カテゴリー別アーカイブ: ももりこぶたさん

ももクロのメイン作曲家をなぜこれ以上結果が出ない同じ事務所の前山田氏にこだわるのか。

標準

結果が出ないのに褒め殺しで起用し続けるキングスタッフ。

このオリコンの総合売上順位を見ても、
既出の中でも前山田氏より、NARASAKI氏
や大槻ケンヂ氏サイドの方が結果を出せて
いるのは明確で、この結果を懸案してもなお
前山田氏を起用し続けるのは理解に苦しむ。

だってミライボウルとかピンキーってメディアに
少しも登場してないのにこの売上ですからね。

一応断っておきますが、今回のテーマ
の中では自分の好みを一切入れずに冷静にデータの部分のみを
検討材料として抽出しています。

労働讃歌と無限はメディアによる宣伝効果が大だと思います。

おかげでももクロさん自信消失

さんまのまんまでデイリー1位ですと申告した
ら、返す刀で、どうせ1日だけですぐ
落ちたんだろとさんまさんに言われてぐうの音
も出なかったももクロさん達を見てて、非常に
不憫でしかたなかった。

非常に成績が悪い状態の時に怪盗少女で”多少”売り上げが
跳ねたから、舞い上がってしまって、前山田氏を数年起用
してきたが、結局は数年前の状態から抜け出せなかった
ももクロチーム。

プロのスタッフに変化しつつあるももクロチーム

ももクロチームは枚数にこだわらないというスタンス
だったが、紅白に落選した昨年あたりから、
枚数にこだわる傾向に変わってきた感じを受ける。

いつまでも現実逃避していては、当のももクロが可哀そうだ。
スタッフが現実逃避をやめ、一皮剝けたプロに成長
し始めたことは素晴らしいことだと思います。

もし、最近テレビに出演する機会が増えて、営業時に
経歴書に載せるデータ、自己紹介するときの補助的データ
の重要さが分かり、真剣に、最低限、売上枚数を数十万枚レベル
までアップさせる必要性を身に染みて感じ始めている
としたら、やはり、勝手に思い込んでいた前山田氏の曲
がベストなももクロのイメージという考え方を払拭し、
より高みを目指せる指針を真剣に打ち出していく
必要性があるだろうと思う。

検討するにあたり、重要なポイント。

1位でも売上は総合で40000枚程度である。
(デイリー1位は1日で達成する枚数である。)

あとジャニーズやEXILE、AKB並に全方向から、
全力で宣伝したデータが無いのは、
不幸中の幸いである。

ももクロチームに幸あれ!

ももりこぶたさんがなにやらももクロの無限の愛がBillboard JAPAN Hot 100が2位喜んでいるが、、

標準

Billboard JAPAN Hot 100で2位って聞いて、すげーなんて
感じるひとが世界にどれほど存在してるんであろうか??????

 

下手したらBillboard の社員でさえ驚かないんじゃないだろうかww????

 

 

世の中には星の数ほどチャートというものが存在している。

 

で自分が好きなアーチストの作品が上位にランクされている
のを見たい気持ちもわかる。

 

しかし、ちょっとまて!

あまり売上順位にこだわらないならば構わないが、
もし拘るんならば、まずオリコンというもので結果
を出してからそちらのチャートに目を配るのが順番
じゃないだろうか。

オリコンであまり順位がよろしくないからといって、そこから逃げて
無理やり順位が良いチャートを星の数ほどのチャート
データから探してきてそれをオリコンに置き換えて
勝手に自分の心を騙して安堵するというのは
間違っていると思う。

それだったら紅白出場なんてのもきっぱりあきらめて、
目標を有線大賞やFNS音楽祭、MTVアワード等への出場
へ変更してそれに満足してればいいじゃないかと思うんである。

正に、そういう行為はももクロ流の真逆で、直球のももクロ精神
の真逆の行為なので、まずオリコンのチャートで結果を残す
ことだけを目標にしてがんばって欲しいと思う。

 

 

ももクロちゃん達はおまえらを信用しているからこそ騙され続けているんだよ。

おまえらスタッフが信用しないでどうする!

 

 

もっと目標を高くもってさあ、、
せっかくエネルギーを順調に頂上に向けて蓄えてきているのに、
こんなところでその大事なエネルギーを浪費してないで、
オリコンで結果を出すことのみを考えてそれにエネルギーを
集中していって下さいよ。

こぶたさん以下ももクロチームには、もっとももクロチームの力
を信じて、これからもまい進していって欲しいと切に願う所存であります。