れで最近高さんがももクロチーム
内で盛り上がってるなって感じで、その雰囲気を今回のustreamで
感じることができてすごく楽しかったです!

HARI BELIA NEGARA 2012 ももクロさんマレーシア公演は5月26日15時からです。

標準

HARI BELIA NEGARA 2012

時差は日本より1時間遅いですから、26日土曜日の15時
からですね。

誰かのアップに期待したいところですよね。。

できたらkさんかtさんでお願いしたいところ。。

ここ数日間は、ももりこぶたさんブログや
ustreamを気にかけておきましょう。

2012.04.02 ももクロさんのustreamももかたりゲスト玉井さんでマニアにとっては内容が濃すぎでした。

標準

有安さんのトーク企画なのにゲストの玉井純次さん(みればわかりますw)
がしゃべるしゃべる。

ももクロさんは返しは苦手だが任せればしゃべる人が多いんですが、
その一人が玉井さん。

で銭形金次郎の節約主婦さんのコンロ一つでなんでも作るネタや、
最近tmmnさんが後輩ができたので先輩づらしていて面白いという
川上さんは良いことだと言ってるのに笑って話している悪玉井さんや、
今回のスタジアムライブの下準備は前回より余裕をもって始まっていて、
ボイスレッスンも行い始めたことや、ももクロの今回のラジオ番組は、
じっとスタジオで話していてもももクロぽくないから、吉田照美さんにも
七番勝負でも言われたが、外に出てなにかやる企画も考えた方が
良いんじゃないかっていう提案を玉井さんが発案したり、
いろいろ盛りだくさんでした。

有安さんは玉井さんの話を聞いていて、気になる部分は自然に返し
たりして、川上マネはカメラ片手に、玉井さんの話に終始聴いている
だけでしたね。

これ高城さんだったら川上マネが突っ込んで困らせ、
そこで爆発する高城さんも面白いんですが、
玉井さんのトークはもう安定感抜群でした。
ただ、突っ込むとパワーが半減する危険性があるので
玉井さんは基本突っ込まない方向ですね。

有安さんはMC的な位置でした。

で最後に、もう4月2日だってことで、有安さんが18歳で高3、
玉井さんがセブンティーンで高2ってことでやんややんや
して終了でした。

十数分でしたが中身が非常に濃い配信でした。

http://www.ustream.tv/embed/recorded/21539283

なんでもありのももクロのキャラクターが固定化して、既になんでもありではなくなりつつある。だから、新日本プロレスからUWFに移行するべき時がやってきた気がする。

標準

これまでは、スタッフの主導でももクロを引っ張ってきた。

しかし、今年に入り、5人になにかが起こっていて、
5人の発言力、行動力が徐々に前に出てくるようになり、
それに歩調を合わせるかのごとく、
百田さん単独のMC、
さらに、青山ワンセグ開発では初回以外は
バラバラでブッキングなんていう仕事まで
入ってきていて、
もう5人がそれぞれの個性を武器に単独で内なるものの
経験を積んでいく時期に入ってきました。

これからは川上さんの手に及ばない仕事が増えていくので、
どんどん未熟な部分は白日の下にされてしまいますよ。
ごまかしは通用しません。

ですから、こういう時こそ基礎力作りが大切になってきます。

もう、テレビではももクロを守る川上さんやtmmnさんや佐々木さんは
あまり手を出せなくなって来ますからね。
生放送なんてものもありますからね。

ももクロさん達のパフォーマンスがダイレクトに受け手に
伝わる機会が増えていきますからね。

 

これ、川上さんや佐々木さん向けに心を込めて
お話しているので、プロレスを例えに出しますと、
まさに、前田日明が新日からUWFに移行する時期と
状況が似ているんですよね。

人気が出たのは良いが、結局最後は猪木さんが最後の試合で
持って行ってしまうのはなぜか。
自分の実力がわからない。
自分で立ち上げて、自分のプロレスを創り上げて、
自分を目的に来てくれる客を掴みたい。
だから前田さんは脱退し、UWFを旗揚げする。

 

だから、川上さん、

もしプロレスがなんでもありといい、ももクロにその精神を
注入しているならば、
現在までの派手な部分もプロレスだが、
ストイックな部分もプロレスだということを
川上さんなら十分理解していると思います。

これからのももクロは各人で個性を生かした
仕事を通してより自己を確立していき、
5人が集約される場合は、それらが化学反応
してさらにトゲトゲだらけの魅力的な
ももクロにしか不可能なパフォーマンスを
表現できる、そんなグループになっていって
欲しいです。

川上さん、ももクロは
見かけだけで売る時代から、実力を蓄えていく
時代に入ったんじゃないかと思いますよ。

 

プロレスはなんでもあり。

 

いい考え方だと思います。
私も大賛成です。

でも、なんでもありも狭い範囲で
続けていけばなんでもあり
ではなくなります。

 

今のももクロは、あくまで川上さんとももクロチームの許容量の中での
なんでもありで、既になんでもありではなくなりつつあります。
アイデアが枯渇しているかんさえ感じます。

 

なんでCDが売れないか。
DVDは売れるのか。
単独のオファーが増えているのか。

ダンスとコミュニケーション力、個性、
そこがももクロのコアな部分です。
人間自身から直接放たれる力ばかりです。

楽曲、衣装、CD、そういった間接的なものは
2の次だと思います。

 

よく考えてなんでもありという精神のもとで
表現されるものが、「ももクロのなんでもありキャラクター」
というもので固定化されないように

 

本気の「なんでもあり」で

 

ももクロを創り上げていって下さい。

この世界、飽きられると早いですよ。
十分気を付けて下さいませ。。

ももクロのメイン作曲家をなぜこれ以上結果が出ない同じ事務所の前山田氏にこだわるのか。

標準

結果が出ないのに褒め殺しで起用し続けるキングスタッフ。

このオリコンの総合売上順位を見ても、
既出の中でも前山田氏より、NARASAKI氏
や大槻ケンヂ氏サイドの方が結果を出せて
いるのは明確で、この結果を懸案してもなお
前山田氏を起用し続けるのは理解に苦しむ。

だってミライボウルとかピンキーってメディアに
少しも登場してないのにこの売上ですからね。

一応断っておきますが、今回のテーマ
の中では自分の好みを一切入れずに冷静にデータの部分のみを
検討材料として抽出しています。

労働讃歌と無限はメディアによる宣伝効果が大だと思います。

おかげでももクロさん自信消失

さんまのまんまでデイリー1位ですと申告した
ら、返す刀で、どうせ1日だけですぐ
落ちたんだろとさんまさんに言われてぐうの音
も出なかったももクロさん達を見てて、非常に
不憫でしかたなかった。

非常に成績が悪い状態の時に怪盗少女で”多少”売り上げが
跳ねたから、舞い上がってしまって、前山田氏を数年起用
してきたが、結局は数年前の状態から抜け出せなかった
ももクロチーム。

プロのスタッフに変化しつつあるももクロチーム

ももクロチームは枚数にこだわらないというスタンス
だったが、紅白に落選した昨年あたりから、
枚数にこだわる傾向に変わってきた感じを受ける。

いつまでも現実逃避していては、当のももクロが可哀そうだ。
スタッフが現実逃避をやめ、一皮剝けたプロに成長
し始めたことは素晴らしいことだと思います。

もし、最近テレビに出演する機会が増えて、営業時に
経歴書に載せるデータ、自己紹介するときの補助的データ
の重要さが分かり、真剣に、最低限、売上枚数を数十万枚レベル
までアップさせる必要性を身に染みて感じ始めている
としたら、やはり、勝手に思い込んでいた前山田氏の曲
がベストなももクロのイメージという考え方を払拭し、
より高みを目指せる指針を真剣に打ち出していく
必要性があるだろうと思う。

検討するにあたり、重要なポイント。

1位でも売上は総合で40000枚程度である。
(デイリー1位は1日で達成する枚数である。)

あとジャニーズやEXILE、AKB並に全方向から、
全力で宣伝したデータが無いのは、
不幸中の幸いである。

ももクロチームに幸あれ!

ももクロの動きが停滞している時は、仕事が充実している証拠です。ファンは妄想して楽しみましょう。

標準

10日土曜日11日日曜日
17日土曜日18日日曜日
20日祝日

動きが無かったのでつまらない日になって
しまいました。。

まあももクロさんたちは未成年なので、テレビ番組の
夜の収録には参加できません。

あと学校がありますので、仕事は土日祝日と平日18時以降になります。

さらに、現在、テレビ業界は春の改変時期で、特番ラッシュです。

それに、百田さんはメレンゲのMC、メンバーはEテレのレギュラーと
ももクロ団と隔週のもも見、別冊ももクロChan、毎週のももクロChan、

雑誌の取材にCM。。。

そして、4月の横アリライブの打ち合わせやリハ。

さらに新曲関係の収録なんかもそろそろ始まる時期でもあります。

あとアルバムの話なんかもチラホラ出てくる時期だと思います。

そして、それは紅白に向けての重要な時期なのでいつもよりさらに
検討に検討を重ねて、絶対紅白に出場させる心構えで臨んでいる
と思います。

もう昨年12月のまでのももクロさんたちとは180度環境が変化している
といっても言い過ぎではないくらいの仕事の充実ぶりです。

だから

表で動きが無い時は、

いま番組収録してんだろうな、、
ライブのリハしてんだろうな、
雑誌の取材受けてるんだろうな

と妄想して川上マネの立場で楽しみましょうよ。

ももりこぶたさんがなにやらももクロの無限の愛がBillboard JAPAN Hot 100が2位喜んでいるが、、

標準

Billboard JAPAN Hot 100で2位って聞いて、すげーなんて
感じるひとが世界にどれほど存在してるんであろうか??????

 

下手したらBillboard の社員でさえ驚かないんじゃないだろうかww????

 

 

世の中には星の数ほどチャートというものが存在している。

 

で自分が好きなアーチストの作品が上位にランクされている
のを見たい気持ちもわかる。

 

しかし、ちょっとまて!

あまり売上順位にこだわらないならば構わないが、
もし拘るんならば、まずオリコンというもので結果
を出してからそちらのチャートに目を配るのが順番
じゃないだろうか。

オリコンであまり順位がよろしくないからといって、そこから逃げて
無理やり順位が良いチャートを星の数ほどのチャート
データから探してきてそれをオリコンに置き換えて
勝手に自分の心を騙して安堵するというのは
間違っていると思う。

それだったら紅白出場なんてのもきっぱりあきらめて、
目標を有線大賞やFNS音楽祭、MTVアワード等への出場
へ変更してそれに満足してればいいじゃないかと思うんである。

正に、そういう行為はももクロ流の真逆で、直球のももクロ精神
の真逆の行為なので、まずオリコンのチャートで結果を残す
ことだけを目標にしてがんばって欲しいと思う。

 

 

ももクロちゃん達はおまえらを信用しているからこそ騙され続けているんだよ。

おまえらスタッフが信用しないでどうする!

 

 

もっと目標を高くもってさあ、、
せっかくエネルギーを順調に頂上に向けて蓄えてきているのに、
こんなところでその大事なエネルギーを浪費してないで、
オリコンで結果を出すことのみを考えてそれにエネルギーを
集中していって下さいよ。

こぶたさん以下ももクロチームには、もっとももクロチームの力
を信じて、これからもまい進していって欲しいと切に願う所存であります。

2012.03.10 ももクロZ 横浜Blitzライブ 気になったこと

標準

3月12日早朝に川上マネがustreamで眠い目をこすりながらも
配信してくれました。

で例にもれず、みんなでファンが書き込みで盛り上がりました。

総合的に評価すると、ももクロ自身がいままでで一番のライブ
にするとライブ中に言っていた通り、現在進行形のももクロの
現時点で一番のライブだったと思います。

最後に杏果氏の3月15日の誕生日を祝うため、運営が密かに
企画していた全員で緑のサイリウムを掲げるパフォーマンス
があった

んですが、エロい自分はこんとき

「ももクロが赤外線カメラで盗撮されている。。」

と思っちゃいました。

これ言いたくて仕方なかった。
私だけじゃないはずだ!そこのあなたも思いますよね。

話を戻しますw

総合的には神奈川はもう社会的に認知されはじめている
東京赤坂より女性客が少なくて、まだ男性客が多いため、
だみ声がこだまして異様な感じでした。

特に赤坂の品の良い盛り上がりを体験した後では
顕著にそれが感じられました。

ちなみに私は横浜での最新型のコール方法を聴いて、
自分と同じ革命精神をもった感覚のやつがいたんだ
となんか安心しました。
私も横浜と大体同じ内容(しかし、ツヨクツヨクの冒頭で、
オイオイ組とよっしゃいくぞ組に別れてコールするという
素案はやはり自分しかやってませんでした。)
で赤坂参戦したんですが、自分と、たまに
タイミングがあえば、自分の隣の人がついてきてくれた
程度でしたからねえ。。横浜は新しいコールにも関わらず
数人きちんとついてきていましたからね。

特に隙がないNARASAKIさん作品系でのフューの有効利用や、
名前コールを空気を読んでランダムに投入するという案は
同志がいて感動しました。
バラード中の投入は絶対避けないといけませんよ。

最近ももクロの作品クオリティが歌謡曲から実用的な
もの、踊れるものに向上しているので、
もうmixとかそういう細かい作りこみはできなくなりつつ、
似合わなくなりつつあるので、
フューとかの歓声形や、
クラシックなランダムなバラード以外の時の名前コール、
全員絶叫や大ネタの前に「そーーーーれ(ウリャオイ)」とか「あーーーーーー」
とか勢いを加速させたりする補助系とか、
ウリャをリズムに合わせてやる(例として、ピンキー出だしで
ウリャオイウリャオイウーリャオイウリャオイってさらに
グルーヴ感を増大させる)、等、
セリフや定型的なものじゃなく、勢い、パワー、グルーヴを
さらに増大させるような案を考えていて、私は赤坂で実際に実行しました。

で横浜ではフューと補助系が、全く知らない人だけど、
偶然か、私が赤坂でやってたとき聴いてた人なのかわかりませんが、
同志数人によって実行されていて大変効果的に作用していました。

あと真剣に考えて独りで実行しているのは、
独唱以外の時のコールが不自然にみんな沈黙状態になってしまって
いるので、「ももクロ」「MCZ(エムシーゼット)」「箱(ハコ)」等で
補う案。
ちなみに私は赤坂でももクロとMCZでやってみました。
「かーなこー、しーおりん、れーにちゃん、もーもかー、あーりん、
もーもクロ」この5種類で気持ちよく応援できました。
たまにもーもクロのとこをMCZに置き換えてみました。
MCZのほうが響きはかっこよかったですね。

話を戻しますと、、、、、

しかし、、冷静に考えますと、ファンの声と演目の出来
はあまり関係がなく、特に今回のように完全な
ホームの場合にはそれが顕著でもあります。

ですから、ファンの声が盛り上がりと比例するんであれば
盛り上がっていたと言えるし、そうでなければ
通常の千秋楽のももクロライブと言えるでしょう。

しかし生歌で歌唱力が向上し、歌い方も各自自由に
アドリブで遊ぶようになり、特に生涯一ももクロ宣言
をしたれにちゃんの意欲がパワーアップして、5人それぞれ
MCと言えるくらい自己主張するようになった現在、
客の声が全くなくても同じクオリティでライブをできる
位のものを感じました。

これからはあまりファンが自分たちが盛り上げているという意識は無くし、
手助けしているっていう感覚で参加したほうが寂しくならない
気がしますね。

それはこれからファンが全くいない場所でライブをやって、
それについてのマスコミや著名団体による賞賛のメッセージが
寄せられるような事態に直面したり、
自分がそれを実際に体験して、同じクオリティのライブを
提供できていたのを自分で感じてしまった時、
自分が落ち込まないように保険をかけておくっていうことです。

常に全力とももクロは宣言しています。
どんな状態でも全力だということです。

もうホーム、アウェー、ファンがいる場所、全くいない場所、
ブーイングを受ける場所、どんな場所でやっても大丈夫
だと思いました。

ももクロチーム 2012.03.03と04の土日はモーレツ☆大航海ツアー2012の名古屋と高知なのでustあるかもです。

標準

さあ、明日から地方ツアーです。

モーレツ☆大航海ツアー2012
・03月03日(土)名古屋ダイヤモンドホール
・03月04日(日)高知BAY5 SQUARE

今日の夕方から明日にかけてももクロちゃんは移動ですね。

でも飛行機移動に出世したみたいですから、明日の朝かもしれないです。

ここで、もうお気づきでしょうか。

地方ツアーといえばUstですね!

さらに最近のももクロチームの土日は頭がおかしくなっていて
なにかやらないと気が済まなくなってきているありさまw

期待して待ってみましょう。

ファン歴が長い人は承知していると思うんですが
最近デビューしたあなた。
ライブが観れると舞い上がっていませんか?

待ってやって下さい!

ライブのustじゃないですよ。
ゲリラ的な現地リポート的なやつをやるんですよ地方行くと。

ライブは無いと思います。