カテゴリー別アーカイブ: 井上ヨシマサ

指原氏のセンター曲として「イマパラ」というペラペラユーロビートが発表されたことでわかったこと。

標準

2017年5月31日(水)発売のAKB48 48thシングル「願いごとの持ち腐れ」
に収録される「イマパラ」のミュージックビデオ(Short ver.)

まあ以前からここで言っていることですが、
指原氏が移籍後のHKTの楽曲

2013年3月20日 スキ!スキ!スキップ!
2013年9月4日 メロンジュース
2014年3月12日 桜、みんなで食べた
2014年9月24日 控えめI love you !
2015年4月22日[注 10] 12秒
2015年11月25日 しぇからしか!
2016年4月13日 74億分の1の君へ
2016年9月7日 最高かよ
2017年2月15日 バグっていいじゃん

の傾向はお騒がせ最大公約数ポップス
っていう言葉でまとめられると思います。

新しいものは特に入れずにありきたりのもので
作る最大公約数的な楽曲なので、

どんなにばかでもあほで知識が無くても、
曲を全部聴かなくても
数秒でも数分でも途中からでも初めからでも
金太郎あめのように聴ける曲。

また面白いのは、スキスキ、桜、バグ、控えめ
とかは連続で聴いてると同じ曲に聴こえてくる
んですが、理由は同じ速さで同じ音色を使い
バスドラムを同じ感覚で叩いているからなんですよね。

お経の木魚みたいな感じで私はコンサートに
行ってこの辺の曲を連続でやられると
あまりの中身のなさに我に返って
腹が立ってきてしまいます。

こんなのに付き合うためになぜ働いて、そして
高い金払ったのか?

ここに来るよりもっと有意義な時間の使い方が
あったんじゃないのかって。

私は指原コアヲタですから、そんなことがあっても
アイドルの楽曲レベル最高峰のハロヲタの指原氏なので、
いつかは成長してそれなりの作品を提供できるように
なると信じて待っていたんですが、

数年経過しましたが、未だにHKTの楽曲からは特にその成長を
感じ取ることはできず、

モーニング娘。とのコラボ曲も結局はHKTと同じ頭の悪い
楽曲でした。

そして今回のイマパラというおそらく指原氏が
注文したであろう楽曲を数秒聴いて、

私はAKBグループの1人としてパフォーマンスする場合の
楽曲の質について、指原氏に対しての信頼はゼロになりました。

もうこの人は音楽をまじめに考えて悩んで努力して
発表することは全く考えていないんだということが
はっきりしました。

まあでも指原氏に限ったことではなく、
高城れにさんやももクロさんのソロコン観ればわかりますが、
日本のガールズアイドルさんのほとんどは音楽的な素養が
ないに等しい人たちばかりなので、仕方ない部分も
あるんですけどね。。

ハロプロのメンバーの生誕イベントでもハロプロ楽曲
以外やりませんからねって言っても
発売するから権利の問題でできないってことでしょうけど、
もしフリーで楽曲を選択させてコンサートを
やらせたらどうなるか観てみたいですね。

あと余談としてイマパラの作曲編曲は板垣祐介さんなんですが、
板垣さんはハロプロではもっと楽曲的に奥深い作品を
作れるひとなのですが、Get Youとかイマパラとか、
最近の傾向を見ると、
AKBでは秋元康や現在では指原氏の注文通りに作らされている
ことが確定して、よほど音楽的な地位があるひと以外
はAKSにかかると誰でも井上ヨシマサのような秋元康の犬
状態になってしまうことも明らかになった気がします。

楽曲系ヲタが詳細解説。「泡沫サタデーナイト!/The Vision/Tokyoという片隅」

標準

1 泡沫サタデーナイト! 03:48 津野米咲 津野米咲 鈴木俊介/ストリングスアレンジ:クラッシャー木村

ジンギスカン


を先日AKBというか秋元康の犬こと
井上ヨシマサがモロパクリ
(基準としてはハハハハという叫びのリピートと
感想でのMC的なしゃべりですね)しましたが、

こちらはさすがにひねってきています。
いいと思います。

2 The Vision 05:27 つんく つんく 大久保薫

これはまあ田中れいな脱退以降のモーニング娘。に
ありがちな曲ですね。

で2つに分けられるのは暗めな夕暮れは雨上がり系と
天から太陽の光が差してくるような明るめ系、

まあHKTでいうところの未来の扉系の
2つに分けられますw指原氏へ愛を込めてw

特に私が麻薬代わりに常用している

2014.01.29
笑顔の君は太陽さ(基本)

2014.04.16
時空を超え 宇宙を超え(タイトルとは逆に世界観を宇宙から人間の内側に置き換えたもの。
サビをマイナーにすると空間を広げるのが難しいです。)

2014.10.29
14章〜The message〜より
03.明日を作るのは君(世界観は近いですがこれは構成がスタンダードすぎるので違うかと思います)

2015.04.15
夕暮れは雨上がり(これは暗めなので違う気がします)

2015.04.15
イマココカラ(これは明暗が同居している感じで違う気がします)

2015.12.29
ENDRESS SKY(「笑顔の君」の世界観を宇宙から地球に狭くした感じ)

を結合させた別バージョンとでもいえそうな曲です。
大久保薫による自己リミックスとでもいうんでしょうか。

聴き比べると、表現したい音響空間は同じなんじゃないか
って気がします。

大久保さんもモーニング娘。とアンジュルム、こぶしと
まあ時間が無いなかでの苦肉の策なんでしょうかね。
もしかしたらBuonoFestaに向けてBuonoの新曲も
抱えているかもしれませんしね。。

私としては聴いていると上記の曲を脳内で
被せる形で聴いてしまうので、なんか新曲という
気がしないし、ちょっと物足りないですね。

3 Tokyoという片隅 04:33 つんく つんく 大久保薫

これは大山田薫とでも言うんでしょうか、
今回一番笑わせてもらいましたw

ももクロさんの「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」」

のハロプロ版リミックスみたいな感じですね。

でも大久保薫さんは過去に前山田にパクられ続けて
きたんでこのくらい可愛いもんだと思いますw

音響処理的には前山田版は素人に毛が生えた
感じでしたが、こちらのほうはプロの仕事がされていて
低音から高音まで気持ちよくイコライジングされて
出力されているので素晴らしいです。

ちなみに
最近シングルなのに全曲PVを制作するという流れが
定番化していますね。
まあそうしないとテレビで流れないからというのが
一番にあると思うんですが。
ももクロはblu-rayで付けてくれるのですがハロプロは
いまだDVDのみなので買う気が失せます。。
あとわけられるとそれも買う気が失せます。

無料のテレビ版のほうが画質が良いし全曲手に入るんですからね。

大久保さん、ちょっと休憩してもっと挑戦的な新曲
創って下さい。
期待しています。

AKB48のハロウィン・ナイトで井上ヨシマサとAKSの楽曲制作ルーチンに重大な問題があることが確定した気がする。

標準

ハロウィン・ナイト

総選挙の翌日、完成していた1位向けの新曲について、
秋元康は井上ヨシマサに

「ヨシマサ、悪いんだが指原向けに
作り直してくれ」

と依頼した。

これは公式に755に記録が残っている。

総選挙向けの新曲をディスコを基本ラインにするのは、はやく
ポストフォーチュンクッキーのような楽曲
を手に入れたいAKSだから決定稿だった。

常連さんならおわかりになると思うが、
私はUTAGEの保田、指原コンビは絶賛しているんだが、
おわかりになるだろうか。

保田、指原コンビでUTAGEに爪跡を残した楽曲
と言えば、、、

そう!

ピンクレディーのモンスターですよね。

井上ヨシマサは安易にここから指原=モンスター=ハロウィン=
モンスターが出るのは夜=ナイト

ハロウィン・ナイト

としてイメージを固めた。

そして、明るい曲だったのを少しコードを
マイナーっぽくしてピンクレディのモンスター
にディスコをミックスさせたのがハロウィン・ナイト
になりました。

しかし出来上がった楽曲を聴くと、
ヨシマサのブラックミュージックの
中途半端な知識で無理やり作った感
が今回思いっきり出てきてしまってますよね。

ブラックミュージックはわかりやすいサビがあるのに
ないし、ない場合はJBやマイケルジャクソン
のように叫びを入れてだらだらするのを防ぐ
んですが、AKBGはだらだら歌っているのみ。
ダンスも16分を刻んでないだらだらしたもの。。

フォーチュンクッキーの時はパパイヤさんが
厳しく教え込んだんですけどね。
今回は時に見せ場になるようなものもなく
曲も歌詞もダンスもなにも記憶に残るような
ものがありません。

まあ、使わなかったんじゃなく使えなかった。
有名どころに仕事を断られた
んじゃないかと思いますね。

(理由は最後まで読んでいただければおわかりになると
思います。)

でも結局楽曲が良ければ、自然に振りも編曲も
いろいろアイデアが盛り上がってきて
相乗効果でフォーチュンクッキーのような
ムーブメントがおこると思うんですが、

楽曲の出来が悪いからなにも連鎖が起こらず、
事務的な仕事のみになっちゃったのが
ハロウィン・ナイトのような気がしますね。

だから井上ヨシマサが悪いかと言うと
そうでもないんですよね。よく考えると。

井上ヨシマサに合った仕事を振ることが
できない、良さを生かすことができない
秋元康とAKS首脳陣が悪いんですよね。

ももクロはロックならNARASAKIさん、
ギミックのある曲なら前山田とか
きちんと特徴を生かしてアーチスト
本人が気分よく仕事をしてくれるように
仕事を割り振っています。
売り上げを考えるのは2の次です。

AKBは曲を作る以前に、秋元康が
詩を書いて、これでヒット曲が
欲しいというゲスな目標をたてて
なんでもいいからヒット曲を作れと
アーチストにお願いします。

秋元康主体です。

こんな仕事秋元康以外だれも喜んで
作りませんよ。

とにかく金が欲しいから盗んでも
サラ金から借りてでも、保険金殺人
してでももってこいと。
うまいとんこつラーメンやを開業
したい。
うまくいけば儲かるじゃないんですよ。
儲かればどんな店でも良いんですよ。

だから他人の楽曲を平気でパクったり
イベントとCDを結び付けて売りつけたり
平気でするんですよ。

こんな曲をやりたいっていうものが無いんです。

売り上げの記録をつくって話題をつくって
どんな手をつかってもいいから記録を
残したいんですよ。

だからメンバーがだれでも構わないんですよ。
やめても問題起こしても問題ないんですよ。

いろんなものが全て繋がりましたよね。

だから、悲しいけどこれがAKBGの実態なんですよ。

指原氏のHKT糞ユーロビート過去最高楽曲発言から再考した、各女性アイドル楽曲のバランスについて

標準

AKBGはもう昔のようななにが飛び出すかわからないサプライズ方向から撤退して、
売り上げが安定してきたのを機になにも面白みがない安定志向に変えましたね。

HKTもNMBもSKEも同様ですね。

秋元康よりも不安定な成り立ちが怪しい作曲家井上ヨシマサに毒されている気がします。

エビ中は真逆にいろいろ変えすぎ。
アルバムなんか全楽曲作り手が違うので疲れて聴いてられないw
ももクロに対抗するために何でもかんでも挑戦して食い散らかしているんですが、
情報量が多過ぎて結局何も伝わってないっていう気がします。
藤井校長に、
1度kraftwerkのホームページを観て、目を覚まして欲しいと思います。

最近いろんなアイドルを経験してわかったのが
ももクロ楽曲のバランスの良さ。
昔塚地さんがももクロの要素には男の好きなものが全部詰まっていると表現
していたんですが、楽曲でも同じことが言えると思います。
HKTの秋元康の犬こと(平子の犬は酒井ですねw)指原が
HKTの過去最高の楽曲と曲が出るたびに言いまくるんですが
そういうことが言えないのがももクロの良さだと思います。
どれもみんな色が違っていいんですよね。
最新の曲もDreamWaveもももいろパンチも同じレベルでいいんですよね。

HKTはすべて同じ作風だから今までで一番良いとか言えるんですよね。
店頭で賞味期限を見ながら豆腐を買っているのと同じ。
みんな同じだったら日持ちがする新しいほうがよいっていうw

ももクロはチーズとかワインとかそういう感じですよね。
どっちでも楽しめるっていう。

ハロプロは
とりあえず全て聴いてみたんですが、
まずモーニング娘。は
創世記のヒット曲はもう使いまわされすぎて疲弊していて
聴く気になりません。
聴かなくても脳内再生できちゃうから聴くのがめんどくさいっていう。

高橋愛時代以降はあまりヒットしていないのでそれが幸いしてか
新鮮に聴けるのが面白いです。
あとつんくはAKBのようにヒットしたら保守的にならず、
挑戦をよりしていく傾向があるので、聴けるっていう。

仕事がない時代、さまぁ~ずの三村氏が、自分がなんでも仕事をやるから
、大竹はネタをしっかり作ってくれって言った話を思い出します。

ヒット曲が出なくてもつんくはまじめに作り続けていたんですよね。
だからそれが後々2008年以降の楽曲のパワーの源となって実を
結んだような気がします。

berryzとcuteは言い方悪いですが、つんくが自宅で作って直接
CDに焼いたような楽曲ですね。
モーニング娘は作って大人が意見を出し合って金かけてスタジオで
マスタリングして整備したような音なんですが、
berryzやcuteはつんくがOKを出してそのまま
出しちゃっているようなちゃかぽこした子供っぽい楽曲で、
やはり作っている人間の場合は自分で作るより
レベルが低いので聴く気が起こらないって感じですね。
聴いていると鼻歌レベルの構成の曲ばかりで
時間がもったいなく感じて止めちゃいます。

アプガとかはだれでも作れる曲ですが、
演者がそれを売れるレベルに無理やり
持っていって金をとれている感じですね。

bis一派は焼き直しでつまらないですね。
ビッグマウスと内容の落差がありすぎ。

でんぱはほんとに時間かけて作りこんでいる
前山田の怪盗少女を独自の場所ですごいスピードで
ステロイド打ちまくって進化させていったような
楽曲ですね。
これは丁寧な楽曲に丁寧なパフォーマンスで
存在的にはPUFFYのような存在感があるので、
でんぱといえば秋葉原をイメージさせる先進の
テクノっぽいものていうイメージででんぱしか
持っていないものなのでこれでOKじゃないかと
思います。

babymetalはアイドルから入ったひとにはいいかと思います。
ノイズを極めたらまとまりすぎていて物足りないですね。

アイドリングは可もなく不可もない、オリジナリティがない
ですね。耳にしてもアイドリングの曲かどうかもわからないっていう。

nanoCUNEは山下智輝氏の右腕にかかっていると思います。
楽曲的には上記のどこにも当てはまらないPSYZとか
初期のPET SHOP BOYSや80年代のNMEのインディチャートを
賑わしていたような曲で、これもうまく隙間にはまって
うまくいっていると思います。

あとは先人のコピーとか過去に聴いたようなものばかりで、
コピーでも特にそれを進化させたような部分も感じない曲ですね。

今んとこ私がチェックし続けているのは

ももクロ、AKB(サプライズを期待して)、でんぱ、nanoCUNE、
キャラメル☆リボン
モー、CUTE、カントリーガールズ、アンジェルム、
たまに良い曲がでるのでドルエレ、クルミクロニクル、アフィリア・サーガ

といった感じです。

NMB48のカモネギックス聴いたが井上ヨシマサさんてちょっと古いんだよなあ。

標準

メロンジュースとかカモネギックス聴いたんだが
まあAKBのメジャーシングル曲よりは工夫されていて
聴取者にこびてる部分がなくて大衆音楽に疲弊した
私でも聴けるんだが、驚きがないんですよね。

まあまあ聴けるかなあっていうだけ。

NARASAKIさんみたいに驚きというものはない。

カモネギックスも残響効かせたバスドラに
シンセの波形まんまの音をコーラス効かせてのせて
繰り返しただけですね。

何の工夫もない。

従来からある形式のものの部品を入れ変えているだけ。
新しい部品は搭載されていない。。

これAKBGの音楽部門監督が新しいとかいって
採用してるとしたら大笑いですよね。

リリース間隔が日を追うごとに短くなっているから
新しい人材を発掘している暇はなく、実績のある
人に大きな失敗はとりあえずないだろうとばかりに
すべて丸投げしちゃうのは仕方ないけど、
まあ聴いてるやつらが馬鹿だからいいんだろうかねw

なんだかんだで私も写メ会参加のために
カモネギックスの劇場版を購入しちゃってる
んだから大笑いですねww

音楽聴かないでおまけだけ取り出してポイです。

ちなみに全国握手会はほとんどハイタッチだけの会ですから、
良い子はなるべく個別握手会に参加しましょうね。