カテゴリー別アーカイブ: 加地倫三

有吉クイズ MCではなく回答者として有吉を配置した有吉の笑いの限界に挑戦している番組。

標準

番組表をみていたら、有吉のプライベートを追っかけて
クイズにしたり、蛭子さんがなにを食べてるかクイズ等、

内村プロデュースとか、昔の欽ちゃんのどこまでやるの
の懐かしい感じを受けたので、これただもんじゃないなと
思って、ある程度予想して観てみたら、やっぱ
加地班で、自分どんだけバラエティ浸かってんだよと
笑ってしまったw

でもこの辺、TBSの藤井さんとかと共通するところを
感じるんですが、

今回、冒頭でも有吉さんが言った通り、
野村アナ、有吉、加地P、蛭子等、

「虎ノ門」系のキャスティングで固めていて、
それも大変魅力的でして、只者じゃない感を
感じさせてくれました。

現在有吉さんのプログラム今結構ありますが、
まあデビュー当時からどっぷりの自分は
物足りなさ、もっとうまく使えばより
魅力がでるんだけどなあみたいなことを
思わせるものばかりで、1回見てもう
窓から投げ捨ててしまう感じのものばかり
だったんですよね。

結局今も観ているのはロンハーの有吉さん、
TBSの藤井班の有吉さん、
日テレはゼロですねw、
NHKも普通のMCとしてしか使ってないし、
ゴールデンタイムはほかの人でもできるような
もんばっか。

あとは有吉ベース。
そして、暇なときは常に聴いていて、
内容を全て覚えてしまう勢いの
サンドリw

そこに、今回この有吉クイズが飛び込んでまいりました
ので、楽しみが一つ増えました。

なんか初回といっていたんで、レギュラー放送が
始まる前のパイロット版みたいなことを言っていた
ので続いたらいいですねえ。

サンドリゲスナーは、日テレ系や有吉反省会、マツコ有吉系番組は気持ち悪い感覚のズレを感じて面白いと感じていないことについてと、有吉指原の真実に近づく方法。

標準

あのですね。

先日、ていうか、今日ですね、、

有吉さんと指原氏のリアルタイムなtwitterにおけるやりとり
があったんですよ。

有吉反省会の放送中に偶然両名ともに自宅でチェック
していて、お互いに面白いと誉め殺ししあっていたって
いう気持ち悪い出来事があって、

それを見ていて、なんか違和感を感じて吐き気がしたんですよね。

常連の人はおわかりですが、有吉指原のコアヲタですよわたしは。

でも気持ち悪さを感じたんです。

まあ、有吉指原両名ともに、まあツマンナイ仕事だと
思っていても、プロだから言わないですよ。

有吉さんはどんな仕事でも目の前の仕事を
一生懸命やれと後輩に言っていることもあり、
当然言わないですよ。

でも、まあコアヲタなんで気に入ってるものと
そうでないものぐらい、
数十年もいろんな発言や流れを
感じ取ればわかるってなもんですよ。

どこから感じるか。

まず、サンドリというラジオ番組は
有吉さんが生命線だと思って信念をもって
やっているのはだれでも感じると思います。

そして、そんな番組なので、大事な人
しか迎え入れないと思いますよね。

また、サンドリの冒頭のフリートークでも
取り上げるものと取り上げないものがいます。

取り上げるのは、まあふかわさん、上島さん、
手島優、プロレス、大食界隈、
とんねるず、ビビる大木さんや、
加地さんやロンハー、ゴッドタン、
太田プロ界隈、ナベプロ界隈、
竹山さん、ザキヤマさん、

ももクロ、有吉AKB界隈、

そして、指原氏ですよ。

これをみて、なにかわかりませんか?

そうです。

加地さんと佐久間さん、マッコイさん、
藤井さん、そして、u-field主催の
上原敏明さん界隈しか出てこないんですよね。

日テレやマツコ関連の人は出てこない。

まあ本人も気まずいと思うので、この辺で
やめときましょうw

多分、私とセンスが同じなので、
反省会とか日テレ系とマツコ系は
プロとして指示通りやりきってる
だけだということですね。

他の番組は、お笑い芸人としての自分
をさらけ出す気持ちで全力でやっていると。

違いはそういうことだと思います。

そして、有吉さんはへそ曲がりで
逆を言いますから、
賞賛している時は逆を考えた方が
真実にありつけるという気がします。

上島みたいなくそつまんない芸人。
ふかわみたいなつまんないナベプロ芸人。

そういうことですw

2019.5.29 佐久間宜行のANN:ゲスト加地さんの回で、バラエティ番組にブッキングするタレントの決め方を普通に暴露してました。

標準

これ結構単純なことで、本当にそうだったのか池上さんていう
感じでした。

加地さんが、宮下草薙が最近頻繁に出てる話になり、
好きだからブッキングしているといいました。

逆に、アルピー平子さんは、過去に
気に入らなかった仕事をしたときがあって、
それ以来嫌いになってブッキングしてない
という話でした。

また、佐久間さんも、気に入ったタレントは
配役して企画書を提出してますといい、
その決定権は編成にゆだねられているということですね。

だから、気に入られたら他の人より
配役される機会も増えて、出演機会が
与えられる確率も増えるが、
絶対的な決定権は現場にはなく、
最終的に決定権があるのは編成だということも
わかりまして。

スポンサーの意向、局としての意向、
制作側の意向、マーケティング結果からの意向、
いろいろ加味されて出演者が決まるということです。

権力が分散されていることはいいことだと思います。

矢口真里も一時頻繁にバラエティに出ていた時が
あったんですが、一周してからは
あまりでなくなったので、
それも権力が分散されているからだと
思います。

だから、昔からある都市伝説で、
一介のディレクターとかと
枕営業したからといっても、
一人の力でなんとかなるわけではないので、
出演は保証されてはいないということも
わかったので、
女性の人たちはそういう罠には
ひっかからないようにして欲しいと思います。

2019.5.29 佐久間宜行のANN:ゲスト加地さんの水曜日のダウンタウンの令和ネタを観た時のエピソードトークが最高でしたw

標準

加地さんが観てて、すごいって思ったんで、LINEで佐久間さんに
連絡したらANN前なので仮眠してて返事がなかったので、
直接藤井健太郎さんに連絡したと。

 

 

加地さん

「あれ、確か視聴率9パーセントくらいだったんでしょ。。。。。。」

 

 

 

「バカでしょ国民wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

関東テレビ各キー局のアイドルとeスポーツ、への取り組みの歴史と傾向と対策を指原氏の動向から読み解き、時代によるアイドルの質の違いについても考えてみる。

標準

加地さんは、たまにロンハーやアメトーークに出ていたので、
指原氏をしつこくオファーかけて
いる気がしますが、最近分かったことで、指原氏は
時間もわからなくなるくらい激務だったので、

卒業後時間的に余裕ができた指原氏が、
加地さんと神原さんのどちらをとるのかw

あと日テレにも毛利さん、
TBSには大木さんと藤井さん、
フジには神原さんと中嶋、
テレ朝には加地さん、
テレ東には佐久間さん。

卒業後、指原氏はゴールデンタイムと深夜を
どうバランスをとっていくのか。

少し伝えたんですが、
おぎやはぎさんを参考にしたらどうかと。

話を戻します。

各局別に考えてみます。

NHKはAKBグループやハロプロとずぼずぼ。

日テレはAKBGですね。
2010年ごろアイドルちんというスポット的な
番組ではももクロも絡んでいましたがブレイクとともに
MCの有吉さんともども出演時間を割けなくなり離れ離れに。
まあギャラが相当安かったんでしょうねw

TBSもAKBG。ピンポイントでハロプロ。
昔はジャニーズの登竜門的な番組が深夜に
多数輩出されたんですが、今はゴローさんと
V6、たまにKAT-TUN。

フジはまあフジのスタッフがAKSに流れているので
当然AKBG、CSでももクロ、あとは総合イベント
としてTIFですね。
日置祐貴さんが絡むとでんぱ組が推されますw
しかし、鉄板で面白いものができあがります。

テレ朝はももクロって言っても、ももクロChanの配信
がテレ朝動画で始まってCSで別冊、結構後に地上波
が始まりました。
あとでんぱ組もセットで推してます。
ちなみに両方とも佐々木敦規のチームですので、
ほぼ任せている感じです。

テレ東は雑食性でいろいろあまりコストがかからない
ところでやってます。
メインはジャニーズのような気がします。
しかし、ゴッドタンチームは別で、
サブカル系の制作会社のシオプロと
感性が鋭いオークラさんの主導で、
早くからももクロやエビ中をピンポイントで
ブッキングに成功していました。
ももクロに至っては、UFIというプロジェクトで、
早見あかりを連れてきて、東京03、バカリズム、おぎやはぎ、
劇団ひとり、ももクロ、オークラ、シオプロ
っていう、壮大な盛り上がりをみせました。
他にもBiSや伊藤麻希を主役に抜擢したり、
事務所的な企画演出に縛りがある、まあ、秋元康
に許可を得るみたいなですねwAKBGではないのを
武器に、好きに演出をして、こんな内容が見れるのは
ゴッドタンだけ!
オークラさんとシオプロの作品が見れるのは少年ジャンプ
だけっていう感じで、現在も行われています。

ちなみに少し前、監督の佐久間さんにtwitterで
伺ったら、出演してほしいんだけど、スケジュールを
割いていただけないと言っていましたので、
佐久間さんのチームはスタダの人たちを
気に入っているんだけど、すべては
スターダストの匙加減みたいなようです。
まあAKBについては、興味がないから
どんなにスケジュールがあいてても
出演はNGっていう感じですかねw
ただし、AKBの縛りが解かれて
自暴自棄になっているバラエティ志向の
メンバーには寛容です。
西野さんとか、野呂ちゃんとかねw
創造力がありすぎて、
AKBの秋元康しばりっていうのが
鬱陶しいだけかもしれませんねw

っていう感じでしょうか。

こうやってみてくると、バラエティとアイドルは
シンクロしているということがわかってきます。

ということは両方に対応可能なアイドルは
いつの時代も重宝されるということが
わかります。

また両方に対応可能なスタッフも同様に
重宝されるということですね。

ただ「両方に対応可能なアイドルは
いつの時代も重宝される」

「いつの時代」の中身は大きく異なります。

ここでハロプロムーヴメント以前と以降、
と言いたいけど、まだこれでは甘すぎるので、
いろいろ問題はあるが、
AKBムーヴメント以前と以降と区切って、
恋愛可と恋愛不可の時代で大きく時代の転換点
ができていることも付け加えないといけないと思いますね。

過去と今のアイドルはハロプロムーヴメントで1つ、
AKBGムーヴメントで1つ、
さらにスターダストムーヴメントでさらに1つ
大きな区切りが入っている気がします。

ハロプロは恋愛についてあいまいだった。

AKBGははっきり書簡に記した。守るか守らないかは自己責任。

スターダスト芸能3部はさらに実行で示した。

よって大きく区切るとハロプロムーヴメント以前と以降だが、
以降の時代も大きく分かれているということ。

そして、

スキャンダル上等のハロプロムーヴメント以前のアイドルと
以後のアイドルの差はどこに現れてくるのか。

アイドルは男性も女性もスキャンダルの量と
採用可能な番組の規模や視聴率は反比例する。

視聴率を期待できる番組ほど、
スキャンダルが多い人は
採用される確率は減っていく。

それは今も昔も変わらない気がするので、
スキャンダルに気を付けたらそれだけの
見返りは必ずあるということ。

だから、ハロプロムーヴメント以降の
アイドルは以前のアイドルより活躍できる
場所はとてつもなく広いということもわかる。

だから今のアイドルが活躍してしまった場合、
以前のスキャンダルが汚かったアイドルたちは
置き換えられてしまうということ。

こういう流れまで読み取れずに安易に
数年の我慢にも耐えられず、
性欲の為に恋愛に走った人たちは
死んでもその記録は残り続けるので、
後世にまでマイナス要素は受け継がれてしまう
ことでしょう。

きちんとまじめにアイドルの人生を
全うすればきちんとそれの見返りは
あるということです。

ただし、大きな仕事をできる権利があるだけで、
できるかどうかは実力次第だということろ
理解しておく必要があります。

頑張るひとはみんな応援しています。

2018.08.15 ナレーター有吉 藤井智久、そーたにコンビの前衛的なコンテンツでした。

標準

深夜のくりぃむ枠をある程度軌道に乗せてから卒業した藤井智久プロデューサー
の動向が気になっていたんですが、
その冴えわたったセンスが健在だということを
知らしめた今回の内容でした。

加地さんは千鳥と散歩番組を始めたりして、
安心していたんですけどね。

内容はゲストを数人設定して演出とナレーターと
内容を自作してもらって、
その映像に対して、スタジオに構築された
DJブース内で作成者が書いたナレーション
を有吉さんがリアルタイムで読み上げる
内容でした。

そのゲストと有吉さんの間に澤部さんが入り、
双方の発言に耳を傾けながら
突っ込んだり流れを調整したりして
まとめるという感じ。

ナレーション芸は脱力タイムズが先にやっていた
んで、それを発展させた感じかなと思いました。

めったに斬新でかつ面白いコンテンツは
出てこない昨今ですが、有吉さんを使うコンテンツは
新しい内容が多いので、それだけ能力を買われていて
信頼されている証でしょうね。

昔のたけしさんのようなポジションなんじゃないか
という気がします。

もう業界では有吉と有田が最先端になっている感じがしますね。

2017.12.22くりぃむナントカをなんの躊躇もなく2秒で削除した理由

標準

満面の笑顔で
初回から楽しみに観ている
大好きなくりぃむしちゅーの番組を見始めたんだが、

くりぃむさんの横に矢口が映ったので、
脳内に自宅で愛人とのセックスを
旦那に見せつけてアクメに達している矢口の映像が
フラッシュバックして気持ち悪くなったので、
一瞬でサーッと血の気が引き、
削除しました。

最近この番組は
大好きなくりぃむしちゅーの良心とも言える
藤井プロデューサーが外れたので、
なーんか嫌な予感がしていたんですが、

やはり笑いに対するセンスの低さって
いうところがこういうところに
現れてくるんですね。。

テレ東の佐久間さんやTBSの藤井さん、
テレ朝の加地さんががこぞって
ブッキングしてた時も
テレ朝の藤井さんは
一切出さなかったですからね。

片岡飛鳥が前線から撤退した時のフジテレビみたいに
大きな事故に繋がらなきゃいいけど。

今日初めて知ったロンドンハーツの「ハーツ」の意味。。

標準

普通のお笑いバラエティと思って楽しんでいたんですが、
番組表見たら恋愛バラエティ番組だったんですよねw

だからハーツだったんですね。。。

いやーー、、

1999年放送開始から楽しんでいますが知らなかったですwww

初期は結構多かったですよね。
でも番組継続と引き換えに魂を半分売ってしまったっていうねw

最近たまに恋愛企画ぶち込みますけど加地さんの意地なんでしょうねw

でも結局恋愛縛りじゃ面白い企画が続かないっていうことですね。

アメトーーク!週2回放送決定の記者会見で加地さんのコメントに感動。

標準

加地倫三プロデューサー

「僕らが子どもの頃って毎週楽しみにしていたバラエティー番組があったでしょう?

そんな番組を作りたいと思って…。

子どもが『見たい!』って思う番組を作りたいんです。」

これ全く同感ですよね。

自分の主義主張、いわゆるエゴよりも、そっちの方が大事。

芸人自ら発信された企画を、自分達のみではなく第三者的な観点を大切に
考え直して、枠組みだけ与えて、あとは出演者を信頼して
盛り上げてもらう。

有名なところではひょうきん族がこのタイプでしたよね。

視聴者の意見をスルーして自分たちのエゴでつくり込んで
出演者を部品としてそこにはめ込んでいく現在のめちゃイケと真逆です。

私は長いことバラエティー番組を観てきて、
終わりがあれば始まりもあるということがわかってきたので
これで終了しても特になにも思わないですね。
続けばもちろん一番良いですが、終わったら
もしかしたらより面白いものが始まるかもしれませんしね。

最近ではマスカッツが終了したことでマッコイさんがその時間で
TBSでKAT-TUNの前衛的な番組を開始したり、女子アナの罰
が始まったりしたことがありましたからね。

タレント名鑑も終わったことで様々な番組がつくられましたからね。

こういうイメージで番組作りをしている加地さんほどの人だったら
続いても終わってもそれなりの時代が始まると思うので
今の時代を楽むだけだと思います。

私としてはそれよりもくりぃむから手を引いた藤井智久プロデューサー
の次のくりぃむとの展開が気になっております。