カテゴリー別アーカイブ: しほり

スタダAKBGハロ兼任ドルヲタが2016.03.09第3回高城れにソロコンサートの刺さったとこをさくっと解説。

標準

購入まで

私は乗り物酔いが激しいのと、万年の金欠病なので、
安定の地元横浜バルク13でLVでした。

ももクロは最近大会場ばかりなのと、2015年あたりから
関東でほとんどコンサートをやらないので、FCは脱退してます。

今回も一般販売プレエントリーで抽選購入しました。

ただ座席が最悪の前から4列目の最端で首が痛くなりました。

抽選がどういう仕組みになってるのかわかりませんが、
スタダの一般とFC経由でのLV購入の状況を比較してみると、
一般は悪い席が多いですね。

横浜ブルクやLVについて

まあでも最後列と最端でも良いところがありまして、
後ろを気にせずに振りコピしたりサイリウム煽ったり
出来るっていうとこですね。
悪いところは、
最後まで現場との融合度は最悪でずっと自分は
映画館にいるという現実から逃避できないまま
鑑賞するはめになります。

逆に中央の良いところは現場に没入出来るっていうところですね。
最近は画質も良くて音響も良いので、70パーセント程度現場に
いるような錯覚を起こしそうになります。

悪いところは周りを気にしてあまり派手に盛り上がれないことですね。

横浜ブルク13について。

2回目だったんですが、横浜にあるとばかり
思っていたので横浜で下りたら、観たことない風景
だったので、GPSで確認したらまさかの桜木町
でしたので桜木町で下りると北口から1分程度で
到着します。

エレベーターは10台くらいありますが、
急いでいたのでエスカレーターで6階へ。

エスカレーター出口から右に行くと入り口があります。意外とわかりにくいんで注意です。
ちなみに帰りは遅くなるとエスカレーターは動いてないのでそこも注意です。

劇場は7階なのでフロントからさらに上がって到着。

座席は広さも高さも十分で、背の高い人が前にいても大丈夫です。
ただし、前が狭いので、人が通るときは立ち上がって
通らせた方がいいと思います。

今回は高城れにのソロコンサート。

Overtureがベルとストリングスバージョンで静かなままいきなり高城セットリスト
の曲に入ったので立ち上がるタイミングを見失い、
結局最後まで座って鑑賞でした。

スタダのコンサートで座って最初から最後まで鑑賞したのは
初めてでした。

全体の流れは、高城れにと一緒にカラオケに行って
2時間付き合わされているような感じでした。

それもそのはず、セットは自宅にいる雰囲気を再現した
かったということで、構造は違いますが、まあ
フジテレビ27時間テレビの中居君とさんまさんの
コーナーの部屋を広くした感じでした。

セトリは歌謡曲とアニメ系が80パーセント。

アイドルものが3曲でした。

アイドル物は芽瑠推しを証明した形になった
HKT48のメロンジュース。
BUDOKANバスツアー以来の久住小春の恋☆カナ。
そして高城れに作詞+しほり作曲編曲のBuonoみたいなソロ曲の
3曲でした。

あまり楽曲は好きじゃないものが多かったんですが、
れにちゃんが唄っているからサポートする感じで
盛り上がるも下がるもなくノーマルな感覚で時間を過ごしました。

セトリはなにも刺さりませんでしたが結局そんなことはどーでも良いことでした。

一応れにちゃんはSNS等をみてファンが観たいと言っているものをピックアップしたと言ってましたが、

MCのトーク数分が全楽曲を軽く超越するほど素晴らしかったからです。

前回の4部制のソロコンの内容を私はセトリで批判しました。

しかし、高城れにのソロコンの核の部分はトーク部分だったんです。

セトリを表にするとトークはMCという2文字になってしまうので、
この2文字が軽く全楽曲を超えてくる内容だったなんて
行ったことない人には分かるわけありませんよね。。

ましてやソロコンの映像は表に出てないですしね。

でも横浜アリーナでやった第一回のソロコンの時は
ここまでトーク内容は刺さるものは無かったんで、
第二回から三回(今回)の伸びしろがものすごかった
ということでしょう。

ボイストレーニングを繰り返し、
苦労してアルバムを2枚作って、

関東から抜け出し、
演出や企画提案にも参加し、

アリーナ定期コンサートの開催日も倍に増やして、
ホールツアーをやって全国行脚して、
地方を回って様々な人に出会って苦労したことが今回のような
トークが出来るほどの経験の厚みや肥やしになったんじゃないかと
思います。

ダンスとパフォーマンスが売りだったんですが、
トークも売りになって来そうな気がします。

このまま成長すると、全ももクロファンが案じていた、
年齢によるリスクというものを超えて、それをプラスに変えて
成長していけるんじゃないかと、今回思いました。

ももクロチームも、ファンも成長している、
あばれるだけが感動じゃない、
静かに受け止めるのも感動だ、
そんなことをふと感じさせてくれた今回の
ソロコンサートでした。

広告

ももクロのGOUNNの作曲はBuonoの初恋サイダーのしほりさんw明らかにこのサイト発信だろ

標準

GOUNN

NARASAKI師匠やハマオカモトさん
やらBuonoのしほりさんやら、

全部私がここで一切の情報を
シャットアウトし、
自分のセンスと耳と音響知識だけを
頼りにして唯一推してきた人達ですよ。

宮本さんやっぱ私と似てるんですね
センスがw

これじゃ買わないわけにはいかない
じゃん宮本さん♪

ついでに初恋サイダーのベース
担当者も見つけてレコーディング
に参加させて下さいよ。
あの人を埋もれさせておくのは
実に勿体ないです。