カテゴリー別アーカイブ: つんく♂

大久保薫氏が武器を電子音からギターに持ち替え、新たな時代を切り開く意欲作。 2019.3.20モーニング娘。’19『I surrender 愛されど愛』

標準

モーニング娘。’19『I surrender 愛されど愛』

プラチナ期からone two threeをもってダブステップを
アイドル業界に初めて持ち込み、革命を起こし、
それから2018年まではそのブリブリのシンセのベース音
とBPM遅めなビートを主体としたものを基軸にして、
そのイメージを維持していたんですが、

まあ私がここで大久保サウンドの特徴として
電子音以外を使わないとか芯を食うことを
言っていたからかどうかは知りませんが、
今回、ばりばりにギターを初めて導入したので
驚きました。

平田祥一郎さんがそういうダブステップ以外の
一般的な作風を担当していたんですが、
今回、大久保さんもまあつんくさんの指示で
ダブステップ以外の展開をしはじめた
ことで、モーニング娘の展開が面白くなってきました。

自由な国だからくらいから、
そういう昔のカラフルなモーニング娘の
空気に戻る雰囲気を感じ始めていた
んですが、

そろそろダブステップも疲弊しはじめていたので、
その空気を感じたつんくさんはさすがだと
思いますね。

でも今回の大久保さんのギター導入の件ですが、

根幹が変わってないと思ったのは、
平祥さんはでんぱ組みたいに
いろんな音色をちりばめる
んですが、

大久保さんは、これだと思う音色を
2種類程度決めてそれをごり押しする
ので、

それがダブステップの時の電子音から
ギターの音に置き換わっただけで、

そして、ダブステップの時より
BPMが速くなっていると思ったみなさん、

実は変化しておらず、

バスドラとスネアの位置を変えただけ、

例えば、愛されど愛のBDとSDの位置が
B-S- B-S- B-S- B-S-
として、これを
B— —- S— —-
こういう風に置く位置を置き換えると、

ね!

基本的なBPMのはやさは変わってなくて、
表現方法だけ変えた作品だということに
気づきます。

脳内で変換させると娘。の通常の
大久保ダブステップとして
聴くことが可能になるんですね。

ということで今回分かったのは、
大久保さんはダブステップに
は執拗なこだわりがあること、

つんくさんやプロデューサーの
指示もあるが自分の最先端の作風という位置に強力に結び付けていること、

そして少ない音色でこれでもかと押しまくる作風が
大久保薫なんだなということですね。

大久保薫の新章を楽しみにしたいと思います。

ただし、たまにはダブステップもまだ
私は大好きなので、より新しいスキルを
入れてブラッシュアップしたものが
出来た時はよろしくお願いします!

愛するももクロさん他のガールズアイドルグループに嵐の活動停止の惨劇を繰り替えさせないためにスタッフとファンが知っておくべきこと。

標準

ハロプロムーヴメント以降のアイドルは
アイドル本人たちとスタッフとファンがつくりあげる
総合芸術だという見解がこれまで
業界の一般論としてまかり通ってきた。

しかし、今回の嵐さんの活動停止とその根本となる
原因を突き詰めるとそれが間違いだったという
ことに気づくことになった。

それは、
メンバー本人たちにやるきがなくなったら
そこで即日終了してしまうということである。

スタッフやファンにやる気がなくなっても、
事実、残念だが変わりはいくらでもいるし、
なにも問題は起こらない。

アイドルグループとは総合芸術であって
総合芸術ではない。

普通にメンバーたちのものという当然のことを、
今回日本の事実上の現役トップアイドルグループの
身を削った行動によって実証されたのである。

ここで、表題にある、知っておいてほしいことがある。

特に、秋元康、川上アキラ、佐々木敦規、つんく、他、
総合芸術だと言ってやりたい放題やってきた人たち
に警告したい。

メンバーの魂をそっちのけで、メンバーを囲みこんでいる、
メンバーを餌にして暴利をむさぼっている現在の
状態をこのまま調子に乗って継続していたら、
有安杏果さんのように、自分のやりたいようにやりたい
という人たちであふれてきて、
嵐ショックが巻き起こって、ガールズアイドルグループ
業界なんか微塵もなく崩壊してしまいますよ。

特に私が危惧しているのは、ももクロとその周り
の相関図のあまりにも速いペースで複雑化
している現象です。

高城れにさんは数年前に死ぬまでももクロを
やると明言しましたが、ほかのメンバーたちは
誰一人そんなこと言ってません。

私は2011年からももクロさんにファンとして
かかわり続けていますが、
国立競技場達成後くらいから、
ソロコン等以外のイベントになにも本人たちの
魂が感じられない現状に危惧し始めていました。

特に佐々木敦規がかかわる大型イベントにおいては、

佐々木敦規の我は吐き気がするほど感じるけど、
川上アキラとももクロの魂がなにも感じられなくなり、
不安になっております。

なんかメンバーたちと舞台から表現される内容
が分離されて感じて仕方がないのです。

まあ会社も大きくなると仕事が部署で分担されていきます。

それと同じ現象が今のももクロに起こっていると思います。

昔はももクロを創立からかかわってきて毎日行動を共にしている数人が
できることをなんでも分担せずやってきましたが、

現在は、普段まったくももクロと会わない、様々な個性的な分野が異なる
表現者がかかわることになり、

昔は果汁100パーセントだったものが、
2パーセント程度になり、

統一感も失っていきます。

それを見せられているのが現在のももクロという
プロジェクトです。

嵐はもう20代から巨大な組織に若い自分たちは
とても抵抗できず、
時に身を任せていましたが、それとともに
辞めたいという気持は膨らんでいくばかり
でした。

まあハロプロやAKBといった組織の性質は、メンバーの意思が芽生え始めたときには入れ替わりで勝手に空気を読んで卒業という行動をよしとしているので、まあそういう性質自体もどうかとは思うんですが、特に大きな打撃はないとは思いますが、

ももクロさんもそういう時期なのは想像に難くありません。

このサイトで私が真剣に主張してきたことは結構
その通りになってきたことが多いです。

 

嵐の行動でわかったこと。

アイドルグループはアイドル自身のものです。

今回のこの警告について、

信じるか信じないかは貴方たち次第です。

現場で感じた要点と今回のコンサートの位置づけについて。2018.12.15モーニング娘。’18コンサートツアー秋 ~GET SET, GO!~ファイナル

標準

前座:beyooooonds

自由な国だから 2018
君さえ居れば何も要らない(updated) 2013

Are you Happy? 2018
Tokyoという片隅 2016
そうじゃない 2016
Only you 2011
ブレインストーミング 2013

憧れのStress-free~モーニング娘。’18ver~ 2018
ワクテカ Take a chance 2012
私のなんにもわかっちゃいない 2017
ムキダシで向き合って 2016

フラリ銀座 2018
今すぐ飛び込む勇気 2015

メドレー:
そうだ!We’re ALIVE(updated)
LOVEマシーン(updated)
ザ☆ピ~ス!(updated)
恋愛レボリューション21(updated)
Go Girl ~恋のヴィクトリー

恋してみたくて 2018
ロマンスに目覚める妄想女子の歌 2017
ドッカ~ン カプリッチオ 2012
What is LOVE? 2014

アンコール:
私の魅力に 気付かない鈍感な人(飯窪春菜) 2009
I surrender 愛されど愛 2018
Y字路の途中 2018
One・Two・Three(updated) 2012
わがまま 気のまま 愛のジョーク 2013

今回はbeyooooondsが前座で出てきて、
これは驚いたんですが、あまりコールしてる人が
いなくて、こんなもんなのかと思いました。。

これ、スタダだとももクロ以外にもきちんと
サポートしてあげる人がほとんどなんですが、
ハロプロは意外と推し以外には我関せず
っていう。。

beyooooondsなんかこれからデビューして
がんばれっていう意味で応援してやっても
いいと思うんですけどね。。

セトリは今回は感じたままで説明しますと、

onetwothree以降が70パーセント、
クラシックが20パーセント、
その他が10パーセントっていう感じでしたかね。

未来的な感じでした。

春の20周年記念感ていうものはなくなり、
未来を見据えた従来の攻撃的なモーニング娘。
に戻っていて安心しました。

10期ぐらいまでは振付に適度にアドリブを
入れて独自性を出して、それを若手がきちんと
基本に忠実なパフォーマンスでサポート
しているという感じでした。

全員がアドリブやりまくったら
めちゃくちゃになっちゃいますからね。
若手がしっかり自我を抑制してやっているから
こその先輩方のアドリブっていうね。

あとは、歌唱力が急激に全員伸びてきた
感じで、音程を外したり不快に感じたり
っていうのは皆無でしたね。
なにも不安を感じませんでした。

あとはここ数年大久保薫系のエレクトロな
楽曲が多かったので、フラリ銀座のような
ポップな歌謡曲をバランスよく入れる
ようになりましたね。

全世代に親しまれてこそのアイドルですから、
ハロプロの方向性はもっともだと思います。

ただしもう小西貴雄さんや、鈴木Daichi秀行氏、
鈴木俊介氏といった
昔のスタッフ陣を更新してしまったので、
大久保さんや平田さん、唯一まだ残っている
初期スタの鈴木俊介さんを基軸に、
新しいメンツを発掘しながら
新しい時代を切り開いていくんじゃないかと
いう気がします。

最近大久保さんはハロプロの楽曲で
つんくさんが作詞作曲を気合い入れて
やった時にセットでグループの枠を超えて
参加しているので、
ほかのスタッフにも分散させていかないと
作品のクオリティが下がるから、
正しい方向だという気がします。

先日つんくさんにお願いしたんですが、
今回ボーカルのパワーが素晴らしかった
ので、是非バックにつんくバンドを従えての
アンプラグドを聴きたいと。

実現したらいいですねえ。。

最後に、今回のアンコールの対応の雰囲気なんですが、
2階でしたが、私以外まわりにいませんでした。。
ハロプロってこんなんでしたっけ。

ももクロさんはほぼ全員とまでいかないまでも
8割がたの人がきちんとコールしてくれます。
これは映像見ればわかると思います。

これはLVでも同じです。

HKTなんかもまあ全員とはいかないまでも、
6割強の人がコールしていました。

モーニング娘。は4、5割程度ですよ。

以前はこんなひどくなかった気がするんですが、
まあ初心者が多い、新規が多いという、前向きな
考え方で終わらせておきます。

10人いて私一人なんで驚きましたよ。。

アンコールありがとうございますっていうのは
汗水たらしてコールした人のみへの感謝の言葉だから、
座ってペットボトル片手に彼氏といちゃついて
スルーしてるお前らに言葉を受け取り、
観る権利はないからな。

なんにもコールしないでよくもまあコールした
雰囲気出して手を振ってられるよな。。
人間不信になるわ。

大久保薫氏のネクストレベル。2018.10.24モーニング娘。’18「自由な国だから」がどう凄くて、「フラリ銀座」がどう残念なのか。。

標準

今回のシングルは平田祥一郎と大久保薫の鉄板コンビなんですが、
私は、大久保薫氏が先頭で道なき道をかき分けながら引っ張って
いて、それに平田さんが一生懸命着いていってるイメージが描かれました。

それは、まず、自由な国だからの構成の中心
を担っている矩形波のメインのリフレインが
これまで聴いたことも体験したこともない
くらいに衝撃的な音響だったからです。

音響といったのは、フレーズとか音程
とかそう論理的なレベルではなく、
もう直感的な楽譜じゃ1パーセントも
表現できないようなものだったからです。

これはつんくさんも無関係な部分だと思います。

100パーセント大久保さんがつくりだしたもの。

また、今回も矩形波が縦横無尽に暴れまくっている
んですが、緩急や強弱、抜き差しが絶妙で、
怠惰や飽和性、圧迫感、うざさといった
マイナス様子がみじんも感じられない
ミックスに仕上げられていて、ほんとに
ここらへんは矩形波を誰よりも頭の中で
鳴らし続けている大久保さんならでは
のセンスだという気がします。
誰よりも鳴らし続けているから
誰よりも飽きないで気持ちよく
聴き続けられる方法を知っている
っていうね。

これとは逆に平田さんも、シングルの
カップリングという性格もあるので、
その大久保さんのセンスに対応しないと、
いけませんから、矩形波を使ってはいるんですが、
こちらは未熟なので、矩形波を
ベース的な役割で粘っこい感じで
低音を引っ張る形でうならせてはいる
んですが、なんかこれがリズム隊の
歯切れを悪くさせていて、残念な
感じに仕上がっていてがっかりしました。

結構娘。はカラフルでスピーディーな
振付で明るさを表現しているんですが、
そのおかげで楽曲は粘っこい感じに仕上がってしまっていて
この辺、プロデューサーはなんとかならなかった
のかと思いますね。

平翔さんもコレオグラファーも衣装さんも
指示されていると思うので悪くないと思います。
これはプロデューサーがしっかりつんくさんと
事務所と制作側のイメージをまとめてほしかったなと
いうきがします。

ハロプロの全メンバー、特に矢口、吉澤、辻、加護といった不良メンバーに警告する。でもよく考えると組織ぐるみの犯罪ですね。

標準

おまえらが死のうが捕まろうが、どうでもいいが、

つんくさんにだけは迷惑をかけるなよ。

 

おまえらの一杯の酒や一発のアブノーマルセックス、一本の喫煙のために、、

 

病の克服のため様々なことを我慢して必死にハロプロのために活動を継続しているつんくさんや、
アイドルコンプライアンスの厳しさが最大レベルになっている現在においても、
必死に笑顔を届けるためにがんばっている現メンバーに対し、

そんな時代を招いてしまった元凶とも言える、

 

なんの我慢もせず全ての欲望むき出しにして自分のことしか考えずに生き恥をさらしているお前ら不良メンバー。

ハロプロのことをなにも考えず、

自分の欲望を最優先させ、

実行したつまらない欲望のために、

つんくさんが再び病に倒れたらどうなるか。

ハロプロの衰退がはじまり、

お前らはおろか、

ハロプロ自体が消えてなくなり、

記録そのものも歴史の藻屑となって消えてなくなってしまいますよ。

ノンフィクション分野のクリエイターでは前山田健一の右に出るものなし!「Z伝説 ~ファンファーレは止まらない~」

標準

Z伝説 ~ファンファーレは止まらない~

作詞:前山田健一 作曲:前山田健一

夏Sで観たんですが、悔しいけどももクロより
前山田健一の魅力が全開された楽曲になってしまいましたねw

そして、現時点で最高のももクロ楽曲に。

あと今歌詞を見ていますが、考えてみるとですね、
歌詞を見ているだけで楽しくなってくるのが
前山田さんの面白さですよね。

あと妄想よりも現実が得意。

妄想、フィクションはもう秋元康っていう人が突き詰めていますので、
ノンフィクションは前山田健一が突き詰めて欲しいですね。

作詞作曲で歴史を語る。
楽曲の司馬遼太郎。

つんくは楽曲のウオルトディズニー。
秋元康はなんでしょうね。
制服の学生の世界っていうのはここ数十年
なので、大枠ではディズニーですが、
新しい分野なんじゃないかと思いますね。

もし、Z伝説 ~ファンファーレは止まらない~
で興味を持たれた人は、まあwikiにリストアップされて
ますがどれがどういう傾向の曲かわからないと思うので、
私と傾向が似ている人向けに同じ傾向の楽曲を
ご紹介すると、でんぱ組のWWDという楽曲です。

でんぱ組というグループのこれも取材をしてそれを
楽曲に起こした作品で、でんぱ組はももクロさんと
同様に、自分たちの現在の状況を表現したい時
前山田さんを指名してWWDシリーズを作ってもらう
んです。

他にたこやきレインボーもスタートダッシュ時は
監修していたので、そういう傾向の楽曲がありますが、
いかんせんメンバーに個性が無いのでw
そんなに刺さるような内容にはなってません。
まあだからそれは前山田さんのせいじゃないですけどね。

こぶしファクトリー「きっと私は」はPV以外のフルバージョンで聴くと楽曲のパワーが解放されて覚醒しますのでPVやショートバージョンでは聴かないで下さい。

標準

1 きっと私は 05:17 つんく/Rapアレンジ:U.M.E.D.Y. つんく 大久保薫

モーニング娘。にあこがれ、度重なるチャンスを自分の手にしようと
チャレンジを繰り返すも、かなうことなかった浜浦彩乃さんの
願いと、メンバーのスキャンダル脱退が繰り返し発生し
5人になってしまった現在のグループの状況と、
浜ちゃんのモーニング娘を超えるようなグループに
したいという意気込みをハロコン等での浜ちゃんの
モーニング娘。のカバー企画でのレベルが違う
恐ろしいまでの狂気が感じられるようなパフォーマンス内容
等から感じ取り、

それをプラスに変えようというスタッフ陣の魂が
感じられる今回の楽曲。

つんく、大久保薫、UMEDYというゴールデンコンビで
熱すぎるほどハロプロチームの情熱がびんびん伝わって
来ます。

この楽曲に最初に触れる時、まずPromotion Editが
公式に発表されましたが、

私はこれを観てつんく大久保コンビっぽい
っていうこと以外は正直あまり感じませんでした。

しかし、最近、ハロコンで発表された従来のダンスバージョンとも言える
グループパフォーマンス以外の映像スタッフのセンスが無い、
本人たちのパワーだけで表現されているパフォーマンス内容を
観て、震えてしまいました。。 

これPromotion Editでは特になんとも
感じません。

しかし、歌詞の世界を無理やり映像に作り替えるドラマ的演出抜きで、
つんくさんと大久保さんの、そしてその原作者のイメージに最も近い
表現内容を実現しているグループのヴォーカルとダンスだけで
この作品を受け止めると、

映像では隠されてしまっている、
つんくさんと大久保さんのこぶしへのエールやメッセージ
がダイレクトに伝わってくる気がするんですよね。

つんくさんはこれ恋愛にうまいこと置き換えていますが、
明らかにこぶしの現況とそれをプラスに変える考え方の提示、
そして5人に対する魂を注入するような感じで
制作されているのが痛いほどわかります。

世の中、正直PVやショートでも問題ない楽曲っていうのも
ありますが、
この楽曲は是非演出抜きのフルバージョンで受け止めて欲しいと
思いました。

ちなみにこぶしはそういう現場系に特化された性格の楽曲が非常に多いので、
Buonoの進化形という感じがします。

2018.06.20 一周回って知らない話 秋元康がつんくをガチ分析だとwwwwwwww

標準

この番組、ダウンタウンお抱えの
高須さんや倉本さんのオフィスぼくら
っていう事務所の番組なんですが、
こんな企画をたてる作家たちのセンスと通してしまう
ような日テレの情弱ぶりに大笑いですよw

まあお笑いは出来ても音楽は無能だってことを
自ら晒してしまった今回の企画でしたね。

自分で言ってましたが作品を作るとき
曲は誰々風っていう注文でオーダー
するところから、

秋元康は作詞家だから曲についてはなーんにも
プライドがなく面白ければ良い的な
良くも悪くもバラエティノリなところ
があるくらいの低レベルの人。

つんくは作詞も作曲も出来て、
特にヴォーカルと
トラックにプライドがあり、
全てにおいてオリジナリティと多少の
ユーモアを加えるひと。

 

ガチ分析なんか不可能に決まってんじゃん

wwwwwwwww

それもよくもまあこんなににわかばっかり集めたなって感じのゲストにあぶく銭ぶっ込んでw

秋元康がされる側だよwバカ倉本

能力ないんだから音楽に足突っ込むなよ

能無しを世間に晒すだけだぞ

2018.05.06モーニング娘。まるっと20年スペシャル!(updated)の副音声を聴いてわかったこと。

標準

モーニング娘。のNHKの秘蔵映像をモニタリングしながら
つんくさんコメンタリーと共に当時の状況を回想する
番組。

以前放送した分から今回は水曜どうでしょうでひろまった
楽曲の世代にあわせたメンバーの副音声コメントを
新たに追加して現場の意見をプラスして深く回想
できるようになりました。

それを聴いていて今後の人生に影響するような
重要なことがわかりました。
それは

同じプロジェクトに関わっていても、

監督レベルと現場レベルそれぞれで、
体験したことと思っていることが同じじゃない場合が多々ある

 

ということ。

前回はつんくさんのコメントしかなかったので、
結構うのみにしていたんですが、
今回現場で実際に活躍していたメンバーが
その映像を観ながら行っていたレスポンスを
聞いていると、どうやらつんくさんが思っていた
ことが実際現場ではあまり感じられなかったというような
シーンが多々あったようで、それが面白かったですね。

あとは

つんくさんは原宿が大好き!ってことですねw

私的には上記のポイントの他に、
現場のNHKホールで応援しているファンたちの
コールの変遷がすごく勉強にもなり、
この昨今のアイドル文化のなりたちの縮図を
この番組で体験出来て大変ためになりましたね。
あとはサイリウムがいつから広まったかとかね。

昨今のアイドルシーンに深く関わっているほど
多角的に楽しめる番組でした。

モーニングコーヒー(20th Anniversary Ver.)企画の奇跡、福田明日香の復活とはどういうことなのか。コアヲタが過去から未来まで紐解きます。

標準

モーニングコーヒー(20th Anniversary Ver.)

この企画でモーニング娘。第一期オリジナルメンバーが
最も嬉しかったことは、

私がデビュー当時からの情報を繋ぎ合わせて
考えると、

恐らく福田明日香さんが参加して
くれたことだろうと思います。

福田さんはデビュー当初は結構尖っていて、
というか、まあ脱退してから今回の復帰までの活動内容を
鑑みても、歌うことが好きで応募したわけですよね。

つんくさんがプロデュースする歌手のオーディション
に落選したメンバーがモーニング娘。なわけですから、
みんな歌手になりたくて応募したわけです。

しかし、中澤さんのような、歌手云々より、
自分の未来を変えたいという、人生の変化を求めて
応募した人もいるわけです。

そういう人は歌手にこだわらず、やれといわれたことを
なんでもやってやる的な覚悟を持って
オーディションに挑んでいたわけです。

しかし、福田さんは自宅がカラオケをサービス
するお店でしたので、そこで培った技術や経験から
歌うことが大好きになり、歌手にこだわって
応募したわけですね。

そうすると、ダンスが激しくなるあたりに脱退
したとき、中澤さんも薄々辞めるかもしれない
ということは考えていたんだと思います。

最も歌唱力があったのは福田明日香で、
つんく氏も最初から言っていました。

ももクロの杏果のような存在だった気がします。

歌唱力があって、まじめで、パフォーマンス
の時に他のメンバーが頼れる存在だった。

そのメンバーが最前面に立っているから、
自分たちがその壁の陰で訓練して
レベルアップする時間がとれた。

福田さんが脱退するとき、私は中澤さんが号泣していた
シーンが最も記憶に残っています。

当時はAKBもももクロもなにもない時代で、
仲間が辞めるからっていう単純な理由だから
と考えていた気がしますが、

様々なガールズアイドルの革命がおこった
時代を数年経験してから現時点で考えてみると、

「明日香がやめたら私たちはどうなっちゃうのよ。。」

っていう切実な思いが込められた涙だった
んだと気づきます。

結局、その後につんくさんがオーディションで
後藤真希というミラクルガールと遭遇する
ことで、難を逃れたわけですが、
数年後に後藤真希という人が現れるなんて
思ってもみなかった当時は、
ほんとにどうなっちゃうのって思っていた
んだと思いますね。

1998年5月3日 安田圭加入
1999年1月17日 福田明日香引退
1999年8月22日 後藤真希加入

この年表、つんくさんが歌唱力で取った
メンバーの年表ですが、

これをみると、福田さんはダンスの件は当然ですが、
安田圭というメンバーが入ってきたことで、
歌唱力については圭ちゃんに任せられると考えた
ことで、2つの事象が重なって辞めることを決意させた気がします。

つんくさん、モーニング娘。自体ここまで続くことは
想定してなかった中、
まさかこんな時代が来るとは思ってもみませんでしたので、

これをきっかけに、福田さんが本当にやりたかった
ソロデビューを実現させてみてはいかがでしょうか。

アップフロントにはアイドルではない本格的なガールズシンガー
がおりませんので、
営業的にもプラスになると思いますよ。

本気になった福田明日香を体験させてください。

よろしくお願いします。