カテゴリー別アーカイブ: つんく♂

ハロプロの全メンバー、特に矢口、吉澤、辻、加護といった不良メンバーに警告する。でもよく考えると組織ぐるみの犯罪ですね。

標準

おまえらが死のうが捕まろうが、どうでもいいが、

つんくさんにだけは迷惑をかけるなよ。

 

おまえらの一杯の酒や一発のアブノーマルセックス、一本の喫煙のために、、

 

病の克服のため様々なことを我慢して必死にハロプロのために活動を継続しているつんくさんや、
アイドルコンプライアンスの厳しさが最大レベルになっている現在においても、
必死に笑顔を届けるためにがんばっている現メンバーに対し、

そんな時代を招いてしまった元凶とも言える、

 

なんの我慢もせず全ての欲望むき出しにして自分のことしか考えずに生き恥をさらしているお前ら不良メンバー。

ハロプロのことをなにも考えず、

自分の欲望を最優先させ、

実行したつまらない欲望のために、

つんくさんが再び病に倒れたらどうなるか。

ハロプロの衰退がはじまり、

お前らはおろか、

ハロプロ自体が消えてなくなり、

記録そのものも歴史の藻屑となって消えてなくなってしまいますよ。

ノンフィクション分野のクリエイターでは前山田健一の右に出るものなし!「Z伝説 ~ファンファーレは止まらない~」

標準

Z伝説 ~ファンファーレは止まらない~

作詞:前山田健一 作曲:前山田健一

夏Sで観たんですが、悔しいけどももクロより
前山田健一の魅力が全開された楽曲になってしまいましたねw

そして、現時点で最高のももクロ楽曲に。

あと今歌詞を見ていますが、考えてみるとですね、
歌詞を見ているだけで楽しくなってくるのが
前山田さんの面白さですよね。

あと妄想よりも現実が得意。

妄想、フィクションはもう秋元康っていう人が突き詰めていますので、
ノンフィクションは前山田健一が突き詰めて欲しいですね。

作詞作曲で歴史を語る。
楽曲の司馬遼太郎。

つんくは楽曲のウオルトディズニー。
秋元康はなんでしょうね。
制服の学生の世界っていうのはここ数十年
なので、大枠ではディズニーですが、
新しい分野なんじゃないかと思いますね。

もし、Z伝説 ~ファンファーレは止まらない~
で興味を持たれた人は、まあwikiにリストアップされて
ますがどれがどういう傾向の曲かわからないと思うので、
私と傾向が似ている人向けに同じ傾向の楽曲を
ご紹介すると、でんぱ組のWWDという楽曲です。

でんぱ組というグループのこれも取材をしてそれを
楽曲に起こした作品で、でんぱ組はももクロさんと
同様に、自分たちの現在の状況を表現したい時
前山田さんを指名してWWDシリーズを作ってもらう
んです。

他にたこやきレインボーもスタートダッシュ時は
監修していたので、そういう傾向の楽曲がありますが、
いかんせんメンバーに個性が無いのでw
そんなに刺さるような内容にはなってません。
まあだからそれは前山田さんのせいじゃないですけどね。

こぶしファクトリー「きっと私は」はPV以外のフルバージョンで聴くと楽曲のパワーが解放されて覚醒しますのでPVやショートバージョンでは聴かないで下さい。

標準

1 きっと私は 05:17 つんく/Rapアレンジ:U.M.E.D.Y. つんく 大久保薫

モーニング娘。にあこがれ、度重なるチャンスを自分の手にしようと
チャレンジを繰り返すも、かなうことなかった浜浦彩乃さんの
願いと、メンバーのスキャンダル脱退が繰り返し発生し
5人になってしまった現在のグループの状況と、
浜ちゃんのモーニング娘を超えるようなグループに
したいという意気込みをハロコン等での浜ちゃんの
モーニング娘。のカバー企画でのレベルが違う
恐ろしいまでの狂気が感じられるようなパフォーマンス内容
等から感じ取り、

それをプラスに変えようというスタッフ陣の魂が
感じられる今回の楽曲。

つんく、大久保薫、UMEDYというゴールデンコンビで
熱すぎるほどハロプロチームの情熱がびんびん伝わって
来ます。

この楽曲に最初に触れる時、まずPromotion Editが
公式に発表されましたが、

私はこれを観てつんく大久保コンビっぽい
っていうこと以外は正直あまり感じませんでした。

しかし、最近、ハロコンで発表された従来のダンスバージョンとも言える
グループパフォーマンス以外の映像スタッフのセンスが無い、
本人たちのパワーだけで表現されているパフォーマンス内容を
観て、震えてしまいました。。 

これPromotion Editでは特になんとも
感じません。

しかし、歌詞の世界を無理やり映像に作り替えるドラマ的演出抜きで、
つんくさんと大久保さんの、そしてその原作者のイメージに最も近い
表現内容を実現しているグループのヴォーカルとダンスだけで
この作品を受け止めると、

映像では隠されてしまっている、
つんくさんと大久保さんのこぶしへのエールやメッセージ
がダイレクトに伝わってくる気がするんですよね。

つんくさんはこれ恋愛にうまいこと置き換えていますが、
明らかにこぶしの現況とそれをプラスに変える考え方の提示、
そして5人に対する魂を注入するような感じで
制作されているのが痛いほどわかります。

世の中、正直PVやショートでも問題ない楽曲っていうのも
ありますが、
この楽曲は是非演出抜きのフルバージョンで受け止めて欲しいと
思いました。

ちなみにこぶしはそういう現場系に特化された性格の楽曲が非常に多いので、
Buonoの進化形という感じがします。

2018.06.20 一周回って知らない話 秋元康がつんくをガチ分析だとwwwwwwww

標準

この番組、ダウンタウンお抱えの
高須さんや倉本さんのオフィスぼくら
っていう事務所の番組なんですが、
こんな企画をたてる作家たちのセンスと通してしまう
ような日テレの情弱ぶりに大笑いですよw

まあお笑いは出来ても音楽は無能だってことを
自ら晒してしまった今回の企画でしたね。

自分で言ってましたが作品を作るとき
曲は誰々風っていう注文でオーダー
するところから、

秋元康は作詞家だから曲についてはなーんにも
プライドがなく面白ければ良い的な
良くも悪くもバラエティノリなところ
があるくらいの低レベルの人。

つんくは作詞も作曲も出来て、
特にヴォーカルと
トラックにプライドがあり、
全てにおいてオリジナリティと多少の
ユーモアを加えるひと。

 

ガチ分析なんか不可能に決まってんじゃん

wwwwwwwww

それもよくもまあこんなににわかばっかり集めたなって感じのゲストにあぶく銭ぶっ込んでw

秋元康がされる側だよwバカ倉本

能力ないんだから音楽に足突っ込むなよ

能無しを世間に晒すだけだぞ

2018.05.06モーニング娘。まるっと20年スペシャル!(updated)の副音声を聴いてわかったこと。

標準

モーニング娘。のNHKの秘蔵映像をモニタリングしながら
つんくさんコメンタリーと共に当時の状況を回想する
番組。

以前放送した分から今回は水曜どうでしょうでひろまった
楽曲の世代にあわせたメンバーの副音声コメントを
新たに追加して現場の意見をプラスして深く回想
できるようになりました。

それを聴いていて今後の人生に影響するような
重要なことがわかりました。
それは

同じプロジェクトに関わっていても、

監督レベルと現場レベルそれぞれで、
体験したことと思っていることが同じじゃない場合が多々ある

 

ということ。

前回はつんくさんのコメントしかなかったので、
結構うのみにしていたんですが、
今回現場で実際に活躍していたメンバーが
その映像を観ながら行っていたレスポンスを
聞いていると、どうやらつんくさんが思っていた
ことが実際現場ではあまり感じられなかったというような
シーンが多々あったようで、それが面白かったですね。

あとは

つんくさんは原宿が大好き!ってことですねw

私的には上記のポイントの他に、
現場のNHKホールで応援しているファンたちの
コールの変遷がすごく勉強にもなり、
この昨今のアイドル文化のなりたちの縮図を
この番組で体験出来て大変ためになりましたね。
あとはサイリウムがいつから広まったかとかね。

昨今のアイドルシーンに深く関わっているほど
多角的に楽しめる番組でした。

モーニングコーヒー(20th Anniversary Ver.)企画の奇跡、福田明日香の復活とはどういうことなのか。コアヲタが過去から未来まで紐解きます。

標準

モーニングコーヒー(20th Anniversary Ver.)

この企画でモーニング娘。第一期オリジナルメンバーが
最も嬉しかったことは、

私がデビュー当時からの情報を繋ぎ合わせて
考えると、

恐らく福田明日香さんが参加して
くれたことだろうと思います。

福田さんはデビュー当初は結構尖っていて、
というか、まあ脱退してから今回の復帰までの活動内容を
鑑みても、歌うことが好きで応募したわけですよね。

つんくさんがプロデュースする歌手のオーディション
に落選したメンバーがモーニング娘。なわけですから、
みんな歌手になりたくて応募したわけです。

しかし、中澤さんのような、歌手云々より、
自分の未来を変えたいという、人生の変化を求めて
応募した人もいるわけです。

そういう人は歌手にこだわらず、やれといわれたことを
なんでもやってやる的な覚悟を持って
オーディションに挑んでいたわけです。

しかし、福田さんは自宅がカラオケをサービス
するお店でしたので、そこで培った技術や経験から
歌うことが大好きになり、歌手にこだわって
応募したわけですね。

そうすると、ダンスが激しくなるあたりに脱退
したとき、中澤さんも薄々辞めるかもしれない
ということは考えていたんだと思います。

最も歌唱力があったのは福田明日香で、
つんく氏も最初から言っていました。

ももクロの杏果のような存在だった気がします。

歌唱力があって、まじめで、パフォーマンス
の時に他のメンバーが頼れる存在だった。

そのメンバーが最前面に立っているから、
自分たちがその壁の陰で訓練して
レベルアップする時間がとれた。

福田さんが脱退するとき、私は中澤さんが号泣していた
シーンが最も記憶に残っています。

当時はAKBもももクロもなにもない時代で、
仲間が辞めるからっていう単純な理由だから
と考えていた気がしますが、

様々なガールズアイドルの革命がおこった
時代を数年経験してから現時点で考えてみると、

「明日香がやめたら私たちはどうなっちゃうのよ。。」

っていう切実な思いが込められた涙だった
んだと気づきます。

結局、その後につんくさんがオーディションで
後藤真希というミラクルガールと遭遇する
ことで、難を逃れたわけですが、
数年後に後藤真希という人が現れるなんて
思ってもみなかった当時は、
ほんとにどうなっちゃうのって思っていた
んだと思いますね。

1998年5月3日 安田圭加入
1999年1月17日 福田明日香引退
1999年8月22日 後藤真希加入

この年表、つんくさんが歌唱力で取った
メンバーの年表ですが、

これをみると、福田さんはダンスの件は当然ですが、
安田圭というメンバーが入ってきたことで、
歌唱力については圭ちゃんに任せられると考えた
ことで、2つの事象が重なって辞めることを決意させた気がします。

つんくさん、モーニング娘。自体ここまで続くことは
想定してなかった中、
まさかこんな時代が来るとは思ってもみませんでしたので、

これをきっかけに、福田さんが本当にやりたかった
ソロデビューを実現させてみてはいかがでしょうか。

アップフロントにはアイドルではない本格的なガールズシンガー
がおりませんので、
営業的にもプラスになると思いますよ。

本気になった福田明日香を体験させてください。

よろしくお願いします。

すいません、ちょっといいですか?つばきファクトリーのJust Try!なんですけど、、、

標準

これ大久保薫さんの作品で、
それも作曲編曲を大久保さんが担当した道重
フォーメーションではなく、
作詞作曲がつんくさんで編曲が大久保薫さんの
完璧な昔はスマイレージもそうでしたが、
今となってはモーニング娘。フォーメーション
の楽曲なんですが、

「Just Try!」 作詞・作曲:つんく 編曲:大久保薫

これ、何回も聴いてるうちに、大久保薫さんが
なぜこぶしはスルーなのにつばきにだけ提供したんだろうとか、
本当につばき用に発注されたものなんだろうか、、
とか考えながら、良く楽曲を聴きながら、
パフォーマーを脳内でモーニング娘。に置き換えて
みたりしていたら、次第に次のような結論が導き出されました。

この楽曲って元々モーニング娘。用に制作したものから
つばきに転用したものなんじゃないかと。

これ結局つばきでもモーニング娘。でも変わらない作品だと
感じました。

まあ大久保薫信者の私が楽曲の構成や作品のイメージする世界観とかから
推察すると、絶対モーニング娘。用の楽曲の転用ですね。

はあ、、スッキリしました。。

録画したバナナゼロミュージックのモーニング娘。20周年特集を開始1秒で削除した理由は当然、、

標準

ハロー!プロジェクトの生きる性器こと矢口真里が見えたので
天国から地獄に真っ逆さまに突き落とされそうになったので
死ぬ前に削除しました。

ハロプロのどんなメンバーが出てもどんな出し物をやっても
矢口がいるだけで糞コンテンツに成り下がるマイナスパワーがある矢口真里。

ちなみに今回は大森靖子が最初紹介されて30パーセント
くらい萎えたんだけど、その後数秒で矢口が出たので
もう我慢の限界。
つんくとか道重とかどうでも良くなっちゃいました。

作家のオークラさんがなんか深夜のゴッドタンみたいな番組
のような感じでやってるけど、困ったもんですよね。。
22時代の番組でしかもハロプロの若い人向けの明るい番組ですよ。
矢口は出しちゃいけませんよ。。

テーマが不倫とかスキャンダルとかの番組ならいいですけど、
真逆のテーマの番組ですから、

愛人とセックスしてそれを旦那に見せつけて興奮を得る
マニアックな性癖を所持し、

さらに怒られると自分を正当化し、

自分以外の全人類を見下すような態度をとる

頭がイカれている矢口は勘弁してもらいたいですね。

ちなみにオークラさんて佐々木敦規と仲が良くて
ももクロ系とつながりが強いのでAKBには弱いから
指原氏とかは無理だったみたいですねw
バナナマンもももクロさんや乃木坂には強いけどAKBにはそんな
強くないからね。

▽モーニング娘。20周年特集つんく語っちゃいましたSP

音楽バラエティー「バナナ♪ゼロミュージック」今回は9月に結成20年を迎えたモーニング娘。を特集。20年も続いた理由はつんく♂がモーニング娘。を通じてアイドル界に起こした革新がありました!その革新をつんく♂のスペシャルインタビューと貴重な映像で解き明かします。さらにモーニング娘。OGたちによる“20年事件簿”に、バナナマン日村&三四郎・小宮がフォーメーションダンスに挑戦!’17のスペシャルライブも!

【司会】バナナマン,川田裕美,【出演】モーニング娘。’17,三四郎,柳原可奈子,大森靖子,中澤裕子,矢口真里,高橋愛,道重さゆみ,つんく♂,夏まゆみ,オルケスタ・“バナナゼロ”ムジカ

私のモーニング娘。の20年の流れを楽曲と当時の状況を考察しながらお話ししたいと思います。2017.09.14「モーニング娘。結成20周年記念イベント」

標準

モーニング娘。’17
2017年9月14日
東京・新木場STUDIO COAST
結成20周年記念イベント
「モーニング娘。結成20周年記念イベント ~21年目もがんばっていきまっしょい!~」

ファンによる投票結果

1位 Say Yeah!-もっとミラクルナイト
2位 Fantasyが始まる
3位 One・Two・Three
4位 リゾナント ブルー
5位 シャボン玉
6位 I WISH(updated)
7位 恋ING
8位 ピョコピョコ ウルトラ
9位 Be Alive
10位 抱いて HOLD ON ME!

実際の演目

01. モーニングコーヒー
02. 恋ING
03. I WISH(updated)
04. シャボン玉
05. リゾナント ブルー
06. 大好きだから絶対に許さない(小田さくら、野中美希)
07. ロボキッス(佐藤優樹、工藤遥)
08. One・Two・Three
09. Fantasyが始まる
10. Say Yeah!-もっとミラクルナイト-
11. 大きい瞳(道重さゆみ田中れいな
12. 彼と一緒にお店がしたい!
13. 邪魔しないで Here We Go!(モーニング娘。’17、道重さゆみ、田中れいな)
14. わがまま 気のまま 愛のジョーク
15. What is LOVE?
<アンコール>
16. 浪漫 ~MY DEAR BOY~
17. LOVEマシーン(updated)

 

モー娘。20周年公演でファンのリクエスト曲披露、道重さゆみ&田中れいなも駆け付ける

これ私はずっとここで叫び続けていたことがあって、

それは、なぜピョコピョコ ウルトラをやってくれないのか
っていうところなんですが。。

私は楽曲的にI wishとピョコピョコウルトラは大久保薫
楽曲なんかよりずば抜けてトップなんですが、

指原はベッタベタなザ・ピ~ス!をやったり、
モーニング娘。本体はメディア媒体でLOVEマシーン
や恋愛レボリューションばっかり
頭が悪そうにやりまくったり、って

違うだろって。

いろいろな目標に苦労して到達して
一安心している時、
さらにまだ道が作られていない雲の上を
目指して歩み始めた時にそんな
バックボーンと見事にシンクロさせて
等身大のモーニング娘。の表現に成功
させた楽曲、、

I wishだろって。

モーニング娘。初期の看板は売れまくって笑いが止まらない
ことを単に表現したザ・ピ~ス!

なんかじゃねーだろって。。

まあそういう能天気なバカそうなやつを指原は好きそうだけどw
HKTもそんなん


ばっかだしw

連続で聴いてたら頭痛くなってきた。。

コンサートではこんなのばっか最初と最後に
数十分連続でぶっこまれますから地獄ですw

モーニングコーヒーで始まりI wishで派手な時代の頂点に到達して休憩に入り
シャボン玉で少し歌謡曲よりの時代になることを示唆しながら再起動、
本体よりカンガとかユニット活動が活発でヒットが連発する時代に入り、
道に迷ったときは原点に返る基本を実行して、昔の歌謡曲
をカバーしたりして、本体は冬の時代に入り、
リゾナントブルーやfantasyといったじめっとした時代になり、
そこに突然昔の明るいコメディタッチセンスを感じる楽曲が
飛び込んできて、それがピョコピョコウルトラでした。

この辺から大久保さんが参加するようになってきます。

従来の軽い電子音の使い方から、大久保さんにより重厚な
使い方に変化して、BPMも遅めになる傾向になってきます。

その幕開けを示唆したのがOne・Two・Threeです。

この辺で、まあBuonoがロック、アイドルポップを担当、
スマイレージはテクノ系のロリポップ、
berryzや℃-uteがつんくのライフワーク的な従来のメイン、
私小説的な存在に、モーニング娘。はつんくだけじゃなく、
ハロプロ全体でつくりあげるハロプロの看板的最先端
の存在になっていきます。

そうですね。

もうここら辺からは迷いがなくなり、大久保さんが
苦労してつくりだした次世代のアイドルの楽曲
をヒントに、それにハロプロ陣営が追従する形で
振り付け等もそれにあわせるようにブラッシュアップさせ、
モーニング娘。は最先端をめざすグループとして
歩みだすことになります。

また、ももクロも同じようにNARASAKIさんが未来像を
イメージさせるような作品を提示したことにより、
それに追従する形で歩みだすことになります。

前山田さんは数曲神がかり的な作品を投下しましたが、
タレント活動にうつつをぬかしてももクロの成長に
自分の成長が追い付かなくなり次第に採用率が低下
していきます。その反省をいかして復活するのは2017年
になってしまいます。

そんななか、スマイレージがアンジュルムとして攻撃的楽曲
を連発して成功していくことにより、
メタルチックな楽曲はアンジュルム、
buono解散により、ロック的な楽曲は
こぶしファクトリーに割り振るようになっていきます。

そして現在に至るって感じですね。

こうして流れをみてくれば、今はいろいろなグループで
分担して様々な楽曲をやるようになってきたので、
昔のようにモーニング娘。が全部抱え込まなくて
良くなったわけですから、

もうI WISH後のモーニング娘。のような状態には
戻ることはないでしょう。
自分の道をすすめば良いわけですからね。

ちなみにファン投票の楽曲ですが、AKBの総選挙のように
偏りが醜くてあまり信じられるものじゃない気がしますね。

私は今回のイベントはこういう一部のファンの偏った
投票により私の好きな楽曲はやらないと予想した
ので行かなかったんですが、
そのとうりになって大正解でした。

1位なんて絶対これありえないですもんね。

1位 Say Yeah!-もっとミラクルナイト
2位 Fantasyが始まる
3位 One・Two・Three
4位 リゾナント ブルー
5位 シャボン玉
6位 I WISH(updated)
7位 恋ING
8位 ピョコピョコ ウルトラ
9位 Be Alive
10位 抱いて HOLD ON ME!

1位2位4位7位は単にあまりやらないから隠れた名曲
みたいになってるだけでこれからやりまくったら
飽きられるだろうしねw

そうすると本気でファン全員から選ばれた楽曲は

One・Two・Three
シャボン玉
I WISH(updated)
ピョコピョコ ウルトラ
Be Alive
抱いて HOLD ON ME!

て感じになる気がしますね。
私としてはI wishはオリジナルが断然素晴らしいです。
あの時代だからこそなので大久保さんのアレンジしたものだと
それが全てなくなっちゃうからね。

しかし
ピョコピョコウルトラはなぜできないんでしょうかね。。
いつかやってくださいよ。。

2017.10.4モーニング娘。17の弩級のゴーサインとnanocuneとnanoriderと。。。

標準

邪魔しないで Here We Go!/弩級のゴーサイン/若いんだし!

モーニング娘。’17
ジャンル CDシングル
発売日 2017/10/04
レーベル zetima

ハロステで弩級のゴーサインのPVが流れましたが、
もう出だし数秒で、

うわ、、これnanoCUNEじゃんw

つんくが今頃新しいと思ってリリースした楽曲だけど、
nanoCUNEはこの作風を数年前からもうやっていた
んだからなあ。。

nanoCUNEの作詞作曲編曲プロデューサーの山下智輝さんすげーな。。。

まさかの愛媛のローカルアイドルがセンス的に部分的につんく越えしてたんだもんな。

リズム的なノリがまんまです。
音程とかコード進行とか細かい比較ではなく。

あと具体的に比較すると、

弩級のゴーサインは、トップアイドルなので、
それなりの資金を投入していて、
それなりの結果が求められているので、
スポット的に映像を流して消費者に数十秒で
インパクトを与えないといけないので、
コード進行が短い間隔でコロコロ変わるように
構成されていますが、

nanoCUNEの場合は楽曲重視でそういうことは考えていない
ので、作者の世界観を重視して、コード的な変化が少なくどっしりした
世界が見えるようになっています。

DJMIXした時、弩級のゴーサインと嘘つきライアン
を繋いでもあまり違和感がない感じです。

これってハロヲタ単脳は絶対わからなくて、
新しいとかなんとか言ってほめちぎってたら
笑っちゃいますね。

そしたらその言葉全部nanoCUNEチームにリボン付けて
プレゼントして下さいね。

マルチヲタで良かったわ。
マルチヲタ勝利宣言。