カテゴリー別アーカイブ: AKB48劇場支配人 湯浅洋

後ろ向きな雰囲気の中、戸賀崎氏が責任を負ってGOサインを出したシステム改正AKBG握手会の現場検証と見解

標準

入り口は握手券を見せれば入れました。

会場への最終段階、ボディチェックは握手のレーンと同じくらいの
レーンが用意されていて、スムーズに入れました。

私は握手はしなかったんですが、まわりの意見をきくと
レーンごとに出口が用意されているので以前よりスムーズに
流れるようになって評判は上々でした。

セキュリティの人数が増えたんですが、その多くは
握手の会場ではなくメンバーとファンが握手するところに
多く配置されていました。

メンバーの後ろはなにも遮る物がなくなっているので
なにかあったら後ろに逃げればすむようになっていますので
メンバーの環境もとりあえず事故対策されたような気がします。

そして会場の雰囲気は以前となにもかわらない握手会の
雰囲気でした。

戸賀崎氏がAKBのとりあえずやってみる精神を重視
して、とりあえず走り出させた新生握手会。

私は行きませんが大丈夫なんじゃないかと
思いました。

広告

指原HKT48劇場支配人に、HKT48劇場で最新の劇場ビジネスモデルを提案していって欲しいと切に願う。

標準

優子はAKBの原点は劇場だとはっきり言い切った。

指原氏率いるHKT48は「思い出せる君たちへ」という全劇場公演映像が
揃っているDVDをセットリスト、ライブ構成を提案
する道具として活用している。

指原氏の要所要所でぶち込む曲は劇場公演曲だ。

テレビに出まくって一通り憧れのテレビの世界を把握したので、
これを機に出演を含めて劇場の仕事に少し時間を割いて、
プラチナ化して劇場を体験できないファンが激増して、
劇場公演や劇場でがんばっているメンバーやスタッフ達が
新規のファンの意識から消えつつもあり、最近のリクエストアワー
がシングル曲で埋め尽くされたことを元より、
それがあらゆるところに歪みを生じさせてしまっている昨今、
ファンとより密着した等身大のAKBGというものを体験できる場所として、
HKT劇場から、劇場でのトークライブとか公演以外のイベントも開催
したりと、劇場のより有効的な活用方法を具現化して発信していき、
HKT劇場を、指原氏や秋元さんや福田さんやその他面白いアイデアがあるひとたちの
ちからを借りて、
AKBGはもとより、劇場ビジネスを展開している人たちに向けての最新の発信基地
になるくらいに革命的でわくわくするような劇場といいますか、空間として
成長させていって欲しいと思う訳ですよ指原氏。

私が握手会で福田さんを大事にしろと言ったのは単なる
深夜のテレビ番組のために言ったわけじゃないんですよ。

握手会は卒業予定なのでもうtwitter等でしか伝える
ことが不可能になりますが。

AKBGは本気で劇場が原点なんだということを知らしめる為、
AKBGの楽曲をやる場所ではなく、表現する場所として劇場を
進化させていっていって欲しいと強く願っています。

テレビはタモリさんも昔レギュラー番組の視聴率が
悪くなると同時に手のひらを返すようにくびを斬られて
激怒して二度と日本テレビには出ないと怒ったほど、
よい時しかちやほやしないですが、

劇場は熱く見守ってくれますよ。

指原氏の歴史も劇場がなくなれば全て消え去られて
しまうんですよ。

AKBGで劇場という価値について再構築していって欲しいと思います。

未来は劇場にかかっています。
よろしくおねがいします。