カテゴリー別アーカイブ: 藤井健太郎

佐久間、加地、マッコイ、藤井だけじゃない、、バラエティに人生をかけたテレビクリエイター。

標準

最近、まったく観なくなった

ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』

を大食いネタに食いついて観ていたら

田村恵里

という4文字が飛び込んできたんですよ。

この人、昔、マッコイさんに気に入られて、
ボンソワール田村っていうあだ名付けられて
女子アナの罰っていう今のタメになる旅の
前枠で暴れてた人ですよ。
ていうか、いじられていた人です。

そしてマッコイさんの年増女性のいじりかた
の類にもれず、安定のもてないキャラでw

ちなみに、マッコイさんは現場監督の自分は隠れて、
プロデューサーをいじるという
変な癖がありまして、わかりますよね。

その流れでした。

そして、今回、偶然もっと深いつながりが
わかりました。

モニタリングで、なんと、
あの藤井健太郎氏ていうかTBSっていうか
日本のバラエティの看板番組w

クイズタレント名鑑の人気企画、
カラオケで歌われるまで帰れない選手権
をまんまモニタリングに導入して
やってたんですよ。

だからですね、、

田村さんはたぶん、若い時藤井班で育った人なんじゃないか
って思ったんですよね。

そうじゃなきゃできませんもんね。

ちょっと気になったので
モニタリングを数週間チェックしてみようと
思います。

最後に、すいません言い忘れていました。

一番重要なことですが、

有田ジェネレーションのプロデューサーです。

このままですと、2019年現在のTBSの2大先端バラエティクリエイターは藤井健太郎、田村恵里ということになりそうです。

サンドリゲスナーは、日テレ系や有吉反省会、マツコ有吉系番組は気持ち悪い感覚のズレを感じて面白いと感じていないことについてと、有吉指原の真実に近づく方法。

標準

あのですね。

先日、ていうか、今日ですね、、

有吉さんと指原氏のリアルタイムなtwitterにおけるやりとり
があったんですよ。

有吉反省会の放送中に偶然両名ともに自宅でチェック
していて、お互いに面白いと誉め殺ししあっていたって
いう気持ち悪い出来事があって、

それを見ていて、なんか違和感を感じて吐き気がしたんですよね。

常連の人はおわかりですが、有吉指原のコアヲタですよわたしは。

でも気持ち悪さを感じたんです。

まあ、有吉指原両名ともに、まあツマンナイ仕事だと
思っていても、プロだから言わないですよ。

有吉さんはどんな仕事でも目の前の仕事を
一生懸命やれと後輩に言っていることもあり、
当然言わないですよ。

でも、まあコアヲタなんで気に入ってるものと
そうでないものぐらい、
数十年もいろんな発言や流れを
感じ取ればわかるってなもんですよ。

どこから感じるか。

まず、サンドリというラジオ番組は
有吉さんが生命線だと思って信念をもって
やっているのはだれでも感じると思います。

そして、そんな番組なので、大事な人
しか迎え入れないと思いますよね。

また、サンドリの冒頭のフリートークでも
取り上げるものと取り上げないものがいます。

取り上げるのは、まあふかわさん、上島さん、
手島優、プロレス、大食界隈、
とんねるず、ビビる大木さんや、
加地さんやロンハー、ゴッドタン、
太田プロ界隈、ナベプロ界隈、
竹山さん、ザキヤマさん、

ももクロ、有吉AKB界隈、

そして、指原氏ですよ。

これをみて、なにかわかりませんか?

そうです。

加地さんと佐久間さん、マッコイさん、
藤井さん、そして、u-field主催の
上原敏明さん界隈しか出てこないんですよね。

日テレやマツコ関連の人は出てこない。

まあ本人も気まずいと思うので、この辺で
やめときましょうw

多分、私とセンスが同じなので、
反省会とか日テレ系とマツコ系は
プロとして指示通りやりきってる
だけだということですね。

他の番組は、お笑い芸人としての自分
をさらけ出す気持ちで全力でやっていると。

違いはそういうことだと思います。

そして、有吉さんはへそ曲がりで
逆を言いますから、
賞賛している時は逆を考えた方が
真実にありつけるという気がします。

上島みたいなくそつまんない芸人。
ふかわみたいなつまんないナベプロ芸人。

そういうことですw

2019.5.29 佐久間宜行のANN:ゲスト加地さんの回で、加地佐久間藤井伊藤マッコイさんの共通したルーツが判明してしみじみしました。。

標準

フジテレビに落ちた人たちが他局で頑張った結果、

 

フジテレビが神原孝の一強という黒歴史時代に入り、他局に
繁栄の時代が訪れたという、

 

2019年現在の先端バラエティの勢力図だということですね。

 

これは私の読み通りでした。

2019.5.29 佐久間宜行のANN:ゲスト加地さんの水曜日のダウンタウンの令和ネタを観た時のエピソードトークが最高でしたw

標準

加地さんが観てて、すごいって思ったんで、LINEで佐久間さんに
連絡したらANN前なので仮眠してて返事がなかったので、
直接藤井健太郎さんに連絡したと。

 

 

加地さん

「あれ、確か視聴率9パーセントくらいだったんでしょ。。。。。。」

 

 

 

「バカでしょ国民wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

関東テレビ各キー局のアイドルとeスポーツ、への取り組みの歴史と傾向と対策を指原氏の動向から読み解き、時代によるアイドルの質の違いについても考えてみる。

標準

加地さんは、たまにロンハーやアメトーークに出ていたので、
指原氏をしつこくオファーかけて
いる気がしますが、最近分かったことで、指原氏は
時間もわからなくなるくらい激務だったので、

卒業後時間的に余裕ができた指原氏が、
加地さんと神原さんのどちらをとるのかw

あと日テレにも毛利さん、
TBSには大木さんと藤井さん、
フジには神原さんと中嶋、
テレ朝には加地さん、
テレ東には佐久間さん。

卒業後、指原氏はゴールデンタイムと深夜を
どうバランスをとっていくのか。

少し伝えたんですが、
おぎやはぎさんを参考にしたらどうかと。

話を戻します。

各局別に考えてみます。

NHKはAKBグループやハロプロとずぼずぼ。

日テレはAKBGですね。
2010年ごろアイドルちんというスポット的な
番組ではももクロも絡んでいましたがブレイクとともに
MCの有吉さんともども出演時間を割けなくなり離れ離れに。
まあギャラが相当安かったんでしょうねw

TBSもAKBG。ピンポイントでハロプロ。
昔はジャニーズの登竜門的な番組が深夜に
多数輩出されたんですが、今はゴローさんと
V6、たまにKAT-TUN。

フジはまあフジのスタッフがAKSに流れているので
当然AKBG、CSでももクロ、あとは総合イベント
としてTIFですね。
日置祐貴さんが絡むとでんぱ組が推されますw
しかし、鉄板で面白いものができあがります。

テレ朝はももクロって言っても、ももクロChanの配信
がテレ朝動画で始まってCSで別冊、結構後に地上波
が始まりました。
あとでんぱ組もセットで推してます。
ちなみに両方とも佐々木敦規のチームですので、
ほぼ任せている感じです。

テレ東は雑食性でいろいろあまりコストがかからない
ところでやってます。
メインはジャニーズのような気がします。
しかし、ゴッドタンチームは別で、
サブカル系の制作会社のシオプロと
感性が鋭いオークラさんの主導で、
早くからももクロやエビ中をピンポイントで
ブッキングに成功していました。
ももクロに至っては、UFIというプロジェクトで、
早見あかりを連れてきて、東京03、バカリズム、おぎやはぎ、
劇団ひとり、ももクロ、オークラ、シオプロ
っていう、壮大な盛り上がりをみせました。
他にもBiSや伊藤麻希を主役に抜擢したり、
事務所的な企画演出に縛りがある、まあ、秋元康
に許可を得るみたいなですねwAKBGではないのを
武器に、好きに演出をして、こんな内容が見れるのは
ゴッドタンだけ!
オークラさんとシオプロの作品が見れるのは少年ジャンプ
だけっていう感じで、現在も行われています。

ちなみに少し前、監督の佐久間さんにtwitterで
伺ったら、出演してほしいんだけど、スケジュールを
割いていただけないと言っていましたので、
佐久間さんのチームはスタダの人たちを
気に入っているんだけど、すべては
スターダストの匙加減みたいなようです。
まあAKBについては、興味がないから
どんなにスケジュールがあいてても
出演はNGっていう感じですかねw
ただし、AKBの縛りが解かれて
自暴自棄になっているバラエティ志向の
メンバーには寛容です。
西野さんとか、野呂ちゃんとかねw
創造力がありすぎて、
AKBの秋元康しばりっていうのが
鬱陶しいだけかもしれませんねw

っていう感じでしょうか。

こうやってみてくると、バラエティとアイドルは
シンクロしているということがわかってきます。

ということは両方に対応可能なアイドルは
いつの時代も重宝されるということが
わかります。

また両方に対応可能なスタッフも同様に
重宝されるということですね。

ただ「両方に対応可能なアイドルは
いつの時代も重宝される」

「いつの時代」の中身は大きく異なります。

ここでハロプロムーヴメント以前と以降、
と言いたいけど、まだこれでは甘すぎるので、
いろいろ問題はあるが、
AKBムーヴメント以前と以降と区切って、
恋愛可と恋愛不可の時代で大きく時代の転換点
ができていることも付け加えないといけないと思いますね。

過去と今のアイドルはハロプロムーヴメントで1つ、
AKBGムーヴメントで1つ、
さらにスターダストムーヴメントでさらに1つ
大きな区切りが入っている気がします。

ハロプロは恋愛についてあいまいだった。

AKBGははっきり書簡に記した。守るか守らないかは自己責任。

スターダスト芸能3部はさらに実行で示した。

よって大きく区切るとハロプロムーヴメント以前と以降だが、
以降の時代も大きく分かれているということ。

そして、

スキャンダル上等のハロプロムーヴメント以前のアイドルと
以後のアイドルの差はどこに現れてくるのか。

アイドルは男性も女性もスキャンダルの量と
採用可能な番組の規模や視聴率は反比例する。

視聴率を期待できる番組ほど、
スキャンダルが多い人は
採用される確率は減っていく。

それは今も昔も変わらない気がするので、
スキャンダルに気を付けたらそれだけの
見返りは必ずあるということ。

だから、ハロプロムーヴメント以降の
アイドルは以前のアイドルより活躍できる
場所はとてつもなく広いということもわかる。

だから今のアイドルが活躍してしまった場合、
以前のスキャンダルが汚かったアイドルたちは
置き換えられてしまうということ。

こういう流れまで読み取れずに安易に
数年の我慢にも耐えられず、
性欲の為に恋愛に走った人たちは
死んでもその記録は残り続けるので、
後世にまでマイナス要素は受け継がれてしまう
ことでしょう。

きちんとまじめにアイドルの人生を
全うすればきちんとそれの見返りは
あるということです。

ただし、大きな仕事をできる権利があるだけで、
できるかどうかは実力次第だということろ
理解しておく必要があります。

頑張るひとはみんな応援しています。

水曜日のダウンタウンと藤井健太郎と松本人志と反コンプライアンスの笑いの社会的な必要性が皆無な理由を明確にします。

標準

水曜日のダウンタウンの拉致企画はクロちゃんから始まりました。

しかしクロちゃんのあまりの性格の悪さに笑いが優っていて
危なさに気づいていませんでした。

藤井健太郎、マッコイ斉藤などはテリー伊藤、土屋敏男といった
反コンプライアンス笑いを極めた監督たちの教え子の最後の生き残りです。

90年代。

当時は現在と真逆で、普通のお笑いをやっている人たちは
この人たちになめられていました。

自分たちこそ時代の最先端なんだと。。

また、たばこについても同様で、吸っている人はまだ
かっこいいと言われていました。

プロレスも同様で、技が過激になり
選手生命を絶たれる選手が多くなりつつありました。

また神様のような絶対的な技術とメンタルをもっていたアイルトンセナが
F1のハイスピード競争の
争いに巻き込まれ事故で亡くなりました。

ここからわかることは、
競争によりやる人が多いときは悪いことが正当化されます。
そして、より過激になっていきます。

この時重要なのは一般市民がそれを求める結果
過激になってしまうというところです。

そして現代。

F1はスピードが出ないようにルールが改正され、
お笑いも行き過ぎないように法令により競争の激化を抑制されました。

ここで、お笑いはつまらなくなったとか言い出す
奴らがいます。

私は知識と経験が浅い時はそれに同調していました。

しかし、最近は観点が変わりました。

それは、チャップリンはどんな時代でも面白い。
というところです。

下世話で人間の生理現象に直接ドラッグを打ち込むような
過激な演出が無くても、センスと技術があれば
人間の心に激しく訴えかける最高の笑いを創り出すことは
可能だということをチャップリンは教えてくれていると思います。

ちなみに、もし私がいままでで最も面白い笑いを選出
するとすると、チャップリンの作品になりますね。

これは人間が人間である限り永久不滅な笑いだと思います。

まあ逆に考えれば、前述の笑いというのは、、
チャップリンがすべて創り出してしまった
から、仕方なく生まれた笑いと言えるのかもしれませんね。

最近、マッコイや藤井、ダウンタウンといったうぬぼれ野郎
たちが鬼の首を取ったようにコンプライアンスがどうたら
とそれを隠れ蓑にして笑いを作れない言い訳にして
自分の才能のなさを恥ずかしげもなくひけらかしていますが、、

コンプライアンスを理由に新しい笑いを作ることを諦めて
いたら笑いを辞めた方がいいと思いますね。

私はどす黒い汚い世界も無菌状態の澄み渡った世界も
同様に、同じくらい笑いと言うものは存在していると思っています。

コンプライアンスで笑いがつまらなくなると言ってる
やつはそれがわからない程度の低レベルな芸人ていう
ことなのでもう引退することをおすすめします。

まあテレ東の佐久間さんやテレ朝の加地さん、
藤井さん、そしてフジテレビの日置祐貴さんが
これからは引っ張っていくので
高級マンションで豪遊してタバコでもふかしながら
ガンで脚を組んだまま逝っちゃってくださいw

お疲れさまでした。

2017.12.22くりぃむナントカをなんの躊躇もなく2秒で削除した理由

標準

満面の笑顔で
初回から楽しみに観ている
大好きなくりぃむしちゅーの番組を見始めたんだが、

くりぃむさんの横に矢口が映ったので、
脳内に自宅で愛人とのセックスを
旦那に見せつけてアクメに達している矢口の映像が
フラッシュバックして気持ち悪くなったので、
一瞬でサーッと血の気が引き、
削除しました。

最近この番組は
大好きなくりぃむしちゅーの良心とも言える
藤井プロデューサーが外れたので、
なーんか嫌な予感がしていたんですが、

やはり笑いに対するセンスの低さって
いうところがこういうところに
現れてくるんですね。。

テレ東の佐久間さんやTBSの藤井さん、
テレ朝の加地さんががこぞって
ブッキングしてた時も
テレ朝の藤井さんは
一切出さなかったですからね。

片岡飛鳥が前線から撤退した時のフジテレビみたいに
大きな事故に繋がらなきゃいいけど。

2017.03.22水曜日のダウンタウンに矢口が出てて笑えなくなり即削除した。

標準

なんで他人に気を使い、法を順守し、理性で性欲を抑えて刑務所に入らないように生きている俺が

おもしろけりゃ殺人でも近親相姦でもやりまくって構わないっていうイカれたお前の権力で、

強引に刑務所に出向かされて欲望のおもむくままモラルを無視してセックスをやりまくってるクズのような奴の顔を拝まされなきゃならないんだよ。

 

おい、藤井健太郎。

視聴者をなめんなよ。

2017.3.3クイズ☆スター名鑑最終回でわかった制作スタッフの人の良さ、そして性格の良さ。

標準

最終回、ボビーがまさかのリアルに開催されていた
米俵マラソンに出場して惨敗する内容でしたが、
そんなことはどうでもよいんですよ。。。

今回、CMを抜く作業している時に判明したんですが、
まさかのCMを一回もまたがずに最初から最後まで
映画のように本編をぶち抜きで放送したんですよ。

私は基本的にマッコイさんのコンテンツなんかは
CMをきちんと規定通りに入れてあって、レコーダーの
チャプターが自動的にCM区切りで打たれるので
ほんとにコンテンツを作ることが好きなんだなって、

汚いビジネス的なものを入れてくるのが大嫌い
なんだなって、

日テレの番組なんかはチャプターが
めちゃくちゃになっていて無理やりCMを見せる、
切らせないような性格の悪さ、ビジネス的な汚さ
を感じるんですが、

そういう細かいところでも信頼できる人だなってしみじみ感じるんですが、

TBSの藤井健太郎さんなんかも同じような
純粋なクリエイター魂を感じて今回益々信頼
できるひとだなって感じました。

ほんとにおもしろいものを作ってそれを
放送して、世の中の人に元気を届けたい
一心なのに、自分のことしか考えない
慈悲の心をもたない人たちのために
平和な世の中が少数の馬鹿のために
破壊されてしまうことになってしまって
残念に感じますよね。。

2016.12.30 クイズ正解は一年後 2016のMVPは、、

標準

年末年始の藤井健太郎チームの、スター名鑑、タレント名鑑レギュラー陣
が勢ぞろいした唯一の特番。

MC

「2016年離婚する芸能人を予想して下さい。」

有吉

「ゲス&ベッキー!」

「ノブ&フッキーみたいに言うんじゃないよw

これ2016年収録時は
「ゲスの極み&ベッキー」
って回答してたんですよね。

これ面白いもんでゲスの極み&ベッキーじゃちっとも面白くないんですよね。
ゲス&ベッキーだとポップな感じで馬鹿にしてて、ノブ&フッキーのイメージと
ダブって、チャゲアスも被って化けてしまうっていうね。。

クイズ☆正解は一年後公式ページ