カテゴリー別アーカイブ: NARASAKI

とにかく最近のももクロ楽曲に刺激が足りない理由はただひとつ。 2019.5.17 5th ALBUM MOMOIRO CLOVER Z

標準

宮本さん。

あなたがももクロの神髄を理解しているなら、

今回外したことで身に染みてわかったはずだ。

とにかくNARASAKIと前山田健一をくれ!

秋元康、つんくといった専属がいないももクロにとって、この2人は同じレベルのクリエイターだということがわかったはずだ。

そして確実にももクロ自身も決して口外しないが深層心理で思っているはずだ。

とにかくNARASAKIと前山田健一をくれ!

本当に伝えたいから2回目だ。

三四郎の小宮氏も言ってたな。

マジで頼むぞももクロチーム。ほかのスタッフもねちねち宮本氏に考えを変えさせるように仕向けてくれ。暴走を止めてくれ。

2019.04.03 coalter of the deepers narasaki birthday bash 現場詳細

標準

NARASAKIさんがお気に入りだと言っていた
渋谷クアトロ。

入り口に待機して整理番号順に入場。
2番飛ばし。

私は300番くらいでした。

入ると、中央フロアは半分埋まっていて、
その周辺の第一バルコニーも最前が
埋まっていたので、

そのまた周辺の最後方の第3バルコニーががら空き
だったのでそこの最前に。
ちなみに隣はPAですので音は保証付き。

前座としてNARASAKIが推している
同期だけど辞めていたところを
復活させたホットトースターズから。

私は初めて現場で聴いたんですが、
縦ノリだけどバックがシューゲイザー
っていう面白いサウンドでした。

そしてCOTDが登場。

最初は現在のメンバーで
シューゲイザー系のサウンドを堪能。

その後。幕間が10分で前期メンバーが入場。

私はここ数年のももクロ新規なので、
このメンバーは新鮮でした。

だいたい2010年あたりまでのメンバーで、
ダンス系のCOTDの連続。

私はCOTDって音響で聴かせるものだと
思っていたんですが、
前期のメンバーを初めて経験して、
こんなに明るいバンドだったんだと
驚きました。

特にねぎしさん。

NARASAKIさんにギターを教えた
ひとで、おさななじみなんですが、
この人がNARAさんと真逆で
サンシャイン池崎さんのような
明るいタイプで、
両手を頻繁に掲げてファンを鼓舞したり
舞台を縦横無尽に走り回ったり、
MCではNARAさんをいじり倒したり
してムードメイカー的な
人で、

翌日のこのCOTDの初期メンが集まって、
非公開映像を見ながらトークを展開する
ライブでねぎしさんをはじめとした
初期メンが集まっていろいろ
バックステージトークをしたんですが、

まあこのライブを体験したら、

たぶん、NEGISHIさん他の初期メンがなんか
テンションが高くなっていたので、

この初期メンが、COTDの主要メンバーである、
NARASAKIさんとドラムのKANNOさん
を説得して2019年のツアーが決定した
ような感じに見えました。

また現行メンバーはいろいろ多方面で
忙しいので、それも相まって初期メンツアー
が決定した感じだと思います。

ただですね、、

私は後期の音響系の方が好みなんですが、
今回聴いた限りだと、
初期メンはビート系が強い感じを受けたので、
どちらの方向に寄せていくのか。

でも私はCOTDの志向とNARASAKIさんとKANNOさんの
センスが嫌いじゃないので、
面白い世界を体験させてくれる
と信頼しています。

6月が楽しみです。

あとクリエイティヴマンはCOTD結成当初から
活動を共に行っていた人たちだそうです。

初期の映像を見ながら、スタッフが映っていたり
当時スワーヴドライバーの前座に組み込んだり
UKに会いに行かせてくれたのもクリエイティヴマン
だそうです。

黒宮姉妹とひなこのBRATS、時代は繰り返す。4AD、LUSH、RIDE、、、

標準

いやー、、まじで、U15のイメージビデオの時代は黒宮さんは
大人に挑戦的な雰囲気が充満していて怖くて抜くどころじゃなかった
んで、まあ無料でダウンロード可能だったんで落としてはいたんですが、
まったく観たりしなくなったんですよね。

でもこの人の魅力ってのにはうすうす感じていて、
まあ女優とか、そういうなにかを表現する才能
には感じていたんで、このバンド活動には期待していました。

でもいもうとシスターズっていうロリ事務所の
企画で遊びのようなもんだったんで
時間を割くことはありませんでした。

で数年前、今の形態になった時、
全身に衝撃が走りました。

こんなになっちまったんだって。

いやあ正に化けたっていうか、
覚醒したっていうか。

でまあU15の世界では大スターなので、
正に地下世界のダンディならぬ、
地下世界のロリータっていうか、
だからそれなりの客がついているみたいで、
ライブは売り切れで、また、
以前は喉にトラブルを抱えていたので、
あまりライブをやらなかったこととか、
楽曲数も少なかったので合同ライブ
が多かったので行く機会がなかったわけですが、

今回1stアルバムを制作して、楽曲も
それなりにそろったっていうところで
単独ライブが可能なレベルになった感じです。

ハイレゾを期待していたんですが、
結局出ることはなく、ライブが目前に
近づいてきてしまったんで、慌てて
CDを買いましたところ、、

まあ驚きました。

自分の耳を疑いましたね。

聴いてるうちにまずマイナー系に黒宮の声って
合うなあっておもいつつ、

黒宮こんな声隠してたんだ、
一発で心臓が震えるよ、、
ずるいなあーって思いつつw

声から次第に全体を感じられるようになると、
シューゲイザーじゃんて思って、
でも、CDの帯にはポストグランジってあるなって
思い、グランジとして聴きなおしても、
やっぱりシューゲイザーにしか聴こえない。

演奏にイメージで黒宮れいの声とLUSHのMIKIや
RIDEのマークやアンディの声を入れ替えて
みてもまんまシューゲイザーに聴こえるじゃんと。。

インタビューとか見ても特に影響しているとか
言っている感じはないし、、今の時代に、
偶然こういうサウンドに行きついてしまったとしたら、
すげーなって。

このひなこさんていうギタリストと、あやさん
のスキル相当高いですよ。

今回は森本裕二さんがプロデューサーでしたが、
ぜひ一度NARASAKIさんにBRATSの楽曲を作ってほしいと思いますね。。
それもシューゲイザー縛りでねw

いつもももクロではイレギュラーな発注が多いので、
大喜びしてすげーもの作りそうな気がします。NARASAKIさん。

ライブでこの世界がきちんと再現できるのか、
不安でもあり楽しみでもあります。

あと実際のれいちゃんが怖くなければいいなあwww
イメージビデオでは怖い印象ばっかだったんでね。。

まあでも攻撃的な作品を作る人は相反して
優しい人が多いのでたぶん優しい人です。

2019.4.3 COALTAR OF THE DEEPERSのNARASAKI生誕祭に向けて。

標準

cotd1904

COALTAR OF THE DEEPERSの単独が先行開始してます。

今まではmusicmine経由でしたが、
今回はクリエイティブマン経由になってしまったので、
musicmineばっかチェックしていたから
乗り遅れてしまいました。。

NARASAKIの生誕祭なので、
初期メンと現行メンの2本立て!
サザエさんもびっくり!
よりぬきNARASAKIさんw

クリエイティブマン 3A 会員先行
期間:1/25 (金) 15:00 ~ 1/28 (月) 18:00

クリエイティブマン モバイル 会員先行
期間:1/25 (金) 18:00 ~ 1/28 (月) 18:00

イープラス
期間:1/29(火)12:00 ~ 2/7(木)18:00
チケットぴあ
期間:1/29(火)11:00 ~ 2/5(火)11:00
ローソンチケット
期間:1/29(火)12:00 ~ 2/5(火)23:59

こういう感じで、
なんだろう、

>企画・制作:Vinyl Junkie Recordings
>協力:クリエイティブマンプロダクション

ここから、NARASAKIがやる気を出したってことなんでしょうか。
レコード屋のオーナーやイベンターをかじりはじめたことで、
引きこもってないでもっと表に出て活動しようと
奮起した現況が表れているんじゃないかという気がします。

数年前の活動休止から数年の気持ちの整理で、
未来に向けてファンにとっては最高の結論が導き出された
ようでほんとうにうれしく感じております。

あと初期と現行のメンバーを呼び寄せて、
しかもメンバーが来てくれるというところにも、
NARASAKIさんの人間的な魅力が垣間見れる
ところですよね。。

あとNARASAKIさん、

代官山UNITの定期ライブは継続して下さい。

ファンの我々にとって、11月の寒くなってきたときに
代官山UNITのCOTDはNHK紅白のような風物詩と
なっているんですよね。

COTDはそれだけで食っていけるような
絶対本気になればもっと需要が増える活動です。

ももクロさんも安定してきたし、
そろそろ少し自分の時間を増やして
もいいんじゃないですか。

いろいろ夢は限りないですが、
勝手に妄想させていただくと、
COTDの武道館でももクロがゲストで出演したり、
信頼と実績を重ねてCOTDとしてももクロの楽曲を担当したり、
COTDやNARASAKIさんのラジオ番組、
絶対COTDってもっと夢のあるプロジェクトだと
思うんだけどなあ。
NARASAKIさん次第ですねw

とりあえず、復活ライブおめでとうございます!

NARASAKI率いるCOALTAR OF THE DEEPERS(COTD)がRABBIT EPというシングルで再始動開始!

標準

RABBIT EP
COALTAR OF THE DEEPERS

カタログNo: UDECD003
レーベル: U-desper

2018年11月14日発売

1620円

COTDRABBITEP
いやー、NARASAKIさんが2015年にライブでこれで終わりにすると言って
いたんですが、活動再開となったみたいです。

まあ水曜どうでしょうと同様に

「一生COTDやります!」

ってことだったら嬉しいですけどもね。

活動が無かったので、この2年の間に
ももクロさんから入る人が増えていると思うんですが、
ももクロさんのサウンドから宮本さんの
歌謡曲向けの注文を排除し、よりミニマルにして
重厚にしたのがCOTDだと思いますので、
そういうのが好きな方はぜひ現場で
COTDは現場で100パーセントクリアになる
ユニットなのでぜひ現場に訪れてみて
下さい。

ちなみにレコード会社がある限りですね、
そのスタッフを食わせないといけないわけなので、、

定期的にリリースするのが契約で決められている
のが大半なのです。

ベスト盤しかり、シングル数枚しかり、シングルと
ライブ、ライブ盤、様々な形態がありますが。

まあクラフトワークのように、新作出さなくても
既存のものが売れ続けているような人は何年も休んでいる
場合がありますけど。

ライブ期待してます。

ももクロがハイレゾ音源の配信を開始したが、1曲500円なので絶対ハイレゾ環境で聴いてほしい曲をいくつか。

標準

以前、自分でハイレゾ化して聴いたりしたとき、
全く音質が違うものと同じものがあったんですよね。

まずローファイな前山田音源はハイレゾでもノーマルと同じですw

違うもの。

NARASAKIトラックです。

この人の作品は44khzと96khzでは別物です。。

そのなかでも、あまりサンプリングを使用してない、
音が塊になっていないものをおすすめします。

労働なんかはあまり効果ないでしょう。
っていうとお伝えしたい本質がお分かりいただけると思います。
げっだーんとかもね。。
ヒップホップみたいに音質が悪い方がパワーが発揮できる
楽曲っていうのもあるんですよね。

そういう考え方で逆算していくと、、

LOSTCHILDとか、天手力男、Zの誓い、桃源郷、BIRTH、ピンキージョーンズ
なんかがおすすめです。これで3000円くらいですね。

これだけは96khzで聴いてほしい楽曲ですね。

もしこれで気持ちよかったら、他に手を伸ばして下さい。

これでもあまり刺さらなかったら他も同じなので
CDでいいと思います。

LOSTCHILD初披露ツアー。

私はLOSTCHILD聴くときこのライブの感覚を身体に宿してしまいます。

20120311 横浜Blitz 07-12 2012年03月12日(月)02時08分

NARASAKI×ももクロ×宮本純乃介 世界一!

コスパ優先のボーナストラックの購入方法。ももいろクローバーZ 桃も十、番茶も出花

標準

ももいろクローバーZ 10周年記念
BEST ALBUM「桃も十、番茶も出花」

品番:KICS-93700~2
形態:CD3枚+Blu-ray2枚組
価格:11,111円+税
内容:
-DISC 1-
1. ももいろパンチ
2. 未来へススメ!
3. 行くぜっ!怪盗少女
4. ピンキージョーンズ
5. ミライボウル
6. Z伝説 ~終わりなき革命~
7. D’の純情
8. 労働讃歌
9. 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
10. Z女戦争
11. サラバ、愛しき悲しみたちよ

-DISC2-
1. Neo STARGATE
2. BIRTH Ø BIRTH
3. GOUNN
4. 泣いてもいいんだよ
5. MOON PRIDE
6. 夢の浮世に咲いてみな
7. 青春賦
8. 『Z』の誓い
9. WE ARE BORN
10. マホロバケーション
11. ザ・ゴールデン・ヒストリー
12. BLAST!
13. 笑ー笑 〜シャオイーシャオ!〜
14.クローバーとダイヤモンド
※Tr.1~5は“ももいろクローバー”期の音源が収録されます

-DISC3-
1.CONTRADICTION
2.走れ!
3.白い風
4.コノウタ
5.全力少女
6.黒い週末
7.仮想ディストピア
8.Link Link
9. 桃色空(ピンクゾラ)
10. DNA狂詩曲(ラプソディ)
11. 行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.-
12. Z伝説 ~ファンファーレは止まらない~ 

[Blu-ray.1]
ドキュメンタリー「はじめてのももクロ -10th Anniversary Edition- モノノフver.」 
「クローバーとダイヤモンド」Music Video
「クローバーとダイヤモンド」Music Video メイキング映像
[Blu-ray.2]
ももいろクローバーZ 2018 OPENING ~新しい青空へ~ LIVE Blu-ray

・フォトブックレット付
・スペシャルBOX仕様

一応、内容は上記の感じになっております。

で、98パーセントは購入済みなので、新曲だけ欲しいのですよ。

Disc.2
14.クローバーとダイヤモンド
作詞・作曲C&K14

Disc.3
12.“行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.- ”
作詞・作曲 前山田健一 編曲 invisible manners

13.Z伝説 ~ファンファーレは止まらない~”
作詞・作曲 前山田健一 編曲 tatsuo

って感じになってます。

NARASAKIさんはコラボwalkmanのボーナストラックに
回されてしまいました。。

2018年5月23日発売のベストアルバム収録曲全曲と、MOMOIRO CLOVER Z 10th ANNIVERSARY MODEL でしか手に入らない、限定リミックス音源をプリインストールしてお届けします

<収録音源曲目リスト>

限定リミックス音源
1.MCZxNRSK Pulled out Remix(Remixed by NARASAKI)
2.MCZ’s スーパーストロングマシーン Remix(Remixed by サイプレス上野とYasterize)
3.MCZ “春夏秋冬” Remix(Remixed by fox capture plan)

効率よい方法。

1.両方とも購入して楽曲を抜いて売る。
2.10年後くらいに出すボックスセットをまで待つ。

楽曲を抜いて新品同様の未使用品で売ることにします。
CDは中華で出回るものを入手。

ただしNARASAKI楽曲に数千円かあ。。
さすがに無理だなあ。
でもコラボwalkmanの取引相場は現在
1000円くらい安くなる程度なので、
ありかもね。

CDはあってもなくてもいいわ。ライブで聴けば。

walkman予約しとくか。

MOMOIRO CLOVER Z 10th ANNIVERSARY MODEL
と思ったけど、お届けが8月31日だっていうことで
MOMOIRO CLOVER Z 10th ANNIVERSARY MODEL2
多分3か月で市場取引価格が相当下がってる気がするんでやめましたw

LV現場と演出と楽曲の構成や役割の詳解とオークラ氏の大活躍。 2018.01.21ももいろクローバーZ 2018 OPENING ~新しい青空へ~

標準

杏果が卒業することで急遽決めた公演。

 

チケットはFC経由で販売され、隣のイベントホールのLVチケットは
前日に3000円先着にて一般販売されました。

幕張メッセは地上から入れますが、イベントホールは
階段で降りたとこから入ります。

私が到着した10分前には満員でしたが、
以前の最悪だったももクリSSAの最後方の
身動きが取れないすし詰めスタンディングから
改善されて、
比較的前後に余裕があるスタンディングでした。

パイプ椅子の指定席よりはるかに過ごしやすかったですが、
ブロック分けされて仕切られているので、めざましライブ2017
の最後方の時のような
360度全方向解放状態のような解放感は皆無でした。

荷物は本当はクロークが良いですが
今回は時間が無くて1000円もかかるので
自分の足の間に置きました。

 

開演すると、

 

バックスクリーンの装飾は
初回のTIFの時の5人の画像が縦仕切りで
横に5分割されたバック画像でした。

初期のバック画像のイメージで多かったのは
ももクロマークが配置された画像でしたが、
ももクリ日本青年館

これはTIF2010の進化形ていうか、
プロがデザインに介入する前の
ももクリ2012の時もあった気がする、
川上さん好みのシンプルな初期のイメージだったので、

素直に

・Overture

から開演し、このZ伝説時代の5人の画像
をバックに
20180121ももクロ新しい青空2

Z伝説から入ったあたり、ハロプロやAKB等の
卒業公演でも定番の、自分の歴史を時系列に
振り返る演出なんだなと思いました。

ちなみに終演後に演出家から今回の演出を担当したのは
オークラさん、佐々木敦規さん他で、この人たちが
ももクロに関わり始めたのがZ伝説だという
ファンには有名なエピソードがあり、
そこから来ているんだと納得しました。

あとももクロのグッズデザインでもっとも人気があるのが
この5色をバランスよくわかりやすく配置した
ものなので、古くからのももクロのファン
らしいデザインだと感じて、つかみの数分で一気に
回想モードになりました。

で時間的に巻き戻して

・未来へススメ。

これも新規にバック画像をマスターから
切り貼りしてありました。

私的には未来よりミルキーウェイが聴きたかったです。

20180121ももクロ新しい青空3

ちなみに、楽曲が次々に披露されていくんですが、
私の現場はイベントホールです。

ここは昔から言っているように音響が最悪で、
現場は楽曲が始まって数秒、最悪は
数十秒程度楽曲名が識別できない
ので大変でした。

歌詞なんか判別不可能で当然ていうような感じ。

低音がブーンブーンカーセブン状態で、
杏果の卒コンじゃなければいいこと何もなかったですね。。
なんかスピーカーが隣と共鳴しちゃっている感じで
低音が異常に強調されてる感じで
まったくの楽曲初心者は大変だったろうと推察します。

バラード系はまあ普通に聴けたような気がします。

・仮想ディストピア
作詞:只野菜摘 / 作曲・編曲:AKIRASTAR
歌詞を聴きます。

・白い風
作詞・作曲:多田慎也 / 編曲:生田真心
季節と空間を楽しみます。

は冬のコンサートのMC入り前の
定番バラードです。

・行く春来る春 青春賦2015
作詞:久保田洋司 / 作曲:ツキダタダシ / 編曲:近藤研二
今の季節と未来への光を楽しみます。

・ツヨクツヨク
作詞:hiroko / 作曲:Tetsuya Yukumi
タオルを振り回します。

・words of the mind
作詞:motsu、作曲:t-kimura
これは杏果とコールが楽しめます。

・BLAST
作詞・作曲・編曲:invisible manners
振りコピを楽しみます。

・DECORATION
作詞・作曲・編曲:invisible manners
ヲタ芸的には中途半端ですかねw

・怪盗少女
作詞・作曲・編曲:ヒャダ山田健一
コールが楽しめます。置いてけぼり対策。誰でもわかります。

・灰とダイヤモンド
作詞:只野菜摘 / 作曲:前山田健一 / 編曲:近藤研二
ここまでのライブの時間を振り返ります。

・走れ
作詞:INFLAVA / 作曲:Koji Oba・michitomo / 編曲:michitomo
灰とダイヤモンドで付いてこれなくなった初心者向けに
置いてけぼり対策。

・モノクロデッサン
マニア向けに走れに続けて深く落ち着かせます。

・MC杏果と4人1人づつトーク

新しい青空へ
作詞・作曲:ヒャダ山田健一
これは現場の空気的にはいまいちでしたね。
理由はあの空へ向かってという化け物待ち状態
だったからだと思いますね。

でも楽曲的には良かったと思います。
やはり作詞作曲はいいと思いますヒャダ山田さんはw

定番のファストフード的な楽曲はたこ虹に回して
成長したももクロさんには前衛的な
ものを提供しないと今後通用しないと思いますから
頑張って欲しいと思います。

・杏果の締めのあいさつ

杏果退場でザキマツさんが会場の失笑とともに、
そんな空気をものともせず登場w

川上アキラが大人になり、大嫌いだった東京ドーム公演を
決めたことを発表。

ここで好き嫌いを克服したことをお祝いする意味を込めて
アキラコールを一人でぶちこんでおきましたw

ちなみにこの時のザキマツさんのトークは昔の
しおりんのように、
川上アキラの分身と化していましたねw
言わされてました。

自分で出てきてしゃべりゃいいのにw

最後に

あの空へ向かって

このときのバック画像は最初と真逆の
新しく撮影した現在の4人の画像でした。

20180121ももクロ新しい青空4

最新の画像で最古の楽曲を披露。

オークラさん、シンプルですが、わかりやすい、
ももクロチームらしい素晴らしい演出でした。

 

と思ったら、最後に大きな落とし穴が待ち構えていました。

 

帰りの激混みの京葉線で、ふと思った。

 

「え???
今回NARASAKI楽曲1曲も無かったよね??」

 

こんなことももクロのコンサートで初めてだったんじゃないかと思います。

 

NARASAKIさんが一番ショックなんじゃないかと思います。。

 

結構ショックで、結局帰った時にはプラスマイナスゼロで無心になっていました。

 

 

楽曲派によるももクロさん「天国の名前/ヘンな期待しちゃ駄目だよ…??」の解説。

標準

2017.12.13 21時 ももクリ2017 記念シングルCD限定発売開始です。そして無料のスターダムの試合に岩谷麻優が出ない理由。
2017.12.13ももクリ限定シングルの「天国の名前」で遂にももクロさんとミッシェルガンエレファントとkenkenが繋がった。

天国の名前/ヘンな期待しちゃ駄目だよ…?♡

『ももいろクリスマス 2017 ~完全無欠のElectric Wonderland~』開催記念シングル
ライブ会場&KING e-SHOP限定

アーティスト名:ももいろクローバーZ
発売日:2017/12/13
品番:NMAX-1288
販売価格:定価¥1,389 + 税

1.天国の名前
作詞:阿久 悠 作曲:NARASAKI 編曲:NARASAKI
2.ヘンな期待しちゃ駄目だよ…?(ハート)
作詞:清 竜人 作曲:清 竜人 編曲:清 竜人
3.トリック・オア・ドリーム
作詞:月蝕會議 作曲:月蝕會議 編曲:月蝕會議

1.天国の名前
これは楽曲の構造はNARASAKIさんの基本構成
となっています。

Zの誓いやBIRTHBIRTHは様々な音色で華やかに
彩られていますのでぱっと見はわかりませんが、
それらの音色を頭の中で抜いて骨格だけにしてみると、
天国の名前と同じだということがわかります。

そして、今回NARASAKIさんのももクロプロジェクト
用の仕事での初めての試みとして、電子音が一切入っておりません。

でもNARASAKI作品は次第にピンキージョーンズのテクノから
桃源郷のロックに回帰してきている感じだったので、
遂にここまで自分の本流に融合させてきたかって
感じですね。

前山田のようにいろんなアイドルを食い散らかしていないので、
他の人たちが遊べば遊ぶほど、
ももクロとNARASAKIさんの絆は強くなるばっかりですね。。
NARASAKIの作品を聴けるのは週刊ももクロのみっていうw

それはさておき、

クハラさん(ミッシェルガンエレファント)のドラムス、
ヤマジさんのギター、
石塚(筋肉少女帯)さんのベース、
そして、ももクロさんの音声。

各アーチストのこれまでの長い人生の縮図が表現されている
濃いトラックなので、同世代でその価値がわかるNARASAKIさんは
そのまま裸に近い状態でむき出しでコンドーム無しで生で出した方が暴力的
だということがわかっているのでほとんどいじることなく
収められております。

無加工音源のパワーがよくわかる
作品がこれです。名盤です。

ももクロさんの音声についてもしかりで、
それらに負けないように、ハロプロのような、
小手先の歌い方のアレンジを排除して、
また、あーりんに至ってはいつもの癖のある
語尾を上げる歌唱法についてもやめてもらって、
夏菜子についてもいつもの情熱的な
歌唱法もやめてもらって、
一切の飾りを排除して、阿久悠さんの強烈な歌詞
のパワーが最も引き立つように、いつもと真逆のアレンジ
が加えられております。

しかしよく考えると、NARASAKIさんがこれまでももクロプロジェクトに
数年関わってきて、前述のような今回のプロジェクトの性格
もあるので、結局今回は自分も飾りを排除して
自分の本筋に回帰してみたっていうことなんじゃないかと
いう気がしますね。

そうしないと、とても太刀打ちできないっていうね。
それくらい強力なトラックが宮本さんから渡された
っていう。。

ちなみに、これ聴けば聴くほどいろんな各メンバーの
醸し出す味を味わえるようになっています。

私は最初はサウンドばかりに心を奪われていたので
一切歌詞が入ってきませんでした。。

でクハラさんのBメロの時のタムタムを入れて
飽きさせない工夫とか、上記のももクロさんの
素直なすっぴんに近い歌声とか、
電子音が入っていないこととか、
NARASAKIさんのCOALTAR OF THE DEEPERSに近い
こととか、阿久悠さんの歌詞を消さないように
微妙なセンスで緩急をつけて演奏されていることとか、

これ、白い風が初めて発表されたとき、
CDの録音トラックの出来があまり良くなかったんだけど、
ももクロが様々なレッスンを重ねながら経験を
積み上げながらやり続けて名曲にしてしまった
のと似た感覚を感じました。

これ、今回のCD収録トラックはアイドル楽曲に麻痺していて、
前山田至上主義的な人にはつまらないと
感じるかもしれませんが、

ももクロさんも全くの初心者で初挑戦の
作風なので、白い風のように、これもやり続けていっ
たらばけるんじゃないかって気がしますね。。

あとこれをきくちさんがやるとしたらメンバー全員
呼ぶとおもうんですが、クハラさんが来るのか
来ないのか、そこが一番心配ですw

私的にはミッシェルと繋がって嬉しいんですが、
ミッシェルの亡くなったメンバーの方は
吉川晃司のオファーをチャラいから断った
っていう話があるのと、ミッシェルのメンバーで
1人もアイドルとかかわった人がいないので、

そういう尖った人が来るのかどうかw

2.ヘンな期待しちゃ駄目だよ…?(ハート)

これは清の普通の楽曲です。終わりw

3.トリック・オア・ドリーム
これはたまに宮本さんが発注するミュージカル的な
楽曲ですね。月と銀紙飛行船とか、ディズニーランド的な奴。

一時近藤研二さんとかに任せてたんですが、
キングの宣伝で月蝕會議っていう人が採用
されたようですw

楽曲的には特に普通ですね。
長いコンサートの合間に休憩で入れる一曲て感じ。

とまあやはり今回もNARASAKI宮本ラインのももクロ曰く、
ももクロ楽曲のアーチスティックラインは健在でさらに進化している
ことを見せつけられて安心したひとときでした。