カテゴリー別アーカイブ: シオプロ

関東テレビ各キー局のアイドルとeスポーツ、への取り組みの歴史と傾向と対策を指原氏の動向から読み解き、時代によるアイドルの質の違いについても考えてみる。

標準

加地さんは、たまにロンハーやアメトーークに出ていたので、
指原氏をしつこくオファーかけて
いる気がしますが、最近分かったことで、指原氏は
時間もわからなくなるくらい激務だったので、

卒業後時間的に余裕ができた指原氏が、
加地さんと神原さんのどちらをとるのかw

あと日テレにも毛利さん、
TBSには大木さんと藤井さん、
フジには神原さんと中嶋、
テレ朝には加地さん、
テレ東には佐久間さん。

卒業後、指原氏はゴールデンタイムと深夜を
どうバランスをとっていくのか。

少し伝えたんですが、
おぎやはぎさんを参考にしたらどうかと。

話を戻します。

各局別に考えてみます。

NHKはAKBグループやハロプロとずぼずぼ。

日テレはAKBGですね。
2010年ごろアイドルちんというスポット的な
番組ではももクロも絡んでいましたがブレイクとともに
MCの有吉さんともども出演時間を割けなくなり離れ離れに。
まあギャラが相当安かったんでしょうねw

TBSもAKBG。ピンポイントでハロプロ。
昔はジャニーズの登竜門的な番組が深夜に
多数輩出されたんですが、今はゴローさんと
V6、たまにKAT-TUN。

フジはまあフジのスタッフがAKSに流れているので
当然AKBG、CSでももクロ、あとは総合イベント
としてTIFですね。
日置祐貴さんが絡むとでんぱ組が推されますw
しかし、鉄板で面白いものができあがります。

テレ朝はももクロって言っても、ももクロChanの配信
がテレ朝動画で始まってCSで別冊、結構後に地上波
が始まりました。
あとでんぱ組もセットで推してます。
ちなみに両方とも佐々木敦規のチームですので、
ほぼ任せている感じです。

テレ東は雑食性でいろいろあまりコストがかからない
ところでやってます。
メインはジャニーズのような気がします。
しかし、ゴッドタンチームは別で、
サブカル系の制作会社のシオプロと
感性が鋭いオークラさんの主導で、
早くからももクロやエビ中をピンポイントで
ブッキングに成功していました。
ももクロに至っては、UFIというプロジェクトで、
早見あかりを連れてきて、東京03、バカリズム、おぎやはぎ、
劇団ひとり、ももクロ、オークラ、シオプロ
っていう、壮大な盛り上がりをみせました。
他にもBiSや伊藤麻希を主役に抜擢したり、
事務所的な企画演出に縛りがある、まあ、秋元康
に許可を得るみたいなですねwAKBGではないのを
武器に、好きに演出をして、こんな内容が見れるのは
ゴッドタンだけ!
オークラさんとシオプロの作品が見れるのは少年ジャンプ
だけっていう感じで、現在も行われています。

ちなみに少し前、監督の佐久間さんにtwitterで
伺ったら、出演してほしいんだけど、スケジュールを
割いていただけないと言っていましたので、
佐久間さんのチームはスタダの人たちを
気に入っているんだけど、すべては
スターダストの匙加減みたいなようです。
まあAKBについては、興味がないから
どんなにスケジュールがあいてても
出演はNGっていう感じですかねw
ただし、AKBの縛りが解かれて
自暴自棄になっているバラエティ志向の
メンバーには寛容です。
西野さんとか、野呂ちゃんとかねw
創造力がありすぎて、
AKBの秋元康しばりっていうのが
鬱陶しいだけかもしれませんねw

っていう感じでしょうか。

こうやってみてくると、バラエティとアイドルは
シンクロしているということがわかってきます。

ということは両方に対応可能なアイドルは
いつの時代も重宝されるということが
わかります。

また両方に対応可能なスタッフも同様に
重宝されるということですね。

ただ「両方に対応可能なアイドルは
いつの時代も重宝される」

「いつの時代」の中身は大きく異なります。

ここでハロプロムーヴメント以前と以降、
と言いたいけど、まだこれでは甘すぎるので、
いろいろ問題はあるが、
AKBムーヴメント以前と以降と区切って、
恋愛可と恋愛不可の時代で大きく時代の転換点
ができていることも付け加えないといけないと思いますね。

過去と今のアイドルはハロプロムーヴメントで1つ、
AKBGムーヴメントで1つ、
さらにスターダストムーヴメントでさらに1つ
大きな区切りが入っている気がします。

ハロプロは恋愛についてあいまいだった。

AKBGははっきり書簡に記した。守るか守らないかは自己責任。

スターダスト芸能3部はさらに実行で示した。

よって大きく区切るとハロプロムーヴメント以前と以降だが、
以降の時代も大きく分かれているということ。

そして、

スキャンダル上等のハロプロムーヴメント以前のアイドルと
以後のアイドルの差はどこに現れてくるのか。

アイドルは男性も女性もスキャンダルの量と
採用可能な番組の規模や視聴率は反比例する。

視聴率を期待できる番組ほど、
スキャンダルが多い人は
採用される確率は減っていく。

それは今も昔も変わらない気がするので、
スキャンダルに気を付けたらそれだけの
見返りは必ずあるということ。

だから、ハロプロムーヴメント以降の
アイドルは以前のアイドルより活躍できる
場所はとてつもなく広いということもわかる。

だから今のアイドルが活躍してしまった場合、
以前のスキャンダルが汚かったアイドルたちは
置き換えられてしまうということ。

こういう流れまで読み取れずに安易に
数年の我慢にも耐えられず、
性欲の為に恋愛に走った人たちは
死んでもその記録は残り続けるので、
後世にまでマイナス要素は受け継がれてしまう
ことでしょう。

きちんとまじめにアイドルの人生を
全うすればきちんとそれの見返りは
あるということです。

ただし、大きな仕事をできる権利があるだけで、
できるかどうかは実力次第だということろ
理解しておく必要があります。

頑張るひとはみんな応援しています。

2017.09.28 勇者ああああ ラブレターズ溜口氏、テレ東深夜枠の問題点を一言でぶっちゃける。

標準

テレビゲームをやって負けたら墨汁の池に
私服の衣装をドボンする準備をADがしている。

すると酒井がADにニヤケながら
「間違えんなよ!」

溜口
「コノヤローーww
おまえふざけんなよw」

酒井が押すなよのトーンで
「ま・ち・が・え・た・ら・さ・い・あ・く・だ・か・ら・な!w」

溜口
「もうだめだってw

シオプロはやるんだって!!!」

平子
「までもこのギャラで結局買えるんでしょ??ってのがみんなわかるからねw

新しい服を。。。」

溜口
「買えねーんだよ!!
この番組に申し訳ねーけど。。」

「テレ東の深夜、割に合わねーんだよwww」

 

明らかにゴッドタンのことですねwwwww

2017.04.29 ゴッドタン 朝日奈央とオークラ氏の努力が実った瞬間でした。

標準

ゴッドタン 松丸代打オーディション

松丸さんが妊娠したので急遽代打アシスタント
をオーディションしました。

参加者は3名で、朝日さんはそんなバカなマンでオークラさん
の演出プランを完璧にこなしてさらにオークラさんの
想像を上回る結果を残したのでMCに大抜擢でした。

しかし冒頭でやさしい漢字を読み間違えて、
これは買いかぶりすぎたとばかりに参加側に。

まず、お題にそったことを言い返す大喜利でしたが、
アイドリング時代のバカリズムさんの厳しい教育が
結果として表れて、笑いの神が舞い降りる事態に。

そして、最後は松丸さんの鉄板ネタの
変なおじさんをオリジナルで表現するもの。

私はこの時、そんなバカなマンでオークラさんが
変なおじさんとPPAPを朝日さんに練習させて
完成させていたので、オークラさんのマッチポンプ
かよwって笑ってしまいました。

で結果は想像通り、

朝日さんが完璧な完成度でぶっこんで
見事合格に至りました。

まあでもそんなバカなマンのファンがあのシーンの時
アイドリングシオプロオークラっていう
デバイスで構成されている論理的ネットワークで
繋がって絶頂に達した瞬間だった気がしますねw

そして見事にユーザーの期待に完璧な形で
朝日奈央が応えてくれたと。

なんか朝日奈央のひとつのマイルストーン的な出来事
になったんじゃないかと思います。

菊地亜美に負けんじゃねーぞ朝日奈央!!!!!!!!!!
俺たちがついてるからな!!!!!!!

 

ちなみに矢口を信用すると痛い目に遭うからきをつけろよw

矢口コアヲタの私が言うんだから間違いないよ。

ザツガクルーズが驚異的な内容だった理由。

標準

2017.03.12 有吉のザツガクルーズ バラエティ番組史の歴代ベスト3に入る位の有吉の笑いに対する凄みを感じる番組でした。

構成が
オークラ、興津豪乃

タイトルロゴが
ニイルセン

撮影協力
swishjapan

ディレクター
双津大地郎

総合演出
塩谷泰孝(シオプロ)

プロデューサー
美濃部遥香

制作協力
シオプロ

ってワケで。。

こういうゴッドタン黄金ラインの土台がお膳立てされた上に
有吉さんの驚異的な感覚が化学反応して。。

よくもまあこんなメンツが揃ったなって
感じですよ。

参りましたw

2016.09.13放送予定のそんなバカなマンの元アイドリング企画の前に予習を。

標準

2015年10月31日にアイドリング解散後の2015.11.25日、
同年8月に始まったサブカルが大好きなシオプロと、
アイドル業界に強力な繋がりがあるオークラ氏他
による「そんなバカなアイドル選び」という
マニアックな企画がいまいち盛り上がりに欠けているので、
今一度火をつけようと、8月の初回に桝野さんの暴露ネタで爆発
していた元アイドリング、現メンテナンスのメンバーが再度集結しました。

で月日がたち、予定通り神原さんの手によりメンテナンスとして再結成した
2016年、ようやく9月13日に日に日にキャリアを蓄積させてきている
朝日が単独で乗り込んできて同企画を復活させたことが
予告で明らかになりました。

おおよその流れは、オークラ氏が書き上げた
私のTIFの楽曲分類のような感じの個人的な主観
90%の乱暴な猛毒たっぷりのイメージ斬りまくり
台本を基に、それを朝日という現場担当を利用して
バナナマンとバカリズムと化学反応させて、

きになった、取材可能な個々のアイドルの現場に行って
実際に事情を調査していくという流れなので、
毎回この企画があるわけではないのでご注意ください。

ちなみに私は今のところ本編は観て削除しましたが、
このアイドリングの回だけは保存してあります。

2015.11.25の流れで来週復活しているようなので
ご紹介しておきます。

ようつべ

土豆
http://www.tudou.com/programs/view/g7iiGUqeYh8/

リンク切れの場合はそんなバカなマンと2015年11月25日で
検索すれば出てきます。

2016.05.27板倉俊之単独ライブのマニアック解説

標準

開演数分前に板倉氏が舛添に扮して自分で笑いながら影ナレw

内容は映画やドラマの一場面を切り取って、
日常に置き換えた場合、こういう場面はカットして
あるんじゃないかと思われるシーンを
作り出してそこをクローズアップして
物語を演じる、重箱の隅をつつくような
笑いっていうんですかね、、
初期の赤羽取り調べコントと基本概念は
変わらないこれぞ板倉というような
内容でした。

コントの合間は今のお笑いライブの基本でもある
映像ネタを入れて場面転換を行っていました。

映像ネタは写真ネタ、映像ネタでした。

しかし最も時間を費やしていたのは、
最近世界丸見えに呼ばれなくなったのは
ワイプリアクション芸がうまくないからじゃないか
って勝手に妄想して、街に繰り出して
様々なものに対してワイプリアクションを
するロケVTRでした。

いわゆるワイプリアクション1000本ノックていうんですかねw

で最後のネタの時自分的にいろいろ振り返っていたんですが、
板倉氏の単独なんですが、堤下さんがいないのに
舞台上に仮想堤下が出てくる場面が結構あって
面白かったですね。

そして最後にスタッフロールを眺めていて
この日一番興奮したwことがありまして。

なんと塩谷泰孝の名前と、シオプロの名前が
あって驚きました。

なんかサブカルネタが多かったと思ったら
やはりそういうことだったのかと!

いやーインパルスていうか吉本とシオプロ
は関係ないと思っていたんで大喜びしました。

だってゴッドタン、佐久間チームのブレイン
ですからね。
バカリズム、バナナマン、おぎやはぎ、東京03
とかあの辺の繋がりしか頭になかったですからね。。

これからゴッドタンに板倉さんが出演する機会が
増えて欲しいですね。

いやいやそういういろんな意味で収穫が大きかった
ライブでした。