カテゴリー別アーカイブ: COALTAR OF THE DEEPERS

2019.04.03 coalter of the deepers narasaki birthday bash 現場詳細

標準

NARASAKIさんがお気に入りだと言っていた
渋谷クアトロ。

入り口に待機して整理番号順に入場。
2番飛ばし。

私は300番くらいでした。

入ると、中央フロアは半分埋まっていて、
その周辺の第一バルコニーも最前が
埋まっていたので、

そのまた周辺の最後方の第3バルコニーががら空き
だったのでそこの最前に。
ちなみに隣はPAですので音は保証付き。

前座としてNARASAKIが推している
同期だけど辞めていたところを
復活させたホットトースターズから。

私は初めて現場で聴いたんですが、
縦ノリだけどバックがシューゲイザー
っていう面白いサウンドでした。

そしてCOTDが登場。

最初は現在のメンバーで
シューゲイザー系のサウンドを堪能。

その後。幕間が10分で前期メンバーが入場。

私はここ数年のももクロ新規なので、
このメンバーは新鮮でした。

だいたい2010年あたりまでのメンバーで、
ダンス系のCOTDの連続。

私はCOTDって音響で聴かせるものだと
思っていたんですが、
前期のメンバーを初めて経験して、
こんなに明るいバンドだったんだと
驚きました。

特にねぎしさん。

NARASAKIさんにギターを教えた
ひとで、おさななじみなんですが、
この人がNARAさんと真逆で
サンシャイン池崎さんのような
明るいタイプで、
両手を頻繁に掲げてファンを鼓舞したり
舞台を縦横無尽に走り回ったり、
MCではNARAさんをいじり倒したり
してムードメイカー的な
人で、

翌日のこのCOTDの初期メンが集まって、
非公開映像を見ながらトークを展開する
ライブでねぎしさんをはじめとした
初期メンが集まっていろいろ
バックステージトークをしたんですが、

まあこのライブを体験したら、

たぶん、NEGISHIさん他の初期メンがなんか
テンションが高くなっていたので、

この初期メンが、COTDの主要メンバーである、
NARASAKIさんとドラムのKANNOさん
を説得して2019年のツアーが決定した
ような感じに見えました。

また現行メンバーはいろいろ多方面で
忙しいので、それも相まって初期メンツアー
が決定した感じだと思います。

ただですね、、

私は後期の音響系の方が好みなんですが、
今回聴いた限りだと、
初期メンはビート系が強い感じを受けたので、
どちらの方向に寄せていくのか。

でも私はCOTDの志向とNARASAKIさんとKANNOさんの
センスが嫌いじゃないので、
面白い世界を体験させてくれる
と信頼しています。

6月が楽しみです。

あとクリエイティヴマンはCOTD結成当初から
活動を共に行っていた人たちだそうです。

初期の映像を見ながら、スタッフが映っていたり
当時スワーヴドライバーの前座に組み込んだり
UKに会いに行かせてくれたのもクリエイティヴマン
だそうです。

2019.4.3 COALTAR OF THE DEEPERSのNARASAKI生誕祭に向けて。

標準

cotd1904

COALTAR OF THE DEEPERSの単独が先行開始してます。

今まではmusicmine経由でしたが、
今回はクリエイティブマン経由になってしまったので、
musicmineばっかチェックしていたから
乗り遅れてしまいました。。

NARASAKIの生誕祭なので、
初期メンと現行メンの2本立て!
サザエさんもびっくり!
よりぬきNARASAKIさんw

クリエイティブマン 3A 会員先行
期間:1/25 (金) 15:00 ~ 1/28 (月) 18:00

クリエイティブマン モバイル 会員先行
期間:1/25 (金) 18:00 ~ 1/28 (月) 18:00

イープラス
期間:1/29(火)12:00 ~ 2/7(木)18:00
チケットぴあ
期間:1/29(火)11:00 ~ 2/5(火)11:00
ローソンチケット
期間:1/29(火)12:00 ~ 2/5(火)23:59

こういう感じで、
なんだろう、

>企画・制作:Vinyl Junkie Recordings
>協力:クリエイティブマンプロダクション

ここから、NARASAKIがやる気を出したってことなんでしょうか。
レコード屋のオーナーやイベンターをかじりはじめたことで、
引きこもってないでもっと表に出て活動しようと
奮起した現況が表れているんじゃないかという気がします。

数年前の活動休止から数年の気持ちの整理で、
未来に向けてファンにとっては最高の結論が導き出された
ようでほんとうにうれしく感じております。

あと初期と現行のメンバーを呼び寄せて、
しかもメンバーが来てくれるというところにも、
NARASAKIさんの人間的な魅力が垣間見れる
ところですよね。。

あとNARASAKIさん、

代官山UNITの定期ライブは継続して下さい。

ファンの我々にとって、11月の寒くなってきたときに
代官山UNITのCOTDはNHK紅白のような風物詩と
なっているんですよね。

COTDはそれだけで食っていけるような
絶対本気になればもっと需要が増える活動です。

ももクロさんも安定してきたし、
そろそろ少し自分の時間を増やして
もいいんじゃないですか。

いろいろ夢は限りないですが、
勝手に妄想させていただくと、
COTDの武道館でももクロがゲストで出演したり、
信頼と実績を重ねてCOTDとしてももクロの楽曲を担当したり、
COTDやNARASAKIさんのラジオ番組、
絶対COTDってもっと夢のあるプロジェクトだと
思うんだけどなあ。
NARASAKIさん次第ですねw

とりあえず、復活ライブおめでとうございます!

NARASAKI率いるCOALTAR OF THE DEEPERS(COTD)がRABBIT EPというシングルで再始動開始!

標準

RABBIT EP
COALTAR OF THE DEEPERS

カタログNo: UDECD003
レーベル: U-desper

2018年11月14日発売

1620円

COTDRABBITEP
いやー、NARASAKIさんが2015年にライブでこれで終わりにすると言って
いたんですが、活動再開となったみたいです。

まあ水曜どうでしょうと同様に

「一生COTDやります!」

ってことだったら嬉しいですけどもね。

活動が無かったので、この2年の間に
ももクロさんから入る人が増えていると思うんですが、
ももクロさんのサウンドから宮本さんの
歌謡曲向けの注文を排除し、よりミニマルにして
重厚にしたのがCOTDだと思いますので、
そういうのが好きな方はぜひ現場で
COTDは現場で100パーセントクリアになる
ユニットなのでぜひ現場に訪れてみて
下さい。

ちなみにレコード会社がある限りですね、
そのスタッフを食わせないといけないわけなので、、

定期的にリリースするのが契約で決められている
のが大半なのです。

ベスト盤しかり、シングル数枚しかり、シングルと
ライブ、ライブ盤、様々な形態がありますが。

まあクラフトワークのように、新作出さなくても
既存のものが売れ続けているような人は何年も休んでいる
場合がありますけど。

ライブ期待してます。

GOATBEDは残念だけど想定の範囲かな。。2017.04.14COALTAR OF THE DEEPERS/GOATBED

標準

やっと動き出しました。NARASAKI氏。

2015年秋の最後のUNITのライブの時、
同じ繰り返しに飽きてきたから
来年はあるかわからないと言っていたんですが、

その言葉通り、ももクロさんの仕事は
そのままに、

現場系では大槻ケンヂ先輩との仕事や
他のアーチストとの活動にシフトして
ソロは一切やらない感じになっているので、
このままやめるのかと思っていたんですが、

突然ライブのお知らせが飛び込んできました。

でもよくみたらGOATBEDという人との対バン。

ていうことは、ソロを辞めてから続いている
対バン系ライブの方向性と同じ感じのものだってことで
GOATBEDという人たちが気に入れば行こうと
思いチェックしましたが、、

まあジョンケージクセナキス坂本P-MODEL山塚
小室電気喫茶等の変遷してきた私にとっては
特になんの変化もない、

平沢進や小室を基本にした、COTDも参加していた
DANCE_2_NOISEという90年代初頭にリリースされていた
テクノバンド系のオムニバスアルバム
の範囲内にすっぽり収まる感じのトラックで、

特に刺激を受けないので行くのをやめました。

平沢がドツボの人ならはまるんじゃないかと思います。

私はNARASAKI氏とCOTDをテクノという観点で
ハマっているわけではなく、
音楽の手法よりも作品が空間に与える
衝撃のヤバさにはまっている、
まあドラッグと同じようなものですよ、
なので、

そういった私にはCOTDしか興味が湧かない
ので、引き続き気長に単騎待ちしたいと思います。

COTDはNARASAKI氏のユニットなので
常に作品を創作している間聴き続けているため、
感覚が麻痺してしまっていて
与える衝撃の大きさに気付かなくなってしまって
るんじゃないかと思います。

あなたの作品の与えるインパクトは
以前私は直接言いましたが
KRAFTWERKのアウトバーンを超える
作品もあるんですよ。

これってすごいことですよ。

あまり萎縮せずに堂々とまた
衝撃を我々に与えて下さい。

よろしくお願いします。

NARASAKIさん参加のASTROBRITE JAPAN TOUR 2015の開催が迫っています。

標準

私はいままで知らなかったんですが、
NARASAKIさんがプロデュースやレコーディング
でサポートして親交が深い
ASTROBRITEというアメリカのシューゲイザーユニット
の来日公演が予定されており、
気が付いたら5月25日は東京のあのnanoCUNEで有名な
shibuya o-nestを皮切りに、
大阪、名古屋と3回開催する予定になっており、
チケットも販売されています。

towerrecordsastrobritepr

あとWHITENOISE SUPERSTARSというライブが
NARASAKIさんの地元の高円寺でも
アットホームな環境で開催されるようです。
こちらも参加されてます。。

astrobritenarasakilive

先日お伝えした掟ポルシェ関係のと
特撮関係のやつだけかと思っていたら
こんな私の核心を突くものが隠れていたとはね。

これはもう完全にノーマークでした。
せめて6月だったら行けたんですけどね。

あまりにも商売っ気がないNARASAKIさんなので、
本当に知らなかったです。。

最新作を聴いてみたらすごく攻撃的な
無駄を一切省いたギターノイズまみれの
ゆったりした音圧の揺れを体験させて
くれるトラックになっていて、
もっと聴いてみたくなりました。

マイブラとかのノイズの音群をメロディックにもっていく
ヨーロッパ系のきれいな奴じゃなくて、
こちらはノイズに固執したサウンドで、
なんだろう、sonic youthとかあのへんの
センスを感じます。日本だと山塚アイさんとか
もそうですよね。ノイズそのものが大好きっていう。

ナッキーの本気の現場はそうそうないんで、、
めちゃくちゃ行きたいんですが、
23と24が永野さんの単独ライブなのと
結構資金的に5月はお笑いに使ってしまったんで
無理なんですよ。。

アルバム買いますのでそれで勘弁して下さいw

次回あったら、11月のUNITの定期公演の次のレベルで優先して
必ず参戦させていただきますから。
申し訳ない!

行ける方は是非ももクロがかかわっていない、
他人から制されていない、自分のセンスだけの
本気のNARASAKIさんを体感してきて下さい。

偶然見つけました。4月11日発売開始!2015.05.31 coaltar of the deepers まさかのライブ情報ですw

標準

アイドルに没頭中のNARASAKIさん率いるCOTDが、
新宿ロフトで大槻ケンヂの電車というバンドと
いつもの掟ポルシェさんと超内輪向けイベント開催ですw

20150531新宿ロフトCOTD

20150531新宿ロフトCOTD2

私は大槻ケンヂ大好きで掟さんも大好きなんですが、
金欠でフェスティバル系苦手でCOTD単体ライブじゃないと気持ちよくなれない
のでスルーしますがこの大槻ケンヂファミリーの空気感が
たまらない人はおすすめですw

まあ2013年の12月終わりに開催して、2014年には開催
されなかった掟さんとのイベントが無かったんで
おかしいなとは思ってたんですけど、
特撮のライブも春にやるから大槻ケンヂさんとはあったかくなっているし
ちょうど良い時期なんじゃないかと思います。

たぶん暖かくなったらやろうか的な感じですすめていたんだろうと思います。

20150801特撮ライブ告知

でもこのままだとNARASAKIさんが2014.12の定期公演で
COTD活動を停止するようなこと言っていたけど、
単にマンネリ気味に決まったペースでライブするのが嫌になった
だけで、ライブ自体はやる気ありそうで安心しました。

たぶんやってくれるでしょう!11月のUNITのライブが今から楽しみです。
ナッキー、まだ若いんだからいろいろ文句言わないでファンサービスだと思って
やってくれよほんとに。

スクープ。ハロプロ楽曲を多く担当している大久保薫氏が、ももクロ楽曲も担当していた。

標準

ももクロのGOUNNツアー会場限定で配布されたサントラです。
限定でキングのwebショップでっも販売されました。

ももクロの会場限定CDは昔から特別なものばかりで
聞くところによると結構メインのラインよりも自由に制作
できるので、結構とがった作品が収録されることが
多いのが特長なんですね。

GOUNNOST大久保薫1
GOUNNOST大久保薫2

秋元康とつんくがクロスプロジェクトについて話し合っている
と言っていますし、NARASAKI氏がCOTDのライブで、自称
アイドルの楽曲制作と言ったり、活動を一時停止するような発言をしたり
しているので、NARASAKI氏がハロプロ、大久保さんがももクロ、等、
面白い展開になっていきそうな感じです。

追記:

これ聴きましたが、ハードなダブステップアレンジ、シンセのビープ音をマシンガン

のように打ち込んできててすごい身体に悪そうなwサウンドになっていて最高でした。

これがNARASAKI師匠の生命線のユニットCOTDです。なにもかも忘れに行きましょう。

標準

チケットまだございます!

http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1335334

20131123COTD

小さい小屋だからCOTDのUNITは最高の
パフォーマンスが発揮される場所です。

ももクロでいうところの石丸電気とかに近いです。
それくらい小さいところです。

しかしひとつ注意点が。

MCのとき、ももクロの話題はいいけど
来てるのはCOTDのファンなので、
COTDの話題に挟む程度の感じで
お願いします。

COTDにもオーディエンスからも
白い目で見られますよw

2013.05.25 渋谷CLUB QUATTRO COALTAR OF THE DEEPERSのライブレポート

標準

クアトロがの場所がブックオフの上だとは知らずに迷いました。

整理番号300番台だけど遅刻して400番台の入場になりました。

プレゼントというのはステッカーでした。

500円でドリンクチケットを貰い、左のバーで交換しますが、
ウーロン茶を交換したらペットボトルから注がれた
のに萎えました。まークアトロの収入はこれしかない
んですからしかたないですけど。

で左は柱が邪魔なので右に。

3段階になっていて、前段、中段、後段。

今回は早い番号なこともあり、真ん中近くで観たかった欲望が
強かったんで、探しました。

既に中央から埋まっていて、中段までは隙間なし。
側面や柱のかげや各段の後方は隙間有。

後段は柵前の一人分のスペースがあったので急いで捕獲。

ここでいやなことがありました。

始まる30分前に後ろから女性に、横のほとんど無い無理やり入れれば
入るようなスペースを指さし
「ここいいですか?」
と言われて、まあいままでトラブった経験がなかったんで許可しました。

そしたら、私を横へ押し出すようにずるずる入ってくるんですよ。

で始まると、当然ですが、狭いのでぶつかるわけです。
私はぶつかるのは問題ないんですが、あきらかに
私のスペースが狭くなっているんです。

途中でおかしいなって思って横を見るとずーずーしいことに
2人横になって入り込んでしまってるんですよ。
道理で狭いわけだと思いました。

ここでみなさんに提言したいんですが、いやな思いに
なりたくないならば、狭いとき、明らかに無理なときは
だれであっても場所を譲るのは拒否しましょう。

特に良い場所にいるときが多いですね。

逆も当然やらないほうがいいですね。

というわけで本編です。

まず、いつも通り遅刻から始まった今回。

ナッキーさんが野球帽みたいのをかぶってunitの時
よりも終始飛び跳ねて明るかったのが印象的でした。

ヘドバンしたりファイティングポーズしたり、
初めて明るいナッキーさんを拝見しました。。

私は2回目ですのでどっちがいつものナッキーさん
かわかりませんが両方とも好きですね。

で開演前にSUNの楽曲を流していたんですが、
最近好きになっているようで、SUNのような
エンディング処理をしている曲があって
面白かったです。
ただただ上を向いて目を閉じて聴いていました。

あとは、やはりこの人は低音の処理が素晴らしい。

バスドラはフロアの下から突かれる感じで
60khzとかあたりがメインの低音で気持ちよかった。

それで、結構バスドラとスネアの落差をつけた
処理にもなっていて、上下に持ち上げられては
落ちる感じも良かった。

シューゲイザー系の曲はunitの方が良かった
かもしれません。

今回はunitの時と違い、季節も暖かくなってきて
心境の変化なんかもあるのかもしれませんが、
アクティヴな楽曲の出来が素晴らしかったです。

早いグルーヴのやつは音が固まってしまっていて
あまり良くなかったですね。

空間的な音より瞬間的な音が得意なはこ
なんじゃないかと思いました。

COTDについては
今回はポップな曲が多かったですが、
さまざまな音楽が入り混じって踊ったり
聴いたり、手を上げたり、一部圧縮があったり、
ナッキーさんの素直なだらだらトークに笑い
があり、人間的な暖かさを感じてほっとしたり、
というのは相変わらずで、いつものCOTDでしたよ。

アンコールで出てくると
メンバー紹介を開始(今頃!?)

でいろんな掛け声があったがももクロ系は無視されていました。
私的にはこれからもずっとスルーしてほしいですね。
ももクロをCOTDに持ち込んで欲しくない。
だってその人もどうせももクロ繋がりでCOTDのライブ
来たのが見え見えでね。。あきらーなんてことも言ってたな。
よくもあの場所で言えたもんだよ。

COTDありきのナッキーありきのももクロだから
勘違いしてほしくないなあ。

あとはアンコールで「え~~?」っていうと
「もうやれることはやったからいいだろ!」
と笑いに包まれるw

「もうたくさんやったでしょ!」
客「wwwwwwwww」

私「ごめんなさーい。。」

とまあCOTDここにありといういつものライブでした。

またunitでやってほしいなあ。
COTDに一番合ってる気がします。

2013.05.25 渋谷CLUB QUATTROにてCOALTAR OF THE DEEPERSのライブあります。お早目に!

標準

2013年初ライブ
2013年5月25日(SAT) 渋谷CLUB QUATTRO
OPEN 17:30 START 18:30
前売り3,500円 当日4,000円
Pコード(195-412)、Lコード(72719)

2013年5月26日(SUN) 大阪UMEDA AKASO
OPEN 17:30 START 18:30
前売り3,500円 当日4,000円
Pコード(195-882)、Lコード(53380)

東京、大阪チケット一般発売3/9~
ぴあ、ローソン、e+、店頭
入場者全員にプレゼントあり

※大阪公演は今回が今年最初で最後になる可能性あり
———————————————————————–

一応渋谷の方ですが、
2013.03.26日に購入して300番台でした。
キャパ1000なんでまあまあいい場所かと。

ちなみに私のいい場所っていうのは、
いかに最前を取るかではなく、
後方の踊りながら観れる壁際が
取れるかどうかです。