カテゴリー別アーカイブ: 大久保薫

モーニング娘。の「恋は時に」の元ネタは吉川晃司と、、、

標準

これイントロの数秒聴いて即吉川晃司の名曲
イノセントスカイがフラッシュバックしました。

いま風に言うと神っていた時代の曲で、
大久保薫さんてやっぱ音楽的なバックグラウンドも
私と似てるから聴いてて気持ちいいんだなって
嬉しくなりましたw

因みにもっと面白いことをお教えしましょう。

この時期はプロデュースと演奏を後藤次利さんが
やってました。。

そうです。

秋元康の戦友で奥さんはおニャン子で、
当然おニャン子の楽曲、工藤静香他の
おニャン子関連楽曲や、
初期のAKBの劇場公演楽曲を多く提供
してますね。

てことは、

吉川晃司、後藤次利、AKB、大久保薫、モーニング娘。
っていうマジックが起こった楽曲なんですね。

また年齢も当時の吉川とそんな変わらないんですよね。
アイドルだしね。

大久保さんの引き出しがこれからも楽しみです。

大久保さん、参っただろうww
バックグラウンド似てるから気づいちゃうのよ。。
しょうがないっすよ。

広告

私のモーニング娘。の20年の流れを楽曲と当時の状況を考察しながらお話ししたいと思います。2017.09.14「モーニング娘。結成20周年記念イベント」

標準

モーニング娘。’17
2017年9月14日
東京・新木場STUDIO COAST
結成20周年記念イベント
「モーニング娘。結成20周年記念イベント ~21年目もがんばっていきまっしょい!~」

ファンによる投票結果

1位 Say Yeah!-もっとミラクルナイト
2位 Fantasyが始まる
3位 One・Two・Three
4位 リゾナント ブルー
5位 シャボン玉
6位 I WISH(updated)
7位 恋ING
8位 ピョコピョコ ウルトラ
9位 Be Alive
10位 抱いて HOLD ON ME!

実際の演目

01. モーニングコーヒー
02. 恋ING
03. I WISH(updated)
04. シャボン玉
05. リゾナント ブルー
06. 大好きだから絶対に許さない(小田さくら、野中美希)
07. ロボキッス(佐藤優樹、工藤遥)
08. One・Two・Three
09. Fantasyが始まる
10. Say Yeah!-もっとミラクルナイト-
11. 大きい瞳(道重さゆみ田中れいな
12. 彼と一緒にお店がしたい!
13. 邪魔しないで Here We Go!(モーニング娘。’17、道重さゆみ、田中れいな)
14. わがまま 気のまま 愛のジョーク
15. What is LOVE?
<アンコール>
16. 浪漫 ~MY DEAR BOY~
17. LOVEマシーン(updated)

 

モー娘。20周年公演でファンのリクエスト曲披露、道重さゆみ&田中れいなも駆け付ける

これ私はずっとここで叫び続けていたことがあって、

それは、なぜピョコピョコ ウルトラをやってくれないのか
っていうところなんですが。。

私は楽曲的にI wishとピョコピョコウルトラは大久保薫
楽曲なんかよりずば抜けてトップなんですが、

指原はベッタベタなザ・ピ~ス!をやったり、
モーニング娘。本体はメディア媒体でLOVEマシーン
や恋愛レボリューションばっかり
頭が悪そうにやりまくったり、って

違うだろって。

いろいろな目標に苦労して到達して
一安心している時、
さらにまだ道が作られていない雲の上を
目指して歩み始めた時にそんな
バックボーンと見事にシンクロさせて
等身大のモーニング娘。の表現に成功
させた楽曲、、

I wishだろって。

モーニング娘。初期の看板は売れまくって笑いが止まらない
ことを単に表現したザ・ピ~ス!

なんかじゃねーだろって。。

まあそういう能天気なバカそうなやつを指原は好きそうだけどw
HKTもそんなん


ばっかだしw

連続で聴いてたら頭痛くなってきた。。

コンサートではこんなのばっか最初と最後に
数十分連続でぶっこまれますから地獄ですw

モーニングコーヒーで始まりI wishで派手な時代の頂点に到達して休憩に入り
シャボン玉で少し歌謡曲よりの時代になることを示唆しながら再起動、
本体よりカンガとかユニット活動が活発でヒットが連発する時代に入り、
道に迷ったときは原点に返る基本を実行して、昔の歌謡曲
をカバーしたりして、本体は冬の時代に入り、
リゾナントブルーやfantasyといったじめっとした時代になり、
そこに突然昔の明るいコメディタッチセンスを感じる楽曲が
飛び込んできて、それがピョコピョコウルトラでした。

この辺から大久保さんが参加するようになってきます。

従来の軽い電子音の使い方から、大久保さんにより重厚な
使い方に変化して、BPMも遅めになる傾向になってきます。

その幕開けを示唆したのがOne・Two・Threeです。

この辺で、まあBuonoがロック、アイドルポップを担当、
スマイレージはテクノ系のロリポップ、
berryzや℃-uteがつんくのライフワーク的な従来のメイン、
私小説的な存在に、モーニング娘。はつんくだけじゃなく、
ハロプロ全体でつくりあげるハロプロの看板的最先端
の存在になっていきます。

そうですね。

もうここら辺からは迷いがなくなり、大久保さんが
苦労してつくりだした次世代のアイドルの楽曲
をヒントに、それにハロプロ陣営が追従する形で
振り付け等もそれにあわせるようにブラッシュアップさせ、
モーニング娘。は最先端をめざすグループとして
歩みだすことになります。

また、ももクロも同じようにNARASAKIさんが未来像を
イメージさせるような作品を提示したことにより、
それに追従する形で歩みだすことになります。

前山田さんは数曲神がかり的な作品を投下しましたが、
タレント活動にうつつをぬかしてももクロの成長に
自分の成長が追い付かなくなり次第に採用率が低下
していきます。その反省をいかして復活するのは2017年
になってしまいます。

そんななか、スマイレージがアンジュルムとして攻撃的楽曲
を連発して成功していくことにより、
メタルチックな楽曲はアンジュルム、
buono解散により、ロック的な楽曲は
こぶしファクトリーに割り振るようになっていきます。

そして現在に至るって感じですね。

こうして流れをみてくれば、今はいろいろなグループで
分担して様々な楽曲をやるようになってきたので、
昔のようにモーニング娘。が全部抱え込まなくて
良くなったわけですから、

もうI WISH後のモーニング娘。のような状態には
戻ることはないでしょう。
自分の道をすすめば良いわけですからね。

ちなみにファン投票の楽曲ですが、AKBの総選挙のように
偏りが醜くてあまり信じられるものじゃない気がしますね。

私は今回のイベントはこういう一部のファンの偏った
投票により私の好きな楽曲はやらないと予想した
ので行かなかったんですが、
そのとうりになって大正解でした。

1位なんて絶対これありえないですもんね。

1位 Say Yeah!-もっとミラクルナイト
2位 Fantasyが始まる
3位 One・Two・Three
4位 リゾナント ブルー
5位 シャボン玉
6位 I WISH(updated)
7位 恋ING
8位 ピョコピョコ ウルトラ
9位 Be Alive
10位 抱いて HOLD ON ME!

1位2位4位7位は単にあまりやらないから隠れた名曲
みたいになってるだけでこれからやりまくったら
飽きられるだろうしねw

そうすると本気でファン全員から選ばれた楽曲は

One・Two・Three
シャボン玉
I WISH(updated)
ピョコピョコ ウルトラ
Be Alive
抱いて HOLD ON ME!

て感じになる気がしますね。
私としてはI wishはオリジナルが断然素晴らしいです。
あの時代だからこそなので大久保さんのアレンジしたものだと
それが全てなくなっちゃうからね。

しかし
ピョコピョコウルトラはなぜできないんでしょうかね。。
いつかやってくださいよ。。

遂にスタダ楽曲に大久保薫氏の名前を拝めるときが来ました。あとはハロプロにNARASAKI氏が参加したらW役満ですね。

標準

S★スパイシー/SGC★スパイシー

これ大久保薫楽曲でした。。

検索しても一切出てこないので結構知っている人少ない
んじゃないかって気がします。

このPVのコメントも娘。っぽいっていう人はいますが
理由はわかってないようですね。

だって大久保薫氏なんだから当たり前じゃんていうw

S★スパイシーSGCスパイシー

うっかりスタダの単なる窓際ユニットだという感覚で
イベントとかで観ることはあったんですがノーマークでした。

でもよく考えるとももクロみたいな看板だと影響がめんどくさいから
やらないけどこのグループなら大丈夫だろうって感じで
受けたんじゃないかって気がします。

これ2014年リリースなんで、当時の娘。の楽曲の
音ネタが使いまわされていて笑いますw

あとスパイシーの2人はハロプロ系の16ビート歌唱法に慣れてないんで
歌い方も声量もだめでせっかくの楽曲の魅力が表現されてなくて
困ったもんです。

ハロプロは歌い方が独特なのでしょうがないですけどね。

2017.07.04四弦組合がおすすめの気になるベーシスト

標準

ソロやRIZEで活躍するKenKen、ドルヲタのハマオカモト、ベースマスター亀田誠治が
ベースという楽器の普及のため立ち上げた四弦組合。

ベースの日の11月11日に全員でイベントを行う他、
ここでKenKenの企画力が冴えわたって毎回盛り上がって続いている
のが魁ミュージックの四弦組合というベースを使った企画で
盛り上がるコーナー。

特徴としては下北ゲームアニメのkenken。
ドルヲタのハマオカモト。
研究者でスポーツマンの亀田誠治。

今まであまりベーシストに重きを置く企画が雑誌やテレビで
無かったのでいろいろ新鮮なんですよね。

質疑応答や、ベースを担いで散歩するべー散歩、
ベースに関するニュース、等で構成されているんですが、
今回はおすすめのベーシストという内容が、
ベタじゃなくてこんな人もいるんだって感じで
ツボを突かれて面白かったので取り上げました。

KenKen

ArtOfficial ラルフバレンシア

ハマオカモト

関ジャニ∞ 丸山隆平

ハマさんが基本を教えてきっかけを与えたらそれを膨らませて成長してしまったと。

亀田誠治

サンダーキャット

この人はスイサイダルテンデンシーズ、フライングロータスでの方が有名です。

これと基本中の基本でKenKenの憧れのレッドホットチリペッパーズのfleaは必聴。

そしてJB、スライ他を基礎とするファンク系のベーシストはわかりやすく感動します。

あと角度を変えて打ち込みのシンセベースがすごいっていう意味では
ハロプロのアレンジャー大久保薫さんやももクロのNARASAKIがすごいです。

これ前記のレッチリの後に続けて聴いてるとNARASAKIさん2分9秒あたりから
途中レッチリパクってますよねw

あとはスチャダラパーのシンコの構築するベースラインも密かにおすすめです。

初アリーナA2観戦で感じたこと。「2017.05.26 モーニング娘。’17コンサートツアー春〜THE INSPIRATION !〜 日本武道館」

標準

2017.05.26 モーニング娘。’17コンサートツアー春〜THE INSPIRATION !〜 日本武道館

座席 アリーナ A2 60番台

セットリスト

前座
つばきファクトリー 麗しのカメリア

本編
introから入場

~DJMIX~

01 BRAND NEW MORNING(大久保薫
02 one two three(大久保薫
03 we are alive(ダンスマン もしくはジャドーズw

04 Help me(大久保薫
恋愛レボリューション21をバックに
05 恋愛ハンター(平田
恋愛ハンターをバックに
06 恋愛レボリューション21(DJMIXでいじくりまくりw)(ダンスマン原曲、大久保氏リミックス)

~DJMIX終わり~

大久保さんの仕事ぽい。前衛的で見事すぎる。

07 SONGS(田中直
08 そうじゃない(平田
09 愛の軍団(大久保薫

自己紹介(昨日の舞台稽古終わりから切り替えた)(ふくちゃんグラデーション観て泣いた)

10 私のなんにもわかっちゃない(大久保薫
11 セクシーキャット(大久保薫
12 Tokyo(大久保薫

MC3人(エピソードトーク)

13 Please!自由の扉 (2007湯浅公一
14 女子かしまし物語 2017バージョン(つんくリメイク)(鈴木Daichi秀行
15 Loving you forever(鈴木俊介

(ザ・インスピレーションのコーナー)(かわいいイメージの工藤IVに男戦士いじり朗読ネタ)

16 モーニングコーヒー(これ作品よりインパクト優先のAKBGだったらモーニングみそしるやるだろうなw)
17 HOW DO YOU LIKE JAPAN? 〜日本はどんな感じでっか?〜(AKIRA
18 TOP(守尾崇 モーニング娘。No.5

90分あたり

~DJMIX~

19 ワクテカ(大久保薫
20 いきまっしょい!(小西貴雄
21 Moonlight night 〜月夜の晩だよ〜(田中直
22 What is love(大久保薫

~DJMIX終わり~

あおりから新曲

(ここは大久保楽曲だけど新曲をしっかり聴かせたいから単曲ですが来年ごろからMIXに組み込まれそうです。)

23 青春say ah ha (大久保薫。ギミックやコード進行から予想)
24 君の代わりは居やしない(大久保薫
25 わがまま 気のまま 愛のジョーク(大久保薫)

2時間前あたり エンディングトーク(ふくちゃん。過去の娘。にまけないぞ~~~!」

26 インスピレーション!(鈴木俊介 (恋レボB面

アンコール

01 ジェラシージェラシー(大久保薫

アンコール感謝トーク

02 ブラボー!(鈴木俊介 (2013ハロコンのエンディングで使われた

こんな感じでした。

座席表

は撮影NGでしたので説明。
AとBは横に9ブロック。Cは7ブロックでしたね。
で1列10人で10段でしたかね。

たまにはセトリを。あまりにも良かったので。

公演の位置づけ

私は日本武道館しか行けないので、通常のコンサートツアー用の
モーニング娘。ファン向けのメンバーの趣味趣向を凝らした
マニアックなセトリを体験したことが無かったんですが、
今回は6月に追加公演が決まったことでその通常のセトリを
体験することができました。

日本武道館は初見の人を考慮するので、大味なセトリになりがち
なんですが、やっと私もそれでは満足できない感じに
成長したっていうことなんでしょうかねw
嬉しいです。

ポイント

1.大久保薫氏大活躍。

大久保薫さんが楽曲と私の想像ではDJMIXの作成にと大活躍で、

金がないなか、ももクロが大会場で糞コンサートやり続け、
チケットも全部落選する状況だったからこそ、資金をハロプロに投入
できることになって、さらにこんな素晴らしい時代にこんな
天国に出会えたことに感謝したいと思います。

しっかし大久保さん仕事しすぎです。。
まあ全盛期の小室みたいにアイデアが湧き上がっちゃってきて
楽しいんでしょうけどね。
あとはマンネリ化で飽きられないように気を付ければ
ながく活躍できるんじゃないかと思います。

しかし、大久保さんのwiki見るとハロプロ以外にも結構携わっているんですが、
私はそれらはまったくなにも感じないのが面白いです。。
クオリティが低いっていうか流し仕事っていうか熱が全くなにも感じない。思いが伝わらない。

まあつんくさんが信頼していて、大久保さんの性格を考慮して、
大体のアウトプットのイメージをしながら
作詞作曲しているってこともあるんだと思いますね。

しかし、そこから気づく面白いことは、
大久保さんの作曲能力が低いってことですね。

編曲はすごいのに作曲センスはそれに追いついてないっていう。

ちなみに前山田さんなんかは逆で作詞作曲が能力高くて
編曲が能力低いっていう。
楽曲能力があるけど音響エンジニアの能力が無いっていう。。

そして、現在のメンバーが自然に世界に向けてこれが自分たちだと
胸を張れるセットリストを構成した結果大久保さんが多くなっている
ことにも感動しています。

ちなみに話がそれますが、、

ももクロは貪欲にいろいろ食べ散らかしすぎて、
自身を取り囲む中に、私の好きなアーチストと嫌いなアーチストが
カオス状態に混ぜ合わさってきてしまって、
それも熱が冷める原因になりつつありますね。
最初はその凹凸をももクロが丸め込んでいたんですが
徐々にそれも不可能になってきたと。
いくらももクロがやっても好きじゃないから無理って
いう部分が出てきたっていうね。

ハロプロはつんくさんが作詞作曲編曲できるので、
他人任せにすることがないので、
つんくさんのセンスに付いていけるかどうかっていう
ところだけですからね。
わかりやすいです。

2.質の高いDJMIX

疾風のように過ぎ去っていったコンサートでしたね。

AKBはコンサートでエンディング手前にメドレーで
過去の枯れ切った楽曲の1番だけをそのまま
なんの工夫もなくつなげてまとめてぶち込みますが、

モーニング娘。のメドレーは異質で、
完全に別の作品として丁寧に時間をかけて
DJMIXとして作り上げています。

これはシングルをクラブ系のアーチストに最近
リミックスさせているところから感じ取れる、
AKBGよりも楽曲に真摯にとりくんでいる
ハロプロスタッフの姿勢が如実に表れた感じになった気がします。

3.アリーナで観戦する時の特典

スタンドで観ているときは気づかないですが
今回アリーナ前列で観たら、
メンバーが振り付けのフリーな部分で
はじけんばかりの笑顔でメンバー同士でアドリブでじゃれあったり、
他人とは違う振り付けで個性を出してパフォーマンスしまくっていたり
しているのを初めて目の前で見て、びっくりしました。

映像ではカメラという他人目線でしか観れないけど
舞台から近めの現場だと、バックスクリーンを通さず
自分目線で好きなように観れるので、
それが楽しくなっちゃって思わず半ウルフ状態になりました。

3.2ウルフについての見解。

ちなみにウルフは悪いことじゃないですよ。
演者の取り組んできたことをきちんと
受け取っている訳ですからね。

ただしひとつ注意点があり、それは
演者の拍手やコールアンドレスポンスや合唱
の要求にだけは応えるという
お約束だけ守った上でやるということです。

ちなみにアンコールのパフォーマンスについては
コールした人に向けてのパフォーマンスで、
黙っていた人は対象外なのでそのつもりで。

4.まーちゃんのコンディションについて

まーちゃんは元気そうでなによりでした。

衣装替えのMCの時は出てこなかったので
休憩させているんだと思うと安心しました。

最後にハロヲタができないこと。モーニング娘。’17をももクロさんに置き換えてみる。

トークは石田、飯窪、あたりががんばってます。

佐藤さんは天然キャラで杏果や夏菜子やれにちゃんが混ざった感じ。

生田さんは高城れに系。

ふくちゃんはアイドルヲタクで、お姫様キャラで、
いつもモーニング娘。のことを多角的に考察していて、
みんなを愛しみんなに愛されていてやはり夏菜子ぽい。

小田さんはアーチスト趣向で
黙ってパフォーマンスで魅せていくタイプ。
亀井さんとか鞘師さんとかの系統。

工藤さんはみんなの繋ぎ役で
ふくちゃんの生誕で子分キャラを楽しそうに演じているし
玉井さんぽいですねw

牧野さんは、そうw 嗣永、さゆ、あーりんですね。ザ・ピンク。

尾形春水
野中美希
羽賀朱音
加賀楓
横山玲奈

若手はまだわかりかねてます。
まあ1,2年すればわかってくると思いますので焦らずに。

しかしこれ6月も行きたくなっちゃいました。。

まあまたすぐツアーが始まるので

トランキーロ!

焦っせんなよ。。。。。

素顔の道重さゆみをしゃべりつくし。新曲発売日は4月10日!2017.03.27 道重さゆみの今夜も♥うさちゃんピース~一夜かぎりの再生スペシャル~

標準

道重さゆみの今夜も♥うさちゃんピース~一夜かぎりの再生スペシャル~

CBCラジオで放送されました。

これ以前から言ってますが、道重さんや嗣永さん、菊地
さんとかって、全て編集抜きのライブの現場で体験したから言えるんですが、
普通にMCや進行を普通に仕事でできる
レベルなんですよね。

コアヲタだからあえて言いますが、
指原氏なんか足元にも及ばない気がします。

指原氏は事務所や秋元康、AKBっていうバックがある
という存在が強すぎると思います。
過大評価されすぎですね。

ももクロさんも同じです。

今回はこのすっぴん画像があらわしているように
休業中のことを全て明らかにしてます。

20170327今夜もうさちゃんピース

しかしこのすっぴん画像は初めて見ました。

私は女性はすっぴんていうかナチュラルメイクの方が好きなので
ずっと見ていられるくらい撃ち抜かれました。。

化粧したビジネスイメージは攻撃性が強くて
怖くて見ていられないんですけどね。

特に金髪やきつめの茶髪やアイラインは恐怖感が襲ってきて
苦手です。

あと新曲と好きな曲を流していますが、
私とセンスが離れていないので安心しました。

新曲の「再生~わたしはここにいるわ~」
は大久保薫さんですね。つかみでわかりましたw

ググったら当たってました。
私は編曲が命なんで。

本編全8曲のうち
<SAYUMINGLANDOLL~再生~>のために書き下ろされた新曲は「再生~わたしはここにいるわ~」「ちょっと逢わないくらいで」など6曲にのぼり、
楽曲に関わるのは、川辺ヒロシ(TOKYO No.1 SOUL SET)、CMJK、児玉雨子、モーニング娘。の楽曲も手がける大久保薫、道重さゆみの大ファンであることも知られている大森靖子など。
モーニング娘。在籍時の道重曲としておなじみのナンバー「ラララのピピピ」「シャバダバ ドゥ~」も披露される。

4月10日からは会場にてサウンドトラックアルバムが販売される。

大久保さんももクロの次はパフュームていうかヤスタカに手を出し始めていますw
貪欲にまあいろいろ取り入れることは良いことですね。

新曲も電子音多めのテクノ系で撃ち抜かれたので
この路線でいくってことでほっとした反面、、
また金使わないといけなくなるなっていうw

大久保薫さんがもうあまり失敗できないハロプロのシングル
ではできない実験的なアイデアをさゆにぶっこんで
いってテスト環境的な感じでさゆを使っていったら
面白い展開になりそうな気がしますね。

あと最後に道重さんはももクロだと百田夏菜子にちかいかと
思いました。
ホームシックになりやすくて内向的だっていうところですね。

2017.03.08モーニング娘。’17ジェラシージェラシーにみた大久保薫さんの進化。

標準

前作「セクシーキャットの演説」

新作「ジェラシージェラシー」

ムーグ系の電子音しか使わないって言ってたら

真っ赤な顔してエレキギターに置き換えてきたねw

最近mp3タグで作曲者名を標準で表示可能になったのでデータを追加してるんですが、
それでリストアップして大久保さんの楽曲ばかりきいてると、2008年あたりの初期は
普通のまんべんなく音色を使用した歌謡曲だったんですが、
徐々にビートを強調するようになってきて、
私が大好きなハイハットを抜いたBDとスネアのみで構成する
ダブステップ系を取り入れるようになり、
ディレイで音を操るには音色を絞らないといけないので
ムーグ系のブリブリ音をディレイで音を刻むようになると、
やはり作風が似てきちゃうことになって、
をれが先日お伝えした

夢幻クライマックス

を転機に、ダブステの技術を取り入れた現在の自分に
追加するように初期の作風をミックスさせていくことで、
またさらに新しい進化形の大久保さんをみせつけて
くれていることに感動しました。

一見普通なんだけど、だれにでもできるものではない
っていう洗練された作品になりました。

大久保さんとハロプロのお付き合いがさらに
長く続くような雰囲気を感じましたね。

つんくと大久保薫のモーニング娘。基幹チームがアイドル事変の担当してました。

標準

%e6%ad%8c%e3%81%88%ef%bc%81%e6%84%9b%e3%81%ae%e5%85%ac%e7%b4%84%e3%81%a4%e3%82%93%e3%81%8f%e5%a4%a7%e4%b9%85%e4%bf%9d%e8%96%ab

%e3%81%a4%e3%82%93%e3%81%8f%e6%b1%9f%e4%b8%8a%e6%b5%a9%e5%a4%aa%e9%83%8e

初稿でHKTの渕上舞氏と声優の渕上舞氏を混同していたことについて深くお詫び申し上げます。

だって福岡出身でルックスも似てるんだもん。。

youtubeに上がってましたが即削除されたのでリンクするのはやめます。

言えるのはモーニング娘。の楽曲のように新しい作風ではなく、
過去のどっかで聴いたことがあるハロプロ風だということです。

何回か聴きましたが音圧がモーニング娘。より軽めに感じます。

でもよくできているので持っておいて損はないと思います。

モーニング娘。のハイレゾを聴けば大久保薫の全てがわかります。

標準

ハロプロはアンジュルムが結構先にハイレゾ配信を始めて、
評判が良かったのか、他のグループにだんだん拡大
されてきているんですが、

モーニング娘。については泡沫サタデーナイトから
始まりました。

泡沫のinfoに以下のような記述があります。

●96kHz32bitでレコーデイング、マスタリング時に 96kHz24bitでマスターを作成。
※「One and Only」のみ48kHz24bit。
●マスタリングエンジニアバーニー・グランドマン・マスタリング東京 前田 康二

ほとんどレコーディング時のミックスアウトと
同じクオリティです。

思ったんですが、レコーディングって192khz程度はひろげていると
思ってたんですが意外と96khzくらいなんですね。

ハイレゾについて、ももクロの宮本P以下キングのエヴィルライン
はハイレゾなんか真っ先に配信すると思っていたら
意外とスルーしていて残念に感じていたんですが、

つんくさん以下アップフロントの音へのこだわりの
強さがこんなところで感じられて、納得しました。

で今回なぜこういう内容を書こうと思ったのか。

それはみなさん、大久保薫と軽く言っていますが、
ハイレゾを聴かない人は99パーセント
そのすごさを理解していないんじゃないかと
思う位、CDとハイレゾのクオリティに違いが
あったからです。

以前私はももクロのNARASAKI氏の代表作品、
ピンキージョーンズをCD音源からソフト的に解像度を上げて
聴いて記事を書いたんですが、

キミノアトの44.1khz wavと192khz wavとWaveSpectraとupconvでみる周波数特性の比較

その時と同じ違いを感じたんですよね。

ちなみにヘッドフォンで聞いている時のイメージですが、

CD音源の場合は目の位置から下にある部屋の中で
聴いているような感覚なんですが、

ハイレゾの場合は閉じこもったような感覚がなく、
あごから頭頂部全体を全ての音域の音が駆け巡って
頭全体で聴いているような感覚になるので、

大久保サウンドを象徴するシンセベースっていうか、
ムーグシンセのビリビリブリブリ音も低音の響きだけでなく
低域から高域まですべてを頭全体で体感できるので
もう全く別次元の音像になっているんですよね。

ちなみにヴォーカルについてはCDの場合はこもった
感じで鼻の奥で聴くような感じなんですが、
ハイレゾは目の位置で本人のマイクを通した声が
ダイレクトに鳴っている感じではっとさせられます。

ちなみにこの感覚を感じるには大久保作品が最もわかりやすい
です。

他の作品は音像の位置が上になって広くなって
っていうのはわかりますが、大久保作品のとき
よりもわかりにくいですね。