カテゴリー別アーカイブ: マッコイ斉藤

佐久間、加地、マッコイ、藤井だけじゃない、、バラエティに人生をかけたテレビクリエイター。

標準

最近、まったく観なくなった

ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』

を大食いネタに食いついて観ていたら

田村恵里

という4文字が飛び込んできたんですよ。

この人、昔、マッコイさんに気に入られて、
ボンソワール田村っていうあだ名付けられて
女子アナの罰っていう今のタメになる旅の
前枠で暴れてた人ですよ。
ていうか、いじられていた人です。

そしてマッコイさんの年増女性のいじりかた
の類にもれず、安定のもてないキャラでw

ちなみに、マッコイさんは現場監督の自分は隠れて、
プロデューサーをいじるという
変な癖がありまして、わかりますよね。

その流れでした。

そして、今回、偶然もっと深いつながりが
わかりました。

モニタリングで、なんと、
あの藤井健太郎氏ていうかTBSっていうか
日本のバラエティの看板番組w

クイズタレント名鑑の人気企画、
カラオケで歌われるまで帰れない選手権
をまんまモニタリングに導入して
やってたんですよ。

だからですね、、

田村さんはたぶん、若い時藤井班で育った人なんじゃないか
って思ったんですよね。

そうじゃなきゃできませんもんね。

ちょっと気になったので
モニタリングを数週間チェックしてみようと
思います。

最後に、すいません言い忘れていました。

一番重要なことですが、

有田ジェネレーションのプロデューサーです。

このままですと、2019年現在のTBSの2大先端バラエティクリエイターは藤井健太郎、田村恵里ということになりそうです。

サンドリゲスナーは、日テレ系や有吉反省会、マツコ有吉系番組は気持ち悪い感覚のズレを感じて面白いと感じていないことについてと、有吉指原の真実に近づく方法。

標準

あのですね。

先日、ていうか、今日ですね、、

有吉さんと指原氏のリアルタイムなtwitterにおけるやりとり
があったんですよ。

有吉反省会の放送中に偶然両名ともに自宅でチェック
していて、お互いに面白いと誉め殺ししあっていたって
いう気持ち悪い出来事があって、

それを見ていて、なんか違和感を感じて吐き気がしたんですよね。

常連の人はおわかりですが、有吉指原のコアヲタですよわたしは。

でも気持ち悪さを感じたんです。

まあ、有吉指原両名ともに、まあツマンナイ仕事だと
思っていても、プロだから言わないですよ。

有吉さんはどんな仕事でも目の前の仕事を
一生懸命やれと後輩に言っていることもあり、
当然言わないですよ。

でも、まあコアヲタなんで気に入ってるものと
そうでないものぐらい、
数十年もいろんな発言や流れを
感じ取ればわかるってなもんですよ。

どこから感じるか。

まず、サンドリというラジオ番組は
有吉さんが生命線だと思って信念をもって
やっているのはだれでも感じると思います。

そして、そんな番組なので、大事な人
しか迎え入れないと思いますよね。

また、サンドリの冒頭のフリートークでも
取り上げるものと取り上げないものがいます。

取り上げるのは、まあふかわさん、上島さん、
手島優、プロレス、大食界隈、
とんねるず、ビビる大木さんや、
加地さんやロンハー、ゴッドタン、
太田プロ界隈、ナベプロ界隈、
竹山さん、ザキヤマさん、

ももクロ、有吉AKB界隈、

そして、指原氏ですよ。

これをみて、なにかわかりませんか?

そうです。

加地さんと佐久間さん、マッコイさん、
藤井さん、そして、u-field主催の
上原敏明さん界隈しか出てこないんですよね。

日テレやマツコ関連の人は出てこない。

まあ本人も気まずいと思うので、この辺で
やめときましょうw

多分、私とセンスが同じなので、
反省会とか日テレ系とマツコ系は
プロとして指示通りやりきってる
だけだということですね。

他の番組は、お笑い芸人としての自分
をさらけ出す気持ちで全力でやっていると。

違いはそういうことだと思います。

そして、有吉さんはへそ曲がりで
逆を言いますから、
賞賛している時は逆を考えた方が
真実にありつけるという気がします。

上島みたいなくそつまんない芸人。
ふかわみたいなつまんないナベプロ芸人。

そういうことですw

2019.5.29 佐久間宜行のANN:ゲスト加地さんの回で、加地佐久間藤井伊藤マッコイさんの共通したルーツが判明してしみじみしました。。

標準

フジテレビに落ちた人たちが他局で頑張った結果、

 

フジテレビが神原孝の一強という黒歴史時代に入り、他局に
繁栄の時代が訪れたという、

 

2019年現在の先端バラエティの勢力図だということですね。

 

これは私の読み通りでした。

水曜日のダウンタウンと藤井健太郎と松本人志と反コンプライアンスの笑いの社会的な必要性が皆無な理由を明確にします。

標準

水曜日のダウンタウンの拉致企画はクロちゃんから始まりました。

しかしクロちゃんのあまりの性格の悪さに笑いが優っていて
危なさに気づいていませんでした。

藤井健太郎、マッコイ斉藤などはテリー伊藤、土屋敏男といった
反コンプライアンス笑いを極めた監督たちの教え子の最後の生き残りです。

90年代。

当時は現在と真逆で、普通のお笑いをやっている人たちは
この人たちになめられていました。

自分たちこそ時代の最先端なんだと。。

また、たばこについても同様で、吸っている人はまだ
かっこいいと言われていました。

プロレスも同様で、技が過激になり
選手生命を絶たれる選手が多くなりつつありました。

また神様のような絶対的な技術とメンタルをもっていたアイルトンセナが
F1のハイスピード競争の
争いに巻き込まれ事故で亡くなりました。

ここからわかることは、
競争によりやる人が多いときは悪いことが正当化されます。
そして、より過激になっていきます。

この時重要なのは一般市民がそれを求める結果
過激になってしまうというところです。

そして現代。

F1はスピードが出ないようにルールが改正され、
お笑いも行き過ぎないように法令により競争の激化を抑制されました。

ここで、お笑いはつまらなくなったとか言い出す
奴らがいます。

私は知識と経験が浅い時はそれに同調していました。

しかし、最近は観点が変わりました。

それは、チャップリンはどんな時代でも面白い。
というところです。

下世話で人間の生理現象に直接ドラッグを打ち込むような
過激な演出が無くても、センスと技術があれば
人間の心に激しく訴えかける最高の笑いを創り出すことは
可能だということをチャップリンは教えてくれていると思います。

ちなみに、もし私がいままでで最も面白い笑いを選出
するとすると、チャップリンの作品になりますね。

これは人間が人間である限り永久不滅な笑いだと思います。

まあ逆に考えれば、前述の笑いというのは、、
チャップリンがすべて創り出してしまった
から、仕方なく生まれた笑いと言えるのかもしれませんね。

最近、マッコイや藤井、ダウンタウンといったうぬぼれ野郎
たちが鬼の首を取ったようにコンプライアンスがどうたら
とそれを隠れ蓑にして笑いを作れない言い訳にして
自分の才能のなさを恥ずかしげもなくひけらかしていますが、、

コンプライアンスを理由に新しい笑いを作ることを諦めて
いたら笑いを辞めた方がいいと思いますね。

私はどす黒い汚い世界も無菌状態の澄み渡った世界も
同様に、同じくらい笑いと言うものは存在していると思っています。

コンプライアンスで笑いがつまらなくなると言ってる
やつはそれがわからない程度の低レベルな芸人ていう
ことなのでもう引退することをおすすめします。

まあテレ東の佐久間さんやテレ朝の加地さん、
藤井さん、そしてフジテレビの日置祐貴さんが
これからは引っ張っていくので
高級マンションで豪遊してタバコでもふかしながら
ガンで脚を組んだまま逝っちゃってくださいw

お疲れさまでした。

2018.5.4恵比寿マスカッツ1.5「コンプライアンスなんてこわくない!」残るべくして残った、テレビ演出家マッコイ斉藤の1.5期の精鋭劇団員たち。

標準

1期はRIOや希志あいのの時代。
一定の成果をあげて終了しました。

最初から目の前に高いハードルを並べられた
第二期。

マッコイさんいわく、舞浜アンフィシアター以上を
最終目標にして再始動させた。

しかし、2017年、最終的にRIOや麻美ゆま、みひろを復活
させたものの思いは叶えられず地上波放送は終了。

abemaで低予算番組を継続させて魂の炎を
くすぶらせ、いつでも出陣できるように
準備しながら可能な限りのコンテンツを提供させている。

しかし、低予算過ぎて、トークメインになってしまい、
そのトークもまあアイドルレベルなので面白みを
感じないので私は見ることもなく見守ることに。。

私は、
マスカッツはテレビ東京の叩き上げ精神と、
マッコイ斉藤とシャングリラ、
笑軍様とそれを支えるその表現を可能にさせる
なんでもありの女性タレントの総称だと定義している。

abemaはそれを満たしているとは言えない。

最低でもマッコイさんのやりたいことを
十分に満たしているとは到底思えない。

そんななか、この業界は辞めてしまったら終わり
で、続けていればいつかはチャンスがあることを
知っているバラエティクレイジーたちは
がけから落ちそうになってもロープ一本で
なんとか落ちないように歯を食いしばって
持ちこたえている。

しかし、そんな自分たちにしたのは誰だ。

ビートたけし、テリー伊藤、極楽とんぼやとんねるず、有吉弘行、
ダチョウ倶楽部、マスカッツ、、、

マッコイが戦ってきた戦友たちは
テレビサイズでおさまらないことを
武器にしている奴らばかりだ。

それが無ければ死んでしまう
世間から抹殺されてしまいかねない
奴らばかりだ。

間寛平が止まったら死んでしまうのと同じだ。

コンプライアンス。

開演から舞台コントが始まる。

バラエティ業界を時代考証しながら
その時の象徴的なガールズアイドルの
楽曲を披露していく。

昔はコンプライアンスは暗黙の了解的な
感じで、
取り締まる側も利用していることから
あいまいな感じに存在している裏ビデオのような感じで、
感覚的に表現者各自で制限していた。

それが最近情報化社会が進行し、
書類で一元的に管理するようになり、
アナログな特にお笑いのような活動を
している人たちにとっては
住みにくい環境になってきた。

それを自分たちとライブの基本精神に匂わせつつ、
楽曲披露を進行させていく。

アンコール。

みひろやゲスがソロをやってるのをハリセンで
突っ込む。とんねるずネタw

終演前に各自コメント。

明日花がいないから光が全員に当たって
やわらかい感じになった気がします。

あまりにも明日花が強すぎたからね。。

とんねるずもKAT-TUNもいなくなったので
マッコイさんの主張が濃すぎて
最初はまばたきもしなかったんですが、
私的には楽曲無しで企画だけでも
面白かった気がします。

でもコンサートでチケットを販売しているので、
今回は無理だったと思いますが、

もしよければバラエティ企画だけの
舞台も今後やってくれたら是非行きたいと
思います。

楽曲派ですが、マスカッツだけは企画の方が
衝撃度が強いので是非お願いします。マッコイさん。

人間は冷凍しておけば保存できます。
タレント名鑑もコサキンも何度も復活してます。

言うほど簡単じゃないと思いますが、
秋元さんやつんくさんと同じくらいの
衝撃を社会に与え続けて下さい。

地下からww応援しています。

マッコイとマスカッツは死んでなかった。[恵比寿マスカッツのすぽスポSPORTS]

標準

5月9日23時30分からBSスカパーで始まります。

https://www.ebisu-muscats.com/news/media/1315/

abemaの番組は滑ってたのと、楽曲も興味ないんで
知りませんでした。

こうして見てみると、それなりに結果は
残してたからオファーがあるんでしょうね。

マッコイはテレビじゃないと本気出さないんでw
これは期待したいところです。

2018.03.01岡村隆史のオールナイトの石橋貴明から有吉さんの石橋フォロワー度を確認し、スタッフ側視点の時系列で2人の繋がりを紐解いてみます。

標準

突然歌いだしたり、読み方ずらしとか、スタッフを巻き込み、
制作側とタレント全てを巻き込んで笑いに変えていく手法とか。

世代が違うのは、

とんねるずはテリー伊藤、港浩一、ちょと離れてマッコイ斎藤ラインですが、

有吉さんは、同じ日テレでも次の世代の土屋さん、でテレビ局のスタッフより
制作会社のスタッフ寄りで、ビビる大木繋がりで内村プロデュースの大内さん、
上原敏明、マッコイさん、という感じでとんねるず世代のフォロワー的な
世代のラインに乗っかっています。

アイドルの穴のスタッフをみると、
桜井慎一さんは今回の放送で明らかになったがとんねるずのANNのハガキ職人だったし、
Dの毛利さんは電波のADだったので、ちょうどスライドするかのように世代が
ずれてますよね。

ただし、とんねるずも有吉さんも秋元康がブレイクの
きっかけになっているのは共通しています。

あと余談だけど、横澤三宅片岡飛鳥のフジテレビエリートコースの
ひょうきん族世代はまた少しずれていて
新しい波ラインになるのでナインティナインのライン
になるわけですね。

とんねるず、有吉、指原、秋元康でトーク企画組んで
欲しいなあ。。

2018.03.01岡村隆史のオールナイト 井上信悟(いのうえしんご)氏とは、、。オマケでその他のスタッフ名の説明。

標準

貴明さんがぶっこんだ岡村さんもポカーンとした井上さんの名前ですが、
とんねるずのオールナイトの常連なら結構な頻度で発言していたので知ってると思うんですが、
岡村さんほんとに聴いていたんですかと疑いたくなるw(うそ)シーンでした。

フジテレビの石田さんが音楽系の現場系スタッフで、この人は
フジテレビの音楽関係のスタッフからポニーキャニオン
に足を突っ込んだ、現場より管理系に進んだ人。

きくち伸の音組の礎を築いた人。

タカさんは自分らの音楽のこと話す時
ポニーキャニオン続きとして井上信悟さんの
名前をよく出しますよねw

ちなみに今回、名前を出した時岡村さんが
笑ってくれなかったのでタカさん寂しそうでしたw

秋元さんとかのりさんだったらなっていうね。。

あと安西さんは安西義裕。マスカッツ関係の番組で出てくる人ですね。
マッコイ斉藤さん繋がりの外部制作会社の一応偉い人。
マッコイさんはマッコイ斉藤。みなさんやマスカッツ系列の演出家ディレクター。

後藤次利さんは秋元康や吉川晃司と縁が深いミュージシャン兼音楽家です。

マッコイ斎藤とみひろさんによる最先端ドキュメントコント。BSスカパー!もマスカットナイトフィーバー!!!#11「ノンみひクション」

標準

BSスカパー!もマスカットナイトフィーバー!!!#11

マスカットナイトフィーバーのBSスカパー版ていうのが
数年前から放送されているんですが、
過去にはライブの完璧版や第二期お願いマスカット
初回の完璧版ていう目玉コンテンツが放送された
枠なんですが、大概はマッコイ氏の遊び的企画が本放送
分に追加された形の内容でして。

まあパンティを丸めて投げてスタジオ中央のざるに
入れる競技とか、みそしるをエロく飲む対決とかが
ありましたが、まあ残すまでには至らないクオリティでした。

しかし、最近マスカッツ横丁からみひろ氏が加わったんですが、
早速その志村の遺伝子wを使ったハイセンスな企画が
放送されました。

「ノンみひクション」
といってダンスが苦手だという理由で初期メンから
脱退したみひろのキャラクターをいじる感じで、

ダンススタジオでみひろがスーブーとゲッスーに振り付けを
教わっているシーンにマッコイがカメラ片手に入ってきて、

事情を尋ねると苦手だというみひろのレッスンのために
週5日スタジオをとってあるのにみひろはサボって
やる気が無いという。

問い詰めると泣きながらスタジオからダッシュで出ていった
ので追いかけようとスタジオ出口であたりを見回すと、、、

数百メートル先にケバブを泣きながらほうばるみひろの姿がw

とまあ、書き出すとこんななんてことない感じなんですが、

マッコイ氏のみひろを見下す演出と、それにみひろが
抵抗する感じでアドリブでセリフをおもしろおかしく
ぶつける感じが最高におもしろいんですよね。

マッコイ氏の
「我々は有吉を訴える」
シリーズのような感じでこの人が作り上げたドキュメントコント
っていうジャンルは川口浩探検隊を突き詰めていった
最先端なものなんじゃないかっていう気がしますね。

ただみひろとマッコイ氏のバックグラウンドがわかっていないと
全く面白くないので、そこらへんがわかっているひとなら
観る価値あります。

ちなみに後編で気付いたんですが
みひろのtシャツが志村さんの
「ひとみばあさん」
のtシャツなんで、さてはマッコイさん
が衣装まで総合プロデュースしてやがるな
ってニヤついてしまいましたw

恵比寿マスカッツ横丁 佐々木敦規、秋元康に負けられないマッコイ斎藤氏、みひろ復帰、Rioを総監督で配役し、舞浜アンフィシアターという最終目標に向けて全力で挑みます。

標準

みひろ氏のコメント

「当時尖っていて、不真面目なみひろは当然演出のマッコイ氏に
叱られてばかりでした。だから正式に卒業するべく、
特別生徒として再入学することになりました。」

活動期間は公表では2年ですが、実質は休みがちになった
期間をきちんと計算すると、1年5か月しかいませんでした。

2008年に入ったもののマッコイ氏と喧嘩ばかりしはじめ、
他の仕事も動き始めたのでやめる方向になる。

2008年といえば、AKBがデフスターからキングに移籍して
大声ダイアモンドで軌道に乗り始め、
指原氏がデビュー、川上アキラがももクロを
任されることになった時代。

マッコイ氏もみなさんのおかげでした繋がりの
秋元康がAKBをやり始めて軌道に乗り始めているのを
横目に、当時は負けられない戦いだったので
その熱さは相当なものだったと思います。

ちなみにその後みなおかの演出のライバル佐々木敦規
氏がももクロ担当になるのが2010年の終わりでした。

話を戻します。

みひろはそんな自分の実力を証明するべく、
演技に異常なほど力を注いだ結果、
志村けんさんに拾ってもらったり、ゴッドタンでは
佐久間プロデューサーに気に入られたり、
と次第にマスカッツが無くとも生活ができる
ような環境が整ってきました。

またかすみ果穂が約1年後に入るが、
かすみのトーク力を武器にみひろや
希志あいのはその番組を基本として
スピンアウト番組もCSチャンネルでレギュラー番組
を持って順調だったので、
ファンとしては特にマスカッツに出て
いなくとも問題が無いような感じでした。

そして私の見解ですが、無修正流出動画が出回って
すぐ、メーカーを信頼できなくなり、みひろや麻美ゆま
などの被害者はAVを引退していきました。

そして、第二期マスカッツ放送開始当初、
初期メン乱入企画がありましてその時
みひろも来てマッコイにクビにされましたと言いました。

私はマッコイ氏はそんなことする人ではないと
わかっているのでそれは嘘だと思っていました。

で、今回、新たに私は当時尖っていてマッコイ氏と
喧嘩ばかりしていた、収録も後半は休んでばかりでした、
マスカッツと真面目に向き合って仕事に
打ち込んでいなかったと告白したことで、
結局、マッコイ氏がクビにしたわけじゃなく、
みひろが辞めるべくして辞めた
ということが明らかになりました。

結婚後、ゴッドタンの仕事以外、
一切のレギュラーの仕事を辞めた
みひろですが、今回の復活で活動継続
がわかったので、楽しみになってきました。

かすみ果穂も引退を発表しましたが、
また落ち着いたら活動を開始
して欲しいですね。

ちなみに活動というのはもう演技がうまくなりすぎて
勃起しないAVじゃなく、普通のタレントとして
の活動ですからお間違いなく。

あとPTAとして、実質のAKBで言うところの
総合監督としてRio氏が加わりました。

Rioは第二世代になってテレビ初出演で、
マッコイさんやオークラさんがよほど
強くオファーしたんだなと、そして、
その情熱にRioさんも断り切れなかった
んだなと感じました。

と思っていたら、
オークラさんの名前がスタッフロールから
無くなっていました。

20171005マスカットからオークラさん抜けた

まあ第二期マスカットでも途中から
マッコイさんが参加させたんで、
レギュラー的な仕事がひと段落ついたら
入ってくるんじゃないかと思います。

そして麻美ゆまと蒼井さんがサポート役で
出演していたのは、多分、今回のオファー
はこの2人を経由して連絡してもらったから
なんじゃないかと思いますね。

Rioさんは山口百恵タイプだと思うので
この2人がいないと連絡もできなかったんじゃ
ないかという気がします。

でRio氏も自信過剰ではない控えめな
人だと思うので、サポート役で麻美と蒼井が
いれば出ると条件を出したんじゃないか
という気がします。

蒼井さんてコミュニケーション能力が高いので
スタッフもまずは蒼井さんに連絡する
って感じなんじゃないかって気がします。

前回、ひさしぶりって大久保さんが言っていたので、
初代のだれかとは思っていましたが、
Rioは一切イメージに無かったですね。
もう一生復帰は無いと思っていました。
みひろさんも結婚してからは見なかったので
同様に思っていました。

です。ラビッツの部長が、3年で武道館に行けなければ
活動停止と言われていたから一度解散して、グループ名を
変えれば活動できるから変えたといっていましたが、

こういうプロジェクトって一定の期間の達成目標
っていうのがあってそれを達成できなければ
活動停止するのが決まりみたいですが、
マスカッツも今回みひろとRioという看板を
持ってきたことでマジに切羽詰まっているんだなと
マスカッツチームが必死になっている様を感じました。

これですね、、

第二期マスカッツは当初結構夏目が安定して
落ちを決めてくれていたんですが、どんぐり番長
対決でマジでスタッフはそのパワーを取り戻そうと
したけど失敗したことで、どうやらマジで
夏目はパワーが落ちてしまったことが判明
したので、それを補えるパワーのある
メンバーを検討した結果みひろとRioになった
気がしてます。

初期の夏目は凄かったですもんね。。
彼氏の存在でタレントパワーがこれほど落ちるとは
思ってもみませんでしたよね。。

て感じで、、

まあリキッドルームは1000人。

3倍呼べば達成できるので、まずは楽曲や振り付け、
衣装のブラッシュアップ、
握手とかも必要なんじゃないかって気がしますね。

あとユニットを増やす。

でも、一番必要なのは全力度だと思います。

ももクロ、AKBの劇場、でんぱ組、ハロプロ、
成功したグループ全てに備わっているものが
全力度ですね。

番組最後にRioさんが同じことを言っていた
ので期待できる気がしますね。