カテゴリー別アーカイブ: 中嶋優一

フジテレビ「真夜中 」っていうコンテンツ観てる奴www

標準

NHKとかマツコさんとかピエール瀧さんとか、もう既に腐る程の昭和の中華料理屋のようなベッタベタに手垢がつきまくってる真夜中散歩コンテンツを新しいと考えて企画会議を通してしまうフジテレビと秋元康ってなんなんだろうねw

私は内容説明見て1秒で右から左へ受け流したよ。。

これ中嶋優一だったらさらに大爆笑だなw

もしそうだったらフジテレビを暗黒時代に陥らせた元凶はほぼ中嶋に確定するなw

しっかし指原氏って本当に作品に恵まれてないよな。

現時点で指原氏の最高傑作は未だに有吉AKBの有吉対指原のシーンのような気がするのは私だけだろうか。。

広告

2017.05.05 神原班のTIF番宣新番組のmcにTIF2016から干された尻軽指原w そして早速ハロプロが辞退w

標準

随分規模が縮小されたなw中嶋さんよ。伊藤麻希や小池美由や村重を出すって言うセンスも無い無能プロデューサーさんよw

まあにわかでもともとキャラがわからないから言ってる意味も分かってないかなw

フジテレビは新アイドル総合バラエティー番組「この指と~まれ!」(5月5日スタート・毎週金曜日深夜2時~2時30分、関東ローカル)の司会に指原を抜てきすることを発表した。

番組では指原がチェアマンを務める「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」(8月4~6日、東京・お台場、青海周辺エリア)の最新情報も発信する。同イベントに参加予定のアイドルは以下の通り(3月29日時点)。

アフィリア・サーガ、HKT48、大阪☆春夏秋冬、GEM、全力少女R、チームしゃちほこ、DEAR KISS、drop、虹のコンキスタドール、26時のマスカレイド、FES☆TIVE、風男塾、まねきケチャ、OnePixcel

おい、チェアマンもMCも菊地亜美にしてやれよ神原よ。

指原コアヲタの私が言うのもなんだけどなんで指原なんだよ。

でもこの流れから読み取ると神原さんより指原ゴリ押しの中嶋の方が
権力があることがわかって可哀想になったよw

コンテンツのセンスは明らかに神原さんのほうが
ずば抜けてるんだけど、ただめちゃイケ担当だったってだけで
フジテレビ的には中嶋をゴリ押ししていくかたちに
してしまったっていうね。

しかし指原氏も坂道に乗り換えられて干されたんだからさあ、
こんな番組にいい気になって乗っかってる場合じゃ無いよほんと。

私が指原氏の立場だったら手のひら返しで可愛いHKTのメンバー達を干して自分だけ出ろって言われたら絶対断るよ。

逆にその方が業界的には自分の評価が上がると思うしね。

フジテレビ的には馬鹿にされてるよねw

あいつHKT干してやったのにホイホイ出てくれたよ。

まあ数字持ってるのはあいつだけだから他はイラネっていうねw

なんか最近TIFもドキドキ感は全く感じられず
癒着感満載でキャリアだけあって人気が下降してる
奴が、キャリアないけど人気があるやつより
時間を長くもらって気持ち悪いかんじになってるし、
お決まりのメンバーでマンネリ化し始めてるから

変な匂いを感じ始めたら見限った方がいい気がしますよ。

しかしほんと最近TIF界隈に気持ち悪さを感じるようになってきたな。

あなたはどう思いますか。

まあ茶髪は業界に染まってしまって自分を見失った証拠なんでしょうね。

使い捨ての業界なのにねw

気が付いたら自分のまわりに誰もいなくなった

ってことにならないようにせいぜい気を付けてくださいよ。

バナおぎやドリーもろもろのハナシのFDがなんと、

標準

2017.1.6
バナおぎやオードリーのもろもろのハナシ

%e3%82%82%e3%82%8d%e3%82%82%e3%82%8d%e3%81%ae%e3%83%8f%e3%83%8a%e3%82%b7%e5%8f%8c%e6%b4%a5d

ゴッドタンの

「片岡飛鳥になりたかったんだよ!」

っていう叫びでおなじみの双津ディレクター
の名前をみて驚いてしまいました。

おぎやはぎの酸いも甘いも知り尽くしている双津さん
だからおぎやはぎの演出についてのサポート的な
感じでフロアディレクターとして呼ばれたんじゃないか
って気がします。

ダウンタウンのガキの使いのスタッフも数年前から
制作会社を立ち上げて局の壁を隔てた活躍をするように
なってきていたんですが、

好調な番組のスタッフは、余裕が出てくると
ただ面白い番組をつくりたいという一心で
局を辞めたりして局に縛られずにいろんなものをアイデア
優先でつくりたくなっていくので、
双津さんのようなスタッフがこれからどんどん増えていく
ような気がしますね。

双津さん、あなたなら片岡飛鳥になれます!

中嶋なんかよりよっぽど才能有りますので応援しております。

2016.12.27新しい波24 総括 間違いなく現時点で最先端のネタ番組でした。

標準

ネタには好みがあるのであれこれ言うのはやめたいと思うんですが、
いつもネタ番組で面白いと感じる確率は10から20パーセントなんですが、
新しい波24は90パーセント以上でした。

日置Pらしさを感じたところ。

まずあらゆる画面に表示されるパーツのデザインが
間違いなく日置Pのセンスで、過去を引きずっていない
新世代を感じさせて楽しくなりましたし、

あとハンサムケンヤさんがなぜブッキングされたのか、
経緯の文章の内容が、
「浅野いにおさんが~」
って紹介してくるあたりにも日置Pっぽいサブカル
風味が感じられてニヤッとさせてくれました。

虹がデザインのキモで電気グルーヴの虹がかかったとき
すげーなーって嬉しくなりました。

なんかめちゃイケの開始当初にオープニングで
ジュディマリがかかった時のような新しい感じですね。

ちなみに、日置Pにとっては普通の感覚で誰でも知ってる
的な感じで入れたと思われる「浅野いにお」という最大公約数
的なワードでしたが、観客はおろか、MC陣、岡村、吉村、秋山氏は全員
ポカーンとしていましたw

今四千頭身観てますが、ネプチューンぽいですね。

あとロングコートダディは実力派とスタッフから紹介
されていたのでナイナイのようなプロジェクトの軸に
考えられているんじゃないかって気がしました。

たぶん新しい波24スタッフが大阪まで行って単独ライブ
とかチェックしてるんでしょうね。
そうじゃないと現時点では東京には一切来ないので
実力派と紹介するのは不可能ですもんね。

あとこれプロデューサーが日置氏で
監修が片岡飛鳥とあったので、
中嶋の名前が無かったことに対しては新しい
時代を期待させるものがあったんですが、
飛鳥さんはやはりそういう位置なんだなって
改めて感じさせてくれました。

ちなみに中嶋が今回も関わっていたら、
これ指原氏がブッキングされていたのかと
思うとぞっとしましたw

2016.12.22指原議長とアイドル国会 tifからhktを干したフジテレビが指原氏の埋め合わせで用意した番組ですねw

標準

2016年12月22日放送

木曜深夜と言えば、そう、アイドリング枠で、
又の名をtif枠。

だから多分、中嶋優一、神原孝主導w

指原の名を借りたフジテレビのアイドルプロジェクト広告枠w

今やるってことは今年は年またぎでできなくなったってことですねw

おいごり押し指原だけで大丈夫かよ中嶋さんよお。

菊地とか呼んだ方がいいんじゃないの?

菊地亜美は気分悪いだろうなあ。矢口ポコチン真里よろしく寝取られた感じでw

配役

乃木坂46
(生駒里奈・西野七瀬・白石麻衣)

アップアップガールズ(仮)
(新井愛瞳・仙石みなみ・佐保明梨)

アンジュルム
(竹内朱莉・室田瑞希・笠原桃奈)

HKT48
(宮脇咲良・松岡はな・兒玉遥)

大阪☆春夏秋冬
(EON・MAINA・ANNA)

神宿
(羽島めい・一ノ瀬みか・小山ひな)

チームしゃちほこ
(咲良菜緒・秋本帆華・伊藤千由李)

PASSPO☆
(根岸愛・増井みお・森詩織)

ベイビーレイズJAPAN
(大矢梨華子・傳谷英里香・高見奈央)

まねきケチャ
(中川美優・松下玲緒菜・藤川千愛)

LinQ
(山木彩乃・高木悠未・新木さくら)

わーすた
(三品瑠香・廣川奈々聖・小玉梨々華)

ここからわかるのは、、

指原氏の狙いとしてはアイドルの
ルックスのかわいらしさに重点をおいた内容に
したいという狙いは明らかなんですが、

そもそもアイドルというのはビートルズやモンキーズ
、さらには、日本でも山口百恵やピンクレディ等、
歴史を考えれば、お笑いができないとアイドルではない
ので、かわいさと面白さを蔑視すること自体、指原氏
のアイドルに対する知識やキャリアが不足している
ということを晒してしまっているようなものなのですが、

その間違っているということを誰一人指原に
指摘せず、アイドルに対する考え方をなにも
わかっていない指原に投げっぱなしにして、
上がって来た内容を鵜呑みにして企画を通してしまう
ところにもフジのマーケティング力の無さや、
文化に対する知見がまったくないというところが
明らかになってしまっていて、それが
今回取り上げる出演者の選出センスにも表れて
しまっていて、結局残念な番組になって
しまったっていう感じだと思うんですよね。

単なる歌番組ならまだしも、アイドルについて真剣に討論
するトーク主体の企画ということを考慮した場合、

最低でも修正して欲しかった部分は

アンジュルムは和田彩花さんがいない時点、
キャンセルを出した時点で成立しないから
他のグループを検討するべきだし、

Linqについても伊藤麻希が出ない時点で
成り立っていない。

HKTについては咲良兒玉はわかるが松岡はなは
もう少し現場経験をさせてからじゃないと
戦力にならないし、
そういう意味では1期で最近緩急をつけてトークが
できるようになった村重を入れるべきですしね。

私なら今回の

指原・
新井愛瞳・仙石みなみ・佐保明梨
竹内朱莉・室田瑞希・笠原桃奈
宮脇咲良・松岡はな・兒玉遥
EON・MAINA・ANNA
羽島めい・一ノ瀬みか・小山ひな
咲良菜緒・秋本帆華・伊藤千由李
根岸愛・増井みお・森詩織
大矢梨華子・傳谷英里香・高見奈央
中川美優・松下玲緒菜・藤川千愛
山木彩乃・高木悠未・新木さくら
三品瑠香・廣川奈々聖・小玉梨々華

という中途半端なだけでなにも
刺さらないメンバーより、

裏番組で

指原・村重杏奈・伊藤麻希

というやるきがあって、視聴者やファンの
ために全力で盛り上げようと努力するメンバーのみ

の番組があったら後者を迷わず選択しますし、
まあ業界視聴率も後者になるのは確実だと思いますよね。

可愛い奴なんか今の時代テレビなんか観なくても
そこらじゅうにごまんといますけど、
可愛くて面白い奴は今も昔もそこいらには
居ませんからね。

指原氏がこういうかわいさだけを求める人が
笑いを求める人より多いという、
幼稚なセンスを本当に視聴者が観たいと
思って提案する時点で、まだまだだなあって、

台風の目のように中心にいるから全体の状況が
なにもみえたないことがかわいらしくもあり、
また可哀想にもなってしまいますよね。

ゆび祭りでなんかプロデュース能力がすごいとか
持ち上げられてますが、今回の件で
先ほど言ったように台風の目状態で
周りの状況をを冷静にイメージせず、
仕事優先で自分に必要なことをなにも勉強もせずに、
日々の仕事に追われてそれをこなしているだけで、

ももちみたいに全体的な自分の目標をたてて、
そこの中に、やることをリストアップして
計画立ててこなしているわけじゃないって
いうことが明らかになったような感じです

しっかしtif2016からhktを干したくせに
都合よく指原氏を利用しやがって。

指原氏、今こそ怪盗少女を思い出して下さいよ。

「大人の仕掛けた罠をくぐり抜け、、、」

9割陳腐企画だが1割の要チェック企画。2016.07.23 FNS27時間テレビフェスティバル!

標準
18:30「グランドオープニング」
19:00「番組対抗 スカッとジャパン 国民投票フェス」
21:00「ホンマでっか!?TV」
23:00「さんまの27時間フェス向上委員会」
01:00「さんま・中居の今夜も眠れない」
04:00「いただきハイジャンプ×キスマイBUSAIKU!? 超合体フェス」
08:00「バイキング 怒れる芸能人SP」
10:00「林先生からの挑戦状! ネプリーグ・真夏の女子アナセンター試験」
13:30「爆笑キャラパレードフェス 超ハマる!真夏のキャラ祭り」
15:00「笑わせたもん勝ちトーナメント KYO-ICHI」
18:00「番組対抗 スカッとジャパン 国民投票フェス」
18:30「サザエさん」
19:30「グランドフィナーレ」

●FNS27時間フェス実行委員会
陣内智則、山崎弘也、オードリー、ピース、伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)、指原莉乃(HKT48)

●MCリレー(五十音順)
明石家さんま、雨上がり決死隊、内村光良、おぎやはぎ、加藤綾子、Kis-My- Ft2、坂上忍、高橋真麻、中居正広、南原清隆、ネプチューン、フットボールアワー、ブラックマヨネーズ、Hey! Say! JUMP、松岡茉優、柳原可奈子ほか

●スタッフ
チーフプロデューサー:濵野貴敏
プロデューサー:中嶋優一、小仲正重 / 板谷栄司
総合演出:木月洋介

これ中嶋独裁時代到来で面白さも期待薄ですね。

濱野氏

「さらに、ナオト・インティライミさんが27時間歌い続ける「みんなと一緒に100曲歌うフェス」や、Hey! Say! JUMP・伊野尾慧さんの「超めざましじゃんけん」、AKB48が視聴者の愛の告白を応援する「AKBの中心で愛を叫ぶ 告れメッセージフェス」など、”縦”の流れを意識した企画は、今までよりも数としては多いですね。」

なんか製作費金かけてそうだけど予定調和な内容で光るものなしですね。

AKBのやつはこの企画の時だけ指原を活躍させ、他はアシスタント的に客寄せパンダ扱いで指原をオファーしたのが見え見えですね。でも本人はいいともの時のように有名になった、ランクが上がったって勘違いしちゃうから可哀想ですよね。。中嶋がぬるま湯扱いしているせいで、他局行ったときの自分の扱いの悪さにショック受けるっていうw

まあ27時間テレビは基本企画はいつもクズで深夜とコマーシャル前と明けが一番のメインだからそれが面白ければいいんですが今回はそれも期待できないようです。。

たけしさんの火薬田もまあたけしさんは映画製作用の資金のため受けたんでしょうねw まじめに仕事を受けるわけない。予定調和で観る気も起きない。ここで重要なことはたけしさんは一切悪くないということ。

番組側はハプニング系で発注しているのに世間的にはお約束演出になっているというこの感覚のずれに気付かないとこにフジテレビの泥沼化が末期症状なのがみてとれます。

スカッとはタモさんがいない笑っていいとも特大号のお茶濁し企画ですね。時間勿体ない。

そして21時から28時までさんまに丸投げの時間。まあ丸投げしてギャラ割引してもらったんでしょうねw

あとさんまには真っ先にスケジュール連絡して確保してもらっているから外せないっていうw

私は極端な話さんまから永野に変えたら逆に全部観るんだけどねw

4時からのキスマイ企画、いつもがちゃついて騒がしてごまかしている時間帯ですがこれも期待薄ですね。ジャニヲタ頼りで数パーセントとれりゃいいっていう感じです。

8時からの呑みや明けの坂上忍メインの暴露トーク企画ですが深夜ならまだしも早朝なんで期待薄。

10時のゲーム企画は出演者の休憩タイムでしょうか。

13時30分からのキャラ祭りは台本通りの予定調和の笑いが好きな人向けですね。これ「うつけもん」から内容変えてゴールデンに持ってきたんですが、そのセンスが今のフジテレビを象徴している気がします。時代は永野や指原、サンシャイン池崎等、デジタルできっちりシステム構築された世の中だから、国民はルールを無視した世界を期待しているからうつけもんが好調だったのに真逆の企画に変えて移動しちゃったっていう最悪なセンス。。

27時間フェス 笑わせたもん勝ちトーナメント KYO-ICHI

2016年7月24日(日)15:00~(予定)
<出演者>
MC:おぎやはぎ / 松岡茉優
スペシャルゲスト:氣志團
ナレーション:綾小路翔
Aブロック:バンビーノ / ニューヨーク / ゆりやんレトリィバァ / チョコレートプラネット
Bブロック:馬鹿よ貴方は / ジャイアントジャイアン / どぶろっく / サンシャイン池崎
Cブロック:しずる / 我が家 / ラバーガール / ミキ

このレッドカーペット系企画が今回の玄人向けお笑いメイン企画でしょうね。

3時間ですからTHEMANZAIやM-1、R-1と同じくらいのボリュームがあります。

トーナメントなのと出演者は疲労がたまっているので、

きっちりつくり込むよりその時ハプニングがおこったりやあるワードが採点者にはまった、現場が一番熱くなった人が勝ち抜ける気がするので面白そうです。

この国民投票なんとかっていうのも中嶋が常用している時代感覚がずれている演出ですよね。

そしてこれを終盤に持ってくることから今回は中嶋が主導だっていうのがわかりますよね。

――それを受けて、今年はどのような『27時間テレビ』にしようと考えられたのでしょうか。

『27時間テレビ』は、もちろんバラエティの大きなお祭りですし、FNS系列各局の皆さんと協力していくという部分は変わらないですが、今年はより 視聴者の皆さんに参加してもらって、一緒に番組を作っていくというイベント感のあるものにしたいと思い、タイトルに”フェスティバル”を付けました。そこ からMCのタレントさんも、「オープニングアクトはこの方!」というような、音楽フェスに次々登場するアーティストの感じで、リレーしてつながっていく形 になりました。最初からMCリレーにしようと決めたのではなく、みんなが参加するというアイデアの集積によって、こういう形に仕上がったという感じです ね。

タレント名をダシにして企画や番組をつくって数字を稼いでおきながら、視聴者参加型だと?

出演者よりも製作者側が仕切る癖がついたフジテレビの体質を変えてから視聴者参加型うんぬんを考えろよ。

そんなおまえらの今やるべきことは、NHKのど自慢やテレビ朝日の加地プロデューサーの番組をひとつ残らずマリファナ吸いながらでも研究することだよ。

そして出演者を生かした番組を制作できるようになってから視聴者参加型の番組のことを考えろよ。

こんなんじゃテレ朝やテレ東にバラエティで追いつくのは当分先になりそうだな。合掌。。チーン。

【インタビュー】
今年の『27時間テレビ』は視聴者参加の”フェス” – チーフPが語る新コンセプト「みんなが主役」マイナビ

起こるべくして起こった指原氏FNS27時間テレビMCポジション

標準

昨年2015年、FNS27時間テレビに片岡飛鳥氏が戻ってきて
再プロデュースすることになったのはいいことだったんだが、
私の記事をみていただければわかるのだが、天才とうたわれた
飛鳥氏だったが、現場からのブランクをカバーすることが出来ず、
演出センスの古さや企画力のオリジナリティ欠如等の理由で
低視聴率の悪循環から抜け出せずに、めちゃイケ同様数か月で撤退を余儀なく
されたのである。

そしてその間に数本の新番組を立ち上げては潰す日々を重ねていた
中嶋優一が結局そのポジションに舞い戻って来たわけである。

めちゃイケやFNS、ワイドナショーで権力を行使して
指原を使いまくっている中嶋優一と指原とのズボズボな関係についてはいまさら
特筆すべきことじゃないが、

まあフジテレビの指原の仕事は中嶋か秋元康経由で成立している場合が90パーセント
程度、残りは上原敏明氏や他のドルヲタ系作家が引っ張ってくる
感じで成り立っているのが現在の状況で、また演出方法も
進行は他人任せでフリーな位置で自由気ままにやらせることが
本当に指原の為に良いことなのか悪いことなのかは、
菊地亜美や小島瑠璃子との技術の差を考えればおのずと答えが出てくることである。

秋元とずぼずぼな港浩一時代のFNS歌謡祭でAKBGをエリート扱いにして、
ももクロをぞんざいな扱いにして非難を浴び、

翌年に怒りのきくちPがももクロを表舞台に引き上げ、

そのままきくちPは地上波の権力闘争に疲れ果て、
CSで自由気ままにキャリアから導き出した自分の
最高だと思える音楽番組の演出方法のフォーマットに
ももクロを起用し、汚い争いが巻き起こっている表舞台から姿を消し、

2015年あたりから大御所プロデューサー自身はブッキングや
全体的なイメージの監修といった仕事で残るものの現場から撤退、
音組と石田組の若手主体に再構成された。

まあこちらは一時の騒々しさがなくなり、歌謡祭とまつり系の
とりあえずの流れができあがった感じで落ち着いてきました。

そして
結果が出なかったブラジルのドゥンガ監督同様、
飛鳥氏も撤退を余儀なくされるであろう2016年のFNS27時間テレビ。

指原が27時間にナインティナインと同様のポジションで
オファーされたということは、中嶋が自分のやりたい放題に
できる位置を手中にしたと思って間違いないだろう。

そして最後に気付いた面白い繋がり。

指原1位が出来レースで最初からMCが決まっていたと。

2013年は1位でAKB映像センターのMCで採用。
2015年は1位で総選挙1週間後に放送するための2本の総選挙前収録番組があったことが判明。

さあこの指原1位ありきで準備されていた連動する怪しい出来事が
今後おこるかどうか、楽しみにチェックしていきたいと思っております。

2015.06.06 AKB48 41stシングル選抜総選挙、様々なデータを照らし合わせるとやらせが決定的になりましたね。

この時は九州人の結束力を甘く見ていました。。

高橋みなみ10年の半同棲生活が発覚。こいつベッキーより悪いことをやっていたんじゃないか。

標準

今回女性セブンが掲載したIT関連会社社員とホテルでの半同棲報道。

高橋みなみ 15才年上IT会社員とデート&3連泊

NEWS ポストセブン 5月18日(水)16時0分配信http://www.news-postseven.com/archives/20160518_413502.html

AKBデビュー直後に会って卒業後に再会してっていうことだが、

ラジオで小嶋陽菜が高橋の彼氏の話になった時、
「あの人か」と
突っ込みを入れた時があったんだが、こじはるは
指原のように正直に言う人なんでこれが事実だった
っていうことなんですよね。

ていうことは小嶋陽菜も公認で10年間まあ裏で付き合っていたという
ことでいいみたいですね。

とすると、

めちゃイケ関係者にも嘘ついていたということだし、
ファンにももちろん嘘をついていた、
事務所関係者にも嘘をついていたっていう。

そして小嶋陽菜が

あの人か

という返しで

誰だよやめてくださいよ

という返しを聞く限りは

メンバーにも嘘を付いていたっていう訳ですね。

そしてこういうことをやっていた人が
AKBGの総監督という立場の人だったという事実。

これ裏ではベッキーのように

ありがとうヲタク

とファンをばかしにていた可能性が十分に考えられますよね。

 

だとすると、ベッキーとは不倫かそうでないかの違いで、
やってることは変わらないと思います。

そしてこれよく考えると自分の商品説明を偽証していた、
中国製なのに日本製だと偽っていたようなことと
同じだと思います、そういう嘘を10年間も隠して
商品を販売していたということで、

偽証罪にあたると思います。

もし女性セブンを味方に付けて告訴したら間違いなく勝てると思います。

これ文春は知らなかったんでしょうかね。とすると業界最高レベルの隠ぺい技術を習得してるな高橋みなみw

これ時期的には指原の移籍時にはメンバーには
ばれていなかった気がします。

メンバーの中で広まったのはスキャンダルが出ても
謝罪しなくなった時期なんじゃないかと思います。

以前高橋みなみと岡村隆史のスキャンダルが週刊誌にすっぱ抜かれた
時の他のメンバーのリアクションをチェックするどっきりを
オワコンのめちゃイケでやったことを覚えてるだろうか。

めちゃイケの時は彼氏の存在はメンバー間で
広まっていたと思うのですが、噂の人と異なる
岡村との写真が週刊誌にすっぱ抜かれたということで、
違う意味でメンバーは驚いていたような気がしますね。

小嶋陽菜さんなんか写真見せられたとき落ち着いていましたから
たぶんそうだった気がします。

「たかみな、あの人以外に岡村さんにも手を出していたんだ。。」

でめちゃイケでは、結局中嶋優一、片岡飛鳥他、
AKB側近メンバー以外の全関係者が結局
高橋みなみに騙されていたっていう
ものすごい落ちになってしまいましたねw

まあこれで渡辺美優紀以降、松村、柏木由紀が謝らなくなった
理由が判明しましたね。

そして、、、、、、、、、、、

矢口、加護、辻、高橋みなみ。。。そして高橋みなみの母親

黒髪が嫌いな生涯精神不安定者で背が小さくてお笑いが大好きでよくしゃべる
アイドルは性欲旺盛だという論理が確定し始めましたねw

2016.05.16しゃべくり007 指原氏初出演の総括

標準

まず今回の出演経緯は、

日テレのアイドル番組に多く関わっている
桜井慎一さんと、徳井さん経由でしょう。

ちなみにももクロさんの時は
有田さんがももクロ推しを発言し始めて
から出演に至ったので、
有田さんとこれも「アイドルちん」繋がりの
桜井さん経由だったんじゃないかと思います。

話を戻します。

タレントの言うこと、特に20代の時は尖っている
場合が多く、波があるので、最近は参考程度に
聞くようにしているんですが、

そんな感じを前提に。

卒業について

デビューから現在までで十分楽しめたので、
できれば35歳くらいまでに結婚して、引退しても
構わないと思っている。

引退は絶対的なものではなく、結婚の状況によるもので、
男性の収入等を鑑みて考える。

まあこれは最近のハロプロと同じ考え方ですね。

ハロプロだけに憧れて入ったので、
ハロプロが芸能界の全てだという
考え方なので、ハロプロを卒業したら
即引退するという考え方。

指原氏は卒業ということを以前より考えるように
なってきて、以前は漠然としていたが、
年を追うごとに具体的に考えるようにしないと
いけなくなってきて、考え方を整理している過程で、
AKBの卒業生はあまり安定してないので不安があるので、
自分の原点であるハロプロに置き換えて
道筋を構築することを決めたので、
まあそこからAKB卒業で即引退という、
道筋を決めたんだと思いますね。

理想の男性をタレントに例えると
福士蒼汰。

これは古くは草刈正雄、裕次郎、たのきん、キムタク、福山っていう
方程式の関数に入れる数値が異なっているだけなんで、
面白くもなんともないですね。

このときコアヲタは全員

「えー遂に板倉さんあきらめたのかよ。。」

って驚いたに違いありません。

これ以前はデビュー前からインパルスの板倉さんて
主張していたんだけど
絶対的にスルーされているのでいいかげん
しびれ切らして最近変えたみたいですねw

最後に、街頭インタビューのブスとかわいいの
意見を発表していく過程で返しの役割を
しゃべくりメンバー全員がかわいい派だというので
面白くないから無理やりブス派とかわいい派に
わけて指原氏にぶつける演出をしました。

その時面白いことがわかりました。

有吉AKBで有吉さんが、いくらブスって言っていじっても
怒る奴なんて全くなくて面白かったって意見
ばかりだったという例を引き合いに出して、
「おまえはいいファンが付いてるな」
って笑顔で言ったシーンがあるんですが、

今回もホリケンさんがわざと自分の方に向かせて
「ブス、こっち向くな!」
ってやりとりを繰り返したシーンがあった
んですが、
これ、ブスネタで笑ってくれるという、受け止めてくれる
っていう信頼があるからこそみんながやってくれた
んですよね。
もしこれが前田敦子とか峯岸とかだとぴりついて
ファンの対応とか視聴者のクレームへの対応
とかもめんどくさいから絶対やらないと思うんですよね。

将来について

でも有吉AKBでの有吉さん、
しゃべくり007でのメンバー、
テレビで活躍している人たちによってブスイジリ
することによって指原氏が盛り上がる、キャラが生きる
というテンプレートができたことで、
これから他番組でもこれを参考に
ブスイジリネタが解禁されていくんじゃないかと思います。

一応、指原氏も言ってましたが意外としゃべくり007
は初出演でした。それも現役AKBでは初。

ももクロやモーニング娘。は出演済みなので
これは意外でしたね。
桜井さんはサブカル系で私と同じく普通すぎるおにゃんこそっくりの
AKBには興味が無くうとかったのかも知れません。。

これで、中嶋優一ごり押しでフジテレビの
中嶋の息のかかった番組や、
毛利さん経由の番組、
電通やイースト繋がりの番組、
秋元康関連しか出ていなかった状態から、

しゃべくり007、テレ朝の加地さんのロンドンハーツ、アメトーーク、
TBS藤井健太郎さんの水曜日のダウンタウンと少しづつ範囲を
拡げてきました。

あとはテレビ東京の佐久間さんのゴッドタン、伊藤さんの
番組(モヤさまは無理なので都市伝説特番のひな壇等)、
テレ朝の藤井智久さんの攻撃的バラエティ番組、

そしてそれらよりも一番オファーが欲しい仕事は、

有吉弘行のサンドリのアシスタント、
有吉くんの正直さんぽ、
ですね。。

有吉さんと指原氏が一緒に仕事している
映像がファンにとって最大の夢ですね。。

有吉の夏休みに出演したことから、
上原敏明さんが気に入っていることもあるから、
有吉系の攻撃的番組に出演する機会も増えていく
気がしています。

多分有吉さんは事務所が同じだからバーターって
言われるのがいやなんで避けてる気がするんですよね。

でも小島瑠璃子も最初はさまぁ〜ずのバーターでしたけど、
活躍すればそんなことは吹っ飛んでしまいます。

有吉さんは有吉akbでakbをやめたら竜兵会に入れてやる
っていう話をしていたんで
akbやめたら自分が責任持って育てるっていう決心を
しているような気がしますね。

ちなみにこの有吉の夏休み。

アイドルちんの林田さん、
内村さまぁ~ずの大内さんが
関わっているんですね。

バラエティの現場って広いようで狭いんだ
ってつくずく思います。
だから性格悪いやつとか仕事の態度が悪い
タレントとかはすぐ干されるんじゃないかって。

有吉さんは信頼されているんだなってほんと思います。

有吉さんは指原氏にすごく期待している空気をいつも感じるし、
指原氏も有吉さんに一生懸命ついていけば
未来が明るいと思うので引退するとか言わずに
活躍してほしいですね。

今回位の髪の色なら大丈夫です。

今回より明るくなると観てられないですね。。

どうか今回位の明るさでおさえていって欲しいです。

 

 

まあ天変地異が起こるのは黒髪ですけどね。

フジ初詣爆笑ヒットパレードの質の低下と、TBSドリーム東西ネタ合戦の質の向上。

標準

フジテレビの現存する横澤時代の遺産ともいわれる唯一のお笑い
看板番組初詣爆笑ヒットパレード。

昨年あたりまではまあ早朝から気合い入れて若手とわけたり、
レッドカーペットと組み合わせたりして
6時から15時ごろまでやっていたんですが、
2016年からは遂に9時始まりで4時間のみ、
ネタも使いまわしで、2016年のリストアップされた芸人についても、
明らかに制作陣が自ら汗かいて集めていないと感じる
ナイナイや雨上がり、今田、吉本、よゐこ
という馴れ合いの出演者と、質を無視してそいつらに
繋がって出演しているような馴れ合いの顔ぶれで、
みどころがまったくなく、
初めてどこも残すことなくさくっと消去
する事態に陥る程落ちぶれてしまいました。

対しまして、唯一ネタ番組をまじめに新しい
演出方法で繰り出し続けているドリームマッチ
やあらびき団、リンカーン系のスタッフ率いるTBS
バラエティ班。

今年もドリーム東西ネタ合戦と題して、
スタッフやダウンタウン、志村けんというMC陣という
ドリームマッチの枠組みはそのままに、
内容を変更してきました。

もうドリームマッチはやらないんでしょうかね。

話を戻しまして、、

まず驚いたのが、この番組内で披露した
全ての出演者のネタの質がどれも
100%のパフォーマンスを出している
と思われるようなネタの質で驚きました。

多分、フジみたいに芸人に任せずに
一度みせてもらってから、
スタッフと芸人がいろいろ話し合って
この番組の為に最高の物を用意した
んだと感じました。

途中、アメトーークで藤本さんがよくやる
ウンチョコチョコチョコピーの
GO!!皆川さんや、AMEMIYAさんや
モンスターエンジンの神々コント
を今丁度良くなっているネタのコーナー
と題して披露させているとこが
あったんですが、どれも、よくこの手の
やつにありがちな、苦笑いでちょこっとやって
恥ずかしがってやりにげするような
ものではなく、
きちんと舞台で披露するお金を取れる程度の尺に
何個も入れ込んで、さらに今風のアレンジ
を加えた落ちをくっつけて、マグロのヅケ
のような、スタッフと芸人が一仕事加えた
内容になっていて驚きました。

でこれを今回観て思ったんですが、
テレビで芸人がネタをやる場合、舞台と違い、
間に演出やカメラ、編集も入ってくるので、
面白い、面白くないは、
スタッフ側の力量や仕事量も
大いに関係してくるなあと思いましたね。

全部が全部じゃないですが、確実に
GO!!皆川やサンドウイッチマン、
AMEMIYA、狩野英考といった面々は、
100%のパワーを発揮していた
と感じました。

ラララライ体操のようにスタッフの思惑を
裏切るような今やっても面白くないネタ
もありましたからねw

でも今年の年末年始のネタ番組でこの番組が
最高品質だったのは間違いないでしょうね。

遂に初詣爆笑ヒットパレードも
終焉の時が訪れてきたなって寂しく感じました。

なんかもうフジテレビは全ての過去の遺産的な
番組を白紙に戻してゼロから構築していかないと
復活は無理なんじゃないかと思いましたね。。

やはり中嶋優一は才能ないと思います。。
悪化するばかりなので、フジは
早めに切り替えたほうがいいと思いますよ。