カテゴリー別アーカイブ: 松村匠

ももクロよりdearstageと古川未鈴の誕生の方が早いです。

標準

私は偶然ネット上で拾ったんですが、でんぱ組.incの古川未鈴
さんはでんぱ組.inc前にソロミニアルバムを発表していて
インタビューが収録されているんですが、
吉田豪さんが先に見つけていたようで悔しいんですが、
私もこれはヤバイと思いました。

ざっと紹介しますと、未鈴さんはdear stageができて2ヶ月後
とか、2007年12月ごろにdear stageに来て働き始めた。
もふくさんも同じシフトで働いていた。
であっというまにもふくさんは社長になった。

未鈴さんは学校ではいじめられていて、真っ暗な女の子だった。

AKB 2005年12月
アイドリング 2006年10月
dearstage 2007年12月
古川未鈴 2007年12月
ももクロ 2008年05月17日 初舞台
でんぱ組.inc インディーズデビューシングル&初舞台 2008年12月
ももクロ インディーズデビューシングル 2009年8月5日

古川未鈴名義
2009年06月14日 EP 瞬きもしない流星瞬きもしない流星みりん
2009年11月18日 MaxiEP リモコン・ディスコ
古川未鈴2
2010年03月22日 EP みりかる☆ファンタジー
2010年12月31日 トゥインクルリンク
古川未鈴1

というわけで、、

やはり今般のアイドルブームはAKBが発端となっている
のは間違いない気がしますね。

でAKB(AKS)にフジテレビから秋元康やとんねるずの息のかかっている
スタッフ(松村匠等)がどんどん流用されていくので、あせったフジバラエティ
関係者がアイドリングというシステムを構築。

で秋葉原に出入りしている人がdearstageという
店員と舞台という同じ構想のシステムを急いで構築した。

AKBはあくまで秋葉原という場所は宣伝として使っているだけ。

dearstageは創作するもの全てに秋葉原の文化や空気を吹き込んでいる。

そしてももクロはハロプロのシステムのパクリから
AKBの色分けシステム、ゲリラ的イベントの文化等、
AKBやハロプロ両方から影響を受けて、ジュニアタレントの
育成システムの刷新に組み込まれて誕生した。

て感じですかね。

今回のキモはももクロよりdearstageの方が早かった点ですね。

ハロプロは置いておくと、ももクロから入ったんで、
AKBからももクロという繋がりじゃなかったことが
わかってきて自分のスキルが向上していることに嬉しく
なってしまいました。

でも、AKB誕生から数年よりも
ももクロ誕生から数年の方がカオス化している
ので、AKB誕生で敏感な人が反応して、
ももクロが続いたことで鈍感だった人達が
ようやくビジネスとして成立することを確信して、
従来のアイドル育成システムをAKBやももクロ
システムに置き換えて普通に活動し始めた
ていうことだと思います。

だから、ハロプロ、AKB、アイドリング、dearstage、ももクロ
までは勉強しておきたいところですね。

広告

2014.03.27のみなさんのおかげで指原氏がまた水落マスターズにひっかかったがやらせじゃないと思う訳。

標準

多分、企画と内容と場所をマネージャーから聞かされた後は鉄球
だと思ったと思います。

でも歌番組(ミュージックフェア)のスタッフを名乗る人から
たぶん石田さんあたりが関わっているんじゃないかと。。

「2度も同じことやるわけないじゃないですか。

今度は純粋にパフォーマンスを魅せる内容に
なっています。

AKB紅白や映像センターでソロでうたってる姿を拝見して
ぜひ1人でうたってほしいと思ったんですよ!」

と言われて信用したんだろうと思います。

で結局もとの木阿弥とw

これで石田さんも信用を失ったので
三度目はないと思います。

2014.03.21 「HKT48九州7県ツアー~可愛い子には旅をさせよ~」最終福岡公演のサプライズを予想してみる。の内容と答え合わせ

標準

おにゃん子ととんねるずと予想したんですが、
おにゃん子は的中しました。

早見優とか山口百恵とかピンクレディ
はハロプロがやっているので普通だと
思って予想からあえて外したんですが、
結局ふたを開けてみれば
そこらへんのベタなところを
きちっとやってきましたね。

とんねるずやったら面白かったんですが、
指原氏、秋元氏、とんねるず、AKSの元とんねるず
スタッフ(松村匠氏とか)の繋がりが強く伺える
からそうするとまーた指原氏が叩かれる気がするので
今はやれないでしょうね。
やるとしたら指原氏のソロイベントとかでしょうね。

で大喜利は初日と同様やりました。

ここでがっかりしたのは、田中菜津美が
東京の仕事を寝坊で何本か失くしたと
言っていたことですね。

私はこういうの大嫌いで、地獄をみた有吉さんは
もう辛い経験はしたくないということから
仕事には数十分前に絶対楽屋に入ることを
徹底しているということだし、
まあ後輩の指原さんもたぶんそういう流れを汲む
人なんじゃないかと思います。
有吉さんに見切られてはお先真っ暗ですからね。

でも田中さんはまだ義務教育中なので仕事の
責任を負わせるのは間違いですから、
高校卒業したらこういうことは絶対なくすように
して欲しいと思いますね。

マジスカ学園のHKT版パロディも結局ラストボスが
秋吉ちゃんということで幕を下ろしました。
最後には村重、中西の2人でダチョウさんの
仲直りネタを完遂するまでに至りました!

これはコント力、演技力の養成に繋がっていく
と思うので形は変わっても良いので
ぜひ続けていって欲しいと思います。

なこみくと指原氏のじゃれあいも飽きるほど観ました。

で今日当たりは次の展開になっていて、
なこみく世代の前の秋吉ちゃんとかがすね始めて
いるんで、ごり押しのなこみく、反抗する秋吉、
崩壊寸前の中西、村重、谷のバラエティ班トリオ、
単独で指原氏にピンポイントで戦いを挑んでくる山本ちゃん、

今日の公演をみていて、HKTの最近の動向を
全て感じ取れた気がします。

私の助言としてはHKTも大きくなりつつsりますので、
外部のブレインを入れたほうがより面白い企画を
ひねり出せると思います。
例えば福田雄一氏のような人を、ももクロのオークラ
氏のような感じでHKTのブレインに入れて、
より濃厚なよりおもしろい企画をひねり出せるように
したほうがよいんじゃないかと思っています。

サプライズについてはHKTはまだあまり慣れていない
気がして、
アップルやAKBは発表と同時にHPで発表します。

HKTは発表してもなかなかHPで公表されず、
だいぶ時間が経過した後に発表しているありさま。
ここらへんはすぐHPで更新して掲載するように
していかないと一流の仲間入りはできないと
思いますのでがんばって欲しいと思います。

今回サプライズはAKBの支配人しのぶさんが
発表したんですが、たぶん人事はしのぶさん、
他は指原氏が公表する感じなんでしょうね。

ということで、4月からの九州以外のツアー、
そしてその後はアルバムの発表がありそうな気がします。

思い出せる、総選挙、ドラフト、HKT紅白出場。

ももクロさんの時と戦略が大体似ていますね。

ハロプロ、AKBG、ももクロ、他の若手、
今年は忙しくなりそうですが、確実に
アイドルのスキルが向上している実感が
沸きつつあります。

いままでより深く考察してよりおもしろい
記事を書いていきたいと思っています。

2013.12.26 指原の乱 いいともが自分の一番大きい仕事だったとかww鉄拳のまねも鉄拳を馬鹿にしたような最低の出来だったし、最近指原頭大丈夫か

標準

今回、いいともが自分の中で一番大きい仕事だと思ったと
傍若無人に無知な発言をしたとき、
はじめてこの人の限界が見えた瞬間でしたね。

自分に限界を作らないとか言っていますが

いいともが最大の仕事だと言っている時点で
すごい低い限界つくっちゃってるじゃないですかw

なにも知らないですね指原氏ww

フジテレビのいちばん盛り上がっていた時代
を知らず、谷底の時代しか知らないので
いいとものもういろいろ食い散らかされて
ごみしか残っていない時代なのに
完全に名前負けしてしまってるんですね。

いいともなんてもうあなたが生まれる前、
数十年前に終わっていましたよ。

2ちゃんの連中にいいとも決まったのしらねーな
って笑っていたとうそぶいていたようですが、
笑われてるのはあなたですよww

あまりテレビやお笑いの業界を勉強している
頭がよい人のものとは思えない感覚ですね。

もうはやりものにとびつくちゃらい女子大生とか
奥さん連中のセンスですね。

はじめてあなたにがっかりしました。

まあいいともの鉄拳の物まねも
鉄拳の命とも思える間や空気を
ずらしていく感じのセンスもなにも
なく、観れたもんじゃなかったし、
それが鉄拳さんに失礼になる
ことも考えずやってしまう無神経なあなたに
もがっかりしましたよ。

私はお笑いを大切にしない、ばかにしている
ひとには牙を剥きますからね。
容赦しないですよ指原氏。

さんまさんが金曜日から撤退した時、
芸人さんのトークコーナーがタモリンピック
に置き換わってしまった時、
そして、、、横澤さんが亡くなった時に
既に終わっていたんですよ。

タモリさんも横澤さんのためにがまんして
辞めないで続けていたんですよね。

でもまあ、お笑いが爆発していたモンスター番組や、
時代が過ぎ去ってしまった後に、
秋元さんが一通りとんねるずで波を起こし、
日本を津波で飲み込んだ後、
街が飲み込まれて崩壊して
ゼロになった状態のときに
秋元さんがもうひと盛り上がり
とんねるずのスタッフとやってみようかと
立ち上げたのがAKBプロジェクトで、
そこで生まれてきたのがAKBの面々ですから
致し方ない面もあるでしょうね。。

で芸人さんは先輩とのみに行くので
お話を聞くことができますが
アイドルだとそんな機会は皆無ですからね。

指原さん、もっとお笑いやバラエティの歴史を
勉強したほうがよいですね。

あなたの周りにはお笑いバブルの真っ只中
を生き抜いてきたダチョウさんを始めとした
素晴らしい諸先輩方が腐るほどいるんですから、
どんどん聞くべきですよ。

勢いでやっていてもその勢いが続く
時間はたかが知れています。
坂道を勢いよく下っていても、
自分でこぎ始めないといずれは
止まってしまいます。

自転車も壊れてしまうので、
スピードを制御する能力が必要に
なってきます。

まあ今はどんな批判的な意見も
あなたは聞く耳をもたないでしょう。

まあナイナイや土田さん、有吉さん、
みんな実力とは裏腹に尖っていました。

指原さんもまあちやほやされてますから
現在はそれで結構です。

しかし、今引退して結婚して芸能界引退
するわけではなく、バラエティやお笑いであと20年30年も
生きていくんですよね。

だとしたら、今の勢いだけではそんだけの
長さを走りきるのは無理ですよね。

いろいろ言いましたがあなたにはセンスがあります。
あなただったらアイドル時代があるので基礎能力習得に
差し引き十数年はかかりますが、
絶対人々を笑いで包むことのできるタレントになれると
思いますので、応援しています。
がんばって下さい。

ただし、お笑いをばかにしたら私もそうですが
有吉さんや土田さん、大田プロも牙を剥く
と思うので気をつけて精進して下さいね。

2013.12.12 とんねるずのみなさんのおかげでした。 どうにかこうにか、ももクロさん初出演おめでとうございます。

標準

とんねるずとは、若いころから業界で評価が高かったため、
秋元康との繋がりで採用された佐々木敦規氏と、
テリー伊藤門下でとんねるずとは長い付き合いのマッコイ斉藤
の両輪で支えているとんねるずのみなさんのおかげでした。

最近は佐々木氏はももクロさんの仕事が多忙を極め、
あまりスタッフロールに名前を見る機会が少なくなりました
が、私は内容と特にスタッフリストは注意深く
毎週チェックしていました。

最近、佐々木氏の名前を見れるのが、
数週間に一回程度のペースに落ち込んでおりました
ので、ほとんどマッコイさんの番組になっていて、
やっとこさ情の深いとんねるずさんのおかげで
見切られずにいるのかなって感じていました。

そして、2013.12.12。

なにげなくいつものようにネットの番組表を見て
いると、ももクロさんの文字があり、
しかも、企画ものではなく食わず嫌いです。

まあAKBも最初は食わず嫌いなので
これで様子を伺って、次回はそれに合いそうな
企画を考えてスタッフィングしていく
と思いますので、もう収録は
終わっていると思いますが、ぜひとも5人が
それぞれの性格を十二分に発揮できて
いることをお祈りしています。

2008年のデビューから5年、
佐々木氏はたぶん甘やかさずに
わざと自分のコネでは出演させなかった
んでしょう。

マッコイさんはももクロのファンで、
作家にもももクロファンが多い。
秋元康やとんねるずは特にももクロファン
ではない。
佐々木氏はAKBもももクロもとんねるずも
秋元さんも好き。

こういう現在の相関関係が今回の出演で
どう変化していくのか。

AKBとももクロとマッコイと佐々木とオークラは
今後繋がる日は来るのだろうか。

ビッグバンが起こることを楽しみにして、
毎日がんばって生きていこうと思います。

2013.09.18 AKB48 34th じゃんけん大会 監修秋元康てことで思い出すのは夕焼けニャンニャンの腕相撲企画

標準

とんねるずがまだ取り巻きが少なくて
秋元康とより親密度が強かったこの時代。

秋元康のAKBと企画監修しているじゃんけん大会
てことで思い出さずにはいられないのは
秋元康の第一次黄金期の傑作とんねるずと
夕焼けニャンニャンの時代。

そして夕焼けニャンニャンの特にじゃんけんに
繋がっているだろうこの腕相撲企画。

とんねるずのマネージャーボブ市川と後継の
ベティと戦うことで一般高校生帰宅部のストレス発散の場
となっていた夕焼けニャンニャンとこの企画。

指原さん!!!

秋元康とはなんなのか。

まずはとんねるずに詳しくなって下さい。
テレビ、ラジオ、音楽、縦横無尽に
秋元康と遠藤察男他が活躍していました。

そして全て今のAKBにつながっているんです。

まだあなたは若い。時間はたっぷりあります。
勉強して下さい。
そこには関東のバラエティの全ての源流が詰まっております。

AKB48の何もそこまで 世界一のサッカーチームのように制作陣、演者陣が完璧に配置されたモンスターコント番組です。

標準

スタッフ陣は
総合プロデューサー秋元さんは当然として、

プロデューサー:

にとんねるずファミリーの松村匠さん。

演出に「さまぁ〜ZOO」のDだった佐藤稔久さん。

ディレクター:

に「モヤさま」や「さまぁ〜ZOO」の内田潔さん。
極東電視台の青木章浩さん。
バラエティのADからDへ挑戦の青木章浩さん。

ナレーター:

に情熱大陸の窪田等さん。

構成:

・内村宏幸さん(うっちゃんの従兄弟)
「オレたちひょうきん族」「夢で逢えたら」「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」
「ダウンタウンのごっつええ感じ!」「笑う犬」「内村プロデュース」「とぶくすり」
「リンカーン」「サラリーマンNEO」等

・たかはC(コント師からさまぁ~ずの運転手から構成作家へ)
・カツオ(濱口コントサークル、こんなかんじでどうですか)
・松原 秀(人力舎ライブ「Spark!」「ギャンブル6」/HKT48トンコツ魔法少女学院/AKB48 何もそこまで)
・石田雄二郎(さまぁ~ずライブ)

すごいラインナップです。

全体的にテレビ東京、さまぁ~ず、よゐこ、伊藤P臭が漂ってますw
さすが極東電視台。素晴らしいセンスです。
そして松村P。

カメラ:

磯野伸吾(極東電視台)

美術:

テレビ東京アート

かつら:

山田かつら

編集:

尾形義浩 THE TUBE所属(スタードラフト会議、深イイ話)

ロケ地:

TMC

技術協力:

NiTRO

ヘアメイク、衣装協力:

オサレカンパニー

本社/東京都千代田区外神田四丁目3-3 ドン・キホーテ秋葉原店8F(AKS本社内)、2013年3月1日設立[18]。
代表取締役社長:東義和
「AKB48プロジェクト」の衣装・メイク部門をAKSより分社化。
2013年4月より、AKB48チーフスタイリストの茅野しのぶ(office48社員)のほか、AKB48やSKE48,HKT48の衣装・メイクスタッフ(AKS社員)が在籍[19]。

制作協力:

極東電視台

制作著作:

AKS

—————————————————————————–

ということで、、、
もうパーペキですな。
サッカーで言うところのバルセロナのような布陣w

2話まで観ていて感じるのは、
さまぁ~ZOO
のような空気感が全体に漂っている。

そして、

さまぁ~ずは柱がなくて全体的に浮揚している
気持ちよさがあったが、その分、さまぁ~ず2人の
力量が問われる。
台本は一応進行上しっかりと頭に入れておき、
その場の状況を常に読み取りながら、適切な
動きやしゃべりを入れて、その時間、その状況
でしか生まれえない生の笑いを生み出していく。

対して、この番組は、AKBにそんな力量は無いので、
逆に台本が重要で。
さまぁ~ずに比べたら演技力や笑いの能力は雲泥の差
だから、それを逆に強みにする。

設定をAKBメンバーには不相応なものにする
ことで、それを構築できる。
年寄とかサラリーマンとか。

AKBには答えがなく、イメージして妄想で演技するので、
失敗とか成功とかが関係なくなる。

うまくやればよくできたと笑いになり、
イメージが外れたものになっても、そんな
ことあるわけないじゃんと笑いが起こる。

でAKBは長くコンビを組んでいる訳でもないので、
まとめ役が必要で。
それが秋元才加さんやSNCMから大抜擢された
大場さんだと思います。
あと島田さんのような演技力がありしっかりと
演出プラン通りに仕事をする人をぶれちゃいけない
ところで配役すると。

これ本当に地上波でないのがもったいないです。

私は1週間分全部番組を録画した場合、休日に
最初に観るものは多分今はこれになると思います。

というくらい高水準のお笑いバラエティ番組です。

しかし私のように特殊な放送形態なので
観れないというかたは少し待っていれば
制作著作がAKSなのでBlu-rayが出ると思う
ので、まあ時事ネタが多いわけでもないんで
後日ゆっくり観れると思いますよん。

それまではネットで検索して観ましょう。