カテゴリー別アーカイブ: 藤井智久

サンドリゲスナーは、日テレ系や有吉反省会、マツコ有吉系番組は気持ち悪い感覚のズレを感じて面白いと感じていないことについてと、有吉指原の真実に近づく方法。

標準

あのですね。

先日、ていうか、今日ですね、、

有吉さんと指原氏のリアルタイムなtwitterにおけるやりとり
があったんですよ。

有吉反省会の放送中に偶然両名ともに自宅でチェック
していて、お互いに面白いと誉め殺ししあっていたって
いう気持ち悪い出来事があって、

それを見ていて、なんか違和感を感じて吐き気がしたんですよね。

常連の人はおわかりですが、有吉指原のコアヲタですよわたしは。

でも気持ち悪さを感じたんです。

まあ、有吉指原両名ともに、まあツマンナイ仕事だと
思っていても、プロだから言わないですよ。

有吉さんはどんな仕事でも目の前の仕事を
一生懸命やれと後輩に言っていることもあり、
当然言わないですよ。

でも、まあコアヲタなんで気に入ってるものと
そうでないものぐらい、
数十年もいろんな発言や流れを
感じ取ればわかるってなもんですよ。

どこから感じるか。

まず、サンドリというラジオ番組は
有吉さんが生命線だと思って信念をもって
やっているのはだれでも感じると思います。

そして、そんな番組なので、大事な人
しか迎え入れないと思いますよね。

また、サンドリの冒頭のフリートークでも
取り上げるものと取り上げないものがいます。

取り上げるのは、まあふかわさん、上島さん、
手島優、プロレス、大食界隈、
とんねるず、ビビる大木さんや、
加地さんやロンハー、ゴッドタン、
太田プロ界隈、ナベプロ界隈、
竹山さん、ザキヤマさん、

ももクロ、有吉AKB界隈、

そして、指原氏ですよ。

これをみて、なにかわかりませんか?

そうです。

加地さんと佐久間さん、マッコイさん、
藤井さん、そして、u-field主催の
上原敏明さん界隈しか出てこないんですよね。

日テレやマツコ関連の人は出てこない。

まあ本人も気まずいと思うので、この辺で
やめときましょうw

多分、私とセンスが同じなので、
反省会とか日テレ系とマツコ系は
プロとして指示通りやりきってる
だけだということですね。

他の番組は、お笑い芸人としての自分
をさらけ出す気持ちで全力でやっていると。

違いはそういうことだと思います。

そして、有吉さんはへそ曲がりで
逆を言いますから、
賞賛している時は逆を考えた方が
真実にありつけるという気がします。

上島みたいなくそつまんない芸人。
ふかわみたいなつまんないナベプロ芸人。

そういうことですw

2019.5.29 佐久間宜行のANN:ゲスト加地さんの回で、加地佐久間藤井伊藤マッコイさんの共通したルーツが判明してしみじみしました。。

標準

フジテレビに落ちた人たちが他局で頑張った結果、

 

フジテレビが神原孝の一強という黒歴史時代に入り、他局に
繁栄の時代が訪れたという、

 

2019年現在の先端バラエティの勢力図だということですね。

 

これは私の読み通りでした。

2018.08.15 ナレーター有吉 藤井智久、そーたにコンビの前衛的なコンテンツでした。

標準

深夜のくりぃむ枠をある程度軌道に乗せてから卒業した藤井智久プロデューサー
の動向が気になっていたんですが、
その冴えわたったセンスが健在だということを
知らしめた今回の内容でした。

加地さんは千鳥と散歩番組を始めたりして、
安心していたんですけどね。

内容はゲストを数人設定して演出とナレーターと
内容を自作してもらって、
その映像に対して、スタジオに構築された
DJブース内で作成者が書いたナレーション
を有吉さんがリアルタイムで読み上げる
内容でした。

そのゲストと有吉さんの間に澤部さんが入り、
双方の発言に耳を傾けながら
突っ込んだり流れを調整したりして
まとめるという感じ。

ナレーション芸は脱力タイムズが先にやっていた
んで、それを発展させた感じかなと思いました。

めったに斬新でかつ面白いコンテンツは
出てこない昨今ですが、有吉さんを使うコンテンツは
新しい内容が多いので、それだけ能力を買われていて
信頼されている証でしょうね。

昔のたけしさんのようなポジションなんじゃないか
という気がします。

もう業界では有吉と有田が最先端になっている感じがしますね。

水曜日のダウンタウンと藤井健太郎と松本人志と反コンプライアンスの笑いの社会的な必要性が皆無な理由を明確にします。

標準

水曜日のダウンタウンの拉致企画はクロちゃんから始まりました。

しかしクロちゃんのあまりの性格の悪さに笑いが優っていて
危なさに気づいていませんでした。

藤井健太郎、マッコイ斉藤などはテリー伊藤、土屋敏男といった
反コンプライアンス笑いを極めた監督たちの教え子の最後の生き残りです。

90年代。

当時は現在と真逆で、普通のお笑いをやっている人たちは
この人たちになめられていました。

自分たちこそ時代の最先端なんだと。。

また、たばこについても同様で、吸っている人はまだ
かっこいいと言われていました。

プロレスも同様で、技が過激になり
選手生命を絶たれる選手が多くなりつつありました。

また神様のような絶対的な技術とメンタルをもっていたアイルトンセナが
F1のハイスピード競争の
争いに巻き込まれ事故で亡くなりました。

ここからわかることは、
競争によりやる人が多いときは悪いことが正当化されます。
そして、より過激になっていきます。

この時重要なのは一般市民がそれを求める結果
過激になってしまうというところです。

そして現代。

F1はスピードが出ないようにルールが改正され、
お笑いも行き過ぎないように法令により競争の激化を抑制されました。

ここで、お笑いはつまらなくなったとか言い出す
奴らがいます。

私は知識と経験が浅い時はそれに同調していました。

しかし、最近は観点が変わりました。

それは、チャップリンはどんな時代でも面白い。
というところです。

下世話で人間の生理現象に直接ドラッグを打ち込むような
過激な演出が無くても、センスと技術があれば
人間の心に激しく訴えかける最高の笑いを創り出すことは
可能だということをチャップリンは教えてくれていると思います。

ちなみに、もし私がいままでで最も面白い笑いを選出
するとすると、チャップリンの作品になりますね。

これは人間が人間である限り永久不滅な笑いだと思います。

まあ逆に考えれば、前述の笑いというのは、、
チャップリンがすべて創り出してしまった
から、仕方なく生まれた笑いと言えるのかもしれませんね。

最近、マッコイや藤井、ダウンタウンといったうぬぼれ野郎
たちが鬼の首を取ったようにコンプライアンスがどうたら
とそれを隠れ蓑にして笑いを作れない言い訳にして
自分の才能のなさを恥ずかしげもなくひけらかしていますが、、

コンプライアンスを理由に新しい笑いを作ることを諦めて
いたら笑いを辞めた方がいいと思いますね。

私はどす黒い汚い世界も無菌状態の澄み渡った世界も
同様に、同じくらい笑いと言うものは存在していると思っています。

コンプライアンスで笑いがつまらなくなると言ってる
やつはそれがわからない程度の低レベルな芸人ていう
ことなのでもう引退することをおすすめします。

まあテレ東の佐久間さんやテレ朝の加地さん、
藤井さん、そしてフジテレビの日置祐貴さんが
これからは引っ張っていくので
高級マンションで豪遊してタバコでもふかしながら
ガンで脚を組んだまま逝っちゃってくださいw

お疲れさまでした。

2017.12.22くりぃむナントカをなんの躊躇もなく2秒で削除した理由

標準

満面の笑顔で
初回から楽しみに観ている
大好きなくりぃむしちゅーの番組を見始めたんだが、

くりぃむさんの横に矢口が映ったので、
脳内に自宅で愛人とのセックスを
旦那に見せつけてアクメに達している矢口の映像が
フラッシュバックして気持ち悪くなったので、
一瞬でサーッと血の気が引き、
削除しました。

最近この番組は
大好きなくりぃむしちゅーの良心とも言える
藤井プロデューサーが外れたので、
なーんか嫌な予感がしていたんですが、

やはり笑いに対するセンスの低さって
いうところがこういうところに
現れてくるんですね。。

テレ東の佐久間さんやTBSの藤井さん、
テレ朝の加地さんががこぞって
ブッキングしてた時も
テレ朝の藤井さんは
一切出さなかったですからね。

片岡飛鳥が前線から撤退した時のフジテレビみたいに
大きな事故に繋がらなきゃいいけど。

M-1グランプリ 2017とろサーモンが優勝して提示して見せた、非大阪系非保守派漫才系芸人の勝ちあがる方法。

標準

私は昔からB&Bがつくりあげた小ボケの連打系高速漫才よりも、
時間をかけて大きな空間のゆがみを作り上げた仕上げに大ボケ
を爆発させる、カウスボタン系タイプが好みなのですが、
第一回からM-1を観ていてその第一回にその代表格だった
おぎやはぎが関西人に酷評されて最下位になったことを
常に頭に置きながらM-1を拝見しているんですが、
いつも結局東京ダイナマイト、馬鹿よ貴方は、他
の大ボケ漫才は大阪が制定した漫才という方程式の
M-1という大会ではいいとこ本大会出場までで、
優勝までには至らないことが確証された感がある
ので、

今回も、その流れのとろサーモンは最後の方で
4位以下に落ちて敗退するんだろうと思いながら
上から目線で見ていました。

まあ結局私の思った通り、本選は最後に大阪保守派漫才筆頭の
ミキや和牛に越されて3位通過になっていっつもこうだよって
思いながら半笑いで決勝を観ました。

で、決勝。

とろサーモンはいつものレゲエにも似た終始
ゆっくりとした感覚のやり取りでつくりあげた
宇宙のような空間でビッグバンをおこすような
漫才のみではなく、

それを起点にして、ボケの種類に合わせて
速度を自在にコントロールさせて
全てのボケのパワーを最大限に生かした
漫才を披露するまでに至っておりました。

最後に松本さんがトロフィーを渡しているとき、
これ、紳助さんが、昔ピカソとダウンタウン
を比喩させて表現した有名なコメントなんですが、

ピカソは普通の写実派の対象物をそのまま
表現する技術も優れていて、さらにそこから
逸脱した表現技術も優れていたから一流
なんだ、
デビュー当時のだらっとしたダメ芸人を
大量に排出させるきっかけになった、
ダウンタウンもやる気のない感じをみせているが、
実は基本に忠実な漫才の技術も一流だから
すごいんだと言っていました。

今回のとろサーモンは、まさにそれで、
だらっとした自分たちのスタイルのみでは
M-1では勝ち上がれないことを長い時間
を費やしてやっと察して、

漫才のテンポの良いやりとりという基礎技術
を基本から見直してブラッシュアップさせて

M-1の為に自分たちのセンスを殺さずに、納得できる
ギリギリのところで、自分たちのスタイルとそれを融合
させて、M-1の為に仕上げてきた。

で結局、決勝で、自分たちと和牛、ミキと差別化させて、
最後に残る理由となったのが、
今までに自分たちがやってきた大ボケ漫才だったって
ことだと思いますね。

これ、もしとろサーモンがおぎやはぎのように
自分たちのスタイルを通しぬいて普通にM-1に関係
なく売れていたらこの進化は無かったと思いますが、

とろサーモンは残念ながらそういうラインには乗れなかった。

そして漫才が基点のよしもとという組織で自分たちの
お笑い芸人としてのセンスや情熱の高さを一発で
注目させるためにはM-1というタイトルがなによりも
効果があり、わかりやすい指標だから
自分たちのエゴよりもお笑いで生きていきたいという
情熱を優先させて臨んだ結果が今回成就した。

そういう感じだと思いますね。

ちなみにたけしさんや爆笑問題、ダウンタウン、
千原兄弟のように、
尖っていた芸人さんが爆発すると、
その落差があるので、実はいい人という
イメージが付いて、国民にも自然に受け入れられて
大成する場合が多いので、

とろサーモンもよりコメント力やMC力を
磨いていけば、上記のラインに入ってくる
んじゃないかと思いますので、

楽しみにしたいと思っています。

ただ売れっ子になったから、最近ルミネの単独のチケットも
入手困難になってきているので、
そこらへんは寂しい気持ちもありますが、

シソンヌさんのように今後は単独の日程を
増やして会場規模は変えずに
続けていって欲しいと思っています。

あとくりぃむさんと藤井智久さんの番組は優先して出演して下さいよ!

いまのところの希望はそれだけですw

キングオブコント2017を技術ではなく未来性と将来性、オリジナリティだけで冷静に分析します。

標準

決勝進出者

・にゃんこスター(フリー)
・GAG少年楽団(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・アンガールズ(ワタナベエンターテインメント)
・わらふぢなるお(サンミュージックプロダクション)
・ゾフィー(フリー)
・パーパー(マセキ芸能社)
・ジャングルポケット(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・さらば青春の光(ザ・森東)
・アキナ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
・かまいたち(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

コメント

・にゃんこスター
コントでも何でもないただの薄っぺらいオリエンタルラジオ

・GAG少年楽団
枯れた確実に80点取れるコント

・アンガールズ
感度を視聴者に寄せて平均化しすぎ。田中が本気ではなかった。

・わらふぢなるお
同じセンスのグループが他にいくらでもいる。ジグザグジギーとか

・ゾフィー

・パーパー
初期のアンガールズや解散後のバカリズムのような客にすり寄らない、
逮捕されたり、トラブルをおこしたりするために人間が
普段表面化せず隠しているイヤらしい汚い部分を、
芝居で独自のアルゴリズムで表現して客の目の前に提示し、
深層心理に訴えかけていやらしいニヤリとした
笑いを生むストロングスタイルのコント。

・ジャングルポケット
方程式の関数を入れ替えているだけ

・さらば青春の光
地下の泥臭さを太陽に晒す役割の人がいないのでおしい。
シソンヌの長谷川さんのような。

・アキナ
枯れた確実に80点取れるコント

・かまいたち
方程式の関数を入れ替えているだけ

よしもとはジャングルポケット、ネルソンズ、かまいたち、アキナ、と同じにしか見えない。。
台本のグループ名伏せたらどれがどのグループかわからないと思う。

他のグループがブレイクに必要なポイント

さらば青春の光は惜しいんですよね。プロデューサーでも作家でもいいから
太陽に晒してくれる人がいれば認知されると思うんですよね。
技術はあるのに営業がいない、企画者がいない町工場って感じ。

アンガールズはM-1のハライチの岩井さんのように得点を無視して
これが出来たら今死んでも悔いはないと思えるような、
ドロドロした濃いセンスを全てぶちこんだネタを全力で
白日の下にさらして欲しかった。

そしてパーパーですが、、

番組内でハーベスト大賞ハーベスト大賞といっていましたが
その番組スタッフが伝えたいことが額面通り伝わっていないと感じた
ので改めてここで説明させていただきます。

これはテレビ業界向けの品評会のような大会で、
キングオブコントとは真逆でテレビのプロデューサー
が審査員として参加しております。
ちなみに2017年は

放送作家:

元祖爆笑王、青木祐馬、小野寺雅之、金井夏生、林田普一、ヒロハラノブヒコ

テレビプロデューサー:

フジテレビから中嶋優一氏(ほとんどのフジテレビバラエティ。現在のフジテレビごり押しP。)
日本テレビから中村博行氏(AKB関連、おしゃれ、24時間、笑点、生ダラ、笑ってこらえて等)
テレビ東京から佐久間宣行氏(ゴッドタン、ウレロ、キングちゃん、TVチャンピオン等)
テレビ朝日から藤井智久氏(くりぃむ深夜系、マツコ有吉系、日曜芸人、シルシル、たけしの超常現象等)
TBSテレビから合田隆信氏(学校へ行こう、音楽の日、ガチンコ、タレント名鑑、マツコ、体育会等)

ハーベスト大賞2017審査員

という、ひょうきん族でディレクターという存在を知り、
とんねるずよりプロデューサーや作家というものを
知るようになった、バラエティ総合芸術世代
には勃起してもしきれないほどのメンツが揃って
審査したんです。

ちなみに、藤井さんなんか初めて顔を拝見して
イカせていただきましたw

そこでダントツではないが、笑いの感覚の新しさ
が見いだされて勝ち抜いたのがパーパーでした。

ダウンタウン松本、さまぁ~ず、バナナマンといった、お笑い現場の最前線から遠ざかった3組が最低点、

前述の最先端バラエティ現場監督が最高点、を出したパーパー。

もうどちらが正当で実益のある評価かわかりますよね。

これからは芸人さんは仕事が欲しいなら、
キングオブコントではなく
ハーベスト大賞に全力で挑みましょう。

2016.12.27新しい波24 さあ日置祐貴プロデューサーの時代の幕開けです。

標準

出演者

【キャスト(芸人枠)】
アメリカンコミックス
カミナリ
こゝろ
さすらいラビー
霜降り明星
大自然
バッドナイス
ハナコ
はなしょー
フースーヤ
ブラゴーリ
フレンチぶる
ブリキカラス
ブルゾンちえみ
ペコリーノ
マイペース
マジメニマフィン
ゆりやんレトリィバァ
吉住
四千頭身
ロングコートダディ

(五十音順)

【キャスト(ノンジャンル枠)】
Iris(アイリス)
紗倉まな
ハンサムケンヤ

(五十音順)

【ゲスト】
岡村隆史(ナインティナイン)
生田斗真
菜々緒
秋山竜次(ロバート)
吉村崇(平成ノブシコブシ)
山内健司(かまいたち)
岡副麻希
越智ゆらの

【MC】
鈴木唯(フジテレビアナウンサー)
スタッフ

【チーフプロデューサー】
小仲正重

【プロデューサー】
北口富紀子
日置祐貴

【ディレクター】
石川隼
加藤武
冨田直伸
筧大輝
佐々木崇人
玉野鼓太郎
登内翼斗

新しい波は片岡飛鳥氏が有名プロデューサー
になるきっかけをつくった番組で、

めちゃイケは新しい波の出演者から
つくった番組の成功例だし、

とぶクスリ、はねるのトびらもそうでした。

ってことで、ここから芸人を選出して新しい
番組を立ち上げてフジテレビ総出で
サポートしてなにかと特別な番組の企画時
にはそのメンバーが配置される、

フジテレビの推し芸人的なポジションを
きめるフジテレビにとっては非常に重要な
番組で、

1993年新しい波、

%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e6%b3%a2

私的にはこの飛鳥と吉田正樹が組んでいた時代がぶっ飛んでいて最高でしたね。

まあ幼少時代で知識が備わっていなかったし、想い出補正もあるんでしょうが。

K2(現、勝俣州和)ジュンカッツ(現、ネプチューン)

2001年新しい波8、

%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e6%b3%a28

カリカ(現、マンボウやしろ)ハローバイバイ(現、関暁夫

%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e6%b3%a28%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95

2009年新しい波16、

%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e6%b3%a216

あ、S×L解散したので修正しないと。

%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e6%b3%a216%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95

今回は2017年新しい波24

%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e6%b3%a224

ってことで4回目になるんですよね。

てことなので、出演者をみてお笑いマニア的に
自分のセンスがずれてないかを確認したりもするわけですが、
出演芸人リストを心配しながら確認したら
無事ロングコートダディが入っていて安心しましたw

あと日置Pのセンスが健在で、

【キャスト(ノンジャンル枠)】
Iris(アイリス)
紗倉まな
ハンサムケンヤ

アイドルとアダルトビデオ系とトークがうまいミュージシャン
をセットにするサブカル的思考に日置健在、なにも変わってませんよ
っていうメッセージが伝わって笑いました。

これ以前の日置さんの作品のキャストは
でんぱ組とハマオカモトの浜田さんとって
感じで、その前は確かはまけんさんだったですよね。

名前が売れたのがフジテレビの若手ディレクターの
作品を発表しあう企画で、
他の人がどこかで見たことあるてきな
内容だったのに、

日置さんだけ唯一、ふざけた感じの
アダルトビデオの女優さんをキャスティングした
エッチ系を笑いにきちんと昇華させることに
成功した演出だったんですよね。

だから数年揉まれてきたけど、基本的な
センスはなにも変わらずってことが確認
できて、日置さんここまでフジのバラエティ班
にとっては最悪な時代をよくもまあ生き抜いて
これましたね。

お疲れ様でしたって感じですw

ようやく自分が好きなものが作れる環境を
手に入れましたね。

まあ現在はフジの暗黒時代ですからこれを
ポジティブにとらえると、

現在の状況を維持するより、打破したい意識が
強いので、新しい斬新な企画が通りやすいという
ことでもあると思います。

そういうところから、ほんとに日置時代の幕開けにふさわしい番組
を、現状打破という意味合いを込めて上層部が熱いメッセージと共に
配置した気がするので、

2017年から、TBSの藤井、テレ朝の藤井、加地、テレ東の佐久間、伊藤と
両肩を並べるくらいの新しいバラエティ班のリーダーとして
成長していって、もっとバラエティ番組を盛り上げていって
欲しいと思っています。

期待しております。

アメトーーク!週2回放送決定の記者会見で加地さんのコメントに感動。

標準

加地倫三プロデューサー

「僕らが子どもの頃って毎週楽しみにしていたバラエティー番組があったでしょう?

そんな番組を作りたいと思って…。

子どもが『見たい!』って思う番組を作りたいんです。」

これ全く同感ですよね。

自分の主義主張、いわゆるエゴよりも、そっちの方が大事。

芸人自ら発信された企画を、自分達のみではなく第三者的な観点を大切に
考え直して、枠組みだけ与えて、あとは出演者を信頼して
盛り上げてもらう。

有名なところではひょうきん族がこのタイプでしたよね。

視聴者の意見をスルーして自分たちのエゴでつくり込んで
出演者を部品としてそこにはめ込んでいく現在のめちゃイケと真逆です。

私は長いことバラエティー番組を観てきて、
終わりがあれば始まりもあるということがわかってきたので
これで終了しても特になにも思わないですね。
続けばもちろん一番良いですが、終わったら
もしかしたらより面白いものが始まるかもしれませんしね。

最近ではマスカッツが終了したことでマッコイさんがその時間で
TBSでKAT-TUNの前衛的な番組を開始したり、女子アナの罰
が始まったりしたことがありましたからね。

タレント名鑑も終わったことで様々な番組がつくられましたからね。

こういうイメージで番組作りをしている加地さんほどの人だったら
続いても終わってもそれなりの時代が始まると思うので
今の時代を楽むだけだと思います。

私としてはそれよりもくりぃむから手を引いた藤井智久プロデューサー
の次のくりぃむとの展開が気になっております。

2016.05.16しゃべくり007 指原氏初出演の総括

標準

まず今回の出演経緯は、

日テレのアイドル番組に多く関わっている
桜井慎一さんと、徳井さん経由でしょう。

ちなみにももクロさんの時は
有田さんがももクロ推しを発言し始めて
から出演に至ったので、
有田さんとこれも「アイドルちん」繋がりの
桜井さん経由だったんじゃないかと思います。

話を戻します。

タレントの言うこと、特に20代の時は尖っている
場合が多く、波があるので、最近は参考程度に
聞くようにしているんですが、

そんな感じを前提に。

卒業について

デビューから現在までで十分楽しめたので、
できれば35歳くらいまでに結婚して、引退しても
構わないと思っている。

引退は絶対的なものではなく、結婚の状況によるもので、
男性の収入等を鑑みて考える。

まあこれは最近のハロプロと同じ考え方ですね。

ハロプロだけに憧れて入ったので、
ハロプロが芸能界の全てだという
考え方なので、ハロプロを卒業したら
即引退するという考え方。

指原氏は卒業ということを以前より考えるように
なってきて、以前は漠然としていたが、
年を追うごとに具体的に考えるようにしないと
いけなくなってきて、考え方を整理している過程で、
AKBの卒業生はあまり安定してないので不安があるので、
自分の原点であるハロプロに置き換えて
道筋を構築することを決めたので、
まあそこからAKB卒業で即引退という、
道筋を決めたんだと思いますね。

理想の男性をタレントに例えると
福士蒼汰。

これは古くは草刈正雄、裕次郎、たのきん、キムタク、福山っていう
方程式の関数に入れる数値が異なっているだけなんで、
面白くもなんともないですね。

このときコアヲタは全員

「えー遂に板倉さんあきらめたのかよ。。」

って驚いたに違いありません。

これ以前はデビュー前からインパルスの板倉さんて
主張していたんだけど
絶対的にスルーされているのでいいかげん
しびれ切らして最近変えたみたいですねw

最後に、街頭インタビューのブスとかわいいの
意見を発表していく過程で返しの役割を
しゃべくりメンバー全員がかわいい派だというので
面白くないから無理やりブス派とかわいい派に
わけて指原氏にぶつける演出をしました。

その時面白いことがわかりました。

有吉AKBで有吉さんが、いくらブスって言っていじっても
怒る奴なんて全くなくて面白かったって意見
ばかりだったという例を引き合いに出して、
「おまえはいいファンが付いてるな」
って笑顔で言ったシーンがあるんですが、

今回もホリケンさんがわざと自分の方に向かせて
「ブス、こっち向くな!」
ってやりとりを繰り返したシーンがあった
んですが、
これ、ブスネタで笑ってくれるという、受け止めてくれる
っていう信頼があるからこそみんながやってくれた
んですよね。
もしこれが前田敦子とか峯岸とかだとぴりついて
ファンの対応とか視聴者のクレームへの対応
とかもめんどくさいから絶対やらないと思うんですよね。

将来について

でも有吉AKBでの有吉さん、
しゃべくり007でのメンバー、
テレビで活躍している人たちによってブスイジリ
することによって指原氏が盛り上がる、キャラが生きる
というテンプレートができたことで、
これから他番組でもこれを参考に
ブスイジリネタが解禁されていくんじゃないかと思います。

一応、指原氏も言ってましたが意外としゃべくり007
は初出演でした。それも現役AKBでは初。

ももクロやモーニング娘。は出演済みなので
これは意外でしたね。
桜井さんはサブカル系で私と同じく普通すぎるおにゃんこそっくりの
AKBには興味が無くうとかったのかも知れません。。

これで、中嶋優一ごり押しでフジテレビの
中嶋の息のかかった番組や、
毛利さん経由の番組、
電通やイースト繋がりの番組、
秋元康関連しか出ていなかった状態から、

しゃべくり007、テレ朝の加地さんのロンドンハーツ、アメトーーク、
TBS藤井健太郎さんの水曜日のダウンタウンと少しづつ範囲を
拡げてきました。

あとはテレビ東京の佐久間さんのゴッドタン、伊藤さんの
番組(モヤさまは無理なので都市伝説特番のひな壇等)、
テレ朝の藤井智久さんの攻撃的バラエティ番組、

そしてそれらよりも一番オファーが欲しい仕事は、

有吉弘行のサンドリのアシスタント、
有吉くんの正直さんぽ、
ですね。。

有吉さんと指原氏が一緒に仕事している
映像がファンにとって最大の夢ですね。。

有吉の夏休みに出演したことから、
上原敏明さんが気に入っていることもあるから、
有吉系の攻撃的番組に出演する機会も増えていく
気がしています。

多分有吉さんは事務所が同じだからバーターって
言われるのがいやなんで避けてる気がするんですよね。

でも小島瑠璃子も最初はさまぁ〜ずのバーターでしたけど、
活躍すればそんなことは吹っ飛んでしまいます。

有吉さんは有吉akbでakbをやめたら竜兵会に入れてやる
っていう話をしていたんで
akbやめたら自分が責任持って育てるっていう決心を
しているような気がしますね。

ちなみにこの有吉の夏休み。

アイドルちんの林田さん、
内村さまぁ~ずの大内さんが
関わっているんですね。

バラエティの現場って広いようで狭いんだ
ってつくずく思います。
だから性格悪いやつとか仕事の態度が悪い
タレントとかはすぐ干されるんじゃないかって。

有吉さんは信頼されているんだなってほんと思います。

有吉さんは指原氏にすごく期待している空気をいつも感じるし、
指原氏も有吉さんに一生懸命ついていけば
未来が明るいと思うので引退するとか言わずに
活躍してほしいですね。

今回位の髪の色なら大丈夫です。

今回より明るくなると観てられないですね。。

どうか今回位の明るさでおさえていって欲しいです。

 

 

まあ天変地異が起こるのは黒髪ですけどね。