カテゴリー別アーカイブ: 佐久間宣行

サンドリゲスナーは、日テレ系や有吉反省会、マツコ有吉系番組は気持ち悪い感覚のズレを感じて面白いと感じていないことについてと、有吉指原の真実に近づく方法。

標準

あのですね。

先日、ていうか、今日ですね、、

有吉さんと指原氏のリアルタイムなtwitterにおけるやりとり
があったんですよ。

有吉反省会の放送中に偶然両名ともに自宅でチェック
していて、お互いに面白いと誉め殺ししあっていたって
いう気持ち悪い出来事があって、

それを見ていて、なんか違和感を感じて吐き気がしたんですよね。

常連の人はおわかりですが、有吉指原のコアヲタですよわたしは。

でも気持ち悪さを感じたんです。

まあ、有吉指原両名ともに、まあツマンナイ仕事だと
思っていても、プロだから言わないですよ。

有吉さんはどんな仕事でも目の前の仕事を
一生懸命やれと後輩に言っていることもあり、
当然言わないですよ。

でも、まあコアヲタなんで気に入ってるものと
そうでないものぐらい、
数十年もいろんな発言や流れを
感じ取ればわかるってなもんですよ。

どこから感じるか。

まず、サンドリというラジオ番組は
有吉さんが生命線だと思って信念をもって
やっているのはだれでも感じると思います。

そして、そんな番組なので、大事な人
しか迎え入れないと思いますよね。

また、サンドリの冒頭のフリートークでも
取り上げるものと取り上げないものがいます。

取り上げるのは、まあふかわさん、上島さん、
手島優、プロレス、大食界隈、
とんねるず、ビビる大木さんや、
加地さんやロンハー、ゴッドタン、
太田プロ界隈、ナベプロ界隈、
竹山さん、ザキヤマさん、

ももクロ、有吉AKB界隈、

そして、指原氏ですよ。

これをみて、なにかわかりませんか?

そうです。

加地さんと佐久間さん、マッコイさん、
藤井さん、そして、u-field主催の
上原敏明さん界隈しか出てこないんですよね。

日テレやマツコ関連の人は出てこない。

まあ本人も気まずいと思うので、この辺で
やめときましょうw

多分、私とセンスが同じなので、
反省会とか日テレ系とマツコ系は
プロとして指示通りやりきってる
だけだということですね。

他の番組は、お笑い芸人としての自分
をさらけ出す気持ちで全力でやっていると。

違いはそういうことだと思います。

そして、有吉さんはへそ曲がりで
逆を言いますから、
賞賛している時は逆を考えた方が
真実にありつけるという気がします。

上島みたいなくそつまんない芸人。
ふかわみたいなつまんないナベプロ芸人。

そういうことですw

2019.5.29 佐久間宜行のANN:ゲスト加地さんの回で、バラエティ番組にブッキングするタレントの決め方を普通に暴露してました。

標準

これ結構単純なことで、本当にそうだったのか池上さんていう
感じでした。

加地さんが、宮下草薙が最近頻繁に出てる話になり、
好きだからブッキングしているといいました。

逆に、アルピー平子さんは、過去に
気に入らなかった仕事をしたときがあって、
それ以来嫌いになってブッキングしてない
という話でした。

また、佐久間さんも、気に入ったタレントは
配役して企画書を提出してますといい、
その決定権は編成にゆだねられているということですね。

だから、気に入られたら他の人より
配役される機会も増えて、出演機会が
与えられる確率も増えるが、
絶対的な決定権は現場にはなく、
最終的に決定権があるのは編成だということも
わかりまして。

スポンサーの意向、局としての意向、
制作側の意向、マーケティング結果からの意向、
いろいろ加味されて出演者が決まるということです。

権力が分散されていることはいいことだと思います。

矢口真里も一時頻繁にバラエティに出ていた時が
あったんですが、一周してからは
あまりでなくなったので、
それも権力が分散されているからだと
思います。

だから、昔からある都市伝説で、
一介のディレクターとかと
枕営業したからといっても、
一人の力でなんとかなるわけではないので、
出演は保証されてはいないということも
わかったので、
女性の人たちはそういう罠には
ひっかからないようにして欲しいと思います。

2019.5.29 佐久間宜行のANN:ゲスト加地さんの回で、加地佐久間藤井伊藤マッコイさんの共通したルーツが判明してしみじみしました。。

標準

フジテレビに落ちた人たちが他局で頑張った結果、

 

フジテレビが神原孝の一強という黒歴史時代に入り、他局に
繁栄の時代が訪れたという、

 

2019年現在の先端バラエティの勢力図だということですね。

 

これは私の読み通りでした。

2019.5.29 佐久間宜行のANN:ゲスト加地さんの水曜日のダウンタウンの令和ネタを観た時のエピソードトークが最高でしたw

標準

加地さんが観てて、すごいって思ったんで、LINEで佐久間さんに
連絡したらANN前なので仮眠してて返事がなかったので、
直接藤井健太郎さんに連絡したと。

 

 

加地さん

「あれ、確か視聴率9パーセントくらいだったんでしょ。。。。。。」

 

 

 

「バカでしょ国民wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

関東テレビ各キー局のアイドルとeスポーツ、への取り組みの歴史と傾向と対策を指原氏の動向から読み解き、時代によるアイドルの質の違いについても考えてみる。

標準

加地さんは、たまにロンハーやアメトーークに出ていたので、
指原氏をしつこくオファーかけて
いる気がしますが、最近分かったことで、指原氏は
時間もわからなくなるくらい激務だったので、

卒業後時間的に余裕ができた指原氏が、
加地さんと神原さんのどちらをとるのかw

あと日テレにも毛利さん、
TBSには大木さんと藤井さん、
フジには神原さんと中嶋、
テレ朝には加地さん、
テレ東には佐久間さん。

卒業後、指原氏はゴールデンタイムと深夜を
どうバランスをとっていくのか。

少し伝えたんですが、
おぎやはぎさんを参考にしたらどうかと。

話を戻します。

各局別に考えてみます。

NHKはAKBグループやハロプロとずぼずぼ。

日テレはAKBGですね。
2010年ごろアイドルちんというスポット的な
番組ではももクロも絡んでいましたがブレイクとともに
MCの有吉さんともども出演時間を割けなくなり離れ離れに。
まあギャラが相当安かったんでしょうねw

TBSもAKBG。ピンポイントでハロプロ。
昔はジャニーズの登竜門的な番組が深夜に
多数輩出されたんですが、今はゴローさんと
V6、たまにKAT-TUN。

フジはまあフジのスタッフがAKSに流れているので
当然AKBG、CSでももクロ、あとは総合イベント
としてTIFですね。
日置祐貴さんが絡むとでんぱ組が推されますw
しかし、鉄板で面白いものができあがります。

テレ朝はももクロって言っても、ももクロChanの配信
がテレ朝動画で始まってCSで別冊、結構後に地上波
が始まりました。
あとでんぱ組もセットで推してます。
ちなみに両方とも佐々木敦規のチームですので、
ほぼ任せている感じです。

テレ東は雑食性でいろいろあまりコストがかからない
ところでやってます。
メインはジャニーズのような気がします。
しかし、ゴッドタンチームは別で、
サブカル系の制作会社のシオプロと
感性が鋭いオークラさんの主導で、
早くからももクロやエビ中をピンポイントで
ブッキングに成功していました。
ももクロに至っては、UFIというプロジェクトで、
早見あかりを連れてきて、東京03、バカリズム、おぎやはぎ、
劇団ひとり、ももクロ、オークラ、シオプロ
っていう、壮大な盛り上がりをみせました。
他にもBiSや伊藤麻希を主役に抜擢したり、
事務所的な企画演出に縛りがある、まあ、秋元康
に許可を得るみたいなですねwAKBGではないのを
武器に、好きに演出をして、こんな内容が見れるのは
ゴッドタンだけ!
オークラさんとシオプロの作品が見れるのは少年ジャンプ
だけっていう感じで、現在も行われています。

ちなみに少し前、監督の佐久間さんにtwitterで
伺ったら、出演してほしいんだけど、スケジュールを
割いていただけないと言っていましたので、
佐久間さんのチームはスタダの人たちを
気に入っているんだけど、すべては
スターダストの匙加減みたいなようです。
まあAKBについては、興味がないから
どんなにスケジュールがあいてても
出演はNGっていう感じですかねw
ただし、AKBの縛りが解かれて
自暴自棄になっているバラエティ志向の
メンバーには寛容です。
西野さんとか、野呂ちゃんとかねw
創造力がありすぎて、
AKBの秋元康しばりっていうのが
鬱陶しいだけかもしれませんねw

っていう感じでしょうか。

こうやってみてくると、バラエティとアイドルは
シンクロしているということがわかってきます。

ということは両方に対応可能なアイドルは
いつの時代も重宝されるということが
わかります。

また両方に対応可能なスタッフも同様に
重宝されるということですね。

ただ「両方に対応可能なアイドルは
いつの時代も重宝される」

「いつの時代」の中身は大きく異なります。

ここでハロプロムーヴメント以前と以降、
と言いたいけど、まだこれでは甘すぎるので、
いろいろ問題はあるが、
AKBムーヴメント以前と以降と区切って、
恋愛可と恋愛不可の時代で大きく時代の転換点
ができていることも付け加えないといけないと思いますね。

過去と今のアイドルはハロプロムーヴメントで1つ、
AKBGムーヴメントで1つ、
さらにスターダストムーヴメントでさらに1つ
大きな区切りが入っている気がします。

ハロプロは恋愛についてあいまいだった。

AKBGははっきり書簡に記した。守るか守らないかは自己責任。

スターダスト芸能3部はさらに実行で示した。

よって大きく区切るとハロプロムーヴメント以前と以降だが、
以降の時代も大きく分かれているということ。

そして、

スキャンダル上等のハロプロムーヴメント以前のアイドルと
以後のアイドルの差はどこに現れてくるのか。

アイドルは男性も女性もスキャンダルの量と
採用可能な番組の規模や視聴率は反比例する。

視聴率を期待できる番組ほど、
スキャンダルが多い人は
採用される確率は減っていく。

それは今も昔も変わらない気がするので、
スキャンダルに気を付けたらそれだけの
見返りは必ずあるということ。

だから、ハロプロムーヴメント以降の
アイドルは以前のアイドルより活躍できる
場所はとてつもなく広いということもわかる。

だから今のアイドルが活躍してしまった場合、
以前のスキャンダルが汚かったアイドルたちは
置き換えられてしまうということ。

こういう流れまで読み取れずに安易に
数年の我慢にも耐えられず、
性欲の為に恋愛に走った人たちは
死んでもその記録は残り続けるので、
後世にまでマイナス要素は受け継がれてしまう
ことでしょう。

きちんとまじめにアイドルの人生を
全うすればきちんとそれの見返りは
あるということです。

ただし、大きな仕事をできる権利があるだけで、
できるかどうかは実力次第だということろ
理解しておく必要があります。

頑張るひとはみんな応援しています。

ゴッドタン「この若手知ってんのか」企画と佐久間宣行と曇天三男坊とパーパーと。

標準

この企画、1回目は三四郎を選び抜き結構強烈にデビュー、2回目は忘れるほど面白くないコンビ、3回目の2016年に曇天三男坊、2017年は誰でも知ってるゆにばーすが跳ねた。

2018年は誰でも知ってる宮下草薙が出た。

昨年のお笑いハーベスト大賞で佐久間さんはパーパーを選び抜いた。

だからパーパーでもおかしくなかったはずだが、宮下草薙。

でも少し考えると理解できた。

パーパーはすでに単独ライブを行い、メディアにも多々出演するように
なっているので、企画の意図にそぐわないので避けたんでしょうね。

2016年の時、曇天三男坊ことどんちゃんは児島さんに馬鹿にされて
事務所の先輩の小宮さんのように生意気キャラで出演して
おぎやはぎとひとりさんにバキバキに鼻っ柱を折られて
終演した。

小宮さんと同じ感じで盛り上がったので、ゴッドタン側も
小宮さん同様の盛り上がりを期待していたんだが、
私が考えるに、2016年は三四郎、売り出し中のパーパー、
再ブレイク中の出川、スキャンダル真っ最中の狩野英孝ちゃんと、
マセキの芸人が渋滞していることもあって事務所も営業も
あまりプッシュしなかったこともあって一切
他の番組の出演機会を得られなかった。

2017年、ゆにばーすの川瀬さんが盛り上がっていた。

しかし、佐久間さんは自分らが確信して売り出した
どんちゃんを見切ることができなくて最後の美味しいところで
ぶっこんだ。

この時は一切MC陣はいじることなく、どんちゃんの個の力で
跳ねた。

そして2018年。

前半を見る分では、一切面白くなかった。

期待を裏切られたので2016年と2017年の
どんちゃんを見返して期待で高まっていた
心の鼓動をなんとか収めて自分を納得させた。

ここで思いました。

結局、この若手知ってんのか企画で、2016年以降
どんちゃん以外記憶にの残ってないっていう現実。

冒頭で児島さんがディスるので面白くない芸人という
色眼鏡が入ってしまうので滑ってるイメージが
植えつけられてしまうんですが、
よーく後日に考えると、繰り返し見たくなるほど
曇天三男坊さんは魅力に溢れていて、
性格も面白いということに気づく。

佐久間さんの本心はパーパーが一推し、
2推しが曇天三男坊さんじゃないかという
気がしますね。

しかし、三四郎を含めて全てマセキ芸能社だというのが
面白いですよね。

なんかマセキ芸能社って人間的な魅力が溢れる人が
多いですよね。

曇天さんも出演するきっかけとして必ず
ネタというものは必要になるので、
川瀬さんがいうようにネタを磨き続け
ないとチャンスを得られる機会が減って
しまい、出川さんのようにゲストのみ
の不安定な生き方になってしまうので
みなさんがせっかく推してくれているうちに
チャンスを捕まえてほしいですね。

現在のチャンスを逃すと、次盛り上がるのは
いつになるのやらわかりませんから
ネタを早急に確立させるのがどんちゃんの
現時点における最優先事項だと思います。

水曜日のダウンタウンと藤井健太郎と松本人志と反コンプライアンスの笑いの社会的な必要性が皆無な理由を明確にします。

標準

水曜日のダウンタウンの拉致企画はクロちゃんから始まりました。

しかしクロちゃんのあまりの性格の悪さに笑いが優っていて
危なさに気づいていませんでした。

藤井健太郎、マッコイ斉藤などはテリー伊藤、土屋敏男といった
反コンプライアンス笑いを極めた監督たちの教え子の最後の生き残りです。

90年代。

当時は現在と真逆で、普通のお笑いをやっている人たちは
この人たちになめられていました。

自分たちこそ時代の最先端なんだと。。

また、たばこについても同様で、吸っている人はまだ
かっこいいと言われていました。

プロレスも同様で、技が過激になり
選手生命を絶たれる選手が多くなりつつありました。

また神様のような絶対的な技術とメンタルをもっていたアイルトンセナが
F1のハイスピード競争の
争いに巻き込まれ事故で亡くなりました。

ここからわかることは、
競争によりやる人が多いときは悪いことが正当化されます。
そして、より過激になっていきます。

この時重要なのは一般市民がそれを求める結果
過激になってしまうというところです。

そして現代。

F1はスピードが出ないようにルールが改正され、
お笑いも行き過ぎないように法令により競争の激化を抑制されました。

ここで、お笑いはつまらなくなったとか言い出す
奴らがいます。

私は知識と経験が浅い時はそれに同調していました。

しかし、最近は観点が変わりました。

それは、チャップリンはどんな時代でも面白い。
というところです。

下世話で人間の生理現象に直接ドラッグを打ち込むような
過激な演出が無くても、センスと技術があれば
人間の心に激しく訴えかける最高の笑いを創り出すことは
可能だということをチャップリンは教えてくれていると思います。

ちなみに、もし私がいままでで最も面白い笑いを選出
するとすると、チャップリンの作品になりますね。

これは人間が人間である限り永久不滅な笑いだと思います。

まあ逆に考えれば、前述の笑いというのは、、
チャップリンがすべて創り出してしまった
から、仕方なく生まれた笑いと言えるのかもしれませんね。

最近、マッコイや藤井、ダウンタウンといったうぬぼれ野郎
たちが鬼の首を取ったようにコンプライアンスがどうたら
とそれを隠れ蓑にして笑いを作れない言い訳にして
自分の才能のなさを恥ずかしげもなくひけらかしていますが、、

コンプライアンスを理由に新しい笑いを作ることを諦めて
いたら笑いを辞めた方がいいと思いますね。

私はどす黒い汚い世界も無菌状態の澄み渡った世界も
同様に、同じくらい笑いと言うものは存在していると思っています。

コンプライアンスで笑いがつまらなくなると言ってる
やつはそれがわからない程度の低レベルな芸人ていう
ことなのでもう引退することをおすすめします。

まあテレ東の佐久間さんやテレ朝の加地さん、
藤井さん、そしてフジテレビの日置祐貴さんが
これからは引っ張っていくので
高級マンションで豪遊してタバコでもふかしながら
ガンで脚を組んだまま逝っちゃってくださいw

お疲れさまでした。

一通りチェックして「青春高校3年C組」はとてもじゃないが「夕やけニャンニャン」レベルではないと判断して見限ることにした。

標準

私は以前、青春高校3年C組は夕やけニャンニャンだと興奮気味にお伝えしました。

しかし、我慢していくら観続けても何も面白みを感じずイラつくばかりだった。

もう隔週MCも全て観たけどいまだに滑ってる雰囲気が充満
しているので、何が違うのか考えることにした。

私は常に夕ニャンはとんねるずと大竹まことと秋元康
が爆発させたと主張してきた。

そのとんねるずと大竹まことの大活躍していたコーナー
の番組内でのポジションを考えると自ずと答えが出た。

それは、番組の主人公であるおニャン子クラブ
とは無関係な視聴者ととんねるずや大竹まこと
がタイマンで対峙する企画のコーナーが
爆発していたのです。

夕ニャンは60分番組だったので、前半の30分を
おニャン子関係のコーナーに割り当てて、
後半の30分はおニャン子がほとんど関わらない
コーナーに割り当てられていて、
そのコーナーが跳ねていたんですね。

しかし、
今回始まった青春高校3年C組の構成は
30分番組なので、そんな余裕はなく、
30分全てをおニャン子と同じ役割の
素人のオーディション
企画に割り当てているので、
私が期待していた若い芸人による
ビッグバンは期待できるわけがない
わけです。

だから、

私はおニャン子に全く興味がなく、
とんねるずや大竹さんしか興味がなかったので、
今回の青春高校3年C組に全く面白みを
感じないのはいたって当然なんですよね。

しかし、もし60分あったら、
佐久間さんは30分を芸人さんの
単独コーナーにしていたのかと
いうとそれはわからないわけで、

そうすると、、今回の失敗は
テレ東の編成が全て悪いのか、
秋元康が悪いのか、
佐久間さんが悪いのか、

理由は特定できかねますが、
私は3週間観て全く光明を見出せずに
期待が回を重ねるとともに
萎えていくばかりなので、
もう見限ることにしました。

あとオーディションの素人の
煽り文句にイケメンとか美人とか
面白さよりルックスを重視
するようにした下品なセンスに
もがっかりしてきたのもありますね。。

多分、数字が落ちてきているので
そういう方向に走り出したんでしょうね。

色々なものに巻かれて大変でしたね。

1年間の辛抱です。
佐久間さんお疲れ様でした。。

たまったものはゴッドタンとキングちゃんで
発散して下さいね期待しておりますww

2018.04.03青春高校3年C組 1人で盛り上げることができるパワーは限られている。

標準

今日のゲストは小峠さんでしたが、

100パーセント小峠さんだけで盛り上げていました。

しかし、高校生をなめたらいけません。

若い人たちはこんなもんではなにも衝撃を受けません。

違うんですよ。

今日の小峠さんのような場合は、出演者がさらに
かみついていって小峠さんをより興奮させないと
想定内の従来のバラエティ番組で収まってしまうんですよね。

小峠さん以外の全ての演者スタッフが、

小峠さんがやられたことがないようなことを
やってあげないと時代を変えるような
衝撃は生まれないと思います。

佐久間さん、

せっかくのチャンスで、
与えられた時間は短いと思いますから、
いままでのセオリーを無視して
めちゃくちゃやって
時代を創り出して下さい。

期待しています。

2018.04.02 佐久間宣行と秋元康が組んだ新バラエティ番組がテレビ東京でスタートします!

標準

新番組

「青春高校3年C組」(月~金曜・後5時30分)

テレビ東京にて2018年4月2日から1年間生放送される。

企画構成が秋元康で、プロデューサーに佐久間宣行が
スタッフィングされたようです。

学園ものでメンバーというか生徒役は回を追うごとに
増員されていくようです。

まずテレ東側の企画イメージとしては夕やけニャンニャン
があると思います。

平日の夕方と、秋元康、生放送、素人参加型でさらに
出演者となって選考されてグループ化されていく。

またMCは日替わりでお笑い系のタレントが
配置される。

あとは佐久間さん視点で考えると、ピラメキーノ
がありますね。

あれは固定メンバーで生放送でした。

またゴッドタンの生放送企画も佐久間さんは
経験があります。

だから総合的に考えると、これまでのキャリアを
さらに濃くさせるような今回のプロジェクト
になると思うので、今回の企画意図の場合
佐久間さんしかいないような気がします。

テレ東の風神雷神の片方の伊藤さんは
生放送はあまり経験がなく得意だとは思えず、
収録時は結構放任主義何ですが、
しっかりと編集で作り込んで本放送に
流し込む人なので、生放送というスタイルと
メンバーが流動的な今回の企画
は不向きなんじゃないかと思います。

過去を捨てて新しい何かを求めるパンクな佐久間と
歴史を尊重するロックな伊藤。

テレ東のバラエティ部門は
しばらくはこの2人の時代が
続くんではないかと思います。

秋元康を起用した生放送バラエティは
各局挑戦しておりますが、
時を経ても時間の経過に押しつぶされず
さらに輝き続ける夕やけニャンニャンという番組
のすごさを感じさせる結果になっている気がします。

しかし未だ成功している例はないので、
テレ東にはぜひ成功して欲しいものです。